searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

kemekosanさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
母のようになりたくないのに
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kemekosan
ブログ紹介文
毒親のこと、ママ友のこと、育児のこと…。40代パート主婦が色々呟くブログです。
更新頻度(1年)

27回 / 65日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2020/11/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kemekosanさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kemekosanさん
ブログタイトル
母のようになりたくないのに
更新頻度
27回 / 65日(平均2.9回/週)
読者になる
母のようになりたくないのに

kemekosanさんの新着記事

1件〜30件

  • お守り

     写真の新聞の切り抜きは、私が財布の中に入れて常に持ち歩いている「お守り」です。かれこれ5年くらい持ち歩いていると思います。少しボロボロになってきましたが、時々読み返して励みにしています。結婚すること、地元を離れ東京に行くことは母にキチンと筋を立てて連絡しましたが、翌年に妊娠したこと、出産したことは母に言いませんでした。私の両親(おまけ)-母のようになりたくないのに詳しくはこちらをご覧ください。母を捨てた私に「里帰り出産」なんて選択権はありません。それを覚悟で妊娠、出産をしました。しかし、子どもが生まれ「ママ友付き合い」が始まるといやでも応でも「実家」の話や「実母」の話が話題になります。子育て支援センターで出会うママさん、児童館で出会うママさん、公園で出会うママさん…「里帰り出産で実家に帰ったよ。」「実家の母が...お守り

  • おばあちゃん日和

    私は接客を伴う仕事をしています。毎日様々なお客様がいらっしゃいますが、今日は「おばあちゃん世代」の方々とほんわかしたやりとりが多い1日でした。1人目のおばあちゃんは毎日来店される方なのですが、少し認知機能が弱くなっているご様子で午前中に2~3回来店されます。清算の際、お財布の中に小銭がたくさんあるのにお札で(しかも万札率が多い)お会計をしようとするので、お節介な私はついつい「お財布の中に小銭がたくさんあるみたいですので(小銭を)いただきましょうか?」と声をかけてしまいます。するとおばあちゃんは「あら~ありがとうねぇ~」とトレーに小銭を全部出してくれます。私はその中から会計に必要なお金をいただいて、残った分の小銭をお財布に戻してあげます。「お財布が軽くなりましたね」と言うと、おばあちゃんはにっこり笑って「ありがと...おばあちゃん日和

  • なんで勉強しなくちゃいけないの?

    我が家の子どもたちは学校のほかに「学習教室」に通っています。(受験に向けての「塾」ではなく、「補習」を目的に通っています。)学習教室も毎日「宿題」があり、国語や算数のプリントを家でやって提出します。昨日、学習教室の先生から電話がありました。「〇〇(下の子)、宿題のプリントの表はやってるんだけど、裏をやってなかったり、問題集のページを飛ばしてやってたり…お母さん、お家でも様子を見てもらえますか?」Σ( ̄ロ ̄lll)ガーーーーン!!!!!最近は特に問題なく、落ち着いてきたかなぁ?と思ってた下の子に黄色信号が点灯しちゃった!?私が学習教室の先生と電話をしていると気づいた下の子はみるみる表情が曇っていきます。「あぁお母さんに怒られる…どうしよう…」と言わんばかりの表情です。私は先生に学習教室ではどんな様子ですか?落ち...なんで勉強しなくちゃいけないの?

  • 年末年始読んだ漫画

    ステイホームだった年末年始。家族で漫画を読んで過ごしました。我が家は親子揃って漫画が大好きです昨年の上の子の誕生日プレゼントは「鬼滅の刃」のコミック全巻でした。写真の漫画は私が読みたくて購入している漫画ですが、家族全員で読みまわしています。「SPY×FAMILY」は以前テレビで麒麟の川島さん(だったかな?)がオススメをしていたのがきっかけで読み始めました。「妻&母」役をひたむきに頑張るヨルさんが大好きですアーニャも可愛い我が家では、もしもこの先何かの縁でペットを育てる日がきたら「ボンド」と名前をつけよう!と決めています(笑)※ちなみに名前の第二候補は「鏑丸」第三候補は「福丸」「おじさまと猫」は最近始まったテレビドラマも見ています。草刈正雄さんがダンディでかっこよすぎです福丸との運命の出会いの場面では思わず泣いて...年末年始読んだ漫画

