京男雑記帳
読者になる
住所
東山区
出身
東山区
ハンドル名
京男さん
ブログタイトル
京男雑記帳
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kyo-otoko/
ブログ紹介文
洛中で生まれ育った京男が地元視点で見た日常風景や話を雑記的に掲載
自由文
ご注意!空腹時に来ると辛い記事もあります。上生菓子の写真がおすすめ。
参加カテゴリ

スイーツブログ / 和菓子

地域生活(街) 関西ブログ / 京都(市)情報

京都府情報

更新頻度(1年)

318回 / 318日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2009/04/15

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数

京男さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、京男さんの読者になりませんか?

ハンドル名
京男さん
ブログタイトル
京男雑記帳
更新頻度
318回 / 318日(平均7.0回/週)
読者になる
京男雑記帳
  • 入門・出門

    ここは、いつもブログに出てくる正林寺(しょうりんじ)。平重盛(たいらのしげもり)の別宅のあった所です。平重盛は、平清盛の長男。平重盛の本宅は、六波羅あたりにあった。近所に別宅があった訳ですね。『平家物語』では、この別宅がよく出てくる。平家没落後、九条兼実の山荘となっていた。ここに法然を招き、法談をし、法然を戒師として兼実が剃髪出家した旧跡である。法然がここに居住していたこともあるという。法然上人二十五霊跡第14番になっている。この正林寺の北側に清水寺があるのです。西の坂を降りると妙法院、三十三間堂もある。京都の都舞台の時代小説を読むと、いまでもある地名がでてきます。そんな時、不思議な気持ちになりますね。昔は、どんな景色だったのか?京都観光の面白さは、そういう歴史をあらかじめ調べ、自分の足で見て回るの面白いと思う...入門・出門

  • ロンドン焼

    久しぶりに新京極を通った。新しい店がたくさんできている。そんな新京極に相変わらずロンドンヤはあった。創業70余年らしい。ここは、小さい時から興味があった。自動的にロンドン焼が出来上がるのが不思議だった。幼稚園ぐらいから、前を通る度にジッと見ていたものである。ドクドクのカチャンカチャンという音も私にとって心地いい音楽に聞こえたのかも。小学校ぐらいになると家で自動販売機を作ろうとしていた時期がある。きっとそういうのを作らせたら、天下一品だった。夏休みの工作は、そういうモノを作ったものだ。結構、入選し丸物百貨店で展示された。技術者に向いているのかもしれない。ブラモデルもよく作った。ただ、電気回路とかには手を出していない。手先が器用というのは小さい時からなのかも。久しぶりに一番少ない単位10個を買った。これぐらいなら食...ロンドン焼

  • 居候達

    昨日は、この連休、婿殿が病院にいてもリハビリがないので、外泊をした。我が家は、やっぱりたくさんの人数がいないと調子がでません。子供4人だったのでそうなります。食事も取り合いするのがいい。↑白いお兄さん。この子、迷い犬で殺処分されそうになったのを助けられたのだそうです。↑犬柄は温和なんです。今回は、子供というより犬2匹というおまけつき。家でウンコをしてくれるのがちょっといやかも。犬がすると「でて良かった」と京女と次女は言っている。「おれがここでウンコをしたら、始末してくれる?」というと「否!」と言ってくれた。やっぱりねぇ・・・。↑フト見るとベッドを占拠されていた。最近、ベッドが犬臭い。犬もこの家にかなり馴れてきたようで、フト見ると私のベッドで寝ていたりする。私が昼寝をして、ウトウトといい気持ちになった時、二匹がド...居候達

  • 台風?

    昨日は、京都市内でも台風の影響?があったようです。私の父親や義母のデイサービスも台風の影響で休みだったらしい。警報が出ていたかららしい。交通機関の運休もあったそうです。結局、会社を守る為の行動なんでしょう。私は、昨日、デスクワークの一日でした。午前中に雨が強く降った。さすがに雨が入ってくるので窓を閉めた。でも昼からは雨が止んだ。風もそれほど強くなかった。窓を開けて作業していたのです。家中が犬臭いから空気を通したかった。馴れてきたけど、やっぱり犬の臭いは好き出ない。夕方、色んな色の空が観られた。で撮影してみました。関東方面はどうなんだろう?テレビは、うるさいのでスイッチを入れてないのです。次女が午後3時に、婿殿の入院している病院に行った。地下鉄やバスは動いているようです。そうだよな、こんな風や雨で運休はないよな。...台風?

