chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • Y・K様邸の様子!!

    基礎工事が進んで行きます!!砂利の上に捨てコンクリートを打設します。このコンクリートは作業床になり、強度には関係ありません。なので「捨てコンクリート」です。コンクリートの上に墨出しをして鉄筋を組む準備をします。捨てコンクリートは基礎

  • N・K様邸の様子!!

    屋根仕舞いが終った現場です!!垂木の下に断熱下地になるための透湿シートを張ります。遮熱機能が付いているシートです。垂木の隙間で通気を行うように設計されています。野地合板を張り、その上に防水シートを張ります。防水シートは重ねる長さが決

  • Y・K様邸の様子!!

    新しい現場がスタートしました。鹿児島市下田町の現場です!!まずは「地鎮祭」を行います。神様に「家づくりの工事を始める事の報告」と「無事な完成のお願い」を行います。地鎮祭が終って近くの川上天満宮にお参りしました。基礎工事に入って行きま

  • N・K様邸の様子!!

    いよいよ建て方です!!まずは土台を基礎に敷いていきます。鉄筋コンクリートの基礎と木造の躯体を緊結する部材が土台です。引き抜きの荷重がかかる場所にはホールダウン金物で柱を固定します。アンカーボルトの位置もマニュアルで決まっています。

  • Y・T様邸の様子!!

    いよいよ完成です!!おばあちゃん用の玄関には腰掛が付いています。ここに腰かけて靴を履く。ちょっとした事ですがなかなか思い付きません。これで楽に靴が履ける事でしょう!!お着替えクローゼットです。普段着の収納になります。ここも棚板と

  • N・K様邸の様子!!

    基礎工事が完成します!!型枠を解体して墨出しをします。その後は基礎の出来形のチェックです。設計寸法通りに出来ているかを確認します!!写真を撮り、現場の管理の状況を残します。もみの木ハウスの基礎は普通の家の基礎より頑丈に出来ています

  • Y・T様邸の様子!!

    完成まであと少しです!!階段を組み立てます。ハイブリッド階段で踏板はもみの木になります!!階段は安全第一ですから浮造り加工はグリップが効いて安全ですね。最終形はこんな感じです。安全のためにスターライオンステップという照明が付いていま

  • N・K様邸の様子!!

    基礎の立ち上がりコンクリートを打設します!!コンクリートを流し込むための型枠を組み立てて行きます。鉄筋は基礎のほぼ中心に来るように施工して行くのがポイントです。基礎には「アンカーボルト」や「ホールダウン金物」などが埋め込まれますが、

  • Y・T様邸の様子!!

    大工工事が進む現場です!!プラスターボードが張られて、その上にもみの木が張られて行きます。オガファーザーが貼られると内装は完成ですね!!ここは寝室になります。もみの木の張分けが分かりますね!!全体を張るのではなく部分的に張り分けて

  • N・K様邸の様子!!

    基礎のベースコンクリート打設です!!基礎のベースコンクリートを打設します。今回もコンクリートの強度に温度補正が入っています。気温が低くても高くても温度補正ですね!!ベースコンクリートの厚さは18センチになります。強度の問題ではなく

  • Y・T様邸の様子!!

    木工事が進む現場です!!柱の傾きのチェックを行います。柱が傾いていると建具などがちゃんと動きません。無駄な作業みたいですが、ちゃんとチェックを行います。未乾燥のグリーン材を使うと、建ててから木材が乾燥して柱が変形する事があり、不具

  • N・K様邸の様子!!

    基礎工事が進む現場です。砂利の上に「捨てコンクリート」を打設します。これは墨出しや作業台の意味があります。無くても大丈夫な工程です。捨てコンクリートが乾いたら墨出しを行います。鉄筋の太さや、並びの間隔が構造計算で決まっているので

  • Y・T様邸の様子!!

