chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ムーラン・ナ・ヴァン https://truelies1.hatenablog.jp/

今世紀の有名作・話題作をメインにレビューしてます。プロテニスは4大大会を中心に気になった試合を記事にしてます。ネタバレコメントも歓迎です!by カ〜ズ

カ〜ズ
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2023/01/21

arrow_drop_down
  • 飛ばないドローンだった【バトルドローン】

    ★遠隔操作の二足歩行型武装ロボットとの戦いを描いたSFアクション『バトルドローン』2019年公開 ★元海兵隊員ビンセント・レイカー(マイケル・パレ)率いる傭兵部隊は、モスクワを訪問中のアルカサル共和国次期統治者を拉致する仕事を見事なチームワークで成功させるその後、武器商人カールとCIAからの依頼で、アルカサル共和国の反政府軍に銃器を提供する極秘任務に就いた彼らは旧チェルノブイリ原子力発電所へと向かうしかしそこで彼らを待ち受けていたのは恐ろしい殺人機械兵「ドローン」でした任務はダミーで、彼らは「ドローン」の性能実演のためのターゲットとして呼び寄せられた標的だったことに気づきますレイカーらは「ドロ…

  • 斜め上の展開!捻って着地!【フロッグ】

    ★アカデミー賞女優ヘレン・ハント出演のサスペンススリラー原題は「I SEE YOU」『フロッグ』2021年公開 ★ある町で、10歳と9歳の少年が立て続けに失踪する事件が起きます現場には、かつて世間を騒がせた連続少年誘拐殺人事件のときと同じ緑色のナイフが残されてましたしかし、既に犯人は逮捕されており捜査は難航します一方、事件を担当するベテラン刑事は妻の不倫で家庭内の雰囲気が悪く、息子も母親に対して苛立ち、まともな会話になりませんそのうえ自宅で次々に不可解な出来事が起こり始めます扉がひとりでに閉まったり、誰も触っていないはずのテレビが突然事件のニュース放送を映し出したり、銀食器がなくなったり・・・…

  • 最終回・・一考!【劇場版名探偵コナン】

    ★幕引きできないシリーズアニメ・・25作(年?)にもなるとは(笑)『名探偵コナン/ハロウィンの花嫁』2022年公開 ★警視庁の佐藤刑事と高木刑事の結婚式に暴漢が乱入!実は警備訓練なのだが、佐藤は凶悪事件の予兆を感じ、高木がケガを負う同じころ、松田刑事を爆死させた連続爆破事件の犯人が脱獄し、公安警察の降谷零(安室透)らが取り押さえようとしたところ犯人が爆死します身動きが取れない降谷に、突然現れた謎の人物によって首輪型の爆弾をつけられてしまうコナンは、世界中で爆破事件を起こす正体不明の爆弾魔「プラーミャ」(ロシア語で「炎」)を追いかけることになる ★今回もまた、コナンの宿敵である「黒の組織」以外の…

  • ミステリーというよりアクション?【シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム】

    ★監督ガイ・リッチー、主演ロバート・ダウニー・Jr.「シャーロック・ホームズ」(2009)の続編『シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム』2013年公開★ヨーロッパ各地で連続爆破事件が発生し、ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)は天才数学者で作家のモリアーティ教授(ジャレッド・ハリス)こそが黒幕だと推理していました事件に関与していると睨んだアイリーン(レイチェル・マクアダムス)が姿を消し、「手を引かなければワトソンの命も狙う」とモリアーティから脅迫されたホームズは、事件解決の鍵となる女性シムを探しにフランスへ向かいますとある社交クラブに潜入したホームズは、ジプシーの占い師シム(ノオミ・ラパス…

