chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/03/20

1件〜100件

arrow_drop_down
  • ジングルズ Jingles

    ギターは全ての演奏が親指だけです。凄い! モード奏法のピアノも熱演です! そして、「ハロウィン」のイラストと、ひとり言「お知らせ」を掲載。

  • フィール・ソー・グッド Feels So Good

    フリューゲルホーンの音色は温かいですね。 美しく、親しみやすいメロディーが加わり、心に残る演奏です! そして「自由が動く。こんにちわ」のイラストと、ひとり言「気持ちは晴れ」を掲載。

  • フリー・ユア・マインド Free Your Mind

    カウントを取り、グルーヴに溢れた歌が始まります。軽く歌っていますが、触発されてバンド全員ノリノリ! そして、「マイク」のイラストと、ひとり言「断捨離」を掲載。

  • ルート66 Route 66

    艶のある声。 ていねいな、話し掛けるような歌い方。 ピアニストとしての経験が、歌の深みを増しています。 そして、「ピアノと路」のイラストと、ひとり言「ニコッ」を掲載。

  • 珈琲タイム Coffee Time

    父から受け継いだ美声。 幼いころから音楽に囲まれ、鍛えた歌の力! ジャズ・スタンダードでも発揮されています。そして、「コーヒータイム」のイラストと、ひとり言「明日「一日」」を掲載。

  • メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ ’Make You Feel My Love ‘

    魅力的なハスキーボイスと、歌の力! 会場はアデルと、ピアノ、二人の世界に包まれています。 そして、「幸せのメロディー」のイラストと、ひとり言「仁のつぶやきNo.2!」を掲載。

  • フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン Fly Me To The Moon

    おしゃれな前奏に続いて、美しいメロディーが始まります。女性らしい優雅で、端正な演奏です。トリオ全員楽しそうですね! そして、「楽しい時間」のイラストと、ひとり言「仁のつぶやき」を掲載。

  • 素顔のままで Just the Way You Are

    聞いたことがある前奏で、ワクワク・・・ ハスキーボイスで、ご機嫌にスウィングしています。 マイケル・ブレッカーのソロも圧巻! そして、「歌う」のイラストを掲載。

  • レット・ハー・ゴー Let Her Go

    「繰り返す」が、カギです! 同じ和音の流れが、ずっと繰り返されます・・・ 後半は一緒に口ずさんでしまいました。 そして、「明かり」のイラストと、ひとり言「言葉」を掲載。

  • バグズ・グルーヴ Bags’ Groove

    メロディーを二人で演奏していますが、70年近く昔の演奏とは思えない、洗練された雰囲気が伝わってきます! そして、「今日の音楽」のイラストと、ひとり言「免疫アップ」を掲載。

  • ボヤッジ Voyage

    ピアノソロのシンプルな構成は、ビバップ・スタイルでは貴重な演奏です。 ピアノの音色、和音は、ビバップを強く感じさせます! そして、「好きな時間」のイラストと、ひとり言「再会」を掲載。

  • ツリー・トップス TREE TOPS

    巧みな編曲と、80歳を越えて尚、瑞々しい、優しく歌うようなサックスに癒されます! そして、「奏でます」のイラストと、ひとり言「TV」を掲載。

  • ソング・フォー・ユー A Song for You

    天性の声に加え、ゴスペルで磨いた力強い歌声。 自身で編曲したオーケストラと、自らのピアノで会場の心をつかんでしまします! そして、「LOVE」のイラストと、ひとり言「会話」を掲載。

  • ラヴ・オン・ザ・ブレイン Love On The Brain

    ギター弾き語りのシンプルな構成。 歌の盛り上がりに合わせて、ギターが自由自在にリズムを変えていきます! そして、「あみこみちゃん」のイラストと、ひとり言「明日「30日」」を掲載。

  • コール・ユー・マイン Call You Mine

    優しい声で、美しいメロディーを囁くように繰り返し、クライマックスはコーラスとリズムに乗せてラップ! 癒されます。 そして「世界はまわる」のイラストと、ひとり言「お言葉」を掲載。

  • Baby I’m A Fool

    寄り添うような素晴らしい編曲にのせて、想いを込めたボーカルに心を打たれます! そして、「ピンクちゃん」のイラストと、ひとり言「ちょっと待って」を掲載。

  • プラスティック・ラヴ Plastic Love

    前奏に続いて、ボーカルとドラムだけで曲が始まります。瑞々しい、きれいな日本語のボーカル・・・途中のソロの交換も盛り上がります! そして、「ギターを弾く少女」のイラストを掲載。

