searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

タルボットさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
米国株投資情報局
ブログURL
https://ustockinformation.com/
ブログ紹介文
米国株についてわかりやすい解説を目指します!
更新頻度(1年)

58回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/07/14

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、タルボットさんをフォローしませんか?

ハンドル名
タルボットさん
ブログタイトル
米国株投資情報局
更新頻度
58回 / 365日(平均1.1回/週)
フォロー
米国株投資情報局

タルボットさんの新着記事

1件〜30件

  • コアアンドメイン(ティッカー:CNM)

    コアアンドメインは今回のIPOで7億5,000万ドルを調達予定で、25億8,000万ドルという多額の累積債務を返済に当てるため上場を計画しているようです。ただし、累積債務を抱えているといっても、2021年1月31日に終了した12か月間のフリーキャッシュフローは、2億800万ドルであり、成長及び収益性に関しては投資を検討する余地があります。

  • カルチュラ(ティッカー:KLTR)

    カルチュラのビジネスを一言でいうと、「統合型ビデオプラットフォームの提供(タルボット解釈)」です。つまり、世の中で出回っているビデオに関する製品は動画の配信、録画、編集、管理、視聴分析をぶつ切りにしたものですが、これらすべてを1つのプラットフォーム上に集約してしまおうというのがカルチュラの戦略です。

  • ジェネラック・ホールディングス(ティッカー:GNRC)

    ジェネラックは上場は2010年と比較的最近ですが、創業は1959年と歴史があります。米国国内を中心に業務用・家庭用の発電機メーカーとして事業展開しています。特に家庭向けの発電機に関しては全米No.1のシェアを誇っており、一家に一台に迫る(ジェネラックいわく)という驚異の普及率を持っています。日本でも代理店を通じて2015年から販売を開始しています。

  • オートリー(ティッカー:OTLY)

    今回紹介するのはそんな代替乳を主力製品として事業を展開しているオートリー(Oatly)というスウェーデンの企業になります。オートリーはオーツ麦を原料とした代替乳製品の開発を25年以上行ってきており、この分野では先駆者と言っていいでしょう。

  • ピックペイ(ティッカー:PICS)

    ピックペイはいわゆるスーパーアプリというものを提供しているブラジルの企業になります。スーパーアプリとは決済やSNS、eコマースなどのさまざま機能が1つのアプリに集約されて提供されているものになります。

  • ザイマージェン(ティッカー:ZY)

    さて今回ですが、合成生物学の企業第2弾としてザイマージェンを紹介します。この企業について理解するためには合成生物学についても理解しておくことが必要かと思いますので、先にアミリスの記事を読んでいただくことを推奨します。

  • アミリス(ティッカー:AMRS)

    今回ですが、みんな大好きアミリスについて解説したいと思います。前々から気になってはいたのですが、話題になってから時間が経っていたので、記事にする必要ないかなと思っていました(笑)

  • スーパーリーグゲーミング(ティッカー:SLGG)

    今回はスーパーリーグを取り上げます。またまたゲーム関連銘柄ですがお許しください(笑) さて、スーパーリーグですが、アマチュアゲーマー向けにeスポーツリーグを提供している企業になります。プロゲーマーではなくアマチュアゲーマーを中心に考えているのはなかなかユニークだなと感じました。

  • ルビウスセラピューティクス(ティッカー:RUBY)

    久しぶりにバイオ関連の株を紹介したいと思います。今回紹介するのはルビウスセラピューティクスです。あまり聞き馴染みのない企業ではありますが、開発している治療法のコンセプトはなかなか面白いなと感じる部分もあったので取り上げることとしました。

  • チェックキャップ(ティッカー:CHEK)

    最近のチェックキャップの株価ですが、2倍以上に急騰しています。この理由として挙げられているのがまたしてもFDA承認です。前回紹介したセカンドサイトもそうですが、FDA承認がいかに株価の上昇に寄与するのかよくわかります。

  • セカンド・サイト・メディカル・プロダクト(ティッカー:EYES)

    みなさんはテンバガー銘柄を持っていたことはありますでしょうか?テンバガーは通常であれば数年〜数十年かけて達成されることが多いと思いますが、今回紹介するセカンドサイトはなんと数日でテンバガーしてしまいました。

  • 「IPO時の時価総額1Bドル以上の銘柄をとりあえず買っておけば勝てる説」を過去10年間で検証してみた

    さて、どのような説を検証したいかというと、タイトルにある通り「IPOの時価総額1Bドル以上の銘柄をとりあえず買っておけば勝てる説」です。なぜこのようなことを考えたかといえば、最近のIPO銘柄を調べていて、1Bドル以上の銘柄はすでに有名な企業も多く、株価が上昇している企業も多いと感じたからです。しかし、これは感覚の域を出ず、実際に調べたらどうなるのか気になってしまいました。

  • スマイルダイレクトクラブ(ティッカー:SDC)

    今回は歯列矯正サービスを提供しているスマイルダイレクトクラブについて解説したいと思います。今回も知らない企業でしたが、株価が10ドル台となかなかお求めやすいなと思い、気になりました。

  • サンカントリー航空(ティッカー:SNCY)

    サンカントリー航空の特徴は旅客向け以外にも貨物向けの運搬を行っているという点にあります。さらにこの運搬サービスの提供は、6年間にわたるアマゾンとの運搬サービスの契約が背景にはあります。この契約は「ATSA」と呼ばれており、アマゾンが航空機・燃料を含む運営費・荷降ろしサービスを提供、一方でサンカントリー航空は乗務員や航空機のメンテンナスなどを提供します。

