searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

さいともさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
さいともブログ
ブログURL
https://satoimogunsoblog.com/
ブログ紹介文
当サイト『さといもブログ』ではイヤホンや音楽PC関連のガジェット、Spotify​などを中心とした音楽サブスクについてなどを中心に情報を発信しております!​また横山光輝「三国志」の記事も随時更新しております。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/satoimogunsobl1
更新頻度(1年)

26回 / 89日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2021/06/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、さいともさんをフォローしませんか?

ハンドル名
さいともさん
ブログタイトル
さいともブログ
更新頻度
26回 / 89日(平均2.0回/週)
フォロー
さいともブログ

さいともさんの新着記事

1件〜30件

  • SHANLING M3X レビュー!【弱点あれども最強コスパDAP!】

    今回DAP初心者としてこのSHANLING M3Xを購入しましたが、欠点としてスマホのようにサクサクヌルヌルとした操作はできない。起動時に時間がかかる。たまにフリーズする。指紋がスマホと比べるとかなりつく。とあるもののエントリークラスとしてもコスパとしても音質面を考慮吟味して購入したのは大正解だったと思いました!高音質ストリーミングとなりつつある近頃、音楽好きには必要なアイテムになるのではないでしょうか。

  • 【またもや大人物発見!孫礼】三国志 横山光輝 55 祁山夏の陣

    張郃は匹夫の勇で孔明に挑むもことごとく敗れる。しかしこの戦いで その昔、張飛と張郃がいずれ劣らぬ戦いをし魏に張郃ありと聞こえたものだがこの目で見てなるほどと、思いあたる 折あらば討ち取っておかねば蜀にとって油断のならぬ存在になろう 横山光輝『三国志』 55巻より と言わしめている。 孔明と司馬懿の睨み合いが続く中、孔明は再び丞相職を拝命する。孔明は司馬懿に大勝利するも、張苞の死を聞いて血を吐いて倒れる。さらにはなぜだか心労により病に伏せていた曹真が元気になり、いきなり蜀の漢中へ攻め込む!孔明と司馬懿の対決はまた続いていく!

  • 【宿将(郭淮)と魏滅びの予兆】三国志 横山光輝 54 陳倉城攻略

    どんなに孔明と戦おうともまったく勝てない曹真。司馬懿の進言があっても有能な部下が居ようとも勝てず、病に倒れ、洛陽へと引き返す。魏と蜀が消耗してる間に呉は国力を整えて孫権が帝位につく。229年蜀は表面上外交上悦ぶ。呉の戦略としては孔明に魏を弱らせていいところで呉が洛陽を討つというのが戦略となっている。いよいよ陳倉城攻略に乗り出した孔明だが、朗報としてこの城を守る郝昭が重病になり、さらには王双が魏延に斬られる。孔明は再び祁山へ赴き、魏との決戦に挑もうとした。一方で魏は蜀と呉に攻められ誰も戦略的に助言できるものがいなかったが、司馬懿だけがこの危急に対応できた。曹真は総兵の印を司馬懿に与えて、司馬懿は大都督に任じられ孔明と再び戦う。

  • 【魏呉蜀の争いが激化!孔明も司馬懿もこの渦の中へ!】三国志 横山光輝 53 陳倉の戦い

    蜀の敗戦により、孔明は軍法会議を開き、馬謖を処断して法を遵守する。この敗戦の反省により、孔明はいっそう兵の強化に努めることになる。一方、呉にも動きがある。周魴の寝返り策により、石亭の戦いがはじまり、総大将の曹休が亡くなる。呉による大勝利により再び孔明の蜀が動き出し、第二次北伐陳倉の戦いとなる。猛将王双の活躍に手をこまねいていたが、姜維の進言により策をめぐらす。

  • 【脚色された戦い】三国志 横山光輝 52 街亭の戦い

    前巻までの孔明の数々の勝利により、危機感を覚えた魏は司馬懿を再び将軍として長安へ赴く。しかし孔明の数々の勝利に呼応した孟達が再び蜀へ降ろうと画策して、洛陽を襲おうとするが、実現に至らずかえって孟達は討ち死にする。孔明と司馬懿の戦いが幕を開けるこの時、2人の共通の戦場が街亭となる。この守備に孔明は馬謖を起用する。これがこの戦いの勝敗を分けることになる。つまりは馬謖は兵法のミスを犯し、食料補給路たる街亭を獲られる。最低限の退却を孔明による空城の計により成功させるが、蜀軍は敗退する。

