chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • 熱帯夜はいつから使われてる?

    熱帯夜 熱帯夜という言葉は最近よく聞く。これだけ猛暑日が続くと寝苦しくエアコンなしではなかなか寝られないし、昼間の40度近い日中の仕事や学校行事で熱中症患者が連日救急搬送され死者も多い。夜も油断できない。お年寄りなどは意外と夜間に熱中症になることが多いらしい。この夜間も気温...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・・・その前に 幸運の「四つ葉・五つ葉クローバー」 道路端や草地でクローバーの群生を見つけると中に四つ葉や五つ葉のクローバーがないか探してきた。運がいいと数個見つけることが出来摘んできて押し葉にしたものだ。ところが・・・・クローバーの苗のほとんどが四つ葉や五つ葉の...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 この大河ドラマが始まってから半年が過ぎた。しかし、題名の「鎌倉殿の13人」は次週から始まる。 この半年間は頼朝の挙兵から鎌倉幕府成立そして頼朝の死まで。 これまでは平家討伐や義経追討又頼朝を支えた人たちの熾...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・・・その前に 再度漫画を一つ。 前回に続き東海林さだお氏の週刊文春の「タンマ君」 平凡なサラリーマン「タンマ君」の目を遠し、日頃世間の話題になっていることを面白おかしく描いてある。 今週号に掲載された話。 紀州の最高級の南高梅の梅干しから話が始まる。お中元広告...

  • 今日のお茶

    今日のお茶 お茶は久しぶりにアップ お菓子    海津市あら重 「あさがお」 茶碗   こくや茶碗(川合修二氏作)     銘 「たそがれ」     川合玉堂画伯箱書き

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・・・・その前に 前回に続き東海林さだお氏の面白い漫画を1つ。 前回は週刊現代の「サラリーマン専科」だったが今回は同じ様にサラリーマンを扱った週刊文春連載の「タンマ君」。 会社へ若い女子社員が出社。ところがものすごく派手な格好をしてる。すると同僚が「けばけばしい...

  • 我流・素人の生け花

    今日生け花 その前に面白い漫画を・・・ 前にも1度紹介したが東海林さだお氏のサラリーマンを主役にした漫画が今、世の中で起きてることを取り上げそれを面白く描いている。 話題になってることをこのように発想を飛ばす、実にうまいと思う。週刊現代の今週号の「サラリーマン専科」。 ニュ...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・・・・2つ 野の花で1つ この時期になると日当たりのいい荒れ地や山の縁等でよく見られるようになった洋種ヤマゴボウ。実が熟すと赤紫色になり衣服にでもつくと大変。子供の頃は「インクボボ」としてよく実で遊んだ記憶がある。 今の時期は花で、葉も大きめで日々花穂が伸びて...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・・・その前に 犬についての記事 昨日の読売新聞一面の「編集手帳」の犬についての記載があったが大変興味ある記事だったので掲載してみた。 色々のブログを見ていると飼っている犬を主役にしたブログが多い。しかし、ほとんどが洋犬だ。日本には昔から家畜として犬は存在したが...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・・・2つ イタドリの雄花とノアザミ 今年はイタドリの開花が少し早いのか国道258号線沿いで群生がよく見られる。少し切ってきた。 合わせた花は揖斐川堤防に群生するノアザミの花。 イタドリの茎は単調で葉は意外と大きくその葉の付け根には白い花が多数ついているので枝を...

  • 久しぶり・・・・

    今日の生け花   我流素人の生け花 5月27日にお休みを頂いて以来久しぶりの生け花を掲載 庭のナツハゼの実が色ついてきた。 一枝切って不要な枝葉と実を整理。 合わせた花はプランターの段菊の花