  • ロブロックス(ティッカー:RBLX)

    ロブロックス(Roblox)について解説します!① 2021年3月10日にニューヨーク証券取引所に直接上場② ゲームで遊ぶだけではなく、製作者にもなれるプラットフォーム③ ゲーム制作者はRobuxというゲーム内通貨でマネタイズが可能ロブロッ

  • プレイティカ(ティッカー:PLTK)

    こうしてプレイティカが収益の高いゲームを量産できる背景には、「ユーザーが何十年も対話できるプラットフォームとしてゲームを運用する」という哲学が大きく影響していると考えられます。ユーザーが飽きたら衰退していくという通常のゲームを開発する気はないということですね。これを裏付けるように、2020年9月30日までの12か月間の収益の約半分が2016年以前にプレイティカのゲームをダウンロードまたは最初にプレイしたユーザーからのものであり、ユーザーの定着率の高さが伺えます。

  • 2021年2月投資成績・ポートフォリオ

    3月に入ってから2月の振り返りをしていませんでしたので、記事にしておきます。調整が入ったことでなかなかパフォーマンスが悪化してしまいましたが、基本的には長期でホールドするスタイルで運用していますので、特に売却などは行いませんでした。

  • インシーゴ(ティッカー:INSG)

    インシーゴが提供するのは5G通信用のハードウェアデバイスやソフトウェア、およびそのサポートサービスです。大企業から中小企業までこれらのサービスを提供することで毎月課金してもらうというビジネスモデルですね。一度導入してしまえば継続的に売上の発生するサブスクリプションモデルですね。

  • クーパン(ティッカー:CPNG)

    さて今回ですが、韓国のアマゾンと呼ばれるeコマース企業クーパンを紹介したいと思います。韓国では有名なのだそうですが、私は今回調べるまでは全然知りませんでした(笑) 2018年にソフトバンクのビジョンファンドから20億ドルを調達しているということですので、知っている方も、もしかしたらいるかも知れませんね。

  • 2021年1月投資成績・ポートフォリオ

    さて、2月に入って投稿の方サボっていましたが、投資記録の方は書こうと思いますw 1月はPF全体では+10%以上だったので、かなり好調でしたね!さすがにこのままいくとは思っていないので、調整には警戒しながらリスク管理していきたいなと思っています。

  • サナ・バイオテクノロジー (ティッカー:SANA)

    今回はサナ・バイオテクノロジーを紹介したいと思います。私はこの企業知らなかったのですが、Twitterでいつも仲良くさせていただいているケイさんやタケさんのツイートでこの企業を知りました。

  • サナ・バイオテクノロジー (ティッカー:SANA)

    今回はサナ・バイオテクノロジーを紹介したいと思います。私はこの企業知らなかったのですが、Twitterでいつも仲良くさせていただいているケイさんやタケさんのツイートでこの企業を知りました。

  • カリクスト(ティッカー:CLXT)

    ゲノム編集といえば、2020年にノーベル賞をとったことで一躍有名になりましたが、この技術が影響のを与えるのは医療分野に留まりません。農業の分野でも、例えば作物の栄養価を高くしたり、生産量を増やしたりすることができます。こうして改良された作物は今後市場に大量に出回るようになるのは想像がしやすい将来です。

  • 【初心者向け】バイオ株を見るときのポイントここだ!

    さて今回ですが、人気が高まってきているバイオ株を見るときのポイントについて解説していきたいと思います。

  • アノビアス・バイオ(ティッカー:ANVS)

    アノビアス・バイオ(Annovis Bio)について解説します!① 2020年3月以降株価は上昇トレンドに入っている② アルツハイマー病治療薬という市場のポテンシャルの高さ③ 複数の神経毒性タンパク質を阻害するというユニークなメカニズムをも

  • オルガノジェネシス(ティッカー:ORGO)

    今回取り上げるのはオルガノジェネシスという企業になります。同社はマサチューセッツ工科大学(MIT)で開発された技術を基にスピンオフという形で1985年に設立されました。もともとは創傷治療の領域で事業展開していたようですが、親和性の高さもあってスポーツ医学の分野にも進出したということです

  • 2020年12月投資成績・ポートフォリオ

    みなさん、あけましておめでとうございます! 2020年は思っていたよりもたくさんの方に当ブログを読んでいただいて、嬉しかったです!2021年はより多くの方に読んでいただけるように頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします!(投稿頻度は相変わらずまちまちにはなってしまうと思いますがw)

  • ARKGの組み入れ上位銘柄について解説します

    要望の多かったARK Genomic Revolution ETF(ARKG)の組み入れ銘柄上位10銘柄の概要について解説していきたいと思います。どうやら、ARKGに投資してみたいけどゲノム関連の企業が何をやっているのかさっぱり分からないという方が多いみたいですね。

  • リジェネックスバイオ(ティッカー:RGNX)

    メリーランド州に本社を構える同社は、「遺伝子治療を通じて人々の生活を向上させる」をスローガンに掲げており、いかに遺伝子治療に力を入れているかが分かります。おそらくあまり知っている方はいないのではないでしょうか?

  • 2020年11月投資成績・ポートフォリオ

    2020年11月の投資成績・ポートフォリオ最近全然ブログの方更新できておりませんでしたが、この投資記録の方は何とか続けられたらと思っています。個別株の方も気が向いてきたらやっていこうかと思っています。今は何故かその意欲が失われています(笑)

カテゴリー一覧
商用