searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

志村建世さんのプロフィール

住所
中野区
出身
北区

時事評論、随想日記を綴るとともに、創作を連載の形で発表する場としても利用しています。過去作の詩集「愛それによって」単行本「おじいちゃんの書き置き」「あなたの孫が幸せであるために」も、全文を掲載しています。現在連載中の著書は「少年期の戦中と戦後」です。  「ブログ連歌」は07年10月から始めています。誰でも自由に投句してください。エンドレスに続けてギネスに挑戦です。

ブログタイトル
志村建世のブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/
ブログ紹介文
多世代交流のブログ広場
更新頻度(1年)

151回 / 365日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2006/07/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、志村建世さんをフォローしませんか?

ハンドル名
志村建世さん
ブログタイトル
志村建世のブログ
更新頻度
151回 / 365日(平均2.9回/週)
フォロー
志村建世のブログ

志村建世さんの新着記事

1件〜30件

  • 酷暑とコロナと五輪と

     オリンピックは、いつまでやっているのだろと思って調べたら、まだ中日にも行っていない。8月の8日まであるのだそうだ。 一方で、コロナ感染者は加速度的に増えている。どうするのだろうと思っていたら、政府筋は中止は考えていないと新聞に出ていた。もともと無観客で

  • 五輪休暇の日曜日

     五輪休暇のおかげで、わが家の家族も、のんびりしている。昨夜は久しぶりに、長女の一家に次女と私が加わった5人で外食に出た。近くにある「万世環七豊玉店」が行きつけの店なのだ。「肉の万世」とのつきあいは、私の父の代から始まっている。万世橋にある本店ビルの中に

  • アーチェリー(洋弓)の思い出

     朝のうちからテレビではオリンピックの中継をやっている。今朝はアーチェリー(洋弓)をやっていたので、自分もかつてNHKにいた時期にアーチェリーを覚えて、実業団の大会で京都まで行ったことがあるのを思い出した。    弓は、幼時に家族で行っていた湯河原の温泉

  • 志村ビル上空を通過した5色のブルーインパルス

     昼の零時40分ごろ、五色の煙を引いた「ブルーインパルス」が上空を通過した。いつもの旅客機とは違う重低音を響かせながら、高速で都心方面へと飛んで行った。 ブルーインパルスとは、松島基地に所属する、航空自衛隊でもっぱら展示飛行を担当する部隊の愛称だということ

  • 「潜水艦タービンの歌」との再会

     国民学校(今の小学校)の4年か5年生のとき(年代的には昭和18か19)だと思うが、学校で「潜水艦タービン」という歌を教えられたことを、朝になって突然に思い出した。メロディーもよく覚えているが、歌詞は ピストンは ゴットントン 発動機は ポポポポポ ディーゼ

  • 長生きのご褒美かもしれない

     開会式もやらないうちに、もうオリンピックは始まったらしい。きのうはソフトボールの試合を中継で見て、サッカーの試合は録画で見た。テレビで見ているかぎりでは、観客がいてもいなくても、試合の内容に変わりはない。むしろ周囲の雑音が少ないので、ボールの音や選手の

  • 朝日新聞の夕刊に出ていた「ちょっといい話」

     きょうの朝日新聞夕刊に出ていたのだが、山形県の高畠(たかはた)町にある高畠駅(奥羽本線)で、駅のシンボルになっていた青鬼の像(高畠町出身の浜田広介が書いた童話「泣いた赤鬼」で、村人たちと仲良くしたがっていた親友の赤鬼のために、自分は悪役を引き受けた)が

  • 冷房で30度が心地よい

     夏が本番になったから、居室には冷房を入れてある。その設定温度を、今年は30度にしてみた。夏はたいてい28度の設定にしてあったのだが、これだと半袖の腕が冷たさを感じてしまう。そこで1度ずつ上げて30度にしたら気にならず快適になった。風向は自動で上下するようにし

  • 東京五輪の不運

     今回の東京五輪は不運に見舞われた。相手が世界的に猛威を振るっているコロナウイルスだから、相手が悪かった。一年延期して待てば解消するだろうと思った判断は、裏目に出た。人の世のイベントには、こういう失敗もある。私もいろんなイベントを考えて、実行する立場にい

  • 梅雨明けの関東地区に恐竜警報

     本日18時40分ごろ、恐竜らしきもの3頭、東京西方を北に向かって通過せり。その詳細は不明なるも、関東地区は警戒を要す。(「東部軍管区情報」を覚えていますか?) 

