searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

かずまさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あとぴこ部
ブログURL
https://ktlife.hatenablog.com/
ブログ紹介文
重度のアトピーを治し、その経験やいろいろな情報を書いています。あなたに合った治し方を見つけてもらうためのブログ。
更新頻度(1年)

1回 / 8日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2021/09/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、かずまさんをフォローしませんか?

ハンドル名
かずまさん
ブログタイトル
あとぴこ部
更新頻度
1回 / 8日(平均0.9回/週)
フォロー
あとぴこ部

かずまさんの新着記事

1件〜30件

  • アトピーにとって重要な炎症体質を改善する方法!

    炎症と言えば何を思いつきますか? にきび・口内炎・・・いろいろありますね。 これらは異物や死んだ細胞を排出し健康を維持する排出反応でなくてはならないものです。 しかし必要だからと言って強く炎症すると困りものですよね。 アトピーの方にとっては死活問題です。 今回は炎症体質のことを書いてみました。 1. 炎症ってなに? 2. アトピーの炎症は免疫の暴走が関係している 3. 炎症と活性酸素 4. なぜ炎症体質になるのか? 4-1.副腎皮質ホルモン(ステロイドホルモン)の分泌低下 4-2.酵素不足 4-3.腸内環境の悪化 まとめ 1. 炎症ってなに? 炎症とは、ウィルスと闘っているときや筋肉を傷めたり…

  • アトピーにヨーグルトは効果なし?効果的な乳酸菌の摂取方法

    様々な種類のある乳酸菌の入った食品やサプリメント。 あなたは乳酸菌の入った食品で思いつくものは何でしょうか? ほとんどの人がヨーグルトを思い浮かべるのではありませんか。 あなたはそのヨーグルトをただ食べているだけですか? アトピーは腸内環境を改善出来たら治りますがヨーグルトの効果は薄く改善まで行きません。 でも腸内をキレイにすることによって改善へ大きく前進するのは確かです。 そこで早く腸内環境を善玉菌優位にしたいと思いませんか? 乳酸菌の摂取方法によってアトピーの改善するスピードが違ってきます。 今回は早く効率よく腸内を善玉菌優位にする方法を書いてみました。 1. そもそも乳製品は日本人の腸に…

  • アトピーを完治させるための簡単な6つの腸内環境改善法!

    アトピーの方に大いに関係のある腸。 腸内環境を改善すればアトピーだけではなく、冷え性・疲れやすい・肩こりなどの病気とは言えない不快な症状がほとんど改善されるほど腸は大切なところです。 私たちの身体には病気を治す力があります。 神経系・分泌系・免疫系の3つがバランス良く働き健康を維持しています。その一端を担うのが免疫細胞であり60%~70%を占める腸が健康のかなめなのです。 腸内環境の改善方法を書いてみました。 1. 腸は何をするところ? 2. 腸内細菌の役割 2-1.善玉菌 2-2.悪玉菌 2-3.日和見菌 3. 腸内細菌のバランス 4. 腸が不健康だとどうなるでしょうか? 5. 腸内環境の改…

  • 病気の9割が活性酸素が原因!アトピーにも影響か?

    現代病の9割は関係すると言われるほど健康に多大な影響を与えているのが活性酸素です。 最近では活性酸素という言葉をよく耳にするので皆さんも知っていのではないでしょうか? 「老化」「シミ」「しわ」などにも活性酸素が関わり、活性酸素を除去する抗酸化物質に注目が集まっていますね。 ではアトピーにも活性酸素が関係するのか見ていきましょう。 1. 活性酸素とは? 2. 活性酸素がどういうふうにアトピーに影響するのか? 3. 活性酸素が増える原因 4. 活性酸素を除去する酵素 5. 活性酸素をやっつける抗酸化物質 6. とった方が良い抗酸化物質! まとめ 1. 活性酸素とは? 酸素を体内に取り入れエネルギー…

  • アトピーは皮膚病じゃない!?アトピーに関係している4つの症状!

    「腸内環境が崩れるとアレルギーを発症する」 「アレルゲンを含む食品を避けましょう」 「皮膚は内臓の鏡」 などの言葉を聞いた事はありませんか? そう言われ続けているにも関わらず、日本ではいまだにアトピーが出たら「皮膚病だ、皮膚科にいきましょう。」と言われ続けています。 アトピーは皮膚病ではありません。 東洋医学や他の国ではアトピーを内臓の機能低下からでた症状と捉え、ほとんどの人が3ヶ月ぐらいで治っているそうです。 そこでアトピーに関係している4つの症状を書いてみました。 1. アトピーに対する考え方の違い 2. 本当にアトピーは治るのか? 3. アトピーに関係している4つの症状! 3-1.腸内環…

  • アトピーはしきい値で決まる!アトピーの根本的改善法!

