searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

オンディさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
なぜなぜブログ
ブログURL
https://nazenaze100.hatenablog.com/
ブログ紹介文
普段の自分を振り返ったりする雑記ブログ
更新頻度(1年)

55回 / 159日(平均2.4回/週)

ブログ村参加:2020/08/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、オンディさんの読者になりませんか?

ハンドル名
オンディさん
ブログタイトル
なぜなぜブログ
更新頻度
55回 / 159日(平均2.4回/週)
読者になる
なぜなぜブログ

オンディさんの新着記事

1件〜30件

  • 雑談は時に凶器になる

    世の中には色々な性格の人がいます。その中でも、おしゃべりが好きな人、逆に必要以上に話をする事が嫌いな人っていると思います。僕はどちらかと言えば後者の方なのですが、僕の職場にはおしゃべりが好きな人が多数いて、その人達は大体特定の人と話をしているところをよく見かけます。 組み合わせの例としては、部署が同じもしくは実務上関係性の高い社員同士や年齢が近い人同士であるなどが挙げられるのですが、大半は楽しそうに話しているものの、一部そうでもない人を見かける事があります。 気がついたのですが、そういう人達は結構な割合で会社を辞めているんですね。 別に仕事が上手くいっていないわけでも無さそうでしたし、なんなら…

  • 震えが止まらない

    最近寒い日が続いています。雪の降る地域では大雪で大変だという話をよく聞きますが、僕の住む地域では雪の被害はないものの、気温の低さに困っています。 今まではなんともなかったのですが、ここ最近職場の底冷えが酷くて足元がものすごく寒いです。僕の席が窓際という事もあって、暖房をつけていても外気が低いと窓からひんやりした空気が漂ってきて寒いんですよ。 そんなある日、上司にある報告をしにいった時なのですが、報告内容がいまいちという事に加えて、上司の機嫌も悪かったこともあってガツンと言われてしまった事がありました。 でも、ガツンと言われた後に上司の顔がすぐに「言い過ぎたかな」みたいな顔になったんです。 その…

  • スイートポテトが食べたかったので作ってみた

    今日は久しぶりに料理について書いてみようかと思います。 年越し前、セブンイレブンスイーツの「黄金のスイートポテト」を買いに行ったところ、販売終了していることを知り愕然としたのですが、なら作れば良いじゃん、と謎のポジティブ発想が湧き上がり、自分でスイートポテトを作りました。 スイートポテトは以前も作った事があったので作り方は大体知っていたのですが、その時には味は悪く無いものの、滑らかさや味の濃厚さが足りないというか、とにかく微妙な出来栄えでした。 今回目指すのは「黄金のスイートポテト」ですから、前回よりも上手に作りたいと思ってレシピもなるべく本格的なものを探しました。 調べた結果、河田麻子さんと…

  • ひねくれた見方をすれば実態が透けて見える

    毎年、人事部からある仕事のお手伝いとして僕に声が掛かります。僕に人を見る目があるとか、そんなカッコいい話ではなく、社員のサンプルとして会社説明会やインターンに駆り出されるという役割です。 ちなみに、僕に声が掛かるのは単に他がいないからというだけの理由で、昔は2、3人でローテーションを回しながら後輩が入れば引き継いでいこう、なんて話だったのにローテーションが1周も回らない内に僕だけになってしまった結果、僕が対応する事が恒例になってしまったわけです。その後も、たまに入ってくる新入社員に引き継いではまた僕に役割が戻ってくる、ということを繰り返して今に至ります。 そして昨年、コロナの影響で会社説明会も…

