searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

高嶺さんのプロフィール

住所
越谷市
出身
中央区

UK-JAPAN2008公認ブロガーとして活動。美術史、思想史、舞台芸術と輸入住宅インテリア、バラ園芸について。駐日英国大使館公認(UK-JAPAN2008)ブロガー。2010〜英国大使館広報ブロガー,2015年英国アンバサダーの活動も含みます。

ブログタイトル
1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ
ブログURL
http://ousia.livedoor.biz/
ブログ紹介文
美術・思想史・舞台芸術輸入住宅バラ園芸 英国大使館UKJAPAN2008ブロガー英国アンバサダー
更新頻度(1年)

60回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2009/01/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、高嶺さんの読者になりませんか?

ハンドル名
高嶺さん
ブログタイトル
1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ
更新頻度
60回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ

高嶺さんの新着記事

1件〜30件

  • 'ない' についての理論と害悪

    https://m.huffingtonpost.jp/amp/entry/shingatakoronauirusu-jinruitonokyoseinimukete_jp_5e6f1770c5b6dda30fcc321d/?__twitter_impression=trueハフィントンポストの記事。この記事に遡ること2月22日前後の高山氏と岩田氏のやりとりについて。(岩田氏による英語版と日本

  • パリオペラ座のお土産

    3月1日に舞台装置担当のセドリック氏にお会いしたときに、たくさんのパリ・オペラ座とフランスのお土産をいただきました!ガルニエ宮のガイドブック、扇子、傘、マスタード4種セット、はちみつ、パテ・ド・カンパーニュ2種、それからブルターニュのリエット、オペラ座350周年

  • パリ・オペラ座公演 <オネーギン>於:東京文化会館 Ballet de l'Opera national de Paris <Onegin>

    パリオペラ座日本公演2020<オネーギン>に行ってきました。(3月6日ソワレ)2020年春にオペラ座公演があるよ、丁度一年前に娘がフランス留学+パリ小旅行に行ったときに、ガルニエ宮を案内してもらい(2017年のログを参照)その時にお話しを聞いてましたが、その後正式にチ

  • 鈴木信太郎記念館 友の会案内 白水社「ふらんす」2019年11月号

    ラテン語学習会のSさんが事務局を務め、発足した鈴木信太郎記念館友の会のご案内です。https://www.city.toshima.lg.jp/129/bunka/bunka/shiryokan/suzuki/suzukioverview.html豊島区では平成22年にフランス文学研究者の鈴木信太郎氏の居宅をご遺族から寄贈いただきました。

  • <猫文学のオマージュ展>(於:Gallery幻 千駄木)

    2月22日~3月1日まで開催された「猫文学へのオマージュ展2020」へ行って来ました。(2月27日木曜)文京区千駄木のギャラリー幻さんにて。http://cafegallerymaboroshi.com/20200222.html研究会のシンボル画を担当してくださったり、絵画技法についての講座を担当していただい

  • パリ・オペラ座バレエ公演 <ジゼル> 於:東京文化会館 Ballet

     Sunday 1 March 2020, 15:00 @Tokyo Bunka KaikanLeonore Baulac, Germain Louvet, Hannah O'Neillhttps://www.nbs.or.jp/english/stages/2020/parisopera/giselle.htmlパリオペラ座バレエ、3年ぶりの来日公演3月1日マチネ公演へ行って来ました。今回の演目は<ジゼル>と

  • 黒目柳 彼岸桜 / 直留め チューリップ、彼岸桜 ラナンキュラス

    ダイニング側に黒芽やなぎ、彼岸桜、洋菊2種をいけました。こちらは縦の添え木どめです。古賀郁さんの油彩テンペラ画。インキュナプラの時代の貴重書図録。直留めのお稽古の写真です。ラナンキュラス、彼岸桜、チューリップ、サイネリア。銅の筒いれを用いた漆塗り風の花器

  • プルタルコス『似て非なる友について』(倫理論集 モラリア)より Plutarchus: Moralia

    タイトルはプルタルコスの「モラリア(倫理論集)」からであり、このモラリアには4つのエッセイが集められている。インキュナプラの時代でプルタルコスの比較列伝(英雄伝)の装飾写本をみたのでプルタルコスを読もうと年末から思っていた。エッセイであるので、何かの待ち時

