chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
次兄
フォロー
住所
大阪府
出身
大阪府
ブログ村参加

2006/07/20

arrow_drop_down
  • 自滅(鷹)

    鴎8-5鷹ソフトバンク、3連敗でロッテが6ゲーム差に接近…継投失敗で7回に一挙7失点●ソフトバンク5-8ロッテ○<13回戦・みずほPayPay>ソフトバンクは3試合連続の逆転負けで3連敗。2位・ロッテとのゲーム差は「6」に縮まった。先発の大関は6回まで1失点と好投。しかし1点リードで迎えた7回、2安打と四球で無死満塁のピンチを招きマウンドを降りた。小久保監督は杉山をマウンドに送るもこれが大誤算。杉山は3つの押し出し四球を与えてしまい、一死しか奪えず逆転を許した。2-4となり一死満塁でリリーフした3番手の又吉も、犠飛と3ランを許し1イニングで計7失点。7回途中5安打4失点の登板結果となった大関は2敗目(5勝)を喫した。打線は2番・今宮の“バースデータイムリー”などで2点を先取。7回以降にも3点を奪ったが、7...自滅(鷹)

  • 勉強代

    鴎1-5檻ロッテ・吉井理人監督、「くれたチャンスだったんですけども」ビッグイニングを逃した1回の攻撃を悔やむ◇14日ロッテ1―5オリックス(ZOZOマリン)4連勝を逃したロッテの吉井理人監督は、ビッグイニングを逃した1回の攻撃を悔やんだ。オリックスの先発・斎藤に対して、ロッテは1回、2四球と小川の中前打で無死満塁のチャンスをつかみ、ソトの中犠飛で1点を先制。なおも1死一、三塁と好機が続いたが、ポランコは真ん中高めの直球を打ち損じて捕邪飛。佐藤が四球を選んだ2死満塁では岡が直球に振り遅れて一邪飛に倒れ、1得点だけに終わった。吉井監督は「くれたチャンスだったんですけども、そこで相手の先発をやっつけられなかったのが後々響きました。流れもそうですし、初回に先発ピッチャーがビッグイニングをやられると、攻撃陣もなえて...勉強代

  • もうけもん

    鴎6-0檻【ロッテ】種市篤暉8回10奪三振で5勝目も「初回、2回、ぼくが一番震えたというか怖かった」<ロッテ6-0オリックス>◇13日◇ZOZOマリンロッテ種市篤暉投手(25)が8回10奪三振で、6月5日巨人戦(東京ドーム)以来となる今季5勝目を手にした。初回、先頭打者から3連打を浴びるも、相手走塁ミスにも助けられて無失点。2回も得点圏に走者を背負う苦しい投球だったがゼロで切り抜けた。ソトの先制3ランの援護を受けた直後の4回からは、カーブなど変化球も交えた組み立てに変えてアウトの山を築いた。約1カ月ぶりの白星を手にした種市はヒーローインタビューで「初回、2回、振り返ってぼくが一番震えたというか、怖かったんですけど、何とか8回投げられて良かったかなと思います」と話した。吉井理人監督(59)も「球は強かったの...もうけもん

  • 楽しんでいたd(ry

    鴎1-0檻益田直也の暴投で吉井監督が注文「あそこはしっかり止めてほしい。佐藤は結構あるので」【ロッテ】◇12日ロッテ1―0オリックス(ZOZOマリン)1点リードの9回にマウンドに上がったロッテの守護神・益田直也投手が、一打同点のピンチを迎えた。先頭の頓宮を右前打で出し、続く杉本は低めのスライダーで空振り三振に仕留めたが、捕手の佐藤がはじき、さらにボールの行方を見失った間に代走の渡部が三塁へ進塁(記録は暴投)。代打・宗を四球で歩かせて1死一、三塁とした。それでも益田はここから踏ん張り、代打・セデーニョをスライダーで空振り三振。最後は福田を右飛に打ち取って逃げ切った。吉井理人監督は暴投の場面を振り返り、「あそこはしっかり止めてほしいところですね。佐藤は結構あるので、しっかり練習してまた止められるようにしてほし...楽しんでいたd(ry

  • (´;ω;`)ウッ…

    打率.111からの覚醒…浮上した“最強”の「2.3」GGも確定か、ロッテ26歳の衝撃「5.2」ロッテ小川龍成はパ二塁で1位のWAR「2.3」、UZR「5.2」■ロッテ18ー5楽天(10日・ZOZOマリン)ロッテ4年目の26歳・小川龍成内野手が攻守に躍動している。10日の楽天戦(ZOZOマリン)では3安打3得点で大勝に貢献。今季は貢献度でパ・リーグ二塁手でトップの数値をマークしており、ファンは「覚醒しましたね」「マジで凄いな」と声をあげている。「2番・遊撃」で出場した小川は初回無死二塁でセーフティバントを決め、敵失を誘発して先制点を演出。初回8得点の猛攻を呼び込んだ。その後は2つの四球を選び、6回と7回には中前打。4打数3安打2四球3得点と躍動した。前橋育英高、国学院大を経て2020年ドラフト3位で入団。昨...(´;ω;`)ウッ…

  • 容赦なし

    鴎18-5鷲楽天先発の松井友飛が涙まさかの大乱調打者一巡一つもアウトをとれず8失点で降板ベンチでタオルで顔覆う「ロッテ-楽天」(10日、ZOZOマリンスタジアム)楽天は初回、先発の松井友飛投手が先頭から打者一巡9人連続で出塁を許すなどいきなり8点を失う大乱調。アウトを一つもとれず降板となった。1点を先制した直後の初回、長い守りになった。無死二塁から、小川のバントを7試合ぶりのスタメンマスクとなった堀内が一塁へ悪送球。あっという間に同点とされる。なおも無死一、二塁からソトの放った痛烈なライナーを左翼・中島が目測を誤り頭上を越される適時二塁打で逆転を許した。さらに、続くポランコのフルスイングから放たれた打球は、三塁前へのボテボテの適時内野安打。角中、田村、藤原にも適時打を許し、打者9人に43球で8安打1四球の...容赦なし

  • 連勝とまる

    鴎2-4鷲ロッテ、連勝5でストップ吉井監督「チャンスのところで一本も出なかった」(パ・リーグ、ロッテ2-4楽天、12回戦、ロッテ6勝5敗1分、9日、ゾゾマリン)ロッテは序盤の失点が響き、連勝は5でストップした。9安打も7残塁に終わった打線に吉井理人監督(59)は「打ってる人は打ったんですが、チャンスのところで一本も出なかった。(タイムリーを)出してもらいたかったですが」と唇をかんだ。得点は九回の中村奨の2号2ランのみ。3点を追う四回はポランコ、角中の連打などで1死満塁のチャンスを作ったが、安田が二ゴロ併殺打に終わった。先発のメルセデスは一回に2被弾で3失点。その後は立ち直って、粘りの投球で七回まで無失点に抑えた。吉井監督は「七回まで変化球多めにしてしっかりと頑張ってくれた」と称え、直球を捉えた一回の本塁打...連勝とまる

  • 球宴選手@鴎

    ロッテ4選手が球宴初出場11年目の岡「感謝の気持ちでいっぱい」マイナビオールスターゲーム2024の監督推薦選手が8日に発表され、ロッテから鈴木昭汰投手(25)、C.C.メルセデス投手(30)、佐藤都志也捕手(26)、岡大海外野手(32)の4人が選ばれた。いずれも初の球宴出場となる。鈴木は20年ドラフト1位左腕で、4年目の今季は主に中継ぎとして開幕から27試合、防御率0・00を続け、ここまで30試合に登板して1勝1敗14ホールド3セーブ、防御率0・64の好成績を収めた。巨人から移籍2年目のメルセデスは13試合に先発、2勝3敗と負けが先行しているものの、防御率2・22と安定した投球を続けている。佐藤は5年目の今季62試合に出場、現在リーグ3位の打率・293と打撃好調だ。プロ11年目の岡は今季72試合に出場して...球宴選手@鴎

  • いや、ホントに3タテするとは(;^_^A

    鴎9-2猫ロッテに悪夢11連敗「ファンに申し訳ない」渡辺監督代行が謝罪「要因を挙げたらキリがない」「みんな、やるべきことができていない」■ロッテ9ー2西武(7日・ベルーナドーム)西武は7日、本拠地ベルーナドームで行われたロッテ戦に2-9で敗れ、今季ロッテ戦は11戦全敗となった。西武の同一カード開幕11連敗は球団ワースト記録。遠い白星に渡辺久信監督代行は試合後、「ファンに申し訳ない」と謝罪した。過去に同一カード10連敗までは2度あった(前身の西鉄時代の1951年、南海=現ソフトバンク=に4分けを挟み10連敗。同じく西鉄時代の1970年、近鉄に1分けを挟み10連敗)。ロッテへの11連敗に渡辺監督代行は「要因を挙げたらキリがないと思います」と振り返った。この日は先発のボー・タカハシ投手が3回、藤原恭大外野手に適...いや、ホントに3タテするとは(;^_^A

  • ミラクルヤン

    鴎4-3猫【ロッテ】西武に球団記録更新の開幕10連勝!佐藤が8回反撃の勝ち越し打含む3打点挙げる種市は先制許すも6回2失点の粘投■プロ野球西武3-4ロッテ(6日・ベルーナドーム)ロッテは西武に球団記録を更新する同一カード開幕10連勝を飾った。試合は2点を追いかける4回表、3番・佐藤都志也(26)の適時二塁打で1点を返した。しかし7回裏には2番手・坂本光士郎(29)が2死から6番・山村崇嘉(21)に適時打を放たれ再び2点を追いかける展開に。すると8回表、2番・藤岡裕大(30)の適時打、3番・佐藤の適時二塁打で勝ち越しに成功。そのまま1点リードを守り切った。前日の試合では3回表にソト(35)の適時二塁打で先制。後半にも得点を重ね、リードを広げた。先発した小島和哉(27)は7回途中3失点で粘投で今季6勝目。球団...ミラクルヤン

  • このドームも解体して、どうぞ(;・∀・)

    鴎6-3猫ロッテ小島和哉「途中から息できず死ぬかと」体調面のアクシデントで6回途中降板も西武戦は7連勝◇パ・リーグロッテ6―3西武(2024年7月5日ベルーナD)ロッテの小島和哉投手(27)が5日の西武戦に先発。6回途中5安打3失点9奪三振とし、22年8月6日から続く西武戦の連勝を7に伸ばした。6回までスコアボードに0を並べる力投を披露したが、4-0で迎えた7回にアクシデントに見舞われた。守備の連係ミスなどもあり3失点すると、源田を三振に抑えて2死としたところで降板した。「マウンド上がって最初は全く問題なくて。途中から投げるたびに息ができなかったんで、死ぬんかなと思ったけど大丈夫でした」と、熱中症のような症状に見舞われたことを明かした。この日はベルーナドームの所在地も気温が35度を超える猛暑日。「今はもう...このドームも解体して、どうぞ(;・∀・)

  • コルデロお披露目(暴投)

    鴎3-1公ロッテ・吉井監督「あんなもんじゃない」来日初登板のコルデロに期待!9回に沢村を登板させた理由も説明◇パ・リーグロッテ3ー1日本ハム(2024年7月4日エスコンF)ロッテは先発の西野勇士投手(33)が7回1失点の好投でチームトップとなる今季6勝目。打線は0―1の5回に高部、藤原、小川の3連打で逆転に成功して、2連勝を飾った。試合後に吉井監督は「展開的にはもっと点取らなきゃいけない展開。ヒット数のわりには点入んなかったんで、これはいつものマリーンズの課題なんですが、そこをピッチャー陣が。西野ですね、よく我慢してあそこまで投げてくれたと思います」と試合全体を振り返った。3―1の8回から来日初登板で2番手として1イニング無失点に抑えたコルデロについては「あんなもんじゃないと思います。彼はバリバリのメジャ...コルデロお披露目(暴投)

