searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

daldalさんのプロフィール

住所
箕面市
出身
箕面市

・黙って立っていれば、超クールなダルメシアンのマヌケな素の姿などを随時掲載しております。 ・まだまだ情報の少ない、人気のドバイの旅行記も有ります!

ブログタイトル
ぶちぶちワンコの日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/daldal0623
ブログ紹介文
たぶん天使になれたはず・・・な愛犬ダルメシアンとの生活&海外旅行記を気の向くまま綴ったページです。
更新頻度(1年)

10回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2008/07/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、daldalさんの読者になりませんか?

ハンドル名
daldalさん
ブログタイトル
ぶちぶちワンコの日記
更新頻度
10回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
ぶちぶちワンコの日記

daldalさんの新着記事

1件〜30件

  • リカさんの木 4歳

    リカさんのオリーブの木、4歳になりました。他の草花が猛暑にグッタリしている中でも、元気にワサワサ茂りました。あまりにもモジャモジャになったので、光と風通しを良くするために先日剪定したため、ちょっと今ブサイクな形になっていますが・・・隣地にリカさんのいた頃には無かった家が建ち、背景も変わった今年ですが、変わらず緑の葉っぱを伸ばし続けてくれて嬉しいです。大きくなって防寒できなくなったので、寒さが苦手なリカさんですが、冬も頑張ってくれますように。リカさんの木4歳

  • 立ち耳のダルメシアン

    9月終わりの平日に久しぶりに京都にごはんを食べに行きました。以前は季節折々に訪れていたので、ずっと行きたかったのですが、インバウンドで溢れる様になってから、なんとなく足が遠のいていました。GoTo前日だったからか、阪急河原町から八坂神社までの通りが見たことが無いぐらい人がいませんでした。(開いていないお店も多かったかもしれませんが)お昼まで時間が有るので、とりあえず清水寺へ。高台寺辺りも静かで、人力車のお兄さんもヒマそう。本当に人いない・・・と思っていたら、清水寺に続く道に出た途端、修学旅行の団体が急に現れてビックリ。いるトコロにはいるのね。ということで、団体様が拝観終わった頃を見計らって、清水寺へ。複数団体が来ていたので、一時はものすごーく人がわんさかでしたが、団体さんなだけに、はい、次行きますよ~で一気に移...立ち耳のダルメシアン

  • 【サンマロ旅行記 20】帰国

    ホテルの部屋からレンヌ駅のホームがよく見え、なかなかこういうロケーションのホテルに滞在することもないので、ついつい列車が着く度に覗いてました。7時半には空港に向けて出発したいので、荷物をまとめて朝ごはんに。こちらのホテルは6時半から朝食OKだったので助かりました。と言っても誰もいなかったですが。温かいおかずとかは無かったと思いますが、パンやジャムの品揃えはそこそこのラインナップが有り、満足のいくものでした。で、ここで電子レンジと、お湯の出そうなマシーンを発見。ああ、昨日のうちに知っていたら・・・部屋にはお湯ポットが無いけれど、ここのが使えたのかも?と。なんかフロントの背後の棚にティーバッグ(KUSUMI)やキャンディーが置いてあるのが気になっていたんですよね・・・セルフでどうぞってことだったのかなぁ。チェックア...【サンマロ旅行記20】帰国

  • 【サンマロ旅行記 19】レンヌ街歩き 続き

    市庁舎前のカフェでお茶をしてから一旦ホテルにチェックインしに戻りました。エレベータはカードキーが無いと動かないタイプです。バスルームは狭いですが、(飛行機のトイレを若干広くしたぐらい?)部屋自体はまあまあの広さ。オープンなクローゼットですが、1泊で清掃スタッフも入らないので問題無し。でも、こういう造りのスペースもロッカーや更衣室の無いオフィスとかだったらいいですよね。ホテルの部屋って色々学ぶ事多いです。そして新しいホテルならではの、今時の必需品はしっかり有りました。これが当たり前になってくれれば、コンセント&USBポート持って行かなくて済むんですけどね。と、部屋の点検はほどほどに、バター持ち帰り用の保冷バックを持って再度お出かけ。ボルディエのバターを買って帰りたかったですが、今回のホテルはどちらも冷蔵庫が無いこ...【サンマロ旅行記19】レンヌ街歩き続き

