searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

開運!占いアドバイザーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
開運!占いアドバイザー
ブログURL
https://kaiun-uranai.net/
ブログ紹介文
お悩み解消のヒントはここにあり?!占い好きの筆者が、占い・スピリチュアル系の旬な情報を配信していきます。
更新頻度(1年)

47回 / 15日(平均21.9回/週)

ブログ村参加:2021/01/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、開運!占いアドバイザーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
開運!占いアドバイザーさん
ブログタイトル
開運!占いアドバイザー
更新頻度
47回 / 15日(平均21.9回/週)
読者になる
開運!占いアドバイザー

開運!占いアドバイザーさんの新着記事

1件〜30件

  • 山倭厭魏(やまとおうぎ

    大阪府で浄土宗総本山知恩院僧侶仏教家系に生まれる。『運命強勢カウンセラー』とも呼ばれ、有名な鑑定師が「当たる」として薦める注目の鑑定師。若いころから易学、数理学、四柱学、奇門遁甲、六壬神課、五性占術、占星術、風水、算命、宿曜、陰陽、九星等、

  • マダムアイリス(まだむあいりす)

    母国フィリピンで有名な鑑定師である母のもとで育ち、現在は東京池袋に自身の店舗を構える実力派鑑定師。扱う占術は多様で、タロットカード、ヌメロロジー、トランプ、スクライングミラー等の中から相談内容に応じて最適なものを使い分ける。鑑定結果を厳しく

  • hosi7(ほしなな)

    『星の魔法』の探究者を自称する人気鑑定師。20代のころから『星を読む』ことに興味を抱き、その後西洋占星術やタロット、オラクルカードを通じて宇宙と魂の廻りについての研鑽を積んだ。成人後しばらくは自身がデザイナー兼店主の雑貨店を営んでいたが、鑑

  • 巫弥子(ふみこ)

    霊能力のある祖母の血筋に育ち、幼少期より人には見えないものが見えたり他人の気持ちを読み取ることができた。成長とともに徐々に霊能力が強くなり、予知夢等を視るようになったことをきっかけに鑑定師としての活動を本格化していく。占術の方法は霊視やタロ

  • 濱口善幸(はまぐちよしゆき)

    お笑いコンビ『よゐこ』の濱口優の実弟。2004年より鑑定師として本格的に活動をはじめ、その実力の高さが話題となり瞬く間に人気鑑定師として有名となった。タロットに心理学を織り交ぜた『タロット占い心理学』という新しいジャンルを考案し、相談者の心

  • 渚犂帆(なぎさりほ)

    40年の鑑定歴を持ち、『豊島池袋の母』のふたつ名で慕われる大御所鑑定師。確かな経験値と知識をもって相談者の悩みを紐解き、人生の意味や、次に何をすべきかの的確な助言を行うとして、人生相談やビジネスでの相談依頼も多い。オリジナル占術である『渚流

  • 天馬黎(てんばれい)

    大阪市天王寺生まれ。日本最古の書物『古事記』の音の響きに魅せられたことをきっかけに、古文をはじめ、古語・大和言葉・琉球言葉・アイヌ語等の読み解きをする。日本の原初のことばの読み解きを通じてこれらの言葉の一音一音に意味があることに気が付き、こ

  • 高野モナミ(たかのもなみ)

    スピリチュアルカウンセラー・メンタルアップ、恋愛アドバイザー、女性医療ネットワークの健康アドバイザーの肩書をもち、ビジネスにまつわる相談では男性からの支持も厚い話題の鑑定師。現在は自身が代表として電話占い事業を営んでおり、全国から同氏の助言

  • ステラ薫子(すてらかおるこ)

    西洋占星学、タロット占いの第一人者。これまでに有名な女性誌の占い記事の監修を多く行っており、WEBコンテンツやアプリの配信等で活動の幅をさらに広げている。日韓ドラマ『魔王』(BS朝日)では同氏のタロットカードがキーアイテムとして登場し、日本

  • 紫月香帆(しづきかほ)

    開運セラピスト、ワインアドバイザーとして各種メディアに出演する人気鑑定師。対面鑑定のほか、開運教室の開催等で活動をしている、祖母や母の影響を受けて占いや風水と馴染み深い幼少期を過ごし、高校在学時からは独学で九星気学を研究していた。その後師事

  • 斉藤啓一(さいとうけいいち)

    1969年東京生まれ。日本のゲマトリア数秘術の第一人者であると同時に、心理カウンセラーとして4年間ホスピスでや外来精神科でのカウンセリング経験をもち、代替医療にも造詣が深い。高校生の頃に、人がなぜ生まれるのかという疑問の答えを探していたとこ

  • 孔雀王修岳(くじゃくおうしゅうがく)

    岐阜県・養老の生まれ。日本屈指の荒行と有名な『千日回峰行』を満行した、空海密教の大行満大阿闍梨であり、経営戦略コンサルタントとしての肩書も併せもつ。『現代の空海』『運の専門家』の異名を持ち、スポーツ界や芸能界、政財界では『知る人ぞ知る』とさ

  • 金母(きんか)

    もともとは芸人として活動していたが、ある日突然天からのメッセージを受けたことによりこの道に足を踏み入れることを志した。出羽三山で神仏に使え、神子修行(山伏修行)を通じて神子の名『惶淑(こうしゅく)』を拝命する。その後神社や寺を巡っていた際に

  • 木村藤子(きむらふじこ)

    1947年、青森生まれ。地元民から『霊能力者』と呼ばれる母のもと、8人兄弟の末っ子として霊場恐山の近くで生まれ育つ。30代のときに神の声を聴いたことで霊視・透視能力を授かった。1990年に地元のデパートで開催された爬虫類ショーで、会場から脱

