プロフィールPROFILE

透明先生さんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

《相性の良いパワースポットの割出し方》https://ux.nu/0ucCt 《恋愛・赤い糸の魔法》 《金運UPにソロモン魔法陣(携帯待受に)》 《婚カツと縁》40代女性の鑑定で人との縁を考えます 《子の魂のゆくえ》水子供養のやり方 《木人実るは子宝なり》子宝を授かる為に必要な事 鬱病対応アイテム・いじめ対策のお守り・受験生必見!記憶力UPドリンク・トラウマ修復

ブログタイトル
透明先生の《スピリチュアル鑑定》占い師の日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/uranai-diary/
ブログ紹介文
最新鑑定→呪vs呪符師 ◎繭気属性別パワースポット◎幸せになる為の人生地図◎2020年富学占ほか
更新頻度(1年)

19回 / 49日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2009/01/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、透明先生さんの読者になりませんか?

ハンドル名
透明先生さん
ブログタイトル
透明先生の《スピリチュアル鑑定》占い師の日記
更新頻度
19回 / 49日(平均2.7回/週)
読者になる
透明先生の《スピリチュアル鑑定》占い師の日記

透明先生さんの新着記事

1件〜30件

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー15

    呪VS呪符師・15師匠によく言われた・・・。「危険な時ほど、冷静に感情に振り回されるな外界を捨て、身に入り自分に問いかけてみろそこには、必ず見落とした答えがあるはず結果には原因が、原因には意味がある決して見落としてはいけないよ」先生の言う通りだ私は深い自己の海から抜け出す~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~多々羅「とうめい~~~~~っ」透明「わかった」多々羅「何がわかったんだよ」透明「多々羅よく聞いてこの鬼は、恐れている」多々羅「はぁ~何を」透明「黙って聞けあの子を思い出してわかったんだ救うという言葉に、過剰に反応したあの子を」多々羅「」透明「あの子は、救いを求めていたしかし、長い年月救われることはなく救いという言葉にすら嫌悪感を抱いてしまっていたんだ裏を返せば、救われないことに恐れているこの鬼は、救われ...呪VS呪符師・鑑定122ー15

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー14

    呪VS呪符師・14多々羅「こ、これは・・・>」呪符が弾けた柱から、無数の顔が浮かび上がる多々羅「お、怨霊いや、そんな生易しいものじゃない」透明「・・・マジか怨霊から生まれた鬼隠形鬼(おんぎょうき)だ」多々羅「隠形鬼って藤原千方(ふじわらのちかた)の四鬼じゃねぇか」透明「ああ・・・だけど、この鬼は人工的に作り出すことができる千方も、呪術に長けた呪術師だったから・・・。」多々羅「嘘だろ~こんなのどうしようもないだろう」透明「いややり方はある・・・だけど」多々羅「だけど、なんだよ」透明「これを作りだした、理由がわからない」多々羅「理由」透明「この鬼を鎮めるにも、理由がわからないと鎮められない」多々羅「そんなのわかるわけ無いだろう~」考えろ透明・・・隠形鬼は藤原千方が朝廷に対して強い恨みをもったからこそ産み出された鬼・...呪VS呪符師・鑑定122ー14

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー13

    呪VS呪符師・13「ピキッ」透明「これ・・・本当に終わるのか」多々羅「はぁ呪いなんてもんは、呪力が尽きれば終わるもんだろう立て続けに呪力を供給しているわけじゃぁ~あるまいしいつか、終わるだろうよ」透明「もし・・・もしだよ呪力の供給が終わらなかったら」多々羅「えっ」透明「呪力を注いでいる者が、ここにいたら」多々羅「そんな・・・バカなこと・・・」透明「無いと、言い切れるか」多々羅「・・・・」嫌な予感が止まらない・・・。呪い(のろい)や呪い(まじない)呪符や呪術といわれる呪(しゅ)とつく理りには、一定のルールが存在する呪は呪を発する呪力(属性気質)の供給が必要それを溜め込める媒体が必要呪を化現させる指示(文字・行動)が必要最低でもこの三つがなければ呪は発動しないつまり、ハッキリ言えるのは、ここは媒体が廃社、指示も何ら...呪VS呪符師・鑑定122ー13

