searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ohama44さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
希望は売り切れですか?
ブログURL
https://ohama44.hatenablog.com/
ブログ紹介文
介護あり失業あり山あり谷あり沼あり嫁なしの とんでもな日々を覗いてみては如何?? きっと、そこには・・・・
ブログ村参加
2021/11/21
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ohama44さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ohama44さん
ブログタイトル
希望は売り切れですか?
フォロー
希望は売り切れですか?

ohama44さんの新着記事

1件〜30件

  • 夢の中へ行ってみたいと思いませんか?2

    ~あらすじ~ 薄明りの部屋には寝返りすらうてないオカンが座っていた。 その光景に茫然自失のオハマ。 果たしてオカンは夢の国の住人と化してしまったのか?! そしてオカンの狙いとは…?! 堂々完結!。 (↓ ここまでの話はこちらから ↓) ohama44.hatenablog.com 恐る恐る寝室に歩を進める。 果たして・・・。 それに続く言葉は どんな表情してる?であろうか、それとも、何してるの?であろうか。 はたまた、こんなにボケが進んでしまったの?が正解なのだろうか。 脳ミソは跡形のなくとろけてしまって最早思考にならない。 思考にならないがその分感性は鋭くなっている。 と、いう事にしておく。…

  • 夢の中へ行ってみたいと思いませんか?

    昨夜の出来事。 いつものように居間で、つまらないTVを観ている風にダラダラ点け流し、いつものようにビールをかっこんで脳ミソをとろかす作業に勤しんでいると、 なにやらオカンが寝ている寝室でごそごそと音がする。 ふと、目やると、 オカンのベット上の掛布団がもぞもぞと隆起している。 「あ、いつものやつかな。」 とろけ始めた脳が答えらしきものをすかさず用意し始めている。 オカンはパーキンソン病で、ある種の睡眠障害を起こすこともある。 いわゆる『レム睡眠行動障害』だ。 medley.life パーキンソン病を発症してからというもの、突然大声で「ごら゛っ!!」とか「あ゛あ゛あ゛っ!!」など言葉にすらなって…

  • おっさん萌え系に燃ゆる

    老人がみんな同じ顔に見える。 私が若かりし頃、そんな事を言っている人もいました。 「?…そう?」私は親父が長男だったこともあり祖父、祖母とも同じ屋根の下で育ってきました。 所謂、拡大家族と言う形態であったためか、当時今一つピンとは来てない意見でした。 なにせ近所の爺さん、婆さんがよく家に来ては、暇を持て余してお茶をすすり世間話なんか延々としている、そんな家庭に育ったものですから、決してみんなが同じ顔とは思ってもいなかったし、そうも実際見えてないから驚きもしたものです。 この婆さんは顔がのっぺりとしてて、細くツリ目で話が長い。が声はデカい。とか。 この爺さんは髭が渋いが、眠目でいつも退屈そう。と…

  • 今日は世界トイレの日

    今日11月19日は世界トイレの日だそうです。 移動の車内にかかるラジオで言っていました。ん?定番の語呂合わせでもなさそうだしと、ググッてみると、なるほどそう言う事でトイレの日なんですね。 worldtoiletday.jp リンク張りましたが、世界ではまだ20億人もの人がトイレのない生活をおくっているとの事。無知な私からしたらそんなに?!とショッキングな内容でした。“3人に1人が”です。 そんなに多かったとは…これぽっちも思っていませんでした。 生きることは排泄することでもある。どこか当然すぎて忘れがちな排泄をあらためて考えさせられます。 そりゃみんなキレイなトイレで他人の目を気にしないで安心…

  • おっさん萌え系に燃ゆる

    老人がみんな同じ顔に見える。 私が若かりし頃、そんな事を言っている人もいました。 「?…そう?」私は親父が長男だったこともあり祖父、祖母とも同じ屋根の下で育ってきました。 所謂、拡大家族と言う形態であったためか、当時今一つピンとは来てない意見でした。 なにせ近所の爺さん、婆さんがよく家に来ては、暇を持て余してお茶をすすり世間話なんか延々としている、そんな家庭に育ったものですから、決してみんなが同じ顔とは思ってもいなかったし、そうも実際見えてないから驚きもしたものです。 この婆さんは顔がのっぺりとしてて、細くツリ目で話が長い。が声はデカい。とか。 この爺さんは髭が渋いが、眠目でいつも退屈そう。と…