  • 【サンマロ旅行記 18】 レンヌ街歩き

    レンヌの見所はメトロの駅の有るレピュブリック広場の北側の旧市街に集まっているので、徒歩で充分回れます。まずは市庁舎民事婚の結婚式を挙げたカップルが記念撮影されていました。サン・ピエール大聖堂外側が工事中の為、正面からは見えませんでしたが、中は入れました。暗いのでこんな仕上がりにしか写せてませんが、実際は荘厳な雰囲気の立派な内部です。こんな感じのカーブの道が多いので、1本通りを間違うとあれ?なことに。ユニクロっぽくない(?)内装のユニクロが有ります。(白基調でZARAっぽい。看板小っちゃ!)サンマロに有ったら助かったのにねぇ。で、突然広場に出てきたり。見所のひとつの15~16世紀の木組みの家群。ブルターニュ地方では最も多く残っているらしいですが、思っていたより少なくて、ストラスブールの街並みレベルに想像していたの...【サンマロ旅行記18】レンヌ街歩き

  • 【サンマロ旅行記 17】リスの朝市 

    荷物を預かってもらう為、ホテルへ。安全であれば質は問わないので、駅近のホテルをとのリクエストで紹介してもらったイビスレンヌサントルガールシュド。世界各地に有るエコノミーホテルのイビスです。大昔にツアーでは何回か泊まったことが有り、安かろう悪かろうなイメージでしたが、リノベーションされているからか、結構オシャレな雰囲気になっており、イメージが好転。まあムダなサービス・設備は無しと徹底した感じでしたが、寝るだけなら特に問題もないですね。何より、ホントに駅のほぼ隣で、スーツケースゴロゴロでも全く問題無し。グーグルマップでは駅の工事の為、迂回ルートになっていたので心配していましたが、南口が通れるようになっていたので、雨でも大丈夫な近さでした。ということで、チェックインまで荷物を預かってもらい、とりあえず朝市に。できれば...【サンマロ旅行記17】リスの朝市

  • 【サンマロ旅行記 16】サンマロからレンヌへ

    さて、無事先日スーツケースを取り戻したので、予約していた列車でレンヌへ向かいます。タクシーでサンマロ駅へ。個人でスーツケース持っての列車移動は初めてだったので、余裕を持って早めに到着。そんなに大きな駅では無いし、ここから乗る人は多くないだろうから、席が無いとかっていう心配は無いだろうけど、荷物置き場は確保したい。切符はSNCFのアプリで購入できたので、昔みたいに刻印しなくてよくなって、つくづく便利になったわ~と思いました。このアプリは行きたい所を入れれば、現在地、時刻から最適な経路を検索してくれ、購入もできるので便利です。朝焼けの中の列車ちょうどレンヌ滞在日が土曜日で、フランスで2番目の規模のリスの朝市が開かれているというので、折角だから行こうと思い、ちょっと早いけど8:25サンマロ発の列車にしました。まだどの...【サンマロ旅行記16】サンマロからレンヌへ

  • 【サンマロ旅行記13】海辺&キターッ!

    ゴハンの後、腹ごなしに海岸へ。シャトーブリアン像海賊船。船上でイベントが有るようで、それに参加(有料)したら船上に上がれるようです。昨日のような風が吹き荒れていたら、とてもじゃないけれど、砂浜には行けなかったけれど、今日は大丈夫でした。杭の結構上の方まで濡れているってことは、満潮になったらここまで水が来るってことですよね。ちなみにこの杭、人の身長より遥かに高いです。潮が引いていて、渡れそうですけど、無理な靴だし、いつ満ちてくるかコワいので、眺めるだけにします。ワンちゃんの散歩。私も一度リカさんと海辺を歩いてみたかったかな。風はあまり無かったですが、やっぱり薄着の身には寒いので早々に退散。ま、とりあえず浜辺にも行ったということで。城壁内に戻りまししょう。この後、人気のクイニアマンのお店でクイニアマンを買い(写真撮...【サンマロ旅行記13】海辺&キターッ!

