searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

アフリカ起業妻の夫さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アフリカで起業したい妻 日々の記録
ブログURL
https://near.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
アフリカで起業するという夢の実現に向けて日々奔走する妻の言動の記録です。
ブログ村参加
2020/10/04
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、アフリカ起業妻の夫さんをフォローしませんか?

ハンドル名
アフリカ起業妻の夫さん
ブログタイトル
アフリカで起業したい妻 日々の記録
フォロー
アフリカで起業したい妻 日々の記録

アフリカ起業妻の夫さんの新着記事

1件〜30件

  • ブログ移転の報告とその理由

    ライブドア ブログへ移転することとしました。 アフリカで起業したい妻の話 はてなブログで1年ほど書きましたが、最近はすっかりマンガの投稿が中心となっていました。漫画の記事ですとなかなか検索に引っかかりにくく、漫画記事に強いブログに入ったほうが良いかなと感じており。 ここ半月ほどトライアルでライブドアブログを更新していましたが、比較的アクセスも良いようですので、こちらへの引っ越しを行うこととしました。 こちらのブログをいつまで残しておくかは不明ですが、今後はライブドアブログで更新を行っていきたいと思います。

  • アフリカの現地で起業した人に話を聞く妻

    アフリカで起業したい妻ですが、最近は既に現地で起業をした人に話を聞きに行くことが多いです。 日本人に限らず、欧米人やアジア人にも話を聞きに行き…このあたりの行動力はすごいなと感じます。 現地で人を雇うと、予想しないことも色々とあるようです。 予期せぬことが起きても、動じない心を持つことが大事なのかもしれないですね。 near.hatenadiary.com

  • 虫対策のために発明をする我が娘

    アフリカの住居でちょっと困っていることがあります。 それは、虫。家の中にまで入ってきます。 妻が物件探しに命をかけて、良さげな一軒家に住んでいるのですが、庭がついているということもあり虫への防御は弱いようで。 near.hatenadiary.com そんな家ですが、それに対して娘があれやこれやと考えていました。 というように、ほのぼのとする娘の提案も「ビジネスになるだろうか…」と変な視点で考えてしまうようになってしまったという話でした。 near.hatenadiary.com

  • アフリカでの新規事業アイデアをシーズ志向で考える

    前回は、現地で紹介された協力者から既読スルーされました。 near.hatenadiary.com やはり具体的な事業アイデアもなく、アピールできる技術もないと、相手にもしてもらえないことがよく分かりましたので、現地の方にもアピールできる何かを掴もうと動き始めた時の話です。 シーズ志向とニーズ志向志向 …といった感じで、妻は家庭菜園にすっかりハマっております。 クワで裏庭を耕し、知人からもらったタネを撒いて、ニョキニョキと芽が出ているのを愛でています。 果たしてこの調子で、新しいビジネスアイディアは生まれるのであろうか…!?

  • 起業に向けて現地でパートナーを探したら(その3)

    前回の続きです。 near.hatenadiary.com アフリカで起業したいんだよね、と知り合いに話したところ、他の人を紹介してくれました。その人に対して連絡したら、一度会いましょう、との返信。 ちょっと怪しいなと思いながらも、こちらからも会いましょうと返してみることに。 そして… というように、相手にしてもらえなかったのでした。 だったらなぜ最初に返事をくれたのか、謎ではありますが…!当然っちゃ当然のリアクションですね。向こうにとっては会うメリットがない。 この段階でホイホイ会ってくれる人は、騙しにきているリスクも高そうなので、まともっぽい人だなとは感じまいしたが…どうなることやら。 少…

  • 起業に向けて現地でパートナーを探したら(その1と2)

    どこで起業をするにしても、現地パートナーはいるに越したことはありません。 その地域の人々が、どういう価値観を持って、どういう消費活動を行っているか外部の目からはなかなかわかりにくいもの。ということでパートナーも探してみることにしました。 現地ではホイホイと紹介をしてくれルようで。 さらにwhatappで連絡したら返事が来ました。すぐに会いましょう、といってくるのもすごいなーと思いました。 そんなこんなで次回に続く near.hatenadiary.com