  • おはようさん「カメ」です

    朝、窓の所で気配を感じた。ブラインドを開けるとカメムシ君がいた。今年初めてかもしれない。最初、網戸の向こう・・・つまり外側だと思っていた。でもよく見ると部屋側だった。網戸を開けると出て行ってくれました。出ないとピンセットで足を掴み、外に帰ってもらいます。そういえば今年はカマキリもベランダの所に卵を産みにこない。百足も出ていない。ゴキブリもいない。大きなクモは出現します。クモはできるだけ生かして置きます。京女は、騒ぎますが・・・。そうそうこの間、アリ事件があった。蜂蜜の瓶にアリがたくさんいたことがあります。ベランダから入ってきたのでしょう。行列ができていた。蜂蜜は処理しないといけなくなりました。ベランダにアリの巣コロリを置いた。効果てきめんです。中の毒餌をせっせと運んでいきました。その様子を見ていると面白いですね...おはようさん「カメ」です

  • どちらが満足?もちろん洋食

    本日は、十三夜ですね。でも天気は、だんだん悪くなるようです。「十三夜に曇り無し」も今年はだめかも。昔と今とはちょっと違ってきているのかもしれません。まあ、十五夜の月を観てないから、十三夜が観られなくても大丈夫。しかも、昨日の昼から台風の影響でしょう。蒸し暑くなってきた。また、夕方は夏仕様になってしまった。↑洋食屋とんはる「Aランチ」930円税込本日の記事は、大阪に行った時、食べたもの。時間がないから洋食にする。ここなら昼に並ばなくてもよかった。どこなと座れますからね。時間のないのに並んで食べるなんてことは、できません。↑写真より各アイテムが小さくなっている?デザートは、いつも女性がずらっと並んでいるお店に行く。もちろん、誰も並んでいなかったからである。芋の甘味。台湾甜商店ということで台湾のスイーツのお店。いつも...どちらが満足?もちろん洋食

  • 十三夜

    世間では、色々なスポーツ大会やハロウィンが注目されていますが、私はスポーツ観戦やハロウィンなんて全然興味ない。それより10月11日は「十三夜」の方がまだ興味ある。偏枯やね。海外では、秋に満月を愛でるなんてないだろうな。そえも「十三夜」なんていうとジェイソンが出てきそうだと思うかも。しかも、数字が13なんて不吉な・・・となるのかも。なんて書いていますが『13日の金曜日』は観たことがない・・・。↑この写真と下の写真は十三夜と関係ないけど、形が十三夜みたいだから採用。私の目の前にある銅鏡。フトみるとこんな風に曇っていたりする。「十三夜に曇り無し」といわれているけど、今回はどうやろ?「片見月」というのもありますね。十五夜と十三夜の両方を観ないと縁起が悪いというらしい。「栗名月(くりめいげつ)」や「豆名月(まめめいげつ)...十三夜

  • やっとかなぁ・・・秋

    でもまた台風19号が週末にやって来そう。「十三夜に曇り無し」というけど、11日はどうやろ。被害が出ないように祈ります。でも昨日は、日差しある所は暑いけど、朝や夜は涼しくなったように思います。どうも夜、居候の犬が寝ているから、突然夜中に吠えたりする。霊が家に入って来ようとしているのを感じるのかも。(笑)私が起きて作業をし始めると吠えなくなります。なんだろう?↑鐘園亭泉涌寺店「紅焼獅子頭定食(肉団子と野菜の煮込み)」大げさな名前ですね。昼間は、次女と2匹の犬がいます。なんか調子が狂います。お昼時になったら次女と食事をしに行きます。次女とは昔からそうなんです。なんだろう。↑次女はこのメニューをしようかと思ったけど、椎茸が入っているのをかぎつけた。それはそれで凄い。最近のランチの場所につれて行っております。今回は、鐘園...やっとかなぁ・・・秋

