searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

mlogs242さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
MICROの備忘録
ブログURL
https://mlogs.hatenablog.com/
ブログ紹介文
日々出会った書籍、心震えた言葉をお届けします:) その他、思い付きであれこれ更新:p
ブログ村参加
2021/01/24
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、mlogs242さんをフォローしませんか?

ハンドル名
mlogs242さん
ブログタイトル
MICROの備忘録
フォロー
MICROの備忘録

mlogs242さんの新着記事

1件〜30件

  • 【初心者向け!】本当に登録すべきアフィリエイトASP厳選2選!

    こんにちは!みくろです! 「ブログを収益化したい...!!!」 そういった思いで始めたけれど、何から手を付ければいいかわからない。 そんな方は多いのではないでしょうか? そこで今回は、大手アフィリエイトサイトの中でも 特にオススメのアフィリエイトサービス(ASP)を2つ厳選してお届け致します! ※多くの紹介ブログさんでは4~7つピックアップされていますが、私自身 「そんなたくさんあるの...結局その中でもどれがいいの???」 となってしまったので、いっそのこと 「自分が使ってみて間違いなかった2つのみ」のご紹介とさせて頂きました^^ ①A8.net ②もしもアフィリエイト まとめ ①A8.ne…

  • 【無料お試し有】ステイホーム中に楽しめる動画配信サイト2選!

    こんにちは! 今回は、 【ステイホーム中に楽しめる動画サービス2選!】 をお届けいたします! ① U-NEXT (★31日間無料トライアル有!) 最初にご紹介させて頂くのは、「U-NEXT」!!! (⇧⇧⇧クリックで動画サイトに飛びます!) CMでよく聞く動画サイトですね。 U-NEXTの強みといえば、 業界No.1の見放題作品数(動画・電子書籍等)! 31日間の無料トライアルが付いている! 無料トライアルの追加特典として、最新作のレンタルやマンガ購入に使える600円分のポイントが付く! 毎月1200円分のポイントが自動付与! 追加料金なし(月額1990円のみ)で4アカウントまで同時使用可能!…

  • 【必見】"取り寄せできる" 羽田空港限定スイーツ5選!

    こんにちは! 今回の記事では、 【"取り寄せできる"羽田空港限定スイーツ!】 をご紹介させて頂きます! ★羽田空港限定商品を扱っているのはこのサイトだけ! ⇩⇩⇩ コロナ渦の昨今、感染拡大防止の為、外出自粛が求められています。 「カフェ巡りや海外旅行、気軽に自由に遊びに出かけられた日々を取り戻したいから、出かけるのを控える」 「大切な人とこれからも会いたいから、今は会わない」 そんな選択を皆さんしていらっしゃるかと思います。 ...そうですよね、もっと気軽に、自由に外出したいですよね。 そういった旅行からも足が遠のく今、 空港にはどうしても立ち寄る機会が少ないと思います。 ...しかし!!! …

  • 【2020年度版】一生に一度は読んで欲しい!オススメ小説5選!

    こんにちは! 年間読書量100冊の私がこれまで読んできた書籍の中で、 「特に印象に残った!」 「抜群に面白い!」 といった作品をジャンル問わずにご紹介させて頂きます! 作品の中には、「心に残るワンフレーズ」というものが必ずあります。 そういった部分も含めて作品への愛を語らせて頂きますので、 気になった作品がありましたら是非一度お試しください:) それでは、はじまりはじまり。。 ① 陽気なギャングが地球を回す / 伊坂幸太郎 ② 本日は、お日柄もよく / 原田マハ ③ ボックス! / 百田尚樹 ④ 風が強く吹いている / 三浦しをん ⑤ スロウハイツの神様 / 辻村深月 まとめ ① 陽気なギャン…

  • 【2021年序盤!年明け最高のお買い物とは...!!! ➡ ★"Dyson Hot+Cool"★】

    こんにちは:) 今回は、年が明けた2021年最初のお買い物で、 「え....これこんな使えるの...!?!?」 と度肝を抜かれた商品、【Dyson Hot+Cool】をご紹介いたします:p ①部屋全体が暖まる? ②稼働中の音の具合は? まとめ // リンク ①部屋全体が暖まる? 結論から言いますと 「部屋の広さによりますが、これだけでは少し心もとないかも...」 といった感じです。 ただ、 ◎電源を入れた瞬間から温風が出る! ◎本体に触れても熱くない! ➡ 安全! ◎持ち運びが容易な軽さ! といった抜群すぎる機能性:) Dyson Hot+Cool単体で利用する場合は、台所や脱衣所など、 「少…