    いよいよ「上棟式」です。この時期がコロナも落ち着いてい頃だから出来ました。この後の現場はキャンセルになります。天気も良く、快晴の中で屋根の上に矢と的を上げて行きます。お祭りは安全を考えて家の中で行います。今の上棟式のやり方のルーツ

  • N・K様邸の様子!!

    新しい現場が始まりました!!日置市の現場です。この現場もラジオからでした。まずは「地鎮祭」を行います。神様に工事を始める挨拶と最後まで無事に工事が進む事をお願いします。天気も良くて良かったです。この現場も長男が駅伝で走った場所に

  • Y・T様邸の様子!!

    いよいよ建て方に入ります。基礎に土台を敷いていきます。基礎は鉄筋コンクリート造です。そこに木造の構造躯体を接合して行きます。基礎と土台はアンカーボルトで緊結して行きます。同時に大引きを取り付けて鋼製束で基礎に固定して行きます。

  • W・Sー2様邸の様子!!

    いよいよ完成です!!玄関ホールです。サイドは土佐和紙になります。正面は飾り棚です。高さは奥様の目の高さになっています。リビングです。勾配天井になります。梁は外壁面に対する風圧でのたわみ止めのために入っています。ダイニン

  • Y・T様邸の様子!!

    基礎工事が完了しました!!型枠を解体して墨出しします。そして基礎の対角線のチェックです。ピタゴラスの定理を使い対角線の長さを計算。それを確認します。基礎が直角に出来ているかどうか??最初でトランシットで出していますから問題はありませ

  • W・S-2様邸の邸の様邸の様子!!

    完成間近な現場です!!リビングダイニングは勾配天井になっています。天井が高くて開放感がある。これからオガファーザーを貼ります。梁がありますが、これは外壁に風を受けての変形を避けるために入っている物。構造計算上での答えになります。飾

  • Y・T様邸の様子!!

    基礎工事の様子です!!ベースコンクリートの養生期間が終ったら墨出しして立ち上がりコンクリートの型枠を組み立てます。同時に補強金物をセットして行きます。ホールダウン金物を正確にセットします。立ち上がりの中心に鉄筋がある事が重要になり

  • W・S-2様邸の様子!!

    木工事が進む現場です!!吹付断熱が終った屋根面です。発泡ウレタンですっぽりと覆います。壁も発泡ウレタンを吹き付けます。断熱と気密を同時に取ることができる優れものです。ホールダウン金物は熱を伝えやすいのでこれも発泡ウレ

  • Y・T様邸の様子!!

    基礎のベースコンクリート打設の様子です!!クレーンでホッパーを使ってコンクリートを流し込んで行きます。べた基礎なのでかなりの量のコンクリートを使う事になります。今回もコンクリートは「温度補正」が行われます。気温の状態で設計強度より

  • W・S-2様邸の様子!!

    木工事が進む現場です!!屋根の野路合板の上にアスファルトルーフィングを貼っていきます。屋根材での防水ではなく、これで防水は行います。アスファルトルーフィングを貼った状態で雨が漏らない様にします。貼り終えた状態です。屋根材から侵入した水

  • Y・T様邸の様子!!

    基礎配筋が始まりました!!砂利の上に捨てコンクリートを打設します。捨コンと呼びますが、捨てるコンクリートと言う意味です。強度には関係がありません。墨出しをするためと、ベースコンクリートの厚みが均一になるためにやる行程になります。捨コ

  • W・S-2様邸の様子!!

    いよいよ立体的になって行きます!!土台を敷きます。鉄筋コンクリートの基礎に木造の構造体が緊結される。その部材が「土台」と言われるものです。アンカーブルとで固定しますが、ボルト位置にもルールがあります。上部の補強金物との干渉を避ける位

  • Y・T様邸の様子!!

    薩摩川内市で新しい現場が動き出しました!!今回は平屋の様な2階建てです。まずは地鎮祭です。神様に工事を始める事の報告と無事な完成と無事故をお願いします!!基礎のやり方を出します。このやり方に基礎の座標や高さの情報を入れていきます。

  • W・S-2様邸の様子!!