  • 初雪の知らせ

    北国田舎市ド田舎町にもやって来た。 冬がやって来た。 今朝、目を覚まし曇天の窓の外に目をやると、一面、白かった。 雪が降り軽く積もっていた。まだチラついているようだ。峠や山間部では既に幾度か降っていたようだが、平野部での積雪は今シーズン初だ。 ついに冬が来てしまった。どんよりと曇っている空のせいで余計に重たい気分になってしまう。 来るべき世界に来るべき時に来るべきものが待たせたなとばかり降りしきっていた。 これからの寒い・滑る・雪かきの三重苦の日々を告げるために。 もうすぐ溜息も白くなる。 鼻毛も凍って鼻の穴がへばりつく。 車も滑って止まらなくなる。 雪かきの汗が冷えて風邪ひいてしまう。 正直…

  • 糸婚

    おめでとうございます。 菅田将暉さんと小松菜奈さんがご結婚されたらしいです。おめでとうございます。 全く関係ないそこらへんの一般人である私からもおめでとうございます。 お二人は以前からお付き合いされていたのは報道なんかで耳にしておりましたが、この度晴れてゴールインされたようです。 おめでとうございます。 全くもって雲の上の存在である二人ですが、何だか嬉しいというか喜ばしい気分になるのは、きっと二人が傍目に見てもお似合いだからだと思います。 ちょっと曲者の雰囲気とか格好とか。お顔立ちも似てるな〜と、なんか色んな意味で似た者同士のような気が勝手にしていたので、率直に良かった良かったです。 「ディス…

  • おせち料理

    おせちの予約をして来た。 もうそんな季節になってしまった。 まだ気持ち早い気もしたが、いつぞやでは、さて予約と店頭に赴くも、 もう売り切れだった。結構な種類が売り切れていた。 そんな事もあり早めに。 我が家ではもうすっかりイオンのおせちが定番となっている。 イオンのおせちのもっとも安い類のやつ。 あれば何でもいい。ないしは、無いなら無いでいいのかも…。いや、ちょっとそれは 何というか盛り上がりにかけるのか…?。何で腹膨らましていいかも分らんし。 こんなノリなので毎年同じような10,000円程度の見覚えのある代り映えしないやつを頼むことになる。 今回のもカタログを見る限り見覚えがある。もしかした…

  • 12月29日に変わるもの 

    12月29日。 楽しみである。年の瀬真っ只中の12月29日。 「村田諒太VSゲンナジー・ゴロフキン」である。 以前から噂あったものの、ついに正式発表となったようである。 まさに夢のビックマッチ、何せ相手はあのゴロフキンである。 何せ「パウンド・フォー・パウンド」1位に君臨してきた 世界的スーパースター、ゴロフキンなのである。 そんな世界的なスターが日本のさいたまスーパーアリーナで村田選手と対戦する。 ボクシングに少し興味があり、かじった程度の私でも、思わずその日が待ち遠しくなってしまう。 世界最高峰を凌駕する村田選手の姿も見てみたいし、同時に スーパースターのスーパースターたる所以を目の当たり…

  • 年賀状

    ふとコンビニに立ち寄った。 私の場合、自動ドアをくぐると大抵右折する。 窓際の雑誌コーナーにまずは向かう。癖なのかもしれないが、取り合えず棚に並んだ 雑誌を目にするのだ。手に取って立ち読みこそほとんどしないが。 そこに今年も例のものを見つける。 年賀状用のイラスト集である。 来たか。と思う。 今年も既にひと月半を残すのみとなった。もう年賀状シーズンが訪れてしまった。 「ほんと早いな…」と少し気が滅入る。 もっぱら年賀状はもう職場の人達にしか出していない。 20枚もあれば余ってしまう程度だ。 やはり発行枚数も年々減少しているらしい。 ↓(詳細はここ)↓ news.yahoo.co.jp 当然だわ…