  • 床あがり つつじ、ブプレリウム、洋菊:Floor Position Arrangement

    お稽古でのしあがりはこちら。手作りの花器をお借りしています。https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/いけばな草月流 Sogetu FBいけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chanいけばな草月流 HANA SOhttps://twitter.com/SOGETSU_HANA_SO

  • 日記:イソクラテスのドクサと好機(カイロス)

    新ギリシア哲学史(12月18日)ソクラテス派:クセノフォン、イソクラテスの講座の回の前に、廣川洋一先生著のイソクラテスについて「フィロソフィアとしての弁論・修辞学」の項を読みかえしていた。その後、納富先生の講座を受けたあとにもとったノートとイソクラテスのカイ

  • LAUDEN, D’ARGOUGES  CHOCOLATE

    音楽、映画ECTファンのYKさんからLAUDEN, D’ARGOUGESのチョコレート(Queen)コラボをいただきました!!King of MagicとHot spaceのジャケットデザインで、kindのほうはオランジェットとクラッシュカラメルがはいったものです。カレルチャペックの小菓子用のミニプレー

  • 庭の花 彼岸桜

    そろそろ選定をしなくては..とニュードーンとレディヒンダリンを軽く選定しました(二日前にトリガーポイント注射にいって少し楽になったのと朝方風がない晴れ間があったので)まだ花がついており、レディヒンダリンにもつぼみが。紫陽花も選定するために紫になっていた半分

  • QAL:Rhapsody tour2020 2nd night(於:さいたまスーパーアリーナ Saitama super arena)

    http://www.queenonline.com/news/greg-brooks-our-man-in-japan-says-sayonaraさいたまスーパーアリーナ(於:さいたま新都心)のQALのLiveに行ってきました。(1月26日二日目)過去の日記に書いたとおり、承知元の先行発売(有料会員)からじつに5次プレオーダーなどでこと

  • 水仙、ひゅうがみずき、レースフラワー

     いけばな(草月)お稽古で水仙の課程を学びました。袴の扱いや葉の組み合わせ方法、活かしかたなどを先生から教えて頂きました。今回は、枝ものにひゅうがみずき、水仙の白さと葉のやわらかいグリーンにあわせてレースフラワーをあわせました。写真上2つは自宅でいけなおし

  • Queen展

    http://www.queenonline.com/news/queen-exhibition-greg-brooks-our-man-in-japan自分的ベスト12を選んでみようと思いましたが、もし二枚組なら20曲かな...もしくはそれぞれのメンバーが作った曲を4つ選ぶとしても難しい、そして投票結果を公式WEBが40曲出していたので、選

  • 関東ラテン語学習会新年会

    関東ラテン語学習会の新年会でした。(1月12日)この2年ほど参加できていなかったのですが、今年は参加。2000年からとのことなので今回で21回目になるそうです。(私は4回参加)今回は乾杯の前に兼利先生がホラーティウスを解説+朗読。Horati Carmen Ⅰ.Ⅰラテン文学ではホ

  • Verrocchio ヴェロッキオ展のカード ロッソ・フィオレンティーノ Rosso Fiorentino

    ヴェロッキオ展のカードとリヒテンシュタイン展のカードを飾りました。最初ラファエロの「ヒワの聖母」のカード(キャビネ版・イタリアのポストカードはこの型が多い)を入れていたフレームにいれましたが、こちらに変えました。http://visitaly.jp/recommend/leonardo500-it

  • 東洋文庫ミュージアム (於:文京区 千石)

    間があいてしまいましたがインナキュブラの時代の貴重書展を観た後に、学友の陽子さんと初めて東洋文庫ミュージアムへ行きました。(12月21日)六義園や後楽園などの庭園散策している時に看板?をみた記憶があり、知人も何人か行っていたのですが実際訪れるのははじめてでし

  • 映画 イントゥザスカイ試写会 (於 有楽町読売ホール)

    UKJAPAN繋がりのまきこさん(びんごがーる)のご招待同伴で観てきました。2019年10月に英国公開、英米作製。日本劇場公開は17日からです。イントゥザスカイの試写会にも行きました。なるほど、史実では'ジェームズ・グレーシャーとヘンリー・コックスウェルが1862年9月5日に

  • リヒテンシュタイン展 (於:Bunkamura)

