プロフィールPROFILE

∴ん窯の五郎さんのプロフィール

住所
桐生市
出身
前橋市

群馬の片田舎でやきものをやっています。遊びに来て下さい。ぜひやきもの談義をしましょう。

ブログタイトル
∴ん窯やきもの山房 里山暦
ブログURL
https://aien.hatenablog.com
ブログ紹介文
井戸茶碗と唐津酒器・食器をほそぼそと焼いています。
更新頻度(1年)

97回 / 365日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2007/06/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、∴ん窯の五郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
∴ん窯の五郎さん
ブログタイトル
∴ん窯やきもの山房 里山暦
更新頻度
97回 / 365日(平均1.9回/週)
読者になる
∴ん窯やきもの山房 里山暦

∴ん窯の五郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 誰の写真???

    ¶ PC内の画像整理をしていたら、たまたま二昔前の写真が出てきた 日付が1997年11月9日とある 23年前だ 今の自分との違いにびっくりしている さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • 清香馥郁として

    ¶ 先日ホームセンターで買った紅梅の盆栽 窓際のひだまりに置いていたらあっという間に蕾がふくらんできた 今朝、見ると一輪咲いている! ∴今日の述懐 日のあたる部屋の中は暖かいが、外に出ると寒さがこたえる さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • 工房まつりはじまる

    ¶今日から日曜までの4日間自宅工房で、今年最後の展示販売会「∴ん窯工房まつり」がはじまったみなさんが熱心に器を選ぶ姿を見ているとやきもの作りの魂に火が入る ∴今日の述懐 器を選ぶ姿勢にひとそれぞれの生き方が表れる 食べる飲むという営みがどれほど大切かがわかる さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • たたら板皿灰釉 生掛けでやってみた

    ¶ 全滅だったのは過去の川に流して、ちょうど素焼前の板皿が3種類あったので生掛けでやってみた この方が成功率は高そうだちょっと気を良くして、残りの皿も焼いてみよう ∴今日の述懐 雨だと思っていたら急に太陽が顔を出した またしても暑い! 寒くても工房に降りるのがイヤだし 暑くてもおっくうだ サボりぐせがついてもうウン十年 ぼちぼち行こう さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • 失敗続き

    ¶ たたら板皿作りをしている これまであまりたたらは手掛けていなかったこともあり、すべて手探り 合う土、合わない土がまだ分からない とりあえず色味から選んだもぐさ土は今回全滅 すべてにヒビが入った 灰はいい感じに融けたのだが・・・ もう少し粘ってみよう ∴今日の述懐 『ハムレット』クローディアスの悲嘆 When sorrows come, they come not single spies. But in battalions! 悲しみがやってくるときは単独の斥候ではなく、連隊でやってくる さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリ…

  • 焼締カフェボール 試作してみた

    ¶ この土は緋色がきれいだが、出はあまりよくない こっちはくっきりと緋が出る ただ、カフェボールとしてどうなのだろう? 口を付けると少しざらつくのが気になる要工夫 ∴今日の述懐 どうも頭に意識がいきがち 深呼吸(腹式呼吸)で心をからだに預けたい さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • 新しい土を試験

    ¶ 前回は酸化で焼締 今回は還元で焼いてみた その1 この土は酸化と還元の差があまりないその2 この土は還元では色がぐっと濃くなるさて、どんな器を作ろうか? ∴今日の述懐 今日の夕飯は炊き込みご飯 どうしてこんなにおいしいの?と思うほどうまかった 晩秋に炊き込むご飯はよく似合う さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • 井戸茶碗展無事に終了

    ¶ 遅ればせながらの報告です今回はこれまで使用していた展示会場から大幅に狭い会場に変更 私の実力では12碗を揃えるのが精一杯 それも最後の窯で運良く揃った会場が変わったので展示方法も変えようと知人に相談すると、ちょうど手頃なけやきの倒木があるという 時間がなかったが、大急ぎで輪切りにしてもらう それが予想以上に茶碗を引き立ててくれた 達成感をちょっびり感じた展示会だった 多謝 さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • 絶体絶命

    ¶ もう窯焚きは2回しか残されていない それなのに見よ!この為体 どうやら土が、しかもよりによって、山房を建てるときに掘り出した土(大久保土)が悪さしているようだたぶんでも、これまでにも使っている その時は問題なかったでも、今回に限って言えば大久保土が犯人だというのは大久保土を入れていないものはこの通り ま、ものは考えようである 上の茶碗だって悪くはない うん、じっと見ているとかなりユニークで個性的だ融けて垂れた釉が指に突き刺さりさえしなければこれはこれでいいではないか(必死の慰め)残る器は9碗このうちいくつかでいいから成功しますように! ∴今日の述懐 備えあれば憂いなし お金のことだけではな…

