プロフィールPROFILE

ブログタイトル
FXLabo
ブログURL
https://fxlabo.jp/
ブログ紹介文
FXのマーケット情報と経済の基礎知識を初心者の方にわかりやすく解説をしています!
更新頻度(1年)

31回 / 18日(平均12.1回/週)

ブログ村参加:2009/10/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、FXLaboさんの読者になりませんか?

ハンドル名
FXLaboさん
ブログタイトル
FXLabo
更新頻度
31回 / 18日(平均12.1回/週)
読者になる
FXLabo

FXLaboさんの新着記事

1件〜30件

  • リラ・ペソ・ランド 予想トレンド[2020年1月28日]

    リラ :下落 ペソ :下落 ランド:下落

  • 新型コロナウィルスの勢い止まらず

    中国の国内消費がここ数ヶ月間~1年間、相当なダメージを受けて減速すると予想されるため、世界規模で中国向けの欧州、アメリカ、オセアニア、日本などで中国向け輸出や観光関連の株価は軒並み下落し、為替にも波及しています。

  • トルコリラ週間予想 [2020年1月第5週]

    1月第5週の上限値:18.60円 ~ 下限値:18.00円

  • 新型コロナウィルス拡大で市場は混乱

    ウィルス拡大では医薬品の購買量が増加す一方、観光業や旅行関連、観光業、小売産業は打撃を受けるので、株式市場は経済損失を警戒した利益確定売りが進んでいます。 特に、春節(旧正月)の連休前に香港市場で買いポジションが解消されたことも利益確定売りの強い要素となっています。

  • 豪失業率5.1%への低下は所得を減少させた

    企業が支払う賃金を削り低所得の労働を確保している悪循環が見られます。 現状のオーストラリア雇用市場は所得を減少させて、多くの労働を確保するといったデフレ型の労働環境なんですね。

  • 豪ドル テクニカル分析[2020年1月24日]

    レジスタンスまでの一時的上昇後の下落傾向が強く下落トレンド継続中 サポートライン : (1) 74円半ば (2) 74円前半 レジスタンスライン : (1) 75円前半 (2) 75円半ば

  • リラ・ペソ・ランド 予想トレンド[2020年1月23日]

    リラ :下落 ペソ :中立 ランド:中立

  • 豪ドル テクニカル分析[2020年1月23日]

    サポートライン : (1) 74円後半 (2) 74円半ば レジスタンスライン : (1) 75円半ば (2) 76円近辺 約1円の幅でレンジ内で値動きを形成中

  • トルコリラ下落スパイラルと債務の増加

    米ドルに対しては10年以上下落を続けているので、米ドルに対して下落した変動率分の返済額が増加しています。 当然ですが、このような状況ではトルコリラは売られやすく、さらに対外債務が増加する下落スパイラルに突入しているといっていいでしょう。

  • 豪ドル テクニカル分析[2020年1月22日]

    [ 予想トレンド ]......下落 サポートライン : (1) 74円後半 (2) 74円半ば レジスタンスライン : (1) 75円半ば (2) 75円後半 下落トレンド継続を警戒へ

  • リラ・ペソ・ランド 予想トレンド[2020年1月21日]

    [ 時間足 ] リラ :下落 ~ 中立 ペソ :中立 ランド:下落 ~ 中立

  • 豪ドル テクニカル分析[2020年1月21日]

    [ 予想トレンド ]......下落 ~ 中立 サポートライン : (1) 75円前半 (2) 74円後半 レジスタンスライン : (1) 75円後半 (2) 76円近辺 下落トレンド継続を警戒へ

  • IMF世界経済成長率を引き下げ、新興国の成長率を引き上げる

    中国やインド、メキシコなど新興国の発展が続くことが非常に重要なことです。 金額ではなく、伸び率と %(変化率) 値が重要なので、これからも新興国通貨への注目度は高まる一方となりそうですね。

  • トルコリラ週間予想 [2020年1月第4週]

    長期下落トレンドライン中でサポートライン(A)~レジスタンスライン(B)の間で 数ヶ月間値動きが続いています。 ライン(A)~ライン(B)のレンジ幅での値動きが続くと予想されます。

  • トルコリラ週間予想 [2020年1月第4週]

    トルコリラ週間予想 [2020年1月第4週] 長期下落トレンドライン中でサポートライン(A)~レジスタンスライン(B)の間で数ヶ月間値動きが続いています。ライン(A)~ライン(B)のレンジ幅での値動きが続くと予想されます。 値動きがサポート

