chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 声さえ大きくすればお金が確実に稼げるようになる理由

    ビジネスの場での声の大きさだけでなく、プライベートでも声は常に大きめで話すこの意識は持つべきで、私自身おすすめしています。海外の方と話をしても圧倒的に日本人は声が小さいと評価されています。

  • 一つの『お金』の失敗で本当は人生が終わる理由

    『お金の失敗』=お金を拒否してしまったということを認めることです。まずはその過去の過ちを自認しなければ根本的な解決はされません。お金を否定し毛嫌いしたことを認め、お金の価値を認め直すことです。もう長年、お金を否定し拒否し続けた分、急激な変化は見られないかもしれません。

  • 『今すぐマッチングアプリを消せるか』が成功と関わる理由

    選ぶ手札が多ければ多いほど、アプリで言えば『他にももっと自分に合う人がいるのではないか?』と欲が出るのです。この欲こそが、機会損失を生む心理の癖づけになります。いつでも、どこでも、だれとでも会える、繋がれると思うと、「今しなくても良い」「この人でなくても良い」という考えにもなります。昔はよく「星の数だけ男もいるし、女もいる」と言っていたものですが、現実世界で星の数だけ出会える機会を手に入れると選べない、まとまらない、ブレることが起こります。

  • 儲かる・稼げることほどしない方が良い理由

    大手企業ができないこと=儲からないこと成功している投資家ができないこと=稼げないこと儲けたい人ができないこと=理想と現実の距離を埋めること稼げない人ができないこと=自分の優位性を見つけること儲かる商売は、確実に大手が儲かるように仕組みが組み換えられます。稼げるビジネスは、確実に頭の良い人が乗っ取ります。少ししか稼げないビジネスをたくさん持つこと≒非効率=大手やたくさんの資本があればしない➡︎そこがチャンス

  • 稼げる、儲けると検索するのは無駄な理由

    お金を稼ぎ、資産を築くには広く浅い情報ではなく狭くて深い情報が必要です。そのためパズルのピースは常に足らず、ほかの情報と組み合わせてピースを見つける必要があります。ファッションで言えば流行りの服がわかっても、自分に似合うかは別問題なのと同じです。自分に似合う流行りの服を探すためには、結局楽はできずコーディネーターやスタイリストを雇うことになります。=有益な情報は有償であるということ

  • 陰謀論で動くお金と経済

    『お金持ち』という自分とは違う世界、或いは自分の思うお金持ちのイメージと乖離していることへの理由が見つからないから起こることなのです。つまり、陰謀論・陰謀説のほとんどは理解ができない側が仮説で解決しようとした心理的行動なのです。

  • 若者(20代〜30代)がお金持ちになれない理由

    どれだけお金を持っても、ビジネスを大きくするには金融機関の融資や利用は不可欠です。そんな金融機関の融資部も今の若者のビジネスに追いつけない、あるいはそのビジネスが融資先の顧客に影響がある場合融資が通りにくくなります。融資が受けられるのは老舗の企業・資本の大きい企業という仕組みで、金利の優遇まで差があれば若者は圧倒的に不利なのです。この融資の仕組みは考え方によっては、経済全体が、若者・若い世代=信用がない

  • 騙され続ける金融リテラシー

    この世の中の情報は『想定されたニーズ』『売り手の予想したニーズ』目線なのです。=騙されやすい情報に溢れているだからこそ、ファイナンシャルプランナーや弁護士などのアドバイザーに富裕層は多くのお金を投資するのです。そうすれば、情報や金融リテラシーをお金で買うという関係性に繋がるのです。騙されないためにお金を使う、お金を守るためにお金を使う。それが自分や大切なモノ・家族などを守る武器になるということをお金持ちは知っているのです。

  • 私たちのお金が動きの9割はパクリ

    人間は少しの親しみと少しの斬新に興味を惹かれるようにできているからです。特に日本は『前へならえ』の文化の習慣が強いため、先生の真似、友達の真似、親の真似、俳優やモデルの真似をします。しかし、その真似される側も全て真似からできているので、もう新しさというのは実はほぼ含まれていないことになります。