  • 捨てられませんように。『夫を捨てたい。』の感想

    スマホを触っていてたまたまある漫画の広告が目に入りました。漫画のタイトルは「夫を捨てたい。」で、ほのぼのとした絵に似合わないインパクトのあるそのタイトルに惹かれてついつい読んでしまいました。ネットを見ているとこの手の主婦の日常系漫画は広告でよく見かけますが、読んだのは初めてでした。 夫を捨てたい。 (単行本) [ いくた はな ] 価格:1,078円(2021/1/5 11:02時点) まだ最後まで読んで無いのですが、内容としては、育児、仕事、家事に追われる妻が、夫の行動や言動にフラストレーションが溜まって、夫を捨てたいと思うようになっていくという感じです。 妻視点の漫画という事もあって、夫の…

  • 2021年の自分予想

    2021年が始まりました。年々、年越しの瞬間の「今から新しい年だ!」という特別感が薄れてしまって、去年までは年明けの瞬間をテレビを見ながら迎え、テレビの中で新しい年を祝って盛り上がっている人達を見ることで年越し感を味わっていましたが、今年はテレビも殆ど見ずにお風呂の中で年越しを迎えました。なので、いつもに増して年越し感が無いという事で今こうやって2021年の初ブログを書いています。 というわけで、今回は「2021年の僕はどうなるか」について予想してみようと思います。 まずは2020年について少しだけ振り返っておきます。2020年は新型コロナウイルスにより、生活が一変した病の年でした。それが僕に…

  • この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた

    僕はマインクラフトやテラリアといった所謂ものづくりゲームが大好きで、今でも思い出したようにプレイする事があります。あの素材を集めて組み合わせて新しいものを作り、冒険や生活の内容がどんどん充実していくところが面白いですよね。 そこで気になる本を見つけました。 この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた (河出文庫) [ ルイス・ダートネル ] 価格:1,078円(2020/12/29 09:21時点) 「この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた 」は、文明が荒廃してしまった世界で僕たちがどうやって近代文明を復活させたら良いのかを考えた本で、この本を見つけた僕は「リアルマインクラフトだ!」とす…

  • ゾーマが言っていたこと

    「ひかりあるかぎり やみも また ある……。わしには みえるのだ。ふたたび なにものかが やみから あらわれよう……。」 これはドラゴンクエストⅢのラスボス 大魔王ゾーマのセリフです。 良くある質問の1つのファイナルファンタジー派か、ドラゴンクエスト派か?、ではいつもドラゴンクエスト派(ドラクエ派)だった僕にとって、ドラクエは小さい頃からとてもお世話になったゲームでした。 いきなりドラクエの登場キャラクターのセリフを出してきた事には訳があって、このセリフは当時ゲームをプレイした頃から時を超えて、今僕の頭の中に蘇ってきたからです。 ゾーマのセリフが世の常を言っている事は当時の僕でも何となく分かっ…

  • 続・気に入られる人

    前回「気に入られる人」について書いて、ギャップを見せる人が気に入られると書きました。ただ、書いた後、なんか違うなという感覚があったんですね。面倒くさそうな態度をしても根気強く仕事をこなす人が気に入られると書いたのですが、一概にそう言えないなと思う事がありました。僕の経験上ですが、文句言わず淡々と仕事をこなす方が気に入られる場合もある、ということです。これは、前回書いた内容と矛盾しますが、条件次第では評価や気に入られやすさは変わるんだと思いました。 今回はその内容について、考えていきたいと思います。 結論を先に書くと「仕事内容の専門性」によって、全然違うという事です。 まず前回例に出した新人くん…

  • 気に入られる人ってどんな人?

    今回は僕なりに「気に入られやすい人」について考えてみました。 僕は日頃から人の行動や反応に対して「実はこの人はこう思っていて」とか「今の反応の背景には」とか考える事が多く、そのせいか人を観察する癖みたいなものがあります。だからといって僕の人間関係が上手くいっているというわけでもなく、むしろあれこれ考え過ぎてマイナスに働く事が多いですし、ちょっとした事でも気になって神経を使う事が度々あります。幸い、僕は思い悩む性格ではないので上手くバランスをとりながら毎日を過ごしています。 こうやって毎日人を観察しながら生活していると、人間関係にちょっとした法則みたいなものがある事に気がつきます。あくまで僕の考…

