chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
課題解決 https://tasksolution.net/

日常生活からビジネスに至るまで、あらゆる課題に対して、解決策や情報提供を行うブログです。

中小企業診断士K
フォロー
住所
京都府
出身
未設定
ブログ村参加

2020/08/12

1件〜100件

  • GAFAとは 成長要因 改革の歴史 株価

    GAFAとはアメリカの巨大IT企業であるGoogle、Apple、Facebook、Amazonの4社の頭文字をとってつくられた言葉です。本投稿では、短期間で急成長を遂げたGAFAの歴史や成功要因、改革の歴史、今後の課題について記載します。

  • デザイン経営とは 背景 進め方と事例

    デザイン経営とは、デザイン力を活用し、企業のブランド力向上や、イノベーションの創出を行う経営手法です。経済産業省の外局である特許庁が推進しています。デザイン経営の経緯と概念、活用事例について解説します。

  • リーダーシップとは 具体例 歴史 新時代研修

    リーダーシップとは組織を牽引する力のことです。リーダーシップは組織の目的に向かって導き、組織目標を達成するために動機づけを行います。この原稿ではリーダーシップの歴史、具体例や、育成、新時代に向けた研修についてわかりやすく記載します

  • マネジメントとは  研修選定・具体例とスキル

    マネジメント(管理)は、企業において「経営管理」「組織運営」を意味します。マネジメントにおける、定義と必要性、具体例、役割、スキルをわかりやすく記載します。また、マネジメント研修や選定方法、注意点について言及します。

  • 事業再構築補助金とは 採択事例と申請支援

    事業再構築補助金は、新型コロナウィルス感染症の影響が長期化する中で、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変動に対応するために、経済産業省による中小企業などの事業再構築を支援する補助金制度です。事業再構築とは、新分野展開、事業転換、業種

  • IoTとは 事例・業種別活用と実例、その背景 

    IoT(Internet of Things)とは、モノのインターネットをさします。IoT(アイオーティと読む)は、さまざまなモノ(家電製品、センサー、電子機器、生産機械、住宅、建物、車など)が通信機能をもってネットワークに接続されます。

  • バリューチェーン分析(価値連鎖)業種別適用事例

    バリューチェーン分析(価値連鎖)は、企業活動において付加価値を生み出すプロセスを分析し、課題を洗い出し事業戦略の構築を行うフレームワークです。バリューチェーン分析の業種別適用事例と、実際の企業で活用された事例を考察します。

  • 営業研修 折れない業績・組織貢献マインド 階層別カリキュラム

    営業研修は企業の成長エンジンです。新入社員から経営戦略実行レベルまで体系立てた営業研修をご紹介します。折れない営業マインドをつちかい、より高いステージで組織に貢献するビジネスパーソンへの道のりを支援する営業研修カリキュラム(プログラム)を体感ください。

  • SWOT分析とは アフターコロナ時代の活用事例 経営戦略策定

    SWOT分析は、企業の内部環境である「強み(Strength)、弱み(Weakness) 」と外部環境 である「機会(Opportunity)、脅威(Threat)」の頭文字をとった、戦略策定のフレームワークです。新型コロナウィルスは世界に様々な影響を与えました。

  • キャリアパスとは 成長のための道しるべ キャリアパスの事例

    キャリアパス (Career path) とは、「キャリアの道」と訳されます。現在から将来にわたってどのような仕事をして、経験を積み、どのような能力・スキルを身に着けるのかの道筋です。キャリアパスについての概要や、活用事例について記載します。

  • PEST分析(ペスト分析)とは 事例とアフターコロナの外部環境

    PEST分析(ペスト分析)とは、経営戦略や、マーケティング策定を行う際に用いられるフレームワーク(枠組み)です。 世界に大きな影響を与えた新型コロナウィルスで変動した外部環について、実際の事例を交えてPEST分析をご説明します。

  • 事業承継とは 事例と事業承継における課題と税制面の対策

    事業承継は、会社経営、事業を後継者に引き継ぐことです。興した事業は、継続することが重要な目的の一つです。事業承継は、事業継続のために避けては通れません。事業承継の形態、準備すべきこと、心構え、リスクや税金対策、事例について記載します。

