searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

∴ん窯の五郎さんのプロフィール

住所
桐生市
出身
前橋市

群馬の片田舎でやきものをやっています。遊びに来て下さい。ぜひやきもの談義をしましょう。

ブログタイトル
∴ん窯やきもの山房 里山暦
ブログURL
https://aien.hatenablog.com
ブログ紹介文
井戸茶碗と唐津酒器・食器をほそぼそと焼いています。
更新頻度(1年)

45回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2007/06/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、∴ん窯の五郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
∴ん窯の五郎さん
ブログタイトル
∴ん窯やきもの山房 里山暦
更新頻度
45回 / 365日(平均0.9回/週)
読者になる
∴ん窯やきもの山房 里山暦

∴ん窯の五郎さんの新着記事

1件〜30件

  • ジャニキアンの「雲」を思い出す

    All the way home, I spat out those names I'd learned one by one, cirrostratus nebulosus, Altocumulus undulatus, cirrocumulus, cumulonimbus, Until I was left with just "clouds," Something vague and inexact, but prevailing, Like some notion of happiness, Or longings without name. from Gregory Djanikia…

  • 黒釉大井戸

    鉄釉の炭化は調整があまりにも微妙だ 成功率は低いが醍醐味は十分にある だが、何回やってもコツがつかめない 鉄釉炭化大井戸茶碗

  • 仕事に復帰

    自分でもよく分からないのだが、しばらくロクロに向かって仕事をする気力がなかった(ただの、さぼり病?)が、今日ようやくロクロで仕事をした(パチパチ)ぼちぼち気力を養っていこう

  • すこしづつ前へ

    散歩が不安になってできなくなってからしばらく経つなぜか昨日は久しぶりに2kmほど歩けた!日頃散歩している人から見たら笑止千万な距離だろうが、私には快挙である 夜は疲れてだるくなった ちょっと健康的な感覚ま、あせらずにすこしづつ コスモスと稲刈り

  • 大失敗かと思いきや・・・

    昨日は体調不良のまま窯焚きを始めたのがたたって、最後の大事なところでポカをやってしまった。 1200で下降のはずが、気づけば1216まで上がっていた!アチャ! 更に、1100から炭化のはずが気づけば1054まで下っていた!れれれ! そして今朝、恐る恐る(覚悟して)蓋を開けてみた・・・思いも寄らない光景が目に入った! これまでにない色が出た! こんなのは再現は不可能だろうなあ ありがたく頂戴!多謝!一番のお気に入りを載せる

  • 鉄は面白い

    黒釉(鉄釉)は焼き方でいろいろな変化(へんか・けんげ)を見せてくれるからたまらない例えばこんな風に(写真ではよく映らないけれど)銀色、玉虫色になったりなんとも不思議な模様を作ったり・・・でも、一向にその原理はつかめない だから 誰にも、それは、語れない ことだけれども、それこそが、 いのちだろうじゃないですか、 けれども、それは、示(あ)かせない……

  • やっちまったぜ

    もしかすると・・・という予感があったので棚板に直接張り付かないように養生はしておいたのだが それにしても・・・伊賀土がこんなに弱いとは

  • 74歳の抵抗

    この皿も何度目の焼き直しだろう?5回目?もっと?でも、ようやく出来(しゅったい)!めでたし!はっぴばーすでー

  • 窯出し

    最近はすべて旧作を焼き直ししている たまに面白いのが取れる 焼き直す前と後とどっちがいいか? 実物がないので比べようがない 幸いなことである この伊賀土の花活はどう焼き直しても様にならなかったが、ようやくストンと腹に落ちた問題はいろいろな釉を掛けながら焼き直してきたのでどうやってこの色が出たのかまったく不明な点 気合が入っている時は綿密にカルテを取っているのだが、ときに(いや、しょっちゅうかな)気まぐれに、思いつきの釉を掛けて覚書も取らずに焼いている これもその一つだ