  • しばらくお休み

    本日をもってしばらくお休みさせていただきます。 今までお読みいただきありがとうございました。

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 野の花 四つ葉・五つ葉クローバー 近くの農道の田んぼの縁には一面にクローバーが生えている。 今、白い花が一杯咲いている。 カメラ片手に散歩してみた。クローバの中には4つ葉、はよく見られ、幸運の印として好まれるが以外とある所にはあるもんだ。 少し...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 再度大山蓮華を・・・・ 大山蓮華は品格の高い花でそれだけで生け花に使われることが多い。 大山蓮華には3種あり斜め横向きに花を咲かせる大山蓮華、八重のミチコ蓮華、朴の木との雑交配種の受け咲き大山蓮華がある。 過去に3種共栽培したことがあるが今は受け...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 庭に咲く花 イヨカズラ、クサナギオゴケに続きキョウチクトウ科(以前はガガイモ科)の植物のフナバラソウ(舟腹草)。茎は真っすぐ立ち上部の対生の葉の根元に星形の花を数個まとめて咲かせる。 大変地味な花だが野生種は年々少なくなってきているらしい。 人...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 今朝は愛知県愛西市でおにぎりモーニング。 今日のおにぎりはタケノコご飯のおにぎりだった。 特別サービスで2品つけていただいた。 ワカサギの南蛮漬けと野菜のあっさり塩もみ。 どちらも大変おいしかった。 今日のお茶 お菓子    大垣市 金蝶園 「花...

  • サプリメントは危険?

    サプリメントへの警告 今や世の中サプリメントが反乱している。私も2種ほど飲んでではいるがさて、効果があるのかは分からない。イワシの頭も信心、で効くと思えば効くのかも知れない。 毎日テレビのコマーシャルや新聞広告で見ない日はないくらいサプリメントは反乱している。 ところがここ...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 近くの田んぼで見る花 近くの田んぼは以前と違いずい分整備され、除草もよくやられているので野の花は図分少なくなった。 今年初めて近くの田んぼ周辺をカメラ片手に歩いてみた。 最初に目についたのはタデの仲間のサナエタデ。赤、白、ピンクが混じりタデの...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 庭に咲く花 クサナギオゴケ(草薙尾苔) 名前は草薙の剣からとられているようだがこの名前の後の方がさっぱりわからない。色々調べたり問い合わせてみたが正確な答えはいまだ聞いていない。愛知県瀬戸で発見され、熱田神宮に由来する草薙の名前が冠せられている...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ イングリッシュ・ローズ セントセシリア イングリッシュ・ローズとはイギリスの薔薇という意味ではなくブランド名である。始めてこの花を見たのは知人から教えてもらったガーデニング喫茶へ行った時だった。花瓶に大変立派な薔薇が挿してあり、普通見る薔薇と...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 5月3つ目の案内状 名古屋名鉄百貨店で今月25日より「奈良門跡 圓照寺 山村御流生け花展」が開催され友人が出展されるので案内状を先日紹介したが同じ日10階美術画廊で「4代目山田常山花入れ展」が開催されその案内状が届いた。3代目山田常山氏は人間国...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 庭に咲く花 ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草) アカバナ科 マツヨイグサ属 こちらは昼に咲くが本来の月見草はその名の通り月を観る夜に咲く白い花。外来種で北米産。同じ仲間でマツヨイ草(待宵草)の仲間は黄色い花でやはり夜に咲いて朝にはしぼむ。画家...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 庭に咲く花 イヨカズラ(伊予葛)キョウチクトウ科 別名スズメノオゴケ(雀の麻小笥) 牧野富太郎博士のこの種とは別の物がイヨカズラでこの種の名前がスズメノオゴケだとの主張だったようだが今はこの植物がイヨカズラで別名がスズメノオゴケで定着しているよ...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 揖斐川堤防の花 ヤセウツボ(痩靫)ハマウツボ科ハマウツボ属 南ヨーロッパ原産の寄生植物のようだ。 葉緑素をもたないため褐色で、唇形花を咲かせる。花の色は黄色の他、赤褐色、黄褐色、紫色などのものもあるようだ。。 マメ科やキク科などの植物に寄生す...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 庭に咲く花 ナニワイバラ(難波茨) 一重のツル性薔薇で原産地は中国らしい。日本の野イバラの花を大きくしたようで一重であるため豪華さはないが花付きは多くさわやかな感じをを与えてくれるので好きな薔薇の1つ。 白花が普通だがピンクの花もありハトヤバラ...

  • 偽メール

    連日届く偽メール ほぼ毎日偽メールが届く。 アマゾン、楽天、au PAYマーケット、メルカリ、ETCサービス、えきねっと、三井住友銀行、イオンカード等。 書き出しは「アカウントを停止しました」で始まりログインして改めてパスワードやカードナンバー等を入れさせる手口。上記に書い...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 昨日の読売新聞1面の「編集手帳」 「浮世」について書いてあった。 何と読むか?ほとんどの人は「浮世絵」を連想し「うきよ」と読んでいないだろうか。「浮世」には国語辞典では「うきよ」と「ふせい」が出ているらしく早速ネットで検索すると確かに読みは2...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 誕生日 今日は私の誕生日。昨日は娘から山陰「松乃江」の氷温熟成ノドグロの干物・塩焼き・煮つけのセットが送られてきた。2セットで、1つは少し遅れたが女房への母の日のプレゼントだそうだ。2人共魚が大好きなのでありがたい。いつも長女夫婦は気を使ってく...