  • お金は適当に使って金融リテラシーを上げる方法

    もう私たちは無駄使いや浪費という言い訳に、自分で決断する能力が著しく低下しているからです。何がしたいのか何が欲しいのか何が食べたいのかどこに行きたいのかどっちが好きなのか決められないのです。これは大変なことです。節約や倹約・浪費やお金を使うことを抑制した副作用として、自分で自分のことが何一つわからない状態にしてしまっているのです。

  • 経済やお金は思い通りにいかないようになっている理由

    目次 1. 経済やお金は思い通りにいかないようになっている理由2. なぜ思い通りに人生はいかないのか […]

  • 本当に高級腕時計は投資・資産運用になるのか

    今回は本当にお金持ちが高級腕時計を投資や資産運用として購入するメリットがあるのか。そして自分達もお金持ちと同じように高級腕時計を投資商品として購入していいのか、という部分、メリットを解説していこうと思います。

  • 『半導体』への投資どうすれば良い?儲かるのか?

    半導体は、気づかない間に私たちの経済や生活にはなくてはならないものとなっています。具体的にはIT機器だけでなく、物流・製造・メンテナンスなど半導体なしでできる業種の方が少ない経済環境になっています。IT機器と言ってもパソコンやスマホのような電子機器かと思いきや炊飯器や洗濯機にも半導体は使われています。

  • 欲はお金があっても絶対無くならない理由

    欲は基本的に無くならない欲は我慢せず、満たすというマインドに切り替える『欲が満たされたかどうか』はモノでもお金でもなく神経伝達物質の問題欲深い・貪欲なことに嫌悪感を抱かないお金を持つことが欲なのか、お金を使いたいのが欲なのかを振り返る物欲を満たす以上に、自分を満たすものが実は多く存在することを知る

  • お金持ちや投資家が『野菜』や『農業』に関心を持つ理由

    野菜は『肥料』が生命線です。肥料がなければ農家では商売になりません。野菜の肥料としての3要素『窒素、リン、カリウム』は輸入に依存しています。窒素では言えば約90%は中国からの輸入で、中国がESG対策で窒素の製造過程で発生する二酸化炭素(CO₂)を減らすため肥料工場自体の操業に規制をかけました。

  • お金では『心』の病は治らないからこそ、するべきこと。

    『精神・メンタルが強い』かと心の病は別ものお金持ちや富裕層・資産家ほど自分の健康や心・精神に投資している人一倍努力をし、練習をして、苦労や痛み・嫉妬・妬みに耐える人生はメンタルになりやすいお金があっても結果として病気になった時に使えるお金は限られているお金持ちや資産を築くにも、プロセスは重要お金のために『心の病』『メンタル』のリスクを上げるのは危険お金もために『自分の再発率を上げない』ようにすること『お金』は人間が使うものであって、お金のために人間は生かされているわけではない

  • お金持ちになれない理由をピケティの『r>g』で学ぶ

    簡単に言えば、労働は自分の人生の時間を切り売りすることでお金に変えられるが、そのお金がお金を稼ぐことはないということです。給料をもらって、給料を1年間置いておいても1年前の給料が2割増しになることはありえません。しかし、マンションを持っていて、部屋を貸せばそのマンションの値段+家賃収入額となるため永続的に資産というお金がお金を運んでくる循環になります。

  • ポジポジ病になるより心配するべき『お金』の習慣と対策方法

    ポジポジ病には怖がらずなってしまった方がいいという考え方もです。理由は簡単で治すよりも前に、日本の大勢の方は投資や資産運用すらしていないのです。投資や資産運用すらしていないのに『機会損失』を考えて投資をしないということが一番『機会損失』だと言えるためです。日本はリスクを嫌い投機的なものを悪のように考える傾向があります。逆にアメリカは、現金で持っていても増えないのになぜ現金で持っておくのか?という考えなのです。その結果が、今のアメリカと日本の家計の金融資産の残高に顕著に現れています。