    基礎工事が完了しました!!型枠を解体し、墨出しを行います。その後、対角線の長さをチェックします。基礎が直角に出来ているかどうかを確認します。トランシットと言う測量機械で角度を出しますので間違う事は無いのですが、確認は行います。三平方

  • S・W様邸の様子!!

    いよいよ完成です!!土地探しからスタートした現場です。長いようで短かったですね。寝室です。4.5帖の広さです。吊り押入れになっているので実質は6帖です。将来ベッド生活になる時は空いている子供部屋に移る事になるという設計です!!LDK

  • W・S-2様邸の様子!!

    立ち上がりのコンクリートを打設します!!立ち上がりの型枠を組み立てます。その後にアンカーボルトやホールダウン金物をセットして行きます。上部の構造金物との干渉があるのでミリ単利の正確さを求められます。金物取付図とマニュアルに沿っての施

  • S・W様邸の様子!!

    工事が進む現場です!!屋根はガルバリウム鋼板を葺いています。この材料は長い屋根の現場に採用します。他が対応できませんからね。また、屋根荷重の軽減もできます。地震に対応するにはこれ以外ありません。外壁はニチハのサイディングボードです。

  • W・S-2様邸の様子!!

    ベースコンクリートを打設します!!基礎のベースコンクリートを打設します。暑さは18センチです。これは耐久性を上げるための厚みになります。コンクリートは「温度補正」を行って「30N/mm2」での打設です。気温が高くても温度補正を行いま

  • W・S様邸の様子!!

    断熱工事を行いました!!断熱はホームライトSLという発泡ウレタンを使います。屋根に断熱を行います。なので断熱工事が終わると家中が快適になります。夏は他の現場と比べたら別世界でしょうね!!特に配線工事で天井裏での作業が多い電気屋さんは

  • W・S-2様邸の様子!!

    基礎の鉄筋の配筋です!!基礎の配筋は構造計算を行って決まります。家毎に変わるのがもみの木ハウスの基礎なんですね!!最初の写真と鉄筋の間隔が違う事が分かりますよね。力が大きく加わる場所では鉄筋の間隔は短く密になります。立

  • W・S様邸の様子!!

    木工事が進んで行きます!!屋根には「アスファルトルーフィング」という防水シートを張って行きます。これで防水を行います。なので屋根材は飾りみたいなものですね。これで水が止まる事が大事なんです。外壁には「耐力面材」を張って行きます。耐

  • W・S-2様邸の様子!!

    基礎工事開始です!!畑であった場所なので表土を処分しての整地してからの基礎工事になります。表土はシラスを入れて整えます。やり方を出して基礎の最深部分を出して整地してから基礎を造り始めます。最初は砂利事業です。細かな石が絡み合い大き

  • W・S様邸の様子!!

    上棟式です!!いよいよ上棟式です。屋根に矢と的を上げて周りにお知らせします。昔はこれを見つけたらすぐに餅拾いに行っていました。家に中では上棟式の話をします。本来は事でお祀りを行い、盃をかわす事になりますが、諸事情により最近は形だけ

  • W・S-2様邸の様子!!

    伊佐市で新しい現場が動き始めました!!地鎮祭を行います。地盤改良も無く、べた基礎判定が出ました。川の近くでしたが地盤は強かったです。お客様には鍬入れをしていただきました。地鎮祭は工事の開始の報告と工事の安全を願います。ち

  • W・S様邸の様子!!

    いよいよ建て方です!!まずは土台を敷き込みます。鉄筋コンクリートの基礎に木造の土台を緊結していきます。アンカーボルトは指定の位置があり、そこでしっかりと固定るるのがルールです。地震や台風の力を受けた時に、ちゃんと荷重が受け止められるか

  • H・K様邸の様子

    いよいよ完成です!!外観はすっきりとしたデザインにしてあります。屋根のラインとパラペットの水平ラインの組み合わせが絶妙です。リビングダイニングもシンプルに仕上げています。窓はそこまで大きくありませんが、もみの木が適度な光の反射をす

  • W・S様邸の様子!!