  • 希多真生子(きたまきこ)

    1946年、熊本県生まれ。30歳の時、妹の突然の事故死をきっかけに人間の宿命について考えるようになり、何かにとりつかれたように学び始め、四柱推命に出会う。独自のデータと鑑定方法を持っており、恋愛や結婚、仕事といった相談のほかにも、一生の運気

  • 川井春水(かわいしゅんすい)

    広島県生まれ。大河ドラマでも注目を浴びた武士団『松浦党』『松浦水軍』の統括者である『肥前松浦一族』の直系の末裔。霊感をもつ祖母の血を引いており、乳幼児期の2度にわたる臨死体験を通じて自身の霊感が目覚めた。高校生の頃に留学のため渡米をするもの

  • 唐沢瑞昂(からさわすいこう)

    滋賀県琵琶湖の近くで鑑定師として活動をしており、地元で絶大な人気を誇る。優しい人柄で、損得感情をせずに相談者へ寄り添った鑑定を行うことから、「淡海のお母さん」「淡海の母」として慕われている。物心がついたときから人の気持ちを読むことができ、徐

  • 笠原栄子(かさはらえいこ)

    大阪心斎橋の占い館『占龍館』の超人気占い師。他に類を見ない高い精度の霊視能力を有しており、未来を予知するだけではなく「相談すると良縁を結んでくれる」として絶大な人気を誇る。過去に30年以上飲食店を経営していたが、当時は特に自身の霊感や霊視能

  • 叶鏡敦士(かがみあつし)

    演歌や昭和歌謡を得意とする歌謡歌手でもあり、綾小路きみまろの付き人を務めあげたという特殊な経歴をもつ鑑定師。茨城発の『歌って踊って占える』新時代のスターとして『モヤモヤさまぁ~ず』に出演したことも。縁結びの聖地として有名な『東京大神宮通り』

  • 海龍(かいりゅう)

    1952年静岡県生まれ。人間の持つ自己治癒能力に興味を抱いたことをきっかけに気学の研究を始める。気学のマスター後は統計学を織り交ぜた独自の占術である『流動性四柱推命』を確立し、その的中率の高さが話題となったことからこの道に足を踏み入れた。1

  • 恩慈うらら(おんじうらら)

    幼少期から実体のないものを見る力を持っており、数多くの超常現象と遭遇してきた。自分が人とは違うことを周囲に悟られないよう生きてきたが、徐々に見えないものとの対話や浄化等の能力を会得するようになり、その中で自覚した自分の使命を全うするために本

  • 小田原せい(おだわらせい)

    福岡県太宰府の崇福寺に縁ある血筋に生まれ、現在は『新橋の母』として都内で『占いと呑処 がんばりんしゃい。』を営む人気鑑定師。18歳の時に歌手デビューを果たすものの、24歳で声帯を痛めたことによりやむなく引退。その後は六本木でスナック数店舗を

  • 小野十傳(おのとでん)

    天文占術研究家、ムッシュー星座協会主宰。これまでに誰もが耳にしたことのある有名な女性誌やWebコンテンツの監修を手掛けており、人気鑑定師としての地位を確立した後も積極的に新たな占術を考案し、働く男女や主婦等、幅広い層からの支持を得ている。そ

  • 奥乃月彩(おくのげっさい)

    中国皇帝御用達占術とされ、その高すぎる的中率から「門外不出の秘伝」とされてきた紫微斗推命の日本の第一人者。いたこの家系の六代目として高い能力を持って生まれるが、カバラや気学、人相、タロット、手相、霊視等の多様な占術研究を通じ、生まれ持った能

  • 沖田法瀧(おきたほうりゅう)

    真言密教の修験者であり、霊能者、占術師。30代で京都北白川地蔵谷の身代わり不動明王より霊感を授かる。もともとは鑑定師としての活動はしておらず、真言密教の修験者として日々修行に励んでいたが、身近な人の未来を次々と言い当てたことで徐々にその評判

  • 小笠原さと(おがさわらさと)

    幼少期より自分にはオーラが見えていることに気がづき、より深い理解と体系化に努めてきた。日本人では極めてめずらしく、青い瞳を持つ。西洋占星術を軸に、風水・九星気学と、生まれ持ったオーラリーディングの能力を組み合わせた占術の的確さで支持を得てお

  • 黄麗(おうれい)

    大阪心斎橋の占い館『占龍館』の代表取締役であり、大阪で最も信頼される『予言的中』の実力派鑑定師。京都府舞鶴市の先祖代々神主を務める家系に生まれ、成長過程で心霊や占い等の精神世界と深い関わりをもっていた。成人後に内観・右脳開発のEQセミナーを

  • エルアシュール(えるあしゅーる)

    アストロチャネラー、神秘学研究家、日本占星学会主任講師。神秘学研究家フェニックス ノア氏に師事している。相談者の守護天使(ガーディアンエンジェル)からのメッセージを代弁し、宇宙の法則や叡智を使って相談者の最高裁全の人生を創造するヒントを伝え

  • 宇月田麻裕(うつきたまひろ)

    開運研究家兼作家として活動する傍ら、ドッグトレーナーやAnimalコミュニケーターの肩書を有し、捨てられる・殺処分される動物ゼロ、人と動物とが共存できる世界を目指して活動をしている。日本における宿曜占星術の若き第一人者とも称される。幼少期に

  • 上地一美(うえちかずみ)

    長らくメディアへの出演を拒否してきたが地元沖縄でその評判が口コミで広がり、2010年にはテレビ番組「金曜日のキセキ」(フジテレビ系)へレギュラー出演が決定。番組内では一般の相談者から有名人まで幅広く鑑定を行い、未来が視える「未来鑑定士」とし

カテゴリー一覧
商用