  • エスコン初勝利

    鴎9-6公【ロッテ吉井理人監督と一問一答】自身の2年目は「お前は爪隠しっぱなしや」って(笑い)◇パ・リーグロッテ9―6日本ハム(2024年7月3日エスコンF)ロッテが日本ハムを下し、エスコンフィールドでの連敗を「7」で止めた。2回に3点を先制したが、先発の高卒2年目・田中晴也が5回にレイエスに逆転満塁打を浴びた。この球場は鬼門なのかと思われたが、6回に相手3番手・ザバラの守備のミスから一気に攻略。満塁で1軍昇格4戦目の藤原が左線2点二塁打を放って逆転。さらに荻野の投手強襲安打などで一気に5点を挙げた。田中晴は5回5安打5失点ながらプロ初勝利。「一番やってはいけないビッグイニングをつくってしまった」と反省したが、打線の援護でうれしい白星をプレゼントされた。試合後、吉井監督との一問一答は以下の通り。――高卒2...エスコン初勝利

  • ようこそ、アンディ(≧▽≦)

    鴎3-8公ロッテが独立リーグの外国人選手・マーティンを育成で獲得した理由BC茨城GMが語る舞台裏パ・リーグで首位ソフトバンクを追いかける2位のロッテが7月2日、新外国人選手の獲得を発表した。2019年から4シーズン活躍したレオネス・マーティンの弟、右打ちの外野手アンディ・マーティンだ。といっても、即戦力としてではない。育成選手での契約が示すように、将来を見据えての獲得である。【NPBで4番を打てる逸材】23歳でキューバ出身のマーティンは、今年5月21日、BCリーグの茨城アストロプラネッツに入団した。「もし2、3年後にNPBのスターになれる可能性があれば、今回のように育成で獲って育てようと考える球団もあるだろうというプランのもとで獲得しました」そう話すのは、アストロプラネッツの色川冬馬GMだ。世界各国にコネ...ようこそ、アンディ(≧▽≦)

  • 朗たんの見る先

    伊東勤氏がロッテ・佐々木朗希に苦言「いったいどこを見て野球をやっているのか」西武、ロッテで監督を務めたプロ野球評論家の伊東勤氏(61)がロッテ・佐々木朗希投手(22)に苦言を呈した。自身のユーチューブ「110チャンネル」の中でロッテについて「十分Aクラス、優勝を狙える投手陣の戦力はある」としたが、登録抹消を繰り返す〝ガラスのエース〟佐々木朗に触れると「頑張っているのは佐々木…と最初に挙げたいんですけど、彼がなかなか1年間通して働くこともない。将来的にはメジャーを頭に入れながらやっていると思うんですけど、なんか見ててちょっと残念。急に登板回避になったり、いいピッチングしていたのにどうして抹消なのとか…」と厳しい言葉を並べた。5月28日に上半身のコンディション不良で出場登録を抹消され、6月8日の広島戦に復帰し...朗たんの見る先

  • 復帰後初勝利!!(≧▽≦)ノ

    鴎7-0檻ロッテ・石川お立ち台で4度「絶景で~す」5回零封で669日ぶり勝利「なんとか耐えることができた」◇パ・リーグロッテ7ー0オリックス(2024年6月30日ZOZOマリン)ロッテの石川歩投手(36)が30日、オリックス戦(ZOZOマリン)に先発。22年9月13日の日本ハム戦以来656日ぶりのマウンドに立ち、5回無失点と力投。22年8月31日のソフトバンク戦以来669日ぶりの勝利を挙げた。ヒーローインタビューでは「おかえりなさい」と声を掛けられると、「絶景で~す」とフライングで決めゼリフを披露。「まだ言ってないです。ファンの拍手はいかがですか」と問われ、「絶景で~す」と返した。「あえて聞きます。久々のZOZOマリンのマウンドはどんな景色でしたか」とインタビュアーの3度目のフリに少し戸惑いながらも、「絶...復帰後初勝利!!(≧▽≦)ノ

  • 延長に強いとはなんだったのか

    鴎3-5檻ロッテ・吉井監督「守りも走塁も投手も隙があった」延長戦の末に敗れる(パ・リーグ、ロッテ3-5オリックス=延長十回、9回戦、ロッテ6勝2敗1分、29日、ゾゾマリン)ロッテは延長戦の末に敗れて、連勝は3でストップした。吉井理人監督(59)は「守りも走塁も投手もみんなちょっと隙があった。もう一回自分のできることをしっかりと考えてほしい」と訴えた。攻撃では1点を追う六、七回に好機を作りながらも、走塁のミスも絡んで得点するができず。それでも八回にソトが、昨季までロッテに在籍したぺルドモから同点のソロ。粘りをみせたが、九回は1死一、二塁とサヨナラの好機で藤岡が二ゴロ、荻野が三ゴロに倒れて勝ち越すことはできなかった。延長十回は5番手・鈴木が、代打・杉本に外角136キロのツーシームを上手く運ばれて2ランを被弾。...延長に強いとはなんだったのか

  • 雨天コールド(恵み)

    鴎4-3檻オリックス敷田責任審判「我々の判断」「きょうに関しては雨量も考えて」中嶋監督の主張には「察するところは」<picture><sourcesrcset="https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240628-00000179-dal-000-8-view.jpg?pri=l&w=635&h=640&exp=10800&fmt=webp"type="image/webp"/><sourcesrcset="https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20240628-00000179-dal-000-8-view.jpg?pri=l&w=635&h=640&exp=10800"type="image/jpeg"/>...雨天コールド(恵み)

  • 信じるこころ

    3連敗中のロッテ小島、28日オリックス戦先発へ「できることはやった。成果を出す」ロッテの小島和哉投手(27)があす28日のオリックス戦(ZOZOマリン)に先発する。4日の巨人戦で自己ワーストの2回0/3、11失点KO以降、3連敗と本来の安定感とはほど遠い出来だ。前回21日のソフトバンク戦も4回7失点KO。それでも「この1週間できることはしっかりやってきたと思うので、その成果を出すだけ。頑張ります」と雪辱を誓った。チームは佐々木朗希投手(21)が右上肢のコンディショニング不良で離脱中だが、エースとして年間を通じてコンスタントな働きで、投手陣を支える。[了]直近13投球回で22失点。防御率15.23ですね(;´∀`)この1週間できることはしっかりやってきた。前回も似たようなこと言って炎上してましたけども、明日...信じるこころ

  • 益田、雅英超え

    鴎4-1鷲ロッテ・益田直也、「成功より失敗した記憶の方が頭にすごく残っている」228セーブ、球団最多を更新◇26日ロッテ4―1楽天(ZOZOマリン)ロッテの益田直也投手が通算228セーブ目を挙げ、小林雅英と並んでいた球団最多記録を塗り替えた。先発ではプロ初勝利の中森と譲り合いの末、ウイニングボールを手にした益田は「当初はクローザーではなかったので、雅さんの記録はただすごいなという認識しかなかった。そういう方を追い越せたのは良かった」と喜んだ。これで通算723試合に登板してホールドの数も169。自身も抑えの経験がある吉井監督は「あそこまで続けて投げられるっていうのは、本当に体の強いいいピッチャーだと思います」とたたえる。益田は入団当初からランニングの量を重要視。「僕の中では走ったり体幹をしたりっていうのを変...益田、雅英超え

  • ショーゴ1000安打

    鴎10-2鷲ロッテ15安打10点大勝!角中が2号、中村奨が通算1000安打、佐藤都がプロ初1試合4安打◇パ・リーグロッテ10―2楽天(2024年6月25日ZOZOマリン)ロッテが15安打で今季3度目の2桁10得点で大勝。貯金を3に戻した。先発の西野が6回途中2失点と粘りの投球で5月21日・西武戦以来の5勝目を挙げた。角中が3回に今季2号2ラン。中村奨は史上319人目となる通算1000安打を右中間への適時二塁打で飾るなど3打点の活躍。佐藤都もプロ初の1試合4安打を放つなど打線は6月15日の中日戦以来の今季3度目の2桁10得点で大勝に導いた。試合後、お立ち台に上がった中村奨は「たくさんの方々にサポートしていただいて。苦しいときに力になっている」と感謝。吉井監督は「彼の努力の積み重ね。今後もしっかり行ってほしい...ショーゴ1000安打

  • おかえり(≧▽≦)ノ

    ロッテ、石川歩の支配下復帰を発表「一軍の戦力として勝利に貢献できるように頑張りたいです」ロッテは24日、育成の石川歩投手と支配下契約を結んだことを発表した。背番号は「12」に決まった。石川は13年に東京ガスからドラフト1位でロッテに入団。14年には10勝を挙げ新人王に輝き、16年には自己最多の14勝(5敗)を挙げ、最優秀防御率(2.16)のタイトルを獲得した。昨季は一軍登板がなく、シーズン終了後に右肩の手術を受けて、オフに育成選手契約を結んでいた。石川は球団を通じ「状態は上がってきていると思います。長いリハビリの日々の中、支えてくださった皆様には感謝の気持ちで一杯です。これからは一軍の戦力として勝利に貢献できるように頑張りたいです」とコメントした。[了]うんうん(*´ω`*)長いリハビリ、ホントにお疲れさ...おかえり(≧▽≦)ノ

  • プロなので…プロなので……(エコー)

    鴎6-6鷹ロッテ痛恨の同点許した本塁クロスプレー金沢コーチ「芯でしっかり捕らないと」吉井監督「プロなので」◇パ・リーグロッテ6―6ソフトバンク(2024年6月23日みずほペイペイD)ロッテは2点を追う9回に飛び出したネフタリ・ソト内野手(35)の逆転7号3ランを生かすことができず、12球団最多となる今季6度目の延長12回引き分け。リーグ戦再開後、同一カード3連敗は回避した。3ー5と2点を追う展開で迎えた9回。2死一、二塁から飛び出した右翼ポール下、テラス席ギリギリに飛び込んだソトの逆転7号3ランを生かすことはでず、悔しいドローに終わった。劇的な本塁打で1点リードした9回に同点に追いつかれた場面。本塁クロスプレーでタイミング的にはアウトだったが、走者との接触もあり佐藤都のミットからボールがこぼれ飛んだ。その...プロなので…プロなので……(エコー)

  • 実力が違いすぎる件

    鴎1-3鷹【ロッテ】逆転負けでカード負け越しが決定…打線は7安打ながらわずか1得点吉井監督「一番痛いのはバント失敗」◆パ・リーグソフトバンク3―1ロッテ(22日・ペイペイドーム)ロッテは逆転負けの2連敗でカード負け越しが決まった。首位ソフトバンクとは今季最大11ゲーム差となった。先発の種市が7回2/3を投げ、6安打3失点、9奪三振と粘りの投球を見せたが、打線は7安打ながら、わずか1得点に終わった。吉井監督は「1番痛いのはバント失敗」と4回の拙攻を指摘。無死一、二塁の好機で茶谷がバント失敗の投ゴロ併殺に倒れて無得点に終わり、「ダブルプレーが嫌なのでバントしに行っている。しっかり練習してもらいたい」と話した。一方で先発を託した種市は、6回まで強力ソフトバンク打線を2安打に封じる快投を披露した。同点に追いつかれ...実力が違いすぎる件

  • また、初回炎上

    鴎4-9鷹ロッテ・小島和哉「勝利に貢献できるように頑張ります」リーグ戦再開後の初戦の先発!ロッテの小島和哉が21日のソフトバンク戦に先発する。小島は球団を通じて「北九州で投げるのは初めてなのでしっかりと初回からマウンドにアジャストできるように準備をして臨みたいと思います。そして自分のピッチングを心掛けて1球1球、気合を入れて投げます。レギュラーシーズン再開の大事なゲームですのでチームの勝利に貢献できるように頑張ります」と意気込んだ。小島は開幕戦、交流戦開幕戦に続き、リーグ戦再開後の初戦も先発することになった。交流戦では苦しい投球が続いたが、パ・リーグ相手では今季8試合に先発して、3勝3敗、防御率2.51の成績だ。[了]はい。というコトで。1球1球、気合を入れて投げた結果がコチラ。はい。ろくでもないですね(...また、初回炎上