    基礎の完成です!!気温で時間が変わる養生期間を経て、型枠を解体します。基礎の完成です。すぐに墨出しを行います。基礎の精度を確認するために対角寸法を確認します。三平方の定理から弾き出して対角寸法を確認します。ちゃんと寸法があるので直

  • H・K様邸の様子!!

    大工工事が終わりそうです!!外部の仕事が完了して、足場が外れるところまで来ています。足場がある最後の写真ですね。足場が外れると「この現場も終わりだな」って感じがします。足場が外れました。外観が表に出て来ました。今回はシャープな印

  • W・S様邸の様子!!

    基礎の立ち上がりコンクリートの工程です。基礎の立ち上がりコンクリートを流し込む前にアンカーボルトやホールダウン金物の設置をミリ単位の正確さでセットしていきます。建物の耐久性は基礎の鉄筋が基礎の表面からどれだけ離れているかで決まりま

  • H・K様邸の様子!!

    補強金物取付です。構造計算の結果に伴い、掛る荷重に見合う補強金物を取り付けて行きます。どこにどんな金物を取り付けるのかは「金物取付図」を見ながら大工さんが取り付け、それを管理者がチェックを行う体制になっています。これは柱頭のホールダウ

  • W・S様邸の様子!!

    基礎のベースコンクリートの工程です!!配筋検査も無事に終わりました。次はコンクリートを流し込む作業になります。コンクリートは24N/m㎡が設計強度ですが、温度補正で27N/m㎡で施工します。ベースの厚みは18センチです。普通の家の基礎は15セン

  • H・K様邸の様子!!

    いよいよ上棟式です!!天気も良く人がたくさん集まりそうな予感がします!!天気は快晴です!!いつも「雨が降りませんように!!」ってお願いをするのですが今回はそんな心配は不要でした!!建物の中でお祀りを行った後、餅を撒きます。今回は

  • W・S様邸の様子!!

    基礎工事の進む現場です!!捨てコンクリートを打設しているところです。捨てコンクリートとは字の如く「捨てる」ものです。強度には関係ありません。正確な基礎を造るための「墨出し」用に使ったり、作業の足場のための物です。また、ベースコンク

  • H・K様邸の様子!!

    木工事が進む現場です!!屋根を掛けています。垂木を掛けています。垂木は45×75ミリと少し大きめです。台風などの風に対する備えと屋根荷重に対応しています。野地合板は止める釘の感覚がマニュアルで決まっています。適当ではなくちゃんとル

  • W・S様邸の様子!!

    新しい現場が始まりました!!工事の前には「地鎮祭」を行います。土地の神様に地域の産土神の国土の守護神である大国主神をお祀りします。地縄を張り、建物の位置を確認します。地縄を見ると「狭い」って感じるのがほとんどです。でも建ったら大きく

  • H・K様邸の様子!!

    いよいよ建て方です!!まずは土台を敷きます。鉄筋コンクリート造の基礎に木造の躯体をくっつける。土台はその重要な役目を担っています。アンカーボルトで緊結しますが、これにもルールがあり事細かな寸法が指示されています。精密な施工精度が求め

  • U・K様邸の様子!!

    完成です!!リビングダイニングにはスタディコーナーがあります。その壁をポイントで貼り分け。土佐和紙です。化学物質が揮発するビニールクロスは基本、使わない家です。寝室には書斎コーナーが設けてあります。昼間のリモートワークにも使える空間

  • H・K様邸の様子!!

    基礎が完成しました!!型枠解体後に墨出しをします。隅が出たら基礎がちゃんと直角になっているかを確かめるために「対角寸法」を確認します。ピタゴラスの定義を使い対角の長さを出してその寸法を確認します。基礎を造る時には「トランシット」と

  • U・K様邸の様子!!

