鳥羽院の時代(平安時代叢書第十五集) 月〜金18時
住所
緑区
出身
川口市
ハンドル名
德薙 零己さん
ブログタイトル
鳥羽院の時代(平安時代叢書第十五集) 月〜金18時
ブログURL
https://ameblo.jp/tokunagi-reiki/
ブログ紹介文
白河法皇崩御と、藤原摂関家の内部対立による瓦解は、鳥羽院による新たな院政を形作り発展させていく。しかし、その裏では武士という新たな勢力が台頭しつつあった。 ドラッカー講座 日曜18時 / 平安時代講座 土曜18時
自由文
<フィクション> ・わかりあえるはず ・あおひとくさ ・ほしがき ・せむかた -restart- ・ほむらみさき ・苦悶の捕虜 ・ほむらみさき、そして… <ノンフィクション> ・獅子光臨〜三原修の足跡 ・朴正煕の野望 ・共喰 トモグイ〜連合赤軍事件の全貌。 ・蟹工船の時代 ・平安時代叢書
更新頻度(1年)

273回 / 272日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2008/01/03

德薙 零己さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 14,077位 14,883位 14,815位 13,869位 14,751位 14,786位 14,904位 969,283サイト
INポイント 20 20 10 30 20 20 20 140/週
OUTポイント 20 20 10 30 20 20 20 140/週
PVポイント 120 90 100 110 100 60 60 640/週
小説ブログ 125位 127位 124位 121位 124位 129位 127位 11,964サイト
歴史・時代小説 3位 3位 2位 2位 2位 2位 2位 260サイト
漫画ブログ 175位 196位 193位 173位 184位 189位 190位 14,286サイト
ウェブ漫画 12位 14位 13位 11位 11位 11位 11位 513サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 34,097位 33,114位 34,035位 32,813位 33,860位 33,558位 33,786位 969,283サイト
INポイント 20 20 10 30 20 20 20 140/週
OUTポイント 20 20 10 30 20 20 20 140/週
PVポイント 120 90 100 110 100 60 60 640/週
小説ブログ 231位 222位 232位 229位 240位 238位 241位 11,964サイト
歴史・時代小説 5位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 260サイト
漫画ブログ 262位 259位 260位 255位 262位 255位 264位 14,286サイト
ウェブ漫画 12位 12位 13位 13位 13位 12位 12位 513サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 11,429位 11,775位 11,770位 11,391位 11,560位 11,538位 11,479位 969,283サイト
INポイント 20 20 10 30 20 20 20 140/週
OUTポイント 20 20 10 30 20 20 20 140/週
PVポイント 120 90 100 110 100 60 60 640/週
小説ブログ 108位 109位 108位 105位 108位 108位 108位 11,964サイト
歴史・時代小説 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 260サイト
漫画ブログ 133位 141位 136位 131位 134位 128位 127位 14,286サイト
ウェブ漫画 12位 12位 12位 11位 11位 10位 10位 513サイト

德薙 零己さんのブログ記事

  • 鳥羽院の時代 101/262 (平安時代叢書第十五集)

     虐殺が繰り広げられ、不自由が社会を覆い尽くしているとは言え、平和が作られつつあるのは事実である。そして、純粋にビジネスだけを考えるならば、自由が伴っていよう…

  • 知的労働の生産性 9

    コミPo! ダウンロード版6,891円にほんブログ村

  • はしか(8)

    コミPo! ダウンロード版 6,891円にほんブログ村

  • 鳥羽院の時代 100/262 (平安時代叢書第十五集)

     国境の外に目を向けると、この年、中国大陸で一つの動きが見られた。 現在の我々は南宋と称しているが、当時の人の呼び名は、宋。中国大陸全土を制圧していた宋は金帝…

  • 鳥羽院の時代 99/262 (平安時代叢書第十五集)

     ところが近年、院政のメカニズムを解き明かす新説が登場した。藤原璋子は白河法皇と鳥羽天皇とのパイプ役を果たしていたのではないかとする説である。そもそも、いかに…

  • 鳥羽院の時代 98/262 (平安時代叢書第十五集)

     鳥羽天皇の中宮藤原璋子は七人の子を産んだ。男児五人、女児二人である。崇徳天皇は長男であり、雅仁親王は四男である。次男の通仁親王と三男の君仁親王は生来病弱で、…

  • 鳥羽院の時代 97/262 (平安時代叢書第十五集)

     鳥羽上皇にとって興福寺別当問題は大きなダメージとなるはずであるし、普通の政治家であればダメージを受け止めて今後の対処を図るところであるが、ポピュリストにその…

  • 鳥羽院の時代 96/262 (平安時代叢書第十五集)