  • アフリカでの起業に向けて妻が動き出した話(その3)

    前回の続きです。 near.hatenadiary.com 現地語を学べる漫画を作りたいと考えた妻、果たして結果は・・・? なかなかこれぞ、というアイデアには出会えていませんが、知り合いの起業かも5年ぐらいかけてやりたいことが見つかったとのこと。 焦らず、良いビジネスモデルが見つかるようサポートしていきたいところです。

  • アフリカでの起業に向けて妻が動き出した話(その2)

    気がついたらループして前回のコピペが多いですが、続きです。 ちょくちょく微修正はしていますが、ほぼ前回と同じ内容に見えますね。 果たして妻は起業ができるのでしょうか!次回に続く near.hatenadiary.com

  • アフリカでの起業に向けて妻が動き出した話

    こちらに引っ越して住環境を整えたり、子供の教育を考えたりと忙しくしていましたが、ようやく落ち着いたようで。妻が起業についてボチボチ動き始めています。 このようにまずは生活情報サイトをたちあげたいようです。 まだまだやりたいことはあるものの、スモールステップとしてできるところから形にしていき、徐々に発展させていく戦略を取るようです。 時間の関係で話が途中で終わっていますが、今週中には続きをアップしたいところです!

  • アフリカ某国で、土産売りから巻貝を売られそうになった話

    5年ほど前の話なのですが、アフリカ某国へ観光に行くことがありました。 海外の観光地は、観光客に対してものを売り慣れているため、グイグイと営業に来ます。その時の話です。 というように、名前のスペルまで聞いてきて変だと思っていたのですが、貝殻に名前を記入して買わざるをえないようにしたかったようです。 もう他では売れないか、買った方が良いかと一瞬考えましたが結局買いませんでした。 そもそも不要だったのもありますが、多分ペイントしなおして別の人に売るのだろうな、と考えたためです。 いやいや観光地は、あの手この手でモノを売りつけにきますね・・・。 near.hatenadiary.com

  • 物件探しが趣味の妻が、アフリカで家探しをしたならば

    アフリカに引っ越してからしばらく経ち、長期的に滞在する家を探しておりました。 妻は物件探しが大好きで、日本でも常時物件をチェックするくらいでした。 日本で引っ越しをしたすぐ後にすら、物件をチェックしていたのは謎でしたが、そのくらい住むところにこだわりを持っています。 そのような妻が、アフリカでの滞在先を探したら・・・ というように諸事情で、まだ工事中の状況で引っ越しをしました。 ニスの香りがする中、木材やペンキが置かれたまま、冷蔵庫も椅子も机もない中の引っ越し。網戸もないため蚊も心配で、ワンプッシュの殺虫剤を使いまくって寝たのでした。 near.hatenadiary.com

  • アフリカでタクシーに乗って料金をふっかけられたなら

    アフリカでタクシーに乗ったら料金をふっかけられました。その時の話です。 通常であればアプリを使って呼ぶのですが、今回はスーパーの帰りだったので、近くに駐車されているタクシーを使って帰りました、が・・・ というように強気な値段を出されましたが、こちらもなんとか反論し、しまいには相手の名前を連呼することで関係構築して、適切な値段で着地できました。 めでたし、めでたし。 が、本当は乗車する前に値段交渉して、合意してから乗るべきですね・・・! near.hatenadiary.com

  • アフリカでタクシーに乗ったら料金を吹っ掛けられた話(その1)

    スーパーからの帰りにタクシーを使ったのですが、料金を吹っ掛けられました。 通常はメーターが付いていて、乗車する前に確認するのですがウッカリ忘れてしまっていました・・・。 ページの関係上、次回に続きます! near.hatenadiary.com