  • 感涙ジョコビッチ!男子決勝【全豪OPテニス2023】

    ★男子シングルス決勝戦は、ジョコビッチ選手が6−3、7−6、7−6でチチパス選手を破り優勝!通算10回目のチャンピオンになりました ★一体いつまで強いんだ?関係者席でしばし仰向けに横たわり感激に浸り、ベンチに戻ってむせび泣き!昨年は全豪、全米に拒否され、全仏でナダルに負け、全英で優勝するもノーポイントそれでも、これでランキング1位に返り咲き!もう強すぎです!!チチパス・・落胆でも予想通りの展開すぎて、かける言葉が見つかりません ★女子ダブルス日本ペアは強敵チェコのクレイチコバ/シニアコバに4−6、3−6でストレート負け・・準優勝!涙の表彰式でした

  • エレナ・リバキナが静かに準優勝💦【全豪OPテニス2023】

    ★女子シングルス決勝戦はバズーカ砲の打ち合いになりました良くも悪くもサバレンカ選手のペースで試合は進み、サバレンカ選手が4−6、6-3、6−4でリバキナ選手を逆転で下し初優勝! 優勝の瞬間、ゆっくりとコートに倒れるこみます全米オープンでの悔し涙が彼女を成長させましたね和やかなムードの表彰式でした★1stサーブの確率がもう少し良ければ・・・サバレンカを慌てさせるほどのプレーができなかったリバキナ今後の女子選手の勢力図を変える選手になってほしいです 男子ダブルスは豪州組が優勝しました!

  • 決勝戦を残すのみ【全豪OPテニス2023】

    男子シングルス決勝は チチパス VS ジョコビッチ結局、ジョコビッチが残っているという事実もう笑うしかない今でも尾を引く「トイレ休憩問題」を勃発させた一昨年の全仏決勝戦を彷彿させるぐらいチチパスに頑張ってほしいただあの時は2セットアップからジョコビッチに逆転負けだったけど・・ 男子ダブルス決勝は 豪州🇦🇺ペア VS モナコ🇲🇨/ポーランド🇵🇱ペア豪州ペアの1人はリンキー・ヒジカタ(日本人) 女子シングルス決勝は リバキナ VS サバレンカまさしく静と動のパワー対決サバレンカがどのくらいムラっけを抑えられるかが勝敗の鍵 女子ダブルス決勝は 日本🇯🇵ペア VS チェコ🇨🇿ペアチェコペア強いのよ〜青…

  • 女子シングルス準決勝を終えて【全豪OPテニス2023】

    リバキナ VS アザレンカアザレンカ選手はベラルーシ国籍のママさん選手で、これまでに全豪オープンで2回優勝している183cm33歳 リバキナ選手はカザフスタン国籍の選手で、昨年のウィンブルドン優勝者184cm23歳今大会では威力が増したサーブを武器に勝ち上がってきており、準決勝を7−6、6−3で制し見事に決勝へ進出しました リネッテ VS サバレンカリネッテ選手はポーランド国籍の選手で、今回ノーシードから勝ち上がってきた選手171cm30歳 サバレンカ選手はベラルーシ国籍の選手で、今回全試合ストレート勝ちの第5シード選手182cm24歳プレーにムラがある選手ですが好調をキープして、準決勝を7−…

  • ビートルズファンでなくても?【イエスタデイ】

    ★アメリカ・イギリス合作のファンタジー映画『イエスタデイ』(2019年公開) ★イギリスの海辺の町で暮らすジャック(ヒメーシュ・パテル)は、ミュージシャンを夢見てライブ活動を続けていましたが、幼なじみのエリー(リリー・ジェームズ)のサポートも虚しく全く人気が出ませんジャックが夢を諦めかけたある晩、全世界が突然停電し、その瞬間バスにはねられてしまいます病院で目覚めるも無事退院でき、友人たちから新しいギターをプレゼントされますそこでビートルズの『Yesterday』を演奏しますが・・・???やがて、ビートルズが存在しない世界になっていることに気づきます急いで曲を思い出し発表してゆくのですが・・・ …

