searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

めんまねえちゃんさんのプロフィール

住所
東京都
出身
兵庫県

ジャパニーズボブテイルのポンポン尻尾のぷりけつ、坊ちゃん刈り模様のめんまが主役です。

ブログタイトル
ねこぼんのう ねこのめんまは猫じゃない
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/silvergardens/
ブログ紹介文
猫であって猫じゃない?お姫様めんま(オスだけど)とねえちゃん、にいちゃんの日常、カエルや植物など。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2008/01/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、めんまねえちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
めんまねえちゃんさん
ブログタイトル
ねこぼんのう ねこのめんまは猫じゃない
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
ねこぼんのう ねこのめんまは猫じゃない

めんまねえちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • めんまと蛍光する蛍石。

    「今日は石の話なんだって。甘そうに見えるけど甘くないんだって...」前にもご紹介したことがある、フローライト、蛍石の登場です。といっても今回アップするのは初登場。標本めいた...っていうかそのまんま標本としてケースに入っているものですが、ばらしてアクセにしたりしようかと入手したもののまだ手つかずです。この状態のときにもうちょっと写真を撮っておこうかな...ちゃんとは撮影できてませんし。まずこちらのパステルカラーの蛍石。この結晶の形がきれいなのですよね。薄紫とか、薄いグリーンだとか、天然の色で、めんまじゃないけど甘そう。飴ちゃんみたいです。これはブラックライトを当てたところ。ちょうど仕入先でブラックライトに反応する石特集(?)のコーナーが有ったのです。ものすごい芥子粒みたいなアレクサンドライトもあって心が揺れまし...めんまと蛍光する蛍石。

  • 脚長すぎるよめんま!!の巻。

    ちょっとショート予定...かな。です。そういえば東京は現在(予約投稿なので前の日に記事を書いております)雪...ちょっと積もってるやんっていうびっくり状態です。あまり外に出ないようにっていうアレなのでいいと言えばいいですが、しかしめんまにいちゃんなんて仕事だから半泣きになりながらでかけていってひえひえで帰ってきましたよ...外で仕事の方本当にお疲れさまです。そうそう、そういえば阿佐ヶ谷(カエル)のエラソウな写真ですけど、ぱんとらさん、ははは!!麻生太郎って(笑)阿佐ヶ谷のほうがずっといい男ですけど(私見)ちょっと似てると思ったかも...。いや阿佐ヶ谷は多分メスでした。違った。でも男前な感じなんですよ、メスだって。「漢」って感じ。茶碗に肩肘乗せてる状態のときの脚ですけど、ヤンキー座りっていうんでしょうか、そんな状...脚長すぎるよめんま!!の巻。

  • 小さな枕の上のめんま。

    ショート予定です。「僕の枕。」うん、めんま用の枕ですよ。めんまねえちゃんの枕に並べてハーフサイズの枕を並べております。それはめんまのため。でも...乗っかるためだったっけ...ううん...まあなんでもいいけど...めんまは首がぐきっとなりはしないかと心配になるくらい高い枕が好きなんですけど、この枕、その用途のときよりどうも乗っかってるほうが格段に多いみたいなんですよね。低反発が気持ちいいんでしょうか。じーーーーー。ベッドの下の床とかその他のところを熱心に観察中のめんま。時々スイッチが入ると、うに玉(キラキラの小さなボール)を水にどっぷり浸してはせっせと何個も運んでくれたり、濡らしたおもちゃをびしょっとねえちゃんの上に持ってきてくれたり、色々と尽くしてくれるので、ベッドの横にもなにかしら落ちてるんですよね...っ...小さな枕の上のめんま。

  • 偉そうなヒキガエルとめんま。

    生カエル写真ありです。苦手な方はご注意を。「今日もカエルちゃんだよ!嬉しいね!」めんまは特にヒキガエルの阿佐ヶ谷、好きですもんね。なでなでしてたこともありますしね。(ちゃんとお手々は洗いました)今日はヒキガエルの阿佐ヶ谷。ニホンヒキガエルだったかアズマヒキガエルだったか...自分の家にいるのに忘れてしまうという。まあ交雑しているのもいるわけだし、個体差もあって区別がなかなか難しいですけど、地域的にアズマなんでしょうか...。写真はケースの反射とかあってすごく見づらいですし、きれいに写ってなくてすみません。でもあまりに風格があるお姿なのでついついアップします。「エラソウゆうて、ほんまに偉いんやって言わへんの?」よくめんまの場合は「エラソウ...いやほんとに偉いので」と書きますが、カエルの場合はどうなのでしょう。偉...偉そうなヒキガエルとめんま。