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー12

    呪VS呪符師・12多々羅さんが、本堂の中心に立ち、呪符を行使する多々羅「オン・マカ・・・ギ・・・急急如律令」「パンッ」床に叩きつけられた呪符から、魔法陣が展開呪いが存在できないフィールドを作り出すこれで、私達に呪いが感染することは無い多々羅「オン・・・ギニヤ・・・ド・・・急急如律令」「パンッ」次に先程と同じ聖属性の呪符で、呪いを呪解これで先程の媒体を通して、呪いは全て呪符に封じ込まれる「パキッ」透明「」多々羅「・・・・。」「ピキッパキッ」呪符に吸い込まれた呪いとは別に、何らかの呪いが発動し、私達に呪いをかけようと、魔法陣に侵入してくるが、魔法陣の抵抗にあい呪いが呪解されている「パキッピシッ」透明「おいおいこの結界で大丈夫なんだよなぁ」多々羅「これだけ強い魔法陣を展開しているんだ、もし、これでも駄目なら、それこそ...呪VS呪符師・鑑定122ー12

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー11

    呪VS呪符師・11呪符作りは、けっこう大変だ一枚一枚に行使する事柄、効果、範囲そして、その力の源となる陰陽五行の気質を練り込む必要がある陰陽五行には、それぞれ得意事項があり、陽の聖属性であれば、浄化や再生陰の闇属性であれば、破壊や衰退を得意とし、それぞれ呪符に書かれた指示文字に属性気質を練り込み行使できるように作り上げるここまでくれば、紙が媒体となり、そこに書かれた呪文をキッカケに術が発動するが、紙媒体のものは、一時的な効果と、呪符自体の寿命が早いため、3日くらいしか属性気質を溜めておくことができない弱点があり、作り置きができないのが特徴まあ、プロの呪符師ともなれば、呪符だけ書いておいて、行使する時に属性気質を練り込み使うのが普通なので多々羅が特殊なのかもしれないこういった形で一見弱点の多い呪符だが、他の御札や...呪VS呪符師・鑑定122ー11

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー10

    呪VS呪符師・10私達は急いで廃社に戻ることに・・・透明「はぁはぁ」多々羅「はぁはぁ・・・やっぱりこの呪い廃社から離れるほどに強くなるように出来ている・・・」実際、呪いが発動した瞬間から身体の力が抜け、呼吸ができなくなり、かなりヤバかった廃社に近づくに連れて呼吸が楽になっていくことを思うと、多々羅さんの言っていることは正しいのかもしれない・・・。しかし、そう考えると、この呪いは廃社から呪いが離れないように組み立てられているということになる・・・なぜそんなことを考えながらも、なんとか廃社に戻ってこれた透明「はぁはぁはぁはぁ・・・こ、これから、どうするの・・・」多々羅「はぁはぁ・・・き、決まってるだろうはぁはぁはぁはぁ・・・呪いを戻す」そう言うと、懐から二枚の呪符を取り出し、私の額と多々羅さんの額に叩きつける多々羅...呪VS呪符師・鑑定122ー10

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー9

    呪VS呪符師・9廃社を後にした私達は、またまたバス停までの長い道のりを帰ってゆく・・・。透明「はぁ~・・・何もしてないのになんだか疲れた~」多々羅「う~ん・・・」透明「どうしたの」多々羅「いや・・・。」透明「やっぱり、気になるよねあの程度で、呪いが呪解できて根本的に解決するなら、なんで今まで解決できなかったんだろうって・・・。」多々羅「いや、そうじゃない」透明「えっ多々羅ちんは、他に原因があると思っているってこと」多々羅「違うんだ」透明「」緊張感が走る多々羅「割りに合わないんだ~~」透明「・・・・はぁ」多々羅「だってそうだろあの程度で、辻利のパフェと十徳梅園の粟ぜんざいとか、ありえないだろう大損だよ~~~」透明「そっちか~~~~っ」多々羅「だって、そうだろあの程度だったら、大してもらえないだろ」透明「知らないよ...呪VS呪符師・鑑定122ー9