  • ナチュラル・ウーマン A Natural Woman

    リビングルームで、ピアノ伴奏と共に…歌声が心に響きます! そして「心の安らぎ」のイラストと、ひとり言「出会い」を掲載。

  • 愛のためいき Feel Like Makin’ Love

    名曲が、洗練されたリズムと、新しい感覚の和音の流れで、生まれ変わりました! もう一度感激です! そして、「音楽たのしい」のイラストと、ひとり言「思い」を掲載。

  • ゴット・ミー Got Me

    洗練されたファンクビートとボーカルで、会場が一体となっています! そして、「ステージ」のイラストと、ひとり言「リセット」を掲載。

  • ゼア・ウィル・ネバー・ビー・アナザー・ユー There Will Never Be Another You

    トランペットの音色、速いフレージング、繊細な表現・・・圧巻の演奏です! そして、「想い」のイラストと、ひとり言「思う気持ち」を掲載。

  • エイント・ノーバディーズ・ビズィネス Ain’t Nobody’s Business

    歌い始めて、すぐに、会場で手拍子が始まります。歌のグルーブがすごいですね! そして、「羽ばたきます」のイラストと、ひとり言「3日」を掲載。

  • トリステ Triste

    軽快なブラジルのリズムに乗って、幻の楽器「ヴィオラ・カイピーラ」の素晴らしいソロが続きます! そして、「ジャズ毎日笑顔で」のイラストと、ひとり言「ときには必要」を掲載。

  • はじめてのチュウ Hajimete no Chu

    イントロに続いて、懐かしいアニメソングがおしゃれなボサノバで! そして、「ジャズバージョン」のイラストと、ひとり言「探してください」を掲載。

  • アフロ・ブルー Afro Blue

    透明感があり、伸びのある声でメロディーを少し変化させたり、スキャットを使い自由に歌っています! そして、「ジャズセッション」のイラストと、ひとり言「もしかして」を掲載。

  • リトル・ガール・ブルー Little Girl Blue

    素朴で親しみやすいメロディーと、滑らかで美しい音色のサックスソロ! そして、「きみどりのサックスちゃん」のイラストと、ひとり言「友人から」を掲載。

  • 二人でお茶を Tea for Two

    ユーモアたっぷりのサラ・ヴォーンの演奏! ラフマニノフ、ベートーベンからジャズの演奏へ・・・魅了されます! そして、「ピアノとマイク」のイラストと、ひとり言「1994年生まれ」を掲載。

  • エイント・ノー・サンシャイン Ain’t No Sunshine

    エリスの少し低く伸びのある声と、ギターとのデュエット! 歌の迫力と共に、ギターとの熱演! そして、「歌う女の子」のイラストと、ひとりごと「そのまんま」を掲載。

  • 虹の彼方に Over the Rainbow

    独特な姿勢からの美しい音色や、即興で美しい旋律を紡ぎ出す...天からの啓示をピアノで音に変換している様な、集中を感じさせる演奏です! そして、「ピアノの青」のイラストと、ひとり言「届きますように!」を掲載。

  • ひなたの道を(明るい表通りで)On the Sunny Side of The Street

    アームストロングの歌は、歌詞と和音の流れは曲の通りですが、メロディーはすべて即興になっています。とても凄い作品ですね! そして、「ご縁」のイラストを掲載。

  • フルーツ・ソング Fruit Song

    スイングした楽しい歌と演奏です! そして「ホットケーキ」のイラストと、ひとり言「好きです!」を掲載。

  • オフ・ザ・ウォール Off The Wall

    ベースの弾き歌いで、マイケルのヒット曲をカバー。グル―ヴィーなベースのリズムに乗って素晴らしいボーカルに感動です! そして、「ベースの音色」のイラストと、ひとり言「カムカムエヴリバディ!」を掲載。

  • ブルー・マイナー Blue Minor

    明るく、親しみやすい、聴衆を一人残さず乗せてしまう、おしゃれなピアノです! そして、「春」のイラストと、今日のひとり言「カレンダー!」を掲載。

  • アンジェラ Angela(theme from ‘Taxi’)