  • 【サンマロ旅行記 14】ボルディエ直営レストラン

    さて、今日のお昼ごはんは予約してきたボルディエの直営レストランBistroAutourduBeurreに行きます。HP⇒http://www.lebeurrebordier.com/bistrot-autour-du-beurreフランスの高級レストランのシェフからの支持も厚いサンマロ発の高級バターの本店がサンマロに有ります。日本でも買おうと思えば買えるのですが(¥2000ほどしますが・・・)今のところ直営レストランが有るのはサンマロのみ。ということで、これは外せないですよねぇ。何よりお料理にもれなくバターの食べ比べセットが付いてくるので、買う前に試食できるのがGood!お店の外観や詳細はこちらをご参考レストラン紹介記事外から見るとあまりレストランぽくない外観ですので、意識していないと通り過ぎてしまいそうです。...【サンマロ旅行記14】ボルディエ直営レストラン

  • 【サンマロ旅行記 13】 城壁内

    さて、城壁散歩の最終地点となった所が歴史博物館となっていたので、入館。海や船にまつわる展示が多いのですが、そこそこ見応えも。生々しいこんなものもこんなの首にはめられたらイヤですねぇ。あとこの博物館の4階から塔に登れるので、多分町の一番高い所から外を眺めることができます。で、博物館の見学を終えた後、お昼までまだ時間が有ったので今度は下界の散策。今日はいいお天気です。サンマロの紋章、白テン(真ん中)はあちこちに。同じくサンマロのシンボル、海賊ものもあちこちに。お魚屋さんもたくさん。で、ランチの予約時間までまだ微妙に有ったので、最近のとりあえず乗っとこ~のこちらに乗車。こちらの乗り場は城壁の外で観光案内所の前辺りから出発です。料金7€とまあまあのお値段ですが、中高年の多い町ではやっぱり人気のようで、強気で乗り込まない...【サンマロ旅行記13】城壁内

  • 【サンマロ旅行記 12】 サンマロ城壁散歩

    さて本日は1日サンマロの町をぶらぶらします。地球の歩き方記載の見所は城壁と旧要塞、以上というシンプルさ。そう、美術館とかこれっていうものは無いけれど、その代わり町全体が歩いていて楽しい町。目的無しになんとなく散歩するのにはちょうどいい大きさの町。ここに絶対に行かないといけないとか、見なきゃいけないというものは無いかもしれません。ここを選んだのは前回のマヨルカ島での時間との闘いの観光地ハシゴに疲れた反動だったのかも。何となく疲れた方、何もしたくない方は是非サンマロへどうぞ。と言ってもキリスト教の国、ちゃんと大聖堂も有ります。サン・ヴァンサン大聖堂船が有るってとこが海の町の大聖堂ならではですね。大聖堂を出た後、何となく歩きしばらくするとこんな広場へ。広場に面して大きなホテルもで、そのままズンズン上へと登っていくと海...【サンマロ旅行記12】サンマロ城壁散歩

  • 【サンマロ旅行記 11】 スーツケースはいつ届く?

    ホテルに戻り、フロントに預けていたモバイルバッテリーを受け取りました。するとスタッフのお姉さん、”テレビにUSBの口有るわよ”と。あ、そこは見てなかったわ。そうね、有りそうなところね。今度から一番にチェックしよう。で、ついでに”荷物届いいてないよね””エールフランスから連絡ない?”とまたしつこく聞いてみる。そして代わりにエールフランスの窓口に確認してもらえないかダメ元で聞いてみる。(部屋から電話してみたけど、繋がらなかったので)スタッフのお姉さんがOKしてくれたので、書類を渡しておまかせ。で、その結果、明後日の午前中に届けると。”ノーンッ!””明後日の8:25の電車でサンマロ出発するから、明日中でないと無理ー!”電車の予約表見せて✖✖ジェスチャー。お姉さんがそれを伝えてどうにかなりませんか?と言ってくれたのです...【サンマロ旅行記11】スーツケースはいつ届く?

