searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

アルシャビンさんのプロフィール

住所
京都府
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
京都×漫画
ブログURL
https://kyotomanga.info
ブログ紹介文
漫画と絡めて"ゆるく"京都の面白い豆知識や歴史・観光情報を紹介します! 京都のことを勉強しておりまして、大好きな漫画と結びつけてなんとか覚えていこうとしております。 京都のことを知りたい方、漫画大好きな方はぜひご覧ください!
更新頻度(1年)

32回 / 38日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2020/09/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アルシャビンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
アルシャビンさん
ブログタイトル
京都×漫画
更新頻度
32回 / 38日(平均5.9回/週)
読者になる
京都×漫画

アルシャビンさんの新着記事

1件〜30件

  • ◆哲学の道×ヒロアカ

    【はじめに】 京都には、哲学の道という観光名所があります。 若王子神社から銀閣寺まで続く琵琶湖疏水沿いの道を指し、日本を代表する哲学者・西田幾多郎が思索にふけった散策路であることから、この名が付いたとされています。 桜の名所としても人気があり、春には約400本のソメイヨシノが約2kmの道のりに咲き誇ります。桜の季節だけでなく、新緑や紅葉など、いつ訪れても違う楽しみを味わえる、散歩にうってつけの道です。 そんな西田幾多郎さんが残した名言。 自分が進むべき道をただひたすら歩み続けた人の、確固たる信念を示す言葉。 「人は人 吾は吾なり とにかくに 吾が行く道を 吾は行くなり」 これは昭和9年、西田幾…

  • ◆【趣味回】鋼の錬金術師『涙』の名場面⑤

    ●まえがき 遂に迎えました、最終巻。 何度読んでも、本当に素晴らしい漫画です。全巻買い揃える価値がある。何十回と読んできた私には自信を持って言えます。 本当に素晴らしい漫画を生み出してくださった、荒川先生に心からの感謝を。 ● 今更父親面すんなよ…クソ親父… エドの右腕を取り戻すために、魂を犠牲にしたアル。 そのおかげでホムンクルスを倒したが、アルはもういない。 アルを取り戻すために手を考えるエド。 そこに、 ホーエンハイム「俺の命を使って… アルフォンスを取り戻せ」 エド「大体なんでてめぇが命を懸ける必要がある!!」 「父親だからだよ 必要とか理屈とかじゃないんだおまえ達が何より大事なんだ …

  • ◆京都観光にオススメ【烏丸線】京都地下鉄紹介

    【京都の地下鉄を、駅名とともに個人の偏見による一言コメント付きで紹介。 あまり知らない駅はコメントが薄くてすみません…】 今回は烏丸線(からすません)。 北から、 国際会館(こくさいかいかん) ・国際レベルでの会議が行われる、国立京都国際会館がある。 ・ここから出るバスは、京都市内でもだいぶ北の方を攻めるには便利。貴船とか鞍馬とか。(京都バス時刻表にとびます) 松ヶ崎(まつがさき) ・運動施設として有名な、宝が池公園の球技場がある。 北山(きたやま) ・高級住宅街。 ・パン激戦区。 ・京都植物園。 ・京都のお土産として不動の地位を築いた、マールブランシュの本店がある。 北大路(きたおおじ) ・…

  • ◆【オススメお寺巡り】京都七観音×ONE PIECE

    【はじめに】 『観音』様は、仏様が現世で人々を救う姿のうち、最も信仰が広まっている姿です。 その観音様を祀る寺院の中でも、特に代表的な寺院とされる7つの寺院を、『京都七観音』と呼びます。 今回は、一挙その7つをご紹介。 1.行願寺 (ぎょうがんじ) 地下鉄・丸太町駅から徒歩7分。 創建者である行円は僧になる前、狩猟を生業としていました。あるとき狩った鹿が、その傷口から子を産むのを見て出家を決意。 その親鹿の皮を常に身につけていたことから『皮聖』と呼ばれ、行願寺も別名『革堂』(こうどう)と呼ばれるようになりました。 長寿の徳を授けるとされます。 2.清和院 (せいわいん) 市営バス・上七軒駅から…