  • ショーゴのチーム

    ロッテ・中村奨吾「結果を出すしかない」リーグ戦再開後の巻き返しに期待◆交流戦では打率.293ロッテの中村奨吾はここまで58試合に出場して、打率.219、1本塁打、9打点と苦戦している。今季に向けて「今年は内野の間であったり、外野の間であったり、しっかり抜けるような打球を打てるように下半身をもう1度鍛え直して、下半身を使って打てるように今は取り組んでいます」と、“下半身を使って打つ”ことをテーマに掲げ、練習を積み、開幕前の3月26日の取材では「最近は割といい感じでバッティングができていると思いますし、これをもっともっとレベルを上げていければいいかなと思います」と話していた。開幕してからここまで、“下半身を使って打つ”ことは「継続して意識して取り組んでいます」とのこと。開幕直後の4月5、6日のオリックス戦では...ショーゴのチーム

  • コンディションとは

    ロッテ・朗希右上肢回復待つ最短23日復帰見送り初の規定投球回クリア暗雲右上肢のコンディション不良で戦列を離れているロッテ・佐々木は、最短で登録可能な23日の復帰が見送られることになった。ZOZOマリンで練習後に吉井監督が明かした。「行けると報告が来るまでは何も…」と期限は設けずに回復を待つ意向だ。5月28日に一度抹消され、中14日で今月8日の広島戦に登板して5勝目を挙げたが、その5日後に再び登録を外れた。「前回2週間空けて投げて、同じ症状だった。また2週間空けて投げられないことはないと思うけど、それだとパフォーマンスも上がってこない」と説明。今季は9試合で59回2/3を投げ5勝2敗、防御率1・96。1年間ローテーションを守ることを最大のテーマに掲げていたが、離脱が長引けば、自身初の規定投球回クリアは難しく...コンディションとは

  • 棚ボタ2位(ゲーム差なし)

    ロッテ・小島和哉、9ゲーム差で追う首位ソフトバンク戦へ決意ロッテは18日、ZOZOマリンスタジアムの室内練習場で全体練習を行った。交流戦明けの初戦となる21日のソフトバンク戦(北九州)は小島和哉投手(27)が先発する見込み。キャッチボールや走り込みをして調整した左腕は、9ゲーム差で追う首位の勢いを止めるべく決意を示した。「これ以上、開かれたら去年と同じような感じになる。交流戦明けの一発目はすごく大事」前々回4日の巨人戦は自己ワーストの2回11失点、前回11日のDeNA戦は7回4失点と本来の姿とはいかず。この1週間は「なぜ最少失点で抑えられていないのか」について、投球以外でも分析した。ランニング時に心拍数、ウエートトレーニングではスクワットのジャンプの速さを計測。疲労度などもデータで洗い出した。「うまく結果...棚ボタ2位(ゲーム差なし)

  • カラカーとFUJIWARA

    【ロッテ2軍】藤原恭大&唐川侑己が猛アピール藤原は直近4試合の打率.688唐川は5回無失点の好投◇プロ野球イースタン・リーグロッテ2-1オイシックス(17日、ロッテ浦和球場)藤原恭大選手と唐川侑己投手が1軍へ猛アピールしました。この日のオイシックス戦に1番・指名打者でスタメン出場した藤原選手。第1打席は四球で出塁すると、続く打者の打席で盗塁を成功。その後3塁まで進塁し、内野ゴロの間に先制のホームを踏みました。そして第2打席と第3席でヒットを打ち、この試合3打数2安打1盗塁の活躍でした。これで藤原選手はこの日の試合を含めた直近4試合で、驚異の打率.688(16打数11安打1本塁打)を記録しています。またこの試合先発した唐川投手は変化球主体のピッチングで的を絞らせず、5回を57球、被安打2本、無失点の好投を見...カラカーとFUJIWARA

  • ベンツさん2勝目(防御率1.43)

    鴎7-2竜ロッテ、交流戦は7勝9敗2分吉井監督「よく頑張ってくれた」ロッテの吉井理人監督が16日の中日戦後に交流戦を総括した。吉井監督は交流戦について「みんないっぺんに調子が悪くなって苦しい戦いだったんですけど、これぐらいの負けでよく頑張ってくれたと思います」と振り返り、「ちょうど時期的に6月、これぐらいの時期にみんなへばるんですけども、本当は野手が上がって、ピッチャーがへばるんですけども。去年もそうだったんですけど、ピッチャーと野手、一緒にへばっちゃうんで、そこはちょっと来年、どうなるかは分からないですけど、課題として考えなきゃいけないなと思っています」と話した。ロッテは5月14日のオリックス戦から6月1日の阪神戦にかけて15試合連続負けなしも、交流戦3カード目の巨人戦に1勝2敗と負け越すと、9日の広島...ベンツさん2勝目(防御率1.43)

  • 毎日ブルペンデーでいいんじゃないかな(投手壊れる)

    鴎10-0竜10得点大勝も…ロッテ吉井監督「本当に実力なのか」5連敗ストップも「相手がミスして」ブルペンデーに監督通算100勝「自分らしいかな」■ロッテ10ー0中日(15日・ZOZOマリン)ロッテは15日、ZOZOマリンで行われた中日戦に10-0で大勝し、連敗を5で止めた。ブルペンデーに5投手がゼロ封リレーを見せ、打線は今季最多の16安打。吉井理人監督は監督通算100勝の節目となり「ブルペンデーが100勝目って自分らしいかな」と話した。3回には敵失を機に好機を広げ、先制点につながった。5回には相手の2失策に乗じて打者10人の猛攻で一挙5得点。それだけに「相手もいくつかミスをしてくれてだったので、本当にうちの実力なのかといったらクエスチョンなので、また明日からいろいろ考えて頑張ってやっていきたいと思います」...毎日ブルペンデーでいいんじゃないかな(投手壊れる)

  • Bクラスの足音

    鴎3-4竜ロッテ・吉井監督「ヒットは出るけど点が取れない」今季2度目の5連敗で交流戦負け越し決定「ロッテ3-4中日」(14日、ZOZOマリンスタジアム)ロッテは3度追いつき延長戦に持ち込んだが、2年連続の交流戦負け越しとなり、今季2度目の5連敗。延長十回、4番手の坂本が2死二塁から中田に右中間へ勝ち越しの適時二塁打を浴びた。吉井理人監督は「追い越すチャンスもあったので、そこで追い越しておけばそれもなかった。ずっとヒットは出るけど点が取れないのが続いているので、そこをなんとかしないとうまくいかない」と振り返った。[了]懐かしいですね(=゚ω゚)ノこの暗黒臭(≧▽≦)芳しい。まるで、焙煎したてのコーヒーのような。(コピ・ルアクかな??)そして、朗たんがいつまでたっても帰ってこないから、明日はまたブルペンデー。...Bクラスの足音

  • 3タテ4連敗(序章)

    鴎1-3星【ロッテ】佐藤都志也のプロ初1番起用に吉井監督「一番出塁ができて、チャンスでも打てる」<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ1-3DeNA>◇13日◇ZOZOマリンロッテはDeNAに3タテを食らい、4連敗となった。一塁で先発出場の佐藤都志也(26)がプロ初の1番に抜てき。吉井理人監督(59)は「1番打者がなかなか固定できなかった中でその場しのぎみたいな作戦になっちゃったんですけど、今いる中で一番出塁ができて、チャンスで回ってきても打てるのは佐藤かなと思ったので1番にしました」と説明した。先発の西野勇士投手(33)は4回までに2本塁打を浴びるなどしたが、中盤以降は抑え7回3失点。指揮官は「細かいことを言えば先に点をやってしまったし、自分のベースカバー遅れとかで隙がいくつかあったので、そこのところをしっかり...3タテ4連敗(序章)

  • 勝てると思ったか??HAHAHA(≧▽≦)

    鴎3-13星ロッテ、7回大量失点で逆転負け東妻が6失点、広畑、二保も粘れず9試合で2勝7敗、3位転落◇12日ロッテ3―13DeNA(ZOZOマリン)ロッテが逆転負けを喫し、3カード連続の負け越しが決定。5月12日の日本ハム戦以来、今季3度目の3連敗で3位に転落するとともに、巨人に勝った4位・楽天とのゲーム差が2に縮んだ。ロッテは1回1死二、三塁からソトの適時三塁内野安打が相手野手の一塁悪送球を誘い、2点を先制。1点差に詰め寄られた4回には1死二塁から田村の左前適時打で再び2点のリードを奪った。今季初先発の中森は4回1死二、三塁から山本の中犠飛で1失点。6回2死二塁から佐野に四球を与え、球数が100球を超えたところで交代した。救援した坂本は度会に中前適時打を許したものの、代打・伊藤を右飛に打ち取り、中森は先...勝てると思ったか??HAHAHA(≧▽≦)

  • 4番 OKA(笑)

    鴎0-4星ロッテ・吉井監督「小島には申し訳ないことを」打線4安打で零敗…残り5試合、手尽くす◇交流戦ロッテ0ー4DeNA(2024年6月11日ZOZOマリン)ロッテはDeNAに0-4で敗れ、チームは2連敗を喫した。先発の小島和哉投手(27)は2回に4失点を許すも、3回以降は持ち直し7回まで無安打に抑えた。しかし打線は相手先発・ジャクソンに2安打のみと振るわず、沈黙した。2回の失点から、崩れず粘投を続けた小島に吉井監督は「立ち上がりから真っすぐが高かったんですけども、相手が真っすぐ狙いだったので、そこにうまくはまっちゃったって感じですね」と分析する。前回4日の巨人戦で9連打を浴び、自己ワーストの11失点で途中降板した小島。この日から7日ぶりの登板だったが、なおも連打で失点。これには「前回連打でちょっと嫌な思...4番OKA(笑)

  • 抹消は澤田と安田

    【ロッテ】直近5試合で無安打の安田尚憲と2試合連続3失点の澤田圭佑を登録抹消前日に安田はチャンスで三振澤田は負け投手プロ野球・ロッテは10日、澤田圭佑投手と安田尚憲選手の1軍出場選手登録を抹消したと発表しました。安田選手は、1軍で28試合に出場、ホームランはありませんが、打率.247、10打点の成績ですが、出場した直近5試合では11打数ノーヒットと快音がありません。前日の広島戦では1アウト3塁のチャンスの場面で空振り三振に倒れ、次の打席で代打を送られていました。また、澤田投手は、防御率1.06と安定した投球を見せていましたが、6日の巨人戦で3失点。前日の広島戦では、1対1の同点の場面で3番手として登板しますが、松山竜平選手に勝ち越しタイムリーを許すなど3失点で負け投手になっています。ここまで20試合に登板...抹消は澤田と安田

  • また負け越し

    鴎1-4鯉【ロッテ】2カード連続負け越し打線3安打と振るわず「何人かメンバー入れ替えたい」吉井監督<日本生命セ・パ交流戦:広島4-1ロッテ>◇9日◇マツダスタジアムロッテは2カード連続の負け越しとなった。打線は3安打と振るわず吉井監督は「相手のピッチャーの調子どうのこうのよりも、うちのバッターたちの調子が悪すぎる」と話した。「明日1日休んで急に変わるか分からないですけど。何人かメンバー入れ替えたいなと思っている」と示唆した。勝てば監督通算100勝だったが、次戦以降に持ち越し。千葉に戻り、本拠地で節目を飾る。▽ロッテ・メルセデス(6回6安打1失点と粘投)「5回に自分のミスがあって失点につながってしまったが、なんとか6回まで試合を作ることはできた」[了]ベンツさんが投げている段階で、今日の援護点がないのは覚悟...また負け越し

  • 中14日(笑)

    鴎3-1鯉【ロッテ】佐々木朗希、中14日登板で5勝目9Kすべて変化球「たまたまな部分も」6回1失点<日本生命セ・パ交流戦:広島1-3ロッテ>◇8日◇マツダスタジアムフレッシュな右腕が前夜の悪夢を振り払った。ロッテ佐々木朗希投手(22)が中14日の先発マウンドで、6回9奪三振1失点の安定した投球を見せた。今季5勝目を挙げるとともに、前日ノーヒットノーランで敗れたチームに白星をもたらした。上半身の疲労回復遅れのため、交流戦開幕の5月28日に今季初めて出場選手登録を抹消された。「別に疲れてはなくて、体の感覚が良くはない中で、トレーナーと首脳陣の判断。体のコンディションを整えること、それだけをやりました」。抹消期間中は、基本的には1軍に帯同し、必要とあれば2軍でもコンディションを整えるなどしてきた。2回に自身の送...中14日(笑)

