searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
エメラルドシティでの輝かない生活
ブログURL
https://seattle-jp.hatenablog.com/
ブログ紹介文
シアトル近辺でオットと息子の三人暮らしをしている、ふつうの主婦の日記です。
更新頻度(1年)

42回 / 50日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2020/09/08

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、モンドさんの読者になりませんか?

ハンドル名
モンドさん
ブログタイトル
エメラルドシティでの輝かない生活
更新頻度
42回 / 50日(平均5.9回/週)
読者になる
エメラルドシティでの輝かない生活

モンドさんの新着記事

1件〜30件

  • 作文に書くテーマがない

    夜中に一人で読みます 今年度も、補習校では幼稚園~小学部の作文集を作成するようです。

  • 鬼滅よりやっぱり巨人

    日本は鬼滅の刃の大ブームのようですが、人が食われる系漫画としては、私はやっぱり進撃の巨人の方が好きです。もちろん、どっちも面白いですが。

  • やたら厳しい先生は何が目的なんだろう

    学校の先生の指導が厳しすぎると感じることがあります。甘すぎると感じることもあるけれど。人の感覚なので何が正しいとは言えないですが、あまり否定的なことばかり言い続けないでくれたらありがたいです。

  • よく停電します

    アメリカのインフラの弱さにびっくりすることよくありますよね。しかも高い。電気も水道もなくなると死ぬのに。生きていくのにとてもお金も手間もかかる国だなと思うことしばしばです。

  • 小6の算数にワクワクする

    補習校で現在、息子は円の面積の単元を習っています。ワークブックを見ていたら、自分が想像していたよりずっと興味深くて、面白いなと思いました。

  • 推しの話をしてもいいでしょうか

    韓国の俳優、キム・ナムギルさんに見事に撃ち抜かれてしまったドラマ「赤と黒」。何度見てもすてきすぎて、ただ眺めているだけでとても幸せです。推しがいるってなんてすばらしいんだろう!

  • 愉快な気分にさせてくれる動画2選

    新型コロナで外出制限がある中、とうとうシアトルの鬱々とした季節に突入しました。私の暗くて重々しい気持ちを払しょくしてくれたのは、愉快な動画でした。Youtubeがなかったら、家族全員どうなっていたのか、想像するだけで恐ろしいです。

  • 補習校をいつまで続けられるのでしょうか

    お友だちが日本語補習学校を辞めることになりました。コロナ禍で対面授業ができなくなり、たくさんの生徒が辞めていきました。うちは何とか続けているけれど、いつまで続くか、たびたび考えてしまいます。

  • 夜起き続けてしまう理由

    私は宵っ張りです。ものすごい宵っ張りです。こんなに起き続けてしまう理由はいろいろありますが、ツイッターで簡潔に言い表している人がいました。天災かと思います。

  • オットの生存確認が日課です

    テレワークでオットはずっと家にいます。広い家ではないのですが、自室にこもっていると、いるのかいないのか、生きているのか死んでいるのかもわからない時があって、不安になって生存確認しています。家の中で。

  • 日本の小学生がすごかったです

    日本の運動会の様子を見せてもらいました。集団の統率力がすごいのと、日々鍛錬されているせいか、アメリカの子供たちに比べて日本の子供はとてもしっかりしていてきちんとしているなーと感心しました。

  • コロナ前コロナ後 一番違うと思うところ

    写真の整理をしていて、コロナ前とコロナ後の一番の違いはこれだなー、と思った時に昔々に読んだ少女漫画のことを思い出しました。

  • ミドルスクールの宿題・出席管理

    毎日出る現地校の宿題を取りこぼしなくこなすことが、めちゃめちゃ大変です。必ずひとつふたつやり忘れがでてしまって、あわあわしています。

  • 半沢直樹を見たことがありません

    私は国民的ドラマ「半沢直樹」を見たことがありません。見たことないことを自慢していこうと思います。これからも見る予定はありません。

  • 現地校オンライン授業の自由すぎる受け方

    オンライン授業だと、授業の受け方も自由すぎてしまうのね、というお話です。

  • 続・「進撃の巨人」を一気に読みすぎました

    「進撃の巨人」を一気に読みすぎて、私生活に支障をきたしたという話です。

  • 「進撃の巨人」を一気に読みすぎました

    息子と二人で「進撃の巨人」にいかにしてはまったかという話です。

  • 現地校オンライン授業中に

    現地校は現在100%オンライン授業です。家の中だと誘惑が多くて、授業には入りつつ、サボっていたという話です。

  • 渡米直後の自分を省みる

    渡米直後は環境の変化に加えて、今までできていたことがほとんど一人ではできなくなり、自分がまったく何の役にも立てないことに、毎日本当につらかったです。

  • 息子に怒られました

    息子が日々成長しているということを忘れて、何でもかんでも人に話してしまうと息子に怒られる、という話です。

  • ロールモデルを見つけた話

    息子のロールモデルになりそうな、補習校出身の若者に会いました。英語で苦労したけれど、社会人となった彼は英語をネイティブ並みに使っていました。

  • たまに第三者に評価してもらうといい

    ふだん一緒にいると気づけない子供の良い面も、他人に評価してもらえると気づけることがありますね。

  • 愉快な先生に当たりました

    現地校の先生の中に、なかなか愉快な先生がいました。学校は先生次第なので、ラッキーでした。

  • 最後の会話

    オットの会社の同僚が退職することに。「日本のカレーがおいしい」という話が最後の会話になりました。

  • 英語でマンガを読んでいます

    公立図書館の電子図書で日本のコミックの英訳版を読んでいます。おもしろくないと続かないので、日本のコミック最高だと思います。

  • 海外に住む日本人

    どこにいても自分は自分 経験しないとわからないことは、もちろんあります。

  • 心揺さぶられる本を読みました

    この気持ち伝われー 久々に胸の高まりを抑えきれない本に出会いました。

  • 手荒れを防ぐ有効な方法

    手を丁寧に洗います(本文と関係ありません) 実践してから、全然手荒れしなくなった方法があります。

  • 不審者ではありません

    よくやってしまいます 以前、お散歩の話を書きました。

  • ベルを鳴らしています

    毎回びっくりします 現在、学校は100%オンライン授業なので、息子はずっと家にこもっています。

カテゴリー一覧
商用