    花粉症・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎などの症状がある人は、鼻が詰まったり鼻水が出たり皮膚が痒かったりでムズムズ・イライラして「もう何とかして」ってなっていると思います。 しかし、花粉の季節でも平然として暮らしている人もいます。 羨ましくありませんか? なぜこうも違うのでしょうか? それはアレルギー(アトピー)に対するしきい値が違うのです。 アレルギー(アトピー)はしきい値が低いと発症するのです。 そしてしきい値を上げるとアトピーが治ると言われています。 それではしきい値の上げ方を見ていきましょう。 しきい値とは? なぜ?無害な物質が有害だと判断されるのか! どうすれば、しきい値を上げられ…

  • ヒスタミンを減らしてかゆみを激減させる5つの方法

    毎日の生活で、 「夜にかゆみで起きてしまう」 「かゆみさえなければアトピーは治るのに!」 「かゆみで全身搔き傷だらけだ」 こんなこと思ったりしませんか? アトピーにとってかゆみが一番の問題ではないでしょうか。 かゆみはヒスタミンによって引き起ります。 どうすればかゆみを抑えられるか、書いてみました。 1. かゆみってなに? 2. ヒスタミンが放出されるとかゆくなる! 3. なぜ掻いてはいけないのか 4. ヒスタミンを減らす5つの方法 4-1抗ヒスタミン薬 4-2肥満細胞を鈍化させる。 4-3ヒスタミンを無毒化する。 4-4ヒスタミンの多い食品をさける 4-5ヒスタミンを緩和させる食品をとる ま…

  • アレルゲンに負けない皮膚のバリア機能を強化する9つの方法!

    アトピーの人は特に皮膚のバリア機能が低下しています。 私は重度のアトピーだったので皮膚が薄く、赤く腫れて少しでも触るとジュクジュクと黄色い浸出液が出て痒くなるの繰り返しでした。 浸出液も必要で毒素の排出や感染予防、傷の治りを早めるために出ていますが、何とも言えない不快さがありました。 それに、浸出液のせいでアトピーの範囲が広がったように感じています。 もし、皮膚のバリア機能を強化するとどうでしょう? 皮膚からアレルゲンが入りにくくなり、アトピーの症状も出にくくなるのではないでしょうか? 皮膚のバリア機能を強化する方法を書いてみました。 1. 皮膚の構造 2. 脱ステロイドでリバウンドが起きるの…

  • アトピーで脱ステロイドのリバウンドを起こさない3つの方法!

    私は、ステロイドを使いリバウンドを起こした1人です。 普通に疑いもせず、ステロイドを使いリバウンドを起こし辛い思いをし、 自分が無知だったことを反省しました。 あなたはなぜ、ステロイドを塗るのをやめると症状が一気に悪化、いわゆるリバウンドが起きるのかご存知ですか? あなたに辛い思いをしてほしくないために記事を書いてみました。 1. そもそもステロイドとは? 2. なぜ長期的に使うとリバウンドが起きるのか? 3. リバウンドを起こさずステロイドをやめる方法! 3-1 EPA 3-2 パントテン酸 3-3 ビタミンC まとめ 1. そもそもステロイドとは? ステロイドとは元々身体が作っている副腎皮…

  • アレルギーの免疫バランスと4つの型を徹底解説!

    本来、免疫は生まれた時から備わっていて病気を治すものですが、 現代では免疫のバランスを崩し、3人に1人は何らかのアレルギーを持っていると言われ、しかも4つの型が存在します。 アトピーはどうなのか?書いてみました。 1. 免疫機能ってなに? 2. 大切なのは免疫機能のバランス 3. 免疫機能のバランスが崩れるとどなるの? 4. アレルギー反応は4つの型がある! まとめ 1. 免疫機能ってなに? 免疫は、外部から侵入してきたウイルスや細菌を敵だと認識し血液中から排除するセキュリティシステムです。 風邪を引いたり病気になると免疫機能が働き、リンパ球のB細胞・T細胞・NK細胞(ナチュラルキラー細胞)や…

  • 東洋医学でみたアトピーは「熱」が原因だった!

    西洋医学では皮膚の状態をみて、東洋医学では身体全体をみます。 どこを見て治療するかが大きな違いだと思います。 では、東洋医学ではアトピーをどのように捉えているか見ていきましょう。 1. 東洋医学とは? 2. 基本知識「気・血・水」について 2-1 「気」 2-2 「 血」 2-3 「水」 3. 健康でいるためには「心・肺・脾・腎・肝」のバランスが大切 4. アトピーに関係する「肺・腎・脾」! 5. アトピーは「熱」が原因! まとめ 1. 東洋医学とは? 西洋医学は、皮膚なら皮膚と症状に対して対処的治療をするのに対し、 東洋医学は、人体を構成する基本的な要素「気(き)・血(けつ)・水(すい)」を…

  • アトピー性皮膚炎ってなに?症状・原因・検査法

    「これはアトピー性皮膚炎の症状かな?」 「何が原因で悪化したんだろう?」 「病院でどんな検査をするんだろう?」 こんな不安を感じていませんか?アトピー性皮膚炎について書いてみました。 1. アトピー性皮膚炎とは 2.アトピー性皮膚炎に似ている食物アレルギー 3. アトピー性皮膚炎が悪化する4つの原因 4.アトピー性皮膚炎の検査法 4-1血液検査 4-2皮膚検査 4-3負荷試験 5. アトピー性皮膚炎の治療方法 まとめ 1. アトピー性皮膚炎とは アトピー性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能が低下した状態で外から刺激や異物が入り、これらが過剰に反応する免疫細胞に結びつき炎症を引き起こし慢性的にかゆみの…

カテゴリー一覧
商用