  • ◆読者のみなさまへ

    いつもこのブログをご覧いただき、本当にありがとうございます。 このような拙いブログにもスターを付けてくださったり、ブックマークを付けてくださったり、感謝でいっぱいです。 「みなさんが知らない京都」を紹介できればと思ってきましたので、、このブログを読んで少しでも「京都って面白い」と思ってくださればこれ以上嬉しいことはありません。 これまで、趣味回を挟み、50近くの京都の情報を紹介してきました。 清水寺や金閣寺といった有名どころから、マイナーなところまで。 そして、毎日更新を心掛けてきました。 ですが、仕事との兼ね合いもあり、毎日更新だと記事のクオリティが保てなくなってきました。 *もちろん、今ま…

  • ◆【趣味回】鋼の錬金術師『涙』の名場面④

    ●まえがき 後半になるにつれて、登場キャラクターが『強く』なって、泣かなくなりました。 泣いている余裕さえない、とも言えますが。 そんな激動の中で描かれた『涙』。 残すところ、あと2回です。 ●笑顔にさせるには、優しすぎる言葉。 (17巻) ホーエンハイムの回想シーン。 幼いエド・アル、そしてトリシャと家族写真を撮ることになるが、普通の人ではない、『化物』であるという自覚と事実が、ホーエンハイムを躊躇わせる。 そんな姿を見て、トリシャは、 「私だってね いつか化物みたいなしわくちゃのおばあちゃんになるわよ」 「でもね どんな姿になってもいつでも皆で一緒に笑って写真を撮りたいの」 「だからずっと…

  • ◆京都三名水×ヒロアカ

    祝!!Netflixにてヒロアカ4期配信記念!! 【はじめに】 京都は、古くから『水の都』と呼ばれています。 アニメやゲームの世界でよく登場する水の都は、四方八方が水に覆われていて、美しい街並みで描かれています。 それをイメージしてしまうと、鴨川があるにしても、京都=水の都とはイメージしにくいのです。 それでも京都が水の都と呼ばれてきた所以、それは地下水にあります。 いや、そんな可愛いものではありません。地底湖があるとされているのです。 その水量、なんと、琵琶湖と同じレベル。 京都の水は琵琶湖が支えている、そう認識してきましたが、それと同じレベルの水が京都の地下には眠っているわけです。 そのお…

  • ◆羅城門×ヒロアカ

    【はじめに】 かつて、平安京のメインストリートであった、朱雀大路。 その南端、つまり平安京の正門とも言える門が、『羅城門』です。 洛中と洛外を分ける門で、芥川龍之介の小説『羅生門』の舞台としても有名ですね。 羅城門の名前の由来を紐解いていきます。 『羅』=絹の布 →「羅列」に使われる様に、連なるもののイメージをもつ。 →『羅城』=城の外郭に張り巡らされた城壁 そして、平安京は正門にのみこの羅城が設けられていたため、その正門を羅城門と呼んだわけですね。 この羅城門、横幅はなんと50メートル以上もあったと言われています。 しかし、奥行きはたった9メートルしかなかったそうです。 そのため、強風に耐え…

  • ◆清水寺×ヒロアカ

    【はじめに】 京都のことを紹介しているのに、ここを通っていませんでした。 そう、清水寺。 言うまでもなく京都最強レベルの観光地で、京都17の世界遺産のメンバーです。 京都市内=街中、そんなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、清水寺は音羽山という山間にありますので、非常に自然豊かです。 有名な『舞台』から眺める自然は絶景で、特に桜の季節・そして紅葉の季節は感動すら覚えます。 そんな本堂の舞台は、世界的に見ても最大規模の木造の舞台とされ、その唯一性が世界遺産たる所以の1つとなっています。 清水寺はあまりにも舞台が有名なので、「清水寺=舞台」とイメージしがちですが、入口の仁王門も素晴らしいも…

  • ◆寺町通り×〇〇

    【はじめに】 京都の繁華街といえば? そう、『四条』や『河原町』ですね。 この2つはどちらも通りの名前であり、四条通と河原町通の交わるところが四条河原町と呼ばれるわけです。 また、それぞれ阪急線の駅名となっており、そこからもなんとなく場所のイメージができます。 しかし、京都民が使うとき、その言葉の意味は異なります。 (あくまで個人的な意見にはなりますが、少なくとも、学生時代からずっと、私の周りでは以下の様に使われてきました。) 『四条』や『河原町』と言えば、祇園や三条、広いときには烏丸の方まで、栄えていてお店がたくさんある、あの辺り全体を指して使うのです。 「今日は京都駅か四条どっち行く?」 …