  • 心療内科の話

    現在私は月に2回ほど心療内科に通院しています。心療内科に通うきっかけについてはコチラをご覧ください 心療内科に通うきっかけ①-母のようになりたくないのに 心療内科に通うきっかけ②-母のようになりたくないのに昨年の晩夏「〇〇区心療内科」と検索し“ここの先生なら…”と直感を信じ、病院に電話をかけました。「初診なんですけど…」と伝えると、受付の方が「どのような症状がありますか?」と尋ねてきました。私は緊張のあまり声が震え、また上手く話せないことがもどかしくて涙がこぼれてしまいました。「うまく話せなくてすみません」と言うと「大丈夫ですよ。ゆっくりお話ししてください。」と優しく声をかけてくれました。まだ先生に診ていただいていないけど「あぁ…この病院を選んでよかった」と安堵した瞬間でした。私は心療内科に行くことを子ども達に...心療内科の話

  • 今年初反省。

    寒中お見舞い申し上げます大晦日、三が日と仕事の休みを頂いたため、シフト調整で4日から一昨日まで変則勤務でした曜日感覚ブレブレでした今年は子どもたちの冬休みも少し短く、そしてまた緊急事態宣言ステイホームなお正月を過ごしました。初詣…まだ行っていません。家にいる時間が多いのでそろそろ子どもたちのマスクを新調しようかと100均にガーゼ生地を買いに行きました。一時期はガーゼ生地もゴム紐も手に入らず、家にあったちょっと古風な柄のガーゼ生地と紅白帽子用のゴムでマスクを作って凌いでいましたが、今はお店にも十分在庫があるようなのでとても助かります。我が家の子どもたちは不織布のマスクが肌に合わないらしく、ガーゼ生地のマスクを着けて学校に行っています。私は針と糸との相性が合わないし、ミシンも持ってないので悪戦苦闘ですそれでもwit...今年初反省。

  • 本日仕事納めでした。

    日付が変わって今日は大みそか。本日仕事納めでした。31日、1日とお休みをいただいたのでシフト調整で久しぶりに夜のシフトで働きました。家の玄関先やお店の入り口に飾り付けてある正月飾りを見ながら「あぁもう2020年が終わって、新年がやってくるんだなぁ」としみじみしながら帰ってきました。ブログを始めて今日で53日目。「応援ボタン」等、いつも本当にありがとうございます。時々閲覧者数が「えっ!?こんなに沢山の人が見にきてくれたの!?」とびっくりするときがあります。上手に文章が書けませんが、このブログを読んで少しでも共感してくれたり、何かに気付いたり…「辛いことは吐き出してもいいんだ」と思って心が楽になってくれたらいいな…と思っています。私自身、腹の底でぐるぐると渦巻いてるものを吐き出すことができて、本当に気持ちが楽になり...本日仕事納めでした。

  • 心療内科に通うきっかけ②

    コロナで学校が休校中「他所は他所、うちはうち」と頭を切り替えることが出来ず、自分の子育てにますます自信が持てない毎日でした。学校から出された課題は出来る限り提出しましたが、「これでよかったのかな?」「もっといろいろなことに挑戦させればよかったかな」と不安でした。そして緊急事態宣言が解除され、学校が始まりました。数か月ぶりの学校でしたが、下の子は特に「問題行動」を起こすことなく通っていました。が…!!下の子のクラスの先生が熱血といいますか、志しが高いというか…頻繁に発行してくださる「学級通信」が、子育てに自信が持てない私に追い打ちをかけます。「〇〇さんの漢字のノートはこんなに素晴らしいです」(ノートの写真付き)「〇〇さんと〇〇さんがこんな素晴らしい行いをしました」「〇〇さんが授業中こんな素晴らしい発言をしました」...心療内科に通うきっかけ②

