searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Manamiさんのプロフィール

住所
イギリス
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Pytheas - ピュテアス|イギリス生活
ブログURL
https://pytheas.cc/
ブログ紹介文
麻奈美のイギリス生活ブログ。LIFE・PLACES・CULTUREにまつわる情報・出来事紹介と、気ままなエッセイをお届けします。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/_pytheascc
Instagramアイコン

Instagram

https://www.instagram.com/_pytheas/
更新頻度(1年)

19回 / 62日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2021/05/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Manamiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Manamiさん
ブログタイトル
Pytheas - ピュテアス|イギリス生活
更新頻度
19回 / 62日(平均2.1回/週)
フォロー
Pytheas - ピュテアス|イギリス生活

Manamiさんの新着記事

1件〜30件

  • イギリスと日本で買えるおすすめ日焼け止め【敏感肌OK】

    こんにちは! 皆さん、日焼け止めは何を使っていますか? 今日は、私がイギリスに来てから愛用しているアイテムをいくつかご紹介しますね。 日本に住んでいた時から引き続き愛用しているものもあります。 ※敏感肌にも安心な商品だけをご紹介しています! 洗顔フォーム&トライアルセット まずは私の肌質について少し。 私は、ホルモンの乱れから肌荒れを起こしやすく、基礎化粧品はいつも、敏感肌やニキビ肌にも合うものを選んでいます。 具体的には、ノブ(NOV)やラ・ロッシュ・ポゼ(La Roche Posay)を長年愛用しています。 ノブの製品をイギリスで販売しているところはまだ見たことがないのですが、ラロ

  • イギリスの教育システムとオックスブリッジ 〜2つの「カレッジ」〜

    イギリスにおいて、「カレッジ」には主に2つの意味があります。 まずは一般的なイギリスの教育システム(カリキュラム)の流れと、1つめの「カレッジ」についてご説明します。 教育カリキュラムとカレッジ 日本で「カレッジ」と聞くと「大学」のことだと思う人は少なくないと思います。 私の通っていた日本の大学も、英語表記では 'College' が付いていました。これはアメリカ式に倣ったものだと思いますが、イギリスでは 'College' と 'University' は別物で、'College' は大学のことではありません。 イギリスには、公立校、私立校、宗教理念を基盤とした学校、寄宿学校など、様々な形態

  • 帰ってこなかったフットボール

    シーーーーーーーーーーーーーーーーん・・・・ 無言で部屋を一周する夫。 その後一言も発さないまま、10分ほど過ぎただろうか。 一緒に観戦していたはずの義父も、いつの間にかいない。 画面の中では、選手達がかけてもらった銀メダルを外している。 PK戦で外してしまった選手たちの気持ちを思うと苦しくなる。でもきっと彼らはこの悔しさを糧に、もっと強くなっていくんだろう。 今、一人一人が「あの時ああしてたら・・・」と悔しい思いをしているのだろうけど、素晴らしいプレーだったと思う。 こんなに沢山の人を楽しませてくれてありがとう、スリー・ライオンズ! 紳士的でテクニックを駆使したプレーは素敵だった。 - 関連

  • イングランド55年ぶり決勝の日-EURO2020

    ついに EURO 2020 決勝の日です。 テレビでもフットボールの話題が頻繁に取り上げられ、街では日中から夜遅くまで、「Football's coming home」の歌が聞こえてきます。本当に聞こえてくるから笑ってしまいます。 昨日はイングランド代表チームに向けて、女王からも激励の言葉が贈られました。 View this post on Instagram A post shared by The Royal Family (@theroyalfamily) イングランドに新しい祝日ができる!? 「イングランドが決勝に勝ったら、翌月曜日を祝日にしてほしい」との請願書まで出てきています。「翌