  • 天地明察 / 沖方丁

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク // リンク あらすじ 徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げること。当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めていた。改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。碁打ちの名門に生まれた春海は己の境遇に飽き、算術に生き甲斐を見出していた。彼と「天」との壮絶な勝負が今、幕開く―。日本文化を変えた大計画をみずみずしくも重厚に描いた傑作時代小説。第7回本屋大賞受賞作。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 星は答えない。決して拒みもしない。それは天地の始まりから宙にあっ…

  • 【大人になったなと感じるとき】 "家族+仕事+遊び"

    こんにちは:) 昨日、1月11日は「成人の日」。 ということで、 お題にありました「大人になったなと感じるとき」というテーマで 今回は書いてみたいと思います。 私が大人になったなぁと感じたのは、大きくまとめて3点。 ①家族 ②仕事 ③遊び になります。 ①家族 第一に、結婚をして家庭を持ったこと。 今まさに猛威を振るっている新型コロナウイルスが蔓延する直前、 昨年2月に私たちは結婚式を挙げました:) 結婚式の準備で飛ぶように過ぎていく日々にわたわたしながらも、 これまでお世話になってきた人たちの前で式を挙げられる幸せ、 そして誰よりも大切に育ててきてくれた家族に感謝を伝えられることに、 とても…

  • ヒート / 堂場瞬一

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク あらすじ 日本男子マラソンの長期低迷傾向に歯止めをかけるべく、神奈川県知事の号令のもと新設された「東海道マラソン」。県庁職員の音無は日本陸上界の至宝・山城悟のペースメーカー役に、孤独なランナー・甲本剛を起用する。果たして世界最高記録達成はなるか。数多の人間の欲望と情熱を乗せたレースは、まさかの展開に―。箱根駅伝を描いた『チーム』の続編。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 「本当に才能のある選手が完璧主義者になると、どうなるか分かるか?」 「周りが全部敵に見える。敵か、そうでなければ召使だな。黙って言うことを聞く人間に…

  • チーム / 堂場瞬一

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク あらすじ 箱根駅伝出場を逃がした大学のなかから、予選で好タイムを出した選手が選ばれる混成チーム「学連選抜」。究極のチームスポーツといわれる駅伝で、いわば“敗者の寄せ集め”の選抜メンバーは、何のために襷をつなぐのか。東京~箱根間往復217.9kmの勝負の行方は―選手たちの葛藤と激走を描ききったスポーツ小説の金字塔。巻末に、中村秀昭(TBSスポーツアナウンサー)との対談を収録。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 「普通のチームは、自分たちだけの事情じゃなくて、他にもいろいろなものを背負ってる。いいことかどうかは分からない…

  • タスキメシ / 額賀澪

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク あらすじ 陸上名門高校の長距離選手、眞家早馬(高3)は大けがを負いリハビリ中。そんな折、調理実習部の都と出会い料理に没頭する。一学年下で同じ陸上部員の弟・春馬、陸上部部長の親友助川、ライバル校の藤宮らは早馬の復帰を切実に待っている。しかし、早馬は競技からの引退を宣言。それぞれの熱い思いが交錯する駅伝大会がスタートする。そのゴールの先に待っているものとは。高校駅伝、箱根駅伝の臨場感溢れる描写と共に、長距離走に青春を捧げる陸上青年の思いと生き様が熱く描かれる。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 「四年間って、結構長いんだ…

  • まほろ駅前狂騒曲 / 三浦しをん

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク あらすじ まほろ市は東京都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田と、居候になって丸二年がたつ行天。四歳の女の子「はる」を預かることになった二人は、無農薬野菜を生産販売する謎の団体の沢村、まほろの裏社会を仕切る星、おなじみの岡老人たちにより、前代未聞の大騒動に巻き込まれる!まほろシリーズ完結篇。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 「怖いもんなんかあるのか?」 「あるよ。記憶」 死者とは二度と語りあえず、触れあえず、なにかをしてあげることもされることもない。そんな死の残酷さに抗い、死者を単なる死者にしないための、たぶんた…