  • エッセイ漫画:アフリカで写真をとって共有してみたところ

    アフリカに到着早々、娘が現地の人に抱っこされた話の続き。 こちらの国は比較的治安もよく、子供に対しての対応も柔らかい印象である。 すぐに手を振ってくれたり、話しかけてくれたり。社会全体で子供を大事にしようという気持ちも伝わってくる。油断は大敵ではあるものの。 そんな感じでせっかくなので写真をとって、知人に共有しました。 この時代、瞬時に体験を日本にいる知人や家族に共有できるのも良いですね。 こんな感じで引き続き平和にやっております。 そろそろ事業も進めていかないと、ですね。 near.hatenadiary.com

  • とうとうアフリカに到着、最初に向かった先は…

    アフリカに到着しました。 移動中、子どももグズらず、フライトも遅れることなく、無事に到着。 久々にアフリカの街を移動すると、ムワッとした空気とともにいよいよ来たな、と感じ入ったのでした。 子どもも新しい世界を前に怯むことなく、早々に慣れてくれたようでよかったです。 移動中も感じたのですが、なんだか日本以上に子どもに対して優しい気もしています。 まだまだ分からないことも多く油断はできないですが、子どもにとっても良い異文化交流の機会を持たせられればば、と考えている次第です! near.hatenadiary.com

  • エッセイ漫画:アフリカに向けた飛行機の中で酒を飲みまくった結果

    いよいよ飛行機に乗って、アフリカへと旅立ちます。 思えば朝から締め出しをくらい、空港では夕食にありつけず(とか言ってお昼はうどんを食べました)、空腹状態で飛行機に乗ったのでした。 初めて子供を連れての海外移動でしたが、緊張もほぐれてか、ついついお酒を飲みすぎてしまいました。 その結果・・・ 飛行機からぶっ飛ばされたのは冗談ですが、早々にグーグー寝てしまいました。 幸いなことに、娘は持参していた絵本とアナ雪2の映画で比較的大人しく移動してくれました。ありがたやありがたや。 near.hatenadiary.com

  • ウェブトゥーン(Webtoon)での漫画の描き方を学び、日本人として投稿し収益化を目指す

    ウェブトゥーンは韓国発祥のデジタルコミックで、一般の人も投稿できるプラットフォームである。縦型の漫画で、世界では現在こちらの方が主流になりつつあるとか。 WEBTOON - Read Comics Online サイトには、OriginalとCanvasがあるのですが、Originalは編集者によって選出されるもので、ここまでくると収益かもしやすそうな印象です。 Canvasは13歳以上であれば誰でも投稿でき、そこで人気が出て認められれば、Originalへの選出の道もあるようです。 私はMedibangを使っているのですが、クリスタでの作成の仕方について説明した以下のサイトを参考に、作成した…

  • エッセイ漫画:コロナ禍の時に空港に来てみれば

    なかなかアフリカでのお話をかけていませんが、出発日の空港での話です。 PCR検査も初めてやったのですが、なかなか痛かったですね。唾液でもOKみたいですが、受入国が唾液での陰性証明書を認めてくれるかわからなかったので、鼻にしました。 空港は人も少なく、ガラーンとしておりました。 それもあってか、店もそうそうに閉まっており、出発直前にバクバクと日本食を食べようとしていた目論見が破れてしまい、夕食ぬきで飛行機に乗ることとなったのでした。 near.hatenadiary.com

  • エッセイ漫画:海外渡航出発の朝、チェックアウトで民泊ホテルから閉め出されて焦った話

    アフリカに渡航する日の朝、チェックアウトしようとしたら閉め出されてしまいました…。 その1 といった感じでなんとか事なきを得ましたが、妻に連絡がつかなかったら危なかったですね…。 エアビーアンドビーなど便利なサービスも増えましたが、ここぞというときは人がいると安心ですね。 といった感じで空港に無事移動することができました。いよいよ出発となります! near.hatenadiary.com 8