  • 我流素人の生け花

    今日のお花・その前に・・・・ 牡丹?芍薬? 我が家に黄色い花を咲かせるきれいな牡丹のような芍薬のような花が2種ある。 一つは鉢植えで名前は「オリエンタル・ゴールド」もう1種は地植えで「イエロー・クラウン」がある。イエロークラウンは昨年は咲いてくれたが今年は開花はなしだった。...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 巨大アワビ 倉庫の中に巨大なアワビの殻が残っていた。 もう70年も前の物。これだけの巨大なアワビの味は? 決して美味しくはないと思うがこれだけの物はなかなかお目にかかれないだろう。 実はこのアワビの殻はあの食通だった北大路魯山人と非常に親しかっ...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 幸運のクローバー 近くの公園にムラサキサギゴケが群生してるのでカメラ片手に撮影に出かける。しかし、ほとんど花は終っており撮影できる花は1輪もなかった。近くにクローバーが群生してるので四つ葉がないかジッと見つめると「あった」そしてよく見ると次々...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・・ 今月2つの案内状 女流書家・篆刻家 小田玉瑛先生 卒寿の個展 インド旅行で初めてお会いしてから20数年、その間インド、スリランカ、パキスタン、中国雲南省等一緒に旅行。私が「天竺菩提樹を育てる会」を20年前に立ちあがた時に会の名前と字を書いてい...

  • 母の日と誕生日

    母の日と誕生祝い 今日は母の日、13日は私の誕生日 今年、2月の女房の誕生日には息子が青森・大間の本マグロの中トロの冊を3つプレゼントしてくれた。今月は母の日と私の誕生日。 息子からプレゼントは何がいいかと聞かれたので岐阜ではトップクラスのお寿司屋「にかく」の寿司が食べたい...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 庭に咲く花 紫蘭 ランと名前がつくがもっとも作りやすいランではないか。 庭に植えておけばどんどん広がる。 通常は赤い花が多いが白花や口紅をつけたような口紅紫蘭又青系統の花もある。生け花や仏花として使っても案外花もちがいい。 花後蒴果が出来るが...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 庭に咲く花 ゲラニューム・マクロリズム ゲラニュームとは日本ではフウロウの仲間のこと。 外国産、国産と多数の品種がある。本種は立に伸びる品種ではなく太い横根が地上に出て横に広がる。 20年ほど前、以前住んでいた時は庭に地植えにしてた。繁殖がすご...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 庭に咲く花 芍薬 立てば芍薬、座れば牡丹と美人の表現だろうか昔からよく使われる。 植物を大きく二つに分ければ木本と草本に分けれる。簡単に言えば木と草のこと。牡丹は木本で芍薬は草本。開花は牡丹の方が早く4月末頃から各地の牡丹園で開花がみれれる。...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 今朝のモーニング・コーヒー     まさか渋滞に・・・ 今朝は朝から晴れ上がり連休・行楽にはもってこいの日。 今日は昨日行く予定だった愛西市のおにぎりモーニングに行く。 木曽三川公園を通る頃には反対車線は大渋滞をしている。 行楽日和で家族連れが...

  • 久しぶりに甥を招いて・・・

    今日は何年振りかに次姉の息子(甥)を自宅へ招いた。 会うのは何年振りだろうか?甥は色々な病気をし、生死の境を何度もさまよったようで完全ではないがようやく自由に動けるようになり車も運転できるようになったとのことだったので自宅へ招いた。 昼食は近くの海鮮料理屋へ。ここは魚専門の...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 庭に咲く花 ウケザキオオヤマレンゲ(受け咲き大山蓮華) 大山蓮華は品格の高い花で茶席でもよく使われる。大山蓮華の花は斜め下向きに白い花を咲かせる。大山蓮華と朴の木との雑交配種が受け咲き大山蓮華で花は上を向いて咲かせる。大山蓮華の花より一回り大...