  • ◆【お題】好きな漫画とキャラランキング。

    【まえがき】 おすすめマンガ2020ということですが、私がこのブログで取り上げている漫画はどれもおすすめです。 それぞれの記事に熱を込めて語っておりますので、ぜひ興味のある漫画の記事をご覧ください。 今回は、好きな漫画ベスト5と、それぞれの漫画の好きなキャラベスト3を綴るだけの自己満回です。漫画好きの方、共感してくれたらいいなぁ... あくまで、「今」の段階のランキングです。 漫画が好きな方は分かると思いますが、こんなランキング、日ごと、いや、時間ごとに変わるものですよね。 5位:家庭教師ヒットマンREBORN! <理由> ・絵が抜群に綺麗。 ・イタリアのマフィアという中2設定。 ・『死ぬ気の…

  • ◆【趣味回】鋼の錬金術師『涙』の名場面③

    ●まえがき 前回ご紹介した、イズミの真理についての見解。 「真理は残酷だが正しい」 そう感じる瞬間、ありませんか? 仕事で、楽しようとして手を抜いたら後で倍返しされたとき。料理をしていて、面倒くさがって手順を飛ばしたら激薄味の料理ができたとき。 自分の蒔いた種で、不利益を被ったとき、私はこのイズミの言葉を思い出します。 ああ… やっぱり真理は正しい… してはいけないこと、抜かしてはいけないことを犯したら、その報いはやって来るのだ… なんて、大げさに考えてみて、負の感情を吹き飛ばそうとしているだけなんですけどね。 漫画に救われる瞬間の1つです。 ●辛いときこそ、人の優しさが沁みる。(12巻) 両…

  • ◆鹿ヶ谷×ジョジョの奇妙な冒険3部

    【はじめに】 今回も、珍しい地名をご紹介。 場所の名は、鹿ヶ谷。 「ししがたに」と読みます。 桜で有名な、哲学の道のあたりにあります。 東山のふもとにあたるこの場所で、鹿が迷った僧を助けるために道案内をした、という伝説から、この名が付きました。 この鹿ヶ谷は、 鹿ケ谷かぼちゃ で有名です。 京野菜は、聖護院大根や賀茂茄子など、地名と組み合わさった名前が特徴的ですが、その仲間ですね。 ひょうたんのように、中心にくびれのある特徴的な形をしていて、表面はでこぼこしています。 煮崩れしにくく、京料理に欠かせない煮物にぴったりなのですが、現在では市場になかなか出回らず、高級料亭などに卸されることがほとん…

  • ◆BURN THE WITCH

    遂に発売されました、 『BLEACH』の久保先生の新作、 『BURN THE WITCH』。 何を言ってもネタバレになってしまいますので、ものすごく薄い感想を。 最高に面白い。 絵が相変わらず綺麗すぎる。 主人公めちゃ可愛い。 相変わらずセリフカッコいい。 ページ捲ったら決めゼリフドーン。 そのときの表情やばい。 伏線ぽいワード・シーンがわんさか。 舞台がロンドンってのがずるい。 1巻だけなのかな? 通常コミックスに比べて分厚い。 非常に読み応えのある、素晴らしい漫画です。 BLEACHの様に、長年続く漫画になってほしいですね… BLEACHは後半になるにつれて絵の上達具合が半端ではなかったで…

  • ◆二条城×BLEACH

    【はじめに】 京都17の世界遺産のうち、唯一の『城』。 それが、二条城です。 さらに、国宝にも指定されており、 姫路城・松本城・彦根城・犬山城 を含めた、全国に5つしかない国宝城の1つです。 徳川幕府最後の将軍、慶喜が大政奉還をしたことで有名ですね。 歴史の教科書にも必ず登場します。 そして、こちらはあまり知られていませんが、現在の二条城を建てたのは、そう、徳川幕府初代将軍、家康なのです。 つまり、二条城は、 徳川幕府初代将軍が建て、最後の将軍が幕府を終わらせた場所なのです。 そんな歴史的な二条城、特別名勝に選ばれるほど庭も素晴らしく、桜をはじめ、各季節それぞれの風景を楽しむことができます。 …