  • 強いロッテとは何だったのか(確変終了)

    鴎0-4鯉ロッテはノーノー完敗吉井監督「やられましたね。カッターを打ち返す技術が足りなかった」スタメン選手コメント「広島4-0ロッテ」(7日、マツダスタジアム)ロッテは、広島先発・大瀬良にノーヒットノーランを許し完敗。吉井理人監督は「やられましたね。初めからカッター多投で、カッターがくるよっていうのは分かっていたけど、それを打ち返すだけの技術が足りなかった。ミーティングでもああいうピッチングをすると分かっていたが、その打ち方が分からなかったというか、できない子がたくさんいたということですね」と振り返った。以下、各選手コメント友杉「いいピッチャーでしたけど、なんとか一本出したかったです。(最後は)盛り上がっているのはわかりましたけど、気にはしてませんでした」高部「コースにしっかり投げ切られてしまった。カウン...強いロッテとは何だったのか(確変終了)

  • 盟主様、まじ盟主

    鴎4-7兎楽天が交流戦首位浮上…西武は苦難の4連敗ロッテは終盤に反撃も及ばず、6日の試合結果日本ハムは広島にカード負け越し「日本生命セ・パ交流戦2024」は6日に6試合が行われ、パ・リーグ球団の2勝4敗だった。日本ハムは広島戦(マツダ)に1-3で敗れた。先発の鈴木健矢投手は初回、末包昇大外野手に5号2ラン、2回にも1点目を失い5回3失点で降板。7回に水谷瞬外野手の犠飛で1点を返すも反撃はそこまで。打線が6安打1得点と援護できず連敗を喫した。楽天は阪神戦(甲子園)に4-1で勝利した。初回、鈴木大地内野手の適時打で2点を先制。4回には敵失と先発・藤井聖投手のプロ初安打初打点となる適時打でリードを広げた。藤井は8回途中1失点の好投。楽天は3点差を守り切り、同一カード3連勝を飾り交流戦首位に浮上した。ソフトバンク...盟主様、まじ盟主

  • 楽しんでいただけたかな??(4.30)

    鴎4-3兎前日“18失点”のロッテは4選手を入れ替え横山陸人と田村龍弘を登録吉田凌と柿沼友哉を抹消NPB(日本野球機構)は5日の公示を発表。前日18失点で大敗したロッテは、横山陸人投手と田村龍弘選手が1軍に昇格。吉田凌投手と柿沼友哉選手を抹消しました。5年目の横山投手は今季7試合に登板し、1勝1敗、2ホールド、2セーブ、防御率2.84の成績。4月19日の日本ハム戦では同点の9回に押し出し四球を与え、敗戦投手となっていました。4月24日に抹消されて以来の1軍再昇格です。またキャッチャーの田村選手は、5月21日に抹消されて以来の登録となっています。抹消となった吉田投手は、5月末に支配下登録を勝ち取り、今季初登板となった今月2日の阪神戦では、3者凡退の投球を披露。しかし、4日の巨人戦では本塁打を浴びるなど、5失...楽しんでいただけたかな??(4.30)

  • 明日の試合は15-2ですね、間違いない。

    昨日の記事。エースおじま曰くやる氣、元氣、活氣、勇氣というコトでしたが、結果…………は、うん。まぁ…いいか!!(≧▽≦)ノ私めは、何も観ていない。あなたも、見なかった。いいね??(;・∀・)鴎2-18兎明日の試合は15-2ですね、間違いない。

  • 次は盟主様

    【ロッテ】「やる気、元気、活気、勇気」小島和哉「精いっぱい頑張ります!」4日巨人戦先発ロッテ小島和哉投手が4日の巨人戦(東京ドーム)に向けて意気込みを語った。前回5月28日のヤクルト戦では雨でコンディションが悪い中、5回3失点と粘投。打席でも犠打を決めるなど勝利に貢献した左腕は「やる気、元気、活気、勇気で精いっぱい頑張ります!」と力を込めた。チームは11で連勝ストップしたが、小島の投球で再び勢いに乗せる。[了]やる氣、元氣、活氣、勇氣素晴らしい監督かな??連勝が止まり、仕切り直しのカード兎が相手です。セでは、2大人気監督のうちの一人、阿部先生ですね。ノーアウト1・3塁で、2番打者にバントさせる、恐ろしい智謀の持ち主です。氣を引き締めないと、持っていかれますね(;´∀`)連勝のあとは連敗がデフォですから、頑...次は盟主様

  • 連勝ストップ

    鴎0-1虎【吉井監督一と問一答】ロッテ連勝11でストップも「いつも切り替えてます。連勝は全然気にしてなかった」◇交流戦ロッテ0ー1阪神(2024年6月2日ZOZOマリン)ロッテは阪神に0-1で敗れ、05年以来19年ぶりの12連勝はならなかった。初回に先頭打者本塁打を浴びて先制点を献上。最後まで阪神・才木を打ち崩せず、今季6度目の零敗。本拠地ZOZOマリンでの連勝も9で止まった。連勝が止まっても、吉井理人監督(59)は淡々と振り返った。吉井監督の試合後の一問一答は以下の通り。――メルセデスは初回先頭打者弾の後は好投。「はい。頑張りました」――9回は吉田が移籍後初登板。「真っすぐが強くて、特長のカーブかスライダーだが知らないですけども、変化球も良かったと思います」――打線は才木に抑えられた。「そうですね。昨年...連勝ストップ

  • 11連勝って、マジ??(;^_^A

    鴎3-2虎【阪神】悪夢の2戦連続サヨナラ負け…岡田監督第2次政権ワーストタイの5連敗<日本生命セ・パ交流戦:ロッテ-阪神>◇1日◇ZOZOマリン阪神が2戦連続のサヨナラ負けで、今季ワーストを更新する5連敗を喫した。5連敗は、岡田彰布監督(66)の第2時政権で昨季6月17~25日に並ぶワーストタイ。交流戦は18年以来の開幕から4連敗となった。4-5のサヨナラ負けを喫した31日から一夜明け、この日は打線を大幅改造。近本光司外野手(29)がプロ初となる4番で先発し、4番を担ってきた大山悠輔内野手(29)は22年5月以来となる7番に。前夜に途中出場で安打を放った植田海内野手(28)が今季初スタメンで2番に入るなど、打線テコ入れで臨んでいた。しかし、プロ初先発のロッテ田中晴を前に5回まで散発2安打と苦戦。1点を追う...11連勝って、マジ??(;^_^A

  • 10

    鴎5-4虎ロッテが19年ぶり10連勝14戦無敗のまま5月終了、小川がサヨナラ押し出し!○ロッテ5x-4阪神●<1回戦・ZOZOマリン>ロッテは3試合連続となった延長戦を制し2005年以来となる10連勝を達成。貯金は今季最多の「8」となり、勝率で日本ハムを上回りパ・リーグ2位に浮上した。ロッテ打線は1点を追う3回、二死三塁で2番・小川が、三塁線へ絶妙なバントを安打を決め同点。4回は5番・安田の中犠飛で勝ち越すと、9番・和田の右前適時打で3-1とリードを広げた。再び1点を追う展開となった土壇場9回は、3番・髙部の左犠飛で同点。3試合連続延長戦となった10回は二死満塁とし、小川が押し出し四球を選びサヨナラ勝ちした。この試合2番で起用された小川は、絶妙なバント安打を含む2打数2安打2打点をマーク。第3打席以降は4...10

  • デジャヴかな??(;・∀・)

    鴎3-3燕負けないロッテ、執念のドローで13戦無敗9回ポランコが同点適時打2夜連続延長の死闘◇交流戦ロッテ3―3ヤクルト(2024年5月30日神宮)ロッテは延長の末、2試合連続でヤクルトと引き分けた。交流戦での同一カード2試合連続引き分けは05年5月31日、6月1日の巨人―日本ハム、09年6月2、3日の巨人―ロッテ以来15年ぶり3度目。打線は初回、1死一塁で中村奨がヤクルト先発・高橋奎の直球を左翼席へ運ぶ今季1号2ランで先制に成功した。先発の西野は1点リードで迎えた3回、山田の今季2号ソロを浴びて同点に追いつかれると、6回2死二塁から中村悠の適時二塁打で勝ち越しを許した。毎回走者を背負いながらも6回7安打3失点と粘投した。1点を追う9回表、1死満塁から代打・ポランコが右前適時打を放ち同点に追いつくと、直後...デジャヴかな??(;・∀・)

  • 勝ち = 引き分け = 負け

    鴎3-3燕今日の試合は評価が分かれそうですね(;^_^Aほぼ負けかけているところを、9回に追いついた勝ちに等しい引き分けと見る人と、15安打もして3点しか取れず、相手は半分以下の安打で同じだけ点を取っているところに、試合内容として負けに等しい引き分けと見る人。(ナニ12残塁しとんねん、と。)受け取り方によって、心の平安を保てるか、ささくれ立つかが決まります(*´ω`)前者の立ち位置の方が幸せだと思います(=゚ω゚)ノそんなことよりも、一つだけ気になることがありまして。かもめ~ず15安打の内訳ですが、単打13本。2塁打2本。……かもめ~ずは、いつから単プロを導入したの??(;´・ω・)(結構前から導入してる説が有力)勝ち=引き分け=負け

  • 逆風も吹いてます(;´・ω・)

    鴎5-3燕18年ぶりの9連勝!!(≧▽≦)ノうんうん(*´ω`*)いい流れですね(≧▽≦)中盤にめっちゃ雨が降ってきたときは、5回までもってくれ~~(´;ω;`)と、祈祷力を発揮しておりましたが、試合成立した段階で降雨コールド(*´ω`)うんうん(*´ω`)時代は確実にかもめ~ずに微笑みかk……【オリックス】リリーフ強化へ元ロッテ・ペルドモを獲得23年に最優秀中継ぎオリックスは新外国人選手としてルイス・ペルドモ投手を獲得することを発表した。23年にロッテで53試合に登板し、42ホールドポイントで最優秀中継ぎを受賞。今季はナショナルズに在籍していた。パドレス時代には、当時コーチ留学していた中嶋聡監督とも同僚だった右腕。平野佳や宇田川らがファーム調整中のリリーフ強化として、球団は戦力補強に動いていた。◇ルイス...逆風も吹いてます(;´・ω・)

  • サワムラー抹消

    【ロッテ】沢村拓一の出場選手登録を抹消26日のソフトバンク戦、3者連続四球を与え降板ロッテは27日、沢村拓一投手(36)の出場選手登録を抹消した。沢村は4月30日のオリックス戦(ほっともっと神戸)から7試合連続無失点中で、「ブルペンデー」となった26日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)では7回の頭から5番手で登板し、3者連続四球を与えた無死満塁の場面で降板。急きょ救援した鈴木が後続を打ち取って無失点でこのピンチを切り抜けたが、試合後に吉井監督は沢村について「コーチに聞いて、どんな状態か確認しようと思います」と話していた。沢村は今季16試合に登板して0勝1敗10ホールド、防御率4・50。[了]うん。そりゃ~ね(;・∀・)ストライク入りませんもんね(;・∀・)3者連続四球で、普通に逆転負けするとこでしたしね(...サワムラー抹消

  • 8れんしょう

    鴎7-1鷹【ロッテ】引き分け挟んで8連勝で交流戦へ吉井監督「今やれることをしっかり」<ロッテ7-1ソフトバンク◇26日◇ZOZOマリンロッテが、今季1度も同一カード3連敗のなかった首位ソフトバンクから3連勝を収めた。14日から2つの引き分けを挟んで8連勝となった。計8人の投手で試合を作ったブルペンデー。吉井理人監督(59)は「きょうのキーは左ピッチャーだった。3人本当によく頑張ってくれた」と無失点投球をした中村稔、坂本、鈴木をたたえた。1点差に迫られた直後の8回には打線がつながり一挙5得点と点差を広げた。指揮官は「ブルペンデーだったのでもっと点を取れる場面があったから取りたかったんですけど、流れが悪かったのであそこで一気に点を取ってくれて良かった」と振り返った。28日から、ヤクルト戦を皮切りに交流戦がスタ...8れんしょう