  • OKRとは グーグル採用の目標と成果指標 歴史と急成長企業の事例

    OKRとは、 目標と成果指標(Objectives and Key Results)の略称です。 インテル、グーグルなどシリコンバレーのハイテク企業に採用され、急成長を支えてきました。社員に優先順の高い業務に集中させ、社員の成長を支援するOKRについて、事例を交え紹介します。

  • オンボーディングとは 歓迎の精神 人材定着化の取り組み事例

    オンボーディングとは、新しく入社してきた人材を歓迎の精神で受け入れ、早期になじんで力を発揮できるようなコミュニケーションの場づくりや研修プログラム全般を指します。終身雇用の時代から、人材の流動化が進み、新規学卒者の離職率(高卒、短卒の3年以

  • エンパワーメント(権限委譲) 変革へのアプローチと企業の活用事例

    エンパワーメントとは、人の本来の持つ可能性を引き出し組織を活性化させる手法です。AI、IoTなどの情報技術の革新のスピードが速い現代において、個性の力の発揮と迅速な意思決定が必要とされています。企業の変革のアプローチとしてのエンパワーメントと活用事例を記載します。

  • ソーシャルマーケティングとは 事例、業績とブランド向上への貢献

    ソーシャルマーケティングは、社会的な問題解決をマーケティングに取り入れた方法論です。ソーシャルマーケティングの事例を通じて、社会的活動がブランド向上と業績へ貢献するプロセスを見ます。従来のマーケティングは顧客志向のビジネスプロセスです。ソーシャルマーケティングは概念を社会志向まで広げています。

  • ブルーオーシャン戦略とレッドオーシャン 改革と改善の違い

    新たな価値創造によって、需要を生み出していくことをブルーオーシャン戦略(青い海、競合相手のいない領域)といいます。一方、日ごろの現場からの改善を積み重ね、自社の強みを磨き上げ、既存市場(レッド・オーシャン 血で血を洗う競争の激しい市場)で勝ち残る方策が業務改善です。

  • 交渉術のスキル・ビジネス成功への具体論 心理学の活用と事例

    交渉術は、利害関係が複雑な現代社会において必須のスキルです。バランスの取れた交渉力は、ビジネス成功のため重要です。交渉術における方法論を、心理学やビジネスにおける事例(ケーススタディ)を通じて実践的な解説を行います。

  • 1on1ミーティング アジェンダ事例・目的(上司部下の相互成長)

    1on1ミーティングは事前にアジェンダを用意して、効果的に上司と部下が定期的に1対1で対話を行います。1on1ミーティングの目的は、部下のマネジメントと上司・部下の相互成長です。1on1ミーティングで活用できるアジェンダの事例を紹介します。

  • 1on1ミーティング アジェンダ事例・目的(上司部下の相互成長)

    1on1ミーティングは事前にアジェンダを用意して、効果的に上司と部下が定期的に1対1で対話を行います。1on1ミーティングの目的は、部下のマネジメントと上司・部下の相互成長です。1on1ミーティングで活用できるアジェンダの事例を紹介します。

  • リモートワーク(テレワーク)とは ウィズコロナ時代の経営戦略

    リモートワーク(テレワーク)とは、在宅勤務の形態です。ウィズコロナの時代に急速にリモートワークが広がりました。通勤時間が短縮され、仕事の進め方や取り組み意識の改革が必要です。リモートワーク時代における経営戦略の在り方と、マネジメントについて

  • サブスクリプションとは 事例、ビジネスの安定と顧客視点サービス

    サブスクリプションとは、定額で受けられる顧客視点のサービスの総称です。「所有から利用へ」という消費者の価値観の変化にともない、ソフトウェア、音楽や動画のデジタル配信、飲食、自動車、ファッション、教育、など多様な分野で伸び続けています。サブスクリプションの顧客視点のサービスの事例を考察します。

  • アサーティブコミュニケーションとは(事例と人に対する深い理解)

    アサーティブコミュニケーションとは、相手を尊重しながら、自分を受け入れ主張することです。根底にあるのは人間(自己、他者)に対する深くて本質的な理解です。本投稿では、アサーティブコミュニケーションの事例と活用方法、アサーティブトレーニングついて記載します。

  • クラウドファンディングとは 歴史、種類、サービス、マーケティング

    クラウドファンディングとは、「クラウド=群衆」、「ファンディング=資金調達」を組み合わせた造語です。歴史、事例の紹介をします。個人、投資家、企業問わず、ネットのプラットフォーム上から直接企画と投資を結びつけ、これからの時代に合わせたマーケティングの活用を考察します。

