志村建世のブログ
読者になる
住所
中野区
出身
北区
ハンドル名
志村建世さん
ブログタイトル
志村建世のブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/
ブログ紹介文
多世代交流のブログ広場
自由文
時事評論、随想日記を綴るとともに、創作を連載の形で発表する場としても利用しています。過去作の詩集「愛それによって」単行本「おじいちゃんの書き置き」「あなたの孫が幸せであるために」も、全文を掲載しています。現在連載中の著書は「少年期の戦中と戦後」です。  「ブログ連歌」は07年10月から始めています。誰でも自由に投句してください。エンドレスに続けてギネスに挑戦です。
更新頻度(1年)

176回 / 354日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2006/07/30

志村建世さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,336サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,648サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,304サイト
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,560サイト
政治・社会問題 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,094サイト
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,794サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 79,326位 68,475位 61,356位 61,391位 61,388位 61,521位 61,754位 975,336サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 599位 495位 371位 364位 371位 359位 358位 12,648サイト
書評・レビュー 145位 119位 95位 92位 87位 86位 86位 3,304サイト
政治ブログ 526位 478位 435位 428位 430位 434位 433位 4,560サイト
政治・社会問題 161位 152位 126位 129位 127位 129位 130位 1,094サイト
子育てブログ 4,801位 4,269位 3,851位 3,853位 3,865位 3,881位 3,902位 64,794サイト
今日 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,336サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,648サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,304サイト
政治ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,560サイト
政治・社会問題 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,094サイト
子育てブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 64,794サイト

志村建世さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、志村建世さんの読者になりませんか?

ハンドル名
志村建世さん
ブログタイトル
志村建世のブログ
更新頻度
176回 / 354日(平均3.5回/週)
読者になる
志村建世のブログ
  • 新聞の見出しは豪雨被害だが

     新聞には豪雨被害の記事が大見出しで出ているのだが、台風の過ぎた空からは薄日がさしている。自民党の二階幹事長が、「まずまずに収まった」と発言したのは、実感ではあったのだろうが、現実に死者が出ているのだから、政治家としては、まずかったのだろう。折から開かれ

  • たぶん世界一眺望のよい男子トイレ

     昨日は夕方から、現状での家族全員、つまり長女夫妻と孫と私と次女の5人で、東京湾アクアラインの「海ほたる」まで行ってきた。行く手の正面、東の空にはには満月と思われる月が昇ってきて、振り返れば西の空は夕焼けに染まっていた。どちらも絵になるのに、カメラを持つ

  • 台風一過の晴天

     台風一過の晴天になった。風ではたいした被害もなく、木の葉が駐車場に散らばった程度だった。地下室の水漏れも拡大することなく、雨量も多くはなかったので、夜になっても心配はなかった。 台風のあとは、どうしてこんなに良い天気になるのだろう。夏日が復活しそうな日

  • 台風を待つ夜が更けてゆく

     大型の台風が近づいているようで、雨音がだんだん大きくなってきた。私のビルでも、地下室の物置の奥から浸水が始まった。ふだんあまり使わない場所なのだが、捨てるにはちょっと惜しい古い家具などが押し込んである。その床が濡れてきたので、収納物を全部取り出して状況

  • 本当に最後になりそうな学習院英文科同窓会

     昨日の10日、10月の第二木曜日、学習院の中央研究棟の最上階にある「松本楼・学習院店」に、私と同期の英文科第3回卒業生が集まりました。正方形のテーブルを囲んで4人、それぞれ好みの昼食を取りながら、ゆったりとした2時間ほどの会話を楽しみました。中の一人は、わ

  • ブログ連歌(539)

    10759 カゼ熱が 引いて再び 人心地10760  亡妻の壺に 話しかけみる (建世)

  • この1週間の経過報告

     いろいろなことがあって、落ち着かない1週間だった。 まず、21日夜に、にわかに腹痛に襲われた。下腹部の全体が、とにかく痛い。しばらく我慢していたが、とても眠れる状態ではないと見極めて、深夜になってから時間外受診を決断した。長女が7119番(救急通報するかどう