  • 3月のシュレーゲルとめんま。

    今日は生カエル写真ありです。苦手な方はご注意を。ぼーーーー。これはシュレーゲルアオガエルのメス、マム。おかあさん気質なのでマム。直球です。青がかった美しい緑色なのが特徴ですね。ここ最近、やはり気温が上がると目がぱっちり開いてたり、かと思うと床の下に敷いてあるシート状のヒーターにへばりつくようにしてたり、水苔にもぐもぐ潜ってたり...気温差があるとやっぱりカエルの行動もいろいろ。「今日はまだ目が開いてる方なのよね。」そうですよね。カエルの目は(縦の瞳孔っていう種類もいますけど)横に瞳孔がナツメ型にくっきりしててかわいい...おてても吸盤がかわいい...っていうのは単にカエル好きだから思うことで、苦手な人はそこがいや!ってところでもあるんでしょうね。めんまねえちゃんはアオガエル系が好きなのでやっぱり見ててうっとりし...3月のシュレーゲルとめんま。

  • カエルのぬいぐるみとめんまと3。

    おととい/おとつい、昨日の記事と同じ時の写真です。かえるカテゴリですが生じゃなくぬいぐるみのかえるとなります。かえるのぬいぐるみ「けろた」とまったりしているめんまですが、やはりまったりしてると眠くなるのか、いや眠いからまったりしてるのか、卵が先か鶏が先か、みたいな状態になってますが、ようするにとても眠そうです。「...」眠そうっていうかもう寝てますかね、ふふふ。「......」おしりにささってる爪も相変わらずですが...けろたは本当に物静か(当たり前)。すう。眠りながらもけろたを離さないぞ!って感じなのが大変微笑ましいです。おてての感じとか、おみみの感じとか...肉球がまっかっかだとか、全部かわいい。すうすうすう。結局このときはけろたを離さずに抱きしめながら、ゆっくりねんねしていたので、めんまねえちゃんも動くに...カエルのぬいぐるみとめんまと3。

  • カエルのぬいぐるみとめんまと2。

    昨日と同じ時の写真です。かえるカテゴリになってますが、生じゃなくてぬいぐるみです。さて。フェルトのかえるのぬいぐるみ「けろた」をぎゅっとしながら「元」めんまねえちゃん椅子にておくつろぎ中のめんま。「...」めんまの名前だと人にあるまじき感じがあるので、めんまの双子の弟、なるとっていう名前でなにかの懸賞に応募したことがあり、(人の名前としては成り立つ感じですしね)その後たぶん名簿とか売られたんでしょうか、某勉強用のテキスト(採点付き)を商売にしているところから「もう中2!!」みたいな案内がしょっちゅう届いております。あーもう中2かあ...ランドセルが今でも似合うと思うけども。とか思いつつ、「めんま、”部活に勉強に"だってよ!」って言ってみたり、ちょくちょくねたになっております。ダイレクトメール届けないでいいですっ...カエルのぬいぐるみとめんまと2。

  • カエルのぬいぐるみとめんまと。

    生じゃない、ぬいぐるみのカエルがでるので今日の記事はかえるカテゴリになってます。パソの不調ですが、これがおおもとの原因かも?っていうのが「マルウェアの検出と排除」をするソフトではと思い立ち、思い切って一旦パソから消しました。今までは普通だったんですけど、更新されてバージョンアップしたのが不調になった原因かもって...で、消したら万全とまでは行かないまでもとりあえず動いたので、「マルウェアを消すためのお前が悪さしてどうするんだーーーーッ」とこぶしをぎゅっと握りしめて憤ってしまいました。っていうかバージョンアップすると動きがおかしくなることってありますよね。あとパソのなんらかの更新で、「前のほうがよかったじゃん」っていうことも。無駄なことというか余計なことするなって思うけど、...マルウェア自体も困りますしねえ.....カエルのぬいぐるみとめんまと。