  • エモーショナル・インテリジェンス経営 EQによるビジネスの優位性

    エモーショナル・インテリジェンス経営とは、Emotional Intelligence( 感情知能 EI)を活用することで、仕事に対する姿勢、モチベーション、向上心、創造性、リーダーシップを活発化させるマネジメントの仕組みです。EQによって

  • アンガーマネジメントとは 歴史と効果、研修、具体的な取り組み

    アンガーマネジメントとは、怒りを制御し、より良い人間社会を形作る取り組みです。人間にとって怒りは、本能であり必要な機能でした。発展した社会においては、怒りにはさまざまな悪影響があります。アンガーマネジメントの歴史と、効果、研修の考え方について見ていきます

  • チームビルディングで業績向上(目的 事例 人材育成の研修活用)

    チームビルディング(Team building)は、「チームをつくる」と訳されます。共通のビジョン・目標をを達成するために、個々のスキルや能力を発揮する組織づくりです。主に、研修のワークやプログラムで採用されます。実際の業務においても、より

  • エモーショナル・インテリジェンス経営 EQによるビジネスの優位性

    エモーショナル・インテリジェンス経営とは、Emotional Intelligence( 感情知能 EI)を活用することで、仕事に対する姿勢、モチベーション、向上心、創造性、リーダーシップを活発化させるマネジメントの仕組みです。EQによって

  • ティール組織(目的のために進化する組織 事例と次世代への課題)

    ティール組織とは、目的のために進化を続ける組織のことです。意思決定に関する権限や責任は、個々のメンバーにあり、上司や部下といった概念はありません。本投稿では、ティール組織の進化のプロセスと、導入事例と次世代への課題について考察します。

  • ナレッジマネジメントとは(知識の進化で、競争優位の会社へ)

    ナレッジマネジメントとは、会社・組織を構成する個人のノウハウや経験を共有化し、より高次な組織の知識とすることで、創造的な仕事を生み出す経営管理手法です。ナレッジマネジメントによる期待効果には、事業承継などの後継者問題、ベテラン社員の技の伝承の解決があります。

  • デジタルトランスフォーメーション(DX経営)の事例・課題・改革

    DX経営とは、ITによって、生活のあらゆる面で良い方向に変化させるデジタルフトランスフォーメーションを経営に活用する概念です。ITの活用で事業自体を根底から改革し、従来型の発想の延長ではありません。DX経営について、現状の課題、変革、進化について記載します

  • デジタルトランスフォーメーション(DX経営)の事例・課題・改革

    DX経営とは、ITによって、生活のあらゆる面で良い方向に変化させるデジタルフトランスフォーメーションを経営に活用する概念です。ITの活用で事業自体を根底から改革し、従来型の発想の延長ではありません。DX経営について、現状の課題、変革、進化について記載します

  • キャリアアンカー 人生の選択(診断、注意点、組織活用、使命)

    キャリアアンカーは、人生の選択の上で「絶対に譲れない働き方」です。重要な意思決定に影響を与え続ける人生観です。採用、配置、異動などの場面に活用できます。社内で共有し、強みを生かしあうことで、社員エンゲージメント(忠誠心)向上や組織人材の成長につなげることができます。

  • AI経営 AI(人工知能)とは 経営革新の事例とあるべき人材像

    AI経営とは、ビジネススキームにおいて、AI(人工知能)を有効利用して競争優位を確立する経営理論です。AIが、ビジネスプロセスにおいてどのように活用されているのか、そして将来どのような範囲において、新たなる付加価値を生み出す可能性があるかについて事例を交えて見ていきます

  • アクティブラーニング(目的、歴史、メリット)会社・組織活用事例

    アクティブラーニングとは、学習者が能動的(active)に、グループディスカッション、グループワーク、ディベートなど実際の業務手法を取り入れて、自発的に提示された問題に対して考え、意見を交換し、問題解決の手法を導き出して、学習(learning)する方法です。

  • 社員満足度とエンゲージメント(忠誠心)の関係 組織力強化とは

    組織力を強化するためには社員満足度を向上させ、エンゲージメント(忠誠心)を高めることが大事です。組織力には3つのポイントがあります。一つ目は、人には得意分野とそうでない部分があります。欠点を補いあって、得意分野をお互いに活用すれば人数以上の組織力が発揮できます。