  • 同期の話とペッパー君

    今回は同期の社員について書きます。 もう何年も前になりますが、僕には同期の社員がいて、男女1人ずつで2人いたのですが、2人ともほぼ同時期に辞めてしまいました。辞めた理由は、1人は仕事内容や給料に関する不満、もう1人は上司との人間関係でした。 男2人、女1人の組み合わせってのは中々良いバランスで、僕達3人の仲は良かったと思います。 でも、今思えば入社した瞬間からみんな辞めてしまう事は決定していたように思います。 A君について 男性の同期(A君)は僕より1つ年上の大卒で、僕と同じ設計開発を希望して入社してきたのですが、僕の方が専攻していた分野がより設計開発に近いという事で、A君は何故か工場の製造ラ…

  • 先輩は曲者

    今回は僕の会社の先輩の話です。 先輩は営業マンで、僕はその技術サポートとして一緒に行動する事が多く、現在もですが何かと面倒を見てもらっています。 先輩はいつも面倒くさそうに仕事をしていて、口を開けばゴルフの話ばかりするし、社内の飲み会は行事以外で参加しているところを見た事がなく、社内付き合いも良いように見えません。でも、社内で信頼されていて、今年になって営業グループのトップになっていました。 僕はそんな先輩に対して「曲者」というイメージを持っています。 そのイメージがつき始めたのは、僕が入社して間もない頃にあるクレームを対応した時からです。 当時、先輩と僕はクレーム対応のために急遽、宮城県の片…

  • 久しぶりの後輩

    僕の職場の後輩で今年入社のピカピカの新入社員がいます。今までにも後輩がいたのですが色々あってみんな辞めてしまい、久しぶりの後輩になります。特に今年は新入社員の応募が少なく貴重な新人という事と、僕の後輩達が辞めてしまっている事もあり人事担当からは「絶対に辞めさせないよう丁重に扱いなさい」と指令が言い渡されました。 僕は「僕が辞めさせたんじゃないんですけど」と喉仏辺りまで上がってきた言葉を無理矢理飲み込んで「任せてください!」と言い切って、久しぶりの先輩社員としての仕事が始まりました。 (いや、辞めた後輩の内の1人は退職時の面談で嫌な思いをしたエピソードの1つに僕が登場したみたいなんでちょっとは僕…

  • 味噌汁にのりたま

    今回は会社でお昼を食べている時に考えた事を書きます。 僕の会社でのお昼ごはんは近くの露店弁当と決まっています。500円でお弁当と500mlのお茶が買えて、ふりかけにインスタント味噌汁も付いてます。お弁当は色んな種類があって、ご飯の種類も白米、炒飯、炊き込みご飯などなど、レパートリーに富んでいるので、毎日食べても飽きないです。 強いて言うなら、支払いが現金のみというところが欠点ですが、僕は500円玉貯金をしているので最近では500円玉をゲットできる唯一の場所ということもあって、そんなに気にしていないです。 ある日、いつものようにお弁当を買いに行き、チキンカツ弁当白米大盛りと綾鷹を買って会社に戻っ…

  • みんな悩んでいる

    最近、仕事で人の愚痴や噂を聞くことがよくあります。あいにく僕には聞き上手という能力はないので、多分僕が上司達の年齢層と後輩達の年齢層の中間に位置するからそういう状況になりやすいだけだと思います。 噂の内容は、上司や先輩からであれば「あいつはダメな奴だ」「俺は言い過ぎか?」、後輩からは「〇〇さんが細かい」「ここまでやる必要あると思います?」とまあ色々あります。僕はそれを「実際は分かりませんけど」という前置きに八方美人なリアクションで対応をしています。 そうやって愚痴を聞き続けているとあることに気が付きました。忙しいという悩みより、上司や後輩との人間関係の話が多いことです。 僕も人間関係が得意な方…