  • ◆『おもたせ』×ヒロアカ

    【はじめに】 みなさんは、 『おもたせ』 という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 京言葉の1つとして、有名ではないかと思います。 「今オススメのおもたせはこれだ!」 みたいな特集もされますが、要するに『おもたせ=お土産』として使っている訳ですね。 しかし、おもたせ=お土産とするのは早計です。 そして、多くの場合、その使い方は誤りなのです。 なぜか。 おもたせは、お土産を貰った側が、その貰ったお土産を指して使う言葉だからです。 いただいたお土産に敬意を表し、特別な呼び方をする。それがおもたせなのです。 「おもたせやけど、せっかくやし今開けてしまおうや」 と言いながら、いただいたお土産を、客人と…

  • ◆京都水族館×かぐや様は告らせたい

    【はじめに】 海の無い京都市の、梅小路公園内にオープンした京都水族館は、日本初の人工海水を使った内陸型大規模水族館です。 正直海にあまり馴染みがなく、水といえば滋賀の琵琶湖になる京都民にとって、海を体感できるこの施設はめちゃくちゃ楽しいです。 水族館に行こうと思ったら、大阪の海遊館まで行かねばならなかったですからね… (これはチンアナゴ。) そんな京都水族館、エントランスを入ってすぐのところにある「京の川」エリアのオオサンショウウオが有名です。京都市内では、鴨川や上桂川などで発見されるそうです。 オオサンショウウオは、国の特別天然記念物に指定され、約1億7000万年前の古代から現代まで、ずっと…

  • ◆六角堂×テニスの王子様

    【はじめに】 烏丸通と四条通が交わるところを少し北上したところにある、 六角堂。 正式名称は『紫雲山頂法寺』といいます。 清水寺、三十三間堂と並び、『京都七観音』の1つに選ばれており、日本の華道のオリジンである、『池坊』の発祥地だとも言われています。 お寺の本堂が六角形なので六角堂と呼ばれるのですが、 このお寺を開いたとされる聖徳太子を記念した太子堂も六角形、 浄土真宗の開祖、親鸞がこのお寺で悟りを開くきっかけを得たことを記念した親鸞堂も六角形、 灯籠の敷石も六角形、 『御幸桜』として有名な、枝垂れ桜を支える支柱も六角形、 そして境内の消火栓さえも六角形。 さらに、本堂前にある『へそ石』も六角…

  • ◆【趣味回】鋼の錬金術師『涙』の名場面②

    ●まえがき 1番好きなキャラはグリードです。リンと同化した方も、その前も。 ヒロアカの切島や鉄哲も硬化なんですが、なんだろう、黒いのがカッコいいのかな? ヒロアカの2人も、特にvsヤクザの時の切島とか最高にカッコいいのですが、グリードの方が好きです。今のところは。 ハガレンは完結してますからね、ヒロアカ勢が追い抜く可能性はあります。 それでは、今回も3つ名場面をご紹介。 ●なんて綺麗な涙なんだ…。(10巻) 序盤戦のキーポイント、ラスト戦。 ハボックが、脊髄を刺され重傷。動くことすら出来ない。 マスタングが、腹を刺され重傷。 ホムンクルスの秘密を垣間見せ、その強さを読者に思い知らせた後、 ラス…

  • ◆平野神社×BLEACH

    【はじめに】 季節外れではありますが、みなさんは『桜』と聞いて何を思い浮かべますか? (紅葉シーズンの前ですが、本格的に紅葉シーズンに入る前に、桜の話をしておきたくて…) 私は、カッコいいキャラの宝庫であるBLEACHにおいて、No.1と言っても過言ではない、朽木白哉を思い浮かべます。 そう、 白哉の斬魄刀の名は『千本桜』。 そして、 卍解の名は『千本桜景厳』。 いや、技名も技の内容もカッコよすぎかよ。 数億枚の花びらのような刃で敵を切り刻むなんて… 憧れしかない。 そして、白哉の話をするときは避けては通れない、BLEACHベスト5には入るであろう名言。 アーロニーロ戦で体力を使い果たしたルキ…