  • 【サンマロ旅行記 10】 海の幸~

    残念ながらスーツケースにご対面は叶わず・・・ということで受付のお姉さんにモバイルバッテリーを渡し、充電をお願いしました。部屋中探したけれど、USBの口が無いもので。必要じゃない時には、至れり尽くせりいろんなモノが有ったりするんですけどねぇ。ケチった時に限ってこんな目に遭うなんて。エールフランスのサイトで私の荷物検索をしたら、”探索中”とな。スキポールを探せ~ヨソへ送ったのではなく、明らかに積み残しでしょう、今回のは。ということで、整理ずる荷物も無いし、着替える服もないわけなのでとりあえずゴハン。特に今日のお店は決めてこなかったので、ホテルの近くをブラブラして、今の時間でも開店している海鮮もののお店を物色。で、入りやすそうなカフェレストランの1軒へ。カフェ・シモン明日の夜、カキをメインで食べる予定だったので、今晩...【サンマロ旅行記10】海の幸~

  • 【サンマロ旅行記 9】ソデトゥール・シュペールマルシェ

    モンサンミッシェルに訪れた観光客の多くが訪れるのがこちらのスーパー。ソデトゥール・シュペールマルシェ私でもすぐに見つけられる(笑)場所に有り、またド派手な牛のモニュメントが目印ですぐ分かります。店内は広く、ノルマンディーのお土産ならここ1軒で買いそろえられる便利なお店。お土産以外にもちょっとした食料や日用品、カフェも有るとても便利なお店。ガレットやキャラメルやジャム系はかなりの充実度で、ブランド問わず品目ごとにまとめて置いて有るので、比較して選べるのでいいです。こんなミニサイズの紙箱のガレットも有ります。このサイズで4~5枚で1パック、2パック入り。軽いし、ちょっと人にあげるのにはちょうどいいかな、と。もう一つの名物、塩バターキャラメル。そして右端のものはカルヴァドスのキャラメル。(こちらはお値段が塩バターの倍...【サンマロ旅行記9】ソデトゥール・シュペールマルシェ

  • 3年目の今日

    リカさんがいない今日を迎えるのも3回目となりました。空に帰っていったあの日は秋晴れでした。今日もあの日と同じような空。リカさんは動けない体から自由になって晴々とした気持ちだったのかもしれませんね。3年経つと、あれだけ色々な所に隠れていた抜け毛も見当たらなくなりました。さらに今年は叔母宅のチワワのチェリーちゃんも旅立ち、ますます身の周りにワンコの姿が無くなってしまいました。そして飼い主は、ワンワンコールで呼ばれないものだから、すっかり腰の重い人間になりました。休日は二度寝も多くなりましたね。リカさんのいる時は、野生動物並みに寝ていても五感が働いていたように思います。リカさんの木も3歳。台風にもめげず、ここまで大きくなりました。今年の冬はこのまま冬越しかなぁ。3年目の今日

  • 【サンマロ旅行記 8】 モンサンミッシェルを眺めながらガレットを食す

    さて、あまりにも観光に適さない恰好と人込みにゲンナリした私達、なんだか勿体無いけど早々に下山?しました。バスの時間も有るし。シャトルバスの乗り場までも結構歩くんですよ。1本乗りそびれて次のシャトルバスで途中下車。アジア人ツアー客御用達のモンサンミッシェルが見えるホテルが集まるエリアです。全ての部屋から見えるとは限らないようですが・・・カジュアルなレストランも周辺にいくつか有りましたのでその1軒に。とりあえず、どこかでガレット食べとかないとね、とクレープリーの表示があるこちらのお店へ。別に狙ったわけじゃなかったんですが、モンサンミッシェルが見えました。(車邪魔だけど・・・)寒いので室内席にしましたが、窓際の良く見える席に案内してもらえました。お店の名前、きっと忘れるから撮っときました。ガレットって言ったら、シード...【サンマロ旅行記8】モンサンミッシェルを眺めながらガレットを食す