  • いつから父親になるか

    今回は「父親になる」をテーマに思った事を書きます。今嫁が妊娠中なのですが、子供ができた喜びと、初めての子供ということで分からない事だらけの毎日を過ごしています。 そんな中で思うのは「僕も父親になるのかぁ」ということです。僕の学生時代の知り合いは結婚が早く、子供もすぐできたため今では立派な父親になっており、あの仮面ライダー大好き少年だったお前は一体どこに行ったんだと言いたいぐらいしっかりしています。やっぱり、父親になると変わるもんなのでしょうか、僕も父親になることで何か変わるのかもしれません。 そして、実際にちょっとだけ変わってきた部分がありました。それは「いつから父親か」という考え方についてで…

  • ここらで振り返ってみる

    気がつけばブログを始めてから投稿した記事が50件を超えていたので、ブログ開設から現在まで振り返ってみようと思います。 ブログは始めてよかった。 ブログを始めたきっかけはブログ収入に興味があったからですが、そんな簡単に収入に繋がるわけでもなく今では日々思った事を好き勝手に綴っている日記になっています。 悲観しているわけではなくて、思った事を文字に起こす事で頭の整理にもなりますし、自分が何を思っているかがよく分かり書く事自体が楽しくなってきたので、ブログを始めて良かったと思っています。 投稿は3日に1件が自分に合っている 投稿のペースは、2020年7月にブログを開設してから平均して3日に1件のペー…

  • 残ったお米を一掃するおすすめレシピ

    今回は最近見つけたおすすめレシピの紹介です。 炊いたお米が微妙に残ってしまって残りを食べるのに苦労した事はありませんか。 僕は頻繁にあります。炊く量を調整しても、少なかったり、多かったりと何故かうまいこといかないんですよ。 そんな事態を救ってくれたのが、今回紹介する「焼きおにぎり」です。 ◆絶品 うちの焼きおにぎり◆ by smapkayo 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが342万品 クックパッドでsmapkayoさんが投稿されたレシピなのですが、これがすごく美味しかったっです。 smapkayoさん、ありがとうございます。 作り方は簡単です。 下に書いた材料をボールで混ぜて、お…

  • 約束のネバーランドを読んだ

    今回は少年ジャンプで連載されていた人気漫画「約束のネバーランド」の感想です。 先日進撃の巨人について書きましたが、続けて「約束のネバーランド」も読みました。アニメ化もされている人気作品で今年で完結もしており、全巻20巻を先週の連休を使って一気に読み切りました。 前回読んだ進撃の巨人に続き非常に面白かったです。 簡単なあらすじですが、孤児院グレイス=フィールド(GF)に住む子供達はママ・イザベラの愛情を受け何不自由のない生活を送っていました。ある日、年長者であるエマとノーマンは里親が決まり孤児院から去ることになったコニーの忘れ物を届けるため、普段は近づく事を禁じられていた孤児院の外門までコニーを…

  • 【ふるさと納税】美味しい時短ハンバーグ

    以前ふるさと納税で北海道白糠町のエンペラーサーモンについて書きましたが、今回は別の自治体の返礼品を頼んでみましたのでその紹介になります。 今回頼んだのは福岡県飯塚市「鉄板焼ハンバーグ デミソース 20個」です。 (画像引用元:【楽天市場】【ふるさと納税】【A-191】鉄板焼 ハンバーグ デミソース 20個:福岡県飯塚市) 前回同様、楽天市場の期間限定ポイント消費のために購入しました。実際に支払った金額は1,000円ちょっとお得な気分です。 最初に感想をまとめておきます。 お肉も美味しいですが、ソースが美味しい 簡単調理で時短になる 個包装、長期保存可能 味が美味しいのはもちろんですが、「美味し…