    1970年代の名曲が、新メンバーであらたに蘇りました。エレキ・ピアノを中心に、流れる様なスムーズなソロが続きます! そして、「3.11」のイラストと、ひとり言「親切の心得!」を掲載。

  • Correnteza

    ゆったりとしたテンポに、心地よいギターのリズム。Ana Olicの温かみのある声が心に残ります! そして「梅の花」のイラストと、ひとり言「できること!」を掲載。

  • ヒューマン・ネイチャー Human Nature

    マイケル・ジャクソンの名曲をポリリズムで演奏。ピアノの低音を中心にして、3人それぞれのリズムが交差・収束を繰り返し、クライマックスへ...盛り上がっていきます! そして「出会い」のイラストと、ひとり言「出会い!」を掲載。

  • 想いあふれて Chega De Saudade

    モティスのボーカルはキャリアを積み、10代とは思えない落ち着きがあります。ピアノの両手同時アドリブは圧巻! 2人とも熱演です。 そして、「後ろ姿ちゃん」のイラストと、ひとり言「今!」を掲載。

  • マイ・キャット My Cat

    シンプルなメロディーと編曲で、みんなで口ずさめるような、親しみやすい演奏です! そして、「猫ちゃん」のイラストと、ひとり言「感動!」を掲載。

  • スリー・アワー・ドライブ Three Hour Drive

    ゆったりとドライブしながら、霧にかすむ景色(記憶)を語り合っているようなデュエットが美しい! そして、「日常」のイラストと、ひとり言「必要!」を掲載。

  • いつか王子様が Someday my Prince Will Come

    モード奏法のマイルスとコルトレーン。絶好調のウイントン。「いつか王子様が」の代表的名演奏の一つです! そして、「トランペットを吹く女の子」のイラストと。ひとり言「思いやり!」を掲載。

  • カラーズ Colors

    作詞・作曲に加え、サンプラーを巧みに使っての歌、可愛さ全開のボーカルです! そして、「ピアノ弾きますね」のイラストと、ひとり言「占い」を掲載。

  • キャンディ Candy

    モーガンのトランペットは優雅で、キュート! メンバーが触発され、普段とは違う別人のような演奏です。ピアノもコロコロと玉を転がすような、とびきりの演奏ですね。そして、「楽器演奏」のイラストと、ひとり言「人間は32本!」を掲載。

  • オウン・ユア・オウン Own Your Own

    英国独特の、あらゆる要素がクロスオーバーしているヤスミンの歌。「ザ・トリオ」と称賛されている3人のジャズ。 そして、「健康をありがとう」イラストと、ひとり言「目標!」を掲載。

  • この素晴らしき世界 What A Wonderful World

    ゆっくりとした曲調に見せる、キナの素晴らしいセンス! 自然な、語りかける様な優しい歌声に癒されます。パートナーとのデュエットもピッタリです。そして、「ありがとう」のイラストと、ひとり言「感謝」を掲載。

  • いつかクリスマスの日に Someday At Christmas

    スティーヴィーのピアノは、複雑な和音を使わず、とてもきれいに響き渡っています。その中で、二人のデュオがクリスマスを温かく盛り上げます! そして「メリー・クリスマス」のイラストと、ひとり言「夢」を掲載。

  • ムーン・リバー Moon River

    ボーカルとクラシックギターのシンプルなサウンドで、透明感に溢れる歌声が、優しく包み込んでくれます! そして、「レコードは人生そのもの」のイラストと、ひとり言「輪廻転生」を掲載。

  • いい日じゃないか Isn’t This a Lovely Day?

    ルイのダミ声と、エラの滑らかな声の対照的な二人のデュエットが、心を打ちます。ルイのトランペットも、歌うが如く圧巻のソロです。そして「ありがとうをあなたに」のイラストと、ひとり言「大事な事!」を掲載。

  • オプティミスティーク Optimistic

    スイングリズムとは違う、マシーンの様なリズムの中で、レディオヘッドのオプティミスティークが始まると、まさに、「今の」ジャズを感じます! そして「きみどり子ちゃん」のイラストと、ひとり言「素の自分!」を掲載。

  • ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー Don’t Worry, Be Happy

    体の全てを使って、歌って(演奏して)います。レゲエの雰囲気も素晴らしく、切れの良い和音、低い音が、アカペラとは信じられません! そして「感謝をあなたに」のイラストと、ひとり言「感謝」を掲載。