  • 心療内科の話①

    「忙しくも平凡で身の丈にあった生活を」と、心がけて過ごしていたある日。じわりじわりと“それ”はやってきました。そうです。「コロナウイルス」ですマスクどころかトイレットペーパーや箱ティシュ、カップ麺やホットケーキミックス、ガーゼ生地にゴム紐…ありとあらゆるものが店頭から消えました。棚がガランとした状態を見ると、「焦るな」と言われても焦りますそして突然の休校。習い事も休みになりました。学童に行くことも可能ですが、子ども達が学童を拒否短時間勤務とはいえ、子ども達だけで留守番をさせる不安もありました。私も夫も(大雑把に言えば)ライフラインに必要な職種であるため仕事は通常通りありました。しかし、未知のウイルスにいつどこで感染するかわからない状況で勤めに出る不安や恐怖。家のマスクの在庫がどんどん減るのを見て焦ります学校が休...心療内科に通うきっかけ①

  • 幼稚園ママの話(おまけ)

    下の子が幼稚園を卒園して幾年月。私のママ友付き合いは三杯酢をかけたところてん並みにあっさりしてますPTA、卒対をやっている時は昼夜問わずやってくるLINEの着信音もすっかり鳴りやみました。「企画隊」のグループLINEから抜け、Pちゃんのことを気にしなくてよくなりました。週3の夜のバイトから週4の昼のバイトに変えたので、子ども達と一緒に過ごす時間も増えました。「問題行動」を起こす下の子にじっくりと向き合うことができ、「もっと(習い事)を上達したい!もっと上を目指したい!」という上の子にも付き合えるようになりました。時間の使い方も人付き合いも不器用な私。ママ友付き合いも子育ても家事も仕事も…全部上手くはできませんさらに面倒くさいことに「一人になる時間」がないとパンクしてしまう性格ですコロナの影響でなかなか一人になる...幼稚園ママの話(おまけ)

  • 幼稚園ママの話⑩(最終話)

    上の子が幼稚園を卒園してから「企画隊」というグループLINEを作りました。メンバーは卒対をやっていたお母さん達と、クラス委員をやっていたお母さんです。切り込み隊長の(卒対委員長)お母さんが「卒園してもたまーに会いたいよね」と声をかけてくれて、春はお花見、夏は花火、秋はハロウィン、冬は新年会…とイベントを企画し、他のメンバーが日程を調整したり、場所をおさえたり。無理のない範囲で、出来る人が出来ることを、参加も自由参加で都合のいい時間においでよ!と気兼ねなく集まっていました。(集まりの時、いつも切り込み隊長が作ってきてくれる手作りのお菓子が最高に美味しかったです)私もPちゃんも「企画隊」のメンバーでした。Pちゃんは「企画隊」の盛り上げ役でした。「よっ!おつかれ」「さすが!仕事が早いね!」と場の雰囲気を盛り上げてくれ...幼稚園ママの話⑩(最終話)

  • 幼稚園ママの話⑨

    Pちゃんからの心無い態度を受けて、「散々あなたの尻ぬぐいをしたのに、その態度はないんじゃない!?」と怒りの感情が芽生えました。と、同時に仕事の人間関係が上手くいかなくなると「私がこんなによくしてあげたのに裏切られた」と愚痴を言う母と自分が重なって心の底から嫌気がさしました。また私の中の「母のようになりたくないのに」という思いが崩れてしまう。私はPちゃんのことを嫌いになりたくない。だって、楽しい思い出もたくさんあったから。Pちゃんが「けめちゃん!おつかれ!」って言ってくれて救われた時もあったから。「秘密主義」で「ドタキャン癖」のあるPちゃん、だけど100%嫌いになれないよ…でも…でも…このままママ友付き合いしてもまた私の中の母に似たところが出てきてしまう。これ以上自己嫌悪に陥ったらまた心のバランスが崩れてしまう。...幼稚園ママの話⑨

