chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 書面添付制度のメリットデメリットとは?記載例や費用についても解説

    書面添付制度とは? 書面添付制度とは、税理士法第33条の2と第35条に規定される意見聴取制度の総称です。 具体

  • 生前贈与加算は3年以内の贈与を相続財産に加算する【徹底解説】

    生前贈与加算とは? 生前贈与加算とは、亡くなった方から亡くなる前3年以内に贈与を受けていた場合に、その贈与財産

  • 相次相続控除とは?計算方法や記載例をわかりやすく解説します!

    相次相続控除とは? 相次相続控除とは、被相続人が相続開始前10年以内に相続などによって財産を取得し、相続税を支

  • みなし相続財産の対象とは?生命保険金の非課税枠についても解説

    みなし相続財産とは 本来相続財産とは、被相続人が亡くなった時点で有していたプラスの財産とマイナスの財産のすべて

  • 相続税の配偶者控除とは?計算方法や適用要件について解説します!

    配偶者には相続税がかからないとお考えの方も多いのではないでしょうか。確かに相続税には「配偶者の税額軽減」と呼ば

  • 相続税の税務調査とは?来る割合や時期は?少額でも来るの?

    相続税の税務調査が来る時期は? 相続税の税務調査は、ほとんどの場合に、申告の翌年か翌々年の8月から11月に税務

  • 相続税の延納とは?申請方法や延長期間、デメリットについても解説

    相続税の延納とは 相続税の延納とは、簡単に言うと相続税の分割払いです。相続税の納付が困難な場合に分割して毎年少

  • 遺留分とは?割合や侵害額請求について詳しく解説

    遺留分とは? 遺留分とは、兄弟姉妹以外の法定相続人が相続の開始後に相続財産の一定割合を確保する権利です。 被相

  • 法定相続人とは?順位や割合についてわかりやすく解説します

    法定相続人とは? 法定相続人とは、民法に定められている亡くなった方(被相続人という)の財産を相続できる人のこと

  • 相続時精算課税制度とは?メリットデメリットをわかりやすく解説

    相続時精算課税制度とは 相続時精算課税制度は、受贈者の選択により、一般の暦年贈与制度に代えて、贈与時に2,50

  • 相続税の計算方法とは?手順や仕組みをわかりやすく解説!

    相続税の計算の仕組みはとても複雑で、多くの手順を経て結論である各相続人の納付税額が算出されます。今回は、相続税の計算方法について、できるだけわかりやすく解説いていきたいと思います。

  • 相続税評価額の調べ方や計算方法は?時価とは違うの?

    相続税評価額とは?相続財産の評価の原則 相続税は相続財産の価値に対して課税されますので、相続税を計算するために

  • 限定承認とは?手続きの流れやメリットデメリットについて

    限定承認はプラスの財産よりもマイナスの財産の方が大きいかどうか不明な場合や、どうしても残したい財産がある場合などに、大変メリットのある制度です。ただし手続きに多大な労力がかかってしまうなどのデメリットもあります。限定承認とはどのような制度なのか詳しく解説していきます。

  • 寄与分とは?認められる要件や計算方法をわかりやすく解説!

    亡くなった方を生前に献身的に介護をしていた相続人や、事業の手伝いをしていた相続人が、他の相続人と同じ財産しか相続できないとしたら不公平だと感じるのではないでしょうか。今回は寄与分とは何かや、寄与分が認められる要件や計算方法についてわかりやすく解説していきたいと思います。

  • 特別受益とは?時効や持ち戻しの計算方法について徹底解説!

    生前に一部の相続人だけが多額の贈与を受けている場合に、残っている財産だけで各相続人の取り分を決めるのは不公平だと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。どんな贈与が特別受益に該当するのか、持ち戻しの計算方法、2019年の民法改正で時効などについてどのような影響があったのかなどについて解説していきたいと思います。

  • 相続財産を自分で調査する方法を徹底解説!