  • 【サンマロ旅行記 7】 モンサンミッシェル

    モンサンミッシェルのバス駐車場からシャトルバス乗り場までは1本道。あまりお天気が良くなくて、時折小雨が降ります。で、乗り場近くなると、突然現れる人の行列!平日でも、まだ早い時間でも、こんなにいるのかって感じです。4本分待ってシャトルバスで島へ。約10分。ゆっくり行きたい方は馬車も。こちらは約35分で5.2€。徒歩でも行けないことはない距離です。というか、シャトルバスに乗っても島の手前で降ろされるので、まあまあ歩くことになります。だんだんと近づいてくる島を眺めるのもいいですが・・・ここでも風でスカートがっ!てことでおちおち写真も撮ってられません。皆さんの恰好はアクティブ&防寒&雨対策バッチリ。明らかに場違いな恰好・・・ん?何かちょっと異質なものが見えるんですけど?見間違いではなく、やっぱり鳥居でした。観光友好都市...【サンマロ旅行記7】モンサンミッシェル

  • 【サンマロ旅行記 5】 サンマロからモンサンミッシェルへ 

    さて、本日はモンサンミッシェルへ行きます。渡仏回数10回超えておりますが、王道のモンサンミッシェルに行っていなかった私。最近は島内に1泊するツアーが多くなっておりますが、その昔、周遊型の旅行でない場合は、パリからツアーバス(朝7時⇒19時帰着)で行くのが王道でした。丸1日潰れる割にはあまりゆっくりできないし、外観はすごいけど、まあ言っても中は廃墟みたいな修道院よねぇと、自分的にはお金と時間をかけてまで行きたいとはあまり思わなかった所。が、今回サンマロに滞在するにあたって、サンマロはブルターニュ地方、モンサンミッシェルはノルマンディー地方なんですけど、対岸で距離的には意外と近いって事に気付いたんです。こんな近くまできていて行かなかったら、きっと一生行かないよなぁ。それと、そろそろ母が何段もの石段に拒絶反応を起こす...【サンマロ旅行記5】サンマロからモンサンミッシェルへ

  • 【サンマロ旅行記 5】 Hotel Des Marins②

    一夜明けて、朝ごはんの為にフロント階へ。ロストバゲージに振り回されていてホテルのアレコレは写真撮り忘れましたが、このホテルは最近リノベーションはしているけれど、エレベータはヨーロッパの古い建物で見られる柵囲いの中を箱が行き来するタイプ。鉄のドアのノブを自分で開けて入るヤツです。私も遭遇したのは2回め。まだ存在しているんですね。それとビジネスホテルっていう風でも無いのですが、平日はなぜかおじさん率高かったです。私の選ぶこじんまり系のホテルの客層は夫婦、母娘が多いのですが、今回はおじさんグループにしか遭遇しませんでした。さて、今回のホテルは2つともコンチネンタルブレックスファーストなので、あっさりシンプルです。なんだか今回は全てがミニマムな旅でした。でも、飲食店、食べ物が豊富な町なので、ホテルで詰め込まなくでも大丈...【サンマロ旅行記5】HotelDesMarins②

  • 【サンマロ旅行記 4】 Hotel des Marins 

    ホテルに着いて、一応スタッフにもロストバゲージの為、後で荷物が届くのでよろしくと伝えて部屋に。なんかショック過ぎて、写真撮ったりする余裕も無かったので今回あんまりホテルとかの写真は無いのですが、一応サンマロでのお宿はDesMarinsというホテルです。自分でも色々探していたのですが、位置的にどの辺りが便利なのかがよく分からず、コレ!というホテルも見つからなかったので、今回は希望だけ伝えてコーディネータさんに紹介してもらいました。季節柄まだお値段も高く、いつもと同じ予算ではランク的には下がるけど、ロケーションが良ければ、別にバスローブとか無くても困らないから安い方がいいよね~と。確かにとても便利な位置にあって、こじんまり&アットホームで気楽な感じのいいホテルでした。スーツケースと共に宿泊できたら、何も不便は無かっ...【サンマロ旅行記4】HoteldesMarins