  • 幼稚園ママの話⑧

    卒園式の数日前、園長先生から「もしもの時の“プランB”」の説明があり、私も役員のみんなも納得したので無事に卒園式を迎えることができました。Qくん親子は旅行をキャンセルし、卒園式の練習に参加していました。(そもそも本当に旅行を計画していたのか?もしかしたらQくんママが話していたことは全て嘘だったんじゃないかと疑ってしまいます。)上の子の時の卒園式は「みんなとお別れするのがさびしいよー」という気持ちもあり涙・涙・涙の卒園式でしたが、下の子の卒園式は「ふぅ~やれやれ、なんとか卒園できたわ」と正直安堵の気持ちが大きかったです。 そんななか、クリスマス前に引っ越したPちゃん一家が戻って来ること知りました。Pちゃん本人から聞いてないし、私自身他人に根ほり葉ほり聞ける性格ではないので、Pちゃんがいつ戻ってくるのか、またこの街...幼稚園ママの話⑧

  • ブログのアイコン変えました!

     うちの子の問題行動(後編)-母のようになりたくないのにこちらのブログで書いた「手の親指にマークを描いてお守りにした」その時の写真が出てきたのでブログのアイコンにしましたこれを見てあの頃のことを思い出し、この先新たな問題にぶつかった時の「お守り」にしたいと思います。可愛いマークを描いたのは上の子、爪から飛び出すほど元気一杯なマークを描いたのは下の子。接写でピンボケしてますが私の大切な写真の1枚ですブログのアイコン変えました!

  • 幼稚園ママの話⑦

    Qくん親子の存在卒対の写真紛失お母さん同士のトラブルそしてうちの子の「問題行動」幼稚園、子どもたち、保護者が三位一体になれないままの日々が続きます。家に帰っても引っ切り無しにやってくるLINE。波風を立てないように、きつい言葉にならないように、慎重に言葉選びをして返信するため時間がかかります。ある時、下の子から「〇〇(下の子)とスマホ、どっちが好き?」と言われました。子どもにそんなことを聞かれるなんて…。悲しくて、情けなくなりました。子どものために、子どもが楽しく幼稚園生活が送れるようにPTAの仕事を引き受けたのに。私はなにやってるんだろう…。こんなはずじゃなじゃったのにな。不甲斐ない自分に落ち込みました。Pちゃんは私個人のLINEには「ごめんね」「迷惑かけて申し訳ない」と送ってくるのですが、他のお母さんたちに...幼稚園ママの話⑦

  • うちの子の問題行動(後編)

    下の子が年長組だった時、クラスには担任の先生の他に2~3人の“補助の先生”が常にいました。そして園長先生も度々クラスの様子を見に来ていました。“天真爛漫”すぎるがゆえにクラスの友達とトラブルをおこしがちなQくん。うちの子と同じく、年長組になってから問題行動を起こすようになった子。(問題行動が“自爆型”ではないので、大人子ども関係なく対人関係でトラブルを起こすようになっていきました)区立小学校に入学するため(日本語に慣れるため)インターナショナルスクール等から転入してくる子。(年長の夏休み明けや、10月頃転入してくるので、先生も子どもたちも保護者もコミュニケーションをとるのに苦労しました片言の英語を駆使して“卒対”の説明とか)定員割れしてる幼稚園とは思えないほど、“多様性”が入り混じったクラスでした。担任の先生が...うちの子の問題行動(後編)

  • うちの子の問題行動(前編)

    始めてうちの子の問題行動に気づいたのは夏休み前でした。(ブログと時系列のズレがあってすみません)その日、私はPTA室にある資料を取りに行くためお迎えの時間より少し早めに幼稚園に行きました。PTA室には年長組の部屋の前を通っていくのですが、帰り支度をしているはずのうちの子がなぜか園長先生と廊下にいました。園長先生がうちの子の腕を掴んで教室に戻そうとしています。しかし、うちの子は教室に戻ろうとしません。今まで見たことのない表情をしていました。今でもあの時の表情が脳裏にこびりついています。無表情、完全に心を閉ざした表情でした。私はうちの子の表情を見てドキリとしました。我が子なのに少し怖いとさえ思いました。私のことも視界に入ってるのに、うちの子は「ママ」とも「助けて」ともいわず、泣くわけでも、「嫌だ」と怒り出すわけでも...うちの子の問題行動(前編)