  • Let it be 阿佐ヶ谷姉妹。

    お笑いコンビの阿佐ヶ谷姉妹がブレイク中のようだ。 NHKでドラマまで始まったようだ。 言わずもがなお姉さんこと渡辺江里子さんと妹の木村美穂さんのアラフィフ独身オバハン2人組である。 地味だ。地味とも行かないまでも世間的に云う美魔女などではない。 見た目普通の人。 どこかの町内会の婦人部で漬物なんか作っていそうである。 独身ながらもその風貌からは普通の家庭の普通のオカンを感じさせる。 友人のオカンでも何ら不思議ではない。 ピンクのヒラヒラドレスを除いては。 由紀さおり・安田祥子姉妹のモノマネで好評を博すぐらいだから当然歌も上手い。キレイにハモって見せている。 そしてその狙いも上手かったようにも思…

  • 立冬の日

    今日は立冬だ。 暦の上では冬の始まりだそうだ。 確かに今日は寒かった。 私が住む北国田舎市ド田舎町では既に気温は一桁台。おまけにグズグズと雨。 太陽が恋しい天気だった。 そして深夜から早朝にかけては氷点下になるらしい。 立冬に相応しい。 これから冬がスタート。 これから夏がスタート。 どっちがげんなりとするであろうか。 私個人では断然前者だ。だが大多数が同じ意見であるようにも思ってもいる。 寒い=ウキウキとはならない。何故なら…何故なら…何故なら…。寒いから。に他ならない。 寒い。これはこたえる。寒いだけで随分と侘しくなる。 体を縮こめるが気分も然り。どんどん外気に触れないように閉鎖的に閉鎖的…

  • パズル

    オカンとパズルをする。 100均で売っている幼児向けのパズル。 対象年齢は3才以上となっていた。知育玩具と言ったところである。 以前も書いたがオカンには持病がある。パーキンソン病だ。 罹患してもう10年以上になっていて、それなりに病気は進行してしまっている。 それは体だけではなく、頭にもだ。 今はまだ経度ではあるもののごく普通、健全な70代のそれとは言い難い。 つまり認知症も併発している。 どうも図形が苦手になってきているようだ。 空白を埋めるであろう絵柄・形状を認識しそれらしいピースを探して当てはめてみる。 言葉にすると他愛もないことだが本人にとっては相当難題であったようだ。 30ピース程度…

  • 秋の長雨

    また雨だ。 またまた雨。 性懲りもなく雨だ。 思えば今年の夏は異常だった。 雨らしい雨が降らない状況がひと月以上続いた。 おまけに猛暑だった。来る日も来る日も30℃超えだった。北国なのに、だ。 干ばつなんて生まれてこの方記憶にない。 余波は畑にも広がっていた。 それがここに来て帳尻合わせにきている。 9月末からことあるごとに雨だ。 “秋の長雨” 長く、冷たい雨。 時に強く、ただひたすらにシトシトと。 今の仕事に就いてから変に天気に神経質になってしまった。 ーー特に雨。 なにせ1日に20㎜程度の降水量でも諸々の段取りが狂ってしまう。 天気次第、お構いなしで「仕事ですよ。」とlineがなる。 プラ…

  • ハッピーハロウィン

    Happy Halloween!! スペルあってますかね? 今年もやって参りました。一夜限りの大仮装大会。 欽ちゃんの仮装大賞なぞまるで興味なさそうである人種でもこぞって思い思いの 姿に扮し、我がもの顔で街を闊歩する謎の行事です。 まさに謎です。 ここ数年で一気にハロウィンって拡大、拡散していった気がします。 何があったのでしょうか?業界団体の甘い罠?かぼちゃ生産者達の一揆? なんだか分からんけどすっかり年中行事として定着した感があります。 ですが謎です。 そもそも、ハロウィンって何…???? 何をお祝い(?)してるの…? 何で…? 未だによく分かってません。 なので、訳の分からない行事で訳の…