  • 【サンマロ旅行記 3】まさかの・・・その2

    18:05レンヌ空港着まあまあの都市の割には、なーんにも無い空港です。というか市内へのアクセスが不便。サンマロに行く場合、列車でも車でも1時間ほどです。鉄道駅のレンヌ駅からサンマロ駅までは¥600ほどで行けるのですが、問題は空港からレンヌ駅に行こうと思うと、タクシーを使わない場合、路線バス⇒地下鉄と乗り継がないといけないこと。どちらにしてもサンマロ駅からホテルまではタクシーでないと無理そう。それぞれに出発時間が有るので、どれかがうまく行かないと、乗り遅れる可能性も有り。ということで、お値段の高さに悩みに悩んだけれど、レンヌ空港からホテルまでタクシーを使うことに。一応旅行サイトの送迎サービスも見たけれど、お値段的には同じ位なので、ボッタクリではないということで。今回で5回目の利用になるMOZIOのタクシー送迎予約...【サンマロ旅行記3】まさかの・・・その2

  • 【サンマロ旅行記 2】まさかの・・・

    さて出発日もせまり、WEBチェックインをしようとKLMのサイトにアクセスしたら、”KLMの地上職員がストライキをしておりますので、チェックインできません”との表示。その後、チェックインそのものは再更新したら完了できたのですが、また何やらメッセージが。”スキポール空港では9/4の午前8~10時まで再度ストライキしまーす。できれば9月中旬(何日だったか忘れましたが)ぐらいの出発に変更した方がいいわよ”と。労働者の権利では有りますが・・・予告はされても、ごめんなさい、利用者としては応援できません・・・航空会社としては、遅れようが、日がずれようが、とりあえず目的地に運べば一応義務を果たしたと認められるらしい。1カ月やそれ以上の長い旅行期間で旅行するなら、まあしゃーないなとか思えるかもしれませんが、限られたわずかな旅行期...【サンマロ旅行記2】まさかの・・・

  • 【サンマロ旅行記_1】予定外ですが・・・

    9月1週目から4泊6日でフランスのサンマロ&レンヌに行ってまいりました。2月にマヨルカ島に行っているので、同年の旅行をする予定は無かったのですが・・・何の気兼ねも無く、旅行に行ける期間を手にしたものですから、そのチャンスを無にするのは勿体無いと思いまして。海外旅行に関しては、行くチャンスと機会が有れは先延ばしにせず1歳でも若いウチに!が持論。(年々色々な事がしんどい&面倒くさくなってくるわ、忘れるスピードは速いわ・・・)ということで、今年は2回になっちゃうけど、令和になってからは初という言い訳で強行しました。行きたい所は一杯有りますが、折角9月に行けるので、冬場はオフシーズンになってしまうところにしようと気になっていたサンマロを選択。が、やっぱり日本から直でここに行く人っていないんですよねぇ。フランス人や周辺国...【サンマロ旅行記_1】予定外ですが・・・

  • もうちょっとスリムなんだけど

    ブチブチセンサーが発動。ちょっとずんぐりしているけれど、これはダルメシアンよね?レンヌのとあるお店のショーウィンドウのディスプレイ。もうちょっとスリムなんだけど

  • クリスタルリカさん

    最近増えたダルコレクションスワロのダルメシアンです。貰い物で箱に入れたままでした~という方が出品されていたので、じゃ、ウチのコに~と。特にダルメシアンに思い入れが有る人以外は、そういうものかもしれませんね。シッポの折れているのとかも出てましたが。確かに絶対(?)折れそうなシッポ・・・本当は目に付くとこに飾りたいけれど、コワくて私も再び箱に戻しました。地震も有るしねぇ。壊れないガラスケースとか探さないとね。クリスタルリカさん

  • 天国ダル’ズから福岡へのエール

    ひさしぶりの登場ですが・・・”ここがいいんじゃないかしら”自分の現お墓前に立っているリカさんです。仰せのとおり、ご指定の場所にアプローチ付で作らせていただきましたよ。話変わりまして、ご報告です。この度、ララちゃんから受け取った車イスがロッキー君を経て、今度は福岡のダルちゃんの元へ旅立ったとロッキーママからご連絡が有りました。横浜→大阪→徳島→福岡日本列島半分を横断しましたね~1台の車イスを通して、違う地域に住む私達が繋がることができたこと、嬉しく思います。アクティブだった体を、思う様に動かせなくなって気落ちする愛犬を見るのは悲しいもの。同時に、一度はもう歩けない・・・と思ったのに、”あら、歩けるかも?”と気付いた瞬間の自信を取り戻した顔を見れた時は嬉しいものでした。リカさんの場合は、自信取り戻し過ぎて、階段まで...天国ダル’ズから福岡へのエール