  • 【孔明の期待に応えた蜀将たち!】三国志 横山光輝 51 姜維の帰順

    姜維そっくりさんの兵士を使い、天水城を攻撃しつつ撤退。一方で冀城で姜維を孤立させて兵糧攻めにして蜀の輸送隊をおとりにして冀州を奪い、帰る場所を無くした姜維は孔明の蜀へと降る。 蜀将となった姜維は天水城を矢一本で攻略する。これで天水・南安・安定の三郡を手に入れる。次なる戦場は祁山となるが、魏は曹真を総大将に郭淮も参戦してあててくる。しかし孔明の前では相手にもならずに、曹真は異民族の西羌を使う。鉄車隊に苦戦するものの、西羌軍を攻略。逆に西羌とよしみを交わして兵も将も全て釈放される。さらに蜀軍は曹真軍を圧倒し、渭水へ追いやる。この報を受けた首都洛陽の曹叡は鍾繇の言により、司馬懿をまた呼び寄せる。南陽の兵を連れて、孔明との決戦に行軍する!

  • 【JBL LIVE PRO+ TWSレビュー】気軽さが心地いい女性におすすめのANC搭載完全ワイヤレスイヤホン

    イヤホンでもっとも重要な着用時のフィット感、完全ワイヤレスイヤホンが持ち得る機能全部入り、そしてデザイン面が充電ケースのコンパクトさを含めてセンスを感じずにはいられません。ガジェットYouTuberやガジェットレビュアーほぼみんなが褒めちぎっているこのLIVE PRO+ TWSのベージュを購入したので、しっかり見ていきたいと思います!

  • KZ ZAX 中華なのに感動すら覚える! 有線イヤホンレビュー!

    まことに勝手ではございますが、2021年9月現在、わたしの有線イヤホンランキング一位を紹介します!もちろんスマホやゲームで使用するのになんの文句も不具合もなく楽しめますが、わたしがこのKA ZAXを最大限おすすめする使用方法はハイレゾ環境での使用です!これ以上はない評価を序文にしてしまいましたが、もちろん欠点も交えてこのKZ ZAXを見ていきたいと思います!

  • KZ ASX 【最強イヤホンが1万円台という中華の闇】レビュー!

    率直な感想は「このイヤホン1つあればそれでいい!」装着感も遮音性もあり音楽あるいはゲームにも集中して聴くことができます。中華らしい欠点も持ち合わせつつこの価格帯でこのような最強イヤホンを売り出せるのもまた中華!さらには聴くデバイスによって評価が変わってくるイヤホンかな?と感じました!

  • 【TIDALでMQA!】ついに日本上陸か!?軽くて高音質なサービスが身近に!

    TIDAL公式サイトが日本語化されているということで日本上陸も直ぐなのでは!?といわれております!(2021年9月現在)TIDALがなぜ話題となるのかはいわずもがな高音質配信、つまりMQAが使える!これに尽きるのではないでしょうか。邦楽は確かにApple MusicやAmazonMusicの方がはるかにありますが、いろんなアーティストやジャンルの洋楽をじっくりほぼ毎日聴けてDAPなどのMQA音質を楽しめる環境がある方におすすめです!

  • 三国志 横山光輝 50巻 孔明北伐行 【孤高の将軍 姜維の登場!】

    孔明は30万の兵をおこして魏へと侵攻する。魏では夏侯楙が迎え撃つ。夏侯楙は夏侯淵の息子となる。老将となった趙雲の活躍により戦場経験のない夏侯楙は引き立て役にしかならない。しかし南安城は堅牢ゆえ戦術の手段を考える。孔明はまず南安城より北の安定城を落とす。また降伏させた安定城の太守と親交のある南安城の太守を謀略と策略合戦のすえ、勝利しさらに魏の総大将、夏侯楙を捕らえる。次に天水城攻略になるが、ここで姜維が登場する。見事に孔明の謀を見抜いた姜維は見事勝利する。しかし捕らえた夏侯楙を使い、孔明はさらに姜維に策を向ける。