  • リカレント教育とは(人生100年時代の循環教育、人材と組織の成長)

    リカレント教育とは、学校教育を終えた後もなお、繰り返しキャリアアップの生涯教育を行うことです。学びの姿勢を持ちづづけることは、組織人材面において極めて高い価値をもたらします。組織人材が未来に向かって成長し続けるためのリカレント教育の目的、事例や仕組みについて考案します。

  • レジリエンス経営とは(折れない心と回復力のビジネスマインド)

    レジリエンス経営とは、苦境に置かれてもしなやかに復元する経営手法及びマインドです。精神医学・心理学の「精神的回復力」という概念から発展しました。厳しい状況に置かれたときにこそ、真の力が試されています。レジリエンス経営の考え方について、事例を交えて説明します。

  • 人財採用とは(会社の視点・応募者の視点・マッチングと育成方法)

    人財採用とは、事業主であれば、どのような人を採用するかは、会社経営の生命線です。応募者からみると、どの職業で、どの会社で勤めるかは、人生における重要な選択と決断です。仕事を通じて自己実現を行い周囲や社会に貢献します。また職場を通じて人とつな

  • ダイバーシティマネジメントとは・日米の事例にみる次世代の働き方

    ダイバーシティマネジメントとは、人材の多様な個性と働き方を受け入れて、企業の生産性を上げます。粒ぞろいより粒違いという言葉があります。本投稿では、ダイバーシティマネジメントの日米における事例と・企業と個人のありかた、政策動向についてみていきます。

  • KPI(重要業績評価指標)とは 事業繁栄する3つのポイントと事例

    KPI(Key Performance Indicator)は重要業績評価指標です。顧客提供価値へのシナリオにおける目標値です。KPIは事業の業績を進捗、管理するうえで、最も重要な指標です。KPIの活用方法、事例について、3つのポイントをわかりやすく考察します。

  • リテンションマネジメント(職場定着)とは・4つのポイント

    リテンションマネジメントとは職場定着管理と訳されます。従業員の退職を防止し、長期間にわたって勤務することでノウハウを蓄積し、強みとするための経営管理の在り方です。コロナの影響でリモートワークが広がる中、リテンションマネジメントの4つのポイントを記載します。

  • カスタマーエクスペリエンス(CX)とは、事例と顧客視点の体験価値

    カスタマーエクスペリエンス(CX)とは、顧客満足度を向上させるプロセスの設計・提供を行います。顧客への提供価値を幅広くとらえ、リピートや紹介、口コミによる拡散効果を最大限にする仕組みです。本具体的な事例と、顧客視点の体験価値を活用する戦略について記載します。

  • 事業継続 起業の成功確率と存続の秘訣とは? 長寿企業の特徴

    事業継続は、たゆまない経営努力が重要です。起業した事業の生存年数率は1年で40%、5年で15%、10年で6%、20年で0.3%、30年で0.02%と言われています。この数字の検証と、ビジネスを永続させる秘訣を探るために、長寿企業の研究をします。

  • 経営幹部の育成方法と役割、必要とされる能力・行動・コンピテンシー

    経営幹部の育成は、企業経営の根幹です。これまでのコンサルティングの経験から、経営幹部のあるべき姿、求められる能力や行動、コンピテンシー(優れた方の行動特性)と、その育成方法について、述べていきます。経営トップ一人でできることは限られています。

  • クリティカルシンキングとは 事例と日本の経済相対的地位向上へ

    クリティカルシンキングは、当然のように見えた前提条件や常識を「本当なのか」「なぜなのか」「どうしてか」といった客観的な目線で本質を見極めます。環境の変動が激しく、先が見えない現在、過去の成功体験が通用しない場合が多くなっています。

  • ファシリテーション技術によるビジネス会議の効率化とアイスブレーク

    ファシリテーション技術は、会議などの人の集まる場で、前向きな発言を促し、参加者の合意や相互理解を形成して、組織を活性化させるリーダーシップのひとつです。先進国の中で、日本は生産性低い理由の一つに非効率な会議があります。

  • シナリオプランニングとは(技法、事例とウィズコロナ)

    シナリオプランニングとは、起こりうる未来を予測して、適切な対応策をあらかじめ準備する技法です。事例研究で明らかなとおり、人であれ、会社・組織であれ、事前準備を入念に行うことは、行動の質とスピードをあげるために大きな効果があります。