  • ベスト8が出揃いました【全豪OPテニス2023】

    4回戦が終わり準々決勝が始まります今回もまたシード選手を指標として結果を見ます【男子】シードを守れたのは第3、4、5シードの選手3名チチパス選手(3) ジョコビッチ選手(4) ルブレフ選手(5)あとは第18、29シードの選手2名とノーシードの選手3名が勝ち上がりました ★3回戦までストレート勝ち、4回戦の相手には昨年勝っていたので期待が高まっていた西岡選手「4回戦がアリーナコートでそれまでのコートより球足が遅く、思い通りの展開にできなかった」「相手のミスが予想以上に少なくて攻め入るスキがなかった」とコメント非常に残念でした・・本当に勝ってほしかった〜 ★個人的に注目していたウルフ選手が4回戦で…

  • タイトルが微妙に悩ましい【藁の楯】

    ★大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也らの豪華共演監督は「十三人の刺客」「悪の教典」の三池崇史『藁の楯』(2013年公開)わかるようなわからないような不思議なタイトルです ★孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川(山崎努)が、『この男を殺してください 清丸国秀29歳 御礼として10億円お支払いします』と逃走中の犯人殺害を依頼する全面広告を新聞に掲載します日本中がにわかに殺気立ち、身の危険を感じた犯人の清丸国秀(藤原竜也)は、早速殺されかけ福岡県警に自首してきました警察は警視庁SPの銘苅一基(大沢たかお)白岩篤子(松嶋菜々子)ら精鋭5人を派遣し、清丸を福岡から警視庁まで移送させることにしますしかし、賞金…

  • 番外記事》初めて一人で映画館で見た記憶【犬笛】

    ★西村寿行のベストセラー小説を映画化昔の邦画らしく、映画俳優さんがひしめいています主演は菅原文太ですが・・・北大路欣也/原田芳雄/酒井和歌子/勝野洋/かたせ梨乃/若林豪/村野武範/室田日出男/神山繁/大滝秀治/竜雷太/伴淳三郎/坂上二郎/山村聡/三船敏郎というキャストで1番の若手は竹下景子さんでした『犬笛』(1978年公開) ★’78年は「未知との遭遇」「スター・ウォーズ」が公開された年で、洋画がどんどん勢いづいて来た頃です ★当時、原作の小説を読んでから見に行きました全然色気のないこの映画ポスターを買い、犬笛のイミテーショングッズも買いました(笑) ★誘拐された自分の娘を助けにいく話なんです…

  • ラベンダーカラー流行?【全豪OPテニス2023】

    男子 女子も 日本ペアも ティアフォーが1番です

  • インクレディブル・ファミリーになるはず・・【スカイ・ハイ】

    ★スーパーヒーロー学園コメディのディズニー映画『スカイ・ハイ』(2006年公開)★スーパーヒーロー夫婦のザ・コマンダー(カート・ラッセル)とジェットストリーム(ケリー・プレストン)のひとり息子ウィル(マイケル・アンガラノ)が、“スーパーヒーロー”を育てる学校“スカイ・ハイ”に入学します新入生がスーパーパワーを披露し、“ヒーロー”組とそれをサポートする役目の“サイドキック”組に振り分けられる中、ウィルは落ち着きがありませんウィルにはまだスーパーパワーが現れていなかったため、サイドキック組に振り分けられてしまいますが、その事実を両親には話せないでいました両親からの大きな期待という悩みを抱えつつ、い…

  • がんばれウルフ!【全豪OPテニス2023】

    今日は試合が一時中断雨によるものかと思ったら、暑さによるものだったらしいさすが全豪オープン!紫外線が強そうです!主審席も選手のベンチも日除けフードが設置されてますあるレベル以上の温度になると中断するルールを初めて知りましたスタジアムコートだと屋根を閉めてエアコンを入れるので、一般の屋外コートより早く試合再開できますが、結局予定の試合を全て終了できず1回戦の何試合かが明日以降に持ち越されました ★現在67位のこの選手が気になる・・J .J.ウルフ第2セットで上記のヒートルール(試合中断)が適用されました1回戦・・・勝利しました2回戦はアルゼンチンのシュワルツマン選手(26位)と対戦