  • 面白い人生相談

    今日の生け花・お茶も一休み・・・・ 人生相談 以前1回取り上げましたが「週刊文春」に作家伊集院静氏の人生相談「悩むが花」というコーナーがあり3人ほどが仕事・家庭・人付き合い等を相談。 それに伊集院氏が答える。しかし、この回答がいつも明快で読んでて中々面白い。 そこで、その中...

  • 我流素人の生け花

    日の生け花・その前に・・・・ 庭に咲く花 クレマチス・ジョセフィーヌ クレマチスの種類は多く、国内にも野生品種は色々見られる。 特に有名なのはカザグルマでこの品種を元に多くの園芸種が作出されている。八重のものをユキオコシ。又小輪で多くの花を咲かせるボタンヅルやセンニンソウも...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 庭に咲く花 クロモジ(黒文字)黒文字 クスノキ科 この木でつくった楊枝はそのまま「クロモジ」と呼ばれ和菓子には欠かせない存在。若芽と同時に黄色っぽい小さな花を咲かせる。この木から香料もつくられるようだ。さほど珍しい木ではなくよく山でお目にかかる...

  • 我流素人の生け花

    今日も生け花?その前に・・・・ 庭に咲く花 ショウヨウハンゲ サトイモ科 中国原産のようで漢名は「掌葉半夏」だそうだが検索してもこの植物についてはほとんど漢方の文献ばかりで植物としての記述は少ない。 何処で手に入れたかは記憶にないが前回記載した大ハンゲとよく似ているが葉が全...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ まづは今朝のモーニング・コーヒー いつも木曜日に行く養老町の喫茶店。店の前に着くと閉店してる。 貼り紙には都合により30日まで休みます。 仕方なく養老町と南濃町の境にある喫茶店に寄る。この店は義母が生前中はよく行った店。モーニング・サービスは...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 庭に咲く花 スズラン2種 別名 君影草、谷間の姫百合 一般に園芸で栽培されるスズランは日本スズランではなく外来種のドイツスズランが一般的。こちらの方が丈夫で育てやすい。 白花が一般的だがピンク花も最近は良く出回っている。 非常に強い毒を持つ有毒...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 庭に咲く花 ソシンウラシマソウ(素芯浦島草) ウラシマソウの仏炎苞は本来は赤紫色だが素芯とは色素が抜けて白っぽい緑色となる現象。ウラシマソウの仲間のテンナンショウやマムシグサの仲間の仏炎苞は不気味で嫌う人が多いが素芯は色がすっきりとしており不...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 庭に咲く花 アリアケスミレ 里のスミレでは珍しい白いスミレ。鉢に種を蒔いて置いたらよく増える。今では色々な鉢から顔を出しているので少しまとめて植えるようにしている。すると白い花はたくさん集まり中々美しい。 野生ではよく紫のスミレというスミレと混...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 庭に咲く花 チョウジソウ(丁字草)キョウチクトウ科  かっては日本の各地の湿地でみられたようだが今ではほとんどの地区で野生絶滅あるいは絶滅危惧種に指定されている。 しかし、園芸店ではチョウジソウはいくらでも手のはいる。 出回ってるものは国産種...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・・ 庭に咲く花 シラユキゲシ(白雪芥子・白雪罌粟)エオメコン 先づ名前がいい。確かに純白の花弁に黄色いシベと見栄えがする。 中国原産のようだが今では日本国内に花壇や鉢植えで広く行き渡っている。ケシ科独特で花弁は4弁、茎を切ると黄色い汁がでる。 しか...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・・ 週刊文春の面白いコーナー 週刊文春に長く連載されている「悩むが花」というコーナーがある。もう連載は数百回と長いコーナーだ。 一般読者が悩みを相談する。回答者は小説家の伊集院静氏。 毎回3人位が生活上の悩みを相談する。回答が実に明快で面白い。 ...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 庭に咲く花 ミカワチャルメルソウ(三河哨吶草) チャルメルソウの仲間は国内に12種類生育するらしい。 本種はチュルメルソウの基本種らしいが静岡、愛知、岐阜、三重県に生育し、葉が一番きれいではないだろうか。 この仲間の花は皆面白い形をしており、蝶が...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 庭に咲く花 ユキモチソウ(雪餅草) ウラシマソウやマムシグサの仲間ではあるが、不気味さはなく人気が高い。真白であたかも出来立てのお餅のようだ。 この仲間、テンナンショウの仲間は好きで色々栽培してるが特に同じ様な優しいものはなく、どちらかというと...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 庭に咲く花 ミヤマオダマキ(深山苧環) 日本の野生の苧環には2系統がある。 背の高いヤマオダマキ系のものと背の低い高山性のミヤマオダマキが生育する。両方の品種を育てているが、どちらが育てやすいかかというとミヤマオダマキの方が育てやすい。種でよく増...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 庭に咲く花 ヒダボタン(飛騨牡丹) ネコノメソウの仲間は好きで毎年どこかへ観察に行くがヒダボタンは近くでは観られない。毎年高速飛ばして福井県の九頭竜ダムまで観察に行ったが今年は思わぬ事故で手の甲にヒビが入り今年はあきらめた。幸いに自宅にある小さ...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 庭に咲く花 フウリンダイコンソウ(風鈴大根草) ダイコンソウは通常黄色で日当たりのいい草原や山の道路脇等で見られるが園芸種や外国種も多い。通常花は横向きか少し上向くようだがこの花はフウリンのように下向きに咲く。花色は地味で花弁は平開しないだけにお...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 庭の椿 月の輪 もう20年以上になるだろうか?園芸店でポットに植わった椿が目に入った。大きさは50cm程で細い幹が1本、花は確か白と赤が入った1輪ついていた。庭植にして置いたら成長は大変よく今では2m以上でしっかりした株になった。この木に咲く花...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 庭に咲く花 エゾチチコグサ キク科チチコグサ属 本来のエゾチチコグサは北海道の礼文島や知床、大雪、阿寒地方の極寒地に生える希少な植物で一般には中々で回る植物ではない。 同じ和名のエゾチチコグサはヨーロッパ原産の植物。 よく似たケースは和名で流通し...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 庭に咲く花 キヌラン キヌランは蘭の一種で通常は育てにくい。この種は本来九州から沖縄方面に生育するそうだが、我が家の鉢の中から数年前に突然でてきた。最初はハマハタザオの中から出現。突然面白いものが出てきたので初めは大変驚いた。しかし、毎年ハマハ...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 先祖返り 植物にはよく先祖返りという現象がおきる。 我が家の庭にはもう20年位の一子ワビスケという椿がある。 花は特に小さく蕾は花びらを巻くようで開花しても極小輪のつばき。 愛知県幸田町の民家の栽培種から選抜された侘芯ツバキの第号だそうだ。しかし...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 昨日の続きで東海林さだお氏の漫画1話。 今回は「週刊現代」連載「サラリーマン専科」から 会社の事務室に3人の社員がパソコンを使いながら仕事をしている。そして3人共にマスクをつけている。 ところが新人らしき社員がノーマスク。それを見つけた課長(い...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 今日は横道にそれて漫画を紹介したい。 作家は「東海林さだお」氏 週刊誌2誌に連載されている。週刊文春と週刊現代。 共に主人公はサラリーマンで今、世の中で話題の出来事をサラリーマンの目線で面白おかしく描いてあり続き物ではなく1話完結。 週刊文春が「...