  • FXにおける合成通貨・合成通貨ペアの正体

    目次 1. FXにおける合成通貨・合成通貨ペアの正体1.1. FXの仕組みを理解するとクロス円の見方 […]

  • なぜ米国ETFの注目銘柄「VOO」「QQQ」は儲かるのか

    「VOO」「QQQ」に共通して言えるメリットは米国株式市場の要となるGAFAなどのビッグテック企業に投資しつつ、分散投資ができることです。「VOO」「QQQ」の選定基準はどれだけ運用資産を分散させたいのか。という部分だと言えます。もちろん、分散数が多ければ多いほど安定的で、分散数が少ないほどリターン率を個別銘柄の値動きに影響されやすいというリスクが生まれます。

  • 投資家が恐れる『グレートリセット』、現金や仕事を失う時代に

    グレートリセットとは?世界経済フォーラムがグレート・リセットを提唱したのは世界経済が抱える事実上の全ての負債を根本から消す仕組みを流行性のウィルスを機に取り組もうということでした。

  • 『集中投資』が分散投資より向いている人が多い理由

    日本人はリスクを恐れ金融商品を購入したり、資産運用・投資を避ける傾向が強くあります。日本人の77.3%は日本円で現金を持ち・貯金や預金を行なっています。つまり、日本円に対して集中投資をしているとも考えることができるのです。

  • 今更聞けないヘッジファンドのすべて

    ヘッジファンドの運用率は高く、その分ハイリスクであることが前提となっています。運用する金融商品は多岐に渡り、株式、債券、外国通貨、現物はもちろん、デリバティブ(金融派生商品)取引も積極的にポートフォリオに組み入れることが特徴です。

  • 投資家目線で見た『東証の再編成』「プライム」「スタンダード」「グロース」の本当の意味

    2020年4月4日、に登場した東証の「プライム」、「スタンダード」、「グロース」市場は株式投資をする上で何に注意をするべきなのか。いつの間にか変わったこの編成は何を目的とし、どんな経済効果を生むのか。

  • なぜお金持ちは海外・シンガポールに移住するのか

    日本円としての資産を外貨にさせて分散させるなどの『日本離れ』はお金だけでなく、日本国民自体も『移住』という形で進んでいます。2020年ごろから一定の経済情勢や流行性のウィルスの影響で移住率は前年比を割るもの、日本人の永住者は50万人を超えています。

  • 投資でロボアドバイザーをドンドン使うべき理由

    ロボアドバイザーは通称ロボアドと呼ばれ、アルゴリズムによって、資産状況、環境、目的などに合わせたポートフォリオを分析・解析・診断し、投資商品の選定を含む、リバランス(資産配分の調整)全てをまかせっぱなしでできるものです。

  • GAFAの知っているようで知らない話

    それよりも重要なのは、『GAFA』がどれだけ経済に影響力を持ち、そのことで国や政府が焦り、動向を気にすることで新しい投資する企業やポイントを見つけることが重要です。

  • 日本人はお金が好きだが、お金で幸せになれない理由

    お金で唯一いつまでも継続的に買えるのは『孤独』だということです。お金があることによって、人の醜さを知り人から離れる人生。お金を持っていない人・自分よりも資産が少ない人から攻撃されないように逃げる人生。使いきれないほど多い部屋・大きな部屋に一人の自分。自分の目指すべき人生はお金だけでは買えないということに気づくことも重要です。

  • 富裕層やお金持ちが『フェラーリ 節税』で気をつけていること

    フェラーリや高級車を超える『スーパーカー節税』はバブルの時代から、何十年も経った今も現役で活用される節税方法です。当たり前のようにメルセデスベンツやBMW・アウディなどの輸入車を見かける時代に、お金持ちがフェラーリを買うのは本当にメリットがあるのでしょうか?逆に、フェラーリなどの高級車で節税をしないお金持ちは本当に『買えないから』なのか『欲しくないのか』という部分も気になるはずです。