  • ランチ

    またまた次女とランチ。本日は、焼き肉系。↑蔵「ハラミ焼肉定食」880円家族が次女一人増えるだけで、食料品を買う量が増える?不思議です。ランチも同じかも。次女は丹後半島に住んでいるので、都会の生活を体験させてやりたいという親心。というような錦の御旗を立て、ピーヒャラピーヒャラとランチに行く。父親のランチもあり、どうも最近、胃が重い。↑肉をもう少し多くして・・・。注文しているメニューで私の方が大人しいでしょ。次女には、ランチを食べるポリシーを説明。曰く「1,000円を超えてはいけない」でも満足するお店を探す。↑「モツ煮込みうどん定食」850円、京男の方がおとなしいでしょ。京都市は、観光都市だからぼったくり状態の店が多い。土日になったら、特別メニューですからね。京都市内で働くサラリーマンは、コンビニ弁当とかなんだろう...ランチ

  • ご褒美に禁断メニュー?

    ↑千房サラダ、いつもは大根サラダだけど、この日は大根がなかった。先週、父親の病院日だった。いつものようにタクシーを私のマンションに呼び、父親を迎えに行き、病院へ。できるだけ歩かせたくないという親心、じゃなく子心?そう言えば私の服装が結構派手だったかも。着物に下駄状態。タクシー代を安うするテクニックなんです。↑パリパリ鉄板餃子、父親の好物診察室に2人で入る。もう何年になるだろう。さて、血液検査の結果からドクターと話しがはじまります。父親は、数字が悪いことの言い訳を少し言い出していた。きっとこの3ヶ月心当たりのあるような食事をしていたのでしょうね。甘いジュースを飲んだり、大好きなセブン(イレブン)でコロッケを買ってみたり、安物の蕨餅を食べてみたり・・・だったのでしょうね。↑明太とんぺい焼ところがドクターからHbA1...ご褒美に禁断メニュー?

  • 写真を観ると秋

    もうそろそろ台風が来るのも終わって欲しいものです。安定した秋空が続いてほしい。朝晩の気温差もましになってくる欲しいものです。そろそろ酔芙蓉(すいふよう)も見頃になってきている。季節は秋冬に進行している。それにしれも今年の夏は暑かった。年々、気象が激しくなってきているように感じる。いままでの気象状態が異常だったのか?それとも今が異常なのか?100年ぐらい生きられない人類では判断できないかも。京都市内の冬はそれほど寒くなくなってきているかも。私の子供の頃は「底冷え」といって寒かった。もっとも暖房が火鉢と掘り炬燵、しかも隙間風が入ってくる状態だった。火鉢は掘り炬燵は、練炭だった。よく掘り炬燵の中に潜って遊んでいた。よく一酸化炭素中毒で死ななかったものだと思う。しかも掘り炬燵に薬缶をかけてあった。あれで火傷をしたっけ。...写真を観ると秋

  • 秋の味

    昨晩、いただいた杉茸を食べました。杉茸とは、はじめての出会いです。現在、次女が里帰りしているので、茸は食べ難い。彼女は、キノコが食べられない。なぜかわかりません。一番苦手なのは、椎茸らしい。いま入院中の婿殿も椎茸が苦手らしい。彼の場合、椎茸の出汁もダメらしい。ということは精進料理がだめということになるのかな?↑杉茸(すぎたけ)、これが送ってきたのではないです。上記のような事情で、次女がいない時に料理する。料理といっても簡単です。ピーナッツ油(ごま油がなかっただけです)で炒め、味醂、ポン酢、少量の出汁で炒め煮のような状態にしました。今回は、ニンニクなし。香りをいかしたりから。炊きたての御飯ととても合いました。それとコンニャクとシナチクの煮物、漬物で食べた。秋をちょっとだけ楽しみました。次女は、ランチに中華料理を食...秋の味

  • 昔からのハンバーグ

    ↑グリルはせがわのメニュー先日、婿殿のお見舞いに行った帰り、夕食を食べることにした。歩いて行けるので「グリルはせがわ」に行った。久しぶりだったかも。↑和風ハンバーグ(しょう油)「グリルはせがわ」京都の洋食屋として、ミシュランのビブグルマン部門に選ばれたおだそうです。そうなんだ。知らなかった。私は、そういう権威付けには興味ない。すべて1,000円で釣りがくるなら尊敬しますが。ランチはあるだろうけど、これぐらいのボリュームが欲しい。そうそうライスは、お茶碗の方が好きかも。お皿にライスは、すぐに御飯が乾燥するので嫌なんです。1昔は、よくお弁当を買いに来ていた場所なんです。もう一軒「コアラ弁当」という弁当屋さんがあったなぁ・・・。まだ子供が長女と次女だけの平和な時代の話。↑ハンバーグとサーモンそうそう「グリルはせがわ」...昔からのハンバーグ