  • にいちゃんウォッチングめんま。

    昨日、ブラウザ不調(パソ不調)と書いてて、「明日の分(つまり今日)は書いてたぶんがある」と書いたのに、なんということでしょうか。きのうアップするときに上書きされたようです(涙)。あーあ...ベリーショート予定のものだったので書き直してみます。ウウウウウ。さて。基本、めんまは夜寝るんですが、めんまにいちゃんやめんまねえちゃんが起きないかって見張ってます。というかねえちゃんはなかなか寝れないので一緒に起きていたりしますが。(なので写真がある)「にいちゃんいまウーンって言った!きっと起きたんだよ。」じーーー。お気に入りのクッションマッサージャーに上半身を乗っけてがぶりつきでにいちゃんウォッチング中。にいちゃんが寝返りを打ったり、うるさかったり(いびきとか)すると「はっ、今にいちゃん起きたんじゃない?」といそいそ確認し...にいちゃんウォッチングめんま。

  • ブラウザ不調とめんま。

    あああああーーー。パソの...っていうかどうもブラウザの不調のようです。なかなかブログも開けないので、違うブラウザで開けようとしたら、あっ...パスワードが...(いつものブラウザだとパスは自動で入るから忘れてました)パスを新しくするべきか(結局そうしたんですが)いつものブラウザをまともに動くようにするべきか。どちらかというとタブを開きすぎてるのかもしれませんが、別ブラウザだと調べ物とかで開いてるタブを全部なかったことにしなきゃいけないので、葛藤しまくって、いつものブラウザを早くするフリーソフトとかも入れてみたんですがはかばかしくなく。とりあえず、泣く泣くパスを新しく設定し直して、別ブラウザでアップしてみています。パソコンってそういうのがとても面倒です。長年いじっているのにあまりスキルは上がってないと言うか。し...ブラウザ不調とめんま。

  • ミニチュア雛人形とめんま。

    えっ今頃?っていうのはめんまブログでは毎度のお話なんですけど、今日はミニチュアの雛人形をアップします。これは前にも多分ご紹介したことがありますが、3月なのでいま出てるんですよ。んん?雛人形ってもう仕舞ってないとだめなんでは?と、お思いですよね。ええ。そうなんです普通は。でも、これはめんま用の雛人形。めんまはオスですがプリンセスチックなので、(男プリンセスと呼んでおります)雛人形があるんですよ。そして絶対に嫁には出てほしくないという強い気持ちを込めて、わざと雛人形を出しっぱなしにして長い間愛でるのです。めんまの雛人形は、リーメントっていうメーカーの多分食玩だったと思います。けっこう前に購入したのでもう忘れてしまって...申し訳程度に飴ちゃんとかガムとか一粒ついてる、一応食玩だよというくくりの一連のフィギュアがある...ミニチュア雛人形とめんま。

  • 高飛び込み風なめんま2。

    昨日と同じ時の写真です。「......」「元」めんまねえちゃんの椅子にいるめんま、うとうとしながらも必死で目を開けてこちらを気にしております。ぴぴーん。うっすら目を開けつつ、でも脚がぴーんとなってて、おててで脚をぎゅっとしてて、さらに鼻とか脚に埋もれてますから、こっそり眠れますね。ふふふ。めんまが猫にしては体が硬い(まんまるにならない、体をなめるときも何かにもたれないところんと転がったりする等)という疑惑はあるものの、これを見る限り、ねえちゃんの何百倍も体が柔らかいことは確かです。ねえちゃんはこのポーズできませんし、万一やってみたらそのままピキーンとなっちゃって、救急車呼ぶ羽目になるかと思われます。すう...こっちに手を伸ばして(爪で引っ掛けて)手繰り寄せたり、必死で目を開けたりしてねえちゃんを気にし続けためん...高飛び込み風なめんま2。