  • 今日の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 庭に咲く花 青花シャガ 道路端、神社、お寺などで群生したシャガの花によくお目にかかる。 元々は中国原産で3倍体の植物。それゆえ種子はつけない。 地下茎でよく増える。全国に繁殖する株は人為的に移動されたものらしく皆兄弟だそうだ。よく咲き、蕾は次々...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 庭に咲くツバキ(11) 久しぶりのツバキの花を・・・ 卜半(月光) ツバキの中ではシベが少し変わった唐子咲きの品種で昔から人気のあるツバキ。花弁は赤でシベは白と対照的でたいへんきれいな椿であるがこのシベが純白ほどいい。しかし、赤が少し混じることが...

  • 今日の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 養老山脈のヤマザクラ 一口に山桜と言っても10種類くらいあるようだ。 特徴は花が作のと葉が同時に出る。 今、ちょうど各地でお花見の最中。中にはヤマザクラの名所もあるが町中にある桜の名所は大半がソメイヨシノという桜が植えられている。 ソメイヨシノ...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 水鳥谷へ・・・・ 明治24年10月28日、国内内陸型最大の濃尾地震がこの水鳥谷周辺を震源地として起きた。遠く離れた愛知県は元より岐阜市は壊滅した。 以下に当時の公開されてる画像を添付したが、中央の道路は県道255線でこの少し先に薄墨桜がある。今日...

