chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
つんつるブログ https://tsuntsuru.com

現役のお坊さんが作るブログ。生き方に悩んだ末に、仏教で救われた私が、心に響く味わいのあるブッダの言葉を紹介します。ダンマパダを中心に、原始仏教の教えを紹介します。また、終活に関する記事も紹介します。

りゅうこう
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/09/03

1件〜100件

  • 認知症予防を予防するための効果的な6つの習慣

    WHO(世界保健機関)は、提唱している、認知症予防のガイドラインがあります。正式名称は「認知機能低下および認知症のリスク低減WHOガイドライン」といいます。そこでは、以下の12の項目に分けられています。身体活動禁煙栄養アルコール認知的介入社

  • 邪に置かれている心

    邪に置かれている心、すなわち十の不善業道に向けられた邪悪な心というものは、現世に破壊をもたらすだけではなく、来世にわたって十万の生涯においても、四悪趣に自己を投げ込み、頭をもたげさせることがありません。悪は死んでからも自分を苦しめるのです。

  • この身は久しからず横たわることになるだろう

    「この身は久しからず横たわることになるだろう」説明を要しないほどわかりやすい教えであります。因縁の物語の中から、いつか死ななければいけない身でありながら、ひたむきに修行に励んだティッサ長老の心、ティッサ長老に対するブッダの慈悲深い心がうかがえます。

  • この身は瓶のごとし

    この身は無力であり、非力であり、仮の状態であるがゆえに「瓶のごとし」といわれます。その身を、都市のように堅固なものにすることを教えています。都とは、外は城壁に囲まれて、深い濠があり、内は整備された道路や市場があります。そのように、よく整えなければいけません。

  • 「墓じまい」を考えた方がいい人と、避けるべき人

    「墓じまい」を考えたほうがいい人と、避けるべき人とは?お墓は自分だけの問題ではなく、家族や親戚の問題でもあります。きちんと考えなければ、トラブルが起こってしまいます。トラブルにならないために、考えるべきことを紹介します。

  • 墓じまいでトラブル!?家族に相談せずにお墓を閉じたら思わぬ問題が・・・

    近年増える墓じまい。しかし思わぬトラブルになることも。ある男性が、家族に相談することなく、墓じまいをしてしまいました。それがきっかけで、家族間で思わぬトラブルが発生してしまいました。どんなトラブルが起こったのでしょうか。

  • 心の安定が真のやすらぎを得る

    人の心は常に不安定なものです。その理由は、貪りや怒りなどの煩悩に振り回されているからです。貪りや怒りを抑え、正しき仏教の教えに目覚めた人は、これらの煩悩に惑わされることがありません。つまり、心の安定を得るのです。

  • 心を制御することの大切さ

    私たちはつねに心に振り回されています。心を制御して過ごすことが、安らかな日常生活を送る上でとても大切な事なのです。ブッダの弟子のとった行動から、心を制御することの大切さを考えます。

  • 自分の心を守ること

    自分の心を守って行くことが大切です。ものごとはすべて自分の心が作りだしています。迷い苦しみも、心が生み出しています。だからこそ、心を制御し、守っていかなければいけません。仏教の修行の目的は、心を守ることにあるのです。

  • 心は軽いものである

    心は軽いものです。実体がなく、縁によって生じ縁によって消滅していくものです。だからこそ捉えがたく、しかし生滅するので軽いものだと考えることができるのです。そのような心を正しく捉え、正しく制御すれば、真の安らぎを手に入れることができます。

  • 心を操ることの大切さ

    心を操ることは難しく、制御しがたいものです。智慧のある者は、これを美味く制御し、煩悩を打ち消します。まるで猿が木から木へと飛び移るように、きれいなものにすぐ目移りしているのが人間です。心はしっかりと自分で操らなければいけません。

  • 努力する者は滅びることがない

    怠けることを恐れ、努力し続ける人は、その身を滅ぼすことがありません。それはつねに、自分自身と向き合い、自分自身を向上させ続けているからです。他者のことは、自分には関係のないことです。怠けることなく努力し続ける大切さを紹介します。

  • 怠けることを恐れ努力を喜ぶ

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第二章」にある法句31について、その内容を紹介します。怠けることを恐れ努力を喜ぶ怠けるこに恐れを見て努めることを喜ぶ比丘は微細・粗大の束縛をあたかも火のように焼いていく法句31ある比丘の

  • 怠けることを恐れ努力を喜ぶ

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第二章」にある法句31について、その内容を紹介します。怠けることを恐れ努力を喜ぶ怠けるこに恐れを見て努めることを喜ぶ比丘は微細・粗大の束縛をあたかも火のように焼いていく法句31ある比丘の