  • 幼稚園ママの話⑥

    Pちゃん一家が引っ越しをして間もなく、卒対の写真係を引き継いだお母さんが慌てた様子で私に話しかけてきました。「ねぇけめちゃん、写真のバックアップ用フォルダを見たんだけど、夏休み前に撮った写真が見当たらないんだけど」え?私も確認してみましたが見当たりません。SDカードの中にも保存されていません。どういうこと!?以前Pちゃんには、撮影を記録したSDカードは園長先生に預けること、万が一の為にバックアップを取っておくことをお願いしていました。その場ですぐPちゃんに連絡しましたがいつものように繋がりません。私はPちゃんに「夏休み前の行事の写真がないよ~」とLINEを送りました。その日の夜。PちゃんからLINEが来ました。Pちゃん「けめちゃんごめん。写真を紛失しちゃったんだ。」私はPちゃんからのLINEを読んでもすぐに状況...幼稚園ママの話⑥

  • 幼稚園ママの話⑤

    我が家の下の子と、Pちゃんちの下の子が年長さんになった時のことです。お互い“幼稚園(年長)経験者”ということで、私はPTAの会長、Pちゃんは卒業対策委員長を引き受けることになりました。Pちゃんは写真撮影が上手だし、私も卒対を経験してるし、なによりお互い気兼ねなく話し合える仲なので、“人手は少ないけど、身の丈にあった卒対準備ができるかな“と安心してPちゃんにお任せしました。また、同じクラスに卒対を経験してるお母さんがいましたので「人手が足りないときは手伝うよー」と常にPちゃんに声を掛けてくれました。以前のブログにも書きましたが、我が家の子どもたちが通っていた幼稚園では、卒園アルバム用の写真を卒対の人が撮影します。近年では個人情報の取り扱いが厳しくなってきましたので、撮影前には園長先生に撮影許可を取り、撮影を記録し...幼稚園ママの話⑤

  • 幼稚園ママの話④

    上の子が年少さんだった時、運動会が終わって間もなく同じクラスのお母さんから運動会の写真を頂きました。我が子が頑張っている姿がよく撮れている写真で、クラス全員のお母さんにも配っていました。私を含め、みなさんとても喜んでいました。写真を撮ってくれたお母さん(Pちゃん)とは上の子、下の子が同い年だったのもあり、またPちゃんの気さくな性格に惹かれ、親子共々仲良くなりました。どこかに一緒に遊びに行くときも、基本的には現地集合なので気兼ねなく一緒に遊ぶことができました。また、Pちゃんも私も「他人の噂話」に疎いというか、ジメジメした会話になることがなく、「子育てあるある」を話しては「だよね!そだねー!」と共感しあえたのが嬉しかったです。ですが、Pちゃんには少し“秘密主義”な部分がありました。私の考えすぎ…毒っけのある母親に育...幼稚園ママの話④

  • 幼稚園ママの話③

    新年度になり、転入生(Qくん)が入ってきました。Qくんはとても…とても…“天真爛漫”なお子さんでした。(ノ´Д<ボソッ良くも悪くも…そして、Qくんのお母さんは見た目が華やかで、だけど話すと物腰が柔らかく、ちょっぴりミステリアスな雰囲気がありました。新年度を迎えて間もない頃、子どもと帰宅途中ふと子どもの名札を見たら、名札をぐいーっと引っ張ったのかTシャツの安全ピンを止めているところにやや大きめの穴が2つ開いていました。子どもに「シャツに穴が開いてるよ。名札引っ張っちゃったの?」と尋ねると「Qくんに引っ張られてきれちゃったの。」と。詳しく話を聞くと、園庭の遊具の順番待ちをしていたところ、Qくんが割り込んできたらしくそれをうちの子が指摘したところ口論となり、Qくんがうちの子の名札をぐいっと引っ張ったそうです。「先生...幼稚園ママの話③

