searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

転職教員せつこちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
もしも学校教員が転職活動をしたら。
ブログURL
https://tenshoku-kyouin.hateblo.jp/
ブログ紹介文
もしも学校教員が転職活動をしたらという想定で日記をつけています。
更新頻度(1年)

13回 / 31日(平均2.9回/週)

ブログ村参加:2020/10/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、転職教員せつこちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
転職教員せつこちゃんさん
ブログタイトル
もしも学校教員が転職活動をしたら。
更新頻度
13回 / 31日(平均2.9回/週)
読者になる
もしも学校教員が転職活動をしたら。

転職教員せつこちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • まぁでもそうはいっても書類はガンガン落ちた。

    EC、dodaときて、心がバキバキに複雑骨折を起こしているせつこである。 少し時間は前後するけれど、Wantedly経由でとあるスタートアップ企業にカジュアル面談を組んでもらった。人事担当の方はとても気さくな方で、カジュアル面談にも関わらず、会社の話はほぼゼロ(訊けば教えてはくれた)で、どちらかというとせつこの人生について熱くコンサルティングしてくれた。彼曰く、こうだ。 このキャリアでは民間でメンバーシップ型雇用は困難。諦めてジョブ型雇用(=複業等)でかき集めて希望年収に載せるか、今の仕事を続けるか、二者択一だな。 で、どうするの? オゥ・・・このときも割と心が粉砕骨折を起こしていた。 閑話休…

  • dodaのお姉さん「ビズリーチとか使ってみたらどうですか?」

    「それではこちらの求人の方ですが、・・・#☆□$◇!※∞・・・これからの流れとしましては・・・○%△◆&・・・ということでお願いいたします。・・・#☆□$◇!※・・・それで、せつこ様の職務経歴書ですが、・・・∞〓♭○▲・・・の点についてもう少し記載を・・・∧⊥◇■○★※・・・」 たしかに集中力はない方だけど、さすがにこれはひどいと思った。 あまりに隣のエージェントと近いのか、二重音声過ぎてどの声に注意して聞けば良いのかわからなかった。dodaの電話面談が終わった・・・。 しかし聞こえづらいこと以外では、まっとうな、正直なところを教えてもらい勉強にはなったと思うせつこである。 ・職務経歴書は部分…

  • 応援ありがとうございました!第1部~完~

    期末考査が始まった。 監督中は他の業務が一切できないので、顔だけは真剣に監督者顔をしながらも頭の中では心に移り行くよしなしごとをそこはかとなくかきつくればあやしうこそものぐるほしけれ状態である。 来年の今頃もこうして試験監督してたらどうしようと思うと、自然と眉間に皺が寄る。来年の今頃はデスクワークでカタカタやってんだろうか、それとも。またWantedly経由で「話を聞きたいボタン」を押す。・Z:EdTechベンチャー・企画・開発 そして返事はないまま月日は流れ・・・・・・。・Z:EdTechベンチャー・企画・開発→書類落ち せつこは限界感を感じていた。 誰かがどこかで言っていた。 転職にはエー…

  • 古傷が疼く季節になりましたね。

    一件の求人を見つけたせつこ。 久しぶりに面白そうだな、と思う求人である。とにかく目につくところから応募しては玉砕していたせつこは、半ば投げやりな気持ちもあった。しかし久しぶりに本気で取り組もうと思う求人なのだ。 せつこはICT担当ではないが、区部に転勤してきたときから積極的にICTを活用した授業を行ってきた。市部にいたときはまず学校にタブレットはたったの4台しかなかった。金庫の鍵を開けて、使用簿に名前を書いて使うのだ。そして物は試しと、部活動のフォームを撮影するために一回使ったきり、二度と活用しなかった。 それが区部の学校に来ると、環境がまるで違う。まずタブレットの台数がとりあえず学年人数分く…