  • 営業のやり方・コツ(どんなタイプの人でもできる様々な方法論)

    営業は商品やサービスを販売する仕組みであるために、ビジネスを遂行するうえで避けて通れないビジネスプロセスです。本投稿では、営業に向いていない性格の人が営業という乗り越えなければならない課題の乗り越え方、やり方、コツについて記載します。

  • ビジョン・あるべき姿を思い描く方法(理想の自分・組織・事業へ)

    人や組織にはビジョン・あるべき姿を思い描くことが重要です。何を選択すればよいのか、どのように心がけて毎日を過ごせがよいのかが明らかになってきます。人や組織があるべき姿を決めていくためにどのような思考が必要かについて記載します。

  • リスクマネジメント・BCP・ウィズコロナ時代の攻めの心がまえ

    企業も人も、無防備でいるときと、備えがあるときでは、不測の事態にあった時の影響度が大きく異なります。また、守りだけではなく将来に起こりえる事態を予測することによって、現在の選択をよりよい未来につなげるプラスのリスクマネジメントがあります。

  • 業績拡大・販売力強化と成長の秘訣(事業のボトルネック解消)

    事業の成長には要因があります。短納期、低コスト、市場ニーズ、販売網、時代感覚との合致、営業活動状況などです。本投稿では、事業の販売力強化と成長の秘訣について、事業のボトルネック解消という根源的なテーマからの切り口で記載します。

  • 人材の市場価値をたかめる(人材育成と個人の価値観であるやりがいの融合)

    市場価値の高い人材とは、自らでビジネスの価値を生み出せる人材です。会社や組織から離れても、人脈やスキルをもって稼ぐことができる人材です。転職活動をしても、即戦力として高い年収の提示を受けることができる人材です。人材の市場価値を高めるためには、鍛錬と動機付けが必要です。

  • 7つの習慣とは(アフターコロナ新時代を自分らしく生きる発想法)

    スティーブン・R・コヴィー博士が、著作の「7つの習慣」で紹介した成功哲学は、世界中で活用されています。Fortune誌ベスト100社のうち90社が導入しているなど、多くの優れた企業で導入されている普遍的なプログラムです

  • アフターコロナのニューノーマル(新状態)時代を切り開く発想法

    新型コロナウィルスは2019年中国に武漢で初めて発見されました。各国で緊急事態宣言やロックダウン(外出や入域の制限)が発令され、人や物の動きが滞り、経済は大打撃を受けています。本投稿では、ますます不透明になる未来を切り開く発想法について記載します。

  • 提案営業プロセスの実践(ソリューション営業への道)

    営業活動において、もっともお客様に喜んでいただく方法論の一つに提案営業があります。提案営業はソリューション営業ともいわれ、お客様の課題解決を提案します。お客様に喜んでもらい、かつ自分の売上にもなるというWin-Winの関係になります。

  • 人の評価・選択の考え方(評価面談、評価の罠、採用面接、アセスメント)

    何をやるかよりも、だれとやるかが大事であるという言葉があります。人生においては、多くの人と巡り合う機会があります。自分が時間や労力を注ぐ相手は限られていますので、人の選択と評価は必要です。こちらが選択すると同時に、相手からも評価選択されています。

  • ハラスメント対策と心がけ(会社組織と、個人が気をつけること)

    ハラスメントは、⼈としての尊厳や⼈格を不当に傷つける⼈権に関わる許されない⾏為です。会社や人の人生を破壊する要素として社会問題になっています。ハラスメント防止のため、お互いに尊重と思いやりの心を持つことは、職場環境を良くし、生産性向上を上げることにつながります。

  • ハラスメント対策と心がけ(会社組織と、個人が気をつけること)

    ハラスメントは、⼈としての尊厳や⼈格を不当に傷つける⼈権に関わる許されない⾏為です。会社や人の人生を破壊する要素として社会問題になっています。ハラスメント防止のため、お互いに尊重と思いやりの心を持つことは、職場環境を良くし、生産性向上を上げることにつながります。

  • 業種別営業の成功ポイント(お客様への提供付加価値とは?)