  • 4年ぶり

    鴎2-0鷹ロッテ4年ぶりの7連勝、先発メルセデスは今季初白星…西武は連敗を8で止めるロッテ2-0ソフトバンク(パ・リーグ=25日)――ロッテが4年ぶりの7連勝。二回に内野ゴロの間に先制し、四回はソトのソロで加点。メルセデスは今季初白星。ソフトバンクは4併殺打の拙攻が響き零封負け。日本ハム5-0楽天(パ・リーグ=25日)――日本ハムは四回に松本剛と万波の適時打で2点を先行し、加藤貴が今季2度目の完封勝利。楽天はプロ初登板の古謝樹(桐蔭横浜大)を援護できず、6連敗。西武6-5オリックス(パ・リーグ=25日)――西武が競り勝ち、連敗を8で止めた。3点を追う七回に外崎の2点適時打など6安打を集中し、4点を奪って逆転した。オリックスは曽谷が踏ん張れなかった。[了]ようやく……ようやく、ベンツさんに勝ち星がつきました...4年ぶり

  • 先発投手の仕事

    鴎3-1鷹ロッテ・佐々木朗希今季最速タイの162キロをマーク球場はどよめき◇パ・リーグロッテーソフトバンク(2024年5月24日ZOZOマリン)ロッテの佐々木朗希投手(22)が24日、ソフトバンク戦(ZOZOマリン)に先発。3回に今季最速タイの162キロをマークした。味方打線に逆転してもらった直後の3回、佐々木がギアを上げた。1死から失策でランナー二塁とすると、打者・山川に対して162キロの直球を投げ込んだ。今季最速タイの速球に、球場からはどよめきが起こった。初回、先頭打者の周東に161キロをマーク。調子の良さをうかがわせたが、今宮、山川に安打され2死一、二塁とされると、近藤に右前適時打を許し、先制点を献上した。続く栗原には四球を与えるなど、初回だけで35球の球数を要していた。佐々木は17日の日本ハム戦(...先発投手の仕事

  • 明日も朗たん

    本気のロッテ朗希が首位・ソフトバンク叩いて6連勝だあす24日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)に先発するロッテ・佐々木朗希投手(22)が序盤から160キロ剛球を連発する。「自分のピッチングを心掛けながら、チームの勝利のため初回から全力で投げていけたらと思います」とコメント。23日現在、貯金19で首位を突っ走るソフトバンクを封じ込め、チームを今季最長の6連勝に導く。強打を誇るチームとの相性も上々だ。昨季は4試合に登板し、2勝0敗、防御率1・13に抑えた。今季は4月23日の7回3失点で敗戦投手となったが、同じ轍(てつ)は踏まない。今月17日の日本ハム戦では今季最長の8回を3安打1失点と好投。今季最速の162キロで12三振を奪い、前回(10日)対戦でKOされた相手にリベンジを果たした。22日、右腕のブルペン投球...明日も朗たん

  • 復活の高部

    鴎2-1猫【ロッテ】種市篤暉が4年ぶりの完投、西武に今季8戦全勝今季最長の5連勝で今季最多タイの貯金「3」◇22日西武1―2ロッテ(ベルーナドーム)ロッテの先発・種市篤暉投手(25)がトミー・ジョン手術を受ける前の2020年7月25日の西武戦(メットライフドーム)以来、4年ぶりの完投勝利を収めた。チームは西武に今季8戦全勝。今季最長の5連勝で、貯金を今季最多タイとなる3に増やした。打線は2回1死三塁から佐藤の左犠飛で1点を先制。6回は2死一、三塁から中村奨の右前適時打で加点した。種市は味方の失策絡みでピンチを広げた6回1死二、三塁で平沼に右前適時打を浴びて1点は失ったが、中村剛を153キロ直球で空振り三振に。蛭間にも153キロ直球の力勝負を挑んで中飛に仕留め、最少失点でしのいだ。[了]ほぼ高部しか打ってま...復活の高部

  • 今後もこの調子でお願いします(*´ω`*)

    鴎5-3猫【ロッテ】今季は西武戦7戦全勝吉井監督「この流れをガッチリキープして」…最後は守護神・益田が3人締め◆パ・リーグ西武3―5ロッテ(21日・ベールナドーム)ロッテが初回に先取した5点を守り抜き、今季の西武戦を7戦全勝とした。初回にソト、中村奨らの適時打で5点を先行すると、先発・西野は「頑張って点を取ってくれたので、大胆にいこうと思いました」と6回2失点の粘投。国吉、鈴木と継投し、最後は守護神・益田が3人で締めて、逃げ切った。吉井監督は「この流れをガッチリキープして、頑張っていきたい」。右翼フェンス直撃の二塁打など今季初の猛打賞の活躍を見せた安田については「いい打撃でした。『フェン直でいいよ』と言ったんですよ。初めてフェンスまで届いたので、次は越してほしいですね」と、今季1号を期待した。[了]初回に...今後もこの調子でお願いします(*´ω`*)

  • 猫浮上のタイミングは…

    5連敗&ロッテ戦6戦全敗…西武・今井達也、ダブルの「負の連鎖」断ち切る!7試合全てQS「責任感をより強く持って」21日のロッテ戦(ベルーナドーム)に先発する西武の今井達也投手(26)が20日、チームが陥っている負の連鎖からの脱却を誓った。チームは19日までのビジター5試合で5連敗し、自力優勝の可能性が消滅した。4月19日の楽天戦で7回1失点と好投して連敗を7で止めた今井は「1週間のスタートなので気持ちを切り替えて。1週間に1回しか投げる機会がないので、責任感をより強く持って臨む」と自らの投球で流れを変える覚悟を示した。チームは今季ロッテ戦で6戦全敗。一方で今井は今季先発した7試合全てクオリティースタート(6回以上投げて自責点3以下)を達成し、3勝を挙げている。20日に埼玉県所沢市の室内練習場でブルペン入り...猫浮上のタイミングは…

  • サヨナラの日

    鴎4-3公ロッテ・吉井監督いわく「すっとこどっこい」な岡が劇的サヨナラ弾!「まさか本塁打になるとは」◇パ・リーグロッテ4―3日本ハム(2024年5月19日ZOZOマリン)劇弾。ロッテは岡が9回、自身3年ぶり通算3本目となるサヨナラ本塁打を放った。9回1死。日本ハム・河野の内角直球を思い切り振り切ると、打球は歓喜のアーチとなって左翼スタンドに吸い込まれた。ファンの大歓声を浴びた岡は「何とか決めたい気持ちはあったけど、まさか本塁打になるとは」と驚きを口にした。サヨナラ打は先月も放っており、今回が通算5度目。「こういう場面は打てばラッキー。失うものはない」との心構えで、無類の勝負強さを発揮する。7連敗を喫するなど相性の悪かった日本ハムに対し、今回の3連戦は2勝1分け。チームも3連勝を飾った。吉井監督は「思い切り...サヨナラの日

  • メルセデス…(´;ω;`)

    鴎6-4公【ロッテ】岡大海4安打で対日本ハム連敗阻止貢献「ずっとメルセデスは良いピッチングしていた」<ロッテ6-4日本ハム>◇18日◇ZOZOマリンベテランが大活躍中だ。ロッテ岡大海外野手(32)が5打数4安打で日本ハム戦8連敗阻止に貢献した。4安打中3本は初球打ち。「ずっとメルセデスは良いピッチングをしていて、なかなか勝ち星を付けてあげることができなかったので、こういう時はしっかり野手でっていう思いだった」。好投を続けるもいまだ白星のない先発メルセデスのためにもと、速攻で奮起した。12日の日本ハム戦(エスコンフィールド)ではプロ初の1試合2本塁を放つなど直近5試合で10安打3本塁打と好調だ。「引っ張った打球をゴロにならないように意識して取り組んではいます。今日はゴロですけど、良い方になってくれている」と...メルセデス…(´;ω;`)

  • 負けに等しい引き分け

    鴎1-1公ロッテ中村奨を今季初3番起用も引き分け吉井監督「バントのパターンもあるかなと」「ロッテ1-1日本ハム」(17日、ZOZOマリンスタジアム)ロッテは2戦連続の引き分けとなった。先制点を挙げたが延長戦に持ち込まれ、日本ハム戦の連敗ストップとはならなかった。打線には、今季初めて3番に中村奨を起用したが勝利には結びつかず。吉井理人監督は「(中村奨は)バントもできるのでうまくいけばそういうパターンもあるかなと思ったけど、1、2番があまり出塁しなかったので、そうはならなかったですね」と振り返った。[了]前回、うまくいかなかったので、今日は朗たんが本気出して、無双状態だったのに…7安打して、1点しか取れんのか……(;・∀・)(四球も5つ貰って)3番ショーゴがどうとか言う前に…打率.200にも達しない選手を中軸...負けに等しい引き分け

  • 朗たんで連敗を……

    【ロッテ】佐々木朗希、今季1勝8敗の日本ハム戦へ「初回から全力で自分のピッチングを」今季1勝8敗の日本ハムを、ロッテ佐々木朗希投手がホームで迎え撃つ。前回10日の日本ハム戦は初のエスコンフィールドでの登板で、5回2/3を8安打5四球5失点で黒星を喫した。「思うように投げられなかった」と、悔しさのあまり珍しく感情をあらわにする姿もあった。チームは北海道、沖縄と遠征が続き、10日ぶりに千葉に帰ってきた。佐々木は「初回から全力で自分のピッチングをして、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」と、本拠地のマウンドで勝利を呼び込みたいと意気込んだ。[了]もうそろそろ、猫から巻き上げた白星を北海道に横流しし続ける日々に終止符を打ちたいところです。もし、明日もマリン朗たんで負けるようなら……それ以上に、猫さんから搾取...朗たんで連敗を……

  • 試合時間的に昨日の分も。

    鴎1-1檻【ロッテ】9回追いつかれ今季2度目の引き分け「やっつけなければいけない試合」吉井監督<ロッテ1-1オリックス>◇14日◇沖縄セルラースタジアム那覇ロッテは今季2度目の引き分けとなった。吉井理人監督(59)は「何回かチャンスがあったので、やっつけなければいけない試合だったと思います」と振り返った。4回にグレゴリー・ポランコ外野手(32)のソロで先制するも、打線は3安打に抑えられた。吉井監督は「カスティーヨは左の方がいいっていうデータがあったんで、左を並べたんですけども、失敗ですね。これはもう作戦が失敗したんで、選手たちは頑張ってくれた」と自戒した。先発の種市篤暉投手(25)は今季最多の8回122球を投げ、7安打8奪三振無失点と力投。指揮官は「立ち上がりが、あんまりよくなかったんですけども、変化球が...試合時間的に昨日の分も。

  • 中継ぎが燃える前

    鴎4-1檻【ロッテ】沖縄シリーズ初戦は6回表降雨コールド勝ち…北海道での悪夢3連敗の流れを断ち切る◆パ・リーグオリックス1―4ロッテ=6回表降雨コールド=(14日・沖縄セルラースタジアム那覇)ロッテは、10安打の猛攻でオリックス2連戦(沖縄・那覇市)の初戦を白星で飾った。ゲームは6回表に入ったところで中断。雨あしが強まり、降雨コールドゲームとなった。前カードの日本ハム戦(エスコン)からの連敗を「3」で止めた。先発・西野は初回に3点の援護をもらったが、立ち上がりは苦戦。初回の先頭・福田に右安で出塁を許すと、1死二塁から3番・中川の適時中前打で1点を返された。それでも2回以降は粘りの投球で、毎回ランナーを出しながらも得点を与えなかった。打線は初回に3点を奪うと、2回には1番・岡が2試合連続となる今季4号ソロを...中継ぎが燃える前