  • 【マヨルカ島旅行記_21】 帰国

    さて帰国の日。最近,早朝出発が多かったのですが、今回は空港も近いのでAM7:45にタクシーを予約。朝食サービスは7:00からなので、ゆっくりはできないけど、一応食べられるよね、と思っていたのですが、7:00を過ぎてもレストランは真っ暗・・・。確かにそんなに早くくるゲストもいないし、私達でも昨日までは8時過ぎに行っていたので、そんなに早く開けても仕方が無いと言えば、そうなのですが。後で聞いたところ、たまたまスタッフが諸事情でその日は出勤が遅れたらしい。スタッフの彼も調理場のマダムも私達を見て、申し訳ないほど大慌て。もう時間も無いからパンだけでいいよ、と言ったのですが、いつも通りのフルセットを用意してくれたものですがから、こっちも食べないのも申し訳なくて、喉つまりそうになりながら、なんとか失礼にならない程度に詰め込...【マヨルカ島旅行記_21】帰国

  • 【マヨルカ島旅行記_20】 エル・コルテ・イングレス 

    さて、一応もう見たいところは見たかなぁということで、お土産探しがてら百貨店のエル・コルテ・イングレスへ。こちらスペインのメジャーな百貨店ですが、マヨルカ島にも有りました。昨夜の晩御飯の失敗ですっかり出かける気を無くしてしまった私達。あわよくば、なんかテイクアウトできるものが有れば・・・と。が、残念なことに、こちらお惣菜やパンなどの食料品の売り場は無いようで・・・でも、最上階にカフェ&レストランが。すっごく微妙な時間なんですけど、ゴハン食べれるかな?恐る恐る聞いてみたところ、とっても愛想良くOKが。もうそれだけでも感謝~しかもこんなおまけも。カテドラルが見える~お料理の前に出されたパンとピクルスも美味しくてなんだか期待値が上がります。無難そうな魚と卵、ポテトって単語だけで選んだお料理ですがなんかコ洒落たのが出てき...【マヨルカ島旅行記_20】エル・コルテ・イングレス

  • 【マヨルカ島旅行記_19】マーチ邸

    ホップオンホップオフバスでの町めぐりを終えてカテドラル前に帰ってきました。次は実業家のマーチ家の邸宅を美術館にしたマーチ邸美術館に行こうと思ったのですが、地図を頼って行ったところそれらしき建物が見つからない・・・迷った原因は事前に用意したグーグルマップ。”PalauMarch"の表記は無く、観光スポットマークで”Ca'nMarch"というのが有ったので、そこだと勘違いしてしまったんですよね。本当はアルムダイナ宮殿の傍だったんですが。後で地図をよく見たら、それらしき場所に"FundacionBartoloméMarch"というのが有りましたが、現地表記では"palauMarch"なのでその通り記載しておいてくれないと分からないよぉ。ということでまたここでもムダに時間と労力を使ってしまいました。でも、やっと辿り着い...【マヨルカ島旅行記_19】マーチ邸

  • 【マヨルカ島旅行記_18】エンサイマーダ

    さて出口からバスストップの有る広場に向かって歩いていると、バスが来るのが見えました。できれば乗りたい!降りる人も多いから、その間はバス止まっていてくれるよね!”乗ります!”アピールをしながらバスに向かって走ります。が、なんということでしょう・・・降りる人がいなかったからか、広場をグルリと周ってそのまま行ってしまいました。他にも乗りそうな観光客が数名バス停に向かっていたのですが、スルー。のんびりムードな観光地と思いきや、意外とシビアな一面が。仕方が無いので、次のバスまでの時間、広場近くのカフェで休憩。でも、次のバスは絶対逃せないので、バスの姿が見えたら、乗り場にダッシュできる体勢で(笑)メニューにエンサイマーダが有ったので、折角なので食べてみることに。一応マヨルカ名物の甘い渦巻状のパン。食べた人の感想から、わざわ...【マヨルカ島旅行記_18】エンサイマーダ

カテゴリー一覧
商用