    業種や業態によって、業績をあげるためのポイントは異なります。本原稿では、業種によって異なる強みの磨き方と、提供付加価値向上のストーリーを記載します。事業を成長させるための重要な方法論を営業の側面から説明いたします。

  • わかりやすい決算書から、予算・事業計画策定プロセスの実務

    今回の記事は、実際に過去の会計的な記録である決算書の情報をベースに、未来の計画である予算・事業計画を策定するまでの方法をできるだけわかりやすく解説します。個人事業レベルから、部門に分かれた企業組織まで応用が可能です。

  • ユーザーの声(事業承継に伴う、人事制度構築と組織風土改善研修ファシリテーション)

    今回の記事は、実際に私が支援さし上げたお客様の声を掲載します。こちらお客様については、社長交代に伴う人事評価制度再構築支援と、組織風土改善研修(ワールドカフェ)を行いました。

  • 優れた営業の手法(お客様の懐に入る アプローチと信頼関係)

    優れた営業は、商材が違えども販売力を持っています。顧客への対処法には、普遍的に通用するスキルや姿勢が存在します。特殊な知識や技術が必要な商材については、一人で完結する場合と違い、コーディネート力が要求されます。知識や技能を持っている人材を、商談のポイントで同行させることで販売することができます。

  • 素晴らしい会社のしくみとは(経営理念、経営戦略、業績評価、人事制度)

    現実にすべて素晴らしい会社は、なかなか存在しません。人と同じように、会社もそれぞれよい点、悪い点があります。さまざまな経営者や会社を見てきた中で、素晴らしい会社に存在する共通項はあります。この記事は、多くの素晴らしい会社にある仕組み面について見ていきます。

  • 業績のあがる営業マネジメントの手法(営業組織の活性化)

    企業経営の維持発展にとって営業マネジメントは欠かせません・営業マネジメントとして組織を活性化し、部下を育成するためには、優れた営業であること以外にも、別に必要とされることがあります。本投稿では、営業マネジメントの役割、経験、行動、部下の育成について記載します。

  • 理想の会社へ、従業員満足度を高め、会社と一緒に成長しよう!

    理想の会社とは経営者や社員が一体となって作るものです。本投稿では、従業員満足度と成長が会社業績につながる理想の会社について、経営者、マネージャー、社員の姿勢について記載します。

  • 時代の半歩先を行く、新規事業開発で失敗しないためのリスク管理

    インターネットの検索であらゆる情報が一瞬で全世界に拡散され、共有化されます。以前は通用したビジネスモデルも、情報格差がなくなった現在社会では、あっという間に競争力を失います。情報社会の新規事業開発の在り方とリスク管理について記載します。

  • トップ営業になるタイプ別営業手法(法人と個人・新規と既存)

    営業には扱う商材や対象顧客により特性があります。一方、どの営業にも成績トップクラスになるためには変わらない姿勢があります。タイプ別別営業の特性と普遍的な好業績の姿勢双方を取得することが出れば、どこの業界に行っても通用する営業活動が行えます。

  • 失敗しない人材採用と離職防止について

    人の採用は、企業にとっては成長発展に欠かすことができない重要な要素です。多くの企業にとってみれば、人材は企業競争力の源泉です。一方では、想定していない人材の離職は、企業経営に想像以上に悪影響を及ぼします。この投稿では、人材採用のすすめ方と離職防止策について、記載します。

  • 組織を成功に導くリーダーシップとファシリテーション

    組織をけん引するリーダーシップと、組織を活性化するファシリテーション力を駆使して、組織の成果を上げる方法について記載します。

  • 出世や新規事業につながる企画力

    新しい価値を生み出すためには、アイディア出す発想力がスタートになります。また、組織や集団において、発想されたアイディアをすすめ、組織や集団の中で調整を行い、結果を出す企画力は出世の強力な武器になります。

  • 次世代キャリアアップとあるべき組織

    情報と技術の進歩が加速しているこれからの時代において、次世代に必要とされるビジネスパーソンのキャリアップとあるべき組織について考察します。

  • アフターコロナ時代の働き方改革と生産性向上(事例と進め方)

    ビジネスにおいて、プライベートにおいても、生産性向上は充実した時を過ごすうえで大事な要素です。一方では生産年齢人口減少の中、多様な働き方を受容する必要性がある時代背景と、アフターコロナを見据えたリモートワークの導入など、根本的な取り組みの見直しが必要となっています。

  • 成果のあがる営業プロセスの刷新

    営業活動は、顧客と商品・サービスをつなぐ最も有力な手段です。商品・サービスの特徴を顧客に伝えるだけでなく、顧客の要望を企業に伝え、商品・サービスの改良や付加価値向上に寄与します。本原稿では、営業活動について、より成果があがり効率的に行うプロセスについて記載します。