    仕上げに入って行く現場です。オガファーザーの下地であるプラスターボードを張り上がっているところです。大工さんが下地まで仕上げます。プラスターボードの張り方もちゃんとマニュアルがあります。オガファーザーを貼る前に「パテ」を入れます。

  • H・K様邸の様子!!

    基礎の立ち上がりコンクリートの打設の工程です。型枠を組み立ててホールダウン金物の設置を行います。構造部との絡みがあるのでミリ単位の精度が問われる作業です。基礎の立ち上がりの鉄筋はほぼ真ん中に配置されます。鉄筋コンクリートの耐久性

  • U・K様邸の様子!!

    大工工事が進む現場です!!2階の子供部屋は勾配天井です。ウレタン断熱が屋根面を覆い、その下で天井を組みます。構造体は今回、隠します。梁と小屋束をプラスターボードで覆い隠します。天井面には天井下地を組んで行きます。仕上がる前はこんな感

  • H・K様邸の様子!!

    基礎工事が進む現場です。捨てコンクリートを流し込んで行きます。この工程は省略もできます。構造的には必用は有りません。ただ、正確な寸法の基礎を造る場合は有った方が良い行程ですね。墨出しをしたり、足場がフラットで作業効率も上がります。

  • U・K様邸の様子!!

    大工工事が進む現場です!!サッシ周りの防水工事もしっかりと行います。防水テープで雨水が侵入しない様に処理する事が大切です。屋根の処理も大切です。母屋などが防水シートを破る部分も防水テープで処理して行きます。台風などの強風時の事を

  • H・K様邸の様子!!

    現場は次の砂利事業に入って行きます。基礎の最深部を出した後、そこに砂利を敷き詰めて行きます。細かい石同士が絡み合い、荷重を分散させて地盤に伝える役目を行います。大きな一枚の「盤」を作るために転圧を掛けて行きます。実際はここが基礎の

  • U・K様邸の様子!!

    木工事が進む現場です。柱の傾きのチェックを行います。建ててそのまま仕上げるとひずみが出ている事があります。それを修正するのが大事です。無駄な一手間のようですが大事な一手間です。制振ダンパーを取り付けます。構造計算を行い、4カ所設置し

  • H・K様邸の様子!!

    指宿市の現場がは始まりました!!地鎮祭です。土地の神様と地域の神様に工事の始まりの報告と、無事な完成をお願いします。皆さんが参加する事がこのお祭の目的になります。これか工事が始まる最初の行事になります。いよいよって感じですね!!

  • U・K様邸の様子!!

    いよいよ上棟式です。雨も何とか降らずにできました!!餅まきは厄払いです。昔は親戚一同が集まり、行われていました。現在は色々な法律の関係で一般人は屋根に上がっての作業は出来ません。屋根に上がれるのは上棟式ぐらいでしょう。

  • M・T様邸の様子!!

    完成しました!!外観は水平ラインと斜線の組み合わせです。家の前の大通りから見える場所を飾ります。リビングの壁にはキャットウォークを作りました。引っ越しされてから猫ちゃんたちがここで遊ぶようです。クローゼットです。通り抜

  • U・K様邸の様子!!

    いよいよ木造の躯体を組み立てて行きます。まずは「土台」を基礎に緊結して行きます。その後に大引きを組み立てます。そして床を組み立てて足元を安定させます。作業の安全性を確保します。次は柱を建てて、その後に桁を組み立てて行きます。クレ

  • M・T様邸の様子!!

    大工工事が進んで行きます!!スタディコーナーにもみの木のカウンターが付きました。ここで勉強すると集中できそうですね!!テレビの上の飾り棚です。当然ですが「スーパースリム飾り棚」です。シャープさが良いですね!!猫を飼われ

  • U・K様邸の様子!!