  • 日本人男子全員2回戦へ【全豪OPテニス2023】

    開幕しました!初日は男女シングルス1回戦の前半戦ですが、出場した日本人選手4名全員試合がありました【男子】◉上位では、アルカラス選手、チリッチ選手が欠場キリオス選手が試合前に棄権を表明しました◉今大会はアジア勢の出場が多く、日本、韓国、中国、台湾から9名が本選入りしていますさらに、アメリカ国籍の日系選手B.ナカシマ選手や豪州国籍の日本人選手R.ヒジカタ選手もいます日本男子3名は初日から快調です! ★綿貫陽介選手24才(138位)男子シングルスで1番に勝ち名のりをあげましたフランスの59位の選手にストレート勝ちです ★西岡良仁選手27才(33位)今大会は第31シードになりましたスェーデンの69位…

  • インクレディブル・ファミリーになれなかった【炎の少女チャーリー】

    ★原作はスティーブン・キングの小説「ファイアスターター」ドリュー・バリモア主演の同名映画(1984年)をリメイク『炎の少女チャーリー』(2022年公開)★特殊な能力を持つ両親から生まれたチャーリーは、生まれた時からパイロキネシス(自然発火させる能力)を持っていましたその能力は成長につれて大きく激しく覚醒し始めますやがて、感情のたかぶりで暴走するようになり、チャーリー本人でさえも制御が難しくなってしまいます父アンディは娘の能力を隠して生活を続けようとしますが、チャーリーの起こした発火騒動を知った政府の秘密組織が彼女を軍事利用するため超常能力者を送り込み、チャーリーの身柄を確保しようと狙っていまし…

  • 撮影快調!楽しい米風仏コメ【バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー】

    ★監督兼主演はフィリップ・ラショーハリウッドのアメコミヒーロー達を、開き直ってアレンジしたフランスのコメディ映画『バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー』2022年公開予想外に・・面白い〜💗 ★売れない役者セドリック(フィリップ・ラショー)は、新作映画「バッドマン」の主役に抜てきされますそれは“バッドモービル”に乗って宿敵“ピエロ”と戦う“バッドマン”の活躍を描いたヒーロー映画で・・撮影初日を無事に終えようとした頃、妹から父が事故で入院したという連絡が入り、慌てたセドリックは衣装の“バッドスーツ”を着たまま“バッドモービル”に乗って病院へと急行しますが、その途中で事故に遭い気を失ってしまいます…

  • 正月明けカレー初め

    青森にはこんなラーメンがある絶妙に美味しい青森名物だから・・味噌野菜カレーミルク雑煮だってあっても不思議じゃないごちゃっと作ってみた!餅は好きじゃなくて、この時期は大変(笑)肉は入ってないけど苦肉の策ですお後がよろしい様で! by カ〜ズ

  • コルダ選手残念【アデレード国際1】

    ★ノバク・ジョコビッチ選手が6−7、7−6、6−4でセバスチャン・コルダ選手(米)に逆転勝利全豪の前哨戦を優勝で飾りました ★準決勝のコルダ戦で第1セット終了後腰回りを処置第2セット2ゲーム目で棄権した西岡選手は残念でしたが、ベスト4まで勝ち進んでいました ★全豪オープン欠場情報男子ランキング1位のアルカラス選手(怪我のため)女子の大坂なおみ選手(理由は不明)

  • 番外記事》「バッドチョイス」3作品【2020〜2022年】

    つまらない記事で大変恐縮です💦映画ブログを始めて以来、自分にはハマらなかった洋画を確認し、レンタル年別ワースト作品を決めてみました 2020年:見た本数は50本未満、全て記事にしましたが・・『ソウルコンタクト』だけは他人様にお勧めできませんただ、いまだに検索から記事を見に来る人はいます(笑) 2021年:見た本数は100本未満、記事にする気にならなかった映画は2本!『スカイミッション』紛らわしいタイトルですが、間違えたわけではありません低予算のセットが気になり、話も・・・途中で見るのをやめました当然、記事にはしてません 2022年:見た本数は150本ぐらい、記事にする気にならなかった映画は10…