  • つゆ草

    まだ暑いけど、さすがに蝉は鳴いていません。「十月の蝉」って本の題名?あれは『八日目の蝉』か。オスが鳴いているというということは、寝坊のメスもいるのかな?それとも地表に出て来たのはいいけど、仲間がいない。それで泣いているのかも。本日の「つゆ草」は、小さい時から好きだった花。あの青が好きだった。どこにでも生えていた。あの青い色素は、すぐに退色するから染め物の下絵を描く時に使われたそうです。そういえば集めて、青色で絵を描いていたことがある。もっとも下絵用に使うつゆ草は、大きな品種を使うらしい。漢方では、全草を乾燥して、下痢止めや解熱として使っていたらしい。そんなこと誰が発見したんだろう?↑亀屋良長「つゆ草」↑外郎、白こしあん和菓子クリエーター情報なし河出書房新社↑京男の和菓子本が新装版になりました。初版を出版した20...つゆ草

  • 急に、インド料理

    どうも最近、京都の風景写真が撮れない。独りで自由に歩けない。もっともいまの季節、あまり綺麗な風景は撮れないかも。↑ムガール「Cセット」父親用、もちろん全部食べられない。この日は、父親の思い付きで振り回された。京大病院から「バスで京都駅に行こう」と父。京都駅八条口近辺で食べようと思っていたらしい。時間もあったからバスに乗って。京大病院〜京都駅八条口に行くバスは、確実に座れるので便利なんです。バス亭が少なく、混んでいる道を通らないからいい。↑ベジタブルサモサ、父親の好物なんです。「河原町御池」のバス亭近くになると「降りて、鳳泉に行こう!」と突然言い出した。時間を見ると昼前だった。「無理だと思うけど・・・」と言ってもきいてくれません。仕方なくバスを降りる。歩いて「鳳泉」に行く。行ったら、満席だった。外はかんかん照りで...急に、インド料理

  • 栗赤飯&八ッ橋

    先日長女が栗赤飯を持ってきてくれた。そうかそういう季節になってきているのね。私は、ここの栗赤飯が好き。観光客は、こういうものは案外気付かないでしょうね。これをお土産として持って帰る訳にはいかない。また、宅急便で送るのも難しい。栗餅なんかもそうかもしれない。地元で食べるしかないのです。これは、お饅屋さんやお餅屋さんで売っていました。蒸したてを売っていた。もちろんいまもそういう状態が多いかも。こういうものは、できたてでないといけません。冷めると魂が抜けてしまう。豚まんなんかもそうですね。一番蒸しは美味しいけど、蒸しなおして食べるとあまり美味しくない。魂が抜けてしまうからだと思う。これは、八ッ橋。実家の近くに本店があります。昔は、生八つ橋というものは、地元でないと買えなかった。いまは、普通に売っている。実家の側に工場...栗赤飯&八ッ橋

  • そろそろ涼しくなって欲しいなぁ・・・

    ↑ゼフィランサス(レインリリー)、この花は外来種なんだそうです。「暑さ寒さも胃癌まで」じゃなかった「暑さ寒さも彼岸まで」だった。もう秋の彼岸が終わった(彼岸明けは9月26日)のに、まだ暑い。昨日の朝、蝉が鳴いていました。もう10月だというのに・・・。「温暖化」という人は、温暖化の影響だというだろうな。まあ、寒冷化より温暖化の方がましといえばそうですけど。いっそ、京都市内でも沖縄みたいに年中Tシャツで生活できればそれもいいけど。昨日の早朝は寝苦しかった。窓を開けても涼しくない。どうもいけまえん。やっぱり私は秋冬が好きだな。ダウンジャケットが欲しくなるぐらいがいい。快適気温が10度ぐらいですからね。20度も高いとつらすぎる。逆に、父は、寒い寒いといいます。筋肉量が少ないからでしょう。体温は筋肉で発生しますから。少し...そろそろ涼しくなって欲しいなぁ・・・