  • ◆【お題】京都でサイクリング×ヒロアカ

    今週のお題「運動不足」 ●京都と運動 個人的に、京都ほど運動のイメージがない場所はありません。 *競技レベルは除く 『はんなり』しているからでしょうか。 というか、はんなりって最早どういう意味でしょうか。 京都の町を歩くことは、ウォーキングとは違う、そう思うんですよね。 あとは、運動する格好で京都の町を歩くのはなんか合わない、それも理由の1つではないかと思います。 ●京都でサイクリング しかし、そんな京都において、おすすめの運動があります! それは、『サイクリング』。 京都には、鴨川をはじめ、多くの川が流れており、その川沿いは綺麗に整備されていて、そこを自転車で走るととても気持ちが良いんですよ…

  • ◆将軍塚×NARUTO

    【はじめに】 夜景。 いきなりですが、夜景って本当に綺麗ですよね。神戸の夜景なんてね、何回行っても飽きないですよ。六甲山最高ですよ。 そんな神戸に比べると、夜景のイメージがない京都。 しかし、地元民なら全員知っている、夜景スポットがあります。 その場所は、 将軍塚。 正式名称は、将軍塚青龍殿と言います。 山の上にあり、車以外の手段でアクセスするのは難しいです。 自転車でチャレンジした友人は諦めていました。 京都旅行の際に立ち寄るなら、レンタカーをオススメします。 この将軍塚、景色最高です。 京都の街を一望できるのです。 神戸の夜景とはまた違った感じの良さがあります。 地元民のカップルには有名な…

  • ◆時代祭×リィンカーネーションの花弁

    ●時代祭の歴史 今回は、京都の秋の風物詩である、 時代祭 をご紹介。 葵祭・祇園祭と並び、京都三大祭りと称されますが、実は、歴史はその2つに比べると非常に浅いです。 明治28年に創設されたこの時代祭。 平安神宮の『例祭=その神社における最も重要な祭り』なのですが、 そもそも天皇が政治をした場所のレプリカとして、明治時代に行われた博覧会の出し物として作られたのが平安神宮なのです。 平安神宮の歴史自体が浅いので、その例祭である時代祭の歴史も浅い訳です。 余談ですが、その歴史の浅さ故か、平安神宮はなんと京都17の世界遺産に含まれておりません。お間違えないよう。 それでも平安神宮がとてつもなく有名なの…

  • ◆【趣味回】鋼の錬金術師『涙』の名場面①

    ●まえがき みなさんご存知、『鋼の錬金術師』。 名作中の名作。 私のブログでも何度かお世話になっておりますが、この作品、褒めだすとキリがありません。 今回、どうしても語りたくなってしまったのは、『涙』について。 ハガレンは、涙の見せ方・使い方が非常に上手いと思っています。 そこで、涙の名場面と題打ちましたが、こっちが泣いてしまう場面ではなく、登場キャラが『涙』している場面のうち、印象深いものを紹介していきます。 まあ、どれもこっちが泣いてしまう場面でもあるんですけどね。 書き始めて気づいたのですが、余りにもたくさんあるので、全5回に分けて紹介します。京都関係ないのにまさかの長編になってしまいま…

  • ◆龍安寺×〇〇

    【本題】 京都の庭といえば、 龍安寺(りょうあんじ)。 京都のみならず、日本を代表する庭を有し、その庭の美しさ・唯一無二の技術・歴史的価値から、 京都17の世界遺産 にも選ばれています。 別の記事でも触れたかもしれませんが、京都の庭の作庭方法として、確固たる地位を築いているのが、『枯山水』式庭園。 枯山水とは、簡単に言えば、水を使わずに水の流れを表現する作庭方法です。 龍安寺の庭は、その完成形だと言われています。 『到達地点』な訳ですね。 15個の石と白砂のみで造られた美しい枯山水庭園。そして、15個の石は全てを一度に見ることはできないようになっている、緻密な計算。 なにかのドラマか映画だかで…

  • ◆轆轤町×家庭教師ヒットマンREBORN!