  • 高飛び込み風ポーズなめんま。

    えー、めんまがまんまるにならないこと、猫にしては体が硬い疑惑があること、そして後ろ足が実は長い「隠れ脚長」なこと、後ろ足はぴぴーんと伸ばしたままのポーズが多いこと、などは時々ブログに書いています。今日もそういう関連のお話でございます。「元」めんまねえちゃんの椅子に、今日も今日とてお座り中...いや、ねんね中なめんま。「ねえちゃん...」すごい眠そう。ねんねしてていいのに。めんまって、これも時々書いてますが、「寝てないよ」アピールが結構あるんです。これは、ねえちゃんガードマン、ねえちゃんボディーガードとして仕事中寝てはいけないという気持ち、あるいは、あまりにねえちゃんが好きすぎて、そばにいるときはいっときたりとも、目を閉じてなんていられない、もったいない!という気持ちもありそうな気も...手を伸ばして、「側にいて...高飛び込み風ポーズなめんま。

  • レンギョウと雑草とめんま。

    玄関先で咲いているレンギョウ。早春に咲くのですが、枝をカットして室内においておくと室内で真冬に咲いたりもします。が、外で普通にあるものが咲くと、あーもう春なんだなあとしみじみしたり。これもそうです。ミリ単位の花で、しかも白くておとなしいうつむき加減の花なので目立たないのですが、キンポウゲ科だったかな?場合によってはオダマキ属らしい、ヒメウズです。葉っぱがオダマキにそっくりなので、オダマキだと思って人に差し上げたことも(汗)。その節はすみませんでした。これも個人的には好きなのですけどね。白い花(次に青い花)、葉っぱのフォルムが繊細、あとはプラスアルファ(食べられる、薬効がある、香りがいいなど)の植物が好きなめんまねえちゃんとしてはこれ、結構実は高得点だったりするのです。あとはその条件に合う花、イヌフグリ。雑草です...レンギョウと雑草とめんま。

  • 春の雑草とめんま。

    昨日の金色のワイングラスですが、花の部分とかも全部ガラスみたいですね。立体的に色ガラスをもりっとつけてるといいましょうか。使う方もいらっしゃるのかもだけど、洗うのが大変そうなのと、立体的な部分なんかがたぶん持ったり飲んだりするには向いてなさそうではあります。さて、この間、東京では雪がふりましたが、(なんとなくホワイトデー付近って実は3月中旬でも雪が降る日があったりするイメージです)ちょこちょこと、春の雑草があたりに咲いていたりします。といっても、公園とかまで足を伸ばしていないので、ごくごく近所の塀のあたりとか、玄関先だとかのものです。這いつくばるように咲いているたんぽぽ。白い極小の花はタネツケバナ。葉っぱはレースというか、フリルというか、繊細なものなんですけど、ここには写ってません。右の葉脈が細かい葉っぱは、ア...春の雑草とめんま。

  • 金色のワイングラスとめんま。

    「今日は割とショートだって。」ちびっこめいためんま写真からスタートです。えー、今日はひとのものだったワイングラスなんですが、形見分けのようなものなので、由来がわからないんですよね。多分使用するよりは、装飾的な、インテリアものなんだと思います...ヴェネツィアングラスなのかなあと想像。ちなみに後ろに写っている、ちょっと丸っぽいフォルムの上部が金色の器は、めんまねえちゃんが昔仕事先の近所の、うーん、企業のサンプルを並べてる場所のようなところ?いやショップだったか?ちょっとうろ覚えなんですけど、渋谷の奥地にあったところでゲットした、アジアン(だったと思う)な器です。何個かあって、一つは無駄にゴージャスなつまようじ入れになっております。案外取りやすくて、爪楊枝。めんま家は時々書いてますようにものがたくさんあるのと、あと...金色のワイングラスとめんま。

  • 銀色のポットとめんま。

    先日記事にした、むちゃくちゃ下部分(脚周り)が重たいロード・オブ・ザ・リングのゴブレットの後ろの方にもちらっと写ってたものを、今日ご紹介いたします。これは、うーん、ミルクピッチャーなんでしょうか。なんでしょうか、って、骨董店で購入したものだったか...あるいは、喫茶店が閉店するときに備品を投げ売りしてたんだったか。(いつものごとく、めんまにいちゃんが安くゲットしたもの。)使用目的がわからないんですが、注ぎ口があるからシュガーポットじゃないですよね。ええ。脚と取っ手が素敵だなーと思います。で、おそろいっぽいフォルムのものが、多分ドリンク用...コーヒー?いや、この形は紅茶かな?のポットだと思うので、ちびなタイプのまあるい上の写真のは、ドリンク用ではないのでしょうね。多分。散らかり具合とか、めんまの人見知りとか色々...銀色のポットとめんま。