  • 彼岸花が咲く

    やっと智積院のいつもの場所で彼岸花が咲いていた。彼岸花って、雰囲気が派手なわりには、イメージがよくない花ですね。名前でも、彼岸花(ヒガンバナ)・曼珠沙華(まんじゅしゃげ/かんじゅしゃか)・死人花(しびとばな)・地獄花(じごくばな)・幽霊花(ゆうれいばな)・剃刀花(かみそりばな)・狐花(きつねばな)・捨子花(すてごばな)・毒花(どくばな)・痺れ花(しびればな)・天蓋花(てんがいばな)・狐の松明(きつねのたいまつ)・狐花(きつねばな)・葉見ず花見ず(はみずはなみず)・雷花(かみなりばな)・・・言い伝えだってあります。「彼岸花を家に持ち帰ると火事になる」「彼岸花を摘むと死人がでる」「彼岸花を摘むと手が腐る」一瞬、花束にして病院にお見舞いに持っていこうかと思いました。(笑)怒るかな?死のイメージがついて回りますよね。こ...彼岸花が咲く

  • にぎやかです

    いま、この2匹の犬が居候している。黒い子は、昨年2月に居候していた子。今回は、白い子もいっしょに来た。黒い子は、まだ若いのかとてもチョロチョロしてくれます。この家を憶えていました。もとろんわれわれも憶えていたようです。白い子は、おっとりした性格で癒やし系。すぐに馴れてくれた。すぐに背中を向けて首の後ろを撫でろと要求する。私がベッドに寝ていたら、この2匹がドンと乗って来たらビックリしますよ。次女がいる時は、放し飼い状態になっている。私がデスクワークをしていたら、フト気配を感じると白い子が座ってこちらを見ていたりする。↑彼は、ライオンカット。ホワイトライオン?犬の匂いは、まだ馴れておりません。まあ、そのうちなれるとは思います。そういえば、私は、意識しないと気配が出ないのです。夜中、トイレに行く時、白い子が思い切り飛...にぎやかです

  • 散髪?

    まだ、昼間は30度ぐらいの気温。朝と昼間で温度差が10度もある。早朝は、窓を開け、昼間はクーラーとなる。↑こういう状態でした↑こんなになりました!窓を開けて気付いたことがある。明るいのです。なぜ?金木犀の木が散髪してありました。かなりの散髪・・・2メートルは切ってある。ここに越してきた時の近い状態になったかも。最近、この金木犀、香りがしなくなっていた。大きくなりすぎた影響なんだろうか?↑切り株がちょっと痛々しいこれぐらい大きくなると台風なんかの時、折れる危険性が出て来たかも。なにはともあれよかった。今年の酷暑の時、お寺の屋根からの遠赤外線を防いでくれていたかも。この屋根からの遠赤外線はすごいですよ。↑塩芳軒「万寿菊」外出する服装が日によって秋だったり、真夏だったりする。昨日は、夏仕様だった。もう秋のお彼岸が終わ...散髪?

  • 珍しい組み合わせで

    先週から次女の婿殿が入院し、手術となった。婿殿ははじめての入院。柔道の練習中に靱帯断裂してしまった。こういう時、ドクターの腕で結果が多いに違ってくる。そうでしょうね。順番待ちのドクターがいるらしく、そこに入院、手術するとなったそうです。↑焼餃子お見舞いに行くと中高生やアスリート達が多いのです。看護師詰め所にアスリートの色紙や写真がラーメン屋さんのように貼ってある。こんな状態を見るのは初めてです。病室も高校生が多い。色んな病院があるものですね。↑日替わり定食しかも特徴がリハビリがハードで長いそうです。私のリハビリなんかは1時間に対し、あそこはずっとらしい。筋肉を落とさないためらしい。だからカロリーの消費が凄いらしく、差し入れが必要。もう少し、病院食を考えたらいいのに。大量のタンパク質を差し入れた。婿殿、柔道的な体...珍しい組み合わせで

