searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • 水の設置止めてみた

    久々にオカメの飼育日記。最近、私が家にいるときに限ってケージに水の設置をするのを止めるようにしてみた。理由は、ケージの掃除をする際に水を外すのを忘れてしまって、一晩中放置みたいなことを頻繁にやらかしてしまうから。翌朝餌を設置するときに気がついて『ああ〜、またやらかした〜』って思いながら洗うんだけど一晩放置するだけで入れ物はヌメヌメ。細長いタイプのを使っているから、歯ブラシで底のほうを洗うもののきち...

  • にゃんなの?( -᷄ω-᷅ )※ただの愚痴

    いや、自分に腹立ちが……このブログを更新するのはだいたい仕事を終えて寝支度を済ませた深夜か早起きした早朝。いつも眠気を帯びながら書いてる。そのせいなのか誤字脱字、その他リンクミスなどが非常〜に多い。一応更新ボタン押す前に確認してるつもりなんだけどいつもどこかしら間違ってる。今日も気がついたら書きかけの記事を思い切り公開状態にしてたし直したつもりだった記事が直ってなくて、盛大なリンクミスもあったし、、...

  • とあるハヤブサの物語、1度目の巣立ち

    ※第1話から読む場合は下記リンク先へhttps://visco0428.fc2.net/blog-entry-491.htmlついに、2羽の雛たちが初飛行を成功させた。いわゆる巣立ち。この、最初の巣立ちは非常に命を落としやすい。聞くところによると、なんと初飛行の成功率は1割~2割り程度でほとんどの雛がこのタイミングで命を落としてしまうのだとか。都会のハヤブサのケースだと、うまく飛べずにビルに激突して死んでしまうなんてこともあるらしい。そんな中で、2...

  • とあるハヤブサの物語、1度目の巣立ち

    ※第1話から読む場合は下記リンク先へhttps://visco0428.fc2.net/blog-entry-491.htmlついに、2羽の雛たちが初飛行を成功させた。いわゆる巣立ち。この、最初の巣立ちは非常に命を落としやすい。数字が正確なものかはわからないけれど聞くところによると、なんと初飛行の成功率は1割~2割り程度でほとんどの雛が初飛行時に命を落としてしまうのだとか。都会のハヤブサのケースだと、うまく飛べずにビルに激突して死んでしまうなんて...

  • まゆげ

    先日、図書館に本を借りに行った日。近所だしすぐ帰ってくるしと思って、野鳥観察の道具は置いて家を出た。そしたら、そんなときに限ってスズメの雛に遭遇。茂みの中で、ミ”ーミ”ー鳴いてた。あーやっぱりどんなときでもシャッターチャンスを逃したくなかったら、カメラは持ち歩くべきか。スマホだとピンボケしてしまう。しかも…まゆげのある雛……!君なんて可愛いんだ!(・ิω・ิ)...

  • 近っw

    文字通り、近影…笑...

  • とあるハヤブサの物語、オールデンは努力家

    ■とあるハヤブサの物語、第一話目はこちらhttps://visco0428.fc2.net/blog-entry-489.htmlすっかり、継父として定着したオールデン。彼の魅力は留まることを知らない。グリネルの後を継いでアニーのパートナーとなったのが、この愛らしいオスのハヤブサで、本当に良かったと思う。先日のこと。なにやら、おもむろに肉の塊を持って雛たちの前に現れたオールデン。どうやら、雛たちに自分のクチバシで餌を与えたかったらしい。(普通...

  • 続、グリネルとアニーの思い出

    さてさて。注文していたCalFalconsのシャツがやっと届いた。前回の記事はこちらhttps://visco0428.fc2.net/blog-entry-495.html現地よりも10日ほど遅れての到着。来てみたらダボダボ。アメリカンサイズだからかなり緩めだがもともと緩めの服を着るのが好きなので、わりかしこれでちょうど良いかもしれない。海外発送あるあるなのかわからないけどwものすごい簡易包装で届いた。なんと、ビニール袋に無造作に服がポンと入れられた...