    相続が発生したらまずは相続財産を調査し内容を確定する必要があります。 相続財産の内容が確定しないことには遺産分割協議を進めることが出来ないですし、相続税の申告も出来ません。 今回は相続財産を自分で調べる方法や、期限、専門家の選び方についてもわかりやすく解説していきたいと思います。

  • 遺言書の書き方を徹底解説|例文を使ってかんたんに作成可能

    遺言書を残して遺言者自身の気持ちをはっきりと示すことで、相続のトラブルや混乱を防ぐことができます。 いざ遺言書を作成しようとしたものの、書き方がわからない、あるいは、効力を持たせられているか不安だという方も多いのではないでしょうか。 今回は遺言書において頻出の例文を使って、遺言書の書き方を解説していきたいと思います。

  • 相続税の時効は申告期限から原則5年で悪質な場合は7年【税理士が解説】

    相続税は原則5年、悪質な場合でも7年で時効が成立します。はたして税務署を相手に時効まで逃げ切ることはできるのでしょうか。バレてしまった場合のペナルティはとても重いものです。今回は相続税の時効についての基本知識、税務署から逃げ切れるのかどうか、バレた場合のペナルティなどについて解説していきたいと思います。

  • 相続税についてのお尋ねは無視できる?来ない場合は申告不要?

    相続税についてのお尋ねは無視できる?来ない場合は申告不要?「相続についてのお尋ね」は相続税の申告が必要な可能性がある相続人に対して送付される、申告を催促する書類です。申告期限内に申告書を提出する場合は無視しても良いです。来ない場合でも申告の要否をしっかり検討しましょう。

  • 早見表で相続税を簡単にチェックしよう【PDFダウンロード可】

    相続税の早見表ならどなたでも簡単に相続税の概算額を確認することができます。ぜひPDFをダウンロードしてご活用ください。今回は、相続税の早見表を紹介します。また、早見表の見方や注意点についても解説していきます。まずは出来るだけ早く相続税の概算額を把握し、節税や納税資金の準備といった相続対策の必要性を検討することが重要です

  • 相続税の税理士報酬・費用の相場は?適正価格の見極め方

    相続税の申告を税理士に依頼する経験は人生でそう何度も無いことですので、 相続税申告の税理士報酬の相場がいくらくらいなのか? 税理士から提示された税理士費用が適正な金額なのか? そんな疑問が生じるのは当然のことです。 今回は、相続税申告の税理士報酬の相場や適正価格の見極め方について解説していきたいと思います。

  • 相続の税理士費用は誰が払う?債務控除はできる?

    相続の税理士費用を誰が負担するかについてのルールはありませんので、相続人全員で均等に負担しても良いですし、財産を多く相続した人が負担してもかまいません。二次相続での節税を意識するのであれば配偶者が負担するという方法もあります。

  • 銀行は預金者の死亡がなぜわかるのか?【相続専門税理士が解説】

    銀行は預金の口座名義人が死亡した事を知るとその口座を凍結し、入出金ができないようにします。 今回はなぜ銀行が口座名義人の死亡がわかるのかと口座凍結のタイミング、凍結する前にやっておくべき準備、凍結した場合の解除の手続きについてわかりやすく解説していきたいと思います。

  • 遺言とは?遺言の作成方法や効力について税理士が解説します

    遺言を知らないという方はいらっしゃらないと思いますが、遺言書の作成方法や、故人の作成した遺言を見つけた時の対応方法などについては、詳しくわからないという方がほとんどではないでしょうか。 今回は、遺言の基礎知識につてわかりやすく解説していきます。

  • 藤沢・鎌倉で遺言書を作成するなら当事務所へご相談ください

    遺言書の相談は司法書士、弁護士などに依頼することも可能ですが、相続税が発生する方の遺言書作成は税理士に相談すべきです。 なぜなら相続税は財産の分け方によってその税額が変動する場合があるため、無駄に税金を増やさないためにも、税額への影響を加味しながら分け方を決めていくことが重要だからです。

  • 【2022年】藤沢市の相続税申告の相談ができる税理士

    当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。まずはぜひ無料相談にお申込みください。

  • 【税理士が解説】相続税の非課税財産4選!

    金銭的な価値がある財産については基本的に相続税がかかりますが、例外的に非課税となる財産があるのです。 非課税財産は節税対策にも使うことができますので、しっかり把握してなるべく税金を少なくしたいものです。 今回は相続税の非課税財産についてさくっとわかりやすく解説していきます。

  • 代襲相続で孫や甥姪が相続人になる?相続放棄があった場合は?

    どんな時に代襲相続が発生し、誰が相続人になるかや、どこまで代襲相続が繰り返されるのか、遺留分がどうなるのかなどについてわかりやすく解説していきます。

  • 【2022年最新】相続税の非課税枠である基礎控除はいくらまで?

