searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

とりだまりまどさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
【マンガ】子宮頸がん闘病記│今日もイキイキと弱音を吐きます
ブログURL
https://yowanewohakimasu.net/
ブログ紹介文
子宮頸がん(Ⅰb2期)が見つかったライターの闘病ブログ。子宮・卵巣を摘出後、抗がん剤治療と放射線治療を受け、現在は寛解。闘病中に感じたこと、仲間にしてもらって嬉しかったこと、治療を乗り越える私的テクニック、がん友とのあれこれを綴ります。
更新頻度(1年)

33回 / 211日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2021/02/20

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、とりだまりまどさんをフォローしませんか?

ハンドル名
とりだまりまどさん
ブログタイトル
【マンガ】子宮頸がん闘病記│今日もイキイキと弱音を吐きます
更新頻度
33回 / 211日(平均1.1回/週)
フォロー
【マンガ】子宮頸がん闘病記│今日もイキイキと弱音を吐きます

とりだまりまどさんの新着記事

1件〜30件

  • 第34話【放射線+抗がん剤②】放射線治療1回目。放射線酔いになりました……

    再入院の初日から、放射線治療が始まります。はじめての放射線。緊張です……。熱かったりとか、ジリジリしたりとか、何か感じるの⁉ものすごくドキドキしていたのですが……。ホントに放射線って、ビックリするほど何も感じないんですよ!局部にピンポイント

  • 第33話【放射線+抗がん剤①】シスプラチンを使って「同時化学放射線療法(CCRT)」、はじめます!

    とうとう抗がん剤治療と放射線治療をやることになっちゃいました……。腹をくくるべく、まず病院内で向かったのは……。私が入院していたのはがん専門の病院だったので、院内美容院がありました。残バラ状態で外に外の美容室に行かなくていいというのは、なん

  • 第32話【治療の中休④】放射線治療のスタート前に、固定具を作ってもらいました

    病理検査の結果、残念ながら抗がん剤と放射線治療をやることに。そのための入院前をする前に、放射線治療に使う「固定具」をつくることになりました。なので、治療前に1時間ほど、おしっこをガマンして膀胱にを溜めるのです。固定具も、1時間分の尿を溜めた

  • 第31話【治療の中休③】抗がん剤をやることになったので、髪をどうにかしてみた

    病理検査の結果が出るまで、宙ぶらりんになっていた「今後の治療の有無」。ようやく検査の結果が出たのですが……。正直、涙が出そうになりました。「治療ができるだけでも、ありがたいことなんだ」と気づくのは、ずいぶん経ってからだったので。でも、やっぱ

  • 第30話【治療の中休②】手術の傷跡を、宝物のように思うこと

    子宮頸がんで子宮や卵巣を摘出すると、下腹部に20~30㎝近い傷が、残念ながら残ります。ただ、わたしはこの傷跡がいやではありません。というのも……。病院でドクターにも「お腹の傷、ブラック・ジ●ックっぽくて気に入ってます!」と言ったら、だいぶ無

  • 第29話【治療の中休み①】切った下腹部の守り方

    手術を終えて、とりあえず退院し、うちに帰ってきました!抗がん剤をやるのかどうか、病理検査の結果が出るまで、しばしの中休みです。家に戻れてうれしかったのは、久々に飼い鳥に会えたこと。ことりはホントにかわいいなぁ。と1日70回くらい言ってました

  • 第28話【手術入院⑪】もやっとしながら、とりあえず退院!

    子宮頸がんの手術が済んだあとは、おしっこを自力である程度出せるようになれば退院です。しかし、これがなかなか難しく───。歩きまくって回復を早める以外、ホントにすることがありません。めっちゃヒマ。なので、がん友とのお茶がたまらなく至福!普通は

  • 第27話【手術入院⑩】覆水は盆に返らない。手術後の生活制限のこと。

    手術を終えてからしばらくの間は、いくつか生活上の注意点があります。例えば、こんなことです。中華麺好きな方にとっては、しらばくの間、辛いかも?ただ、一時的にではなく、長期的に気をつけなければいけないこともいくつか。それが……。男性用。だって、