  • 幼稚園ママの話②

    子どもの数の減少と、働くお母さんのための保育園が重要視され…保育時間の短い区立幼稚園は定員割れが目立つようになりました。下の子が入園した時も店員割れでした。風邪などが流行りだしお友達が何人か休むとクラスがガランとして寂しく感じました。それでも、年少までは子ども達もお母さん達もいい関係だったと思います。子ども達を園に送り出したあとカフェにモーニングを食べに行ったり、休日に電車に乗って少し遠くにある公園に遊びに行ったり。“行ける時に行ける人が参加しましょう”と軽い感じで声をかけ合い集まっていました。上の子の時もそんな感じでした。ネチネチしないライトな“ママ友”付き合いでした。PTAのお手伝いもそんな感じです。時には講演会や研修会など、外に出かけて参加をしなければいけないこともあります。そんな時も“行ける人が出来る範...幼稚園ママの話②

  • 幼稚園ママの話①

    我が家の子どもたちは区立幼稚園に通っていました。おそらく他の区も同じだと思うのですが、区立幼稚園は基本的に2年保育です。親が園まで送り迎えをし、給食ではなくお弁当を作って持たせます。あとは…何かと親の出番が多いです 上の子が年長さんだった時、私は“卒園対策委員”をしていました。卒園に向けて色々準備をする係で、卒園アルバムを作ったり、記念品を選んだり、謝恩会の準備をしたり…1年かけて準備をするので少し大変でしたが、一緒に係の仕事をした委員長が“切り込み隊長”タイプで、いつも率先して仕事をするので「委員長のやりたいことを叶えてあげたい」という気持ちのなり、私を含め卒対一丸となって子ども達のために頑張りました。一番大変だったのは卒園アルバムの写真撮影でした。アルバムを手作りするので、行事ごとに卒対の係の人が撮影をしま...幼稚園ママの話①

  • 渡辺えりさんの言葉

    自分の道を自分で決めて家族と共に毎日を過ごしていますが、時々後ろ髪をひかれるような…、母を見捨てて、私は親不孝ではないのだろうか…と考えてしまう時があります。そんな時、渡辺えりさんが新聞の悩み相談で答えていた記事を見かけました。 「束縛する母親は嫌っていい」渡辺えり「人生相談」回答が大反響 娘を自分の持ち物のように思い、いつまでも自立させずに縛ってしまう母親は誘拐犯と同じ、もう母親とは言えません。渡辺えりさんの回答の中でこの言葉が一番心に残っています。自分が母親を嫌いになってはいけないという強迫観念から逃れてください。そしてこの言葉にとても救われました。私も2人の子どもの母になりました。毒親のもとで育ち、母のようになりたくないと強く願っているのに時々チラつく母の存在…。戒めとしてこの言葉を忘れずにいたいと思いま...渡辺えりさんの言葉

  • 私の両親(おまけ)

    30代で結婚した私は地元を離れ、夫と2人の子供と一緒に現在東京で暮らしています。結婚すること、実家を出ることは母に報告しました。(母の子としてキチンと筋を通したつもりです。)上の子が2歳くらいの頃、母が上野に来るというので数年ぶりに会いました。会話に困るのを避けるため、待ち合わせは上野動物園にしました。その頃私は下の子を妊娠していました。ちょうどお昼寝の時間だったので上の子はベビーカーの中で眠っていました。母と待ち合わせして動物園に入って間もなく、上の子が目を覚ましました。見慣れない場所と、初めて見る母の顔…(我が子にからしてみれば祖母)そして寝起き。訝しげな表情を浮かべる我が子に対して母が一言。「えっ、この子…ちょっと…(なんかあるんじゃない?的なものの言い方)」「あら~起きたの?」でも「はじめまして」でもな...私の両親(おまけ)

  • 私の両親⑬(最終話)

    私は父に「お母さんと離婚してほしい」と言いました。もうお母さんを支えていけない。このままでは家族全員破産してしまう。私は苦しい胸のうちを父に切々と訴えました。今まで父に何かを訴えたり、頼みごとをしたことはありませんでした。幼いころから「お父さんが悪い」と聞いて育ってきましたから、「お母さんがダメっていってるものは、どうせお父さんもダメだろう」と思ってました。進学も就職も…何もかも母にダメ出しをされている私の姿を見ているはずなのに、いつも父は何も言ってきませんでした。父は私に興味がないと思っていました。私の訴えを聞いた父は「ごめんな。けめこ、もう家に帰っておいで」そして「お母さんとしっかり話し合うから」と言ってくれました。私はアパートを引き払い、実家で生活をすることになりました。両親の間でどのような話し合いがあっ...私の両親⑬(最終話)