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー8

    呪VS呪符師・8廃社の敷地を全て回った頃には、陽が傾き始めていた多々羅「そろそろ、頃合いかもな」透明「うん結構、呪いの効果が強くなってきている・・・これから、どうするの」多々羅「まずは、呪いを呪解してみるか・・・。」透明「なるほどね呪いの元を特定するには、この呪いを一度呪解するってわけね」私達は、ただ見回りをしていた訳ではなかったこの敷地全てに影響を与える呪符を土地の脈に配置していた・・・・。これは先程、多々羅さんに穏田さんが渡したものだった透明「どこでやる」多々羅「さっきの本堂が良いかもな」透明「了解」私達は、先程の本堂に戻ってみる多々羅「ちゃんと、帰れたみたいだな・・・。」透明「そうだね・・・さてやろうか」多々羅「ああ」多々羅さんは、照れくさそうに本堂の中央に立ち八坂神社で作っていた呪符を取り出す多々羅「オ...呪VS呪符師・鑑定122ー8

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー7

    呪VS呪符師・7本堂に到着した私達は、周囲を探る透明「・・・・。」多々羅「ブツブツブツブツ・・・急急如律令」「パン」多々羅さんが、呪符を場に叩きつける「え~~~んえ~~~~ん」透明「」隠れていた者が姿を現す透明「こ、子供」子供「グスッグスッ怖いよ~」多々羅「・・・・。」多々羅さんの呪符で、場が固まり、隠れていた隙間が崩れたため、隠れることができなくなったみたいだ・・・しかし・・・。目の前にいる子供は、片腕が無く、浴衣姿で、ただ泣きじゃくっていた透明「君・・・。」子供「びくっ」多々羅「透明」透明「大丈夫怖がらなくて良いよ君、名前は」子供「・・・・順平・・・。」透明「順平くんか~いい名前だね」子供「・・・お兄ちゃん達・・・誰」透明「私達は、君を救いに来たんだよ」子供「救い・・・う、嘘だ」透明「」子供「救いなんて・・...呪VS呪符師・鑑定122ー7

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー6

    呪VS呪符師・6私と多々羅さんは、早速周囲を調べ始める透明「しかし・・・本当に古いね」多々羅「まあ、誰も寄り付かないから、手入れもされていないんだろう」透明「でも、なんで今になって、この廃社をどうにかしようと思ったわけ」多々羅「それも、知らんよ俺は、あくまでも指示されたことをこなすだけだからな」透明「相変わらず、我関せずか」多々羅「お前みたいに、全てを理解しようとしていたら、身が持たないからなっていうか、それが普通なんだと思うがね」透明「う~ん・・・そんなもんかなぁ~なんか、それって仕事に責任をもってなくない」多々羅「はぁ~・・・それが普通なの俺らの仕事なんて、叩けばホコリが出るようなものも多いし、いちいち全てに首突っ込んでたら、それこそ雁字搦めになるし、相手に付けこまれるだけだろ」透明「付けこまれる」多々羅「...呪VS呪符師・鑑定122ー6

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー5

    呪VS呪符師・5記事の前に・・・みなさん、お帰りなさ~いいよいよ新居で再スタートでーすこれからも「占い師の日記」をどうぞ、よろしくお願いしま~す」新しいブログに慣れるために、良かったらコメントを書き込んでみてくださいね~・~・~・~・~・~・~・~・~・~多々羅さんの話ではこの廃社は、神仏習合時代に立てられ、その後、神道と仏教が分かれた際に、色々な揉め事があり、どちらの宗派からも独立した当時の新興宗教となった場所で、その宗教の教えがかなりの偏りがあった為、多くの方が、亡くなる事件があったとのことその際、その恨みが形となり呪いが発生しかしその後、色々な人が呪いを呪解するが、何かが呪いを復活させているらしい・・・。今回の依頼は、その何かを突き止め、場合によっては排除することそして、呪いの発生を完全に止める、というな...呪VS呪符師・鑑定122ー5