  • 枕元で、めんま。

    「僕の場所。」うん...そうね...そこ、めんまねえちゃんが枕に...うん...めんまが言うならそうよね...めんまのよね...ここのところ、...そうですねえ、この冬から特に、めんまって頭周りでも数時間寝たりすることが増えてます。そのたびに体をひねったり、下にずれたり(ベッドの下から足がぷらーんと出てしまう!)と工夫してますが、なかなか難しいです。でもめんまが喜ぶなら頑張ってます。「ふう、しあわせ。」だって嬉しそうですもん。まあ、ここじゃなくても、足の上とか、胸や喉の上、ボーコーの上、布団の中の場合は膝を立ててテントみたいにする必要があるわけですし、どこで寝ててもどこかが苦しいのはしょうがないのです。同じ姿勢を続けてると、今はそう言わないんでしょうがついついその言葉しか出てこない「エコノミークラス症候群」にな...枕元で、めんま。

  • おっちん、めんま。

    えー、タイトルの「おっちん」というのは多分方言であろうと思い、調べてみたら丹波とか京都とかで使う「ちんと座る」「ちゃんと座る」という意の言葉、となってました。小さいときから使ってたので関西地方の言葉だとは思ってましたけど。ちんと座るっていうのがまたわかりにくい感じですけど、ちょこんと、居住まいを正してすわるというか...めんまねえちゃんのイメージとしては、小さい子供が一生懸命ちゃんと座ってる様子、っていう感じかなあ。小さい子に「おっちんしなさい」って言う感じ。うまく伝わりますでしょうか。めんまの座り方はまさに「おっちん」。何に座ってるかと言うと、ご存じの方はご存知、このブログにもよく登場する、めんまの大のお気に入り、クッションマッサージャーですよ。表はゆるいピラミッド型で、ハードなタイプの低反発なんですけど、(...おっちん、めんま。

  • 指輪物語のゴブレットとめんま。

    なぜにロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)?って思われる方もいらっしゃるかもなんですが、子供の時のベスト作品のひとつである指輪物語にはちょっと思い入れがありまして...というか、映画が秀逸だったのですよね。魔法などがあるファンタジーというと、どちらかというとC・S・ルイスの「ナルニア国物語」のほうがバイブル的なものであったものの、あちらのほうは映画がちょっと...ごにょごにょでアレだったので...残念というか...(私見)ちなみにファンタジー童話では、リンドグレーンの、「ミオよ私のミオ」というものが、めんまねえちゃん的にものすごい大好きな作品でした。あとはオスカー・ワイルドの童話とか好きでしたので、要するにどこかメロウというか、哀愁があるような、陰があるような作品が好きなのかも。基本ハッピーエンド派の筈なのに。...指輪物語のゴブレットとめんま。

  • 風呂場好きめんま。

    先代猫ミンミンは、風呂が大嫌いなだけではなく、人が入ってるときにも「あかんでー、そこは怖いんやでー、大変やでー、はよ出な危ないでーーー!!」みたいに大騒ぎして風呂の前でウォンウォン鳴いてたものでした。ミンミンはものすごいだみ声で、友達と電話してるときに鳴いたりすると「お父さんが猫の真似しとるん?」って聞かれるほどにおっさん声でしたので、そりゃもう大騒ぎでしたとも。反して、めんまはとにかく風呂好きというか風呂場が大好きです。ちびのときから、「ふ...」(ふろふろ入ろうか?)と言いかけたときにすでに走り出して風呂場の扉の前に手をついて立ち上がって「早く!!早く!!ふろふろ!!」と圧をかけてくるほど。水もあちこちにおいてあるけれど、おぶ(お湯)が好きで、シャワーを飲むのも大好きなので、家にいるときはしょっちゅう風呂場...風呂場好きめんま。