  • #買って良かった2020 【 コスパ◎! ボアフリースパーカー! 】

    こんにちは:) お題にありました「#買って良かった2020」というテーマで 今回は書いてみたいと思います。 ボアフリースパーカー みなさんご存じ、 【ファッションセンターしまむら の ボアフリースパーカー】 が、衣料品ジャンルの中では断然1位でした! 実際、購入してみた感想としましては... ★生地の表裏がふわふわもこもこで 肌触り抜群! ★約¥1,400(税込)という最強コスパ! ★保温性の高さが半端じゃなく、 パーカー部分を被るとぽかぽか倍増! といった感じです:) 正直、しまむらに足を運ぶことがそう多くはなかった私。 今年の冬は、秋をすっ飛ばして急激に寒くなり、 「防寒着買わないとさすが…

  • まほろ駅前番外地 / 三浦しをん

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク あらすじ 東京都南西部最大の町・まほろ市の駅前で便利屋を営む多田と、高校時代の同級生・行天。汚部屋清掃、老人の見舞い、庭掃除に遺品整理、子守も料理も承ります―。多田・行天の物語とともに、前作でお馴染みの星、曽根田のばあちゃん、由良、岡老人の細君が主人公となるスピンアウトストーリー七編を収録。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 「ひとを試すような雀は絞め殺すんじゃなかったのか?」 「ときと場合による」 感想 まほろ駅前シリーズ第2弾。 今作は、登場人物一人一人にフォーカスをおいたスピンオフ。 1作目で明かされなかったキ…

  • まほろ駅前多田便利軒 / 三浦しをん

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク あらすじ まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、納屋の整理etc.―ありふれた依頼のはずがこのコンビにかかると何故かきな臭い状況に。多田・行天の魅力全開の第135回直木賞受賞作。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 子どもたちは、親の愛情と保護を待っている。この世にそれしか食べ物がないかのように、いつも腹をすかして貪欲に求めている。それなのに、彼らに与えられるものは少ない。 「犯罪に加担しているやつを見か…

  • 神去なあなあ夜話 / 三浦しをん

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク あらすじ 三重県の山奥で、林業に取り組む平野勇気、二十歳。神去村の起源、住人の暮らし、もちろん恋にも、ぐいぐい迫ります。お仕事小説の旗手が贈る、林業エンタテインメント小説の傑作。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 神さまって、そういうものなのかもしれないね。遠い空の彼方にいるんじゃなく、俺たちの心のなかにいて、いつも見ている。言葉や行動、嘘や本当を。 もし、明日世界が滅亡するとわかっても、親しいひとたちを急に殴りまくるようなことはできない。たぶん俺たちには、信頼と愛がインプットされてるんだ。明日も明後日も百年後も、き…

  • 神去なあなあ日常 / 三浦しをん

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク あらすじ 美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 「日本の森林で、人間の手が入っとらん場所なんかないで。木を切り、木を使い、木を植えつづけて、ちゃんと山を手入れする。それが大事なんや。俺たちの仕事や」 「山ではなにが起こるかわからない。最後は神頼みしかないんだよ。だから、山仕事をす…

  • ヒルクライマー / 高千穂遙

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク あらすじ 妻も娘も顧みず、四十歳で出会ったヒルクライムに全てを賭ける男。マラソンを捨て目標を失い、大学も中退した青年。そして二人を取り巻く坂馬鹿たち。彼らは坂の頂点を目指しひたすら登り続ける。「なぜ坂に登るのか?」それはロード乗りが必ず一度は直面する問いだ。なぜ重力の法則に逆らい、息も止まるほどの苦しさに耐えなければならないのか。長い坂を登りつめた果てに、待つものは何なのか。自転車で山に登る面白さに取り憑かれた作家が、自らの体験を元に描き尽くした日本初の本格ヒルクライム小説。坂に魅せられた者たちの、魂と肉体の再生の物語。 (「BOOK…

  • 四畳半神話大系 / 森見登美彦

    目次 目次 あらすじ 印象に残った言葉 感想 // リンク あらすじ 大学三回生の春までの二年間を思い返してみて、実益のあることなど何一つしていないことを断言しておこう。―『太陽の塔』(第十五回日本ファンタジーノベル大賞受賞作)から一年。無意味で楽しい毎日じゃないですか。何が不満なんです?再びトンチキな大学生の妄想が京都の街を駆け巡る。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 「可能性という言葉を無限定に使ってはいけない。我々という存在を規定するのは、我々がもつ可能性ではなく、我々がもつ不可能性である」 「腰の据わっていない秀才よりも、腰の据わっている阿呆のほうが、結局は人生を有意…

