searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
マーケティングブック
ブログURL
http://1mentor.blog.jp/
ブログ紹介文
様々な商品やサービスを紹介するブログ。マーケティング情報としての素材集として役立てるブログ
更新頻度(1年)

382回 / 365日(平均7.3回/週)

ブログ村参加:2007/08/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、fkmtbiz2007さんの読者になりませんか?

ハンドル名
fkmtbiz2007さん
ブログタイトル
マーケティングブック
更新頻度
382回 / 365日(平均7.3回/週)
読者になる
マーケティングブック

fkmtbiz2007さんの新着記事

1件〜30件

  • いずれ独立する。そのために経験を積む。

    教えその5052 経験は独立するために積むということを意識して生活する

  • 自分の能力を知り、そして鍛える

    教えその5051 自分の能力とは何か?これを最初に見つけることからはじまる

  • あなたの生きざまと覚悟について

    教えその5050 自分の理想を追求することは覚悟を決めて生きること。

  • 夢をもって生きよ。

    ○教えその5049:引用「生きるのに夢があり、それを働く事の延長線上に見て、夢へのプロセスを現実におとしたものが仕事になっていれば、一応、起業家の精神をもって生きているといってもよい。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.112 l7○コメント:よう

  • 朝から発声練習と読みのトレーニングをしよう

    ○教えその5048:引用「そして、朝から発声練習と読みのトレーニングをしよう。めんどうだが、口上を開くだけならおもしろいし、やっていると、そのうち、楽しみになる。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.107 l5○コメント:子どもの頃にやっていた訓練

  • 朝のよい習慣を継続し、よい人生をつくる

    朝のよい習慣の積み重ねがよい現実をつくる

  • 有言実行の状態が信用のバロメーター

    自分の発言と行動がどれくらい一致しているかをチェックする

  • キブ アンド テイク

    何かをしてもらったら、何かをかえす

  • 子どもが使っている教科書を読んでみる

    子どもが使っている教科書を読んでみる。新しい発見があるはずだ。

  • 最高の勉強術

    ○教えその5043:引用「そこで、一番の勉強法は人に教えることであるということにチェンジする。教える役を子供に振るのだ。そして、質問魔になる。それでよい。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.101 l12○コメント:本当の学びとは人に教えることによっ

  • 子どもと共に勉強する

    ○教えその5042 子どもに勉強を教えながら学ぶ。

  • バブルがはじけて社会は正常化する

    バブルがはじけて人は心の正常を取り戻す。社会の正常化はここがスタートラインだ。

  • 生き方を真剣に考えるために日誌を書く

    自分の人生は自分にしかつくることができない。自分の人生をつくるためにメモや日誌はとても役立つ。

  • 人生の設計図をつくる

    実は仕事の段取りよりも自分の人生の段取りのほうが大切だ

  • 自分を見つめ直す

    自分を第三者的に見る時間をもつ習慣を身につける。

  • 朝に日誌を書く

    日誌は朝に書くとよい。自分と向き合いそれを記録する。

  • 朝一番に発する言葉に注意する

    朝は、心が洗われるから、言葉が自然に口に出る。

  • 早朝の心が

    早朝の心は、本当の自分と素直に向き合うことができる。

  • 成功するための習慣 朝一番で掃除をする

    ○教えその5034:引用「朝に何をすべきかわからないとかさしあたってやりたいという好きなことがない人は、ホウキとチリトリを用意しよう。そして、家やマンションの前をきれいにする。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.92 l3○コメント:朝掃除をするの

  • 緑のある生活を取り入れる

    ○教えその5033:引用「自分の住んでいるところから、そういうこと(森林浴)のできる場所がどのように広がっているのかを見てみよう。いろんなところに行き、自分なりにいろんなことを感じてみよう。空気がおいしいところの順にリストアップしてみよう。朝霧のしずくも捨て

  • 自分の体調管理のやり方を身につけよう

    ○教えその5032:引用「電車に乗ると調子がわかる。揺られてガタンゴトンというリズムにのって、眠くなるか調子づくかで体調がわかる。これを私は、「電車による体調チェック診断」(そのままの命名だが)といっている。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.83

  • 普通の人がいないところ

    ○教えその5031:引用「普通の人が、普通、行かないところには普通でない人がいる。 普通の人が、普通、行かない時間にも普通でない人がある。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.81 l6○コメント:場所については普通でないところというと危険な場所もあ

  • 朝は散歩に限る

    ○教えその5030:引用「朝は散歩に限る。一定ペースでツカツカ歩くのもよいが、その朝の気分に応じて速度を調節しよう。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.76 l4○コメント:朝はその日の自分のペースをつくるということに心がけよう。 その点からも歩

  • アイデアの出る場所

    ○教えその5029:引用「昔からアイデアのでる場所として、厠上は馬上、枕上と並んでかぞえられる。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.69 l2○コメント:アイデアがでる場所というのは、自分がリラックスできている場所である。  現在では馬上はあまり

  • クリエイティブな人は食に凝る。

    ○教えその5028:引用「クリエイティブな人は食に凝る。他の店では満足できなくなって自分でつくり出す。そこから世の中のもっとも大切なことを次々と学ぶ。なぜなら、食こそもっとも根本的な欲求だからである。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.67 l11○

  • 朝早くから活動すると人生は楽しくなる

    ○教えその5027:引用「朝も早くたくさん動いていた人のほうが、早く人生を楽しめ、得なのだ。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.67 l9○コメント:朝の時間が有効活用できるようになると、チャレンジ精神の力のアップする。 だから、朝はたくさん動く

  • 朝一番にそうじをする

    ○教えその5026:引用「朝一番にそうじをする。これが朝の基本である。掃き清めるのは、部屋ではない。自分の心である。しかし、心は行動として表してみるほうがわかりやすい。だがら、実際にそうじをする。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.66 l4○コメ

  • 足らぬという状態

    ○教えその5025:引用「人間、満足できるためにも、足らぬという状態にあるのがよいと、この頃、本当によく思うようになった。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.62 l10○コメント:「足らぬ」という考え方ではなく、付け足すという考え方で生活するとよい

  • 笑顔と元気な声が

    ○教えその5024:引用「笑顔と元気な声は、社会において、もっとも大きな武器であり防具である。それを朝から、きちんと整えておくことは、必須項目と考えよう。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする本』P.57 l11○コメント:朝起きたら、鏡の前でまずは笑顔を作っ

  • 朝起きたら顔の筋肉を動かそう

    ○教えその5023:引用「まずは、顔の筋肉や声を起こさなくてはいけない。 笑うのも声を出すのも、健康のためによい。息をするのは生きていることにつながる。だから、あなたは朝一番に大きな深呼吸をして、体と顔を起こそう。」福島哲史 『朝のエネルギーを10倍にする

カテゴリー一覧
商用