  • 2022年、愛鳥週間が始まった

    今日から愛鳥週間の始まり!ということで、少し前にとうとう買ってしまったコンデジでそこいらの野鳥をバシャバシャと撮影。(カメラはキリないから手出さないと決めていたのに…。)スマホと比べると望遠機能がだいぶ優れていてついつい色々と撮ってしまう。昨年リリースされたebird_JAPANも活用してるけどいまいち使いこなせていない感じ…。私のチェックリストhttps://ebird.org/japan/checklist/S109430082https://ebird.org/che...

  • とあるハヤブサの物語、最初の孵化

    ※1話目はこちらhttps://visco0428.fc2.net/blog-entry-489.htmlアニーとグリネルの子がついに誕生した!雛って本当に愛らしい。恐らく明日〜明後日あたりで2羽が生まれてくるのではないかと思う。3個目のたまごは、他の2個のたまごに比べて産まれてるのが遅かった。そのため、以前他のライブカメラでもあったようにもしかしたら雛が孵っても、ハンデを背負っており育たない可能性も懸念される。(そもそもたまごが孵らない可能性も...

  • インコ捕り

    昨日天気が良かったため、ビスコと一緒に近所の公園を散歩。ベンチでボケ〜っとしていたら5~6歳の男の子と、男の子のお父さんとおぼしき男性が虫取り網を引っさげて公園にやってきた。そしてベンチにいるビスコを見るなり男の子が『あ!インコだ!』と叫び『捕まえたのかな!??』とあとに続けた。これには、思わず『ぶはっ』と吹き出してしまった(≧∇≦)お父さんが大慌てで『いや違うでしょ…!あんな上品な鳥はそこいらにいない...

  • お迎え4年目

    クリーム色の小さな恐竜をお迎えして、今日で4年が経った。なんだか3歳になってからが猛スピードで…感覚的にはまだ数ヶ月しか経っていないような感じなのに実は1年経ってました…みたいな。そんな気分。ビスコのいた京王百貨店のペットショップは昨年閉店してしまった。これはすごくショックなニュースだった。いつか、ビスコの他にも鳥をお迎えする機会があったら(そんな日が来るかどうかはしらんけど)絶対に京王百貨店のペット...

  • タロットで雛のことリーディングした結果…

    私はたまに自分の力ではどうしようもない場合のときのみ、タロットを使ってメッセージを読むことがある。先日の、遅れて誕生してきたハヤブサの雛ちゃん。(https://visco0428.fc2.net/blog-entry-498.html)予想通り餌は一口も食べることができず、亡くなってしまった。これじゃあ、一体何のために産まれてきたのかわからない。ただ餌を乞い求めるだけのために誕生したの?餌がほしくてほしくてずっとねだっていたのに、もらえな...

  • 遅れて誕生したハンデ

    4月。鳥たちを含め、あらゆる動物たちの繁殖の季節。CalFalcons以外にもウォッチしているウェブカメラが数台あるのだが1週間ほど前に、そのうちの1台のカメラで2羽のハヤブサの雛が誕生した。たまごはまだあと1つ残っていたけど、それは幾日か過ぎても孵化せず2羽の雛のみが、すくすくと成長していた。そんな中一昨日、だいぶ遅れて残っていた卵が孵化し、もう1羽の雛が誕生した。これはあまり喜べる状態ではない。産まれてきた雛...

  • 無知だと寿命は2~3年?

    先日、3年ぶりぐらいにInstagramのアカウントにログインした。ビスコを迎え入れてすぐに作ったアカウント。でも私はSNSは続かないタチなので、3ヶ月ぐらいで更新がストップしてたアカウント。同じ時期にオカメのルチノーをお迎えしたフォロワーさんのページを久しぶりに見てみたらなんとそのオカメちゃんは2年前に亡くなってた。2年前って、まだ2歳やん…。そのフォロワーさんは私と同じ社会人のひとり暮らしでけっこう忙しい人だっ...