    基礎が完成しました!!型枠を解体して墨出しを行います。その後は対角を測り基礎が直角に出来ているかを確認します。三平方の定理とかを仕事で使う場面ですね。算数が生きてきます。その後は各寸法を確認します。設計通りに基礎ができ

  • M・T様邸の様子!!

    大工工事が進む現場です!!工事中に使う仮説の階段です。梯子でも良いのですが、この階段だと移動が楽です。意外な部分ですが安全性と作業効率が変わってきます。断熱は発泡ウレタンを使います。屋根面での断熱になります。天井裏も快適ですね!!

  • U・K様邸の様子!!

    基礎の立ち上がりのコンクリートの施工です。型枠を組み立てます。鉄筋が基礎の真ん中に来るようになっています。コンクリートは「アルカリ性」ですから中の鉄筋は錆びない。でも酸性雨などでコンクリートが中性化するんですね。その中性化したコンクリ

  • M・T様邸の様子!!

    上棟式です!!いよいよ上棟式です。何もなかったところに家が建ちました。子供達もヘルメットをかぶって足場に登り餅を撒きます。一生に一度あるかないかの一日になります。良い思い出でしょう。屋根の上は危ないので2階でお祭を行い

  • U・K様邸の様子!!

    捨コンからベース鉄筋組までの工程です。砂利の上に捨コンを打設します。捨コンは字の通りの「捨てるコンクリート」です。捨コンは墨出し用の下地とか、作業用の足場としての目的です。基礎の強度には関係が無いのが捨コンなんですね!!

  • M・T様邸の様子!!

    いよいよ鉄筋コンクリートの基礎と木造の躯体が合体します!!まずは基礎に土台をセットして行きます。アンカーボルトで緊結して行きますが、それもちゃんとマニュアルがあるんですね。マニュアル通りに現場を納めて、写真と撮って行きます。設計通り

  • U・K様邸の様子!!

    新しい現場が始まりました!!今回は加治木の現場です。工事の前には地鎮祭です。神様に「工事の開始の報告」と「工事の安全」と「無事な完成」をお願いします。このお祭と工事が終わった後には「竣工祭」というお祭を行います。工事の始まりと終わ

  • M・T様邸の様子!!

    養生期間が過ぎてから型枠を解体します。そして墨出し。墨を出してから基礎の垂直を確認します。対角線の長さをチェックするわけです。まあ、基礎工事をする前に出す「やり方」ではトランシットという測量機械で垂直を出します。なので間違える事は無

  • O・T様邸の様子!!

    いよいよ完成です!!外観は平屋みたいに見えるように設計しています。これでも2階建てなんですね!!キッチンはこんな感じです。エンドパネルまでもみの木です。コーディネートしています(笑)脱衣室はお着替えクローゼット付きです

  • M・T様邸の様子!!

    基礎の立ち上がりコンクリートの工程です。基礎は鉄筋コンクリート造で、上部の躯体は木造です。それを繋ぐのが「アンカーボルト」になります。図面に基づいて正確にセットして行きます。構造計算で大きな引き抜きが掛かる柱には、その力に応じた「ホ

  • O・T様邸の様子!!

    仕上げ工事が進む現場です!!お着替えクローゼットの「ヤマダ収納」セット完了です。棚板自体も調湿や抗菌に消臭作用がある優れものです。だから洗濯機の近くでも大丈夫なんですね!!玄関では玄関収納がセット完了です。玄関収納ももみの木なので靴

  • M・T様邸の様子!!

    基礎の鉄筋工事です。もみの木ハウスの家では邸別に基礎まで「構造計算」を行っています。なので、家毎で鉄筋の太さや間隔が変わります。当然の事ですね。家の形は違うわけですから。この家には「地中梁」が入っていました。力が集中する場所にはそ

  • O・T様邸の様子!!

    大工工事が最終段階です。内装材のもみの木が張られた状態です。ここまで来たらあとはオガファーザーを貼るだけですね。飾り棚まで取り付けられています。飾り棚などは打合せはしません。打合せしても取り付け出来ない場所とかの要望が出ると時間

  • M・T様邸の様子!!