    相続税には基礎控除額と呼ばれる非課税枠があり、相続した財産の総額が非課税枠の範囲内であれば相続税の申告が不要ということになります。今回は2022年時点最新の相続税の基礎控除額の計算方法をわかりやすく解説していきたいと思います。

  • 株の相続税評価額や税額はいくら?計算方法や税率は?

    株式についても相続税の対象になります。 株価は常に変動していますが、相続税評価額はいつの時点の株価で決まるのでしょうか? 株式にかかる相続税の税率は何%なのでしょうか? 相続税はいくら払う必要があるのでしょうか?かからない場合はあるのでしょうか?これらの疑問についてわかりやすく解説していきます。

  • 相続税の相談を税務署に?メリットデメリットは?

    相続税の申告を自分でやりたいけど自信がない、わからない部分があるという方のために税務署には無料の相談窓口が設置されています。 今回は、税務署に相続税の相談をする方法と、気になるデメリットについて解説していきます。

  • 市役所の窓口に相続の相談をするメリットデメリット

    税理士、弁護士、司法書士などの相続を扱っている専門家の誰に相談すれば良いかわからないという方や、専門家に相談するのは気が引けるという方には、市役所や区役所などの自治体の窓口で相談する方法もあります。この場合のメリット、デメリットについて解説していきます。

  • 【絶対解決!】相続の相談は誰にすべき?(一覧表あり)

    今回は税理士、弁護士、司法書士といった相続を扱っている各専門家の対応可能な業務範囲や得意分野、特徴を比較し、相談者の状況別の最適な相続の専門家の選び方を解説いたします。

  • 【絶対解決!】相続の相談は誰にすべき?(一覧表あり)

    今回は税理士、弁護士、司法書士といった相続を扱っている各専門家の対応可能な業務範囲や得意分野、特徴を比較し、相談者の状況別の最適な相続の専門家の選び方を解説いたします。

  • 【絶対解決!】相続の相談は誰にすべき?(一覧表あり)

    今回は税理士、弁護士、司法書士といった相続を扱っている各専門家の対応可能な業務範囲や得意分野、特徴を比較し、相談者の状況別の最適な相続の専門家の選び方を解説いたします。

  • 【税理士が解説】弔慰金は相続税が非課税?

    弔慰金は、原則として非課税になりますが、一定の金額を超える場合は、その超える部分は死亡退職金として扱われ相続税の課税の対象になります。弔慰金の非課税の範囲、死亡退職金の取扱いについてわかりやすく解説していきたいと思います。

  • 【税理士が解説】死亡退職金の受取人は誰?規定や遺言による?

    死亡退職金の受取人が誰になるのかは、会社の規定による受取人の指定の有無や遺言の有無によって異なります。 この記事では、死亡退職金の受取人の決まり方、会社の規定や遺言がある場合の取扱いについて、わかりやすく解説をしていきます。

  • 【税理士が解説】死亡退職金とは?かかる税金や相続税の非課税枠は?

    死亡退職金には相続税が課税されます。 ただし、非課税枠があり、全額が課税対象になるわけではありません。 この記事では、死亡退職金にかかる税金、相続税の非課税枠について、税理士が自らわかりやすく解説をしていきます。

  • 鎌倉市の相続税申告の相談ができる税理士

    当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。まずはぜひ無料相談にお申込みください。

  • マンションの相続税評価額はいくら?

    マンションの相続税評価額計算の仕組みを解説し、将来の相続の際にどれくらいの税金がかかるのか、マンションがなぜ相続税対策になるのかを解説していきたいと思います。また、メリットだけに注目して失敗してしまうことの無いように、マンションを利用した相続税対策の注意点についても触れていきたいと思います。

  • アパートの相続税はいくら?

    アパートには相続税の節税効果があります。相続税対策としてアパートを既に建築したという方もいらっしゃるでしょう。

  • 駐車場はアスファルト舗装なら小規模宅地等の特例で相続税評価が下がる?

    アスファルト舗装の駐車場は他の要件を満たせば小規模宅地等の特例の適用が可能で、50%の評価減額が可能です。しっかりと節税するようにしましょう。 それでは詳しく見ていきましょう。

  • ゴルフ会員権の相続税評価額は70%?わかりやすく解説します

    ゴルフ会員権は、ゴルフ場を割安で利用したり、優先的に予約をしたり、あるいは競技会などへの参加資格を得る事ができ

  • 親や配偶者が死亡した時の税金、相続税とは?わかりやすく簡単に解説します!