  • 不採用で傷つくよりも、教員を続けていくほうが良いのかもしれない。

    一ヶ月か二ヶ月か前にはあった闘志もどこかへ消えてしまったかのように、せつこは心に火の灯らない毎日を送っていた。学習指導がしたくてなった教員である。区部のICT環境は非常に豊かで、あれもこれもと手を出したくなる。誰かがした実践の追試でもいいし、自分の思いつきでも、とにかく生徒がワクワクしている様子を、自分もワクワクしながら眺めるのが好きだ。どんなに忙しくたってこれまではそうだった。ところがここへきて、もうその情熱はすっかり元から無かったかのように、淡々と一時間をかわしかわしの授業をするようになってしまった。 もちろん、せつこだってもうすぐ中堅である。生徒にそうだと見抜かれるようなヘマはしない。 …

  • 「だいすき」と言ってくれるうちに・・・

    昨日も生活指導の緊急対応で急遽、延長保育を電話でお願いし、ぺろちゃんを迎えに行ったのは19時を過ぎた頃だった。毎回毎回、これが最後の延長保育であれ、とせつこは思う。残業してもぺろちゃんに還元されるものは何もない。毎回毎回、心にもやもやしたものを残しながら、帰宅後はいつも以上にぺろちゃんに「大好きだよ」と言う。「ぺろちゃんも、ママだ~いすき」と笑ってくれるうちに、早く転職を決めなればと改めて思う。いつか「だったらどうしてはやくお迎え来てくれないの?」と言われる日がきっと来る。言わないだけで、もう思っているかもしれない。だから早く、急がなければ。 とはいえだ。 せつこの転職は進んでいるものが何一つ…

  • 睡眠は最高のソリューションである。早朝仕事のすゝめ。

    「プログラミング教育」について宿題が出ていたB社。 事前にこの課題を提出した上での二次面接だった。 現職を持ちながらの転職のキツさを実感するせつこである。 そもそも、転職のための情報収集・職務経歴書や履歴書の作成、面接など、使える時間帯は「生み出す」という方法しかない。子どもと遊ぶ休日を犠牲にするか、自分の睡眠時間を削るか、現職の仕事を早く終わらせて保育園までのお迎え時間までの時間を使うか。 せつこちゃんのオススメは早朝の時間を使うこと。 以前は、ぺろちゃんを寝かしつけたあと、権三郎さんに起こしてもらって22~24時を仕事に使っていた。でもこれがとても苦痛だった。だって眠いんだから。一旦「寝る…

  • 「されてないですね。」

    Zoomでの面接がこれまで二回あったが今回はgoogleMeetの指定でやや緊張するせつこちゃん。あ、映った! 「カジュアル面談」――。 それはこちらが面接される前段階として、企業側が自分を知ってもらうために行われる面接。応募者は自分が試される側ではないとはいえ、担当者の話を聞く中で適切に理解し、理解しきれないところは質問するなど、積極性を見せなければならない(?)。 今日はEdTechベンチャーのカジュアル面談である。 ここはAIを使って個々の苦手に合わせた問題演習に取り組める教材を作っており、その教材を評価されて大手企業の傘下にも入っている。 純粋に「今こんなことできるんだぁ、、、」という…

  • Wantedly登録、えっなにここは。

    せつこちゃんはどきどきがとまらなかった。Wantedlyの勢いに飲みこまれてしまったからだ。 Wantedlyは年収とか労働条件とか書いていなく、その代わりに「何がしたいか」「どんな思いを大切にしてるか」みたいなことが企業としては載っている。 で、もうなんていうの、陽キャ語で殴ってくる。「あなたにおすすめのミートアップ」「ジョインしませんか」「一緒にゼロイチしましょう」などなど。あとやたらクッションでくつろぎながら働いてる写真。 こういう世界があったんだぁ・・・・・・ 登録のためにいくつか記入項目がある。 好きな言葉、紹介文(紹介文?)、この先やってみたいこと、職歴、プロジェクト、スキル、受賞…

  • 続・書類落ち…とWantedly参入

    前回、6社続けての書類落ちでかなり抉られているせつこちゃん。tenshoku-kyouin.hateblo.jp さて、そうはいっても種をまかねば収穫はないわけで、諦めず応募を増やす。 ビズリーチ経由で新たに4社に応募。M:ベビーシッターサービス・コンテンツプロデューサー N:ベビーシッターサービス・育児コンサルタント O:教育系webコンテンツ企画 P:人文系出版社 【結論】そしてまた怒涛の書類落ちを作るのであった。 畑が悪すぎる。 不毛の土地すぎぃ・・・。 一体何なら育つのだ・・・。段々と一つ一つの応募に心がこもらなくなり、機械的に「応募ボタン」を押し、機械的に不採用メールを開くのが常にな…