  • イングランド、ほぼ全規制を解除予定

    イギリスの新型コロナウイルスに関する最新情報をまとめます。(英時間 2021年7月10日) イングランド、ほぼ全規制を解除予定 イングランドでは、7月19日にほぼ全てのコロナに関する規制が解除される予定です(12日(月)のデータ次第で決定) 以下、予想されている変更点です。 社会的距離について 会うことのできる人数制限の解除1m以上のルール撤廃(病院など一部の場所を除く)フェイスカバー着用の法的義務の撤廃 イベントや集会について ナイトクラブの営業が許可されるパブやレストランにおけるテーブルサービス以外の営業も許可される冠婚葬祭における招待客の人数制限解除(これまでは30人までだった)コンサー

  • イングランド初の決勝進出決定!- EURO 2020

    DIARY という新しいカテゴリーを作ってみました。 DIARY 、 つまり「日記」。 ここでは、より自由な形で、日々の出来事や感じたことを綴っていきたいと思います。 ・・・・・・・・・ 昨夜はヨーロッパ最大のフットボール大会「UEFA EURO 2020(欧州選手権)」の準決勝だった。 イングランド対デンマーク。 もちろん私はイングランドを応援した。 あの歌を歌いながら・・・ 元々、特別フットボールファンという訳ではないのだが、せっかくイングランドにいるのだし、一緒に楽しんでおいたって損はない。 この国の人たちが何を大切にしていて、何を楽しむのかということに興味があるので、できるだけ何でも体

  • イングランドのサッカー応援歌:和訳有り – ‘Three Lions (Football’s Coming Home)’

    2021年7月現在、UEFA EURO 2020(欧州選手権) が開催中で、ヨーロッパ中が大盛り上がりを見せています。 UEFA EURO 2020とは? ヨーロッパ各国の代表チームによるフットボール(サッカー)大会で、今年は16回目。24のチームが争う。 なぜ2020? 当初は2020年に開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症の流行により今年に延期されたため。 イギリスからも、イングランド、ウェールズ、スコットランドが出場していますが、北アイルランドは欠場しました。 私はイングランドに住んでいるので、イングランドを応援しています! 今年のイングランドは強く、 6月13日 対クロアチ

  • ナイフ・エンジェル – 10万本の刃物でできた天使像

    「私の鉄工所にあるリソースを使って、反暴力における社会的意識を、前面に押し出すことができないだろうか」 英国鉄工所(British Ironwork Centre)のクライブ・ノールズ氏は、ナイフ・クライムをめぐるドキュメンタリーを見た後、壮大なプロジェクトの実行を決意しました。 数々の努力と協力によって完成した「ナイフ・エンジェル」は、10万本のナイフで作られた巨大な天使像(27ft / 8.2m、3.5ton / 3500kg)で、英国初の「暴力と攻撃に反対する国家記念碑」となっています。 ヘレフォード大聖堂前に設置された直後のナイフ・エンジェル(6月14日) 彫刻家は、アルフィー・ブラッ

  • イギリスにおけるナイフ・クライム(刃物犯罪)の実情

    比較的安全な地域も多いイギリスですが、刃物による犯罪は世界的に見ても多く、社会問題となっています。 イングランドとウェールズにおいて、2020年9月までの1年間に警察が記録した「ナイフや鋭利な道具を使った犯罪」は、47,119件でした。 出典: Office for National Statistics - Crime in England and Wales: year ending September 2020 - 7. Knife or sharp instrument offences 首都ロンドンでは、今年も半年で既に20人が刃物で殺害されています。 2020年に発生した刺殺事件は

  • 【2021年版】ロンドンのおすすめラーメン2店《人気&穴場》

    国際都市であるロンドンには、数え切れないくらいのレストランがあり、 オーセンティックな多国籍料理を楽しむことができます。 ラーメンもその例外ではありません。 本記事では、最近私が訪れたロンドンのラーメン屋さん2店について、本音レビューとともにご紹介します! 金田家 | Kanada-Ya 今回、真っ先におすすめしたいのが「金田家」。 Piccadilly店のあるPanton Streetには、日本酒屋や韓国料理店などアジア料理店が並んでいた近くにJapan Centreもあり、そこでも色々な和食が食べられる ラーメン激戦区と言われるまでになったロンドンですが、オーセンティックな豚骨ラーメンが食