  • キン肉マンの日に吉野家は無くても

    今日はキン肉マンの日です。 金曜日で29(にく)でキン肉マンの日らしいです。 私、キン肉マンはジャストな世代なんですよね。ちょうど小学生でした。 類にもれずハマりましたね。キン肉マン。 牛丼一筋300年〜♪って歌いました。 全然意味不明ですけど憶えているものです。 ヤフー知恵袋で何で300年なんですか?って質問を見掛けました。 回答では元ネタは吉野家のCMで牛丼一筋80年てフレーズがあったららしいんですね。 そして牛丼が300円だったのでそこから来たのでは?的なまさにベストなアンサーでした。初めて知りました。 当時、私の住むド田舎に吉野家なんて無かったですし、少し前に出来たと思ったらすぐ撤退し…

  • 出る杭は打たれる

    出る杭は打たれる。 受けているカウンセリングで信念の書き換えなる事に挑戦してる最中です。 表現は人によってまちまちかも知れませんが「信念」だったり、「価値観」だったり、或いは「思い込み」とか「固定観念」とかでしょうか。 自分が堅く正しいと信じている気持ちです。 それを書き換えるトレーニングです。 修正上書き保存するといった感じでしょうか。 そんな事できるの?なんてちょっと勘ぐってしまう気持ちがないわけではない ですが、百聞はなんとやらですので。 「信念」はどこからやってきたのでしょうか? と、問うまでもなくそれは、自分が今まで生きてきた中で、形成されてきたものです。 親、恋人や友人、家庭や職場…

  • 蛙 

    カエルの子はオタマジャクシである。 日本文化は恥の文化と言われる。 『恥』が行動規準にあるらしい。ようは「恥ずかしいか。恥ずかしくないか」が規準だと。そして、そこには常に他人の目がある。 納得だ。確かにそうだ。 家では平然と屁をコケるが、他人の前ではコケない。たって恥ずかしいもの。 他人の目が届かない家庭内の事を公にすることに大きな抵抗があるし、するものでもないとも考えてる気もする。 だからこそ家庭には家族しか知らない闇がある。 家族であることを証明する闇。 『機能不全家族』だった。 結果を言ってしまうと私の生まれ育った家庭はこれだったと思う。 www.plusq.life こうなると親ガチャ…

  • モヤさま IN 行田市

    寝すぎた。やってしもた。 寝すぎで頭痛が痛い。体は眠りを求めているのに 従ってみたら、頭が痛いとはどういうことだ? どういう了見なの?我が体。 などとどうでもいいことをぼーっと思ったり思わなかったりするしかない。 なにせ頭痛が痛いのだ。しょうがないのだ。 ごろごろ過ごすしかないのだ。 そんな時は何はともあれ「モヤモヤさまぁ~ず2」である。モヤさま日和だ。 言わずもがなテレビ東京の人気街ブラ番組である。 これが良い。なんとも緩い、のんきだ。 遅く起きた休日の昼間にぴったりだ。 だるい体をだらしなく横たえて観る、最高であり至福だ。 ここしばらく時間もなく録りたまってしまっていた。 HDを呼び起こせ…

  • 水曜日のダウンタウン あのちゃん最強説

    ギャップが大事。 ギャップ萌え、そんな言葉があるように。 水曜日のダウンタウン見ました? 面白い説がありました。 不思議少女あのちゃんを遠隔操作で操り大喜利回答をさせていたやつ。です。 情報番組「ラヴィット!」に出演していたあのちゃんに クイズの回答をそうそうたる顔ぶれの芸人さんが秘かに裏で考え、イヤモニ越しに伝えてボケさせる。 そんな趣旨でした。 あのちゃんと言えば不思議ちゃんである。 不思議ちゃんといえばあのちゃんである。 掴みどころがなく故に思考も志向も所在不明な感じがある、あのちゃん。 その、あのちゃんが他の芸人さんのお株を奪う珍回答連発である。色んな意味でキレキレの回答である。 当然…