  • フラグにあらず

    ロッテ・西野「チームの悪い流れを断ち切るようなピッチングを」14日オリックス戦先発14日のオリックス戦(午後6時半、那覇)に先発するロッテ・西野勇士投手(33)が連敗中のチームを救う。「3連敗という状況なので、このチームの悪い流れを断ち切るようなピッチングをしたいと思っています。頑張ります」と意気込んだ。チームは前カードの日本ハム戦で佐々木、メルセデス、小島を投じながら3連敗。敵地のエスコンFでは今季6連敗を喫した。今季2勝3敗と黒星が先行しているが、16年目のベテラン右腕が熟練の投球術で、チームの黒星街道をストップする。[了]このチームの悪い流れを断ち切るようなピッチングをしたいと思っています。コレは…見殺しフラグ……(;゚Д゚)いやいや、そんなワケない…ハズ……( ̄▽ ̄;)次は檻戦ですが、相手先発は…...フラグにあらず

  • 鬼門

    鴎5-6公【ロッテ】守護神・益田が1死も取れず救援失敗吉井監督「しっかり調整して」…悪夢のサヨナラ負けでエスコン6戦全敗◆パ・リーグ日本ハム6×―5ロッテ(12日・エスコンフィールド)ロッテが悪夢の逆転負けを食らった。2点リードの9回を守護神・益田に託したが1点を失うと、1死も取れずに無死満塁のピンチを招いて降板。4番手・鈴木が1死満塁から伏見、水野に連続タイムリーを浴び、サヨナラ負けを喫した。吉井監督は、救援に失敗した守護神については「今日はちょっと抑えるボールがなかったように見えましたね。またしっかり調整して頑張ってほしい」と話した。一方、指揮官は「今日のゲームの肝は、守備でいくつか考えられるので3つぐらい、準備不足、油断みたいな守備があった」と指摘した。初回には1死三塁で3番・郡司の浅い右飛で送球が...鬼門

  • やっぱり、燃やそう(再提案)

    鴎0-3公ロッテ打線不発今季5度目の零敗でハム戦6連敗吉井監督「何とかしたい」◇パ・リーグロッテ0―3日本ハム(2024年5月11日エスコンF)ロッテはポランコ、ソトの両外国人をスタメンから外して3番・左翼で荻野、4番・指名打者で石川慎、8番・1塁で茶谷を起用、右打者7人の打線を組んだが、日本ハムの先発・加藤貴を攻略することができなかった。前回4月21日の対戦で完封負けを喫した左腕に3回まで打者9人をパーフェクトに抑えられ、4回に岡が三ゴロ失で出塁して送りバントで二塁に進むも得点を奪えず。6回1死から友杉の左前打でノーヒットノーランを回避するのがやっと。結局、加藤に16イニング連続無得点に抑えられ、わずか3安打で今季5度目の零敗。エスコン5連敗、日本ハム戦6連敗で借金生活に逆戻りとなった。先発のメルセデス...やっぱり、燃やそう(再提案)

  • 投げさせ過ぎやねん(;゚Д゚)

    鴎3-6公【ロッテ】佐々木朗希2年ぶり自己ワースト5失点吉井監督「私の判断ミス」継投遅れに悔い<日本ハム6-3ロッテ>◇10日◇エスコンフィールドロッテ佐々木朗希投手(22)は5回2/3を投げ、2年ぶりとなる自己ワーストの5失点で2敗目を喫した。初登板のエスコンフィールドで8安打5四球と精彩を欠いた。2回に先頭の日本ハム・マルティネスに先制弾を被弾した後、本調子ではない中で1失点と粘投していたが、2点リードの6回につかまった。1死から長打含む4安打を浴び、逆転を許した。苦しかった自己最多123球。「思わないような結果になりました」と、想定外の投球に口数は少なかった。吉井監督は「今日は調子が悪そうでした」と話した。5回終了時点で、既に100球を超えていたが「朗希のあと5回で代えると、4イニングのリリーフ。や...投げさせ過ぎやねん(;゚Д゚)

  • 帰ってきた光士郎

    ロッテ・坂本が1軍合流昨季51試合登板の左腕「だいぶ力強さは出てきてる」ロッテの坂本光士郎投手が9日、1軍に合流した。移籍2年目の昨季は51試合に登板して1勝0敗16ホールド、防御率3・21とキャリアハイの成績を残したが、今季はオープン戦から調子が上がらず、開幕1軍を逃していた。10日にも出場選手登録される見込み。チームとともに遠征先の札幌市内で調整した左腕は「だいぶ力強さは出てきてるかなと思う。去年経験させてもらったものを無駄にしちゃいけないという気持ち」と表情を引き締めた。[了]先発がめっちゃ安定しているわけではないんですが…中継ぎはもっと安定してないんです(;゚Д゚)日替わりもいいんですけどね。このあたりで、勝ちパターンならこの3人!!みたいな7・8・9回を任せられる3人を固定できると観ている方は安...帰ってきた光士郎

  • はよう、帰ってきなされ(*´ω`*)

    ロッテ育成・河村説人が練習試合で5回1失点右肘手術から完全復活へ「腕は心配なく投げられている」ロッテの育成・河村説人投手(26)が8日、ロッテ浦和球場で行われた社会人・Hondaとの練習試合に先発した。5回5安打1失点に抑え、けがからの完全復活に向けて一歩前進した。「腕は心配なく投げられているのかなと。気にはなりますが、痛みはない。ストレートの強さは復帰したときからもっと強くなればいいなと思ってやってきた。まだ上がってくれればという感じです」安定した投球だった。失点は五回にソロ本塁打を浴びたのみ。課題に掲げる直球を中心に組み立てて50球を投じた。2022年9月に「右尺骨神経前方移行術および右肘内側側副靭帯補強術」を受け、実戦復帰できたのは昨年10月。192センチの長身から投げ下ろす角度のあるボールが持ち味...はよう、帰ってきなされ(*´ω`*)

  • 4連勝(貯金もあるよ)

    鴎6-1猫【西武】貧打極まりロッテ戦6戦全敗…借金10ボー・タカハシ「5回降板は反省です」西武は7日のロッテ戦(ZOZOマリン)に1―6と連敗し、同戦6戦全敗。借金は再びワーストタイの10となった。この日も散発7安打と打線が振るわず、得点は6回、4番・中村剛也の通算476号となる今季5号ソロによる1点のみだった。先発したボー・タカハシ投手(27)は毎回走者を背負いながら、4回までダイクストラと0―0の投手戦を展開。5回二死二塁から打率4割台と当たっている角中との勝負を避けて申告敬遠で一、二塁とし、ソトとの勝負を選ぶ。しかし、ソトの右翼へとフラフラと上がった飛球を右翼手・若林が上空の強風を読み切れず、捕球できないばかりか後逸。結果的にこれが2点適時三塁打となり、試合の主導権が一気にロッテに流れてしまった。5...4連勝(貯金もあるよ)

  • コレはいいお種

    鴎8-1猫ロッテ・種市篤暉、7回6K無失点で3月30日以来の白星「風のおかげですごくフォークが落ちた」(パ・リーグ、ロッテ8-1西武、5回戦、ロッテ5勝、6日、ゾゾマリン)誰よりも勝利を渇望していた。ロッテ・種市篤暉投手(25)が7回3安打無失点と好投。今季初先発だった3月30日以来の白星となる2勝目を挙げ、ホッとした表情を浮かべた。「ふがいない投球が続いていたので、何とか七回まで投げられてよかった。本当に監督、コーチが親身になって相談に乗ってくれた」4月は4試合に登板し0勝3敗。勝ち星に恵まれない中で、吉井監督や投手コーチに助言を仰いでセットポジションでの立ち方を変更。構える際に前のめりになっていた上半身を、背中重心の意識にした。すると制球力が向上し、前回登板で7つ与えた四球はこの日、1つ。風速10メー...コレはいいお種

  • カード勝ち越し(初戦はアレでしたが)

    鴎4-1鷲【ロッテ】「オジ」ことエース小島が無四球完投前日とは違う“オジさんの日”になるも「こどもの日なので邪魔しない(笑い)」◆パ・リーグ楽天1―4ロッテ(5日・楽天モバイル)ロッテのエース・小島和哉投手が、こどもの日にヒーローになった。5安打1失点の無四球完投で、今季3勝目。3回先頭の石原にソロを許したが、この回以外は二塁を踏ませない投球を見せ、「途中から真っすぐに切り替え、どんどんよくなった。都志也がうまく引っ張ってくれた」と、相方・佐藤に感謝を込めた。打線は初回1死三塁で3番・角中の犠飛で先制。続く2回には、1死三塁で7番・中村奨が中前に鋭い打球ではじき返し、自身16試合ぶりの適時打で2点目を挙げた。2―1で迎えた5回には2死二塁から角中が中前適時打で再び2点差とした。7回には2死から岡が四球で出...カード勝ち越し(初戦はアレでしたが)

  • 8安打で2点? 勝てばよかろうなのだぁぁ!!

    鴎2-0鷲ロッテ22年ドラ1菊地が1軍昇格「チャンスをもらったので死ぬ気で…」ロッテの菊地吏玖投手が4日、1軍に合流した。22年ドラフト1位の右腕は昨季、8月11日の西武戦に先発したものの、その1試合だけの登板に終わった。今季は救援に挑戦し、ファームで11試合に登板して防御率0・84の数字を残している。前夜急きょ仙台入りし、この日、抹消された西村に代わって出場選手登録された背番号28は「チャンスをもらったので、死ぬ気でつかみ取りたい」と意気込んだ。先発から中継ぎに転向したことで直球の出力や変化球の精度がアップ。メンタル的な部分に関しても「試合に向かって気持ちをつくるのは得意な方というか、苦手ではないので、中継ぎでも全然、気持ちの面は問題ない」と自信をのぞかせた。[了]うん。いいかげんね??メルセデスに援護...8安打で2点?勝てばよかろうなのだぁぁ!!

  • ボッコボコにされました(´ω`*)

    鴎1-12鷲【ロッテ】1イニング6失点の西村が2軍降格へ吉井監督「ずっとちょっと調子が悪い」◇3日楽天12―1ロッテ(楽天モバイルパーク宮城)ロッテは今季ワーストの12失点で連勝が2で止まり、5位に転落した。先発の西野勇士投手(33)は2回に4本の長短打を集められて4点を失い、5回には浅村に2ランを浴びて6イニングで6失点。7回から救援した2番手の西村天裕投手(30)も5本の長短打で一挙6点を失った。西村はこれで防御率8・38まで悪化。吉井監督は「ずっとちょっと調子が悪いんで。一回抹消します」と2軍降格を決断した。打線も楽天先発の早川の前に7回まで無得点。8回1死二、三塁から藤岡の内野ゴロの間の1点しか奪えず、今季5度目の零封負けを免れるのがやっとだった。吉井監督は早川について「やっつける球もたくさんあっ...ボッコボコにされました(´ω`*)

  • 1回や2回ではない模様

    くふうハヤテ・谷川唯人が退団無免許運転の事実が発覚くふうハヤテベンチャーズ静岡は2日、谷川唯人の退団を発表した。球団によると、退団理由は「球団調査により、度重なる無免許運転の事実が発覚したため」としている。対応については「本件については、地元警察当局へ報告を完了しております」とのことだ。谷川は20年育成ドラフト1位でロッテに入団。昨季ロッテから戦力外通告を受け、今季からウエスタン・リーグに参加するくふうハヤテに入団し、10試合に出場して打率.200だった。[了]日本ではね…自動車を運転するのに、免許証がいるのです。っていう、至極当たり前のことを知らなかったワケではありますまい(;・∀・)しかも、たまたま免許不携帯で、つかまったってワケでもなさそうですからね(;^_^Aこういう結果は仕方ありませんね。むしろ...1回や2回ではない模様

  • 久々の連勝(接待アリ)