  • ランソニー修道院/ブレコン・ビーコンズ国立公園

    6月も後半ですね。 今月に入り、クーラーが欲しいほど暑い日もあったイギリス(バース)ですが、ここ数日は打って変わって肌寒い日が続いています。雨が降ったり曇ったり、晴れ間は少なく、久しぶりに我が家のラジエーターも稼働中です。 ラジエーター(radiator):イギリスだけでなく、ヨーロッパで主流の暖房装置。温水や蒸気を熱源とする。 ラジエーターのイメージ画(うちの猫ではありません) さて、先日、初めてウェールズへ行った日の様子をお届けしましたが、今日は、その後編をお送りしたいと思います。 ランソニー修道院 イッスイ教会のあとに訪れたのは、ランソニー修道院(Llanthony Priory)。 こ

  • 1回目のワクチン接種から1週間。経過のご報告です。

    1回目のワクチン接種から1週間が経ちましたので、会場の様子や副反応について、レポートしていきます。 日時:6月10日(木)夕方会場:Bath Racecourse Bath Racecourse(バース・レースコース)は、競馬場です。 馬が走る場所を使うわけではありませんが、競馬場施設の一部を使って、ワクチン会場が設置されています。 この地域では、おそらく一番大きな会場です。 ワクチン接種会場での流れ 入り口で予約番号と名前を伝えると、B5サイズくらいの青いカードを渡されました。 最初の入り口を過ぎたところで、消毒と、マスクの付け替えをお願いされました。 全員に新しいマスクが提供され、それに付

  • BLM、ルッキズム、ドキュメンタル。

    BLM、すなわち「ブラック・ライブズ・マター運動」とは、2012年のある痛ましい事件がきっかけとなっているが、2020年の「ジョージ・フロイド事件」によって、更なる怒りのデモを巻き起こした。 全米を動かしたその運動は、世界中に広がった。 あれから一年余り。 あの時は、日本でも珍しく人種差別問題が取り上げられた。 「日本に差別はない」と言う人もいるが、そんなことはない。 ・・・・・・・・・ 私は「差別」されたことがない(と思う)。 イギリスに住み始めてからというもの、「夫が日本で経験してきたような差別を、今度は私が経験することになるかもしれない」、「少しくらいなら、実際に体験するのも知見が深まる

  • 英GP患者データが自動共有される!?

    今、イギリスで論争となっていることがあります。 General Practice Data for Planning and Researchと呼ばれる新システムが開発されたのですが、これにより、今後イングランドのGPに保存されている患者データは、ほぼリアルタイムでNHS Digitalのデータベースに追加されることになりそうです。 これには、「生まれてから死ぬまでに記録された、身体的、精神的、性的な健康状態、薬物やアルコールの履歴など、すべての健康上の記録」が含まれます。 個人を特定する情報は、含まれないことになっています。 新システム導入についての発表があったのは、つい最近のことです。 導

  • 聖イッスイ教会: ウェールズ

    先日、初めてウェールズに行ってきました。 ウェールズに入った瞬間に公用語は二つとなり、看板も、英語とウェールズ語で書かれています。 英語(イングリッシュ)は、つまりイングランドの言葉です。 ウェールズにはウェールズ語(ウェルシュ)があります。もちろん、現代では皆さん英語も話します。 この日、いくつかの素敵な場所を訪れました。 今日はその中から、パトリショウの「聖イッスイ教会」をピックアップします。 旅行サイトでもなかなか見ないであろう、マニアックなスポットになりますが、イギリス、ウェールズの歴史を肌で感じられるような、興味深い場所でした。 聖イッスイ教会 - The Church of St