  • 雷雨のち虹

     午後6時30分頃、雷雨の後の東の空に、大きな虹が出ました。全周にわたってよく見えました。その直前は激しい雷雨で、一時は雹の氷片も落ちてきました。雷が鳴ると梅雨も明けると言います。もう夏が近いのですね。 昔のことですが、飛行機に乗っていて、下の方に、まん丸の

  • 東京五輪無観客音頭

    ハアーむかし東京で 流れた歌を今年ゃ聞かずに終わるかな久しぶりだね またやりましょと立てた目論見吹き飛ばすちょいとコーリャ コロナ風邪オリンピックは無観客ソレととんと ととんと 無観客ハアー待ちに待ってた 選手もいるに全面中止じゃ切なかろリモート会議も 

  • ザリガニを食べていた時代

     今朝の朝日新聞にザリガニの記事が出ていた。戦後のある時期、これが大事な食料品だったことを思い出した。母の故郷の千葉・八日市場の農家へ、中学生だった私はよく母に連れられて行き、配給では足りない貴重な米(こめ)を分けて貰い、リュックに詰めて背負って帰って来

  • 荒れ梅雨という季語があった

     ふと思いついて歳時記を探ってみたら、ちゃんと「荒れ梅雨」という季語が載っていた。梅雨の終り頃に、夏の豪雨のように降りそそぐ雨だという。台風に似た移動性低気圧が発生し始めるころに出現するそうだ。ただし今年の梅雨は、どうもそれとは違うらしい。長期の天気予報

  • 母と二人で富士山頂

     時節柄、この一日には「富士山の山開き」がニュースになっていたが、この天候とコロナ騒ぎでは、登る人も少ないようで、続報は何もない。しかし私には母と登った大事な思い出があったので、アルバムを探したら、ちやんと保存されていた。日付は(昭和)25年だから、1950年

  • 熱海伊豆山の思い出

     ニュースや新聞で「熱海伊豆山」の地名を久しぶりに見た。ここは私には特別な場所である。高校生時代のことだが、私の父は伊豆山の湯河原寄りの岬にあった「淙々(そうそう)園」という名の温泉旅館を気に入っていて、戦後のある時期、執筆のための定宿として使っていたの

  • 100歳のボウラーを目指すか

     今も毎週、水曜日に通っている中野サンプラザ地下の「ボウリング健康教室」は、一昨年(2019年)の3月以来、ずっと続けている。一昨日はストライクの3連続も出て、かなりいい点が出た。平均では、150点の少し上ぐらいは出ていると思う。 球は11ポンドを使っている。草加

  • 一年の半分だが、暦の話

     どこかの新聞に、きょうで一年の半分だと書いてあった。念のため数えてみたら、きょうは元日から数えて181日目になる。そして今年の残りは、あと184日あるのだ。一日半だけ、半分よりも短いことになる。こうなる理由は、二月が28日である不規則によるところが大きい。 二

  • アナスタシアの最後の日々

     昨夜、消し忘れたテレビで始まった深夜の劇映画を、朝の三時近くまで見てしまった。ロシア革命で非業の最後を遂げたロシア皇帝一家の悲劇を題材にしたもので、朝になって新聞で確かめたら、1971年の米英合作映画「ニコライとアレクサンドラ」が正式のタイトルだった。ただ