  • 今日の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 昨日は愛西市でおにぎりモーニングに行く。 特別サービス品は・・・ ニラレバ炒め・鯛の白子の煮つけ・野菜の浅漬け 特別サービス品 レバニラ炒め、鯛の白子、野菜の浅漬け 開店11年目だそうで2人にそれぞれお菓子5個入った袋をいただいた。   「感謝...

  • 今日の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 今、ウクライナ問題を目や耳にしない日はない。 私は昔からロシア(ソ連時代を含め)を信じたことがない。 子供の頃から教えられたのは口と腹の中は違う。 ソ連のスターリン時代の暗黒がそうさせたのかも知れない。 女房の父は中国へ出征していて終戦を迎えた...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 今年の大相撲 先日大相撲が終った。結果は予想に反し若手の若隆景が千秋楽の大一番の大相撲の結果優勝を果たした。この相撲は観ていたが若隆景の気迫がすごかった。久々に素晴らしい力士の登場、将来の横綱を期待するのは早すぎるか? 現在一人横綱で長く白鳳の一...

  • 我流素人の生け花

    今日のお花・その前に・・・ 庭に咲く花 ショウジョウバカマ(猩々袴) メランチウム科ショウジョウバカマ属 ピンクのショウジョウバカマは山では当たり前にみられる花。 咲き始めはそんなに背丈は高くないが花が終わり種子が出来る頃には 相当高くなる。以前は確かユリ科?だったと思うが...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 養老山脈庭田山へ生け花材料を探しに行く。 31日は夕方雨の予報だったが幸いにして曇りではあったが雨は降らなかった。4月1日は朝から晴れ上がったが少々寒かった。 昨年秋以来久しぶりに庭田山に入る。 養老山脈は非常に山桜が多く、今に時期はその存在が市...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 近くの水路の亀 近くの巾2・5m程の用・排水路があるり直線で約500mほど続いている。そこには無数の亀が生息している。詳しくは見ていないが恐らく外来種の亀だろう。水路は深くないが両縁に50cm程の平らな部分があり普段からこの平坦なところから水面...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 枝垂れ桜古木 海津市南濃町奥条に真宗大谷派の専通寺という小さなお寺がある。 本堂前に樹齢200年以上と100年以上の枝垂れ桜の古木が並んであり、本堂前の庭をほぼこの2本の桜が占拠している。 ちょうど今2本共に満開。国道258号先から細い道を養老山...

  • 我流素人の生け花

    日の生け花・その前に・・・ モーニング・コーヒー 愛西市の毎週通う喫茶店でおにぎりモーニング。 今日は私達への特別サービス2品+1品。 鶏肝の煮つけとかぼちゃとポテトのサラダ。更におにぎりの横にはツクシの佃煮がついていた。 おにぎりモーニング・セット ツクシの佃煮がついた ...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 庭に咲く椿(10) 唐椿? 品種名不明 唐椿という椿の仲間がある。トウ・ツバキ又はカラ・ツバキと いわれ原産地は中国で日本では庭木などに使われる。 花は大きく、今では園芸種が多数作出されている。 1度大きな木を見たことがある。宇治の平等院の中にあ...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 庭に咲く花 ハシバミ(榛)カバノキ科ハシバミ属 1本の木に雄花と雌花が咲く。花は全く違い雄花は長くぶら下がり雌花は目立たない小さな花を咲かせる。結実すると実が出来食べられる。同属異種の西洋ハシバミはヘーゼルナッツとして市場に出回っている。雄花は...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 庭に咲く花 ミツバツツジ(三つ葉躑躅) 庭に3本あるミツバツツジの内2本が満開になった。 同じミツバツツジでもこの花は色が濃いが並んで咲いてる 株の花は大分色が薄い。もう1本はまだ蕾が固い。 ミツバツツジは葉が出る前に花が咲くので大変豪華で枝い...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 庭に咲く椿(9) タマガスミ(玉霞) 薄いピンクに赤いマダラ模様が入り抱え咲きで大変きれいな花。 中々花の色は安定しないようで肥料の関係かも知れない。 今年は少し土を酸性にしてみようと思う。 この椿はいつ購入したか覚えていない。すでに庭では2m以...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 庭に咲く椿(8) 大日の曙 椿では珍しい抱え裂きの小輪でピンクがきれい。 晩秋から咲き始めるが冬季気温が低いときれい花弁が痛みやすいのが欠点。咲く時期がよくない。暖かくなる頃まで咲くがこの頃には花弁は傷みにくく本来の美しさを保ってくれる。 今年...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 庭に咲く椿(7) 白藪椿 日本で椿といえば通常ヤブ椿を「つばき」と呼ぶらしい。野生種の北端は青森県、南端は九州南部の島までの様だ。この藪椿は雑交配が容易なようで色々な椿が野生で現れたり園芸種も多数作出されている。 椿油の原料になることから昔から利...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花・その前に・・・ 庭に咲く椿(6) 黄 調(きちょう) 日本には黄色い椿はなかった。中国南部からヴェトナム辺りには椿?とは同じ仲間のお茶に近い黄色い花を咲かせるものがある。 その代表種として鮮やかな黄色い花を咲かせる「金花茶」が日本で栽培されるようになった。しか...