  • 全豪OPテニス前哨戦【アデレード国際1】

    ★昨年は豪州からの国外退去命令で欠場を余儀なくされたジョコビッチ選手が、今年は入国可能になり、現在アデレードの大会に出場しています第1シードとして順調に勝ち進み、明日の準決勝ではメドベージェフ選手と対戦です ★同大会で西岡良仁選手もベスト4に進出し、年初から良いスタートを切っています明日の準決勝ではコルダ選手(米)と対戦予定です

  • 飛行機嫌いを直してくれた人【立川志の輔】

    ★昔、飛行機の揺れが苦手で、三半規管を誤魔化すために聴診器型のイヤホンで落語を聞いていたら可笑しすぎて死ぬかと思ったことがある・・おかげで飛行機嫌いを克服(笑)それが立川志の輔さんの噺でした落語とか聞きます? ★今も続いている「志の輔らくご」公演の初DVD作品2004年12月渋谷パルコでの公演を7台のカメラで完全収録斬新なアングル、迫力の臨場感、そして・・・『志の輔らくご in パルコ vol.9』(2006年製作)《収録演目》◉こぶ取り爺さん ◉歓喜の歌 ◉浜野矩随(はまののりゆき) ★落語のDVDなんですけど、「落語なんてCDでいいじゃない?」「見ても座布団に座ってるだけじゃない!」と普通…

  • 2023スタート!

    前にも後ろにも亀は見えないから、ちょっと休んでいるけれどまだ本気出せるかな〜(笑)

  • 番外記事》「悩ましいラスト」3作品【2022年視聴作】

    2022年に見た150本中、ブログ記事編集中に色々考えさせられた3作品✨ ラストシーンが意味深で後を引きました ★『八月の狂詩曲』 3月に出会った黒澤明監督作品✨最後を見るまでは普通だなと思ってましたが、全く予想外だった目のシーン!そして、おばあさんの行動!😧監督が表現したかったラストシーンはアレだったのか〜ドキュメンタリーな記録映像を見るよりもさらに深くあれこれ悩みました自分なりに解釈したものの複雑な心境になりました ★『彼は秘密の女ともだち』6月に出会ったフランソワ・オゾン監督作品✨最近目にすることが増えたLGBT関連のお話もっとコメディタッチかと思っていましたが、ラストは紆余曲折を経た(…

  • 番外記事》「K.O.された」5作品【2022年視聴作】

    2022年に見た150本中、ガツンとくらった特大インパクトの5作品❗️ ★『バッド・ジーニアス』4月に出会った1st インパクト作品✨ ようやく見つけた有名作品でしたが、期待以上に面白くて興奮しすぎ・・まさか、今更テストでハラハラするなんて思いもよらず・・・中々記事がまとまりませんでした❗️ ★『女神の見えざる手』7月に出会った2nd インパクト作品✨この女優は誰?凄い人見つけたと思って震えました切れ味抜群でカッコいいジェシカ・チャステインにシビれました〜❗️ ★『マリグナント』 8月に出会った3rd インパクト作品✨ ホラー修行のつもりで見たのですが、ただのホラーじゃない❗️衝撃的に面白くて…

  • 久々に手に汗かいたドッグファイトシーン【トップガン マーヴェリック】

    ★これを見ないまま年を越したくない『トップガン マーヴェリック』(2022年公開)イメチェンしない男トム・クルーズは偉大です『テネット』も主演してほしかった〜 ★マーヴェリック(トム・クルーズ)の性格は相変わらずで、今も大佐の地位に甘んじ、かろうじて軍に所属していました超音速機のテスト飛行を強引に決行し、クビになるかと思いきや、かつての古巣トップガンで精鋭パイロット12名を指導するよう命令が下ります海軍が集うバーでペニー(ジェニファー・コネリー)と再会し、グースの息子ルースター(マイルズ・テラー)の姿に動揺します特殊任務の訓練教官として紹介されたマーヴェリックは、艦載戦闘機「F/A-18」のマ…