  • 窯出し

    面白いのが取れた。 でも、実際はこの色ではない・・・ カメラが悪いせいだ、きっと・・・

  • 今朝の収穫

    プランターで茄子とピーマン、トマトを作っている。 今朝トマトはいいのが出来ていなかったが、茄子とピーマンは収穫できた。 なんと完熟ピーマン! 初めてだったので「これ食べられる?」と思い調べてみたら完熟すると緑のピーマンは赤くなるそうだ。知識不足と世話不足で少ししか採れないが、それなりに充実している。

  • 工房近況

    3月から工房の裏にあった杉林が伐採されています。まだ伐採はつづくようです。驚くほどの変化です。 比較のため、数年前ほぼ同じ角度から撮った工房の写真を載せます。 杉林がなくなったおかげで朝が明るくなりました!特に陽が出ているときは眩しいほどです。 8月1日の工房今まではまったく見えなかった隣のお寺の宝物殿?や鐘楼(左側)が見えるようになりました。 数年前の工房以前の写真を見ると、杉林が工房に迫っているのでちょっと怖い感じがします。台風の時はちょっと心配でした・・・まだ少し残っている杉林も伐採されるかどうかはわかりませんが、連日チェーンソーの音が聞こえてくるので、たぶんもっとすっきりすることでしょ…

  • 取れたのはこれだけという結果

    とにかく黒はむずかしい。 今回もほぼ失敗。よかったのは隙間に入れた豆皿2枚だけ。 これは一応鉄釉を掛けてはいるが、焼き直しなのでその前の履歴が不明・・・∴ん窯ではよくある出来事!そういうものに限って面白いのが取れるという、これまたよくある出来事(笑)。ま、それでも全滅でないだけよしとしようか。

  • ちょっと脇道へ

    トーテンポール花活もうちょっと黒に変化があればよかったのだが・・・

  • お疲れさま!

    10年以上乗ってきたインテグラTypeR。 今日でお別れ! もうこの年でスポーツカーに乗るのはしんどい。 売ろう! 9時に決意して11時にはもう買取業者と売買契約を済ませた。 走行距離10万キロ。 さすがに走り去ってゆくすがたを見送っていたらいろいろな思いがこみ上げてきた。 お疲れさん。長い間ありがとう!

  • 黒遊び

    時間とこころにゆとりがあるので、黒で遊ぶ。 黒は実に不安定だ。困ったものである。だが・・・同時、面白いものでもある。だから、慌ただしいときに扱うとしっぺ返しを食らう。今回は開き直って、ダメ元精神でやってみた。結果は、とんでもないのもあったが、心躍るのもたくさん出た。悩ましいのは、この夢をもう一度、はご法度ということだ。 私の技ではまづ同じものは出来ない。 窯焚きの達人だったら、きっと何回でも同じものができるんだろうな、とちらり横目で見るが、私は私とすぐに気を取り直して現実を見る。

  • こんな時どうする

    今は作りたいものがイメージできない。 これまで、あれやこれやとやって来たが、こころの底にずんと来るほどのものはまだ作れていない。 作れていないくせに、作る方向へ足が向かわないのはどういうことだろう? 困ったものだ。 充電期間といえば聞こえはいいが・・・・・・ とにかくどんよりと停滞している。 ま、こんな愚痴を言ってもしょうがないのだが。ただ、約10年やって来て見え始めたものがあるのは確かだ。 問題はその見え方だ。 というのもそれが否定的な見え方だからだ。 否定はなにも生み出さない。 リア王が言う通り、「無は無しか生み出さない、のだ。」先輩にはやきものにはストーリーが必要だ、と言われたことがある…

  • 最近雨ばかりだ

    寒い とにかく寒い 一度温かい空気を知ってしまうとからだがゆるむのか、ちょっと冷えただけで寒さを感じる 温度計を見ると20度 目を疑う 20度で寒い? 冬には考えられないことだ 18度でちょどよかったのにこんな雨の中でもスズメの食欲は旺盛 餌台に古米を置いてやるのだがあっという間になくなってしまうちょうど繁殖期ということもあるのだろう私もそろそろ作りに本腰を入れねば・・・ と思いつつ、諸事情でなかなか捗らない ま、焦っても仕方ないかな餌台の前のバラ こんなに花芽がついていていいのか?剪定すべきなのか?

