chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • とりあえず1年頑張った

    4月(実は3月から少し学校には行っていたが)から始まった 音大生活もとりあえず1年終わった。 実際には休んでしまった分の試験の追試と補講が1時間残っているが まぁ、この辺は何とかなるでしょう。 案外成績が良かったのは意外だった。しかし、肝心の実技はパッとしない。 つい先日提出したレポートにはS評価が付いたのには驚いた。 っていうか、Sの評価ってあったんだ、みたいな💦 授業内で書き上げたものだったので尚更なのだ。 ソルフェージュ(主に聴音)は思っていたよりも聞き取りが出来なくなっていて →加齢によるものだろうと思われる。 だけど、最終的に(振り分けられた)クラス内ではなんと1番で終えることが出来…

  • 2023年になったが。

    新年が明けて、もう2週間が経とうとしている。 そして、日曜の晩に救急搬送されたのだ。 今は、普通に生活しているけれど どうも心臓に関する何からしい ここ数年、呑み込むときに詰まるようなことが良く起こる 特に、ふかした芋、ごはんの塊→すし、おにぎり、パンなどね で、飲み物で流し込めば何とかなってたんだけど 8日の晩は、犬の世話をしてる最中に、いきなり苦しくなり しばらく動けなくなったのだ 様子がおかしいということで、家人が救急要請したものの コロナの制限や日曜の晩ということもあって、搬送先が決まるまで14件 救急隊の方調べてくださって、本当にありがたかった。 しかしですよ、心電図にも、様子にも大…

  • 2022年が終わろうとしている

    音大を目指そう、と張り切った年明け さて、大学に通い始めてからどうだっただろう 19歳の同級生たちと同じメニューをこなし 成績だって振り分けられてクラスも分けられた 一応Aクラスにいられる学科とか A+などが付く成績などもあった 思っていたよりは優等生のようだ というよりも、ヤマハグレードを受験していた経験が功を奏しているのだろう 学校の雰囲気ものんびりしているからやっていけるのだろう 年明け早々に後期試験やレポート提出が待っている すでに冬休み中にも課題が山盛りである しかし、本来主婦の身としては、年末年始というのはただでさえ大変なのだ とにかく大晦日までなんとか主婦業をこなし 年が明けたら…

  • 12月になると

    あっという間に12月 和泉宏隆さんを偲ぶ会まであと2週間しかない💦 おおっと、弾けてないぞ、まずい おまけに後期試験で弾くのに暗譜も始まっていない(+o+) ということで、振り返りなどを含め今置かれている状況 受験を決意して1年が経った 高校を卒業して40年、出願のために卒業証明をもらいに行ったけど 保護者にしか見られなかったな(笑) エントリーシートなど、出願書類を随分書いたような記憶がよみがえる もうずいぶん前のような気もするし、そうでもないような気もする 私は教職課程も履修しているので 長期履修で3年かけて通う計画であるが、何だか毎日学校にいる 3年なのに毎日来てるの?と笑われることもあ…

  • 若くないから

    若くない分、ダメなこともある。 逆にそうでないこともある。 18歳の私が今と同じような状況で学習していたら かなりの落ちこぼれであったと思われる ただし、演奏力の伸びしろは比にならないくらいあったんじゃないかな 和声は相変わらず理解しないまま授業が進んでいて なんだろうなぁ、なんて思いながら参加してるけど わかりやすい別のクラスに行きたい、と相変わらず思っている しかし、理屈が分かれば書けない、ということもなさそうだ 今の音大の学習ですごく助けられている「ヤマハ貯金」 エレクトーンで学んだこと、指導グレードのために学習したことに 本当に助けられているのである カデンツ、伴奏付け、弾き歌い、楽典…

  • 11月がきた

    11月3日 あちこちの大学で学園祭がたけなわのようである ちなみに私が通う学校も学園祭であった オーディションで優秀な成績を収めた生徒さんが演奏会のステージに立てるのである 私は論外(笑) ということで、友人の発表を聴きに行ってきた いつになく、人の気配もあり、ちょっと華やいだ雰囲気でしたね 思うに。 人数が少ないんだし、まあ優秀な人はホールでやってもらって そうじゃないけど音楽好きな人が多いんだから どこかの教室でフリーでコンサートってのもあっていいんじゃないのかな なんて思ったりした 来年はやってみるかな とかとか思う社会人 経験だけはさ積んでるし アイデアもいっぱい持ってるよ~ん