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー4

    呪VS呪符師・4目の前に佇む廃社には神仏の気配は無く、ただ、怪しい雰囲気を漂わせていた・・・。透明「これ、絶対に出るよね」多々羅「まあ、出るのはお前が考えているものとは違うかもしれないけど、出ると言えばそうだろうな・・・。」透明「」足早に廃社に入ってゆく多々羅さん・・・その表情は、先程までの緩い感じがなくなっているのに気づく私も気配を探りながら、その後を追う・・・。透明「」廃社に一歩入って気づく・・・。透明「(この反応・・・結界だよなぁでも、通常のものよりも、かなり禍々し感じがする・・・。)」多々羅「透明何か、気づいたか」透明「うん・・・この結界・・・いや、呪いは、どう考えても作為的に作られているよね」多々羅「やっぱりか」透明「今回の仕事は、この張り巡らされた呪いの除去っていうことで良いのかなぁ」多々羅「その程...呪VS呪符師・鑑定122ー4

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー3

    呪VS呪符師・3透明「失礼だなぁ~私は今日、観光で忙しいんだ」多々羅「それって、暇じゃないか~」透明「ひまじゃな~~~い」多々羅「お前、少し付き合えよ」透明「だ~か~ら~聞いてる」多々羅「辻利の抹茶パフェでどうよ」透明「・・・・・十徳付きなら」多々羅「く~っ足元見やがってまあ、いいだろう」透明「よし今から透明はヒマになりました」簡単に買収される透明先生・・・そんなこんなで、多々羅さんの仕事に同行することに・・・。京阪祇園四条駅から電車に乗り電車を降りてからバスを乗り継いで、目的地へ・・・透明「ま~だ~」多々羅「あのなぁ~お前、文句ばかり」透明「だって~車はどうしたの車は~」多々羅「この方が早いんだよ~四条付近は、渋滞がひどいから、時間に間に合わないと怒られるだろ」透明「怒られる誰に」多々羅「仕事の依頼人にだよ」...呪VS呪符師・鑑定122ー3

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー2

    呪VS呪符師・2八坂神社の御神木に手を当てている怪しい感じの人物・・・。透明「やっぱり・・・お~い」多々羅「・・・えっと、透明」透明「多々羅ちん久しぶりだねぇ~」多々羅「変な呼び方すなよ~」透明「ええ~いいじゃん」多々羅「よくないってそんなことより、何で、お前が京都にいるんだ」透明「えっ昨日、仕事でまあ、今日帰るんだけどね」多々羅「そ、そうか・・・」多々羅さん・・・職業・呪術師彼とは修行時代からの腐れ縁というか、幼馴染というか・・・。彼の師匠は、私の師匠の親友で、関西方面でちょっと有名な呪術師だった・・・。私が幼い頃、師匠の家にちょくちょく来ては、酒を酌み交わしていたのを覚えている透明「でっ何してたの」多々羅「えっ」透明「だから、さっき御神木で何してたの」多々羅「なんだ、見てたのかこれだよ」透明「これって、呪符...呪VS呪符師・鑑定122ー2

  • 呪 VS 呪符師・鑑定122ー1

    呪VS呪符師・1暗い・・暗い・・・ここは・・・森の中・・・水の中・・・息が・・・出来ない・・・・・・・・・ここは・・・・・・。~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~透明「ふぁ~~~~っまだ、眠いや~・・・・」みなさ~んおはようございま~す今日は、久しぶりに出張鑑定で、京都に来ていま~すと言っても、鑑定は昨日で終わったので、今日は、ゆっくり京都観光をしてから、帰ろうと思っているところです透明「昨日は、飲み過ぎたなぁ~身体が重いや・・・さてと」昨日は、仕事の終わりに友人と会い、久しぶりに羽目を外してしまったせいで、ちょっと身体がだるい・・・。私は生まれは東京だが、幼少の頃、関西で育った時期があり、友人はどちらかというと関西方面に多く、久しぶりに帰ると、何故か大人数での宴会が始まってしまうまあ、人を肴に飲みたいだ...呪VS呪符師・鑑定122ー1