  • 生きるぼくら / 原田マハ

    // リンク あらすじ いじめから、ひきこもりとなった二十四歳の麻生人生。頼りだった母が突然いなくなった。残されていたのは、年賀状の束。その中に一枚だけ記憶にある名前があった。「もう一度会えますように。私の命が、あるうちに」マーサばあちゃんから?人生は四年ぶりに外へ!祖母のいる蓼科へ向かうと、予想を覆す状況が待っていたー。人の温もりにふれ、米づくりから、大きく人生が変わっていく。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 子供だもの、好きなようにすればいいの。その全部が、生きていくための栄養になって、勉強になるのよ。 ふたつの手と手を合わせて、ほっこりと握る。それがおにぎりのかたち。…

  • 和菓子のアン / 坂木司

    // リンク あらすじ デパ地下の和菓子店「みつ屋」で働き始めた梅本杏子(通称アンちゃん)は、ちょっぴり(?)太めの十八歳。プロフェッショナルだけど個性的すぎる店長や同僚に囲まれる日々の中、歴史と遊び心に満ちた和菓子の奥深い魅力に目覚めていく。謎めいたお客さんたちの言動に秘められた意外な真相とは?読めば思わず和菓子屋さんに走りたくなる、美味しいお仕事ミステリー。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 お盆は、一年に一度、死者がその家に帰ってくる日。つまり、会いたくても会えない大切な人とデートできる日でもあるのだ。 前を見て歩いてゆくこと。そして生きてゆくこと。 生きている人間は、…

  • 夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦

    // リンク あらすじ 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 『若人よ、自分にとっての幸せとは何か、それを問うことこそが前向きな悩み方だ。そしてそれをつねに問い続けるのさえ忘れなければ、人生は有意義なものになる…

  • サマーウォーズ / 岩井恭平(原作:細田守)

    // リンク あらすじ 小磯健二は、憧れの先輩・篠原夏希に、「4日間だけフィアンセの振りをして!」とアルバイトを頼まれ、長野県の田舎に同行することに。夏希の曾祖母を中心にご親戚に囲まれながらも、大役を果たそうと頑張る健二のもとに、謎の数列が届く。数学が得意な彼は、夢中で答えを導きだすが、翌朝世界は一変していた。世界の危機を救うため、健二と夏希、そして親戚一同が立ち上がる。熱くてやさしい夏の物語。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 『こういう時は、一人一人ができることをすればいいのさ。慌てふためいてる情けない連中を、落ち着かせてやらなきゃね 『あんたなら、できるよ』 『人を守っ…

  • 本屋さんのダイアナ / 柚木麻子

    // リンク あらすじ 私の名は、大穴。おかしな名前も、キャバクラ勤めの母が染めた金髪も、はしばみ色の瞳も大嫌い。けれど、小学三年生で出会った彩子がそのすべてを褒めてくれたー。正反対の二人だったが、共通点は本が大好きなこと。地元の公立と名門私立、中学で離れても心はひとつと信じていたのに、思いがけない別れ道が…。少女から大人に変わる十余年を描く、最強のガール・ミーツ・ガール小説。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 誰よりも正しくて、中心がブレることがない大人の女性こそ「お母さん」だ。 こんな風に心にぴたっとくる描写や表現に出会えるから、読書はやめられない。 人生には、待つという…

  • 明日のマーチ / 石田衣良

    // リンク あらすじ 解雇。それは張り紙一枚の出来事だった。ある日突然、僕らは年収200万円の生活からも見捨てられた。どうしよう。どこに行って、何をする?―歩く。それが、僕らの決断だ。クビを切られたカメラ会社がある山形から、東京へ。600キロ。4人で始まった行進は、ネットを通じて拡散し、メディアを賑わし、遂には政府が動き出す。僕らの青春を等身大に描いた、傑作ロードノベル。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 『......国の形は、道にある。おれは世界中を歩いて旅して、それがわかった。日本の形は、日本の道にある』 『みんな、頭でばかり考えすぎるんだ。もっと足に考えさせればいい…