  • ネットバンク“だけ”はおすすめしない理由

    目次 1. ネットバンク“だけ”はおすすめしない理由1.1. ネットバンクとは?2. ネットバンク“ […]

  • 『Web3.0』への投資を本気で考えなければいけない理由

    Web3.0という言葉は投資家の中でも話題になっています。経済紙でも多く取り上げられている中、情報のボリュームが多すぎることと既存のサービスとかけ離れた部分があることによって、結果として投資家は情報渋滞を引き起こしている現状があります。

  • DX関連銘柄は儲かるのか?なぜDX化が投資家の評価点なのか

    既にDX(デジタルトランスフォーメーション)は投資家でも注目し始めていますが、デジタル化させることで優位性が生まれるという漠然とした理由以外にも、DX銘柄を重要視する理由はいくつもあります。デジタル・ トランスフォーメーション (DX)=将来のデジタル市場において 勝ち残るための企業変革という点で言えば、DX化できている企業とDX化できていない企業に分かれていき、DX化ができている企業に関しては、中長期的にビジネスの変革準備ができていると判断することができます。

  • 世界中が全力で米国株に投資する理由

    2021年末のデータを引用すると、世界の株式時価総額は、118.9 兆ドルであることに対して、アメリカが44.6%のシェアがあります。日本は世界の株式時価総額に対して、 5.5%であるため、アメリカは8倍以上多くシェアを抱えている国と言えます。アジア圏で言えば、世界の株式時価総額に対して中国でさえ10.7%であるため、アメリカの経済力は最強であると評価することができます。

  • 『FIRE』からほど遠い日本人のサラリーマンがFIREする方法

    自給自足で世帯支出が10万円以下で、相続で受け取った資金や家に住んで、資産運用によるインカムゲインが10万円以上あり、少額でも永続的な投資収益さえ確保できればFIREはできるのが特徴です。ここで一番わかりやすく言えば『贅沢ではなく自由』を選ぶ生き方はFIREにといえるでしょう。

  • メタバースが投資として成り立つ仕組み

    メタバースという言葉が浸透する中で、なんとなくわかっていることが実は違ったり、概念や定義というのも知らない方も多いはずです。今回はメタバースを用いて投資や利益が成り立つ仕組みまでをわかりやすく説明していきたいと思います。

  • 貯金をしている意味はないと言われる理由

    『意味のある貯金』とはなにか?『意味のない貯金』とはなにか?『意味のない貯金』をしている場合、何をするべきなのかその点において解説をしていこうと思います。

  • 『まだ続ける?』『まだ信じる?』間違った金融リテラシー

    「なぜお金は汚いのか」「なぜお金へ執着してはいけないのか」「お金、お金と言ってはいけない理由は何か」「貯金をする意味は?」「親が賭け事みたいだと思う投資は子供にとっても賭け事なのか」「どこが怪しいからダメなのか」ちゃんとした返事がどれだけできるでしょうか?

  • 『高配当ETF』は本当に儲かるのか?【活用方法も紹介】

    初心者におすすめの運用方法として『高配当ETF』を紹介しましたが、資産運用のプロや上級者も『高配当ETF』を活用して自己資産のポートフォリオを組むケースは多くあります。そのため、『初心者向けの資産運用から卒業』というよりも、どのみち選択肢の一つになるため『高配当ETF』の運用経験は将来的に活かされると言えます。

  • 知っているようで知らない・わからないマイナポイントとは?マイナポの裏の顔とは?

    マイナポイント事業は、消費の活性化やマイナンバーカードの普及促進、ここ数年で盛り上がりを見せているキャッシュレス決済の基盤構築を目的とした国の施策です。

  • まだ定期預金はやるべきなのか?活用方法・メリットはある?

