flow Trip -archive-
読者になる
住所
愛知県
出身
愛知県
ハンドル名
tenyouさん
ブログタイトル
flow Trip -archive-
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kourei-flow
ブログ紹介文
漂い紀行 振り返り版 -漂いの中に癒しを求めて- …そして15のカテゴリ…
自由文
-
更新頻度(1年)

310回 / 309日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2006/09/29

tenyouさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(IN) 21,799位 21,169位 21,179位 24,487位 24,672位 27,313位 27,384位 975,010サイト
INポイント 0 10 10 10 20 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 1,045位 1,065位 1,058位 1,130位 1,129位 1,243位 1,232位 43,059サイト
国内旅行 48位 48位 46位 50位 50位 61位 59位 3,564サイト
歴史ブログ 151位 145位 147位 163位 160位 169位 172位 4,187サイト
哲学・思想ブログ 828位 839位 838位 867位 861位 907位 905位 13,007サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 73,975位 76,892位 76,991位 77,404位 圏外 圏外 圏外 975,010サイト
INポイント 0 10 10 10 20 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 3,970位 4,132位 4,155位 4,177位 圏外 圏外 圏外 43,059サイト
国内旅行 226位 235位 228位 235位 圏外 圏外 圏外 3,564サイト
歴史ブログ 355位 374位 372位 367位 圏外 圏外 圏外 4,187サイト
哲学・思想ブログ 1,780位 1,837位 1,799位 1,786位 圏外 圏外 圏外 13,007サイト
今日 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,010サイト
INポイント 0 10 10 10 20 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 0 10 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
旅行ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 43,059サイト
国内旅行 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,564サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,187サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,007サイト

tenyouさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tenyouさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tenyouさん
ブログタイトル
flow Trip -archive-
更新頻度
310回 / 309日(平均7.0回/週)
読者になる
flow Trip -archive-
  • 湘南海岸

    (神奈川県藤沢市)湘南海岸

  • 谷下川

    (やげがわ愛知県新城市乗本2006年12月27日)姥ヶ懐の麓、豊川水系宇連川に注ぐ川である。谷下川

  • 仏行寺

    (神奈川県鎌倉市笛田)明応四年(1495)梶原景時と子の景季(かげすえ)は、源頼朝の死後御家人の弾劾に遭い鎌倉を追放され、駿河国で討死した。その死を悲しんだ景季の妻信夫(しのぶ)はこの地で自害したとされ、信夫の霊を慰めるため村人が日蓮宗笛田山仏行寺を建てたとされる。仏行寺

  • 茂松城

    (高坂城愛知県宝飯郡御津町広石町指定史跡2006年12月21日)平安時代末期、三河守護源範頼が居城したのが始まりという。室町時代には細川勝久が居城したが、御馬城と同様、今川義忠により功略された。その日が小正月の「もちい」(餅でつくった花)で祝う日であったことから、村ではその後もちい飾りをしなくなったといわれている。その後、牧主計、菅沼定盈、長沢松平氏が居城し、天正十八年(1590)廃城となった。近隣の竹本(新宮)城も関連の城であったようである。城跡は御津高校の東側、標高60mに位置し、堀、土塁、曲輪、井戸が残る。南側の山裾は、都市計画道国府駅前赤根線によって削られたが、遺構としては、ほぼ当時の姿を残している。茂松城

  • 浅草地下街

    (東京都台東区浅草)昭和30年(1955)1月に開業した、現存する地下街としては日本最古である。浅草地下街

  • 野口城

    (愛知県豊川市野口町2006年12月21日)鎌倉時代、足利義氏が三河国守護となり、一族の足利義季(よしすえ)が額田郡細川(愛知県岡崎市)に住し、姓を細川に改めたことに始まる。義季から四代後の頼有のとき、この地方に勢力を伸ばし、応安二年(1369)先ず御馬城(御津町)を築いた。そして永徳二年(1382)の細川信氏寄進状には、宝飯郡市田(豊川市)に所領があったことが確認できる。その市田付近には頼有の曾孫、教春が永享の頃(1429-40)野口城、市田城を築城し、頼有の弟満之の曾孫、勝久が茂松城(御津町)に居城した。細川氏の後、今川氏臣の板倉主水、印宮甚蔵らが居城した。野口城は標高約70mの「城山」に本丸、二の丸及び曲輪、堀、土塁、堀切等が残るが、西側はゴルフ練習場により一部滅失している。元豊川市教委の長谷川高雄氏が、...野口城