  • 努力が称賛されるための七つの誓いとは

    努力することによって、マガヴァー(帝釈天)は神の地位に就きました。努力することは、必ず称賛されます。反対に怠ければ非難されます。また、マガヴァーが人間であったとき、七つの誓いを立てて、それを実行し続けました。称賛される七つの誓いを紹介します。

  • 怠けている者は放っておけばいい

    日常生活の中にあって、すべての行動において努力することは、足の速い馬が足の遅い馬を追い抜いていくようなものです。怠けているような愚か者を待つことは、自分自身を怠け者へと陥る原因になります。怠け者は放っておけばいいのです。

  • 怠け心は努力で打ち消す

    怠け心は努力し続ける事で打ち消します。蓮池に入る水が古い水をかきまぜて、新しい水が古い水をを取り除くように、賢者は怠け心を努力し続ける事によって取り除きます。

  • 【お葬式に関する費用の話】気をつけたいお金の問題

    お葬式で発生するトラブルのうち、その多くがお金に関することです。時間的にも精神的にも余裕がないなかですすめていかなければいけないお葬式。だからこそ前もって準備しておく必要があります。気をつけておきたいお金に関する問題を紹介します。

  • 【数珠の買い方・選び方】数珠の意味や疑問にわかりやすく紹介します

    数珠はお葬式や法事などの仏事に欠かせないもの。一つは持っておきたいものです。しかしどのように買えばいいのでしょうか?実は頌を買うにはちょっとしたコツがあります。またあわせて数珠の意味など、数珠に付いての疑問について、わかりやすく紹介します。

  • お布施の本当の意味とは?お布施の相場の前に知っておくべき大切なこと

    お布施の本当の意味とは?お布施というと、お葬式や法事でお坊さんに支払うお金のことのように考えていますが、実はそうではありません。お布施の相場が気になるところですが、その前に本当のお布施の意味を知っておきましょう。

  • 【お葬式は本当にいらないのか?】やるべき大切な理由とは?誰のためのお葬式か

    お葬式は本当にいらないのでしょうか?実はお葬式をやっておくべき大切な理由があります。亡くなった人に対して畏敬の念をもち、安らかに眠ってほしいと願うのは残された家族として当然の気持ちでしょう。それが形に現れたのがお葬式。その大切さを紹介します。

  • 【お葬式は本当にいらないのか?】やるべき大切な理由とは?誰のためのお葬式か

    お葬式は本当にいらないのでしょうか?実はお葬式をやっておくべき大切な理由があります。亡くなった人に対して畏敬の念をもち、安らかに眠ってほしいと願うのは残された家族として当然の気持ちでしょう。それが形に現れたのがお葬式。その大切さを紹介します。

  • 【『エンディングノート』を自分で作る】項目や書き方を紹介

    エンディングノートを自分で作ることによって、本当に家族に伝えたいことだけをまとめて伝えることができます。自分が家族に本当に伝えたいことは何ですか?自分だけのオリジナルエンディングノートを作るために、残しておくといい項目や書き方を紹介します。

  • 【『エンディングノート』を自分で作る】項目や書き方を紹介

    エンディングノートを自分で作ることによって、本当に家族に伝えたいことだけをまとめて伝えることができます。自分が家族に本当に伝えたいことは何ですか?自分だけのオリジナルエンディングノートを作るために、残しておくといい項目や書き方を紹介します。

  • 【和歌山市断水の経験から】失敗談と、断水の時にあったらいいもの

    和歌山市で起きた大規模断水の経験から、その失敗談と、断水の時にあったらいいものを紹介します。非常時のために前もって備えておくことはとても大切なことです。あわてず騒がず、落ち着いて行動できるように、どんなものを用意していたらいいのでしょうか。

  • 【和歌山市断水の経験から】失敗談と、断水の時にあったらいいもの

    和歌山市で起きた大規模断水の経験から、その失敗談と、断水の時にあったらいいものを紹介します。非常時のために前もって備えておくことはとても大切なことです。あわてず騒がず、落ち着いて行動できるように、どんなものを用意していたらいいのでしょうか。

  • 【高校生の終活とは】メリットと具体的な方法を紹介!早いことはない高校生終活

    高校生の終活とは?終活と聞くとまだ早いと思われがちですが、そんなことはありません。「死」を意識して過ごすことで、自分自身の生き方を見つめ直す事ができます。これからの人生をしっかりとプランを持って有意義に過ごしていくために、早くから始めましょう。

  • 【高校生の終活とは】メリットと具体的な方法を紹介!早いことはない高校生終活

    高校生の終活とは?終活と聞くとまだ早いと思われがちですが、そんなことはありません。「死」を意識して過ごすことで、自分自身の生き方を見つめ直す事ができます。これからの人生をしっかりとプランを持って有意義に過ごしていくために、早くから始めましょう。