  • 感じるしかなかった【テネット】

    ★主演はデンゼル・ワシントンの二世俳優さんただひたすら不思議な映像が話題だったノーラン監督の映画『テネット』(2020年公開)謎は多いですが、オチが分かればOKです ★ウクライナのオペラハウスで起きたテロの鎮圧作戦に参加していたCIAの男(ジョン•デイビッド•ワシントン)が、テロリストに捕らえられます機密情報の自白対策のため毒薬を飲みますが、中身がすり替えられており、船の上で目を覚まします実はテロがテストであることを伝えられ、更に、TENETという単語と世界を救うミッションを与えられます 更に時間逆行装置と逆行する弾丸の存在を知り、先づ、弾丸の出どころを探すことにしましたニール(ロバート・パテ…

  • 普通に暮らすのが難しいX -MENファミリー【インクレディブル・ファミリー】

    ★「X -MEN」ファミリーの活躍をスピード感たっぷりに描いたディズニーアニメ『インクレディブル・ファミリー』(2018年公開)アメリカンヒーローの能力フル装備かも! ★法律でスーパーヒーロー活動を禁じられ、スーパーパワーを持つボブの一家は平凡な日常を送っていましたが、街を襲う悪者との戦いで街を破壊し、警察に連行されてしまいます後日、戦いを見ていたウィンストン・ディヴァーと妹のイヴリン・ディヴァーから、妻ヘレンにある任務の依頼が届きますボブは妻の代わりに家事と育児に励みますが、能力が暴走する息子ジャック・ジャックの世話に悪戦苦闘し、くたびれ果ててしまいますそんな中、新たな敵が現れスーパーヒーロ…

  • 二足ロボットは日本のイメージ?【リアル・スティール】

    ★ヒュー・ジャックマン主演ロボット格闘にかけるぎくしゃく父子の関係修復物語『リアル・スティール』(2011年公開) パッと見だけでストーリーが分かりそうですプラスアルファの面白さを期待してレンタルしました ★2020年、人間の格闘技に変わって、リモコン操作のロボット同士が戦う“ロボットボクシング”が大流行していましたプロボクサーからロボット格闘技の世界に転身したチャーリー(ヒュー・ジャックマン)は、非公式試合での一攫千金を夢見ていましたが、負けが続き借金生活に浸かっていました 彼のロボット「アンブッシュ」が猛牛に敗れた日、元妻が亡くなり、離れて暮らしていた11歳の息子マックス(ダコタ・ゴヨ)が…

  • コメントの女王とキング【2022年記事TOTAL】

    2022年も残り少なくなりましたご訪問いただいた皆様!どうもありがとうございましたそして、コメントしていただいた皆様には、重ねて御礼申し上げますコメントは映画のネタバレ内容でもかまいませんので、感じたことを何でも残してほしいと思っております ★当ブログのコメント女王は「ふくさん」★コメントキングは「ちびゴリさん」ですお二人には最上級の感謝を込めて御礼申し上げますいつもお忙しい中、本当にありがとうございます 非常に興味深いことに、お二人とも、はてなのブログがメインフィールドじゃ無いんですよね〜(笑)映画ブログのトップランカー「ふく様」ネット・新聞小説作家の「ちびゴリ様」これからも宜しくお願いしま…

  • ベタでもいい?ベタがベスト?