  • とあるハヤブサの物語、オールデン誕生

    アニーの窮地を救ったニューガイの名前はオールデンに決定!※何の話?と思った方は下記の過去記事をお読みください※■とあるハヤブサの物語https://visco0428.fc2.net/blog-entry-489.htmlオールデンって、なんか響きがカッコイイね。真面目で重厚な感じがする。名前の由来は、脊椎動物学博物館(翻訳正しいかは不明w)の館長だった、オールデン・ミラーという人物らしい。この博物館の前任の館長は、グリネルという名前だったんだ...

  • グリネルとアニーの思い出

    CalFalconsでは、年に1回たまごが生まれる繁殖の時期にTシャツの販売キャンペーンをクラウドファンディングで実施している模様。Tシャツの売上金はカルフォルニア大学に寄付されて、今後のハヤブサの観測や調査の活動に使用されるらしい。今年もそのキャンペーンが開始していたのだが、グリネルが亡くなったのはその直後だった。みなが一時どん底の気持ちに陥ってTシャツどころの話ではない、という空気だったけれどすぐにニューガ...

  • とあるハヤブサの物語、一部訂正

    目の話せない展開を見せてくれている、CalFalconsのハヤブサ。先日私が書いたブログの中で、一部訂正しなければならない箇所があったのでここに記しておく。まず、ここの記事に書いてある、下記記述。確かなことはわからないけどこの雄のハヤブサがグリネルと領土争いをした結果が、グリネルの死に繋がったという可能性もある。これは、後にCalFalconsを管理している鳥類学者のインタビューでハッキリと違うことが判明した。ここ最...

  • とあるハヤブサの物語、ニューガイ

    今回は、グリネルに代わりアニーを支える新しいパートナーとなった雄のハヤブサについて現在わかっていることをまとめておく。※前回までの記事https://visco0428.fc2.net/blog-entry-489.htmlhttps://visco0428.fc2.net/blog-entry-490.htmlhttps://visco0428.fc2.net/blog-entry-491.htmlグリネルが亡くなったその日の夜から、そっとアニーのそばに現れた雄のハヤブサ。CalFalconsファンのユーザーたちからは、新しい男…『ニュー...

  • とあるハヤブサの物語、みたび

    先日記事に書いた、CalFalconsのハヤブサたち。※前回までの記事https://visco0428.fc2.net/blog-entry-489.htmlhttps://visco0428.fc2.net/blog-entry-490.htmlなんと、奇跡も奇跡!グリネル亡き後に、入れ替わるようにして登場した新しい雄のハヤブサが継父として立派に努めを続けているのである…!アニーに代わって抱卵したり獲物を運んできたりまるで本当の父親と同じように振る舞っている。これは超がつくほど激レアな事態だそ...

  • 続、とあるハヤブサの物語

    前回の続き。日中、グリネルが亡くなってしまったことを知らないアニー。食料も届かないし、かなりの空腹なのだろう。少し力ない様子で抱卵を続けている。時々、か細い声でグリネルを呼んでいるかのような鳴き声をあげている。それを近くで静かに見ている謎のシルエット……この影は一体?ライブカメラを観てる大勢の人が、このシルエットに注目していた。どうやら、このシルエットの正体は雄のハヤブサのようだがもちろんグリネルで...

  • とあるハヤブサの物語

    CalFalconsのグリネルが昨日亡くなった。https://calfalcons.berkeley.edu/CalFalconsとは、カルフォルニアの大学でハヤブサの観察をしている団体。グリネルは雄のハヤブサの名前で、ツガイの雌はアニー。アニーは少し前に2個目のたまごを産んだばかりだった。そんな中で起きた悲劇。私は通勤途中の電車の中でこのニュースを受け取りかなりのショックで、オフィス到着後しばらく職場のトイレから出られないでいた。(涙が止まんな...