  • 私の両親⑫

    再び母と一緒に暮らし始めた年の春頃、父が仕事中に怪我をしました。入院するほどではなかったのですが、治療に時間がかかる怪我でした。怪我をした当日の夜、私は仕事帰りに父の様子を見に行きました。1階部分の屋根と繋がってた自転車小屋の屋根がぐにゃりと曲がっていて、母を追い出した日に2階から母の布団や荷物を投げ捨てた形跡が残っていました。父は元気があまりなさそうでしたが、一緒に夜ご飯を食べたり、洗濯や掃除をして私は自分のアパートへ帰りました。アパートに帰って母に父の様子を話すと、「この時期は家の固定資産税や自動車税とか諸々の税金を払わなきゃいけないからね。お父さん、お金のことで悩んでいると思う。」と言いました。さらに「私(母)の借金もあるし。」と。「ねぇ。お父さんの借金を少し払ってあげられない?」(父の借金と言ってますが...私の両親⑫

  • 私の両親⑪

    母の代わりに銀行から借りたお金を返済するのに5年かかりました。(詳しい経緯は↓をお読みください) 私の両親⑧-母のようになりたくないのに 私は25歳になっていました。銀行から借りたお金以外にも時々母から「お金を貸してほしい」と言われることがありました。大体2~3万円くらいの金額が多かったです。ところがある日。「けめこさん、お家の方から電話ですよ。」と、仕事中に電話が入りました。母が私の会社に電話をかけてくるのは初めてでした。私「どうしたの?」母「お父さんのお金を勝手に使っちゃった。さすがにお父さんにバレたらまずいから悪いけどお金を貸してくれない?」私「…いくら使っちゃったの?」母「20万くらい」怒り狂いそうになりましたが、会社の人の前です。キレるわけにはいきません。それに、この頃母は比較的父の住む家で生活をして...私の両親⑪

  • 私の両親⑩

    不安定な生活が続く中、遠方に住む母方の祖母が亡くなりました。いつも私や両親のことを案じていた祖母。何度も母に「パチンコを辞めなさい、たった一人の娘の為にもしっかりしなさい。」と手紙や電話をしてくれた祖母。「辛いことがあったらいつでもおばあちゃんの所に電話してね。」と言ってくれた祖母。(心配をかけたくなくて出来ませんでしたが、その言葉がどれだけ私の心の支えになったことか…)私の成人式の写真を見て「かわいいね。おばあちゃんが選んだ着物の色が似あって嬉しいよ。」と喜んでくれた祖母。(母は少しも褒めてくれませんでした) 私は両親と共に祖父母宅へ向かいました。葬儀後の会食の時、親戚の人が父に話しかけました。(二人ともお酒が入っています。)親戚の人「〇さん(父)と△さん(母)って職場結婚だっけ~?」父「そうだよ。子どもがで...私の両親⑩

  • 私の両親⑨

    平日は仕事帰りに母を探しにパチンコ店巡り、休日は母をパチンコ店に行かせないためにドライブや近隣の観光地に母を連れていく生活が続きました。この頃私は自分の仕事でも緊張や不安やストレスを感じる事が多い時期でした。私は金属製品の材質や寸法を調べる仕事をしていました。入社当時は外注が作った製品を担当していたのですが、この頃は社内で作った試作品の担当になり、技術開発の方が試作品を私の所に持ち込み、私が検査をしていました。しかし、技術開発の方は大学や高専など、高学歴の男性の方たちばかりで、中には私が検査した結果を「この数値は本当ですか?」と疑ってくる人もいました。以前のブログにも書いた通り、私は学習能力が“グレー”なので、検査結果を疑われると益々自信をなくします。疑われないように、間違わないように…何度も何度も調べてしまう...私の両親⑨

カテゴリー一覧
商用