  • 巣立ち

    ¶ 我が家の二階の換気扇にスズメの巣がある もう何年前になるだろう?年に数回ひなが生まれて細く高い声で鳴いている と 思ったら もう巣立ちだ なかなか巣立ち直後のひなを見ることはないが 今朝、たまたま目撃枝にとまったまま不動の姿勢 羽毛でまるまるしている 見た目は親よりも大きい と もう一羽がやって来たまだ一羽ではこころもとないのか、ぴったり寄り添っている 時折、親スズメが餌をやりに来るが 親鳥は警戒心が強く写真は撮れなかった ∴今日の述懐 スズメは身軽だ よくその草に止まれるなと思うほど細い草に、しかも、何羽も止まったりする 身軽なことはいいことだ 分ってはいるのだが・・・ 私はかなり「身重…

  • さて、これは何でしょう?

    ¶ この植物、なにかわかりますか?葉っぱを見ればわかるかな?そう!ほうれん草我が家のプランターには雌株しかないようなので種は取れないかな・・・細くとがった花は雌花我が家は女系家族ということか!? ∴今日の述懐 解除されたかって・・・不安は解除されないなあ今日のシェイクスピアは A Midsummer Night's Dream maidens call it Love-in-idleness さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • 今朝の窯出し

    ¶伊賀土の一部に灰を掛けてを焼いてみる すると掛けた部分も面白いが、掛けなかったところもいい火色が出る さすが伊賀の土だただ、思いの外弱い土であることが判明 まだまだ使いこなすには時間が掛かりそうだ ∴今日の述懐 昨日晴れたと思ったら、夜には雨、今日は曇 体調も天気によって変化する 変わらないのは時間のない世界だけ今日のシェイクスピアは The Taming of the Shrew PETRUCHIO. O monstrous arrogance! Thou liest, thou thread, thou thimble, Thou yard, three-quarters, half-y…

  • さつき来る

    ¶ 四月も終わり、明日からは五月 五月というと思い出すのが与謝野晶子の「五月礼讃」だ五月は好い月、花の月、 芽の月、香の月、色の月、 ポプラ、マロニエ、プラタアヌ、 つつじ、芍薬(しゃくやく)、藤、蘇枋(すおう)、 リラ、チユウリツプ、罌粟(けし)の月、 女の服のかろがろと 薄くなる月、恋の月・・・・・・ 今は五月のよろこびを悠長に楽しんでいるときではないかも知れない いったいどうなるんだろうという不安ばかりの毎日かも知れないだからこそ、せめて気持だけでも明るく持ちたい 大きな声で読んでみたリズムが心地よいみなさんもぜひ声に出して読んでみてください 家族と一緒に読むのもいい 二人三人で読むなら…

  • 窯出し

    ¶ 朝鮮唐津の黒釉を見直してみた 前回までのは色はよいのだが、ザラつきがあって気に入らなかった 今回の修正でつやがある、手にしっとり感じられるようになった あとは藁灰釉との掛分けの流れだが、それは釉もさることながら、焼成に負うところも多いのでまだまだ迷走と瞑想の日々はつづきそうだ 絵斑唐津 初回は悲惨なあがりだったが二度焼きでいい感じになった 素地がかなり白い土だったので高台脇に鬼板を塗ったのだが、それが味消しになってしまった もう少し鉄分の多い土でやり直してみたい ∴今日の述懐 こころとからだは毎日ころころ変わる それを愉快に受け止められれば・・・ と願う今日のシェイクスピアは Antony…

  • 工房ランチ

    ¶よく晴れたので工房ランチ なづ、たまごサンドは自分で作ったと自慢する 工房からの眺望はなかなかよろしい まさに眺めのいい部屋 そうだ珈琲を飲もう! 珈琲は私の担当 ∴今日の述懐 今日の国道は時節柄車の往来が少ない バイクはいつもより多いかな しかし 自粛どこ吹く風の県外車 もっと家での生活を楽しもうよ!今日のシェイクスピアは Antony and Cleopatra My salad days さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • 花祭り