    基礎工事が進んで行きます!!基礎の最深部分は「砂利」です。細かい石が絡み合って荷重を分散させる。ここが基礎の最終防衛ラインなんですが、この砂利に興味を示す人はほとんど居ません。多くの人はなぜか鉄筋に興味を持ちます。砕石を敷き詰めてプレ

  • O・T様邸の様子!!

    大工工事が進んで行きます!!もみの木ハウスの場合「金物取り付け図」という「構造計算書」と連動した金物だけの図面が存在します。その図面を見ながら金物を取り付けます。当然ですが、その後はチェックが入ります。そしてその後に写真に撮る。隠れ

  • M・T様邸の様子!!

    新しい現場が始まりました。今回は伊佐市菱刈になります。初めての土地でのもみの木ハウスですね!!地鎮祭を行います。家族が集まり良いお祭になりました。地鎮祭が終り、近くにある神社にお参り行きます。御礼とこれからの工事の無事を神様に

  • D・H様邸の様子!!

    いよいよ完成です!!玄関にはもみの木の玄関収納が納まりました。飾り棚も付いています。何を置くかで雰囲気が変わります。子供部屋です。もみの木の効果で集中力が増す。ここに子供が居るのは数年です。お気を付けください!!この家

  • O・T様邸の様子!!

    上棟式を迎えました!!今回の現場は天気を心配しる事もなかったですね!!いつもはハラハラドキドキなんですけどね??狭い場所だったので、関係者の車を周りに分散させて餅まきのスペースを確保します。狭いところは色々と大変です。田舎の現場で

  • D・H様邸の様子!!

    大工工事が進む現場です!!屋根の上では「カラーベストコロニアル」という屋根材を葺く準備をしているところです。軽くて風にも強い材料です。屋根材は屋根形状により決めています。「これがベスト」という材料はないので、その家にとって何が良いのかで決めて

  • O・T様邸の様子!!

    いよいよ建て方です!!基礎に土台を取り付けて行きます。鉄筋コンクリート造と木造をくっつけてる。実はこの接合がちゃんとなっているかどうか??アンカーボルトやホールダウン金物の取り付けが大きな問題になります。土台を取り付けた状態です。

  • D・H様邸の様子!!

    見えない部分の工事が進んで行きます!!柱の垂直をチェックします。以外だと思われますが、柱は垂直に建っているとは限りません。確認をして修正して行きます。安い家ではこんな工程は無いのかもしれません??サッシ周りの防水状況です。雨水が侵

  • O・T様邸の様子!!

    基礎が進む現場です。基礎の立ち上がりのコンクリートを打設しているところです。この時期もコンクリート強度の「温度補正」を行っています。打設が完了したら固まるまで「養生」を行います。これも外気温で時間が決まっています。養生期間は他の現

  • D・H様邸の様子!!

    上棟式の日が来ました!!雨予報がうそみたいに晴れる。いつもの事ですね。お客様のご人徳でしょう。本来は屋根の上で行うお祭ですが、危険なので2階部分で行います。無事に上棟した事の御礼と今後の無事な完成をお願いします。お餅を入

  • O・T様邸の様子!!

    基礎の工事が進む現場です!!ベースコンクリートを流し込んでいます。この季節もコンクリートの強度を「温度補正」しています。これは国土交通省の「建築工事標準仕様書」にお書かれています。もみの木ハウスはそれに基づいています。ベースの厚みは1

  • D・H様邸の様子!!

    いよいよ建て方です!!まずは土台敷き込みです。鉄筋コンクリートの基礎と木造の構造を繋ぐのが「土台」と言う事になります。土台は「アンカーボルト」で基礎に緊結されて初めて強度が出ます。土台を敷き込んだ後、マニュアルに従い施工したという写真

  • O・T様邸の様子!!