  • 千束

    (東京都台東区千束)浅草の北西側、千束分の稲を収穫できる田があったからとされるこの地は、東に吉原を有し、周辺とは若干趣が違う雰囲気が漂う。千束

  • 小牧神明社

    (愛知県幡豆郡吉良町小牧字宮西2006年12月15日)矢作古川と矢崎川に挟まれたこの地は、戦国時代には隣接する駮馬村の吉良氏東条城を攻めるため、松平元康臣の本多広孝が砦を築いた場所である。その小牧村の鎮守が神明社である。小牧神明社

  • かっぱ寺

    (曹洞宗巨嶽山曹源寺東京都台東区松が谷)天正十六年(1588)日比谷入江(千代田区和田倉付近)に創建したが、間もなく江戸城拡張により湯島天神下に移転。然し、明暦の大火により焼失し、現在地に移転した。付近は水捌けが悪く度々水害に遭ったため、商人である合羽屋喜八が私財を投じて新堀川(現在の合羽橋商店街)を開削した。その際、隅田川に棲むカッパが手伝ったと伝わる。文化十一年(1814)喜八が亡くなり、この曹源寺に葬られた。かっぱ寺

  • 藤波畷古戦場

    (愛知県幡豆郡吉良町瀬戸字藤波2006年12月15日)永禄四年(1561)松平元康(徳川家康)が吉良義昭の東条城を攻め、落城させた。その際、吉良氏の家老富永忠元を本多広孝が討ち取っている。藤波畷古戦場

  • 道三堀跡

    (東京都千代田区大手町)昭和37年(1962)築造の日本ビルが建つ場所は、天正十八年(1590)江戸城に物資を運ぶため和田倉門から日本橋川まで開削された運河があった場所である。明治43年(1909)に埋め立てられている。堀に面して幕府侍医曲直瀬(まなせ)道三の屋敷があったことから道三堀と呼ばれるようになった。付近は高度成長期に再開発が行われたが、再び再開発が計画され、日本一の高層ビルが建設されることになっている。道三堀跡

  • 四極山遠望

    (しはつやま愛知県幡豆郡吉良町駮馬2006年12月15日)万葉集巻三(二七二)高市連黒人(たけちのむらじくろひと)が詠んだ一首に、「四極山打越見者笠縫之嶋榜隠棚無小船」があり、その四極山がこの山という説がある。四極山遠望

  • 裏吉田ノラねこ通り

    (横浜市中区吉田町)平成30年まで「おいしんぼ横町」と呼ばれていたこの路地は、個人経営の店が多いことに因み「ノラねこ通り」と改名された。野毛から伊勢佐木町への裏通りである裏吉田ノラねこ通り

  • 東条八幡神社

    (愛知県幡豆郡吉良町駮馬字城山2006年12月15日)吉良氏発祥地、東条城二の丸に建つ八幡神社は、建長年間(1249-55)足利義氏によって城の守護神として八幡大菩薩が勧請されたものという。東条八幡神社

  • 大岡川宮川

    (横浜市中区)かつて野毛浦であったこの辺りは、明治時代に入ると埋め立てられて大岡川の下流部ができた。都橋の袂には子之神社が祀られ、その傍らには宮川という水路があり、宮川町という地名が付けられた。然し、空襲により神社は焼失し、伊勢山皇大神宮(西区宮崎町)に遷座して、水路も暗渠となった。昭和39年(1964)には大岡川沿いの露店を集めた都橋商店街(ハーモニカ横丁)ができ、辺りの光景は特徴的なものとなった。大岡川宮川

  • 友国春日神社

    (愛知県幡豆郡吉良町友国字松下2006年12月15日)社伝によると暦応2年(1339)足利尊氏が荒川在城の際、当地において高五百五十石の厨屋新田を開拓した。そこには伊井塚があり、同所には鎮守として大和春日社より分霊を勧請し、伊井塚大明神を創建した。また、応永七年(1400)足利義満参拝の時、四海太平子孫繁栄を祈って獅子頭、王鼻面の奉納があったという。友国春日神社

  • 中田喜直住居跡と景丘ちいさい秋公園

    (東京都渋谷区恵比寿)「ちいさい秋見つけた」や「めだかの学校」「雪の降る街を」等の作曲で知られる同氏はこの地に居住していた。父の中田章も早春賦を作曲し、兄の中田一次もファゴット奏者である。喜直はこの地に大正12年(1923)から昭和43年(1968)まで居住した。宅地跡であるため面積236m2と小さなこの公園の名前、景丘(かげおか)は旧字「欠塚」を瑞祥地名にしたものであり、昭和3年(1928)から昭和41年(1966)まで使われた景丘町に由来する。そして、同氏の作曲「ちいさい秋見つけた」と組み合わせられたものである。中田喜直住居跡と景丘ちいさい秋公園