  • 楓 

    ボロい食堂に入った。 遅い昼。 ここに来るのも久方振りだった。 職場を離れる事に決めてから財布に優しい生活を心掛けている。 優しくしているつもりも一向に応えてくれないが。 親の心子知らずである。 少しのテーブル席に窓際の長椅子席。 少しベタつく床。 すすけた天井の白。 無造作に置かれたスポーツ紙とくたびれた下世話な雑誌。 ラジカセのいつものスピッツ。 変わらないな。と思う反面 きっと今更、変わることなど出来ないのだ、ここも。とも感じる。 場末の昭和感の漂うこの店は、壮年男性とその奥さんであろう女性で切り盛りしている。 時折顔を出すその男性は、何かのっぴきならない理由でキャリアを断念し、仕様がな…

  • 除去ではなくて加工です。

    見えないものは見たいのだ。 見えないからこそ見たいのだ。 氣志團は、ピリオドの向こう側。 特攻の拓だと、スピードの向こう側。 そして男ならば、モザイクの向こう側。 こやつをぬんぐっと消し去る術をあれやこれやと飽きもせず探してきたのです。 その長く険しくもウホホな道中、幸運にもリアルに出会い大抵は『あー…。こんなもんだよな』と少年は大人になって行くものです。 が、正体を知ってしまった今でもモザイクを見るとあら、不思議。俄然少年の気持ちがムクムクと湧いてくるではありませんか? AIを駆使してAVのモザイク破壊で荒稼ぎしていた男性が逮捕されたと小耳にはさんだ。 ある者は薄い目で睨んでは敗れ、ある者は…

  • 床屋で価値を考えた

    髪を切ったのはいつだったろうか、確かまだ夏だった。 そこから伸ばしに伸ばしたり季節はもうすっかり秋だ。 3か月というところだろうか、とにかくもっさりしている。 ヘルメットのようだ。 ただでさえデカい頭にヘルメットだ。 「異星人…。」 ひそひそ声が地獄耳に届くまえに切らなければなるまい。 一丁前に美容室なるものに行っていた。 色気づいていた青年が通っていた美容室に中年になっても通っていた。 これが、正解かもしれない。 10数年来の付き合いとなった美容師さんにゆだねていた。 会話しなきゃとか、愛想ふりまかなきゃとか、変に気張らなくていいのだ。 要は楽だったのだ。 ーーーが、ひたすらにモテたかった青…

  • 銀の羅針盤

    凪いている。 10月に入ってからというもの、どうも凪いている。 いまひとつ感情が鈍い。 無気力感とも脱力感とも似ているような違うような。 自分の中の何かがふっと止まってしまったような感覚。 …足が止まる。手が止まる。思考が止まる。感情が止まる。 秋は苦手だ。不思議とダメだ。 それもそのはずだったらしい。 なにせオハマは“銀の羅針盤座”なのだ。 ゲッターズ飯田さんの著書「五星三心占い 2022年版」を購入した。 生年月日から計12種類のタイプに分けているところの“銀の羅針盤座”。 それによるとこのタイプは(銀の羅針盤座の人)は10月・11月と 「裏の時期」なのだそう。 本書によると、この「裏の時…

  • 中間トオルか仲村トオルか

    俳優 仲村トオルさんの活躍が見覚ましい そんな記事に思わず目が留まった。 ある世代にとっては仲村トオルと言えば、中間トオルであり中間トオルと言えば然り、仲村トオルであった。 おすぎと言えばピーコ。ピーコと言えばおすぎであるか如くに、そうだった。 ビーバップ・ハイスクールの中間トオルを好演されていた当時まだ20歳前後ぐらいだったと思う。それが今では56歳になられていた。 そりゃそうだ、ビーバップに熱を上げていた中坊も今やしなびたおじさん。ワクチン接種しようが熱も上がらない年齢になってしまった。 そりゃ50代になっていたって当然だ。 その仲村さんが今クールのドラマ『日本沈没』で首相役を演じているそ…

