searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

林典佑さんのプロフィール

住所
浜松市
出身
北海道

仏教の源流である「原始仏教」の教えと実践についてのブログです。原始仏教の瞑想法は日本ではあまり広まっていませんが、お釈迦さまが実際に語った教法が伝承されている仏教のオリジナルです。

ブログタイトル
仏教の教えと瞑想〜原始仏教の世界
ブログURL
https://www.bukkyouoshie.com/
ブログ紹介文
仏教の源流「原始仏教」の教え・実践・瞑想をご紹介。原始仏教にはお釈迦さまが本当に語った教法があります。
更新頻度(1年)

8回 / 7日(平均8.0回/週)

ブログ村参加:2020/12/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、林典佑さんをフォローしませんか?

ハンドル名
林典佑さん
ブログタイトル
仏教の教えと瞑想〜原始仏教の世界
更新頻度
8回 / 7日(平均8.0回/週)
フォロー
仏教の教えと瞑想〜原始仏教の世界

林典佑さんの新着記事

1件〜30件

  • 天界の神でも邪神(悪いヤッカ)になる~アーターナーターの護経(長部仏典・第32経)

    スポンサードリンク 天界の神でも邪神になる~天人には悪いヤッカもいる 天界の神は「天人」と言われる天徳を有する生命です。パーリ仏典には、善行をした者が往ける世界としています。 ちなみに天界へ往く方法には6種類くらいありま ...

  • 寺院消滅~神仏分離令と農地改革が元凶

    スポンサードリンク 日本の仏教寺院が衰退した本当の理由は国の政策・制度が原因 何気なく、こういう記事を目にしました。 「日本の伝統文化が…」急速に進む仏教離れ、消えゆく寺院に海外から惜しむ声 http://newsphe ...

  • 本当の仏教の歴史~仏教史の真実と誤解

    スポンサードリンク 本当の仏教の歴史 仏教史。仏教史には、随分と誤解や勘違いが広まっている印象があります。たとえば、 このように考えられ、受け止められているかもしれません。 けれどもこれらは全て違います。百歩譲っても正し ...

  • 慈悲の瞑想による11の効果がすごすぎる

    スポンサードリンク 慈悲の瞑想による11の効果がすごすぎる 慈悲の瞑想。 超おすすめの瞑想です。 というのも慈悲の瞑想の効果は半端なくすごいからです。本当にすごい。 そのすごい効果は「パーリ仏典 増支部経典 十一集 第二 ...

  • 三帰依文:大内青巒作~「人身受け難し」は法句経(ダンマパダ)182の言葉

    スポンサードリンク 三帰依文~大内青巒が明治に作成した言葉 「人身受け難し」。この言葉は「三帰依文 (さんきえもん)」にある言葉が有名です。 三帰依文。三帰依文は江戸時代の末に生まれた「大内青巒(おおうち-せいらん)」と ...

  • 慚愧(恥を知る心・悪を怖れる心)は仏教での基本となる心構え

    スポンサードリンク 慚愧(恥を知る心・悪を怖れる心)は仏教での基本となる心構え 仏道修行を進める上で大切なことは「慚愧(ざんき)」の心といわれています。 慚愧(ざんき)。 パーリ語では ・慚:ヒリ(hiri) ・愧:オタ ...

  • 人身受け難しなのは2600年前のインド人口は少ないから

    スポンサードリンク 「人身受け難し」の言葉は2600年前の少ないインド人口が背景にある こちらでも書きましたが「人身(にんじん)受け難し」。⇒「人身受け難し」は法句経182よりの言葉 「法句経(ダンマパダ)182」がオリ ...

  • 比丘と戒律と律蔵~227の戒律を守る

    スポンサードリンク 比丘とは戒律を守る仏教の出家修行者 比丘(びく)というのは、日本では馴染みのない言葉かもしれません。 比丘。 比丘とは、出家した仏教の修行者をいいます。ブッダが現存した時代の修行者は比丘といっていまし ...

  • 空海の虚空蔵求聞持法とはマントラ瞑想

    虚空蔵求聞持法とは? 虚空蔵求聞持法(こくうぞう-ぐもんじほう)という瞑想の仕方があります。これは日本に伝わっている瞑想です。 原始仏教と関係がないんじゃないの?と思われますが、原理的にはサマタ瞑想です。テーラーダに伝わ ...

  • 第七天国と仏教の天界

    仏教の「天界」とキリスト教の「第七天国」 今日はキリスト教(ユダヤ教、イスラム教も含むアブラハムの宗教)における霊界と、原始仏教が伝える霊界との相似についてのお話しです。 キリスト教(ユダヤ教、イスラム教も含むアブラハム ...

  • アビダルマは仏法の学術研究書

    アビダルマは仏法の学術研究書 で、部派仏教といえば「アビダルマ」です。「論書」と呼ばれる仏法の研究書です。 で、このアビダルマ(論書)は、各部派で研究が繰り返されて、各部派がそれぞれのアビダルマを著し所蔵するようになりま ...

  • 初期大乗仏教の成立と歴史

    初期大乗仏教の成立 初期大乗仏教は、紀元前50年頃(仏滅後350年頃)に起き始めたといわれています。 初期大乗仏教が誕生した理由として一般的には、 といった理由が考えられています。大体、この辺りが理由で初期大乗は誕生した ...

  • 天人五衰~三十三天の神々が死期に受ける苦しみ

    天人五衰とは? 天人五衰(てんにんごすい)。 仏教の言葉です。 パーリ仏典に「天人五衰」という言葉はありませんが、同じ原始仏典で漢訳の阿含経(増一阿含経第二十四 善聚品第三十二-六)には、天人五衰のことが伝承されています ...

  • 一切皆苦はどういう意味か?

    一切皆苦の謎 ところで無常・苦・無我のうち、時々問題になるのが「苦」です。苦は、一切皆苦(いっさい-かいく)、一切行苦(いっさい-ぎょうく)ともいった表現も取られます。 果たして本当に全てのものは「苦」なのでしょうか。一 ...

  • 同じ両親の元に生まれてきた回数と四阿僧祇十万劫

    輪廻転生。 輪廻転生は、無限に近い数、生まれ変わってきていると原始仏教では説きます。その数は、阿僧祇(あそうぎ)を軽く超えます。今日は、そんな生まれ変わりの数の話しです。 同じ両親の元に生まれてきた回数は無限に近い この ...

  • 経典学習の際の注意~原始仏教原理主義になってはならない

    仏教の源流である「原始仏教」の教えと実践についてのブログです。原始仏教の瞑想法は日本ではまだ広まっていない心と体を癒し成長させる新しい方法といってもよいでしょう。

  • 正語(しょうご)~心を浄める丁寧かつ上品な言葉使い

    仏教の源流である「原始仏教」の教えと実践についてのブログです。原始仏教の瞑想法は日本ではまだ広まっていない心と体を癒し成長させる新しい方法といってもよいでしょう。

  • 日本人が仏教を学ぶ時の注意点

    仏教の源流である「原始仏教」の教えと実践についてのブログです。原始仏教の瞑想法は日本ではまだ広まっていない心と体を癒し成長させる新しい方法といってもよいでしょう。

カテゴリー一覧
商用