searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

にほんごべやさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
にほんごべや
ブログURL
https://learning-japanese.com/
ブログ紹介文
にほんごのびみょうなへんかやわかりにくいひょうげんをとりあげます!Let's start learning Japanese!
更新頻度(1年)

22回 / 40日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2020/10/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、にほんごべやさんの読者になりませんか?

ハンドル名
にほんごべやさん
ブログタイトル
にほんごべや
更新頻度
22回 / 40日(平均3.9回/週)
読者になる
にほんごべや

にほんごべやさんの新着記事

1件〜30件

  • ~しなければいけない

    日本語の「~しなければいけない」は「~する必要がある」、英語の「have to do」「must do」にあたる言葉です。似たような言い方は沢山あって「しなければならない」「しなくてはいけない」「しないといけない」「しないとダメ」などは全て同じ意味です。関西地方での会話ではもっぱら「あかん」を使うことが多いです。

  • 「すこし」と「すくない」

    日本語の「少し」と「少ない」は意味も似ていて、漢字も同じなのでとてもややこしいですよね。動詞や形容詞とともに使用できたり、できなかったりと、使い方や使う場面がちがうので、例文を見ながら覚えていきましょう!

  • ~しなくてもいい

    日本語の「しなくてもいい」は「しなくても大丈夫」「しなくても問題ない」「する必要がない」という意味です。「しなくていい」という言葉もありますが、こちらは「どちらでも」というニュアンスがありません。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「しなくてもいい」を使った例文、そのたの補足情報を説明します。

  • 「おおい」のいいかえ

    日本語の「多い」の言い換えです。「多い」は英語では「many,much,a lot of」などですね。会話では「沢山」や「いっぱい」という言葉がよく使用されます。他には「大量」や、人に対して「大勢」、強調の意味で使うことの多い「めっちゃ」なども「多い」の意味で使用されることがあります。

  • ~するべき

    日本語の「~するべき」は「~したほうがいい」とほぼ同じ意味です。英語では「Should」などにあたる言葉です。「するべし」「すべき」「すべし」ということもあります。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~するべき」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • ~したほうがいい

    日本語の「~したほうがいい」は言い換えるなら「するべき」にちかい。命令や強制ほどの強さはなく、アドバイスくらいの強さである。。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~したほうがいい」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • 「ちいさい」のいいかえ

    「小さい」の言い換えです。「ちいさい」は英語では「Small」ですね。会話では「ちっちゃい」や「ちっこい」という言葉もよく使用されます。似ている言葉には「ミニ」「小柄」「小ぢんまり」「ちび」「細かい」「低い」「狭い」などがあります。

  • ~してもいい

    日本語の「~してもいい」は言い換えると「してもだいじょうぶ」「することができる」「することがゆるされている」などになります。主に許可の意味ですね。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~してもいい」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • ~しないのですか?

    日本語の「~しないのですか?」は疑問形の否定形の丁寧語です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~しないのですか?」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • 「おおきい」のいいかえ

    「おおきい」の言い換えです。「おおきい」は英語では「Big」ですね。会話では「おっきい」や「でかい」という言葉もよく使用されます。「でかい」は「でけえ」「でっかい」「でかっ」など微妙な変化をよくするので聞きなれが必要です。また「ばかでかい」や「くそでかい」など汚い言葉で強調されることもあります。

  • 「なかなか」とは。いみやつかいかた

    日本語の「なかなか」についてです。「なかなか」の使い方や意味について説明しています。形容詞を強調したり、動詞の否定形と使用したり、単独で使ったりと様々な場面で使用されます。程度も状況によって幅広く受け取ることができます。「なかなか」ってなかなか難しい言葉ですね。

  • ~しませんでしたか?

    にほんごの「~しませんでしたか?」は疑問形の否定形の過去形の丁寧語です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~しませんでしたか?」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • ~しなかったの?

    にほんごの「~しなかったの?」は疑問形の否定形の過去形です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~しなかったの?」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • ~しませんか?

    にほんごの「~しませんか?」は疑問形の否定形の丁寧語です。勧誘や提案などの意味で使用することが多いです。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~しませんか?」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • ~しないの?

    にほんごの「~しないの?」は疑問形の否定形です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~しないの?」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • 「あかん」とは。「しなあかん」と「したらあかん」は逆の意味!

    「あかん」は主に関西地方で使われる言葉です。しかし最近では芸人さんがテレビなどで使うこともあり関西以外でも耳にすることがあるでしょう。無理に自分で言う必要はないですが聞いたときに意味が分かるようにしておきましょう。

  • ~したの?

    にほんごの「~したの?」は疑問形の過去形です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~したの?」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • ~しましたか?

    にほんごの「~しましたか?」は疑問形の表現の過去形の丁寧語です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~しましたか?」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • ~しますか?

    にほんごの「~しますか?」は疑問形の表現の丁寧語です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~しますか?」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • ~するの?

    にほんごの「~するの?」は「~する」の疑問形です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~するの?」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • ~させないです

    日本語の「~させないです」は使役の表現「~させる」の否定形の丁寧語です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~させないです」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • 「とても」や「すごく」のいいかえ(very,so)

    「とても」や「すごく」などの強調の言葉のいいかえです。英語では「very」や「so」などにあたる言葉です。このページでは主に話し言葉で使われる言葉を取り上げます。「めっちゃ」や「かなり」など。「すごく」も「すっごく」や「すんごく」など、小さな変化も多くややこしいところです。

  • ~させませんでした

    日本語の「~させませんでした」は使役の表現「~させる」の否定形の過去形の丁寧語です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~させませんでした」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • 「好き(すき)」と「嫌い(きらい)」

    「好き」と「嫌い」ってよく使う言葉ですよね。他の言語では英語の「like」のように動詞であることが多いですが、日本語では少し違った使い方をします。一般的な動詞の活用のような変化はしません。また日本語には「好く」「嫌う」という動詞もありますが、現代ではあまり使用されません。

  • ~させなかった

    日本語の「~させなかった」は使役の表現「~させる」の否定形の過去形です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~させなかった」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • まちがえやすい動詞(じどうし・たどうし)

    同じような動詞にもかかわらず自動詞と他動詞で異なる日本語の動詞です。基本の同じで語尾が違う形をとる動詞が多いです。語尾が違うので動詞の活用形も異なります。とても似ているのでとても間違えやすい動詞ですね。

  • ~させません

    日本語の「~させません」は使役の表現「~させる」の否定形の丁寧語です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~させません」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • ~させない

    日本語の「~させない」は使役の表現「~させる」の否定形です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~させない」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

  • じどうし(自動詞)とたどうし(他動詞)でちがう動詞

    日本語では自動詞と他動詞でことなる動詞があります。英語などでは同じ単語をつかいますが、日本語では基本形が異なるため動詞の活用形も変わってきます。その動詞の行為をするのが主語であるか目的語であるかになるのですが、一般的には主語は省かれる場合も多いので慣れないと難しいですね。例「あく・あける」「はじまる・はじめる」「とまる・とめる」など

  • ~させた

    にほんごの「~させた」は使役の表現「~させる」の過去形です。このページでは動詞とあわせたときの変化のしかたや、「~させた」をつかった例文、そのたの補足情報を説明しています。

カテゴリー一覧
商用