  • 夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え / 水野敬也

    // リンク あらすじ 仕事も恋もあきらめきれない女性社員の部屋にガネーシャが降臨し、筋肉隆々のブラック姿に変身! カーネルサンダースを白髪にし、ムンクを叫ばせるほどにスパイシーな教えとは? ライバル神との「商売対決」も必見の自己改革エンタメ小説、第3弾! (出版社より) 印象に残った言葉 『部屋の大きさが限られてるみたいにーーー自分が持てるもんも、生きてる時間も、全部限られてるんやからな』 『人間は、一度でも自分の限界を超えて頑張れば、成長する』 『闇が深ければ深いほど、光は強く輝くもんや』 「成功するためにいちばん大事なことはーーー『小さな勇気』やねん」 「この世界はな、自分がどこまで『知…

  • しあわせのパン / 三島有紀子

    // リンク あらすじ 北海道の静かな町・月浦に若い“夫婦”が営むパンカフェがあった。実らぬ恋に未練する女性、出ていった母への思慕から父を避ける少女、生きる希望を失った老夫婦が次々と店を訪れる。彼らを優しく迎えるのは、二人が心を込めて作る温かなパンと手料理、そして一杯の珈琲だった。 (「BOOK」データベースより) 印象に残った言葉 『かっこわるい自分を知ってる人が、大人だと俺は思います』 『もがいたことのある人間じゃないと、幸せはないと思うんです。もがいてもがいて恥かいて。いいじゃないっすか、香織さん』 『背伸びもせず、萎縮もせず、自分の信じたものを作り続けていきたい』 感想 暖かいパンとコ…

  • 夜のピクニック / 恩田陸

    // リンク あらすじ 高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するためにーー。学校生活の思い出や卒業後の夢など語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。 印象に残った言葉 融は、なんだか不思議な心地になった。当たり前のようにやっていたことが、ある日を境に当たり前でなくなる。こんなふうにして二度としない行為や、二度と足を踏み入れない場所が、いつのまにか自分の後ろに積み重…

  • 心を強くする 「世界一のメンタル」50のルール/サーシャ・バイン/高見浩

    メンタルを強くする為には? そもそもメンタルの強さとは? 世界一の女子テニスプレーヤー、大坂なおみ選手。 彼女を世界一に導いた名コーチ、サーシャ・バインが書き下ろした1冊。 トップアスリートのメンタルコントロールの術は、ビジネスや日常においても通ずるものがあります。 「前向きに物事を捉えられるようになりたい」 「ぶれない気持ち作りをしたい」 そんな方にオススメの1冊をご紹介いたします。 // リンク あらすじ 本書は、大坂なおみを日本人初の全米オープン・全豪オープン連続制覇、 世界ランキングNo.1へと導いた「世界最優秀コーチ」が、 その旅路のすべてを明かしつつ、 あなたの人生を変えるメンタル…

  • 幸せの条件 / 誉田哲也

    幸せとは何なのか? たくさんのお金を稼ぐこと。 誰かから必要とされること。 "幸せの条件"は人それぞれ。 様々な面で発達してきた現代社会において、本当に大切にすべきことを考えさせてくれる作品をご紹介いたします。 // リンク // あらすじ 新燃料・バイオエタノール用にコメを作れる農家を探してこい!突然の社長命令を受け、片山製作所・伝票整理担当の梢恵は、縁もゆかりもない長野の農村へ。ところが行く先々で「コメは食うために作るもんだ。燃やすために作れるか」と門前払い。さらには農業法人「あぐもぐ」の社長・安岡に、「まずは体で一から農業を知れ」と一喝され、これまで興味も知識も皆無だった農業に取り組むこ…

  • ブラインドから君の歌が聴こえる / サミュエル・サトシ

    順風満帆に思えていた人生に、突然大きな壁が立ちふさがる。 「こんなはずではなかった」 「なぜ自分なのか」 そんな絶望の淵から立ち上がっていく、強さも弱さもさらけ出した男の闘う姿を描いた作品をご紹介いたします。 【HOME MADE 家族のMC KUROの小説第2弾】 // リンク あらすじ 天才的な耳を持ち、人気ヒップホップグループで大活躍していた啓史。ところがメジャーデビュー直前に病で視力を失った。絶望の中、幼なじみの彩に連れられてブラインドサッカーと出合う。仲間との交流で少しずつ自分の居場所を見つけてゆくが、大舞台の最中に思わぬ事件に巻き込まれ…啓史は壁を乗り越え、自分を、そして仲間との絆…

カテゴリー一覧
商用