  • 【30代の終活とは】メリットと具体的な方法を紹介

    30代の終活とは、どのようにすすめていけばいいのでしょうか。メリットやその具体的な方法とは?ライフイベントのおおい30代で終活をすることで、自分自身の生き方を見直すきっかけになります。よりよい人生を送るためにしていくべき終活の方法を紹介します。

  • 【30代の終活とは】メリットと具体的な方法を紹介

    30代の終活とは、どのようにすすめていけばいいのでしょうか。メリットやその具体的な方法とは?ライフイベントのおおい30代で終活をすることで、自分自身の生き方を見直すきっかけになります。よりよい人生を送るためにしていくべき終活の方法を紹介します。

  • 【エンディングノート】おすすめ10選!人気の商品を紹介

    終活を始めるときに欠かせないのが「エンディングノート」医療や介護についての要望、資産や保険の管理、デジタル分野のIDやパスワードなどを書き記し、もしもの時に家族が困らないように準備しておくことは大切なことです。また、もしものために準備をする

  • 【エンディングノート】おすすめ10選!人気の商品を紹介

    終活を始めるときに欠かせないのが「エンディングノート」医療や介護についての要望、資産や保険の管理、デジタル分野のIDやパスワードなどを書き記し、もしもの時に家族が困らないように準備しておくことは大切なことです。また、もしものために準備をする

  • いい葬儀社の見分け方 2つのポイントと対処法

    いい葬儀社の見分け方はあるのでしょうか?2つのポイントと対処法を紹介。お葬式は遺族に取っては初めてのことだらけ。葬儀社のすすめられるままにすると、あとからトラブルになることも。いいお葬式をするために、事前に準備をすることが大切です。

  • いい葬儀社の見分け方 2つのポイントと対処法

    いい葬儀社の見分け方はあるのでしょうか?2つのポイントと対処法を紹介。お葬式は遺族に取っては初めてのことだらけ。葬儀社のすすめられるままにすると、あとからトラブルになることも。いいお葬式をするために、事前に準備をすることが大切です。

  • お葬式の費用でトラブルが起こる原因とは?「葬儀費用」に対する考え方

    お葬式のトラブルで多いのが「葬儀費用」に関することです。お葬式の関係で消費者センターにある問い合わせのうち、そのほとんどが葬儀費用に関することです。知らずにトラブルになってしまわないように、そのカラクリについてわかりやすく紹介します。

  • お葬式の費用でトラブルが起こる原因とは?「葬儀費用」に対する考え方

    お葬式のトラブルで多いのが「葬儀費用」に関することです。お葬式の関係で消費者センターにある問い合わせのうち、そのほとんどが葬儀費用に関することです。知らずにトラブルになってしまわないように、そのカラクリについてわかりやすく紹介します。

  • お葬式で直面する5つの問題とは?

    自分が遺族としてお葬式に関わるとき、そこで初めて直面する5つの問題があります。あらかじめ準備をしておかなければ、遺族と葬儀社との間でトラブルが発生する場合があります。亡くなった大切な家族を安らかに送るために、知っておくべき問題は何でしょうか。

  • お葬式で直面する5つの問題とは?

    自分が遺族としてお葬式に関わるとき、そこで初めて直面する5つの問題があります。あらかじめ準備をしておかなければ、遺族と葬儀社との間でトラブルが発生する場合があります。亡くなった大切な家族を安らかに送るために、知っておくべき問題は何でしょうか。

  • 【デジタル終活】スマホ情報整理のコツは3つに分けて考えよう

    デジタル終活は現代社会においてとても大切な事です。突然「もしも」のことがあったとき、困るのは家族です。今のうちから、スマホの情報整理をしておきましょう。では、どのようにして情報を整理していけばいいのでしょうか。3つに分けて考える情報整理のコツを紹介します。

  • 【デジタル終活】データ整理の3つのポイント「スマホ残して死ねますか?」

    「デジタル終活」とはデジタル遺品とよばれるものを整理しつつ、終活全体を考えていくことです。今やインターネット上には多くの個人情報があふれています。それらをどのようにして整理し、遺族に伝えていけばいいのでしょうか。3つのポイントを紹介します。

  • 【遺族が処分に困るものベスト5】生前整理で家族の負担を減らそう

    大切な家族がなくなったあと、その遺族が処分に困るものはどんなものでしょうか。ベスト5を紹介。思い入れのあるものや思い出深いものなどは、処分するのもはばかられます。家族の負担を減らすためにも、どんなものが困るのかを知り、生前整理をしておきましょう。

  • 【終活で始める生前整理】整理するものは?コツや具体的な方法を紹介

    終活をする上で「生前整理」を行うことは大切なことです。しかし、何を整理したらいいのでしょうか。コツや方法はあるのでしょうか?残された遺族に対して迷惑をかからないようにするためにも、終活に大切な生前整理について、コツや具体的な方法をくわしく紹介します。