  • またもや、ほとんどが花ざかりの森だが

    ¶ どうしたんだろう? 困ったものだそれでも、念のために別な釉をかけた茶碗がいい感じにできた 粗野な感じが好きだ ほとんどはこんな感じになってしまった 推測では、長石が変化したようだ いつも使っているのはさらさらな感じなのだが、今回同じものを注文したのだが、ちょっとスタンパー風な感触になっていたのが気になっていた 別なアプローチを探さなければ・・・原料の変化は天然のものを扱う限り仕方のないことではある 茶碗展直前で試練であるいやいや、もっと早くから・・・というより、一年かけてこつこつやらないからこういうことになるのだ と、窯神さまから諌められたと考えよう ∴今日の述懐 烏瓜の花というものを初め…

  • またしても致命的なミス

    ¶ 釉剥げ 新造の井戸釉だったが、なんとなく予感はあった ちょっと濃いかな? 確信はなかったけれど今回は全滅ああ、だんだん茶碗展が迫ってくる ∴今日の述懐 Television is a medium because anything well done is rare. (Fred Allen) 面白いけれど訳せない さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • なづ6歳の誕生日

    ¶ 早いものでもう満六歳! というわけで恒例のアンパンまつり プラス 今年はハンバーガーが食べられるようになったので ハンバーガーまつり さっそくがぶりと 楽しい一年が待ってるよ! さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング にほんブログ村

  • 鶴屋南北風

    ¶ 窯出し 狙った色が出ず、ガックシ う~ん、どうもこの土合わせは忘れたほうがよさそうだいつものことだが、こうやって〆切が迫ってくると、ああ、もっと早く始めればよかった、と思う 学習しない五郎である ∴今日の述懐 工房で水洗いしている時水がひんやりするなと感じた 秋だな このあたりの水道は水源が地下水なので夏は冷たく冬は比較的温かい 夏の水洗いは冷たくて気持いいのだが、今朝はひやっとした 季節の移りを実感する さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング にほんブログ村

  • DM作りに四苦八苦

    ¶ イラストレーターを持っていないのでDM作りはいつも頭が痛い ある印刷会社はweb上でデザインすればDMを印刷してくれる しかし、一年に一度しか使わないデザインツールなので思い出すのに時間がかかる いや、思い出せないことしばし 苦労してようやくできたと思って気を抜いていたらいつの間にか消えてしまった 15分ごとに保存しないといけないことを忘れていた 気を取り直してふたたび編集 一応完成 あとはPDFで送られてくる校正を待つのみ ∴今日の述懐 朝顔はすごい 多少のずれはあるが毎年きれいな花を咲かせ眼を楽しませてくれる 落ちた種の発芽率がなかなかのものである しかも年ごとに新しい模様が生まれる …

  • はにわを見に行く

    ¶ 窯焚きの合間に今週末で終わりになるはにわ展を見に県立歴史博物館へ行ってきた 美術館と併設されている なかなか見ごたえのある展示だった 常設展にもかなりの数のはにわがあるのでたっぷり楽しませてもらったそれにしても、足が疲れた! 同時開催の月岡芳年の怪奇絵はパス 最初は美術館も見ようと思ったが、とてもじゃないがムリ! これはまづい 運動不足が露呈されたひと月に一度くらいは美術館博物館めぐりをしようと決意(つづくかな?)あとで知ったのだがシニアパスポートを持っていると割引になる (新里支所へもらいに行こう、と強く思う五郎であった) ∴今日の述懐 不連続曲線は二つとして同じものはない 直線や同心円…

  • しばし作りの時

    ¶ 焼く茶碗がなくなったのでしばらく作りに専念時間が許せば、ある土で作ったらその一種類だけで焼いて、また次の土合わせや釉調合を考え、また作って・・・それを繰り返したいのだが・・・でも、時間制限はあるから一応の終わりがあるどこかの劇団が公演日は決めず、作品が仕上がるまで稽古すると言っていたが、おそらく永遠に仕上がらないだろう 仕切りというのは活動を制約するが、同時に時々の完成も促してくれるそして、誰もが最期の最期につくづく ars longa vita brevis と思うのだろう 手前のメガネは10年以上前、瀬戸で工房用に作ったものだ 当然度は合っていないし その上鼻当ては片方取れているし で…

  • 引き算の景色

    ¶ 今日の窯出し今回はちょっと初心に帰って釉を変えてみた ∴今日の述懐 The best artists know what to leave out. 一流の芸術家は何を捨て去るべきかを知っている私にはこれがない! これは要らない!と断定する力 あれもこれもと欲張るからつまらない茶碗になる 深く銘すべし! さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング にほんブログ村