    鴎6-3檻【オリックス】安達了一9回に痛恨3失策で逆転許すNPB250S王手の平野は1死しか奪えず降板<オリックス3-6ロッテ>◇1日◇ほっともっと神戸オリックス安達了一内野手(36)が9回に痛恨の3失策を犯し、逆転を許した。9回の守備から途中出場。2点リードの9回にNPB通算250セーブに王手をかけていた守護神平野佳寿投手(40)が登場。先頭小川の二遊間への打球を捕球できず出塁を許すと、続く代打角中に右前打を打たれ、無死一、三塁から代打荻野貴に右前適時打を許して1点差に迫られた。安達は続くポランコの平凡なゴロを再びファンブルし、無死満塁とピンチが拡大。代打藤岡を空振り三振に仕留めたが、安田に左越えの2点適時打を許して逆転を許し、平野佳はここで降板した。さらに2点を加えられ、2死満塁から小川の二ゴロを再び...久々の連勝(接待アリ)

  • 恋人対決

    鴎1-0檻ロッテ・佐々木がオリックス・宮城と5度目同級生対決「何より一番良いピッチャー。気持ち自体は入った」「オリックス0-1ロッテ」(30日、ほっともっとフィールド神戸)ロッテ・佐々木朗希投手(22)が7回108球を4安打無失点。5度目の宮城との対決は、六回まで毎回走者を背負いながらも今季初の無失点投球とし「何より一番良いピッチャーだと思うので、自分の中でも気持ち自体は入りましたし、良い集中力で投げられたかなと思います」と振り返った。初回は先頭・西川に四球・続く森には左中間二塁打を浴びたが、荻野-茶谷-佐藤の中継プレーで一走・西川を本塁タッチアウト。野手陣に助けられながら、後続の紅林は二ゴロ、セデーニョは空振り三振と無失点に抑えた。その後は六回まで毎回走者を背負ったが、毎回奪三振し得点は許さない。フォー...恋人対決

  • 8四死球て(;゚Д゚)

    鴎6-8鷲ロッテ・吉井監督「ダメな種市だった」期待の右腕が5回1/3を6安打5失点、8四死球で3連敗「ロッテ6-8楽天」(29日、ZOZOマリンスタジアム)ロッテは逆転負け。3カード連続負け越しとし、借金は「4」となった。先発の種市篤暉投手(25)は3連敗。5回1/3を6安打5失点、8四死球と乱調だった。4-2の六回、先頭から連続四球を与え、無死一、二塁からは小郷に右前適時打。1死一、三塁からは浅村を四球で歩かせ満塁とし、降板となった。「今は何も言えることはありません。すみません」と肩を落とした。吉井監督は「ダメな種市だった。(六回は)苦しいところだったんですけど、彼がこれからマリーンズの中心選手になっていかないといけない。期待も込めて送ったんですけど、より悪い投球になっちゃった。そこは、任せた私の責任」...8四死球て(;゚Д゚)

  • 連敗がとまりました(*´ω`)

    鴎10-1鷲【ロッテ】15安打の猛攻で今季最多10得点の大勝7連敗でストップ…吉井監督「8番・安田がいい働きをしてくれた」◆パ・リーグロッテ―楽天(28日・ZOZO)ロッテが15安打10得点の猛攻で、連敗を「7」で止めた。就任後ワーストタイとなった7連敗を脱出したが、吉井監督は「いや、ホッとはしてないです。本当に毎日状況が変わるんで、また明日からしっかりやっていきたいと思っています」と前を向いた。3回、前日に腰痛から1軍復帰した先頭の8番・安田が復帰後初安打となる右前打で出塁すると、2死一、二塁で迎えた3番・ポランコが右前適時打で先制。続くソト、角中、佐藤の4連打で一挙5得点を奪った。吉井監督は「8番・安田がいい働きをしてくれたと思います。安田と山口が打てば、このチームはいい方向に行くと思ってる。安田は頑...連敗がとまりました(*´ω`)

  • 7れんぱい

    鴎1-4鷲ロッテは〝聖域〟にメスも7連敗吉井監督「安田が頑張ってくれないと、チームはよみがえらない」(パ・リーグ、ロッテ1-4楽天、4回戦、楽天2勝1敗1分け、27日、ゾゾマリン)ロッテは昨年9月以来の7連敗で5位に転落した。深刻な得点力不足解消に、吉井理人監督(59)は〝聖域〟にメスを入れた。開幕から全試合で先発出場しながら打率・184(76打数14安打)と不振の中村奨吾内野手(31)をスタメンから外すことを決断。監督就任時から中村奨のキャプテンシーとチームへの献身的な姿を高く評価し、「このチームは奨吾のチーム」と公言してきたが、我慢も限界だった。その中村奨に代わって、ぎっくり腰が完治した安田尚憲内野手(25)を出場選手登録即「5番・三塁」で先発起用したが、4打数無安打。起爆剤とはならなかった。チームは...7れんぱい

  • 連敗ストップへ(希望)

    ロッテ連敗ストップへ!先発メルセデス気合十分。「100%の力を出す」連敗ストップへメルセデスが腕をぶす。4月27日のイーグルス戦(ZOZOマリン14:00試合開始)に先発する千葉ロッテマリーンズのC.C.メルセデス投手は「いつも通り、チームの勝利のためにいい仕事をすることと、つねにアグレッシブさを忘れずに攻めの投球をしていくことを心掛けてマウンドにあがります。チームの連敗を止め、チームの勝利に貢献できるように100%の力を出して頑張ります。熱い、熱い応援を宜しくお願いします」と力強くコメントした。チームは自身が先発をした4月19日の日本ハム戦(エスコンフィールド)より6連敗中。この試合でも6回、被安打3、1失点と好投しただけにチームの連敗を止め、今度こそ今季初勝利を挙げるべく燃えている。好調のメルセデスに...連敗ストップへ(希望)

  • 梅雨入り早いっすね(;゚Д゚)

    鴎0-6鷹ロッテ、今季4度目の零封負けで6連敗今季最多の借金『3』、得点力不足が大きな課題に◇25日ロッテ0―6ソフトバンク(ZOZOマリン)ロッテは今季4度目の零封負けを喫し、2カード連続で同一カード3連敗。チームの連敗は6に伸び、借金は今季最多の3に膨らんだ。先発の西野は3回まで無失点に抑えたが、4回に先頭の柳田を中前打で出し、続く山川に先制の5号2ランを右中間席にたたき込まれて2失点。5回にも4本の長短打を集められ、計5失点で降板した。打線は3回1死から田村に二塁打が出たが、続く友杉、岡が凡退して無得点。2点を追う4回も2死からソトが二塁打で出塁も角中が二ゴロに倒れて無得点だった。安打が散発の二塁打2本だけでは策の施しようもない。6連敗中はわずか6点しか奪えておらず、得点力不足が大きな課題となってい...梅雨入り早いっすね(;゚Д゚)

  • 降雨コールド

    鴎1-10鷹【ロッテ】吉井監督が反省「交代のタイミングを間違えた」「逆に打ちやすくなっちゃったのかな、と」◇24日ロッテ1―10×ソフトバンク(ZOZOマリン)=7回表降雨コールドロッテは今季ワーストの10失点で今季最長の5連敗となり、今季最多タイの借金2となった。吉井監督は救援投手の投入のタイミングや順番を間違えたことを自ら認め、反省の言葉を並べた。プロ初先発の高野脩は2回まで無失点も、3回に2四球が絡んで犠飛と内野ゴロの間の1点で2失点。4回から救援の二保も1イニング⅔で8失点(自責点4)とソフトバンク打線の猛攻を止められなかった。吉井監督は高野脩について「(打順は)一回りと思っていたが、2回で一回りが来ちゃったんで。二回り目も、もつかなと思いながら投げさせて向こうに勢いをつけさせた。交代のタイミング...降雨コールド

  • 借金生活

    鴎2-4鷹【ロッテ】4連敗で借金1吉井理人監督は「戦術、戦略をしっかり考えてやりたい」◆パ・リーグロッテ2―4ソフトバンク(23日・ZOZO)ロッテは球団設立から通算1万試合目となるメモリアルゲームに敗れて4連敗を喫した。8日以来の借金1で、球団通算成績は4812勝4788敗400引き分けとなった。試合後、吉井監督は先発して7回5安打3失点、4奪三振で今季初黒星の佐々木の投球について「よかったと思います。向こう(ソフトバンク)の狙い球がうまくはまったというか。その狙い球を投げた時に朗希もちょっとうまくいいところに投げられなくて、それをうまくとらえられた感じですね」と分析した。20、21日の日本ハム戦(エスコン)で2試合連続零敗の屈辱を味わった打線は、山口、ポランコのソロで2点を取るのがやっと。3試合連続で...借金生活

  • 10000

    ロッテ・佐々木朗希が球団通算1万試合に中8日で先発「とても光栄、勝利に貢献できるように頑張ります」ロッテ球団通算1万試合の節目となる23日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)に佐々木朗希投手(22)が、中8日で先発する。開幕から中6日で3試合、毎週日曜日に先発してきた佐々木は、計19イニングを投げて2勝0敗、23奪三振の防御率1・89。今回は登板前々日の21日に日本ハム本拠地エスコンフィールドのブルペンでスライダー、フォークを含め25球の投球練習を行った。予告先発が発表された22日、佐々木は球団を通じ「縁あって球団通算1万試合目のゲームに先発することになり、とても光栄に感じます。いいピッチングをしてチームの勝利に貢献できるように頑張ります」とコメントした。[了]朗たん。そろそろ、ここらで、でっかいコトをやっ...10000

  • 貯金?知らない言葉です。

    鴎0-5公【ロッテ】今季初の同一カード3連敗…吉井監督「この流れを作ったのは初戦の私の継投ミスから」◆パ・リーグ日本ハム5―0ロッテ(21日・エスコンフィールド)ロッテは、2戦連続の完封負けで今季初の同一カード3連敗となった。吉井監督は「この流れを作ったのは初戦の私の継投ミスからです。選手達は一生懸命やってくれてるので、次ここに来たときにやり返せるように準備したいと思います」と、前を向いた。打線は8回まで毎回の走者を出すも4併殺の拙攻。4回5失点と誤算だった先発・種市については「今日は立ち上がりから悪いなと思って見ていて、前回もそうだったけど、真っすぐを自分の思ったところに投げられていなかった。ああいう時はやっぱ苦しくなってしまう。またしっかり調整して次は頑張ってほしいと思います」と期待を込めた。球団通算...貯金?知らない言葉です。

  • おじま、お疲れさま(*´ω`*)

    鴎0-2公ロッテ・小島は122球粘投も吉井監督バースデー星ならず指揮官は左腕称える「小島は今日はよく頑張った」「日本ハム2-0ロッテ」(20日、エスコンフィールド)ロッテの小島和哉投手が先発し、7回2/3を7安打2失点だった。122球の粘投を披露したが、打線は相手先発・北山を前に沈み込み4安打無得点。援護を受けられず、今季3敗目を喫した。吉井監督の59歳の誕生日だったが、2年連続でバースデー勝利を逃した。小島は初回、1死から松本剛に左中間二塁打を許すと、万波にはフォークを左前に運ばれ、先制点を献上した。その後は七回まで直球、チェンジアップ、スライダーで無失点に抑えたが、0-1の八回は、2死から3連打で追加点を与えた。「最後、頑張ってあと1人抑えたかったんですけど、全部真ん中に入ってしまったので悔しいです。...おじま、お疲れさま(*´ω`*)

  • こ れ は ひ ど い

    鴎3-4公【ロッテ】今季初のサヨナラ負け、9回押し出し四球の横山陸人に「精いっぱい頑張った」吉井監督<日本ハム4-3ロッテ>◇19日◇エスコンフィールドロッテは今季初のサヨナラ負けを喫した。グレゴリー・ポランコ外野手(32)の2ランと山口航輝外野手(23)のソロで3点を奪う。2点リードの7回、マウンドには2番手の八木彬投手(26)が上がったが、日本ハム・レイエスにソロを被弾。さらに2死一塁で水野に三塁打を浴び同点にされた。吉井理人監督(58)は「勝ちパターンのピッチャー何人か使えないのがあったので。ブルペンも若い子育てていかなきゃいけないので、ああいう場面で抑えられるピッチャーになってほしいなっていう期待を込めて出してたんですけども。修行やり直しです」と辛口評価を残した。最終回は横山陸人投手(22)が1死...これはひどい