  • 立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム

     政権交代可能な野党を作るという趣旨で、国会に新しい統一会派ができた。その会派名が、「立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム」という長い名になった。現憲法下での国会会派の名称としては、最長の19文字になるそうだ。ただし・(中黒点)も1文字にカウントするらし

  • きょうはいい日だ、こんにゃく座

    (熊さん)ご隠居、お久しぶり。このところ、名物の「ご隠居、熊さん対談」がないねって、ファンの姉御たちが気にしてるみたいですよ。(ご隠居)そう言われてみれば、そうかも知れんな。自分でもすっかり忘れとった。気持ちに余裕がなくなってたんだろう。それが、きょう見

  • 箱根の緑の中で

     昨日の昼まで、姉の一家とともに箱根にいました。夏は終りに近くても、木々の緑は、まだ全盛期のままです。最近の東京では聞かれなくなったひぐらしの声が、遠くから聞こえていました。姉家族の帰り支度を待つ間に、ベランダの椅子で休んでいた私は、知らぬ間に居眠りをし

  • なんという夕焼けだ

     昨日の夕方、西空の夕焼けがみごとだった。すぐに連想したのは、母が見送った最後の年末に、箱根の山荘の居間で綴っていた日記帳の言葉だった。それは私の知らない母の、祖父母や父母へ向けた感謝と愛の告白であり、大自然に託して「この世に生きたこと」への、尽きること

  • 風邪ひいた週末

     この週末、みごとに風邪を引きました。微熱あり、咳が多発、喉が痛くて、頭がぼうっとしています。エアコンの使い方が下手で、半袖の腕がちょっと寒いと思っているうちに、咳が始まってしまいました。家族内にほかの患者はなく、ウィルスがどこから来たのかは、わかりませ

  • 夏水仙が2輪になった

     夏水仙(じつは「タマスダレ」)の花が、二輪になった。つづいてあと三つぐらいは、すぐにも咲きそうな花芽がある。このプランターの花の咲き方をレポートしていると、当分はブログのネタに困らずに済むかもしれない。 私の父は、子供たちに日記を書かせることに熱心だっ

  • 「夏水仙」が一輪

     ベランダに置いてある夏水仙が、一輪だけ咲いた。植物に疎い私は、ウィキペディアで確かめようと思ったのだが、そこに「夏水仙」の名で出てくる画像は、どうもこの花とは違っている。しかも水仙の仲間ではなくて、彼岸花の属だと書いてあった。するとこの花は、いったい何

  • 今にして対面するブライス師の教え

     妻を見送り、自分も老体となって、あとは静かに人生の終結を考えればいいという境地になっていた(つもりだった)。しかし兄の死で状況が変った。父が残した小さいながら伝統のある出版社と、同じく夢を描いた箱根山の不動産の管理者が不在になった。 このまま放置しても

  • サンプラザ・ボウルは私のホームグランド

     中野サンプラザビルの地階にあるボウリング場は、この2月以降、私にとって「毎週火曜日午前中のホームグランド」になっています。「健康ボウリング教室」のチラシを見た娘たちが、「こんなのどう?」と勧めてくれたのがきっかけでした。かなり昔から心得はあったので、参

  • 東京大仏~赤塚乗蓮寺の仏像

     長女に誘われ孫の運転で、板橋区赤塚にある乗蓮寺の仏像を見てきました。13メートルの高さがあり、坐像の仏像としては、奈良、鎌倉に次ぐ第3位の大きさになるとのことです。前に合わせた手で、鎌倉の大仏と同じ形の印を結んでいます。この形は、私がかつてインドネシアの

  • 兄・志村文世の葬儀

     本日、上野谷中霊園に隣接する天台宗(護国山)天王寺において、兄・志村文世(野ばら社社長)の葬儀に列席してきました。棺の中の本人とも対面してきましたが、昔とあまり変わらない、彫の深い端正な顔立ちをしておりました。先日も紹介しましたが、かつての学歴エリート