  • 終活はなぜ必要?重要な2つの理由と具体的な事例を紹介

    終活はなぜ必要なのでしょうか。その理由は大きく2つあります。ネガティブなイメージを持つ終活ですが、その必要性をしっかりと考えると、自分にとっても他人事ではないことが見えてきます。具体的な事例とともに、終活の必要性を紹介します。

  • 【エンディングノートの書き方】失敗しないコツは○○しないこと

    「終活」は、自分が突然病気で倒れてしまったり亡くなってしまったりしたとき、後に残された家族が困らないようにあらかじめ準備しておくことをいいます。また、自分自身の「死」を考えることで、残りの人生を見つめ直し、よりよい人生を開いていくためのもの

  • 【終活の始め方】終活はエンディングノートから!失敗しない書き方とは?

    「終活」は、自分が突然の病気で倒れてしまったり、あるいは万が一にも急に亡くなってしまったとき、そのあとに残された遺族が困らないように、医療や介護、お葬式、財産の相続などに関して、あらかじめ整理して準備しておくことをいいます。どうしても、終活

  • 不放逸は○○のようである 先祖代々伝わるものを守るように、守らなければいけないものとは?

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第二章」にある法句26,27について、その内容を紹介します。 不放逸は○○のようである愚かで智慧なき人々は 怠けることに耽りゆく智慧ある者は努めることを 至宝のように守りゆく「法

  • 『ダンマパダ(法句)』第一章「ひと組ずつ」まとめ

    『ダンマパダ(法句)』第一章「ひと組ずつ」の一覧です。 第一章「ひと組ずつ」 1,もろもろの法は意を先に 意を主に意より作られるもしも汚れた意をもって 語り、あるいは行えばそれより苦が彼に従う 牛足跡の車輪のように 2、もろもろの法は意

  • 煩悩とは心の垢のこと 掃除をすることでとるべき本当の汚れとは?

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第二章」にある法句25について、その内容を紹介します。 心の垢を取り除くこと奮起によって努めによって 自制によって調御によって暴流(ぼる)さえも侵さない 島を慧者は作りうる「法句25

  • 名声が集まる人の特徴 できる人はここが違う

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第二章」にある法句24について、その内容を紹介します。 名声が集まる人の特徴奮起をそなえ、念があり 行い清く、慎重になし自ら制し、法に生き 努める者に名声が増す「法句24」クンバゴー

  • 怠けている人はどうなるのか?努める人と怠ける人の行く末の違い

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第二章」にある法句21,22,23について、その内容を紹介します。 怠けているとどうなるのか?努めることは不死の道 なまけることは死への道努めるものは死にゆかず なまけるものは死者の

  • いいことをたくさん語るより実践すること

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第一章」にある法句19,20について、その内容を紹介します。 『ダンマパダ(法句)』全文の一覧はこちらから実践することの大切さとは?聖語をたくさん語ろうと その実践がなく怠る人は他牛を

  • 善を行えば楽を受ける。善因善果の教え

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第一章」にある法句18について、その内容を紹介します。『ダンマパダ(法句)』全文の一覧はこちらから善を行えば楽を受ける善行のものはこの世で歓び あの世で歓び、両世で歓ぶ「私は善をなした」

  • 悪いことをすればこの世でもあの世でも苦しむ

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第一章」にある法句17について、その内容を紹介します。 『ダンマパダ(法句)』全文の一覧はこちらから悪いことをすればこの世でもあの世でも苦しむ悪行の者はこの世で苦しみ あの世で苦しみ、

  • いいことをすれば必ずいいことが自分に返ってくる。業の報いについて

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第一章」にある法句16について、その内容を紹介します。『ダンマパダ(法句)』全文の一覧はこちらからいいことをすればどうなるのか?善行の者はこの世で喜び あの世で喜び、両世で喜ぶかれは喜び

  • 悪事を働けば必ず自分に悪いことが返ってくる。業の報いについて 

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第一章」にある法句15について、その内容を紹介します。『ダンマパダ(法句)』全文の一覧はこちらから悪業による報い悪業のものはこの世で嘆き あの世で嘆き、両世で嘆くかれは嘆き、かれは悩む 

  • 貪りの煩悩から心を遠ざける方法

    ブッダの教え『ダンマパダ(法句)』について、ここでは「第一章」にある法句13,14について、その内容を紹介します。『ダンマパダ(法句)』全文の一覧はこちらから心を鍛えることが煩悩を遠ざけるあたかも粗く葺かれた家に 雨が深く染みこむように修習

ブログリーダー」を活用して、りゅうこうさんをフォローしませんか?

ハンドル名
りゅうこうさん
ブログタイトル
つんつるブログ
フォロー
つんつるブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用