    写真と本文は追加しますNatale:プレゼピオ ヴェロッキオ展のポストカード Calamvs Gladio Fortior ペンは剣より強しPaquita – Mariinsky – 1ere partie  ”パキータ”.<ライモンダ>パリオペラ座:Raymonda Grand Pas -M...ポリーナ・セミオノワ&マラーホフ / エレ

  • <ゴシック写本の小宇宙>展 内藤コレクション(於:国立西洋美術館版画室)常設展

     手描き彩色写本の作成、複製過程を説明したビデオも展示室前で公開されています。内藤コレクション展「ゴシック写本の小宇宙――文字に棲まう絵、言葉を超えてゆく絵」こちらは常設、版画素描室も常設展でみることができます。https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2019g

  • 2020:蘭を中心に;オンシジウム、松、デンファレ

    30日にいけた正月花。いつもの生花屋さんにはいけず、今回はパルシステムの洋花正月生花を注文し、カーネーションは除いて別の部屋へいけています。花器は草月陶房のいろり。Calamvs Gladio Fortiorペンは剣よりも強しCalamvs Gladio Fortiorインキュナブラの時代貴重書展の

  • Calamvs Gladio Fortior

    ペンは剣よりも強しCalamvs Gladio Fortiorインキュナブラの時代貴重書展の際に旧図書館の義塾図書館ステンドグラス(ステインドグラス)とホールも公開日でした。プレート内「このステインドグラスは大正4年(1915)制作された原型を今に復元したものである。当初画伯和田

  • Natale:プレゼピオ ヴェロッキオ展のポストカード

    プレゼピオ(presepio)はイエス誕生の場を表したもので、イタリアではクリスマスツリーよりもプレゼピオが有名。もともとは聖フランチェスコが聖書がよめない人の為に演じたものであって、おそれくクリスマスページェントなどにも用いられている再現が元になっている。毎年

  • 「インキュナブラの時代」:第30回慶應義塾図書館貴重書展示会 初期印刷本コレクションとその広がり

    11月25日から開催していた「インキュナブラの時代」西洋初期印刷本コレクションとその広がり(ダイジェスト)展に行ってきました。グーテンベルグ聖書は12月18日水曜から21日土曜日の期間に4年ぶりに公開されました。(私が高宮先生の英文学(アーサー王伝説とトーマス・マロ

  • Imperial Plaza オードリーヘップバーン写真展

    12月10日付のアクセス順記事一覧1.2019-11-28BECK <Hyperspace>2.2019-12-02豆バル:名古屋の豆専門店3.2019-12-04写真展 ”Rock The Best” (於:リコーイメージスクエア銀座)4.2019-12-09カラヴァッジョ展(CARAVAGGIO  図録再読)5.2018-10-22Paquita – Mariin

  • THE APOLLO 

    1年ぶりくらいですがAPOLLOのランチに行きました。写真展ご一緒したYKさんと。ギリシャサラダ、今回は赤大根がモロッコインゲンに加えて入っていました!何度も行ってますが、サラダや付け合わせの野菜サイドディッシュが季節ごとに変わるのでメニュー選びも楽しいです。ケー

  • カラヴァッジョ展(CARAVAGGIO 2001年 都立庭園美術館 図録再読)

    カラヴァッジョ展、札幌近美で観たかったのですが結局いけておらず、2001年都立庭園美(日本におけるイタリア年)の図録を再読していました。今見ると、シモン・ヴーエ<女占い師>、ホントホルスト、オラツィオ・ジェンテレスキ、ジョルジョ・ラ・トゥールなども展示されて

  • 中林忠良銅版画展 -腐蝕の旅路-(於:O美術館 品川大崎)

    中林忠良銅版画版画展に会期中2回行きました。本来は10月19日のギャラリートークに申し込んでいたのですが、大学の行事と重なってしまい、11月1日のクロストークの回に改めて申し込みし、参加させていただきました。また会期中後半には、札幌から来ていたYさんと再度

  • 写真展 ”Rock The Best” (於:リコーイメージスクエア銀座)

    ミュージックライフ(洋楽雑誌)等で海外アーティスト、ロックミュージシャンの写真を撮影されていた写真家の長谷部宏氏の写真展に行って来ました。告知では(昨年の映画からブームにもなっている)Queen、Beatles、エルトン・ジョン等などが主にメディアプレスリリースに掲

カテゴリー一覧
商用