    この時期になると毎日・・山下達郎、ユーミン、B'z、稲垣潤一、ワム、マライヤ・キャリー、ジョン・レノン、ジャクソン5 …他にはないのか?と思ったら、ラジオで『ベタじゃない クリスマスソング』 やってました確かに、これは知らなかった! www.youtube.com 次のこれは・・・映画『サイレント・トーキョー』のエンディング曲 っていうか、ジョン・レノンやんwww.youtube.com 最後にもう1曲馴染み深いイントロが流れてきて・・・KICK THE CAN CREWの『クリスマス・イブRap』かと思ったら、普通に山下達郎でした大ボケかまされた!

  • 希薄なSNSの極端な世界【ザ・サークル】

    ★主演エマ・ワトソン、共演トム・ハンクスによるSNSを題材にしたサスペンススリラー『ザ・サークル』(2017年公開)トム・ハンクスの腹黒役は珍しい気がします ★世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業「サークル」に採用された新入社員のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件がきっかけでカリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、新サービス「SEA DHANGE(シーチェンジ)」のモデルケースに大抜擢されます 「サークル」が開発した超小型カメラを装着して、自身の24時間の行動を公開することになったメイは、あっという間に1000万人を超えるフォロワーを集め、アイドル的な人気を博していきます…

  • もしかして魔法なのか?【スイス・アーミー・マン】

    ★スイスアーミーナイフを文字ったタイトルですダニエル・ラドクリフが万能な死体役を演じた異色のファンタジックコメディ『スイス・アーミー・マン』(2017年公開)最初から最後まで死体役ですが、理解を超える機能満載です ★無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)が、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着きます死体の尻からはガスが出ていて、その勢いは次第に強くなり体は波を越え始め・・ハンクは意を決し、その死体にまたがり沖へと進みますジェットスキーのような勢いで海を渡り、気がつくと別の砂浜に打ち上げられていましたハンクは死体を放っておけ…

  • 逃げ道にワニがいる【クロール −凶暴領域–】

    ★外はハリケーンの真っ只中、大雨で町は冠水し、家の周りは巨大ワニが泳ぎ回っている『クロール −凶暴領域–』(2019年公開) サバイバルスリラー作品のようですが、どちらかと言うと…父娘のスポ根ファミリードラマです ★大学競泳選手のヘイリー(カヤ・スコデラーリオ)は、姉からの電話で一人暮らしの父(バリー・ペッパー)が、巨大ハリケーンに襲われた故郷で音信不通だと知ります 暴風雨の中、父を捜しに実家へ向かったヘイリーは、地下室で重傷を負って気絶している父を発見し、シートに乗せて移動してると、 いきなり巨大なワニが目の前に飛び出してきますワニが侵入できないところまで逃げ込みますが、身動きが取れなくなっ…

  • 頭文字Aの話【小悪魔はなぜモテる?!】

    ★6月に『ラブ・アゲイン』の記事内で紹介した作品日本との差がありすぎて共感されにくい気がします『小悪魔はなぜモテる?!』(劇場未公開/2010年米)レンタル店推しの作品の中から、エマ・ストーンの顔見て手に取りました ★校内では目立たない存在だった女子高生オリーブ(エマ・ストーン)は、親友に大学生と寝たと噓をつき、その話をトイレで聞いていたクラスメイトから噂を広められて注目の的になってしまいます更にゲイのブランドン(ダン・バード)に懇願され、ゲイをカモフラージュするために2人がHした仲だという偽装演技をしますオリーヴは親友にもアバズレのレッテルを貼られますが、開き直って噂のイメージを貫くことにし…

  • キライではない…【世界一キライなあなたに】

    ★原題は「 Me Before You」で何とも訳しにくいですが、工夫した邦題がつけられています『世界一キライなあなたに』(2016年公開)ビジュアル化された映画タイトルをよく見ると、キライの部分に小さくLOVEという文字がデザインされていて、センスを感じます(笑) ★ある日、働いていたカフェが閉店し失業したルー(エミリア・クラーク)は新しい仕事を見つけますそれは、事故で脊髄を損傷して四肢麻痺となり生きる希望を失った大富豪ウィル(サム・クラフリン)の介護の仕事でした最初はルーに冷たい態度のウィルでしたが、ルーの素直な明るさにウィルは心を開いていきますしかしある日、ルーはウィルの両親の話を聞いて…