    鉄筋工事が始まった現場です!!鉄筋を組み立てる前に「捨てコンクリート」と言う工程を行います。基礎強度には関係ない部分になりますが、ベースコンクリート厚みを均一にして強度のバラつきを抑える事と、墨出しをしやすくして作業効率を上げるという意味があ

  • D・H様邸の様子!!

    基礎ができました!!養生期間を終えた後、型枠を解体します。その後に墨を出します。墨を出して基礎がちゃんとできているかのチェックをします。対角線の確認です。対角の長さを計算して実測を行います。個々で数字がおかしいと基礎が直角に出来ていな

  • O・T様邸の様子!!

    基礎工事が始まりました!!「遣り方」と言う木の枠に建物の寸法や高さの情報を写し取り、それに糸を張り正確な基礎の情報を現場に出していきます。それに沿って工事は進むわけです。初めに基礎の最深部分まで掘って地面を均す作業を行います。次は砂

  • D・H様邸の様子!!

    基礎の立ち上がりコンクリートの施工の様子です!!立ち上がり部分の方枠を組み立てます。この時に中の鉄筋が中心にあることが大事です。コンクリートはアルカリ性ですが、酸性雨の影響で時と共に中性化して行きます。コンクリートが中性化すると中の鉄

  • O・T様邸の様子!!

    新しい現場が始まりました!!今回は鹿児島市内での建て替えになります。平屋の大きな家が建っていたのでこれを解体する事から始まります。家の解体に先立ちまして「解体祭」と言うお祭を行います。今までこの家に暮らしてきたことへの感謝と、新し

  • D・H様邸の様子!!

    ベースコンクリートの工事が進む現場です!!配筋検査後にベースコンクリートを打設して行きます。外気温が高かったためコンクリート強度の「温度補正」を行っての打設です。設計は24ですが現場は30での作業です。安全のためですね。コンクリート

  • M・Y様邸の様子!!

  • D・H様邸の様子!!

    基礎工事が進む現場です!!砕石の上に防湿シートを敷き詰めます。基礎の下からの湿気を防ぐのが目的です。その上に「捨てコンクリート」と言うコンクリートを流し込みます。名前の通りで「捨てる」コンクリートです。基礎の強度にはあまり関係しま

  • M・Y様邸の様子!!

    工事が進む現場です!!外壁工事も進んでいます。胴縁工事までが大工さんが行います。外壁はサイディングの張り屋さんが行います。今回の現場は縦張りのサイディングボードなので胴縁は横胴縁になります。縦張りを使う事で。サイディングボードの板

  • D・H様邸の様子!!

    基礎工事が進んでいる現場です!!やり方と言う木の枠に建物の座標の情報を出して基礎の情報を入れて行きます。基礎の場所と高さ関係の情報をやり方から引き出して基礎は出来て行きます。まずは鋤取りと言って基礎の最新部分を表に出します。基礎の底

  • M・Y様邸の様子!!

    木工事が進む現場です。柱の垂直をチェックします。真直ぐに建っていない場合は建具などがちゃんと閉まらなかったりしますので要注意ですね。屋根の上にはアスファルトルーフィングを敷き詰めて行きます。実際はこの状態で雨は漏らないです。屋根材

  • D・H様邸の様子!!

    新しい現場が動き始めました!!まずは地鎮祭です。着工の報告と無事の完成と無事故をお願いします。地鎮祭が終ってから、近くの護国神社に着工の報告と無事な完成と工事中の無事故をお願いします。現場のすぐ近くだから良かったです。初めての参拝で

  • M・Y様邸の様子!!

    いよいよ、上棟式です!!天気がずっと心配でしたが、何とかその時だけは持ちこたえてくれました。大勢の方が集まってくれた良い上棟式になりました。やっと中間点です!!餅やお菓子にお金などを撒きます。まずはそれの準備からですね。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ビカビさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ビカビさん
ブログタイトル
もみの木ハウス・かごしまの現場情報
フォロー
もみの木ハウス・かごしまの現場情報

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用