  • ビジネスモデルの改革と業務改善

    画期的なビジネスモデルを構築し、新市場を開拓することをブルーオーシャン戦略(青い海、競合相手のいない領域)といいます。一方、日ごろの現場からの改善を積み重ね、自社の強みを磨き上げ、既存市場(レッド・オーシャン)で勝ち残る方策を業務改善といいます。

  • 成長のための人事制度の考え方

    企業の強みの源泉の多くは人材にあります。人材の成長こそが、企業の成長につながります。したがって経営における成長戦略と人事制度の関係は重要です。本原稿では成長戦略の中での人事制度を中心に見ていきます。

  • ビジネスに必須のわかりやすい決算書のみかた

    ビジネスにおいて、様々なシーンで決算書をみる力は要求されます。難しかったり細かい知識は必要ありません。本投稿では、決算書で抑えるべきポイントをできるだけわかりやすく記載します

  • 経営理念と経営戦略を知ってビジネススキルアップ!

    企業を立ち上げる際、最初に意識すべきなのは、何のために経営を行うかです。経営理念とは、何のための事業を行うかの目的を言葉にして表現したものです。本投稿では、経営理念と経営戦略の関りについて記載します。

  • 最強のコミュニケーション 傾聴のスキル

    傾聴のスキルは、対人関係の万能薬です。「人は、しゃべるのが上手な人よりも、自分の話をしっかり聴いてくれる人に好感を持つ」ものです。

  • 30秒で伝える話法~シリコンバレーのプレゼンに学びチャンスをつかもう~

    ビジネスチャンスを自分のものにするためには、キーマンの関心をひかなければなりません。キーマンは、多忙のためさける時間は限られています。今回の投稿では、短時間で相手の関心を引くプレゼンの方法について記載します。

  • 事業・営業の新規開拓の方法

    事業が継続するためには、売上・利益が必須です。売上は、既存顧客からリピートオーダーと新規顧客からの2つです。既存顧客からの売上が一番生産性が高いですが、限度がありこれ以上広がるものではありません。新規顧客は獲得が難しいが、可能性は無限にあります。この投稿では、新規顧客開拓の方法論について、述べていきます。

  • 経営コンサルタントの仕事内容

    経営コンサルタントの活躍の場は多様です。専門分野も経営戦略、業務改善、IT導入と幅広くあります。本原稿では、コンサルティングファームの分類、市場と経営コンサルタントの仕事内容についてみていきます。

  • 人材育成の具体論と人事制度

    人材の育成は、企業経営にとっては根幹です。社員の成長が企業の成長に直結しています。一方では社会人の教育は、本人の自覚次第で大きく成果が異なります。本原稿では、企業における人材育成と、社会人としてのキャリアアップのための成長の双方の側面から、人材育成のポイントについて記載します。

  • 経営診断の方法論

    経営診断では、外部の専門家の立場でその企業の問題点、課題、強み、弱み、環境などを分析します。経営診断は、事業計画を作成したり、経営改善に役に立てます。その他、企業価値を算定して、M&Aの買収価格設定に利用したり、融資審査の条件検討に活用します。

  • 組織・人事戦略のポイント

    戦略は組織に従う(アンゾフ)。という言葉があります。経営戦略を実行するのは、組織であり人材です。いかに優れた戦略を立てても、実行部隊である組織が機能しないとうまくいきません。組織人事は、経営戦略を実現し、事業を継続するうえで非常に大事な要素です。

  • 報告・連絡・相談とビジネスコミュニケーション

    円滑に仕事をおこなうえで、コミュニケーションは重要な要素です。社内的なコミュニケーションは、報告・連絡・相談(報・連・相)という形の基本的な方法論があります。この原稿では、報告・連絡・相談について、具体例と考え方について解説していきます。組

  • 転職における会社選びのポイント

    就職先を選定することは、人生にとって極めて重要です。まず、40年勤務するとすれば、寿命が80歳として、人生の半分の期間を職場で過ごすこととなります。常識的で、そして話題豊かで、気の合う、同僚や取引先、上司に恵まれたいと思いませんか。