  • 兄が死にました

     私の実家の「野ばら社」で、社長を勤めていた兄の志村文世が、昨16日の朝に没しました。93歳でした。老衰および肺がんの進行もあったとのことです。会社の関係者の方から、ご好意の第一報が入り、その後、母方の親戚を経由して、会社からの「訃報」を転送していただきまし

  • ブログ連歌(538)

    10739 訪ね行きし 十勝帯広 野は広く10740  目ざす彼方は 果て無きごとし (建世)

  • 帯広へ行ってきました

     13日(火)から15日(木)まで、長女夫妻とその長男と私の4人で、2泊3日で帯広にある婿殿の実家へ行ってきました。天候は台風がらみでやや不安定でしたが、雨にも会わず、無事に帰ってきました。中日には、孫の運転する、ゆったりしたレンタカーに乗り、180キロ走って道

  • お盆休みで15日まで北海道・帯広へ

     暑い夏が続いていますが、明日から15日まで、長女の一家と帯広へ行ってきます。婿殿の母上に会い、孫息子はレンタカーで北海道の大地を走りたいのだそうです。 私としては、たぶん飛行機に乗る最後だろうと思っています。 私が初めて北海道へ行ったときは、まだ学生だっ

  • 安倍自民長期政権の下で

     世上を騒がせた「森友問題」も、どうやらここまでで「お開き」になるようだ。朝日新聞社の幹部は、なお「徹底検証を」と呼びかけてはいるが、国会の主導権を握れる野党も存在しない現状で、目のさめるような「どんでん返し」が起きる可能性は、非常に少ないと思う。 安倍

  • 持続不可能な末路ではないのか

     きょうの朝日新聞によると、福島第一原発の汚染水は、あと3年で場内にタンク増設の余地がなくなるそうだ。破たんした原子炉の冷却水は、流入する地下水も含めると、毎日150トン以上のペースで増えている。大半の放射性物質は除去できるが、トリチウムは残るので、タンクに

  • 脅迫犯人の逮捕は朗報だが

     今回の「表現の不自由展」について、脅迫ファクスを送った男が逮捕されたとのことだ。愛知県警の機敏な対応で一安心だが、テロ予告も含めて、抗議の電話やファクスは他にも相次いだということだ。犯罪にならない範囲でのいやがらせも多かったようだ。警察が乗り出すために

  • 不自由を言えなくなる不自由さ

     このニュースには、よくわからないことが多い。「ガソリン缶を持って行く」などの脅迫をした犯人への捜索は、適正に行われたのだろうか。警察が協力して、当日の会場で持ち込み品の検査を厳重にするなどの対策は、考えられなかったのだろうか。テロの予告は、表現の自由と

  • 映画「夏少女」を見てきた

     「幻の名作」と呼ばれていたという映画を、東中野ポレポレの初日に見て来た。緻密に仕上げられた、本当の名作だった。これが、完成から23年間も封印され、世に出ていなかったとは、信じられない。劇場できょう貰ったチラシには、「製作時の諸事情から」としか書いてないの

  • 日米安保見直しの好機にしよう

      きょうの新聞によると、アメリカのトランプ大統領は、在日米軍の駐留経費について、日本側負担の大幅な増額を言い出しているらしい。「今の5倍」という数字も出ていた。「守ってやっているんだから、今までが安すぎた」と言いたいのだろう。この人らしい短絡的な発想な

  • 死んだ人の誕生日

     7月31日は、妻の誕生日だった。私より3歳若く、昭和11年(1936年)の生まれだった。生きていれば83歳になったはずだが、もう年は取らない。 私たちの間では、互いの誕生日を改めて祝う習慣はなかった。ただ、31歳になったときに、 君ありて 今となるまで 世に経たる

  • サンプラザ・ボウリング「火曜教室」の食事会

     今年の2月から参加するようになった、サンプラザ・ポウリング場を会場とする「ボウリング健康教室・火曜コース」の、きょうは最終回を次回に控えての「懇親・昼食会」だった。昨年暮れに妻を亡くしたあと、毎週通っていた妻のための「毎週火曜日・午前中のデイサーピス」

カテゴリー一覧
商用