  • 今日のお茶

    今日のお茶・その前に・・・ 庭に咲く椿(5) 風鈴1号 何ともさえない名前の椿。1号と名前がついているから交配等で作り出された椿なんだろう。花は小輪で多数の花を枝いっぱいに咲かせる。見た目には椿には思えない。香りがあるところから恐らく山茶花との交配種と思われる。 今日のお茶...

  • 30年前の河津の思い出

    河津桜と伊豆河津町 私の住む岐阜・海津市では1週間ほど前に河津桜が満開ととなり、隣町の養老町との境近くの川の堤防に河津桜が植えられており昨日見にいったら満開だった。ソメイヨシノに比べれば少し色がくどいところがあるが花の寂しい時期には少し派手で良いのではないか。 昨日の養老町...

  • 今日のお茶

    今日のお茶、その前に・・・・ 庭に咲く椿(4) イワイヅル(祝い鶴) ピンクのきれいな椿。花びらにフリンジが入る。完全に開花すると平開する。この椿に関してはよく分からない。 検索すると椿ではで来ないがお祝いの折り紙として祝い鶴が出てくる。名前がおめでたいので1本庭に植えたい...

  • 我流素人の生け花

    今日の生け花、その前に・・・・ 庭に咲く椿(3) イチコワビスケ(一子侘助) 1966年、上田敏朗氏が愛知県幸田町の民家で発見し、1970年に上田氏によって夫人の名をこのツバキに命名し、発表された椿。 ヤブ椿から変化した侘芯ツバキの第1号だそうだ。 この苗を購入してからもう...

  • 今日のお茶

    今日のお茶、その前に・・・・ 庭に咲く椿(2) 王 冠(おうかん) 肥後椿系の椿。花弁の縁にきれいな赤が入る。 全開すると平開する。 大変きれいな椿で初めてこの花を見たのはもう20年以上前だろうか。 岐阜市に今はは亡くなられたが大変ガーデニングがうまい方が喫茶店を経営されて...

  • 今日の生け花

    今日の生け花、その前に・・・・ 庭に咲く椿(1) 花富貴 大輪で八重の珍しい抱え咲き椿。 この花は椿の図鑑で見てどうしても欲しくなり愛知県稲沢市の椿専門業者を訪ねてみた。運よく7~80cmの株が1本だけあったので購入。最初は順調に生育し1m以上になったが突然枝が枯れ始め生育...

  • 今日のお茶

    今日のお茶、その前に・・・・ 思い出の花 第73回目 ヒメハギ(姫萩) ヒメハギ科ヒメハギ属 ハギと名前がついているが全くの別種。大変かわいい花で背丈はせいぜい10~30cm程度と小さい。花がハギの花に似ているからこの名前があるが少し首を傾げたいような花。 低山や丘陵地等の...

  • 今日の生け花

    今日の生け花、その前に・・・・ 思い出の花 第72回目 ミヤマキケマン(深山黄華鬘)ケシ科キケマン属 ケシ科独特の折ると汁が出る。よく似た品種がありキケマンとフウロウケマン、ツクシキケマン。フウロウケマンは母種でミヤマキケマンは変種。キケマンはの母種はツクシキケマン。 低地...

