chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 笑顔の白い歯

    一兵の父次郎は歯科医だが、一兵には医師になる事を強く勧めた。これは一兵の祖父が医師であった事が影響している。次郎は浪人したが医学部に受からず、歯学部に行きそのコンプレックスを一兵に託した。歯科医にはそういう人間は多い。しかし一兵も医学部に合格できず、浪人したくなかったので歯学部に進んだ。 そういう次郎の影響もあり一兵の根底には医科は命を預かる1番の仕事、歯科はそこまでやりがいがないというのが根底に流れていた。 ある時、一兵が若い女性の患者、河田里美を担当した。里美は20代半ばの若い女性である。右下奥歯のCR修復を終え、右上4番のFMCのマージン不適が気になっていた。 一兵はTCの正力にコンサル…

  • 知覚過敏

    「さあ、出勤だ!」 新谷一兵は布団から起き上がった。出勤日である。 新谷一兵27歳。歯科大学を卒業し、臨床研修医として大学病院で1年研修し 開業医に勤務した。医師は研修医制度は2年であるが、歯科医師は1年である。 以前は歯科医師は臨床研修医制度はなかった。そのため歯科医になり4年ほど 歯科医院で修行して20代後半で開業する歯科医も少なくはなかった。 しかし現在では、1年の臨床研修医制度がある。また医師に比べ歯科医師は 病院勤務先が少なく自分で開業するより他なく、そのためコンビニの1.7倍という 歯科医院数となり過当競争となっているのははるか昔からの話である。 1980年代より歯科医院数は増え続…

ブログリーダー」を活用して、永井研さんをフォローしませんか?

ハンドル名
永井研さん
ブログタイトル
デンタルクリニック
フォロー
デンタルクリニック

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用