  • 今日の窯出し

    ¶前回は長徐冷だったが、今回はほぼ急冷の窯 こっちの方が貫入は細かい気がするのだが、これはまだ渋入れして確認していないので何とも言えない・・・これからしばらくは井戸茶碗の焼成がつづく ∴今日の述懐 『正法眼蔵』は原文で読むのが一番なのだが、いかんせん独特な漢語の多用で分かりにくいことこの上ない そう感じていたので以前河出書房(石井訳)と講談社(増谷訳)の現代語訳を何冊か買っておいた 二冊を「現成公案」の巻で比べてみた 石井訳は実に親切に見えるが見方を変えると自分の解釈を強要している 増谷訳は訳者の解釈を交えず字義通り書き下した感が強い 結論から言うと両方とも読み解く助けにはならない 一番助けに…

  • 井戸の新作

    ¶ 新作井戸茶碗 ピンクカオリンと美濃の赤土 井戸盃で試験を重ねてきたが茶碗となるとまったく勝手が違う 自分の理想とするカーブが描けない 目が悪いのか、手が悪いのか?いや、もっと奥の方に問題があるのか? また、描けたと思っても焼いてみると違ってしまいがっかりする 井戸は深い ∴今日の述懐 無門関に徳山托鉢という公案がある 徳山が時間前に食堂へ来たのを弟子の雪峰が「合図も鳴らないのにどこへ行くつもりか」と咎めると、徳山は無言で自室に帰る 雪峰は師である徳山は大事なところが分っていないと巌頭に話す 公案の意は徳山が一番弟子の巌頭と組んで雪峰を悟らせようとする点にある 出来レースのようなものなのだが…

  • 頼みの赤土

    ¶小貫入を生む赤土は今のところ二つだけある ひとつは岐阜の赤土で確実に小貫入になるのだがちょっとだけ気に入らないもうひとつは山房が乗っかっている地面の土だが、岐阜の土ほど確実に小貫入が出るかは自信が持てない 赤土と青土がある だいぶ前に試験をした記憶があるのだが両者とも呈色は似ている(たぶん) 篩ってはたいた赤土がたっぷりあったのでまだ青土は実際に使ったことはないさて、カオリンと土合わせをしようと赤土(赤久保と呼んでいる)の箱を開けてみると、もうほとんど残っていなかった しまった! 箱の中をあちこち探すがこれが最後の一袋だったあわてて水簸中の赤久保(これはもう2年くらい前から水簸している)を風…

  • 長時間徐冷をやってみた

    ¶∴ん窯の小窯は炉壁が薄いので冷めやすい 時にそれが良い方向に働くこともあるのだが、こと井戸に関しては負の要素だ そこで今回思い切って約20時間弱い炎で徐冷してみた 灯油バーナーのメーターを一定の時間ごとにすこしづつ絞ってゆく 最終的にはほとんどゼロ でも意外なことになかなか温度は下がらない小貫入は徐冷で生まれるという仮説を立ててこんな実験をしてみたのだが・・・長徐冷とほぼ急冷の井戸を比べてみる 両方とも同じ土合わせ、ほぼ同じ釉、焼成条件も徐冷以外は同じ 今回の井戸 以前ほぼ急冷で出した井戸 仮説は駄説であった 急冷の方の貫入が見えにくいが、こちらの方が小貫入になっているということは小貫入の条…

  • プランター栽培

    ¶ 初めてプランターで野菜を育てることにした ちょっと出足が遅いかったかな? なすときゅうりさて、いつ食べられるようになるだろう? ん?はたして、なるか? ∴今日の述懐 朝風呂の贅 太陽光の温水器の温度が昨日の灼熱のおかげで朝になっても60度台 しめた!これなら朝風呂に入れる 火力を使ってまで朝風呂をするのは気が引ける 温水器のお湯は飲用にもなるので放っておくと新しい水道水と入れ替わってしまう そこでちょっとだけ贅沢をさせてもらった 昨夜の寝苦しさでやや寝不足気味のからだにはありがたいこの気分転換で最近ずっと失敗が続いている窯焚きに吉風が吹けばよいのだが さらりと脱原発 いつもおつき合い下さり…

  • 今日のはいぼ

    ¶ さて、セミはどこからいのちの旅へと飛び立っていったのでしょう? よく見ると(黄色いマル)あった! この枝はカラスがときどきスズメに意地悪をするので、羽根がひっかかって降りてこられないようにしたもの はいぼ(セミの幼虫)は地上から長い枝の先端まで這い上がり飛んで行った ぬけがらは台風の大雨に打たれても落ちずにいる 別なところに去年のぬけがらがまだそのまま張り付いているから、かなりしっかり喰いついているようだ 手抜きがないところが素晴らしい!午後から晴! ようやく外干しができた明日の日中は予定が入っているので、いよいよ日曜に井戸の窯焚きだ ∴今日の述懐 五蘊皆空 よく知っていることばだが、その…