  • トルコ政策金利が0.75%引き下げられる

    ここで重要なことは、今回の政策金利引き下げでトルコの実質金利はマイナスへと転落したため、2020年の利下げは小幅になると予想されますね。11.25%(政策金利)ー 11.84(消費者物価指数)=マイナス0.59% 参考:政策金利から消費者物価(前年比)を差し引いて数値

  • 「第1段階」の貿易協定と新興国通貨

    新興国通貨はダメージを受けた世界経済が成長へと向かう観測から資源を持つ新興国通貨は上昇傾向にあります。世界経済が成長すると資源を消費するからですね。 日本は天然資源を待たない国になので、円が買われる要素は見当たらないといった状況でしょう。

  • リラ・ペソ・ランド 予想トレンド[2020年1月17日]

    リラ :上昇 ペソ :上昇 ランド:中立

  • 豪ドル テクニカル分析[2020年1月17日]

    サポートライン : (1) 75円後半 (2) 75円前半 レジスタンスライン : (1) 76円前半 (2) 76円後半 値動きの変動幅は狭い状況

  • リラ・ペソ・ランド 予想トレンド[2020年1月16日]

    [ 時間足 ] リラ :中立 ペソ :中立 ランド:中立

  • リラ・ペソ・ランド 予想トレンド[2020年1月16日]

    [ 時間足 ] リラ :中立 ペソ :中立 ランド:中立

  • 豪ドル テクニカル分析[2020年1月16日]

    サポートライン : (1) 75円後半 (2) 75円前半 レジスタンスライン : (1) 76円前半 (2) 76円後半 ゆっくりとした上昇トレンドを維持、値動きの変動幅は狭い状況

  • リラ・ペソ・ランド 予想トレンド[2020年1月15日]

    リラ・ペソ・ランド 予想トレンド[2020年1月15日][ 時間足 ] リラ :中立 ~ 下落 ペソ :中立 ランド:中立[ 短期:変動幅 ] リラ :変動幅  0.08 ~ 0.10 ペソ :変動幅  0.09 ~ 0.12 ランド:変動

  • 豪ドル テクニカル分析[2020年1月15日]

    サポートライン : (1) 75円後半 (2) 75円前半 レジスタンスライン : (1) 76円前半 (2) 76円後半 値動きの幅は狭いためトレンド発生待ち、値動きが進んだ方向へトレンドが進みます

  • 中国の為替操作国認定が解除される

    アメリカは貿易協定「第1段階」貿易協定(追加関税回避)をする前に、中国の人民元切り下げ操作の指定を取り下げました。

  • リラ・ペソ・ランド 予想トレンド[2020年1月14日]

    [ 時間足 ] リラ :上昇 ペソ :上昇 ランド:上昇 [ 短期:変動幅 ] リラ :変動幅  0.08 ~ 0.12 ペソ :変動幅  0.03 ~ 0.05 ランド:変動幅  0.05 ~ 0.08

  • 豪ドル テクニカル分析[2020年1月14日]

    [ 予想トレンド ]......上昇 サポートライン : (1) 75円後半 (2) 75円前半 レジスタンスライン : (1) 76円前半 (2) 76円後半

  • トルコリラ週間予想 [2020年1月第3週]

    値動きがサポートライン(C)割れると反転下落するため過度な買いポジションを控えて、サポートライン(B)の下限値へと値動きが近づくと買いポジションを積みますことが有効となります。

  • 豪ドル週間見通し [2020年1月第3週]

    [今週の週間予想レンジ] 週間の予想変動幅(ボラティリティ)は約 0.70円 〜 0.95円 先週の終値 約 75.55円に対して  約 0.70円 〜 0.95円の範囲内で上・下する状況です。 約 75.55円 + 約 0.70円 ~ 0.95円 = 約 76.25円 ~ 76.50円(最大上限値) 約 75.55円 - 約 0.70円 〜 0.95円 = 約 74.85円 ~ 74.60円(最大下限値)

  • トルコリラ長期トレンド予想

    2020年1月時点でのトルコリラのトレンドは中立で、値動きの上限値 19.5円 下限値は 17.5円と予想されます。 中立トレンドからトレンドが発生した場合、下落トレンド発生が優勢となっています。

カテゴリー一覧
商用