  • 第26話【手術入院⑨】抗がん剤、やるべきか、やらざるべきか

    日ごとに手術の痛みがやわらぎ、体のほうはどんどんラクになってきます。子宮・卵巣の手術は尿管のそばの神経をいじるので、一時的に排尿の感覚がなくなります。出てるんだか、出てないんだか、自分でもよくわかりません……。尿管に差したカテーテルを通じて

  • 第25話【手術入院⑧】入院時の頭痛・腰痛、もしかしてあの習慣のせい⁉

    徐々に手術後の痛みが引いてきたとりだまり。積極的に起き上がって、歩くことにしました。というのも……。術後は歩くほどに痛みがやわらいで行きました。ムリのない範囲で、少しがんばって歩くと、回復が早くなるみたいです。とはいえ、ちょっと気になること

  • 第24話【手術入院⑦】ようやくおちつく、術後2日目

    痛み止めの種類を変えてもらったら、びっくりするほど痛みを感じなくなりました。痛みがないって、なんて幸せなんだろう!点滴で入れている薬のニオイと、ケモノのような汗臭があいまって、「お願いだから誰もそばに来ないで!」というバッド・スメルに。なに

  • 第23話【手術入院⑥】ちょっぴりつらい、術後1日目

    手術を終え、ニブイ痛みを抱えながら、なんとか長い一夜が明けました。今日は昨夜よりラクになるかと思ったのですが……。ホントそのとおり。素直に痛み止めを変えてもらえばよいのですが……。似たような手術をした同室の方たちは、あまり痛がる様子もなく、

  • 第22話【手術入院⑤】手術後の長い夜

    麻酔であっという間に寝落ちしたとりだまり。目が覚めると……。とにかく寒くて全身ガクブル状態。あったまってきたと思ったら、再び意識が途切れます。そして、目が覚めると……。術後は自分でボタンを押して注入するタイプの麻酔を使用しましたが、効いてる

  • 第21話【手術入院④】いよいよ手術。行ってきます!

    いよいよ手術当日。やっぱりちょっと緊張します……。「メガネケースがない」というと、なぜか非常に戸惑う看護師さん。「ないなら、しかたない」ということで、とりあえずそのまま手術室へ向かうことに。ちょっとお母さん。せっかく看護師さんに渡された、私

  • 第20話【手術入院③】私に子宮と卵巣があった、最後の夜

    さて、手術前日には、まだまだやることがあります。たとえば、こんなことです。同じような境遇の人と、バカ話をできるだけでも、ものすごく気持ちが軽くなります。がん友、最っ高!!!!「子宮と卵巣取るのに、なんの感傷もなかったのかよ」と今になると自分

  • 第19話【手術入院②】「手術前日、看護師さんに言われたこと」

    翌日の手術やその後の過ごし方について、看護師さんから説明がありました。そこで、思わずギョッとするような話を聞かされます。手術の説明書類を見ると、「お腹を15㎝ほど切開し、子宮、卵巣、卵管、リンパ節を摘出」と書いてありました。もちろん、内視鏡

  • 第18話【手術入院①】「いよいよ入院! リンパ節郭清って何ですか?」

    がん宣告から、約1か月半後。手術のために入院することになりました。不安な入院生活が始まります。病院の薬のニオイが本当に苦手です。あれを嗅ぐと「わたしは病人」という実感がひしひしと。ドクターのお話を聞くのも、不安しかない……。「リンパ節 郭清

  • 第17話【入院準備⑥】「人には言えない⁉ 手術直前のセルフケア」

    明日はとうとう手術のための入院日。その前に、わたしには、人様に内緒でこっそりやっておきたいセルフケアがありました。それが……。綿棒。どこからどう見ても、綿棒です。これで何をするのかというと……。へそ掃除は数か月にいっぺんしかしないので、へそ

  • 第16話【入院準備⑤】「がんになったら、視界が変わりました」

    がんを宣告されて、約1ヶ月。この頃になると、なぜか世界の見え方が変わっていました。不思議なことに、人混みにいても、私にとって大事な人だけがやたらとカラフルに見えるようになっていました。そして、他にも……。家族や友達を後回しにして、仕事ばかり