    今回は相続税について、税理士である私が、初心者向けに歴史上最も簡単にわかりやすく解説したいと思います。 相続税の概要をざっくりつかんでもらうことが趣旨になります。

  • 金は相続税の対象!金の相続はバレる?評価額の計算方法は?

    金、純金、金地金は相続税の課税対象になりますので、その評価額の計算方法を確認しておきましょう。 また、金の購入が相続対策になるのか、あるいは金の相続が税務署にバレるのかどうかについても解説していきたいと思います。

  • 戒名は?精進落としは?相続税申告で控除できる葬儀費用の範囲とは

    戒名を付けてもらうためにお寺に支払う戒名料や、葬儀の際に振舞われる精進落としの費用は相続税申告の債務控除の対象になるのでしょうか? 結論からお伝えすると、戒名料も精進落としの費用も控除の対象になります。 戒名料や精進落としの費用が債務控除の対象になる理由と注意点、その他の葬儀費用の取扱いについて相続専門の税理士が実体験に基づいて解説していきます。

  • 葬儀費用で相続税を減らそう!控除できる範囲とは?

    相続税の申告を行う際に、知らないと損する事として葬儀費用の控除があります。 葬儀にかかる費用は決して少ない金額ではありませんから、葬儀費用を漏れなく控除することで相続税の金額を大きく減らすことができるのです。 しかし、葬儀費用の中でも、控除できるものと控除できないものがあります。 相続専門で培った経験に基づき相続税の計算上、控除できる葬儀費用の範囲について解説していきたいと思います。

  • 茅ヶ崎市の相続税申告の相談ができる税理士

    当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。まずはぜひ無料相談にお申込みください。

  • タンス預金の相続は税務調査でばれるのか?何が悪いのか?

    タンス預金が税務調査でばれるのか、いくらまでなら大丈夫なのか、ばれない隠し方があるのかについて、相続専門の税理士である私から解説したいと思います。

  • 逗子・葉山の相続税申告の相談ができる税理士

    相続税は専門的な経験や知識が要求されるため、税理士によって納税額が異なります。 特に、土地の評価方法の選択や特例適用の判断の仕方により、税金の額が大幅に変わってきます。したがって、相続税の申告、相談は当事務所のような相続専門の税理士事務所に依頼されることを強くおすすめいたします。 当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。

  • 相続税還付とは?

    相続税の還付の成功には高い専門性が要求されます。また手続きには期限もあります。相続専門の税理士に依頼すれば払いすぎた税金が戻ってくる可能性が高くなります。まずは無料診断に申し込みされることをお勧めいたします。

  • 【相続専門税理士による】相続に強い税理士の「本当」の選び方

    相続税の申告を依頼する税理士の「本当の」選び方について、相続専門税理士が業界の事情を交えつつ本音で解説します。

  • 大和市の相続税申告の相談ができる税理士

    相続税は専門的な経験や知識が要求されるため、税理士によって納税額が異なります。 特に、土地の評価方法の選択や特例適用の判断の仕方により、税金の額が大幅に変わってきます。したがって、相続税の申告、相談は当事務所のような相続専門の税理士事務所に依頼されることを強くおすすめいたします。 当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。

  • 大和市の相続税申告の相談ができる税理士

    相続税は専門的な経験や知識が要求されるため、税理士によって納税額が異なります。 特に、土地の評価方法の選択や特例適用の判断の仕方により、税金の額が大幅に変わってきます。したがって、相続税の申告、相談は当事務所のような相続専門の税理士事務所に依頼されることを強くおすすめいたします。 当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。

  • 川崎の相続税申告の相談ができる税理士

    相続税は専門的な経験や知識が要求されるため、税理士によって納税額が異なります。 特に、土地の評価方法の選択や特例適用の判断の仕方により、税金の額が大幅に変わってきます。したがって、相続税の申告、相談は当事務所のような相続専門の税理士事務所に依頼されることを強くおすすめいたします。 当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。

  • 川崎の相続税申告の相談ができる税理士

    相続税は専門的な経験や知識が要求されるため、税理士によって納税額が異なります。 特に、土地の評価方法の選択や特例適用の判断の仕方により、税金の額が大幅に変わってきます。したがって、相続税の申告、相談は当事務所のような相続専門の税理士事務所に依頼されることを強くおすすめいたします。 当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。