     その間も興福寺では混迷が続いていたが、興福寺の混迷を京都の人たちが着目することはなかった。奈良から興福寺の中で混迷が続いているという情報が届いても、京都の中…

  • 知的労働の生産性 8

    コミPo! ダウンロード版6,891円にほんブログ村

  • はしか(7)

    コミPo! ダウンロード版6,891円 にほんブログ村 

  • 鳥羽院の時代 95/262 (平安時代叢書第十五集)

     藤原泰子に院号が与えられたことは藤原璋子を動揺させるに充分であったが、その動揺を加速させたのが、保延五(一一三九)年八月一八日の一つの発表である。この日、鳥…

  • 鳥羽院の時代 94/262 (平安時代叢書第十五集)

     保延五(一一三九)年七月二八日、皇后藤原泰子に対し高陽院の院号が与えられることが発表された。藤原泰子は皇后であるが、崇徳天皇の妃ではなく鳥羽上皇の妃である。…

  • 鳥羽院の時代 93/262 (平安時代叢書第十五集)

     保延五(一一三九)年、鳥羽上皇は薬師寺と法華寺の別当も兼ねていた隆覚を興福寺のトップに任命した。名目上は薬師寺と法華寺の別当としての実績を買ったということに…

  • 鳥羽院の時代 92/262 (平安時代叢書第十五集)

     年が明けた保延五(一一三九)年は奈良からの不穏な情報によって始まった。興福寺内部が緊張度を増してきており、いつ爆発するかわからないという情報が届いたのだ。興…

  • 鳥羽院の時代 91/262 (平安時代叢書第十五集)

     朝廷の権威失墜は思わぬところで現れた。鳥羽上皇の住まいである二条東洞院殿が火災に遭ったのが保延四(一一三八)年二月二四日のこと。それから日も浅い三月五日には…

  • 知的労働の生産性 7

    コミPo! ダウンロード版6,891円にほんブログ村

  • はしか(6)

    コミPo! ダウンロード版6,891円 にほんブログ村 

  • 鳥羽院の時代 90/262 (平安時代叢書第十五集)

     多くの人が火災に遭ったという人災に接したとき、まともな宗教団体であれば考えるのは被災者の救済である。しかし、この時代の宗教団体にそのような概念はなかった。救…

  • 鳥羽院の時代 89/262 (平安時代叢書第十五集)

     藤原頼長がヒステリックに法の適用を求めていた頃、鳥羽上皇は何をしていたのか? 情報は掴めていたが、策を講じることはできなかった。藤原頼長がありとあらゆる法を…

  • 鳥羽院の時代 88/262 (平安時代叢書第十五集)

     剥奪された内覧の権利を手にしたのは前関白にして前太政大臣である藤原忠実であるが、この人の行使できる政治的権限はあまりにも低い。無視できる存在ではないが、この…

  • 鳥羽院の時代 87/262 (平安時代叢書第十五集)

     左大臣源有仁は後三条天皇の第三皇子である輔仁親王の子として生まれ、当初は白河院の養子となったことで次期天皇候補と目されていた人物である。しかし、鳥羽天皇の子…

  • 鳥羽院の時代 86/262 (平安時代叢書第十五集)

     この現実を前にした藤原頼長は、現実が大問題であることは認識した。認識したが、現実に対する妥協は全く見せなかった。職務を遂行しようとしない者を罰するとしたので…

  • はしか(5)

    コミPo! ダウンロード版6,891円にほんブログ村

  • 鳥羽院の時代 85/262 (平安時代叢書第十五集)

     興福寺のデモ隊の名目上の要求は東寺長者で権僧正である定海が、興福寺別当で権僧正である玄覚よりも先に僧正に任じられたことに対する抗議である。仏教界の人事を不服…

  • 鳥羽院の時代 84/262 (平安時代叢書第十五集)

     こうした都市の中でもっとも危険だったのが、奈良。奈良には興福寺という絶対に無視できない存在があっただけでなく、京都までの道のりが整備されている。徒歩で一日で…

  • 鳥羽院の時代 83/262 (平安時代叢書第十五集)

     飢饉は個人生活を動揺させるだけでなく、世情そのものを動揺させる。若き内大臣の誕生は新しい時代を予期させる出来事ではあったが、飢饉に対して画期的な対策を打ち出…

  • 鳥羽院の時代 82/262 (平安時代叢書第十五集)

     これについての答えは藤原頼長自身が書き残している。藤原頼長は誰と恋人関係にあるのかを日記に書き記しているし、同時代の記録から、藤原頼長の恋人とされる人物が出…

  • 鳥羽院の時代 81/262 (平安時代叢書第十五集)

     これが、権力は男性のものという固定観念ができている環境での男色となると、話が単純になる。ややこしくなるのではなく単純になる。 命じる者が上司であろうと、親戚…