  • 三国志 横山光輝 49巻 出師の表

    何度となく戦ってきた孟獲。最後の相手、烏戈国 の兀突骨を孔明は徹底的に根絶やしにする。何度となく戦ってきた孟獲は7度も捕まり、ようやく懲りて孔明に心服する。その心服は孔明が都(成都)へ帰る行軍で長いことついてくる。さらに饅頭の逸話。成都へ凱旋した孔明と蜀軍であったが、数ヶ月後に馬超が45歳の若さで病に倒れる。さらに魏では皇帝曹丕が病に倒れ重体となったが、在位7年で40歳という年齢で崩御する。2代目の皇帝に曹叡がなり、曹丕の時と同様司馬懿は驃騎大将軍として高い地位を得る。しかし司馬懿は対蜀に備えるべく西涼へと向かう。これに危機感を感じた孔明と馬謖は間者を送り司馬懿に野心ありとする。この計略が功を奏し、司馬懿は官職をすべて剥奪されて郷里へ帰されることとなる。孔明はここから北伐の決意をする。その決意文が出師の表となる。

  • 三国志 横山光輝 48巻 孟獲心攻戦 過酷な三国時代を生き抜いた2人の女性の活躍を紹介!

    記事は祝融夫人の登場もあって三国志を生き抜いた2人の女性に着目しました!王異と蔡琰。南蛮王の孟獲は何度でも納得いくまで孔明と戦うが、ことごとく敗れる。周辺の友好ある洞口たちや兄弟、夫人にいたるまで登場するが叶わず、孔明と蜀軍はこれに付き合う。これは戦というより、蜀漢帝国ここにありけり!的ないわゆる孔明の宣教師的な布教活動のようである。

  • 三国志 横山光輝 47巻 瀘水の戦い 【孔明の南蛮行における中華思想の恐ろしさと書】

    ここでは主に瀘水の戦いでの戦闘、孟獲は何度戦いを挑んでも捕獲されてしまう。その度に孔明は孟獲と会談しては釈放するのを繰り返す。誰の目にも明らかだが、孟獲を完全に屈服させこの地に孔明を畏れさせるために徹底的に戦っている。そして趙雲・魏延・王平・馬岱とおなじみの蜀の武将たちも活躍を見せる。しかしこれまで孟獲は4度も孔明に捕らえられる。そして5度目の戦いがはじまる!

  • 三国志 横山光輝 46巻 孔明の南蛮行 【知られざる南蛮の民族と日本の南蛮】

    劉備の死により蜀漢の皇帝が劉禅に代わり、それに対する反乱勢力や異民族の問題が勃発する。孔明はこの期に益州南と南蛮へ徹底服従すべく軍を侵攻させる。ここでの1番の親玉は孟獲。孔明は彼を見込んでなのかはわからないが、何度も逃しては徹底的に戦う。この巻では反乱を起こした建寧の太守 雍闓、牂牁郡の太守 朱褒、越嶲郡の太守 高定による反蜀連合との戦いが描かれる。また演義、横山三国志ならではの痛快なまでの孔明の智略がさえわたる戦いがはじまる!これを討った孔明はさらに南蛮へと侵攻して蛮族の長を手玉にとっていく。

  • S.M.S.L M500 DAC レビュー!!【ハイレゾ級ストリーミング再生に特化したおすすめUSB-DAC】

    S.M.S.L M500 DACがあればハイレゾ音質を思う存分堪能できる!さらになんといってもMQA音質を聴けること!さらにはリモコンで簡単操作ができること!ヘッドホンとスピーカーで音量が独立してること。下手な設定をしなくて済むこと。 XLR 接続でスピーカーバランス接続になること。最強USB-DACが今ここに!

  • S.M.S.L M500 DAC レビュー!!【ハイレゾ級ストリーミング再生に特化したおすすめUSB-DAC】

    S.M.S.L M500 DACがあればハイレゾ音質を思う存分堪能できる!さらになんといってもMQA音質を聴けること!さらにはリモコンで簡単操作ができること!ヘッドホンとスピーカーで音量が独立してること。下手な設定をしなくて済むこと。 XLR 接続でスピーカーバランス接続になること。最強USB-DACが今ここに!