  • 【感想と結末予測】鬼滅を読むはずが進撃の巨人を読んでいた

    最近は少し落ち着いてきたように感じますが、世間はまだまだ鬼滅の刃ブームが続いています。今では年齢に関わらず鬼滅を知っている人が多いので、僕の職場でも「全集中」だとか「呼吸」というワードが飛び出す事があるぐらいです。まだ漫画が連載中でアニメも放送していた頃なんて、あまりの人気に僕の周りで鬼滅を知らない=会話に入れないという現象が起きたので、僕もアニメを観ることでなんとかその状況を乗り切っていました。(とても面白かったので、観て良かったです) そして最近、何故か突然「鬼滅を全巻読もう」なんて気持ちが僕の中に湧き上がってきました。僕の性格上、流行り物を避ける傾向があるので、流行真っ只中の頃よりも少し…

  • WEB会議あるある言いたい

    新型コロナウィルスは働き方に大きな影響を与えましたが、その影響の1つで"WEB会議が増えた"という方は多いんじゃ無いでしょうか。僕もその1人で、最近はほぼ毎日何かしらのWEB会議があってその度に思うことがあります。今回は僕が思ったWEB会議あるあるについて書きたいと思います。 発言をするタイミングが難しい! これはネット環境や使っているWEB会議ソフトにもよるとは思いますが、音声に少しだけタイムラグがありますよね。このタイムラグのせいで会話が被ったり、逆にお互い牽制しあって沈黙になったりします。例えば、こんな感じです。 相手「お世話になってます。〇〇です」 僕 「おせ、、、」 相手「本日はお忙…

  • 文明崩壊後の世界を生き抜く事と、引き継ぎの無い仕事をこなす事って似てない?

    最近、ルイス・ダートネル著『この世界が消えたあとの化学文明のつくりかた』を読んでいて思ったのですが、引き継ぎがない仕事をこなす事って、文明崩壊後の世界を生き抜くのに似てないですか? ルイス・ダートネルの本はタイトルのとおり、文明が崩壊してしまった後にどの様にして生き残り、また化学文明を復活させていくかをテーマにした思考実験の内容が纏められているもので、まだ読んでいる途中ですが「もしもの時に使えるかも」なんてサバイバル知識の獲得を期待をしてワクワクしながら読んでいます。 この本の感想はまた別の機会で書くとして、話を戻します。 ちょっと大袈裟な言い方ですが、「引き継ぎがない仕事をこなす事って、文明…

  • 話題のノンフィクション「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」を読んだ

    ブレイディみかこさんの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読み終えました。 今まで読んだ本は全てフィクションでしたが、今回は初めてノンフィクションです。別にノンフィクション読みたい!!なんて思っていたわけではないですが、ネットで本を探していた時に一際目立つ黄色の表紙と音楽のタイトルのような題名に惹かれました。調べてみると何やら色々な賞を取った話題作で、有名な作家からもコメントが沢山寄せられていたようなので読んでみる事にしました。 今までに読んだ本は続きが気になって一気に読んでしまったのですが、今回はあらすじを読んでみる限り、"人種差別"や"貧富の差"と言った重ためのワードが並んでい…

  • 【おすすめ】噂のマシュマロシューズ ホカオネオネ ボンダイ7のレビュー

    今回は僕がおすすめするランニングシューズ「ホカオネオネ ボンダイ7」のレビューです。 このシューズの良いところは何と言っても「クッション性」ですね。 巷ではマシュマロソールなんて言われているぐらいふかふかです。 僕は元々オニツカタイガーのスニーカーを愛用していたのですが、晴れた日でもタイルの上で滑るぐらい底が擦り減っていたので、誕生日プレゼントという事で嫁にボンダイ7を買ってもらいました。 初めて履いた時の感想は、キュッっとしていて、ふかふかでぐんぐん進む、そんな感じでした。見た目もかっこよくていい感じです。 おそらく購入を考えている方は、サイズ感などで迷っている人(僕もそうでした)がいると思…