  • プライド月間: LGBTQIA+の権利を祝う月

    6月になりましたね。 あと一ヶ月で一年の半分が終わってしまうとは、衝撃です。 イギリスもようやく暖かくなってきました。 日中は太陽が出ていれば暑いくらいですが、日が暮れるとやはりまだ上着が欠かせません。 さて、そんな6月は、 プライド月間(Pride Month)です。 インスタグラムなどで、レインボーフラッグを目にした方もいるかもしれません。 近年、日本でも、LGBTの権利拡大に向けて、社会が大きく動いてきていると感じます。 特に今年は、3月に2つの印象的な判決がありました。 「法律上、同性婚が認められないことは憲法違反」とする初めての違憲判決(札幌地裁)と、「同性の事実婚も法的保護の対象に

  • ワクチン予約とイギリスの戦略

    現在、イングランドとスコットランドでは30歳以上、北アイルランドとウェールズの一部では18歳以上を対象に、1回目の新型コロナウイルスワクチンが提供されています。(2021年5月29日現在の情報です) BBC Newsなどで頻繁に予約可能年齢が発表されており、先週月曜には38歳以上、水曜には34歳以上、そして土曜に32歳以上と発表された瞬間に、私たち夫婦(32 & 33)も同時に予約サイトに入りました。(別デバイスで) 予約は、1回目/2回目を、同時に取ることが出来ます。 予約サイトに入ると、そこには既に1,000人以上の 'queue'(キュー: 列)が。 オンライン上に長蛇の列ができ

  • バースの歴史【後編】

    こんにちは、麻奈美です。 今日は良いお天気でした。ここ数日は雨も止み、ガーデニング好きの義母が喜んでいます。 さて、今日も前回に引き続き、バースの歴史をご紹介していきますね! 本記事は【後編】になりますので、前編をお読みでない方は、ぜひ合わせてどうぞ。 バースの歴史② ~廃墟と化した大浴場、王室御用達の温泉リゾート地となるまで~ ローマ人の開発によって、数百年にわたって栄えたバースでしたが、5世紀初頭にはローマ帝国が崩壊し、ローマ人たちは撤退します。 大浴場は新たに侵入してきたサクソン人によって破壊され、アクアエ・スリス(バース)は衰退しました。 (ボロボロになったアクアエ・スリスでしたが、天

  • バースの歴史【前編】

    こんにちは、麻奈美です。 前回、「雨という贅沢。」という投稿をしたところですが、それにしても今年のイギリス、5月の雨が多く、まるで日本の梅雨のよう。 イギリスには、 'March winds and April showers bring forth May flowers' (3月の風と4月の雨が、5月の花を連れてくる)という諺があります。 特に 'April Showers'という言葉が有名なのですが、今年の4月はほとんど雨が降りませんでした。 その代わりに、今月(5月)は雨がとても多いです。今も降ってます。 雨の日に家でのんびり過ごすのが好きな私ですが、日本の梅雨は苦手と感じることもあり

  • 雨という贅沢。

    雨が好きだ。 朝起きて雨の音がすると、静かに心浮き立つのを感じる。 今日のバースは土砂降りだった。風も強くて、とてもじゃないけど散歩する気にはならない。 だけど私は恵まれているのだろう。 昨秋にイギリスへ引っ越してきてから、今後もしばらくのあいだは義父母の家に世話になる予定なのだが、きちんと私専用の部屋が用意されており、十分な広さもあるので、窮屈さを感じることなく暮らせている。 私の元々の性格にも関係しているのだろうが、とにかく家を出たい、と思うことが、ほとんどない。 当初は夫の都合上、オックスフォードにフラットか小さな家を借りる予定だったのだが、パンデミックによって、常時オックスフォードにい

  • ホルバーン美術館に行ってきました

    5月17日(月)、イングランドをはじめとするイギリスの多くの地域で、ロックダウンの制限がさらに緩和されました。 パブやレストランの屋内営業が解禁され、美術館や映画館などの営業も再開できるようになりました。 バースの「ホルバーン美術館」もついにリオープンということで、早速行ってきましたのでその様子をお届けします! ホルバーン美術館 この日も雨が降ったり晴れたりを繰り返していましたが、ちょうどお天気の良い時間に来ることができました この建物、どこかで見覚えがありませんか? そう、昨年末にNetflixで配信されるや史上最高の視聴率を叩き出した「ブリジャートン家」で、公爵サイモンの育ての親、ダンベリ