  • ADAM A3X レビュー 具現化された“最も小さなビッグ・サウンド” 【おすすめモニタースピーカー】

    ADAM A3Xはこのシリーズの一番小さいクラスなのですが、公式のキャッチフレーズにもあるようにとにかくパワーがあります!PCモニターの前で聴いてドラムのあらゆるパーツの音、ベースの音色のわかる低い音、ギターやピアノの細かな音も私のような心細い耳にも伝わってきます。きっと他にもいいスピーカーいいアンプは幾万とあるかと思いますが、ずっとこのPC環境の中で音楽を楽しめて、将来PCを駆使してレコーディング環境構築ができるならば、尚おおいに使えるモニタースピーカーになるので今後も楽しく使っていきたいと同時にみなさんにおすすめします!

  • 三国志 横山光輝 45 劉備の死 【事実上孔明の国 蜀漢の誕生と司馬懿】

    呉にとっての重要な防御線、濡須での攻防戦が始まる。 しかし疫病により、曹丕は退却。一方、白帝城へ逃れた劉備は、大敗した心労から寝込み、危篤となり、亡くなる。初代皇帝劉備を失った蜀は魏の工作により五路から攻撃を受ける。第一路 異民族鮮卑を使い西平関を襲わせる 第二路 南蛮国の孟獲に西川の南を襲わせる 第三路 孫権に涪城を襲わせる 第四路 上庸の孟達に漢中を襲わせる第五路 陽平関から曹真に堂々と蜀に攻め入る。しかし孔明はすべてに対応してしまう。さらに呉へと使者を送り鄧芝の活躍もあり、同盟に成功する。曹丕は再度、呉へと侵攻するが呉の決死の戦いにより、またしても敗戦する。ここから孔明は益州南部の反乱と南蛮との戦いに尽力することになる。

  • 三国志 横山光輝 44 蜀呉の死闘 【夷陵の戦いと陸遜について】

    張飛・黄忠を失うも劉備は呉に快進撃を続け関興・張苞も仇をとって行く。しかし孫権は呂蒙が認めていた人物、陸遜を大都督に任じる決定を出す。 この人選が功を奏し、陸遜は味方を信頼させ戦は逆転していく。負けを察した孔明は劉備軍が白帝城へ退却するよう手筈を馬良に委ね、この不毛な戦いは終わる。

  • 三国志 横山光輝 43 蜀の明暗 【関羽の弔いが合戦を止められなかったワケ】

    関羽亡き後、蜀は弔い合戦もできぬままもやもやして疑心暗鬼状態になる。その矛先として上庸から援軍を出さなかった孟達と劉封が挙げられる。親友の彭義の処刑により、身の危険を感じた孟達は魏へと奔る。劉封は劉備の命令により、襄陽へ向けて戦いを挑むが惨敗し、さらに上庸も獲られ、罪により処刑される。曹操の後を継いだ魏王曹丕は着々と皇帝の座を取るべく動く。そして195年続いた後漢はここに歴史を終える。さらにこの報を聞いた蜀では、うまい!?タイミングで玉璽を見つけて、劉備が初代の蜀漢皇帝となる。そして赤壁以後、戦に勝つことを覚えた劉備はどうしてもやりたいこと、関羽の弔い合戦のため呉討伐に向かう。

  • 三国志 横山光輝 42 曹操の死 【曹操は万能の天才!曹丕はその反面!】

    荊州を取り返すべく、関羽軍は進軍するも荊州の兵は戦意をなくし、さらに上庸からの援軍も得られず、関羽親子は捕まり処刑される。関羽の死は、偶然なのかはたまた呪いなのか、三国にとって大きな災いをもたらす結果となる。 関羽の死から2ヶ月後、呂蒙が血を吐き病に倒れて死んでしまう。そして魏では曹操が世を去る。魏の後継者争いは曹丕に軍配が上がる。本記事は曹操の万能の天才っぷり。曹軍の戦いの歴史そのもの徐晃について。そして曹丕の血塗られた話となります。

  • 三国志 横山光輝 41 関羽の不覚 【神様関羽について思いを馳せてみた!】

    いよいよ戦場は荊州へと移り、関羽最期の戦いが始まる。幸先よく樊城を囲み、援軍の于禁・龐徳に勝ち関羽の勇名は曹操のいる鄴にまで響いていた!しかしここから呉が動き出す。呂蒙、そしてまだ無名に等しい陸遜の登場。さらに傅士仁、糜芳の裏切り。また魏も決死に喰い下がり、徐晃などの活躍により関羽軍は劣勢になっていく。