  • 4歳のポートレート

    さてさて、3月。3月はビスコの誕生月。生まれた日付は不明だけど、3月のどこかで生まれたことには違いなさそう。ということで、そろそろ4歳だ。まだまだ女盛り?いまのところケガも病気もなくて元気にやっているけれど持続発情は止められていないので今後、肝臓などの負担に特に注意していかなければならない。と言っても、やることと言ったら『発情を止めるしかない』なんだけどね(-_-;)まぁとりあえず4歳記念ということでポート...

  • ふと思った。今を生きる子供たちは可哀想

    私はこの2年、一貫してこう言い続けてる。1.新型コロナウィルスって大騒ぎするほどのウィルスじゃないよね2.ワクチンは安易に打たないほうがいい3.マスクは、義務にしなければいけないほど効果があるとは思えない (ソーシャルディスタンスもまた然り)4.人類の考え方を変えないと、一生コレが続くよ? ウィルス終息なんて絶対にないよ?で、現にその通りなのである。ワクチンもマスクも、みんな躍起になって実施したって一向に...

  • ふと思った。今を生きる子供たちは可哀想

    私はこの2年、一貫してこう言い続けてる。1.新型コロナウィルスって大騒ぎするほどのウィルスじゃないよね2.ワクチンは安易に打たないほうがいい3.マスクは、義務にしなければいけないほど効果があるとは思えない (ソーシャルディスタンスもまた然り)4.人類の考え方を変えないと、一生コレが続くよ? ウィルス終息なんて絶対にないよ?で、現にその通りなのである。ワクチンもマスクも、みんな躍起になって実施したって一向に...

  • いま、気になってる本

    いま、とても気になっている本があるリボン小川糸著この、どこからどうみてもオカメインコ(しかもたぶんルチノー)な一羽の鳥が、刺繍風に描かれていてとても可愛い装丁。内容はというと…少女と祖母が大切に温めた卵から孵ったのは一羽のオカメインコだった。二人はリボンと名づけ、かわいがって育てるが、ある日リボンは飛び立っていってしまう。その後リボンと出会った人々は、この小鳥に心を寄せることで、生きる力を取り戻し...

  • 救いようのない人

    とある場所で目にしたのですがテレビ番組で、コロナワクチンの副作用についての危険性が報道されたんですか?うちにはテレビがないんでどんな内容が流れてたのかわからないけれどもし本当にテレビでも流れていたのなら、とってもレアケースかと思う。なんでも、ワクチン接種で免疫不全に陥る危険性があるとかナントカ…。まぁその真偽がどうなのかをここで推測するつもりはないんですが私が注目したのは、ワクチンが危険かどうかと...

  • シード考

    うちのオカメは生まれてこの方ずっとペレットを食しているので私はシードの知識があまりありません。どの種がカロリー高いとかね。(さすがにひまわりの種が高カロリーぐらいなことは知っているけど)ただ、ペレット食でもシードは少し与えたほうがいいと中野獣医に言われたこともありオヤツ程度にオーチャードグラスの種をずっとあげていました。あの種は、さすがダイエットシードと言われていることもありとても軽いので、たくさ...

  • できるだけ多くの体験を

    今日は久々に雪が積もったのでほんの少しの時間ですが、ビスコを外に連れ出してみました。昔、とある方から聞いた話。地球に存在するすべての生命は色々なことを体験するために生きてるんだって。動物だけに限らず無機質なものや鉱物も含めて全部。例えば洋服。洋服は、私たちに着られて色々なところへ出向きます。そうして色々な景色を見て、色々な匂いを嗅いで、色々な音を聞きます。やがて古くなると捨てられゴミとして燃やされ...

ブログリーダー」を活用して、風来坊さんをフォローしませんか?

ハンドル名
風来坊さん
ブログタイトル
オカメと生きる
フォロー
オカメと生きる

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用