  • 明日は我が身

    最近、ある出来事がきっかけで僕の周りからある人が居なくなりました。 僕にとってはその衝撃は大きく、半月経った今でもふとした瞬間にその出来事が頭をよぎります。 といっても、こんな風に思っているのは僕だけで、周囲の反応は始めは一種の騒ぎのようになったもののピークを過ぎてからはすぐに落ち着き、今では気にしている人はいないように思います。 別に居なくなった人と親しかったから引きずっているのではなく、この件が起きた事自体にに思うところがあったので頭に残ってしまいました。 何が起きたか簡単に説明します。 普段からその言動や勤務態度が悪目立ちしていたその人は、僕が会社に提出したある報告書によって処分を受け、…

  • うまいお菓子発見!買い溜めてから後悔までの話

    以前はてなブログの今週のお題で「いも」がありましたが、そこで書こうと思っていてすっかり忘れていたネタがありました。 最近本を読むことが多くなって、読み終わる度に「記憶が新しい内に感想を書こう!」という風になって本の事ばかり書いていましたが、元々書こうと思っていた「いも」の話をすっかり忘れていました。 本を読み終わった後の気持ちや感想ってすぐに変わってしまうのですぐ書き出したくなるんですよね。 前置きはさておき、今回は「いも」に関する話として、最近ハマったあるいものお菓子について書きます。 僕は元々大の芋好きで、特にいものお菓子は大好物です。以前ブログに書きましたが、セブンイレブンのシュークリー…

  • ジョジョとミステリーの融合 乙一『The Book』を読んだ感想

    今回は乙一さんの『The Book』を読んだ感想を書いていきます。 この本は僕の大好きな漫画「ジョジョの奇妙な冒険 Part4」のスピンオフ作品で、著者の乙一さんもジョジョ好きということで、この作品に5年を費やしたと言われているとても気合の入った作品です。 その執筆年数に見合うだけのとても面白い内容でした。 この本の良かったポイント ジョジョの世界観を全く壊していない 内容が結構怖い、でも読むのをやめられない ジョジョを知らなくても楽しめる まず、ジョジョの奇妙な冒険の世界観を簡単に説明しておくと、この世界には「スタンド」と呼ばれる超能力(人によって様々な能力を持つ守護霊みたいな力)を持った人…

  • 【感想】バチェロレッテ・ジャパンを見終わって

    Amazon primeで配信していた「バチェロレッテ・ジャパン」が昨日最終回を迎えました。 毎週金曜日の晩、仕事から解放された喜びと晩ご飯を噛み締めながら、机にセットしたiPadで見るバチェロレッテはとても楽しかったです。 そのバチェロレッテも、今週で最終回。 楽しみが一つ減ってしまい寂しい気持ちですが、記憶が新しいうちに感想を書いておきたいと思います。 ※ネタバレを含みます。 バチェロレッテについて簡単に説明するとこんな感じです。 ハイスペックな女性(バチェロレッテ)が結婚相手を探すため、17人の男性達と2ヶ月間に渡り旅をする。 女性は気になる男性にその証として薔薇を渡し、薔薇を貰えなかっ…

  • 本棚から発掘した面白い本 星新一『おのぞみの結末』

    前回読んだ東野圭吾さんの『容疑者Xの献身』が思ったより早く読み終わってしまったので、次に読む本を切らしていたのですが、本棚から一冊の古い本を見つけまして、読んでみたところとても面白かったので紹介したいと思います。 読んだ本は、星新一さんの『おのぞみの結末』です。 この本の良かったポイント 短編だけど物語にぐいぐい引き込まれる 絶妙なひねり具合の結末が面白い 短時間で楽しめる 初版は1976年発行と、40年以上も前の本です。いつ購入したものかは分かりませんが、ページの端が日焼けしてかなり茶色くなっていました。 僕の嫁が「好きな本だから」と実家から持って来たようなのですが、表紙が独特というかちょっ…

カテゴリー一覧
商用