  • イラスト日記:海外渡航を前にブルーになったが子どもに救われている

    いよいよ渡航が目前となりました。ちょっとブルーになってきています。 いい年こいてアフリカに行って大丈夫なのか、将来はどうなるのか、子供の教育とか考えると、色々と不安も生じてきます。 そんな娘はというと… てな感じで動じておらず、色々と救われているのでした。 ドッシリとした我が娘に、助けられております! near.hatenadiary.com

  • イラスト日記:ミニマリストの妻によるパッキング事情

    いよいよ海外渡航に向けて準備をしています。 妻はなんちゃってミニマリストで、パッキングも小さくまとめました、が…。

  • 【紹介されました】アフリカ起業について情報収集していたら想定外の展開に

    アフリカ起業にむけて、大事なのは情報収集。 ということでGoogleアラートを使い、特定のキーワードでニュースや記事が出ると、メールで知らせてくれるように設定しています。 キーワードのひとつが、アフリカと起業。このキーワードを含むニュースなどが出た際には連絡が来るのですが、先日久々に通知がありました。 その内容がなんと・・・ ということで笑うメディアクレイジー様に紹介いただきました。 外でのウェブ会議、「情報漏洩対策」でマスクの中にマイクを仕込むも…大失敗したワケ | 笑うメディア クレイジー さらにはガジェット通信や、Yahooニュースにも掲載いただいており、波及力の強さに驚くばかりです。 …

  • エッセイ漫画:アフリカ移住にむけ、様々な場で別れが

    アフリカへの引越しにむけて粛々と準備をしていますが、人から送別される機会が増えています。コロナの影響もあり、マスク着用での黙食、オンラインでの実施など対策は必要でありますが。 私が送別される分には、感慨深いもののオンラインでまたいつでも連絡取れるということもあり、ビジネスライクに別れております。 が、娘の場合はそうではなく。 お友達から別れの手紙や言葉をもらっていて、その様子を見て私もグッときました。 というように、淡々と別れをこなした私ですが、娘が保育園の友達と別れる場面を見てちょっと悲しくなったのでした。 アフリカでもお友達が作れるような環境を早くセットアップしてあげたいところです! ne…

  • エッセイ漫画:妻は翻訳家を目指しNHKビジネス英会話のコンテストへ応募

    アフリカでの起業を目指し、簿記3級を受けた妻。 near.hatenadiary.com どうも数字は弱いと認識した模様です。その一方、語学に関しては自信があり、強みがあると考えています。 そこから紡ぎ出した答えが、翻訳で名を馳せよう、ということ。 特に翻訳は大好きな仕事であり、自信もあり。そこから個人事業や起業に結びつけることを考え、まずは翻訳コンテストに参加することにしました。 最初に選んだコンテストは、NHKビジネス英会話の翻訳コンテスト。たまたま家にあったので、応募することにしました。 翻訳コンテストの結果 何かしらに入賞したら、そこをきっかけに翻訳業界にガンガン攻め入ろうと考えていた…

  • エッセイ漫画:アフリカ渡航にむけてワクチンを打ちまくる一家

    世間ではコロナワクチンがニュースを賑わせていますが、こちらはコロナとは関係ないワクチン接種に勤しんでおります。 特に娘は、ワクチンを7回ほど接種する必要があります。 1度に2つほどしか受けられないため、合計4回も病院に行く必要があり。私も妻も2回ほど接種する必要があるので、協力しつつ一緒に病院に行っています。 さすがに娘も注射に慣れてきたのか、最初ほどはギャン泣きすることがなくなってきました。ありがたいけれども、申し訳ないですね。 あまりに注射を受けたからか、最近はお医者さんごっこのリアリティが増してきています。単にプスっと注射を刺すだけではなくて、その前の消毒やら、絆創膏まで貼ってくれるよう…