  • めんまのヤギミルク。

    めんまには粉末のヤギミルクを用意してあるんですが、前は溶かしてもあまり飲まなくて、粉のまま手のひらから舐め取って摂取していたんですよね。粉っぽいからどうなのかと思っていたけど、うーん、ひとでいうと脱脂粉乳とかを舐めたりする感じでしょうか...最近、というか、数年かけて色々と食の好みなんかも変化してまして、昔はサプリメントとかふりかけても食べてくれてたドライを食べないとか(ドライは食べるけど、フリーズドライのふりかけやら、トッピングとして指向性の高いおやつご飯をかけないと食べないとか)、人が食べるものは甘味以外は拒否していたのが、お刺身なんかを欲しがるようになったりして、ボイルした肉類とか、お刺身をちょこっとあげたりすることが増えました。量は食べないので、あくまでおやつですけども。魚をサクとかまるごと購入したとき...めんまのヤギミルク。

  • 「元」ねえちゃん椅子とめんま。

    めんまには昨日もアップしていた、ゴージャスなベルベットの専用椅子があるというのに、なぜだかめんまねえちゃんの椅子にもよく座って、っていうか寝ていらっしゃいます。まあ、すぐとなりにねえちゃんが座るということで、ちらちら見るとねえちゃんというベストポジションなのは間違いなく(その時、ねえちゃんは、めんまにいちゃんの椅子を借りていることが多く...にいちゃんが留守のときですが)、要するに直ぐ側にいたいという、ラブラブ状態ってことなのでしょうか。これは惚気でしょうか。そうですよね。はははは。「でも、ここも僕の椅子だし。」そうでした。「元」ねえちゃんの椅子でした。ここに座ることほとんどないですもんね。強いてあげれば、ねえちゃんのにおいをつけてめんまを安心してもらうためにちょこっと座るくらいで...あとは、前にも書いたよう...「元」ねえちゃん椅子とめんま。

  • ミニチュア椅子とめんま。

    えー、今日はめんまのお気に入り椅子、まごうことなきめんま専用椅子であるゴシックチェアー、ワインレッドのベルベット椅子に乗っけてるミニチュアの椅子です。なんかのチャリティーバザーでゲットした、同じような色彩の、同じような素材のもの。座面以外は真鍮かな?という平たいワイヤーで作られています。裏にひっそりとMツザカヤの値札が実はついたまんまなんですけど、バザーなのでめんまねえちゃんが購入した値段は、もとの価格の数分の一、数十分の一って感じかも...(よく覚えてないけど安かったはず)テイストが似てるのでついつい入手してしまったものです。「僕はちっちゃいから、その椅子でも寝れるかもしれない...」めんまは、「自分がとてもちびっこだ」という幻想...いや、あのう、思い込み...うーん、まあそんなふうなセルフイメージを持って...ミニチュア椅子とめんま。

  • お膝に半乗り、めんま。

    昨日の記事と同じく、枕元で甘えん坊になってるめんまですが...今回は膝に乗っております。上半身を膝に乗っけて、下半身はベッド、っていうのがよくあるパターンなんですよね。全身乗ることもあるけれど。「...」はい、いいこいいこ。よしよし。「後頭部に視線を感じる。」うん、おみみがちょっと透けてるなあとか、相変わらずのづらっぷりだなとか、やっぱりこのづら右にちょっとずれてるとか、色々と考えてます。あと、めんまのぽんぽんが乗っかってる足が温かいとかね。「ふぁああああぁあーーーーああ。」おっ、あくびちゃん。にんげんと違って、猫の場合起きようとするときにあくびってことが多いと思うんですけど、たまーに、こっちが眠いときにめんまがあくびをするとつられます。もちろんめんまねえちゃんは眠い方のあくびで。「...一緒にねんねしようか....お膝に半乗り、めんま。

  • 眠り猫のコインとめんま。

    オウ...予約を間違えていたのでアップができてませんでした。なのでベリーショートで金曜分の記事をどうぞ。ひょっとしたらむかーし、ご紹介したことがあるかもですが、地域振興かなにかの県ごとの500円玉で、眠り猫のがあったのでオークションでゲットしたことがありました。というのもしっぽが見えてないのでわからないけど、ひょっとしたらボブテイルかもしれないぞって思ったので。ふふふふ。すう。うちの眠り猫。ポーズが違うけど、ザ・日本猫だけあり、共通点もなくはなく。っていうかどの猫でも寝てる顔は共通点ありますね。なぜかポッポの里親募集記事リンクが不正とはじかれてしまうので、こちらにあらためて。後ろ足の大手術をした猫、ポッポ(6.7歳、雄、キジ白、エイズキャリア)の里親さんも引き続き募集中です。詳細はブログブックマークの一番上「多...眠り猫のコインとめんま。