  • 2020年 富学占です♪・4

    2020年富学占~・4透明「みなさ~んお待たせしました~!それでは、方位・弱体、月加・漢霊今年も見てゆきましょうね~」・弱体は、身体の弱くなりやすい部分です・月加(げっか)は、物事が上手く進む加月(かづき)と物事が上手く進まない減月(げづき)を表しますそれ以外の月は、半々と考えてください。・漢霊(かんれい)は、今年相性の良い文字の言霊ならぬ文字霊自分の近くにその漢字一文字を自分で書いて持っておくだけで、運気のバラつきが抑えられて安定しますので、何かに書いて持っていてください地陽の天位方位・福運は南西・凶運は北東弱体・腎臓に注意月加・加月(3・5・7)・減月(1・12)漢霊・綠粋地月の天位方位・福運は南・凶運は北東弱体・腰痛に注意月加・加月(4・8・9)・減月(2・6)漢霊・拝神地星の天位方位・福運は北東・凶運は...2020年富学占です♪・4

  • 2020年 富学占です♪・2

    2020年富学占~・2透明「それでは、ここで変革期に関しての情報を少しお話ししたいと思います変革期に関しては、詳しく書くと記事自体が消えてしまう恐れがあるため詳しくはお話しできないので今回は、今年の注意事項を中心にお話しして、解決策を模索したいと思いますまず、今年の変革期に関して注意をして欲しいことからですが、今年は今まで体内に蓄積した毒素が病気として表層に出てくる可能性が高く、かなり注意が必要となります・・・。実際に昨年末から、病気の発症例が多くなってきてしまい、私としても対応に追われている状況で・・・こういった変革期による病気の発症は、変革期に入る前から蓄積している体内毒素が大きく関わっているのですが、これらの毒素は、ある程度のシナリオから起こされているため、どんな方でも毒素を持っていると認識して対応して欲...2020年富学占です♪・2

  • 2020年 富学占です♪・1

    2020年富学占~・1透明「みなさ~んた・だ・い・ま~あらためまして明けましておめでとうございま~す今年も、しっかりと禊をして、準備万端最初から全力で走って行きますよ~今年も、みなさんと一緒に、幸せになるためがんばりま~~~~すそれでは、今年2020年の大まかな流れを説明していきたいと思いま~す今年は東京オリンピックもありますので、先々に楽しいイベントも多い年行き足をつけるにも丁度いい年回りかもしれませんよねそれでは早速、時勢を見てゆきましょう~今年は庚(かのえ)の子金・水=陽・陰の相生の年ですこの年の特徴は「事柄に旨味あるも、満足せず」となり、これを読み解くと、今年の気運は、目標や願いは生まれやすく、目の前にチャンスが訪れやすいが、それを受け取れる者、受け取れない者が生まれ、受け取れたとしても、最後にはなかな...2020年富学占です♪・1

  • 2020年 新年挨拶で~す♪

    2020年新年ご挨拶で~~~す透明「みなさ~ん明けましておめでとうございま~すいよいよ2020年始まりましたねぇ~2020年は、子年今年の子は、こだわりが強い年巡り自分のこだわりが、実を結ぶ出来事があったり、自分の中で、新たなこだわりを持てる事と出会えたりと、人生を変えてくれることが多そうですこういった流れは、乗ったもの勝ちそういった意味でも、オラ~今からワクワクすっぞ~by○空」「・・・・・。」「・・・・・・。」「・・・・・。」「・・・・・・・・・・・・・・」透明「お、お~~~~~う~~~~っ(新年そうそう、やっちまったかぁ~~~)さ、さ、さてではでは、今年も最初の勢いを得るための、問うや文言始めて行きましょ~~~う」問うや文言は、昨年同様、子年の年回りを掴み、一年がより良い年になるように祈願し身を浄化する文...2020年新年挨拶で~す♪

カテゴリー一覧
商用