  • 大磯町の相続税申告の相談ができる税理士

    相続税は専門的な経験や知識が要求されるため、税理士によって納税額が異なります。 特に、土地の評価方法の選択や特例適用の判断の仕方により、税金の額が大幅に変わってきます。したがって、相続税の申告、相談は当事務所のような相続専門の税理士事務所に依頼されることを強くおすすめいたします。 当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。

  • 大磯町の相続税申告の相談ができる税理士

    相続税申告は税理士選びが重要相続税は専門的な経験や知識が要求されるため、税理士によって納税額が異なります。特に、土地の評価方法の選択や特例適用の判断の仕方により、税金の額が大幅に変わってきます。したがって、相続税の申告、相談は当事務所のような相続専門の税理士事務所に依頼されることを強くおすすめいたします。当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。大磯町の土地評価のポイント大磯町の地勢大磯町は

  • 大磯町の相続税申告の相談ができる税理士

    相続税申告は税理士選びが重要相続税は専門的な経験や知識が要求されるため、税理士によって納税額が異なります。特に、土地の評価方法の選択や特例適用の判断の仕方により、税金の額が大幅に変わってきます。したがって、相続税の申告、相談は当事務所のような相続専門の税理士事務所に依頼されることを強くおすすめいたします。当事務所では、相続税の申告や還付、それらの相談を300件以上経験した税理士が対応しております。大磯町の土地評価のポイント大磯町の地勢大磯町は

  • 中小企業は業務改善を進めやすい

    労働人口の減少、働き方改革、AI、DXなどの昨今の社会状況の変化に伴い、 今、業務改善による業務の効率化が強く求められています。 中小企業は比較的従業員が少ないため、業務改善の活動を浸透させやすく、 業務改善を進め易いと言えます。 とは言え、業務改善の進め方には王道があり、しっかりとその進め方にしたがって取り組んでいかなければ成功はあり得ません。 社会状況の変化のスピードはますますアップしていくことが想定されます。 変化に対応しながら利益を確保していけるかどうかは、業務改善への取り組みにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

  • 中小企業は業務改善を進めやすい

    業務改善とは、文字通り業務を改善することです。言い換えれば、業務の進め方を時代や社会環境の変化に合わせて改善することです。業務削減、業務効率化、コスト削減などは業務改善に含まれる概念です。これらを行いながら業務改善を進めていくことになります。労働人口の減少、働き方改革、AI、DXなどの昨今の企業活動におけるキーワードと切っても切り離せないテーマとして、今、業務改善が注目を集めています。今回は、税理士という立場からだけでは無く、外資系コンサルタント会社にて企業

  • 相続した空き家を放置していると固定資産税が6倍に!?

    空き家を放置することは固定資産税や相続税などの税金面で不利になります。空き家を放置し、特定空き家に指定されてしまえば固定資産税が跳ね上がってしまいますし、空き家のまま相続が発生してしまえば、相続税の計算上も特例が適用されず不利になってしまうのです。 したがって、空き家はそのまま放置するのでは無く、 税制面で不利にならないような管理や活用を検討するべきでしょう。

  • 相続した空き家を放置していると固定資産税が6倍に!?

    親が亡くなった際に、実家を相続する人は多いと思います。しかし、すでに別の場所に家を構えていると、わざわざ実家に住みかえるという人はそう多くはいないのではないでしょうか。その場合、実家は空き家になってしまいます。相続した空き家は、そこに住んでいなくても土地と家屋に固定資産税が課税されます。さらに、相続するときには相続税も課税されます。人が住んでいる家については税制上の優遇があるのですが、空き家ではその優遇が受けられずに税金が割高になってしまいます。今回は相続した空き家

  • なぜ開業医は相続税対策を行うべきか?税理士が解説します

    開業医は相続税が多額になるケースが多いです。 単純に収入が多いことと、事業用の財産や医療法人の出資持分が相続財産になってしまうからです。 相続税は生前の対策により大幅な節税が可能ですが、計画性や時間を要するものです。 出来るだけ早くから税理士といっしょにシミュレーションを行い、効率的な節税を実行するようにしましょう。