  • 顧客への提供価値と販売力強化について

    ビジネスモデルのキーコンテンツは顧客への提供価値です。顧客にとって価値があると判断されたから購買に至ります。顧客の購買行動によって、事業に絶対必要な売上が生み出されます。顧客への提供価値の期待値を伝え、顧客の購買行動に結びつけることが、販売力強化のテーマです。

  • ビジネスコミュニケーションのスキル向上

    ビジネスを動かしていくためには、人と協調したり、調整したり、折衝する必要があります。ビジネスパーソンとして活躍するためには、コミュニケーションが大事です。では、ビジネスコミュニケーションをスキルを向上させるためにはどのようなことに取り組んだらよいのでしょうか。この記事は、仕事を円滑に進めるためのビジネスコミュニケーションのスキル向上について、基本的なことから書いていきます。

  • 油による台所の排水溝のつまりの解決方法

    台所の排水溝は日常生活で欠かせない設備です。住まいの問題は快適な住環境を保つために、日ごろの心がけが大事です。油を排水溝に流すと、つまりの原因になるばかりだけでなく環境にもよくありません。油が下水へ流れ込むと下水管がつまり、下水道が使用できなることもあります。ご近所に迷惑をかけることさえあります。

  • 資格の価値(中小企業診断士)

    中小企業診断士の取得者として、そして中小企業診断士として独立開業した経験から、資格の意義と実態について、書いていきます。中小企業の経営課題の診断・助言を行う専門家という位置づけです。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します

  • 営業、売上拡大の実績と方法

    この記事は営業において、なかなか売上が上がらない、成績が上がらないで悩んでいるかた向けです。どうしたら、営業の数字があがるようになるかについて、方法論を書いています。いくつかの処方箋があります。取り組みやすことから素直に実行し、継続することができれば、売上や営業成績は向上するでしょう。

  • 人材採用のポイント

    人材の採用がうまくいかないと、企業に様々な悪影響を及ぼします。入社した社員が定着化しないため、新規採用コストがかさむ。退職者の引継ぎが不十分で、後任に負担がかかる。社員が育たなくて戦力化しない。問題社員がいて処遇に困る。この記事は、人材採用にまつわる様々な問題の原因と対策について記載します。

  • 不動産投資のメリット(収益・節税)とリスク管理について

    不動産業所有は不労所得を得る最も有効な手段の一つです。その他のメリットとして、土地の値上がりによる含み益、そして節税効果があります。この原稿では、不動産投資のメリットとリスク管理についてみていきます。

  • 営業、売上拡大の実績と方法

    この記事は営業において、なかなか売上が上がらない、成績が上がらないで悩んでいるかた向けです。どうしたら、営業の数字があがるようになるかについて、方法論を書いています。いくつかの処方箋があります。取り組みやすことから素直に実行し、継続することができれば、売上や営業成績は向上するでしょう。

  • 個人事業主と法人化のメリット・デメリット

    個人事業主として開業するのか、法人化して代表取締役になるのか、会社員の道を選ばずに独立した場合に必ず避けて通れない論点です。このサイトでは、中立的・客観的に、個人事業主と法人化のメリットとデメリットをお伝えします。

  • 九条ネギ(京野菜)

    九条ネギは、日本の青ネギ(葉ネギ)の一種です。一方、 根深ネギは寒さに強いので主に東日本で多く栽培されています。葉ネギは、九条ネギをはじめとして西日本で栽培されています。

  • 退職金制度の作成とポイント

    従業員の長期的な会社に対する忠誠心をえるためには、退職金制度を整備するのは有効な手段となります。本原稿では退職金制度の作成方法と、留意すべきポイントについて記載していきます。

  • 京都府のブロッコリー

    京都府のブロッコリーは、宇治市、八幡市が代表的な産地です。ブロッコリーはアブラナ科アブラナ属の緑黄色野菜です。キャベツの一種が、イタリアで品種改良されたものとされています。

  • 退職金のメリットと留意点、準備の方法

    節税の中でもっとも効果が高い方法の一つは、退職金です。退職金は税法上でも、社会通念上でも、事業や会社が生み出した所得を個人に還元するうえで、優遇を認められています。そしてもう一つは、長年、事業や社会に貢献してきたことに対する慰労です。本原稿では、退職金についてのメリットと留意点、準備の方法について書いていきます。

ブログリーダー」を活用して、中小企業診断士Kさんをフォローしませんか?

ハンドル名
中小企業診断士Kさん
ブログタイトル
課題解決
フォロー
課題解決

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用