  • はよう、帰ってきなされ(*´ω`*)

    ロッテ26歳が支配下復帰へアピール楽天23歳は4回無安打の快投…18日のファーム育成右腕が奮闘…ロッテ・河村が3回1安打、楽天・竹下が4回無安打5Kで無失点パ・リーグ球団主催のファーム公式戦2試合が18日、行われた。ロッテは育成の26歳・河村説人投手が勝利投手、楽天は育成2年目の23歳・竹下瑛広投手が4回無失点と好投した。ロッテはオイシックス戦(浦和)に2-0で勝った。先発・高野脩汰投手は3回を1安打4奪三振無失点と好投。4回から登板した河村も3回を1安打2奪三振無失点に抑え、支配下復帰へアピールした。7回以降は3投手がパーフェクトリリーフを見せた。一方の打線は、3回に二塁打で出塁した平沢大河内野手が三塁へ進み、相手の野選で生還。なおも1死三塁で、暴投の間に三塁走者の高部瑛斗外野手が2点目のホームを踏んだ...はよう、帰ってきなされ(*´ω`*)

  • ちょきん3

    鴎2-0猫【ロッテ】3連勝で今季最多の貯金3!4度目の完封勝利!西野が8回途中無失点の力投で2勝目山口が決勝打!鈴木がプロ初セーブ■プロ野球ロッテ2-0西武(17日ZOZOマリン)ロッテは西武に今季4度目の完封勝利を挙げ、今季2度目の3連勝。9勝6敗1分となり今季最多の貯金3となった。試合は初回に2死一、二塁で5番・山口航輝(23)が中前適時打を放ち先制すると、先発・西野勇士(33)が8回途中無失点の好投でリードを守る。その後は澤村拓一(36)、鈴木昭汰(25)が無失点リレーで完封勝利を挙げた。鈴木はプロ初セーブを挙げた。先発の西野は今季3度目の登板で1勝1敗、防御率1.38。前回登板は9日の西武戦(県営大宮)で7回無失点で今季初勝利を挙げた。立ち上がりは1番・長谷川信哉(21)に死球を与え、送りバント、...ちょきん3

  • カラカー、平良に投げ勝つ!!(≧▽≦)ノ

    鴎4-3猫吉井監督「まだオジサンというには若い。もう一花」6回1安打無失点の唐川を称賛【ロッテ】◇16日ロッテ4x―3西武(ZOZOマリン)今季初先発のロッテ・唐川侑己投手(34)が5回まで完全投球の完璧な内容。6イニングを1安打無失点で勝利投手の権利を得てマウンドを降りたが、救援の西村が逆転3ランを浴びて2018年7月5日のオリックス戦(京セラドーム大阪)以来、6年ぶりの先発勝利は逃した。それでも試合後の吉井監督は唐川の投球を高く評価した。「きょうは(2人の先発タイプを投入する)ピギーバックを考えていた。唐川が3か4(イニング)、その後に中村(稔)がロングだったんですけど、それをひっくり返すようなすごいピッチングを唐川がしてくれた。いま(先発の)6番手が空いているんで、そこを狙って頑張ってほしい」と称賛...カラカー、平良に投げ勝つ!!(≧▽≦)ノ

  • ライト、うらーわへ。

    【ロッテ】池田来翔が登録抹消5日に1軍昇格も打率.063と結果を残せずプロ野球・ロッテは15日、池田来翔選手の登録を抹消しました。池田選手は開幕後の4月5日に1軍登録。その後は6試合にスタメン出場し、主に下位打線で打席に立っていました。しかしここまで16打席に立ち、1安打、1打点のみ。結果を残せず打率も.063にまで下がっていました。また、13日の楽天戦では、5回にバントを失敗すると8回には代打を送られベンチに退きました。昨季40試合に出場し打率.269の成績を残した池田選手。復調に期待がかかります。[了]まぁ…やむなし……(´;ω;`)ですね(;・∀・)打率.063。バント失敗。ちょーっと、擁護できない(;´∀`)いったん、浦和で調整して、しっかり戻してもらわないと(*´ω`*)ナニしろ…戦力不足は常態...ライト、うらーわへ。

  • 朗たん2勝目

    鴎9-2鷲ロッテ朗希「長い回投げるのが先発の仕事」2試合連続100球超で2連勝、2年ぶり東北で成長見せた◇パ・リーグロッテ9ー2楽天(2024年4月14日楽天モバイル)今季3度目の先発となったロッテ・佐々木朗希投手(22)は7回3安打2失点(自責1)、7奪三振の好投。先発全員安打となる15安打9得点の大量援護に後押しされて22年5連勝、23年4連勝に次いで自身3度目の開幕2連勝を飾り、「今日も序盤に点数があったので、ランナーをためないことを意識して投げました」と振り返った。5点の援護をもらって上がった初回のマウンド。2死から浅村に156キロの高め直球を左翼席へ運ばれ、今季初めて本塁打を打たれたが、「首振って真っすぐいったんですけど、僕の判断が間違っていたというか、そこは反省してその後のイニングでいかせたの...朗たん2勝目

  • 勝ち越しがなくなりました(;・∀・)

    鴎2-2鷲【ロッテ】今季初の引き分け、12安打2得点に「昨日もそんな感じ。采配がまずかった」吉井監督<楽天2-2ロッテ>◇13日◇楽天モバイルパークロッテは今季初の引き分けとなった。前回のオリックス戦(ZOZOマリン)では5回5失点と悔しい結果に終わっていた種市篤暉投手(25)は7回6安打1失点と力投した。だが、吉井理人監督(58)は「全然修正できてなかったんですけど、それでもなんとかしたんで、また次の1週間しっかり調整して調子を上げてほしい。真っすぐが全然、自分でコントロールできてないんで、あれだと多分ピッチングにならない。よく115球で7回で収まったと思ってます」と厳しかった。打線は12安打ながら2得点にとどまり「昨日もそんな感じでしたね。どう(打順を)並べてもこういう風になるっていうのは、多分試合中...勝ち越しがなくなりました(;・∀・)

  • 11安打の猛攻(2得点)

    鴎2-5鷲小島5回3失点…ロッテ連勝ストップ吉井監督「5回100球はノックアウトみたいなもん」◇パ・リーグロッテ2ー5楽天(2024年4月12日楽天モバイル)ロッテの先発・小島は5回104球を投げ、7安打3失点。4回に伊藤裕に先制ソロを被弾し、5日のオリックス戦から続いていた無失点が12イニングでストップ。5回にポランコの1号ソロで同点に追いついてもらったが、その裏、無死満塁のピンチを招いて2点を失った。打線は7回に1死満塁のチャンスを築き、代打で登場したドラフト1位ルーキー上田のプロ初打点となる左犠飛で1点を返したが、反撃はそこまで。7回から3番手で登板した高野が2イニング目の8回に2失点。連勝は3で止まり、貯金なしに逆戻りとなった。【吉井監督に聞く】――小島は5回3失点。「一歩進んで一歩下がるみたいな...11安打の猛攻(2得点)

  • 今日試合なかった…(;´・ω・)

    ロッテ・小島和哉「初回から飛ばしていけたら」12日の楽天戦に先発!早大後輩の早川と投げ合い!ロッテの小島和哉が12日の楽天戦に先発する。早稲田大の後輩・早川隆久との投げ合いとなる。小島は球団を通じて「とにかく長いイニングをしっかりと投げられるように。打者1人ずつ、そして1イニングずつ。一つ一つのアウトを積み重ねることだけに集中して結果的に最後、チームが勝っている状況になっていればと思います。初回から飛ばしていけたらと思います」とコメントした。小島は今季ここまで2試合・14イニングを投げ、1勝1敗、防御率1.93。前回登板の5日のオリックス戦では21年10月3日の楽天戦以来となる完封勝利を挙げた。[了]今季のおじま。2試合14イニング。防御率1.93。完封1。コレはエースですね(=゚ω゚)ノ間違いない(*´...今日試合なかった…(;´・ω・)

  • 勝利盗っ人

    鴎3-2猫【ロッテ】延長10回ソト「自分が決めようと思っていた」決勝打で今季初の3連勝で初貯金指揮官は救援陣に奮起促す◇10日西武2―3ロッテ(ベルーナドーム)ロッテが今季初の3連勝で待望の貯金「1」を呼び込んだ。2―2の延長10回に3番のソトが勝ち越し打を放った。1死二、三塁で西武の4番手右腕アブレイユのツーシームを捉え、値千金の一打を中前に運んだ。「とても重要な場面だった。あそこは自分が決めようと思っていた」。これで開幕2試合目から10試合連続安打。DeNAから移籍した新助っ人がパ・リーグでも機能しており、吉井監督も「(交代せずに)残しておいて良かった」と率直な感想を漏らした。ただし、終盤には救援陣が失点を重ね、9回には横手投げ右腕の横山が西武・中村に同点弾を打たれてセーブに失敗。指揮官は「ちょっとよ...勝利盗っ人

  • 打線がようやく…

    鴎5-0猫ロッテが今季初の連勝で勝率5割復帰西野7回無失点の好投で今季初白星吉井監督「しっかり修正してきた」「西武0-5ロッテ」(9日、大宮公園野球場)ロッテは投打がガッチリかみ合い快勝。今季初の連勝で勝率を五分に戻した。ベテランが安定感抜群の投球だった。先発の西野は序盤からストライク先行でテンポよく投げ進めた。中盤の六、七回と続けてピンチを背負った場面も落ち着いて切り抜け7回無失点。今季初白星をつかんだ。吉井監督は「前回はあんまりよくなかったけど、しっかり修正してきた」と評価した。打線も難敵を攻略した。西武・平良に対し、序盤は苦しんだが、四回に中村奨の今季自身初打点となる2点適時打で先制。指揮官は「日曜日もいい打撃をしてたんで、調子は上がってきたんじゃないかな」と話した。七回には岡の適時二塁打で追加点を...打線がようやく…

  • 初回から全力

    ロッテ・西野9日西武戦に先発「初回からおもいっきり全力で」ロッテの西野勇士投手が9日の西武戦(大宮)に先発することが発表された。西武は平良海馬投手が先発する。昨季の西武戦は5試合に登板して2勝0敗、防御率1・91と好成績を残した。今季初登板だった前回2日のソフトバンク戦は6回2失点も援護に恵まれず黒星。ベテラン右腕は「初回からおもいっきり全力で投げてチームの勝利に貢献できるような投球ができるように頑張りたいと思います」とコメントした。[了]今季のかもめ~ず。負けるときは、初回に炎上して、試合開始10分で終戦。なんてことが多いですからね(;´・ω・)立ち上がりから全力で取り組むのは、理にかなった戦略でしょう(*´ω`*)ただ問題は…全力で投げたって、燃えるときは燃えてしまう(´;ω;`)という悲しい現実です...初回から全力

  • 初勝ち越し

    鴎5-2檻【ロッテ】佐々木朗希が7回2失点9Kの好投で今季初勝利自己最多111球も「まだ投げられます」◆パ・リーグロッテ5―2オリックス(7日・ZOZOマリン)ロッテの佐々木朗希投手が今季2度目のマウンドに上がり、7回を3安打2失点に抑え、今季初勝利を飾った。球数は自己最多111球で、最速は158キロだった。今季最初のお立ち台で最高の笑顔がはじけた。打線の援護にも助けられ、「2点を取られた時には、ちょっと今日は苦しいかなと思ったんですけど、1年分の援護点をもらっちゃいました」とおどけ、初勝利の余韻に浸った。この日の最速は158キロ。球数は自己最多111球に到達し、NPB日本人最速タイの165キロを誇る右腕は「最近球が速くないのであまり疲れてない。150(キロ)台しか出なくなってしまったのでまだ投げられます...初勝ち越し

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、次兄さんをフォローしませんか?

ハンドル名
次兄さん
ブログタイトル
かもめ見聞録
フォロー
かもめ見聞録

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用