    ¶ 今日はお釈迦様の誕生日 なづが下校してから毎年灌仏会をやっている常広寺へ時節柄か本堂はがらんとして誰もいない 去年は近所の人たちが茶飲み話に花を咲させていたのだが・・・私たちだけで灌仏会を祝う 静まり返った本堂で般若心経を上げさせてもらう ぜいたくな時間を過ごすことができた 合掌 さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • 雪の日の窯焚き 一夜明けて

    ¶前回うまくいったので気を良くして再び藁灰釉のぐい呑、湯呑 前回も流れて足が生えたが、今回はもっと盛大にやってくれた しかし、いつものことだが、そういうのに限ってきれいな色が出る この色はまったく予想していなかった これも藁灰釉と鉄釉の掛分けの流れがきれいだ 写真では見えないが、向こう側に足が生えている 剥がそうとしたら高台の一部がいっしょに裂けてしまった!嗚呼!でも、いいものも出来た! その1 その2 その3 その4 これは湯呑 もう少し藁灰を増やしてもいいような気がするが、焼成法でなんとかなるような気もする 本音を言うとまた藁灰釉を作るのがおっくうなのだ・・・ ∴今日の述懐 なんだか憂鬱な…

  • 窯出し!

    ¶朝鮮唐津の小服 置く場所が最上段で、しかも、前列だったので足が生えた 皮肉なことに朝鮮唐津は足が生えたのが一番の出来になる 同じく、ぐい呑 絵斑唐津、ぐい呑 ∴今日の述懐 No great artist ever sees things as they really are. If he did, he would cease to be an artist. (Oscar Wilde) さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

  • ようやく藁灰釉ができた!

    ¶新造の藁灰釉の上水切が終了! こんな感じになった 昨日は素焼 さきほど窯出し まづ施釉 今回は新造藁灰釉なので融け具合の試験 1)絵斑唐津 2)朝鮮唐津絵斑唐津朝鮮唐津朝鮮唐津 ちょっと下まで藁灰釉を掛けすぎたか?棚板まで流れないことを祈る 10時半に点火 久しぶりの藁灰釉なのでワクワク、ドキドキ ∴今日の述懐 からだを適度に動かさないと気持が暗くなってしまう 久しぶりに工房で作業したらちょっと気持が晴れた 工房に感謝 窯に感謝 やきものに感謝今日のシェイクスピアは As You Like It I know that the property of rain is to wet and f…

  • 藁灰釉作り

    ¶藁灰釉が底をついた気が重い~ミルを持っていないのでミキサーで藁灰をかき混ぜるのは根気がいる いつもも半量だけ作ったのだが、それでもへろへろになった(弱いな~)目標の濃度で作るとミキサーが壊れるので水はかなり多めに作り、少しづつ上水を切ってゆく こっちも根気がいる 一日経ったけれど上水が透明にならないのでもう少し待とうか合成ワラ灰を使いたくなる気持がよく分かる ∴今日の述懐 どうもせっかちはいけない 分かっているのだが・・・今日のシェイクスピアは Julius Caesar CAESAR. The ides of March are come. SOOTHSAYER. Ay, Caesar, …

  • 焼締炭化

    ¶新しい土で炭化試験 なかなか融けなかった灰釉の盃がなんとか融けて面白い顔になった 鉄錆釉とでも言おうか・・・ ∴今日の述懐 季節の変わり目はただでさえこころとからだが不調に陥るというのに、武漢熱が世界を騒がせているせいでますますこころが安定しない ああ、ものに動じないこころが欲しい!今日のシェイクスピアは The Merchant of Venice In sooth, I know not why I am so sad. さらりと脱原発 いつもおつき合い下さりありがとうございます。応援よろしくm(_ _)m 下の画像をクリックしてランキングサイトが表示されれば投票終了です 陶芸ランキング

カテゴリー一覧
商用