  • コロナ無料検査キットを使ってみました

    今、イングランドでは、誰でも無料で、何回でも、簡単に新型コロナウイルスの検査ができます。 これは、イギリス政府が4月9日から拡大した検査計画によるもので、イングランドの全市民に対して、無償で Rapid Antigen Test(迅速検査)キットを提供しています。 イギリスではワクチン接種者が順調に増えていて、ロックダウンの制限も、段階的に緩和されてきています。 先月4月12日から、必要不可欠でない店(スーパーや薬局以外)の営業と、パブやレストランの屋外営業が再開され、今日(日本時間の昨日、5月17日)からは、ついに屋内営業も再開されました。美術館も今日から再開されたため、早速行ってきたところ

  • 母の日と、記念日ミニマライゼーション

    先日は母の日でしたね。 皆さまどんな一日を過ごされたでしょうか。 私は今、少し申しわけない気持ちでこれを書いています。 なぜなら、初めて(たぶん)忘れてしまったのです。母の日を。 ・・・・・・ ・・・・・・ 言い訳は2つある。 一つ目に、イギリスと日本の「母の日」が違うこと。 二つ目に、母の誕生日も5月であること。 二つ目に関しては毎年悩むのだが、5月前半にやってくる母の日にはお花やプレゼントと共に「ありがとう」して、後半にやってくる誕生日には通常プレゼントはなく「おめでとう」を伝えるだけになってしまっている。 6月(父の日)や12月(クリスマス)に誕生日がある人も、少なからずそんな体験をして

  • ニューフォレストへ行った話

    イングランドが2度目のロックダウンに入ったのは、昨年11月5日。 やっとのことでVISAを取得し、間一髪、イギリスに引っ越した約1週間後のことでした。 来て早々外出できなくなる私を哀れんでか、ロックダウン前日に、義父母がとても素敵な場所へ連れて行ってくれたのです。 ニューフォレスト国立公園 雨の多い季節。ぬかるみはあるものの、きらきらした森林に癒されながら歩く。手には地図を。 ニューフォレストは、イングランド南東部のハンプシャーにある国立公園です。 ニューフォレストが国立公園に指定されたのは2005年。英国の国立公園指定とは、その地が将来の世代のために守られ、保護されることを意味します。 ニュ

  • イギリス地方選挙が行われました

    先週木曜日、5月6日に、イギリス地方選挙(UK Local Elections 2021)が行われました。 イギリスでは1918年以降、木曜日に選挙を行うことが慣習となっているそうです。The Guardian: Why are British elections always held on Thursdays? 私は選挙権がないので投票できません*が、私以外の同居家族3名はイギリス人なので、最寄りのPolling Station(投票所)までついて行ってみました。 配偶者ビザで5年居住すると、永住権または市民権(イギリス国籍)の申請が可能となります。市民権を取得するとイングランドでの投票権

  • ごあいさつ

    初めまして。麻奈美(マナミ)と申します。 イギリスに住み始めて、半年が経ちました。 これまで、色々な国へ旅行に出かけたことはありましたが、日本以外での「生活」は初めてです。 日々新しい発見があったり、色々なことを感じながら、暮らしています。 日本を離れたところから見るのも、また違った見え方がしてきて面白いものです。 「百聞は一見にしかず」とはよく言うものですが、「近くて見えぬは睫」、これまた言い得て妙ではありませんか? 日英それぞれを、いろんな角度から見れる環境にたまたまあることに、感謝しています。 イギリスに住むということは、少しずつ「日本は(ある意味)海外であり、イギリスが自分のリアルな生

カテゴリー一覧
商用