  • 明日の人 Ashita No Hito

    ヒップホップ系のリズムに乗せて、日本的な情緒あふれる二人のデュオは、斬新な、最新のジャズを聴かせてくれます! そして「ありがとうを届けたい」イラストと、ひとり言「凄いですね」を掲載。

  • サヴォイでストンプ Stompin’ at the Savoy

    素晴らしい音色と、歌いかけるような、また、感情を爆発させるような、対極が共存したサックスのアドリブが続きます! そして、「ピンク枠の少女」のイラストと、ひとり言「BIG」を掲載。

  • キス・ミー Kiss Me

    携帯のCMで話題になったSixpence None the Richerの「キス・ミー」を元WINTERPLAYのメンバー「ムーン」のボーカルで紹介。そして「LOVE MUSIC」のイラストと、ひとり言「ゾロ目」を掲載。

  • エミリー Emily

    繊細で美しいラインを紡いでいくサックスに、優雅なピアノが絡み合って、タペストリーを見ているようです。そして、「サックスでハロウィン」のイラストと、ひとり言「司会」を掲載。

  • 明るい表通りで On The Sunny Side of The Street

    ベースが縦横無尽に動き、リズム、ハーモニーを表現。本格的ボーカルも加わり、デュオという特性を生かして自由に歌います! そして、「女の子のハート」のイラストと、今日のひとり言「荒汁」を掲載。

  • フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン Fly Me to The Moon

    東南アジアの香り漂うシンプルなツービート。兄の、ゆったりとしたギターの刻みに乗って、妹が歌います。そして、「ピアノを弾く女性」のイラストと、ひとり言「勉強」を掲載。

  • やさしく歌って Killing Me Softly

    「おしゃれな」という言葉がぴったり。ハスキーな声で優しく歌い上げています! そして、「トライ!」のイラストと、今日のひとり言「私にできる事!」を掲載。

  • きみの友だち You’ve Got a Friend

    キャロル・キングは、リビングルームの様な設定の中で、リラックスしたライブ。2曲目のチャーリー・パーカー(1953)は、超絶テクニックで迫ります。そして、「初指揮者」のイラストを掲載。

  • シェルブールの雨傘 I Will Wait For You

    ベースの前奏のあと、ボサノバのリズムに乗せてメロディーが始まり、転調の繰り返しで盛り上がります。まるで、風景が繰り返し変わっていくようです! そして、「セッション」のイラストと、今日のひとり言「一歩」を掲載。

  • リボン・イン・ザ・スカイ Ribbon in The Sky

    貴重な、スティービーのピアノソロもたっぷり聴ける、美しいバラードです。そして、「ピアノとハート」のイラストと、ひとり言「本屋さん」を掲載。

  • ワインライト Winelight

    売れっ子の実力派ミュージシャンを、リズムセクションに揃えた超ヒット曲! 洗練されたサックスの演奏が素晴らしいです。そして、「バイオリンを弾いている女性」のイラストと、ひとり言「ぽつぽつ三年、波八年」を掲載。

  • ソング・フォー・ユー A Song for You

    ハービー・ハンコックがピアノで前奏のあと、クリスティーナ・アギレラの歌が始まります。「ソング・フォー・ユー」が素晴らしいバラード曲に! そして、「サックスを吹いている男性」のイラストと、ひとり言「大根の葉」を掲載。

  • 寂しい夜 Don’t Let Me Be Lonely Tonight

    ジェームス・テイラーをゲストに、ジャズ界の錚々たるメンバーによるバラードの演奏は、極上のリラックスした空間を創り出しています。そして「KIMONO YUKATAの女性」のイラストと、ひとり言「マスク」を掲載。

  • もう喧嘩はしない Brigas Nunca Mais

    「ジョビンファミリー」の極上のボサノバ・リズム! 小野リサさんの歌声! 寛ぎの空間が広がります! そして、「Love Coffee の女性」のイラストと、ひとり言「コーヒー豆」を掲載。

  • ザ・イエロー・ジャケット The Yellow Jacket

    デイブ・グルーシンを思わせる、ショーン・マーティンの演奏! ソロは最新の理論がギッシリ詰まってます。そして「 start walking の女性」のイラストと、ひとり言「継続」を掲載。