  • なぜ開業医は相続税対策を行うべきか?税理士が解説します

    開業医の平均年収についての正確な資料はあまりありませんが、厚生労働省の2019年度医療経済実態調査によりますと、個人の開業医の収入は約2,500万円で、医療法人院長の給料は約2,700万円です。やはり、一般の会社員の方などと比較すると高額です。また、開業医の場合は定年がありませんので、高齢になるまで収入がある方が多く、会社員と比較すると老後の資産の減少も少ないのです。これらの理由により、必然的に資産は膨れ上がり、多額の相続税が課税されてしまう

  • 2024年から義務化決定!相続登記の義務化について税理士が解説します

    相続登記の義務化がいよいよ施行されます。 過去に遡って適用されますので、既に相続が発生している方も他人事ではありません。 相続登記は、国や自治体、相続人の双方にメリットがあるものです。 罰則を受けることのないように、期限を確認し、確実に相続登記を行うようにしましょう。

  • 2024年から義務化決定!相続登記の義務化について税理士が解説します

    相続登記が義務化されます。2021年4月に法案が可決され、2024年4月1日から施行されます。相続人の方とお話をしていても話題になることが多くなってきました。相続登記とは、土地や建物などの不動産の名義を、亡くなった方から相続した人に変更することを言います。これまではこの相続登記の期限や、行わなかった場合のペナルティがありませんでした。そのため、相続登記が放置され所有者が不明になっている土地が多くなってしまいました。この

  • 2024年から義務化決定!相続登記の義務化について税理士が解説します

    相続登記が義務化されます。2021年4月に法案が可決され、2024年4月1日から施行されます。相続人の方とお話をしていても話題になることが多くなってきました。相続登記とは、土地や建物などの不動産の名義を、亡くなった方から相続した人に変更することを言います。これまではこの相続登記の期限や、行わなかった場合のペナルティがありませんでした。そのため、相続登記が放置され所有者が不明になっている土地が多くなってしまいました。この

  • 相続税節税対策として大注目の不動産小口化商品とは?税理士が解説します

    不動産小口化商品は、投資家が少額のお金で都心部等の一等地にある不動産を買えるように小口化された商品です。1口100万円程度から購入することができるため、手軽に出来る相続税対策として注目が高まっています。不動産小口化商品は投資家が実際に不動産の持ち分を所有することになるので、相続税の計算上、不動産の評価方法が適用され、節税になるのです。

  • 相続税節税対策として大注目の不動産小口化商品とは?税理士が解説します

    生前の相続税対策として不動産を購入する手法についてはご存じの方も多いでしょう。不動産の購入が相続税の節税になるのは、相続税は財産の評価額に基づいて計算されるのですが、不動産の評価額は実際の取引価格よりも低くなることが多いからです。例えば、預金1億円の相続税評価額は1億円ですが、その1億円で不動産を購入すると、その評価額は、場合によっては半分の5千万円になったりもします。そうすると、当然相続税も抑えることができるのです。ただ、こういった不動産投資は多額の資金が必要になるものな

  • 住宅ローンの返済の援助は贈与税の対象?税理士が解説します

    住宅ローン返済の資金援助は贈与税の対象となります。 贈与税を回避する方法もありますが、相続税への影響があります。 住宅ローンの返済の資金援助をどのように行うことが最適なのかは、贈与税だけではなく、将来の相続税への影響も加味して検討する必要があります。 贈与税や相続税は選択を誤れば数百、数千万円の損をしてしまうこともありますので、まずは税理士に相談すべきと考えます。

  • 住宅ローンの返済の援助は贈与税の対象?税理士が解説します

    住宅ローンの資金援助を親に頼んだり、親の方から援助を申し出てくれるということは良くあることだと思います。マイホームの購入は大きな買い物ですので、ついつい頼ってしまいたくなるものです。しかし、資金援助には贈与税の問題があります。住宅ローンの資金援助に贈与税がかかるのか、そして、その贈与はやはり税務署にばれるのでしょうか。。さらには、贈与税を回避する方法について解説します。住宅ローンの返済の資金援助は贈与税の対象になる贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる

  • 生前贈与とは?節税になるのか?税理士が解説します。

    続税の場合、相続開始前3年以内に贈与した分や、相続時精算課税制度を適用した分は、相続財産に加算されます。生前贈与を検討するなら、贈与する側が相続対策を考えられるくらい心身ともに元気なうちに、早めに実行するほうがいいでしょう。

  • 生前贈与とは?節税になるのか?税理士が解説します。

    相続税の節税対策を考えるときに、もっとも簡単なのは「生前贈与」と言えるでしょう。生前に財産を渡すことで、相続税の課税対象となる財産を減らすことができます。個人的にもこれまでもたくさんの方にご提案し、実行してきました。生前贈与のメリットとデメリットを含め、解説をしていきます!生前贈与とは?生前贈与とは、存命中に個人が自分の意志で別の人へ財産を無償で渡すことです。主に相続税の節税対策を目的としておこなわれます。贈与する財産は、預貯金だけでなく、土地や建物などの不

  • 「遺族年金」とは? 受給者資格は?金額は?気になる条件を解説します!