  • スパイファミリーへの道【マリアンヌ】

    ★ロバート・ゼメキス監督のスパイサスペンス『マリアンヌ』(2017年公開) ★諜報員のマックス(ブラッド・ピット)はモロッコに潜入し、カサブランカで準備を進めていたマリアンヌ(マリオン・コティヤール)と合流して偽りの夫婦を演じ始めます近く予定されてるナチス系ドイツ人のパーティーに入り込む準備を進めるうち、2人は次第に惹かれあっていきます 計画通りパーティーでナチスの要人暗殺任務を成功させた2人は、イギリスで結婚することにしました 2人の間には娘のアナも生まれ穏やかな生活が続いていましたが、突然マリアンヌにスパイ容疑がかかります ★ストーリー展開は物足りなさを感じますが、「カサブランカ」「ケベッ…

  • 爽快な時代劇【雨あがる】

    ★原作は山本周五郎の同名の短編時代小説監督は「蜩ノ記」の小林堯史、脚本は黒澤明主演は寺尾聰、妻役は宮崎美子『雨あがる』(2000年公開) サラッと見られる91分 ★武士・三沢伊兵衛(寺尾聰)は武芸の達人でありながら、人の好さが災いして仕官がかなわないという不思議な男でした妻・たよ(宮崎美子)とふたりで旅をしていますが、長雨で河を渡れず足止め状態が続いていました 宿泊する安宿には、雨が上がるのを待つ貧しい人々で溢れ、そんな彼らの心を和ませようと、伊兵衛は妻に禁じられている剣術の賭試合で稼いだお金で酒や食べ物を彼らに振る舞います約束を破り申し訳ない気持ちで一杯の伊兵衛は、妻に正直に打ち明け詫びを入…

  • 火星移住準備中・・【ムーンショット】

    ★「ロスト・イン・スペース」のようなスペースアドベンチャー系の話かと思ったのですが…火星移住計画が現実となった未来を描くSFコメディ『ムーンショット』(2022年公開)火星だけどムーンってなんでしょう? ★ウォルト(コール・スプラウス)は、人生を変えようと、火星行きのチケット手に入れるため大学の「火星プログラム」に36回応募するも不合格続き…カフェでロボット店長に雇われ、バリスタ補佐として働くパッとしない日々を送っていましたある晩パーティで出会ったジニー(エミリー・ラッド)といい雰囲気になりますが、彼女は翌朝、火星に出発してしまいました 100万ドルあれば直ぐにでも火星に行けるのですが、そんな…

  • 教科書にないのでテストには出ない「忍城の戦い」【のぼうの城】

    ★原作は小説で漫画化もされ、映画化されました東北の震災被害に配慮して公開が1年延期された作品『のぼうの城』(2012年公開)史実に基づくフィクションです ★天下統一目前の豊臣秀吉(市村正親)は、北条家の拠点の小田原城やその他の城に攻撃を開始しました周りを沼や湖で囲まれた“忍城”(おしじょう)では、城主の成田氏長(西村雅彦)が北条氏に従うように見せかけ、裏では豊臣側に降伏し、自らは小田原城に籠城に赴きました残された城には、農民たちから“のぼう様”と呼ばれている成田長親(野村萬斎) 長親に想いを寄せる城主の娘・甲斐姫(榮倉奈々)長親の幼馴染で「漆黒の魔人」と呼ばれる丹波(佐藤浩市) らがいて降伏・…

  • まんまと・・

    戦略にのってみた あ、こういうことですね

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、カ〜ズさんをフォローしませんか?

ハンドル名
カ〜ズさん
ブログタイトル
ムーラン・ナ・ヴァン
フォロー
 ムーラン・ナ・ヴァン

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用