  • ドント・ノー・ホワイ Don’t Why

    ノラ・ジョーンズのピアノ。 メロディーを生かした、素晴らしいソロです! そのあと、最後のコーラスへ・・・ そして、「ハープを弾くの女性」のイラストと、ひとり言「卓球」を掲載。

  • イマジン Imagine

    ピアノの美しいイントロから、ピアノとボーカルのデュオが続き、パーカッションとジェフ・ベックのギターが加わり、ワールドミュージックの渦の中へ!!! 「オリンピック応援イラスト」と、ひとり言「開会式」を掲載。

  • ヒー・ラヴズ・ユー He Loves You

    ポーリン・ウィルソンの力強いボーカルの後、アル・ジャロウのスキャット・ソロが始まります。管楽器を越えた、素晴らしい表現力! ボーカルにピッタリ寄り添ったキーボード! そして、「3姉妹の応援」イラストと、ひとり言「オリンピック」を掲載。

  • セント・トーマス St. Thomas

    冒頭、カミロの右手だけの演奏で、会場を包み込んでしまいます。大きな手拍子、ピアノの切れ味と、力強さに注目。そして、ピアノを弾く少女のイラストと、今日のひとり言「ワクチンその2」を掲載。

  • ストリート・ライフ Street Life

    スキー場の混雑がヒントになり、この曲を作曲したそうです。静かな前奏の後、突然、曲調が変わり、大通りの雑踏の場面が次々に見えてくる様です。そして、3人娘のイラストと、ひとり言「指揮者」を掲載。

  • ゴールデン・レディ Golden Lady

    ベースの短い前奏の後、ピアノが加わります。ピアノの音色が素晴らしく、美しいメロディーが聞こえてきます。「ハートに願いを込めた女性」のイラストと、ひとり言「コロナワクチン」を掲載。

  • マーシー・マーシー・マーシー Mercy, Mercy, Mercy

    当時、司会でジャズ界随一と言われた、バンドリーダーのキャノンボールのメンバー紹介で演奏開始!「トランペットを吹いているおじさん」のイラストと、ひとり言「格安」を掲載。

  • ムーン・リバー Moon River

    メルドーのバラッドは格別!感情移入が深い、まるで命を削って演奏しているようです。そして、「キーボードの少女」のイラストと、今日のひとり言「抗議」を掲載。

  • ソー・ホワット So What

    いつも通り、ソロは、マイルスが先発。そして、テナー、アルトと続きます。アルトの音色が素晴らしく、軽やかでもあり、まるでテナーの様な響きですね。そして、ベースを弾く女性のイラストと、今日のひとり言「採点」を掲載。

  • イパネマの娘 The Girl From Ipanema

    ブラジルのリズム、クラシック、ジャズの要素が見事に融合した音楽!そして、ハートを見つめる素敵な女性のイラストと、今日のひとり言「枕」を掲載。

  • テネシー・ワルツ Tennssee Waltz

    ノラ・ジョーンズの歌は、ジャズを基調にソウル、カントリーなど、多くの要素が入ったものです。アルバムと比べ、コンサート動画ではジャズの影響が強く表れてきていますね。音楽を聴く女の子のイラストと、今日のひとり言「PCR-」を掲載。

  • モーニン Moanin

    ピアノが呼びかけて、管楽器が応答!その後全員で合奏!コール&レスポンスの形が良く表れています。盛り上がります!!そして「力強く歌っている」イラストと、今日のひとり言「指の電気抵抗」を掲載。

  • ラヴ・ダンス Love Dance

    1970年代、クロスオーバーを牽引した、デイヴ・グルーシン率いるGRPオールスターズをバックにダイアン・シューアが熱唱。「ピアノ弾き語り」の時とは違うニュアンスが出ています。「ハートの女性」イラストと、今日のひとり言「青年の樹」を掲載。

  • あなたと夜と音楽と

    マイルスのバンドから、最強のリズム陣(ポール・チェンバースとフィリー・ジョー・ジョーンズ)を迎えての演奏!グルーヴが凄い!! 夜空のイラストと、今日のひとり言「泣きたい事」を掲載。