  • 友国のクロガネモチ

    (黒鉄黐愛知県幡豆郡吉良町友国字松下2006年12月15日)モチノキ科の常緑樹であり、吉良の保存木となっている。友国のクロガネモチ

  • 渋谷川

    (東京都渋谷区)宇田川と隠田川の合流点から始まる渋谷川は、都会の谷底を裂くかのように南下し、笄(こうがい)川合流点から古川となる。長らく水辺が放置されてきた渋谷では、再開発と共に見直しが図られている。渋谷川

  • 酒井氏発祥地

    (愛知県幡豆郡吉良町酒井2006年12月15日)時宗本山清浄光寺の僧徳阿弥は、還俗してこの地の酒井忠則の養子となり酒井親氏となって広親が生まれた。然し、広親の母が早く亡くなったため、広親は酒井家に残し、親氏は賀茂郡松平信重の養子となって松平親氏となった。酒井氏は後に徳川四天王筆頭となっている。酒井氏発祥地

  • 麹町大通り

    (東京都千代田区麹町)江戸時代から商業で栄えたという半蔵門から四谷に至る通りである。麹町大通り

  • 北野町山本通

    (神戸市中央区北野町・山本通重要伝統的建造物群保存地区)北野町山本通

  • 東郷神社

    (東京都渋谷区神宮前)原宿の一角にある神社は、元薩摩藩士で元帥海軍大将であった東郷平八郎を祀る神社である。東郷神社

  • Hotel Cherena

    (神戸市中央区元町通2006年12月12日)阪神淡路大震災で被災したこの建物は、昭和61年(1986)三越神戸店の跡地にホテルとして誕生した。平成2年(1990)西館(写真建物)、東館が増築されたが、平成7年(1995)1月17日に発生した直下地震により、本館、東館は再開不可能な被害を受けた。周辺の古い時期に建てられたビルより被害が大きかったことから調査が行われ、百貨店時代の基礎が十分に撤去されなかったことが被害を大きくしたのではないかとされて、施工会社と運営会社、所有会社とで係争状態となった。本館は解体が開始されたが、比較的被害の小さかった西館は補修の後、再利用される予定となっている。HotelCherena

  • 横十間川

    (東京都江東区)北十間川から分かれ、竪川、小名木川、仙台堀川と交差し、大横川に合流する、万治二年(1659)に開削された運河である。横十間川

  • 姫路駅改築

    (兵庫県姫路市駅前町2006年12月12日)平成元年(1989)から開始された姫路駅付近立体交差化事業は、山陽線の切り替えが終了し、播但線、姫新線ホームの高架化が始まる。それに先立ち構内の発掘調査が行われる予定となっている。姫路駅改築

  • 久地横土手

    (川崎市高津区久地)二ヶ領用水の傍らに祠がある。かつてこの場所から多摩川霞堤まで横土手と呼ばれる堤防があった。これは下流側にある二ヶ領用水の樋を守るために築造された堤防であったが、この堤防により周辺に洪水が広がるため完成することはなかった。久地横土手

  • 大雲山極楽寺

    (愛知県岡崎市中町北野東2006年12月10日)永禄九年(1566)岡崎城白山郭の新田白山神社別当職慶安周賀が開山したものという。その際、周賀の姪で徳川家康の乳母の局の尽力によるとされ、局の文字を瓦に用い局寺と呼ばれた。天正三年(1575)現在地に移転している。大雲山極楽寺

  • 二ヶ領用水久地

    (川崎市高津区久地)多摩川中野島、宿河原で取水された二ヶ領用水は、久地地内の久地円筒分水で川崎堀、根方堀、六ヶ村堀、久地・二子堀に分水され、多摩川右岸を潤した。二ヶ領用水久地

  • 三遠南信八楽

    (愛知県新城市乗本2006年12月8日)平安時代に宝飯郡より分離した設楽郡は、周智郡、磐田郡、伊那郡と接し、三河国、遠江国、南信濃の国境いの交流が盛んであった。設楽郡は明治に入ると南北に分かれ、八名郡と合わせて八楽地域と呼ばれた。その八名郡も昭和の大合併により消滅し、南設楽郡も平成の大合併により消滅した。乗本は、設楽と八名の境にあった集落である。三遠南信八楽

カテゴリー一覧
商用