  • ズボンの穴とめんまと。

    ズボンって言わずにパンツといったほうがいいのか?とも思ったんですけど、パンツの穴っていうと、なんか下着の方を連想しそうだし(めんまねえちゃんだけ?)ということで、ズボンの...というタイトルにしました。穴ってなんだ。というと、ずばりめんまが開けた穴です。っていうか、めんま家の洋服は、ズボンのみならず上着とかTシャツとか、ほとんどどこかに穴が開いてるような気がします。背中にも飛び乗りますしね。たとえすっぽんぽんでも容赦なく登ってくるので、いわんや洋服を着てたら当たり前のようにボリボリと登られます。いや、登るというよりまさに「爪とぎ」されることもしばしば。背中とか...ぼりぼりと...(遠い目)今日の写真は、そのぼりぼり状態ではなく、寝る前の戯れの一時です。めんまは最近の定番スポット、「ねえちゃんの枕元」でごろんご...ズボンの穴とめんまと。

  • 充電めんま。

    ベリーショート予定です。「充電...」白いコードみたいなのはそのまんま白いコードで、スマートフォンの充電のやつです。幸いめんまがだめにしてしまったことは今のところなく、ただ時たまちょいちょいしてたりはしますね...ちょうどめんまを充電してるみたいな状態になってることもあり。っていうか最近この、夜暗いところで、枕元で、ってショットが多いかもですねえ。最近のめんまブームが「ねえちゃんの枕元で寝る」だからなのです。基本よく寝てるのは足元なんですが、枕の隣とか、枕の上とか、枕を使ってとか、枕周りでしばらくねんね、ってことも増えて...気持ちよさそうだと、どいてって一言が言えないのです。なぜかポッポの里親募集記事リンクが不正とはじかれてしまうので、こちらにあらためて。後ろ足の大手術をした猫、ポッポ(6.7歳、雄、キジ白、...充電めんま。

  • 夜中にこっそり(?)ラブラブ、めんま。

    めんまねえちゃんに対してのみ、という限定行動の「ラブラブ」。ルルルル鳴きながら毛布を咥えてねじったり、ねえちゃんの周りを練り歩いたりする謎の行動なんですが、異性愛と、家族愛とか、いろいろなものが濃縮されたのようです。めんまにいちゃんに見られたら動揺してやめちゃうのであります。大体は、ねえちゃんが起きた!とか、洗濯物をばさばさしてる!(布をひらひらする→めんまが毛布を咥えてひねるのと同じような、ねえちゃんからの求愛行動っぽく受け取られているのではと推測)というときに発動することが多いんですが、「ねえちゃんが一緒にねんねしてくれる!」というときに、どうしてもラブラブしたくなることもあるのです。ただ、そういうときは、にいちゃんに見られるリスクも大きいわけで...この熱い気持ちをどうしてくれようか!そうだ、こっそり、に...夜中にこっそり(?)ラブラブ、めんま。

  • 週末の都心とめんまと。

    2月の最終日、とある仕入先でセール締日だったので、ちょっと迷っていたのですが行ってきました。「ねえちゃんのばか...お外に出るなんて...」写真は、夜、ねえちゃんの場所にてリラックス中のめんまです。額をごちんと当てているのは、お気に入りのクッションマッサージャー。電源は抜いてますが。で、外出先は都心...山手線だったんですが、やむをえない仕事とかじゃない限り、今あれじゃないですか、コロナなどでピリピリしてるしなあって...もし喉がイガイガして咳出たりしたら責められたり電車からつまみ出されたりするのかもとか(ありましたよね、そういう事件)。だから迷ってたんです、最後まで。ド近眼のため眼鏡着用しており、マスクすると眼鏡が曇るし息苦しいのが好きでなく、花粉症のくせにあまりマスクもしたくないタイプなんですが、珍しくマス...週末の都心とめんまと。

カテゴリー一覧
商用