  • 今日のお茶

    今日のお茶、その前に・・・・ 思い出の花 第71回目 オオジシバリ(大地縛り)キク科ノニガナ属 もうすぐこの花が見られる時期になる。あえて思い出の花にあげるような花ではない雑草ではきれいな花の部類でこの仲間の花は好きであえて記載してみた。名前の由来は「地面を縛る」との意味。...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花、その前に・・・・ 思い出の花 第70回目 ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)シソ科オドリコソウ属 明治中期に渡来した外来種。原産地はヨーロッパらしいがアメリカ大陸にも帰化し広く分布してるらしい。 日本では道路端や日当たりのいい草地等に広く分布して雑草化している。 ...

  • 今日のお茶を楽しむ

    今日のお茶、その前に・・・・ 思い出の花 第69回目 オドリコソウ(踊子草)シソ科オドリコソウ属 実に良い名前をつけたと思う。踊子とは英語ではダンサーだがこれはれっきとした日本の「踊子」。花は輪生状に数個つけるが 1つの花を横から見ると実に可愛いし、川端康成の小説「伊豆の踊...

  • この有名人は?

    古き思い出の写真 この人は誰かわかりますか? 戦後世界を驚かせた超有名日本人 終戦後、まだアメリカの統治下にあった昭和24年頃、日本人で当時から世界を驚かせた超すごい日本人がいた。さて、誰かわかりますか? スポーツ選手です。戦後まだ日本がオリンピックに参加出来なかった頃にオ...

  • 今日のお茶を楽しむ

    今日のお茶、その前に・・・・ 思い出の花 第68回目 オオバギボウシ(大葉擬宝珠)キジカクシ科                                                       リュウゼツラン亜科ギボウシ属 昔は確かユリ科だったと思ったが?リュウゼ...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花、その前に・・・・ 思い出の花 第67回目 ウバユリ(姥百合)ユリ科ウバユリ属 平地から山間部まで広範囲に見られる。春先の新芽は一般のユリとは違い葉の巾は広くきれいな葉が四方に広がるように出る。 杉林や雑木林のあまり陽の当らないところで見られ大型になる。 春出た...

  • 今日のお茶を楽しむ

    今日のお茶、その前に・・・・ 思い出の花 第66回目 カタクリ(片栗)ユリ科カタクリ属 春が到来すると各地からカタクリの開花が伝えられる。 「春の妖精」(スプリング・エフェメラル)と呼ばれる植物の一つである。 山など大群生を見ることがあるが交通の良いところに生える群生地は保...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花、その前に・・・・ ブロッコリー・スプラウト作り 最近注目を集めているブロッコリー・スプラウトを作っている。 気温が低いので発芽、成長は悪いが栄養価はあまり茎が伸びない新芽の状態の方が高いらしい。1cm程になった新芽をサラダに混ぜて食べている。 一般に発売されて...

  • 今日のお茶を楽しむ

    今日のお茶、その前に・・・・ 思い出の花を紹介 第65回目 ヤマハハコ(山母子)キク科ヤマハハコ属 この植物はかのエーデルワイスと同じ仲間。葉は綿毛で覆われたように白くきれい。なかなか私はお目にかかったことは少ないがこの花を見つけるとまずレンズを向ける。花と見える白いカサカ...

  • 我流・素人の生け花

    今日の生け花、その前に・・・・ 思い出の花を紹介 第64回目 カキドオシ(垣通し)シソ科カキドオシ属 身近な雑草?と言えるかどうかは別にして比較的身近な道路脇や草地で見られる。雑草とぴょばれるよなしつこさはない。 花はきれいで抜いてしまおうという気には中々ならない。 名前の...

  • 今日のお茶を楽しむ

    今日のお茶、その前に・・・・ 思い出の花を紹介 第63回目 イカリソウ(碇草、錨草 )メギ科イカリソウ属 花が船の錨に似ているところからこの名前があるようだ。 山の樹林の中や縁等でよく見られる。通常は赤紫色が多いが白花や黄花も見られる。日当たりが良いところで観られまれに大き...

  • 北大路魯山人直伝の鍋

    北大路魯山人直伝の小夜鍋 寒い時の料理だが少し遅かったかな? 昔から常夜鍋としてあった鍋を魯山人と大変親しかった父親が直接教えてもらったものです。魯山人が素材を一番おいしく食べるようにアレンジしたものです。 現在も我が家に引きつがれております。魯山人は常夜鍋と呼ばず小夜鍋(...

ブログリーダー」を活用して、yabusame さんをフォローしませんか?

ハンドル名
yabusame さん
ブログタイトル
yabusameの生け花とお茶
フォロー
yabusameの生け花とお茶

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用