  • 台風のあおり

    ¶ 天候が乱調である おかげで窯焚き計画が立たない だが、セミの脱皮計画はゆるがないようだ このセミはたまたま立て掛けてあった篠竹から飛んで行った ∴今日の述懐 新里夏祭りは雨天により運動場から体育館に移動 花火は明後日に順延 お盆の実感が湧かなくなったのはいつ頃からだろう でもこの時期ホームセンターに置いてあるお盆用の絵入り提灯を見ると何故か牡丹灯籠を思い起こす 描いてある花の絵はきれいなのだがゾっとする 特に回るタイプが苦手だ ふと給湯器用の灯油タンクを見たらほとんど空になっていた いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 画像をクリックしてランキングサイトが…

  • 久しぶりの雨

    ¶雨 ひたすら雨 朝顔が雨につぶされているかと思うと 突然の晴天少しだけ涼しいからそれでよしとしよう!井戸茶碗 試験ばかりしてもいられないので、これまで試験した中で反応の良かったいくつかの土合わせで作ってみた お盆明けに焼けるか? 問題は焼きなのだが、このひと月いい結果が出ていないのが気になる 窯が劣化した? 気圧のせい? お前のせい! ∴今日の述懐: 雨の日のけだるさを感じるようになったのはいつ頃からだろう 覚えているのは、宮崎駿監督が何かのインタビューでそう言ってから意識するようになったことだ まったく、暗示にかかりやすいことこの上ない 気象病とかいう結構な名前が付いているらしい いや、思…

  • トマト狩り

    ¶今年は暑い!きっとトマトがおいしく育っているはず!と沼田白沢の宮田農園へ ナビはどう設定を変えても高速を案内しない むむむ? 渋滞らしい あとで知ったのだが交通事故でしばらく通行止めになっていたらしいというわけで昔スキーに行ったときに使った赤城山腹の抜け道をひたすら走る 途中で立ち寄った道の駅アグリームで焼きトウモロコシをほおばる ⇒なづの顔に注目 「早く食べたい!」と訴えているが、私はぜんぜん気づいていない ようやくありつけて大満足 宮田農園に到着! いつもに比べてやけにトマトの背が低い と思ったら この暑さで伸びすぎたので一度丈を摘めたそうだ なづが採ったトマトが一番甘かった! 今年のト…

  • ようやくアサガオが咲いた!

    ¶去年は8月3日に初咲きしたアサガオがなかなか咲かない と思いつつ、ふと折重なった葉の下を見ると 咲いていた! これからしばらく目を楽しませてくれることだろう ∴ 井戸作り なかなか重い腰が上がらないや 焼き残した試験用の井戸盃があるので今日はもう一度(最後の)試験 そうやって最後、最後と思いつつ最後にならないのだが・・・ いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了 + さらりと脱原発

  • 猛暑の夏は恐竜だ!

    ¶というわけで、富岡市にある群馬県立自然史博物館に行ってきました 動くティラノサウルスになづは大興奮! 恐竜に食べられそうになったら怖い顔でにらめばいいと前の晩に教えたら、その通りの顔をしてる! 恐竜が大きすぎて写真に収まりきらない 恐竜はだいぶ楽しめたらしいなづも巨大なクワガタは苦手らしい いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了 + さらりと脱原発

  • 化粧井戸盃の貫入検査

    ¶ 先日試験した化粧井戸盃を渋入れして貫入を観察した 釉は同じものその1(やや厚い化粧)サイズやや大きめ 貫入はやや大きめで2mm~5mm 形は五角形、三角形に交じって変則的な四角形が点在する いわゆる長方形はほとんど見られないその2(薄めの化粧) 貫入はかなり小さく1mm以下~5mm 形はほとんどが長方形で、そこに五角形、三角形が混じる貫入の大きさや形は何によって決まるのだろう? 面白いが、終着駅のない旅でもある いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了 + さらりと脱原発

  • 新造土の試験

    ¶だいぶ前に入手したままほったらかしにしてあった唐津陶石 釉薬原料として買ったのだが、胎土にしたらどうかと思い立ちカオリンと半々に混ぜてみた しばらく寝かせたものの弾きニクイことこの上ない 余った土に頁岩粘土をさらに半々に混ぜてみた こっちの方は頁土の粘りのおかげで普通に弾けるさて結果はどうか 陶石カオリン半々 これは貫入検査のため渋入れしたもの それでもやっぱり白い 貫入はやや大きめで固さが目立つ だが、これは釉との相性もあるので一概には判断できない 頁土を混ぜたもの 頁土はもう少し減らしてもよかったか・・・ こっちは梅花皮が全面に出て貫入が分りにくいが、釉をもう少し薄くすればいい感じの小貫…

カテゴリー一覧
商用