    銀行に預ける中で普通預金よりも金利が高い定期預金ですが、預ける期間も長く元本割れのリスクは0に近いため、定期預金の需要は少なからずあります。しかし、資産運用としては『増えない』『意味ない』とも言え、資産形成の上で少しずつ定期預金への資産流入が減少傾向にあります。

  • 今更聞けない『FX投資』で稼ぐための基礎 知識

    FXは日本語では『外国為替取引』と言い、『FXで億り人』『FX破産』など様々な情報が散見され少しリスクが高いと考えるからもいると思います。リスクに関しては、株式投資含め全ての投資や資産運用でありますが、FXは運用の仕方次第でリスクヘッジは十分可能な投資方法です。

  • 【初心者向け】『四季報』は株式投資をするなら、やはり必須

    『四季報』の正式名称は「会社四季報」で、東洋経済新報社『週刊東洋経済』などはおそらく手に取ったことがある方も多いはずです。そんな四季報は1936年から創刊が始まり現在まで続きます。四季報は名前の通り、『春夏先冬』の年4回が出版されています。

  • “ほぼ”絶対儲かると呼ばれる投資『IPO』とは何か

    この今生きる生活環境に絶対といいものはないと言われ、『絶対儲かる』ほど信じてはいけないものはないと言われています。その中で

  • 生命保険は不要・加入しなくて大丈夫と言われる理由

    その中で『生命保険、不要説』というのはいつの時代にもありました。今更と思う方は読み飛ばしてもらって、20代・30代の方や、20代〜30代のお子さんを持つ方がどう説明していくかの参考にしてもらえればと思います。

  • 『日本が先進国でなくなる』ことに『安心をしてはいけない』理由

    今後、日本は先進国というブランドを背負うことができなくなるという指摘や意見が散見される機会が増えました。その理由にはGDP(国内総生産)やインフレ、法定通貨安(=円安)など数え切ればキリがないほどの理由が思いつきます。

  • 20代・30代が今さら聞けない『資産運用と資産形成』のこと

    金融・経済知識を自身の生活環境や経済環境で活用できるか検証するマネーリテラシーは、学校では教えてくれず、税金などの仕組みによって稼げないと諦めているのか。もちろん、税制度や仕組みという外部要因はあるにせよ、『資産運用』と『資産形成』の差くらいは説明できなければ『言い訳』にもならないというのも心痛い部分だと言えます。今回はこの記事によって少しのチャンス、自分にもできるかも。というチャンスを感じてもらえるような記事を書いていこうと思います。

  • 『悪い円安』で投資家もお金持ちも会社員も苦しむ理由

    大袈裟に言って悪い状態なのか、表面化で非常に危険性の高い状態を隠しているのか。ここが投資家やお金持ち・経営者が一番知りたいことだと言えます。もちろん、会社で勤める方々も極めてわかりやすいインフレ・物価上昇にどこまでついていけるのか不安を感じているでしょう。

  • なぜ普通に生きていて『自己破産』するのか

    目次 1. なぜ普通に生きていて『自己破産』するのか1.1. 固定収入・給料収入・営業利益があっても […]

  • 皆がやらないiDeCo!それでもiDeCoをするべき『〇〇の人』

    貯金大国の日本でiDeCoが活用されない=不自然なことiDeCoは貯金(貯蓄)をしながら節税ができる数少ない政策です。株式投資やFXで課税される運用益に対しての税金(20.315%分非課税)もかかりません。

  • ESG投資とは?方法やSDGsとの関係性、儲かる仕組みはあるのか?

    目次 1. ESG投資とは?方法やSDGsとの関係性、儲かる仕組みはあるのか?1.1. ESG投資と […]

  • 今更聞けないNISAと「新・NISA」の活用・利用方法

    目次 1. 今更聞けないNISAと「新・NISA」の活用・利用方法1.1. そもそもNISAとは?1 […]

  • なぜ日本人はビットコイン・仮想通貨を買わないのか

    目次 1. なぜ日本人はビットコイン・仮想通貨を買わないのか1.1. ビットコインと日本人の思考2. […]

ブログリーダー」を活用して、Finance Lite Tokyoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Finance Lite Tokyoさん
ブログタイトル
Finance Lite Tokyo 今更聞けない『お金』のリテラシーUPサイト
フォロー
Finance Lite Tokyo 今更聞けない『お金』のリテラシーUPサイト

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用