  • 三国志 横山光輝  40 漢中王劉備 【曹沖をはじめ曹操の子たちを紹介!総勢25人!】

    魏軍の劣勢は変わらずだったが、曹彰の援軍のおかげで持ち堪えてる矢先、楊修が曹操に打首を命ぜられる。そして曹操の前歯2本を奪い、さらに蜀軍は漢中を手に入れる。そしてこの地を得た劉備は孔明の説得により漢中王になる。劉備が漢中王を名乗り、いよいよ三国の争いが激化!赤壁後の劉備軍の台頭に危機感を共有した魏と呉は密かに通じ、荊州の地で激しい戦がはじまる。

  • 三国志 横山光輝  39 漢水の戦い  【涼州・漢中一連の殊勲賞は夏侯淵?!】

    漢中の地理 夏侯淵のこれまでの活躍 趙雲について今回は触れています!魏と蜀の漢中においての攻防戦が激化する。黄忠の活躍 法正の助言 孔明の黄忠に対するお灸 趙雲の援軍そして孔明の食料攻めと勝利を重ねていく。一方で魏は夏侯尚が討たれ、兵でははるかに魏の方が優勢にもかかわらず、蜀の勇と計にことごとくやられる姿が描かれている。

  • 【Bose QuietComfort 20】レビュー 人気ストリーマーも長年使用の三拍子揃ったおすすめイヤホン!!!

    三拍子というのは没入感(ノイキャン)低音(Boseらしさ)簡単装着(有線だけど) 今回は2015年発売で価格3万円近いながら大人気のイヤホン!そしてFPSゲームを中心にTwitchにてストリーマーとして活躍しているデトネーター所属の2人、SHAKAさんとSPYGEAさんがかれこれ2年以上は愛用している有線イヤホンBose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesについてレビューします!

  • Spotify HiFi が来る前に楽しむためのおすすめ便利機能11選!!!

    HiFiがとても楽しみで今か!今か?と待ちわびて待ちきれなくて、このような記事を書いてみました!Spotifyの使いやすさについて便利機能の確認と紹介をしていきたいと思います!こういったサブスクサービスはひとりで楽しむものと思いがちにもなりますが、シェアしたり、いっしょに聴いたりとできる機能があるに新鮮味を感じました!こういった便利な機能はそれぞれありますので、ぜひ有効活用して音楽を楽しめればと思います!

  • 【完全ワイヤレスイヤホン】選択のポイントはコスパ?音質?メーカー?徹底レビュー!

    完全ワイヤレスイヤホンを選ぶポイントをまとめると 好きなメーカーを見つける!メーカーそれぞれの音質を口コミやレビュー、視聴により好みを見つける!機能や性能をしっかりチェックする!最後は当然、デザインがかっこいいか!かわいいか!わたしは4つの完全ワイヤレスイヤホンをすでにレビューしていますが、正直どれも甲乙つけがたいくらい音質デザイン機能に満足しております!これを通じて完全ワイヤレスイヤホンの良さが少しでも伝わればと思います!

  • AppleMusicのロスレス配信から見る3大サブスクと高音質配信についてわかりやすくレビュー!

    2021年2月のSpotifyのロスレス配信導入ニュースや、6月AppleMusicのロスレス配信解禁および空間オーディオの導入には月額ストリーミングサービスの競争をより激しくし、われわれ消費者のワクワク感を刺激してくれました!ロスレスとはなんなのか?音楽サブスクってどこがいいのかなどの参考になればと記事にしました!興味のある方はぜひハイレゾやロスレス対応の機器を導入して楽しんでいただきたいのと同時に、このようなアプデが来ても今まで通りいつでもどこでも聴ける音楽サブスクを楽しみましょう!と音楽を楽しむ選択肢が広がる記事になります!

  • 【AKG K240 STUDIO-Y3】レビュー コスパ音質デザイン 全てを兼ね備えたおすすめヘッドホン!!

    簡単にいうと柔らかい印象の音質!低中音、高音と差別がない、とがってない印象。またセミオープン型ということもあり、音漏れもしっかりありますし、密閉感もないので外音がよく聞こえます。音に関してはモニターヘッドホンということで音色を挿れない、そのままの音を聴くことができるので音楽はもちろん、ゲームでも充分に楽しむことができます!

カテゴリー一覧
商用