  • つながらない権利

    朝のワイドショーでつながらない権利について取り上げられていたらしい。 従業員が就業時間外や休日には、仕事上の電話やメールに対応する事を拒否する権利を『つながらない権利』と呼ぶのだそう。 このご時世、在宅勤務者が増加している事も取り上げられた背景にあるのだろう。 仕事と私生活が同じ空間で営まれ、自ずとその境界が曖昧になっていき…。 そんな惨状は在宅勤務者では無い私にも想像に易いように思う。そして 在宅勤務者でないが、時間なんて関係なくそんな連絡腐るほど来る。と嘆く方も相当数なのではないかなとも思う。(逆に完全に分離できてます。っていう人っているの?) かく言う私も類に漏れず『つながらなくてはなら…

  • 打ちっぱなしに行ってきた ~完結編~

    目線を下にやると止まったボール。 こいつにベクトルを与えてやる。なるべく大きなちからで。 するとこいつはぶっ飛んで瞬く間に見えなくなる。 よし。よし。大体のイメージは出来た。 イメージを具現化するために素振りなんかしてみる。 手にはアイアンとおぼしきクラブを握って。 さあ。とボールにそっとクラブを添わすと、 ん、あっれ?? アイアンのフェースが背を向いているではありませんか?! ーやっちまった・・。これ左用じゃん・・。恥ずっ こてこての右利きなのに左利きのクラブ握って 素振りしている奴がいたんですよ。 ーやっちまったな~。クールポコだったら何て言うでしょう? 男は黙って打て!でしょうか・・・黙…

  • 帰りたい薄暮に思うこと

    秋が深まって ぬらりぬらりと陽が傾く。 そして訪れる『帰りたい。』気分。 無性に帰りたい。 とにかく帰りたい。 どーでも良いから帰りたい。 何でも良いから帰りたい。 用事は無いけど帰りたい。 帰りたい。 帰りたい。 でもどこに? 出先から事務所に?はたまた家に? きっと家に帰っても思う…帰りたい。 昔友人と紅白歌合戦の話題になった事がありました。 いや、演歌勢なんかはみんな帰りたい帰りたいってさ。どんだけ帰りたいのよ…。的な話しでした。私もしっかり見ていたので確かに歌ってました。帰りたいって。 妙におかしくて笑った記憶です。 が、 今になって、『この頃かな…』とも思います。 帰りたいのは。 大…

  • 打ちっぱなしに行ってきた ~選択編~

    ぐるり周囲を見廻す。 良く溶け込むように。浮かないように。 ひょんな事から打ちっぱなしに来てしまった。人生2度目。 1度目は当時何才だったかも忘れるほど昔になってしまった。しかしゴルフをカジリ始めた先輩が指導らしき、屁理屈らしき事を丁寧に、曖昧に、教えてくれた。 言わば同じ穴のムジナが2匹だったわけだ。 しかし今日は違う。ひとりだ。 ゴルフ練習場+ひとり+ド素人=心細い 更には人が多い。 ムジナ2匹は自由に動き回った。自然界に解き放たれたように。 それが今では間違って人里に下りて来てしまった、年老いたタヌキ。 開いてる打席、開いてる打席と…。心で呟きながら探す。が、声が漏れてるのではないかと思…

  • 打ちっぱなしに行ってきた ~異世界編~

    打ちっぱなしに行ってきた。 散らかしっぱなしは怒られるのに ここは怒られない そう、ここはゴルフ打ちっぱなし。 10数年前に行ったきり、人生2度目。 そう、ここはゴルフ打ちっぱなし。 なんで昔、来たのか、さっぱりわからん。 そう、ここはゴルフ打ちっぱなし。 まさに魔が差したとしか思えないがゴルフの手袋買って 一度だけ来た打ちっぱなし。 手袋が先か、ゴルフパイセンの打ちっぱなし行くぞ~! 脅迫のごとき勧誘からの、手袋だったかも覚えてないんですが まだ、ありました。ゴルフ手袋左手用。 先日のメルカリ騒動(↓こちらから)で発掘し、 ohama44.hatenablog.com で、見て見ぬふりも忍び…

カテゴリー一覧
商用