  • ダニー・ボーイ

    アイルランド民謡をピアノソロで、抒情を抑えながら、限りなく美しく演奏!聴き終わると「ジーン!」と胸に。「母の日」のイラストと、ひとり言を掲載。

  • ウォーターメロン・マン Watermelon Man

    「ウォーターメロン・マン」を、8ビートと16ビートで!!分かりやすく一挙に演奏。「楽しい司会者」のイラストと、今日のひとり言「良かれ」を掲載。

  • スペイン Spain

    スティーヴィーはメロディーとリフを「ハーモニカ」、アドリブを「ピアノ」で演奏!!バンドメンバーのソロと共に、熱気が凄い!!「ジャズを聴いている」イラストと、今日のひとり言「ありがとうございます」を掲載。

  • うちで踊ろう Dancing On The Inside

    星野源さんのギター弾き語りに焦点を当て、元ジャズミュージシャンを両親として、ジャズ喫茶で育った造詣の深さを紹介します。「二人でダンス」のイラストとひとり言「」を掲載。

  • アイ・ソート・イット・ワズ・ユー

    「ヴォコーダー」のソロで、後半もりあがる「アイ・ソート・イット・ワズ・ユー」。当時、来日公演では第2キーボード奏者を伴い、「ヴォコーダー」に専念していました。ピンクの香水イラストと、ひとり言「あんパン」を掲載。

  • 愛は花、君はその種子 The Rose

    邦題「愛は花、君はその種子」の原曲で、映画主題歌「The Rose」を、音楽のジャンルを超えたベット・ミドラーの歌で紹介。ピンクの風船を持った少女のイラストと今日のひとり言「卓上ミラー」を掲載。

  • テイク・ファイブ Take Five

    変則拍子で、音数が少ないのにかかわらず、緩みがないソロは圧巻です。即興が、譜面になっているのも納得。「赤」が印象的な、踊りのイラストと、ひとり言「おめでとう」を掲載。

  • あの日に帰りたい Somewhere in The Rain

    マイケル・フランクスが、あの、歌声で「あの日に帰りたい」をジャズに仕上げています。ピンク色が印象的なイラストと、独り言「背のび」を掲載。

  • ザ・キャット The Cat

    オルガンジャズの傑作「ザ・キャット」を紹介。豪快な演奏に、カワイイ黒猫のイラストと、ひとり言「ついてる!」を掲載。

  • カメレオン Chameleon

    ファンクリズムに、カッコいいジャズの演奏。壮大な構成の編曲。ハンコックの強力なソロは一段と冴えわたっています。色鮮やかなイラストと、ひとり言「いい事!」掲載。

  • ザ・ルック・オブ・ラヴ The Look Of Love

    映画音楽として発表後、すぐにスタンダード曲に仲間入りした曲です。編曲は著名なクラウス・オガーマンで、ダイアナ・クラール最大のヒットになりました。今日のひとり言は「大丈夫!」です。

  • チーク・トゥ・チーク Cheek To Cheek

    こんにちは。仁(じん)です。今日は、初めての「ジャズの動画」と、「今日のひとり言」を、紹介させて頂きます。どうぞ宜しくお願いします。

  • ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ

    このイラストはブログで取り上げた演奏とは関係が無い画像です今日、紹介させて頂く曲です。

  • スプリング・ハイ Spring High

    このイラストはブログで取り上げた演奏とは関係がない画像です。今日、紹介させて頂く曲です。

  • ロード・ソング

    こんにちは。仁(じん)です。今日も、「ジャズ」と「今日のひとり言」、紹介させて頂きます。どうぞ宜しくお願いします。(毎週金曜日更新予定)今日、紹介させて頂く曲は 「ロード・ソング Road Song」です。

  • イン・ア・センチメンタル・ムード

     今日、紹介させて頂く曲は「イン・ア・センチメンタル・ムード」です。

  • 酒とバラの日々

    こんにちは。仁(じん)です。今日も、「ジャズ」と「今日のひとり言」、紹介できればいいなと思っています。どうぞ宜しくお願いします。

  • この素晴らしき世界

    ルイ・アームストロングの歌を、親しみやすい、ストリングとの共演の形で紹介。さらに、心に残る「おばあちゃんの言葉」を掲載。

  • はじめまして 仁(じん)です

    サックス:ポール・デスモンド。ピアノ:ハービー・ハンコック。 言葉「前へ!前へ!」

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、仁さんをフォローしませんか?

ハンドル名
仁さん
ブログタイトル
jazz 毎日笑顔で
フォロー
jazz 毎日笑顔で

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用