  • 介護体験実習

    今の時代、教員になるのも大変そうである。 新任でも特別支援のクラス担任を任されたりするそうだ そんなこともあって、介護等体験という項目があるらしい。 特別支援学校へ2日間訪問、来年は介護施設へ行くらしい 行った先では、知的障害重度のクラスを担当 想定外の事件なんかもあったんだ 詳細は書けませんが、毎日この状況に向き合ってる先生たち 私よりもはるかに若い人たちなのにすごいな、って思う それと思ったこと どのお子さんも家庭での愛情が注がれている様子が伝わってくる これは、普通学級ではあまり感じなかった 家庭と学校で大きな愛情に包まれて 大事に育てられていることを感じた2日間でした 幸せになって欲し…

  • 今更目指すもの

    先週は、心がボロボロになりましたが とりあえず、一山越えたのでホッとしています。 明日からの二日間、介護実習に行くので こちらも緊張しますね 昨年は小学校のICT支援員をやっていたので 学校に訪問する前の感覚です 受け入れる側は、なんでこんなおばちゃんがやって来たんだろう なんて思うかも知れませんねぇ 実は、教職課程も取っているアラカンのハリコさん 別に教壇に立つ気なんてさらさらないんだけど やたら関わることの多かった学校現場とか 実際に教える仕事を長くやっていたので 教師になるにはどんなことを学ぶんだろう、ってことが 気になったもんで、その辺りも大学で教わっています さて、明日からの2日間 …

  • 時代は令和。

    昭和の頃はね、先生様様の時代 怒られるばかりのレッスンで褒められたことなんてない 手の形が悪ければ、小さな手に卵を持たされて先生の家のピアノを弾かされる ある意味虐待よね 自分より年下の子が上手ければ比較されるし そんな風なレッスンだったけどソナチネまでは何とか習ったんだ 多分5年生くらいだったんじゃないかな その後のことは、前述の記事をご参考に 実は近々校内オーディションがある 参加は自由で成績にも影響しない 周りが出るので、参加する気がないけれど義務なら出なければ なんて思ってたら、出なくても良かったのね そこで、また重荷を背負うことになる 声楽の伴奏だ 歌う子たちに問題はないし、むしろ手…

  • 音楽歴は長いけれども

    5歳の頃だったと思う 親に連れられてヤマハ音楽教室に通っていた 当時から初見が早く、あっという間にテキストの楽譜を弾いていた なんか楽しかったんだよね その後、家の近くのピアノ教室へ行くことになるんだけど その先生が怖かったな 先生曰く、お宅のお子さんはピアノには向いていませんっ! と、目の前で言われたよ 今の時代、そんなこと言おうものなら大変だわ(-_-;) 先生様さま、そんな頃でしたね それでも、ソナチネまでは教わったんじゃなかったかな その次に習ったのは、バイト音大生 3か月くらいで先生が変わるもんだから、途中で嫌になった その頃、中学生くらいだったかな 結局、その辺りで行かなくなった …

  • 夏休み、あと2週間

    6週間あった夏休みもあと2週間になった 前半は、酷暑の中、関わりたくない身内の転居に振り回されてしまった この年になると、親の介護とか、前述した身内の件とか、 そんなことにも関わるようになってしまうのである ちなみに、実父は30年ほど前に他界しているが 実母は4年前から施設入所することになってしまった 自由を奪ってしまった、という後悔と 放っておいたら何をするかわからない不安 幸い周りには介護のエキスパートが数多くいるので 相談に随分乗ってもらった 結果としては「施設入所」となってしまったのだ 多分、あのままだったら、私はきっと警察の世話になってしまったかも知れない と思うほど荒れ狂っていたし…

  • 日々の記録を綴ります

    こんにちは。 この春から音大に通っているアラ還のえみこと言います。 入学してからすぐに書き残しておくと面白かったな、と思いますが 大学生活に慣れるまで大変だったもので 夏休み中に「前期」を振り返り 来る「後期」につなげていきたいと考えています。 不定期更新、ぼちぼち綴っていきます。 よろしくお願いいたします。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、haricochanさんをフォローしませんか?

ハンドル名
haricochanさん
ブログタイトル
アラカンオンダイセイ
フォロー
アラカンオンダイセイ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用