  • やっぱり昔ながらの喫茶店が好き

    昨日の京都国立博物間や三十三間堂、豊国神社、智積院の風景は毎日ほど見る景色。前を通らないと用事ができませんからね。京都市内に観光に来られる人にとって驚きでしょう。小さい時は、平安神宮や真如堂(真正極楽寺)、南禅寺や永観堂も普通に遊び場所だった。そういうのが当たり前に育ちました。だから、他府県に観光というのはあまり感じない。↑「従是東山城国(是より東、山城国)」山城。丹波国境標示石柱。旧老ノ坂峠にあったもの。これは、京都国立博物間庭にあったもの。そういく京都市内の観光スポットを意識するようになったのは、ブログを開始してからなんです。2005年7月13日からだ。ということは14年経ったことになる。14年前の京都市内は、静かで大人が楽しめるいい街でした。そんなことを書くと今は悪いみたいですね。そうです。悪くなりました...やっぱり昔ながらの喫茶店が好き

  • 博物館

    昨日は、思ったより台風の影響なかった。テレビを最近観ないから本当はよくわからない。天気なら窓を開けて空を見た方が確かだと思う。スマホで雨雲の動きを見ても、嘘っぽいしね。雨雲で色が付いていても、雨が降っていないなんてしょっちゅうある。ようするにあてにならん。自分で空を観て、風を観じ、結論をだすのが一番。テレビの天気予報なんて外れtも責任とりませんからね。昨日の昼間、蝉が元気に鳴いていた。ツクツクボウシなんかも珍しく鳴いていた。もう秋分なんだけど・・・。今年も異例づくしの天候。それも秋はやってくるだろう。本日の写真は、「京都国立博物館」です。休みだったけど、庭は見学できるらしくちょっとだけ入った。最近、企画がうまいのか見学者が多く来ている。私は、陶器とかをよく見に行く。イメージで持ってみたり、料理を盛ってみたりして...博物館

  • 秋分の日ですね

    ↑本日の写真は、晴れた日の智積院今日は、秋分の日ですね。秋のお彼岸でもある。17号台風が一番近づいているのかも。京都市内は、それほど台風の影響はないように思う。さて秋分の日は、具体的には何をする?お墓参り、仏壇の掃除・・・。「六波羅蜜※」がちゃんとできているかチェックしてみるなんてのもありますね。取りあえず「ニンニクと精進(料理)は食べた」「じ(痔)かい?」私は痔ではない。智慧・・・(悪)あさじえ程度。六波羅蜜寺に行ってみるなんてのはどうやろ?うーん。※六波羅蜜/布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧布施だけでもした方がいい。モノやお金を渡すのもいいけど、そうでないモノを渡すのもいい。席や進路を譲るというのもいい。もちろん、譲られた人は感謝を持たないといけない。交通機関で席を譲られたら、次の駅で降りる場合でも、御礼...秋分の日ですね

  • 入院の前に・・・2

    昨日の続き。婿殿は、昨日入院しました。入院当日、京女と次女が病院に行った。執刀医の説明を聞くのにすごく時間がかかったそうです。執刀医は、人気があるらしく外来の応対でも忙しいのだそうです。患者のほとんどは、アスリートなんだそうです。きっと雰囲気は明るい病室なんでしょう。そこが内科あたりと違う。食事が少ないらしい。そういう患者ならゼラチン質や良質のタンパク質がたくさん食べさす必要があると思うけどな。リハビリもしっかり筋トレをするそうですからね。↑カシワシイタケ、これも昨日の木耳の料理同様、蒸し物なんです。あっさりとしているけど、旨味が凝縮している感じがする。私のお気に入りの一品。↑トマト牛肉、これも蒸し物です。これも必ず注文しますね。さて写真を撮影した時の話題に戻ります。上の写真は、椎茸と鶏の蒸し物。椎茸が苦手な人...入院の前に・・・2

  • 入院の前に・・・1

    ↑ピータン、次女が好きなんです。風変わりでしょ。娘婿が十字靱帯断裂してしまった。急遽手術となった。柔道の練習中だったのだそうです。手術は、京都市内の名医を紹介してもらったそうです。整形外科は、執刀医の腕ですからね。↑焼売、婿は蓬莢の焼売も食べたことがなかった。すごい人もいるもんだ。この焼売のレベルは高いのです。黒くわいが良い仕事をしている。というような事情で次女も我が家に戻り、病院に付き添いのために戻って来た。ただ、犬が2匹の問題がある。ゲージとかももってこないといけない。婿は、怪我のため車を運転できない。次女も免許をもっているらしいけど・・・ちょっと怖い。そこで婿のお父さんが車を運転して送ってもらうことになった。↑カラアゲ、皮がパリッとして実に美味しい。そこで御礼もかねて会食となりました。長男の時は、東華菜館...入院の前に・・・1

  • このまま秋になるのかな?