    年金の被保険者が亡くなった時に、国から支払われる遺族年金。この遺族年金には、もともと加入していた年金によって「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の2種類があり、受給要件や期間が異なります。今回はそのそれぞれの年金について詳しく解説していきます。遺族年金とは?遺族年金とは、国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が、亡くなったときに、その亡くなった方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる年金です。遺族年金には、「遺族基礎

  • 贈与税っていくらかかる?計算方法は?税率は?

    「税率が高い」というイメージの強い贈与税ですが、実際にはいくかかかるのか気になりますよね。どんな場合に贈与税がかかって、いくらかかるのか、意外とわからない方が多いのでは無いでしょうか。お客様とお話をしている中でご説明する機会が結構多いです。今回は贈与税について詳しく解説してみたいと思います。 贈与税とは? 贈与税ってなに? 贈与税は、個人が個人から財産をもらったとき、もらった人に対して課税されます。親から子への贈与や、祖父・祖母から孫への

  • 遺産分割協議とは?手順や知っておきたい知識

    被相続人が亡くなり、その遺産の分割について、相談して分けることになった場合、「遺産分割協議」を行う必要があります。遺産分割協議の結果を残した書類を「遺産分割協議書」といいます。遺産分割協議の手順や必要な知識について詳しく解説していきます。遺産分割協議とは被相続人が亡くなると、遺言書がない場合、相続人全員で遺産分割の詳細を話し合いすることになります。これを「遺産分割協議」と言います。民法に目安としての相続分の割合が規定されていますが、あくまで目安ですので、相続

  • 【速報】生前贈与は廃止になる?

    昨今かなりの話題になっており、当HPでも以前解説させていただき多くのアクセスをいただいた話題ですので、続報をお知らせいたします。前回の解説については以下の記事をご覧ください。令和3年12月10日に「令和4年度 与党税制改正大綱」が公表されました!こちらの自民党HPに詳細について掲載があります。生前贈与を利用した節税が封じられるのかどうか、今回の改正ではどうなるのでしょうか?結論として、令和4年度から改正されるということはありませんでし

  • 相続放棄とは?基本知識を解説します!

    相続放棄(そうぞくほうき)とは、被相続人(亡くなった人)の財産について相続の権利を放棄することです。経験上、相談の問い合わせを受けることが多い論点です。相続放棄の手続きには期限が設定されていますので、あらかじめ相続放棄についての知識を身に着けておくとともに、その必要性について検討しておくことが重要です。それでは詳しく解説していきます。相続放棄とは?放棄の対象となるのは被相続人のすべての財産であり、預貯金などの金融資産や、土地や建物などの不

  • 成年後見制度と成年後見人とは?わかりやすく説明します!

    「成年後見制度」とは、認知症や障害などの理由により、ご自身で判断する能力が充分ではない人の財産管理などの支援を行うための制度です。 支援は「成年後見人」と呼ばれる人が行います。 相続時にどのように関わってくるのか、また制度利用の流れも解説します成年後見制度とは?成年後見制度とはなにか?認知症や障害などの理由により、ご自身で判断する能力が判断能力が充分ではない人の財産管理などを支援する制度のことです。具体例としては、高齢になると認知症などにより判断能

  • 生前贈与はやっぱり廃止・・?

    生前贈与を利用した節税が税制改正により出来なくなってしまう可能性があります。改正の動向や今後の節税対策について解説しました。

  • 税理士のパソコン仕事時短術

    今回は税務で必須のショートカットキーを追加で2つ紹介します。テレワーク推進の流れもあり、ますますPCスキルが求めれています。ぜひマスターして業務の効率化を行いましょう。

  • 税理士のかんたんパソコン仕事術(ショートカットキー編)

    エクセル操作、税務会計ソフトの操作、Windowsの操作など、税務にも日々、あるいは案件ごとの繰り返しの作業が多くあります。一回の削減時間は短くても、ちりも積もれば山となりますので、PCスキルを身につけることにより、大きな業務効率化を期待できます。また、PCスキルはかんたんに習得出来る事も多いです。知っているか知らないかだけの違いです。税務においてもテレワークが徐々に浸透してきており、PCで仕事を進める場面がますます多くなってきています。仕事の効率=PCスキルと言っても過言

  • 準確定申告って何?