  • 第15話【入院準備④】「地獄で菩薩に出会った話。」

    がんになったことを告げたら、あっさり仕事を切られてしまいました。自分の無能が悔やまれますが……。せっかくいただいている仕事を他の方に譲るのは、わたし的には実につらかったのですが……。治療中も仕事を続けさせてくれるという、うれしすぎるお申し出

  • 第14話【入院準備③】「がんになったら、仕事を切られた⁉」

    いつまで続くかのかわからないのが、がん治療。だからこそ困るのが、収入減(仕事)のことなのですが……。がんを治せずに死ぬのも怖い。生き残って、またはじめるのもちょっとしんどい。このときはそんなふうに思っていました。だから、仕事関係の方に連絡す

  • 第13話【入院準備②】「娘にがんだと告げられた両親は……‼」

    なんとも気が重い、両親への報告。泣かれても怒られてもホントこまる……。わたしもアラフォー。高齢なんで、あんま期待してなかったとも思いますが、さすがに両親に「孫残せなくて……」と直で伝えたときはヘビーでした……。そんなこと娘に言われた両親のほ

  • 第12話【入院準備①】フリーランスが、がんになるということ

    子宮頸がんの手術をひと月後に控えて、入院するための準備をはじめました。当り前だが、収入保障なんてない! それがフリーランス!当り前だが、収入保障なんてない! それがフリーランス!自分が倒れれば、そこまで。それがフリーランス。なので、夫婦と.

  • 第11話【発覚しました⑥】「入院前に、決めたこと」

    もし抗がん剤をやることになっても、めっちゃいいウィッグを買うことを決めて、闘病の決意を固めたとりだまり。ウィッグへの気づき意外にも、さらにうれしいできごとが……。がん友との出会いで、すっかり心が軽くなりました。しかし、現実は───。がん友と

  • 第10話【発覚しました⑤】「がん治療って、思ってたほどこわくない⁉(後編)」

    抗がん剤治療(まだやるって決まってないけど)に光明を見出したとりだまり。そしてついに、ずっと気になっていたあの話を、思い切って聞いてみるのでした。抗がん剤治療でエステって何───⁉抗がん剤治療でエステって何───⁉なるほど、ナチュラルってお

  • 第8話【発覚しました③】「がん治療って、思ってたほどこわくない⁉(中編)」

    すでに抗がん剤を体験したという美人患者さんにお会いしたとりだまり。こうなると、ジッとしてはいられません!抗がん剤といえば、「とにかく吐きまくり」という印象だったのに!さらにこのあと、(わたしにとっては)さらに意外な事実が告げられます!抗がん

  • 第8話【発覚しました③】「がん治療って、思ってたほどこわくない⁉(前編)」

    夫にがんであることを伝えたとりだまり。その日のうちに、翌月に控えた入院の手続きをすることになりました。がんになったことは、わりとあっさり受け止めることができました。しかしハゲるのはなかなか……。そんな私に、このあと、とってもうれしい出会いが

  • 子宮頚がん、「クラス」と「ステージ」の違いって?

    混乱しやすい「クラス」と「ステージ」自治体や病院の婦人科で「子宮頸がん検診」を受けると、混乱するのが「クラス」と「ステージ」の違いではないでしょうか。わたしたちが聞き慣れているのは、たぶん「ステージ」のほうですよね。だって、ドラマや映画では

  • 第7話【発覚しました②】がんの告知。夫の反応は?

    検査結果はクロ。子宮頸がんのIb1期でした。まずは、家族である夫に伝えなければ。落ち着いて対応してくれた夫の存在が、とてもありがたかったです。ややホッとしたこともあり、このあと、思わず不安をこぼしてしまいました……。落ち着いて対応してくれた

  • 【発覚しました(1)】とりあえず、手術が決まりました

    がんの専門病院で詳しい検査をしてから1ヶ月。ようやく診断結果が出ます。覚悟していたこともあって、白黒ついたときは、ちょっとホッとしました。とはいえ、もちろん大ショック!これから、治療の具体的な話が始まります。覚悟していたこともあって、白黒つ

カテゴリー一覧
商用