  • インスタで外人の宇宙飛行士や米軍人からDMが来たので相手をした(ロマンス詐欺)

    インスタグラムをやっていると、見知らぬ外国人からフォローされ、メッセージが送られてくることがあります。 疑い深い私なので、ロマンス詐欺だろうと相手にしないことがほとんど。 実際こんなニュースもありましたし。 www.uhb.jp 最初はインスタでやりとりをして、LINEに誘導して、そのあと別のアプリに誘導するのが定石のようです。「私の職業柄、インスタグラムにそんなに来れないんだよね、LINEかWhatappでやりとりしないか」とか言って。そんでもって最後に荷物受け取りのため、幾ばくか振り込んでくれ、と言う形で金を摂取するのだとか。 漫画をアップしている私なので、海外の人からも何かしら応援メッセ…

  • エッセイ漫画:カフェにてオンライン会議を実施したときの気付き

    在宅勤務がすっかり普通になりましたが、子育ての関係で時に困るのがオンライン会議。 日中はともかくとしても、夜に打ち合わせが入った時や土日など、なかなか家で出来ないこともあります。その時は、カフェなどにでかけてやるようにしています。 ですがカフェでオンライン会議をする際に、聞くこと専門だったらいいのですが、自分での発言が多い場合は、周りが気になってしまいます。自分の発言が聞かれてしまわないか、うるさくないか、また周りの音が相手に聞こえて嫌ではないか、などなど。 ですが先日、一つの妙案を思いついて試してみました。その時の漫画がこちらです。 マスクにマイクを入れることで、周りの声も遮断でき、自分も小…

  • エッセイ漫画:簿記検定にリベンジした妻、その結果は

    前回、妻が簿記検定を受けて惨敗しましたが、しばし対策をしてきました。 near.hatenadiary.com 特に過去問をろくにやってなかったので、しっかりと対策をして再チャレンジしたとのこと。今回はこれで大丈夫であろう、と自信をもって再度試験にのぞんできました。 というように今回も惨敗してしまったようです。その後、妻は簿記について何も言わなくなってしまったので、今後の予定は未定です。 ただ簿記に受かれば起業する上で必要な知識が得られるというわけではないので、とりあえず基礎が身についていれば良いのでしょうな。それより大事なことが起業するにはきっとある。それが何かは謎ですが。

  • エッセイ漫画:数字が苦手な妻が簿記3級試験を受けたなら

    妻が簿記3級の試験を受けてきました。 資産運用やFIREについて学ぶ中、簿記3級レベルの知識はあった方が良いという言葉に刺激を受けたようです。また自ら起業をするならば、経理の知識は避けては通れない。 ということもあり、入念に準備をして向けた試験日。 最近の簿記3級試験はコンピュータベースで行われるとのことで、その場ですぐに結果が帰ってきました。 残念ながら不合格…! 入念に準備をしていたのですが、どうも勉強する内容を仕訳に偏らせていたようです。 このため、仕訳以外の問題、財務諸表の作成などはやっていなかったようで。 あと意外に内容が難しいですね。私もチラっと問題を見ましたが、ちゃんと準備しない…

  • エッセイ漫画:アフリカへ移住することを周りの人に伝えたところ

    アフリカへ移住することに対して、周りの人にもボチボチ伝えております。 反応に対しては様々で、単に驚く人、称賛する人、(アフリカを知っている人は)いい国だよね、と言ってくれたり…。 中には連携できるところでは一緒に事業をやりましょう、と言ってくれる方もいました。具体的な形に落とし込めるかわかりませんが、検討していきたいです。 実際には色々と思うところがあると思うのですが、前向きな声を言っていただける方が多いかなという印象です。 ちなみに周囲の人に伝えて感想をもらうケースは妻が圧倒的に多く、それら経験を踏まえ、今回の漫画は妻が原作を担当しました。結構マジなネームも作ってきましたし。 そしてそれを絵…

カテゴリー一覧
商用