  • 二回目のワクチンと沖縄慰霊の日

     コロナワクチンの二回目は、昨日に打ったのだが、どうも一回目とは様子が違う。左肩の上から刺されたのだが、最初から一回目よりも痛かった。その後にも左の腕全体に痛みがあって、腕を上げたり回したりが自由には出来ない感じになっている。昨夜は風呂も中止にした。 医

  • 「リンゴ日報」とともに消えて行くもの

     香港の民主派新聞「リンゴ日報」が、ついに廃刊に追い込まれたということだ。香港がイギリスの統治を離れて中国へ返還されたのは1997年のことだから、それからもう24年間、むしろ、よく頑張ったと言うべきかも知れない。当時は「一国二制度」ということも言われていたのだ

  • なんという夕焼けだ

     ややタイミングを外したが、これが昨日の夕焼けだった。輝く雲が重層になって、この世と思えない ほどの深みに誘っているように思われた。私の母も、そのまた前の祖母も、そして私の妻も、みんな「あっちにいる」ように見えていた。私もやがて「あっちへ行く」としたら、

  • 「花てぼ」さんの朗読を聞いてきた

     昨日は池袋の豊島区民センターホールで開かれた朗読発表会に、「花てぼ」(太田千代子)さんの朗読を聞きに行ってきました。塾花会というのは、詩の朗読のワークショップから始まった活動のようです。いつもは地元の仲間と、のびのびとした楽しい語りを聞かせて下さる「花

  • 首相記者会見の印象

     昨日のことだが、夕方7時からのNHK定時ニュースの時間が、冒頭から菅首相の記者会見になってしまった。つい見ていたら、なかなか終わらない。8時近くになっても終りそうもないので、民法のチャンネルで一般のニュースを探すことにした。NHKとしたら、総理の生出演

  • リアルだった今朝の夢

     朝起きる前の短い時間だと思うが、久しぶりに妻が身近にいた。たぶん「夢」だとは思うのだが、それにしては不思議な現実感があった。本当に「二人で一人」のように親しんでいたころの妻だった。なぜかとても機嫌がよくて、私に話しかけるのだが、なぜかその中身は何も覚え

  • ワクチン接種の副作用が消えた

     コロナワクチン接種の副作用は、数日前から完全に消えました。2回目でどうなるかは少し心配ですが、この程度なら問題はなさそうです。私は、かかりつけ医のところで予約しているので、1回目の副作用についても報告しておくつもりです。2回目のワクチンは、この24日、木

  • ブログが16年目になった

     気がついてみたら、私がこのブログを書き始めてから16年目になっている。ずいぶん長くやっているような気がしていたが、2005年の11月30日が初日だった。それより前には、日記は書いていたのだが、孤立した「ワープロ」で書いていたと思う。私は自分の書く字が下手なのを知

  • 比奈ちゃんを囲む会・墓参ツアー2021

     本日の昼前、「比奈ちゃんを囲む会・墓参ツアー2021」(いま私が命名しました)に行ってきました。現場は地下鉄東西線の早稲田駅から都心方向へ5分ほど歩いた曹洞宗・宗参寺(そうさんじ)の墓苑です。有志の方2名と駅で待ち合わせて行ってきました。 真夏日かと思われ

  • 「主婦なってみた男」の残響

     午後の3時ごろから、曇天の空から雨粒が落ち始めた。ベランダには洗濯物が干してある。一応は屋根の下には入っているのだが、雨になれば取り込んで部屋干しにするのが、わが家の習慣である。二階に常時住んでいるのは私だから、それは私の仕事だと思っている。そして今日

  • 「みんなのうた」60周年シンポジウムのユーチューブ

     この5月4日に千葉で開催された「みんなのうた・60周年シンポジウム」を主宰された佐藤慶治先生から、関連講義を公開してユーチューブで見られるようにしたとの連絡を頂きました。下のリンクからのみ入れる限定配信です。内容は……①「みんなのうた」の可能性②国民文化

カテゴリー一覧
商用