    ↑智積院大師堂昨日は、久しぶりにクーラーなしで過ごした。湿度も低く、風も爽やか。歩いていて気持ちいい。このまま秋になって欲しいと願っております。台風も豪雨も当分なくていい。大地は十分潤っております。智積院の境内まで行くと赤トンボが飛んでいた。自宅の当たりは飛んでないのに・・・不思議。いま我が家は、次女が里帰り。婿殿が靭帯損傷手術のために入院するんです。それほど長い期間ではないけど、名医にお願いするらしい。アスリートみたいやね。今回は、お供に犬2匹になっている。1匹は、昨年の冬に居候に来ていた子。エライものやね、憶えている。もう1匹は、はじめて。↑塩芳軒「光琳菊」当分騒々しい状態になっております。昨晩なんか、私が3時頃起きたら、びっくりして吠えた。電灯はつけないけど、コンピュータの光が眩しかったかも。ついでに窓を...このまま秋になるのかな?

  • きせる専門店

    この店のが以前から気になっていた。でもきせるたばこは吸ったこともないし、予定もない。きせる用のたばこは売っている?そういえば最近、たばこ屋さんに行ってない。時代劇で吸っているのを観るけど、自分ではすったことがないのです。「羅宇きせる」と「総金属のきせる」がある。「羅宇きせる」は、雁首と吸口の間に竹で繋いであるタイプ。この竹は交換が必要になる。「総金属のきせる」は、雁首と羅宇(ラウ)と吸口に分かれている。タバコの美味しさからすると「羅宇きせる」タイプがいいのでしょうね。水分も竹が吸ってくれるしね。竹の部分を長くすると煙が冷えてマイルドになる。↑仙太郎「くりもち」きせるを作る人は少なくなっているかも。中古を売っていたりする。でも中古はちょっといややな。いまなら金属をチタンでつくったりするかも。でも・・・吸わないか。...きせる専門店

  • トルコライス?

    大阪でランチを食べた。メニューに「トルコライス」というのがあったので、注文してみた。不思議なセットだと思った。調べると明治時代の長崎県が発祥らしい。↑新大阪グリル洋食サシャ「トルコライス」内容は、写真でおわかりと思いますが、ポークカツとバターピラフ、ナポリタンが盛り合わせになっている。トルコ料理には、こんな食べ物はない。ポークカツってトルコではあまりないだろう。イスラム教信徒が多いからポークカツはありえない。バターライスだけど、トルコではピラウという料理は有名。ただ色んな具材をいれた炊き込み御飯になります。スペインのパエリヤのようなもので、バターで炒めた焼き飯ではない。油はオリーブオイルだしね。↑これは記事と関係ないけど、大阪らしい雰囲気の人形ナポリタンというのも昔風ですね。あれって日本料理。茹でたパスタをケッ...トルコライス?

  • 財布を忘れて神幸祭

    ↑御神輿の大切なパーツなんでしょうね16日、出会うだろうなぁ・・・と思っていたら三嶋神社の神幸祭にいきあたった。京女と出かけバスに乗ったのに、財布を忘れたことに気が付く。「♪財布を忘れて愉快な京男さん♪」と歌いながらバスを降り、渋谷街道を東に登って行く。すると三嶋神社の神幸祭のオープニングをしていた。カシャン・カシャン・カシャン・カシャンという音が聞こえてきた。鳴らしているお兄さんは、ちょっと飛び跳ねたはります。そえを交代しながら氏子さんの範囲を音で清めているのかな?それとも祭やでぇ〜ということなのかな?↑亀屋良長「みのり」この後、家に帰って、バスに乗って京女を追いかけたので祭の様子はわかりません。残念。でも財布を忘れたお陰で出会えました。めでたし、めでたし。↑上用、こしあん和菓子クリエーター情報なし河出書房新...財布を忘れて神幸祭

カテゴリー一覧
商用