    【はじめに】 鴨川と清水寺の中間あたりに、 轆轤町(ろくろちょう) という名前の町があります。 変わった地名が多い京都の中でも、トップクラスに珍しいこの名前。 由来として語られる説は2つあります。 <説①> 江戸時代に清水焼の匠がこのあたりに住んでいて、焼き物を作るための道具である『轆轤』からきている。 <説②> もともと『髑髏町』という地名で、 江戸時代に呼び名が変わり轆轤町になった。 では、そもそもの髑髏町の由来はなにか。 轆轤町には西福寺というお寺があり、ここは平安時代の埋葬地である、鳥辺野の入り口にあたります。 この辺りがなぜ埋葬地にされたかというと、その西福寺の角が 「六道の辻」=こ…

  • ◆仲源寺×鋼の錬金術師

    【はじめに】 京都でも有数の繁華街、四条通の南座近く。 そこに、仲源寺というお寺があります。 そのお寺には、別名「雨やみ地蔵」が祀られています。 仲源寺のお地蔵さんにこの名がついた理由として、2つの説があります。 <説1> 大雨の後に鴨川が氾濫し、京都の街は大洪水になりかけたが、このお地蔵さまがそれを防いでくれたから。 <説2> 八坂神社をはじめとして、このあたりに有名な寺社が多く、そこに参拝した人が雨宿りする場所に選んだのが仲源寺の地蔵堂だったから。 いかがでしょうか。 説1はもはや伝説といっていいものですね。 どちらにせよ、雨に関わる話が受け継がれ、「雨やみ地蔵」の名を得た訳ですね。 そし…

  • ◆【お題】水無月×BLEACH

    今週のお題「好きなおやつ」 【はじめに】 みなさんは、弱キャラだと思っていたキャラが実は強キャラでした、パターンに出くわしたことがあると思います。 その最たる例が、卯ノ花烈ではないでしょうか。 貴重な回復役ではあるものの、目立たないキャラ。 四番隊隊長ではあるものの、純粋な戦闘力で劣るが故に他の隊から馬鹿にされる始末。 所詮、綱手やサクラには及ばねえよなんて思っていたら、 本名『卯ノ花八千流』。 元十一番隊隊長。 初代『剣八』。 元空前絶後の大悪人。 初代護廷十三隊の一員。 いやいやフックだらけ。 情報過多。 初めて読んだときの衝撃はすごかったです。 表情が違いすぎる。 和製ホラーの顔してまし…

  • ◆鍾馗さん×鬼滅の刃

    【はじめに】 いきなりですが、鬼殺隊、かっこいいですよね。 9名の選ばれし最高位の剣士。それぞれの呼吸に合わせて『○柱』と呼ばれる。 この設定がかっこいい。 まあ、正直、アニメ一期だけだと柱のすごさがイマイチわからない… 『圧倒的感』をまだまだ感じれてないんですよね。色々なところから入ってくる情報ではそりゃもう強いらしいではないですか… 『悪鬼滅殺』の4文字が刻まれた日輪刀もかっこいい… だめだ、アニメを1シーズン見ただけでは鬼滅の刃について語れることが少なすぎる。 ということで、今回は【はじめに】と【本題】を逆転。 【本題】 さて、京都で有名な「鬼を倒せる人」を紹介しましょう。 京都の古い家…

  • ◆金閣寺×〇〇

    【まえがき】 『×〇〇』シリーズ、 なんてことはない、絡める漫画が思いつかないので、 読んでくださったみなさまでお好きな漫画と結びつけてください… 京都のことを勉強する中で、 「これは面白い」 と思うことがたくさんあります。 その度に、なんとか漫画と絡めて「より覚えやすくしよう」としてきた訳ですが、どうやっても絡めようのない場面にもたくさん出会うのです。 そんな京都のことも紹介したい。 という訳で、 初回は京都最強の観光地からスタートです。 ※後々、漫画を読んだりアニメを観ていて「あ、これ、つながる」ってピンと来たら再掲します。 【本題】 さて、京都が誇る超絶人気の観光地、 何よりもその豪華な…

カテゴリー一覧
商用