    亡くなった人の税金と言えば相続税をイメージする方が多いと思いますが、所得税の準確定申告も併せておさえておきましょう。良くあるご質問をQ&A形式でまとめてみました。準確定申告って何?所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの間の所得を計算し、その翌年の期限(通常は3月15日)までに申告するものです。それでは、年の途中で亡くなった人の所得はどうすれば良いのでしょうか。亡くなった人の所得は亡くなった人の相続人等が、代わりに申告・納税する必要があ

  • 税務の完全テレワーク化のポイントはペーパレス

    テレワークを導入している税理士事務所、会計事務所は増えてきているという話は耳にしますが、まだまだ出社しなければならない業務が多く、完全にテレワークというわけにはいかないという事務所が多いのではないでしょうか。税理士事務所の職員が特に税務において完全テレワークを目指す方法を考えてみます。税理士事務所をとりまくテレワーク推進の流れコロナ禍においていかに社会の要請にしたがい、外出を控えるかというのは、当然税理士の業界においても喫緊の課題となっています。電子申告、Z

  • 家族が立て替えていた医療費は債務控除の対象になるか?

    まず結論からですが、債務控除の対象になります。相続人も知らないことが多いですし、経験上、税理士もヒアリングが漏れがちな論点だと思います。結果、払わなくていい税金を払うことになってしまいます。被相続人が死亡した後に支払った医療費、水道光熱費などが、相続財産から控除できることは比較的認知度が高いですが、生前に家族が立て替えた費用についても債務控除が可能な場合がありますので、漏れなく計上し、しっかり節税していきましょう。債務控除とは相続税を計算するときに、被相続人

  • 相続税申告に必要な書類と集め方・探し方Q&A

    相続税申告において難関の一つが申告に必要な書類の収集です。相続税の申告のステップは大まかに次のとおりです。①必要資料の収集②財産評価③分割協議④分割協議書、申告書の作成・提出最初の関門となっているのが必要書類の収集です。これが整わないことには、次のステップが完了できません。とはいえ、どのような書類が必要で、どのように入手すれば良いのか?相続税の申告はほとんどの人が初めてです。国税庁のHPなどにマニュアルやチェックシートはありますが、これだけでは自力での収集は難しいのが現実で

  • 相続税の申告が必要かどうか

    相続税はお金持ちが払うものであって、我が家には無関係だとお考えの方も多いと思います。ただ、近年の税法の改正によって、相続税が発生する方が格段に増えていますので、相続開始の前、後にかかわらず、一度確認することをお勧めします。無関係と思っていたら税務署からお尋ね書が届いて、時すでに遅し。。。といったことも良くあります。また、相続税のお尋ねが届くのは死亡半年以上経った後になりますので、お尋ねが届いたら申告すればいいやと思っていると、申告期限の10ヵ月に間に合わなくなってしまいます

  • 申告に必要な書類の効率的なデータ化の方法は?

    ペーパレス化はテレワーク導入のための必須条件といっても良いのではないでしょう。もともとペーパレスを実現していた会社はこのコロナ禍においてもテレワーク化を不自由なく実行できたことでしょう。ただ、税務は未だに紙が主流ですので、ペーパレスでの業務が行えず、テレワーク化が進んでいないのが現実でしょう。そこで今回は必要書類のデータ化を考えてみます。なぜ税務においてペーパレス化が難しいのか近年、電子での申告書や添付書類の提出が可能な範囲が徐々に広がってきています。そのた

  • 税理士ってすごいの?

    税理士の人数は78,617人(令和2年2月末日現在)。ただ税理士というだけではすごくありませんし、税理士というだけでお客様のお役には立てるとは思いません。試験勉強が得意というだけです。税理士試験を頑張ったというだけではなく、それ以外にどんな経験をしてきたかということが大事だと思います。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ももへいさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ももへいさん
ブログタイトル
藤沢市の相続専門税理士
フォロー
藤沢市の相続専門税理士

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用