  • 怒涛の書類落ち6連発。

    せつこ・・・心が折れそう・・・。 今週末は、実は本業の方で大忙しだったのだ。 この日のためにもう夏休み前からずーっと頭を悩ませ、おなかはギュルギュル、毎朝が嫌な気分だった。 そんな状態でもとにかく種をまかなきゃとばかりに主にビズリーチ経由で教育系求人を中心に応募を続けていた。・G:教材コンテンツディレクター ・H:教材システム企画制作 ・I:デジタル教材企画運用 ・J:PR担当・ライター ・K:教材コンテンツディレクター ・L:語学学習企画運営 しかし・・・。 つらすぎて返信してみた。ご検討頂きありがとうございました。詳細な条件と登録情報との間に相違点がありと仰いますが、どの部分に相違があった…

  • 転職面接2社目!好感触かも!

    人材コンサル系と公益社団法人に書類で落ち、福祉系ライフプランナーも面接で落ちてしまったせつこちゃん・・・。なかなかうまく行かないけど、転職ってこんなもんだよね!次行こ、次!ってなことで気を取り直して、EdTechベンチャーの面接を受けてみた。名前は聞いたことがなかったけれど、EdTech業界は教員からの転職では割と現実的な路線なのではないかしら。教員としての知識・経験を活かせるし、このコロナ禍でも痛感したけれど、オンライン学習は今後盛り上がっていくでしょう!面接では、「どんな授業をしてきたか」、「支援の必要な子どもにどう接するか」、「子どもの様子(特に悪い内容)をどう保護者に伝えるか」などにつ…

  • 転職活動、さっそく面接開始!しかし・・・!

    ビスリーチの必須項目を記入し、早速求人を検索する。まず、ここで悩んだのが、「自分が何をしたいのか」だ。 今回、したいことがあっての転職ではなく、ただただ現状を憂いての転職だ。 当然、希望の職種・業種が選べない。とはいえ、教員の経験を活かしやすい 人材系か福祉or教育分野がいいな~と考え、ふわ~っ!とした感じで三つの 企業に応募してみた。さらに、今回そもそもワークライフバランスを考えての 転職だったことも思い出し、のんびりした職場らしい社団法人にも応募してみた。・A:児童福祉系ライフプランナー→面接へ ・B:EdTechベンチャー→面接へ ・C:食物関係公益社団法人→書類落ち ・D:人材コンサル…

  • 転職ならビズリーチ!

    転職しよう、と思い立ったものの。以前、やはり転職活動をしたことがある。けれど、引っ越しのために勤務地を変えようというもので、公立教員から私立教員へという楽勝な転職で、直接応募10校に対して3、4校は面接に進んで、最終的に自分の意志で学校を選択することができた(まだ単身で25くらいのときのことだ)。 けれどあの頃と違って、民間への転職はやり方がわからない。調べてみると、色々転職支援サービスはあるものだ。マイナビ、リクルートエージェント、doda、キャリアカーバー、Wantedly、などなど。今や転職はありふれた選択なのだなあと実感する。特に、中堅~ハイレベルの転職者をターゲットにしたサイトがいく…

  • 転職することにした。

    ぺろちゃんが保育園の登園を渋るようになった。 ぺろちゃんが毎朝大泣きするようになった。 ぺろちゃんが泣きながら「もう辛いことばっかり。」って言うようになった。全部自分のせいだっていう自覚がある。 私が「学校行きたくない」って言ったからだ。大泣きもしたし。 泣いたときに「辛いことばっかり」って言ってしまった。 私がしたことを、ぺろちゃんは全部真似してる。 何という良くない兆候だろう。こんなことになってしまうなんて。今月の残業は30時間。これは記録している分に過ぎない。 土日、どれほど子どもを置いてけぼりにしてきただろう。 何度、仕事が終わらなくて延長保育を申し込んだだろう。 誰のために、何のため…

カテゴリー一覧
商用