searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

neverland89さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
あ・る・が・ま・ま
ブログURL
https://sixiemesens.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
写真と、折々の雑感を記した徒然写真帖。 デジタルフォトからデジタルアートまで、時にはアナログ時代のフィルム写真や書も含めた雑記帳です。
更新頻度(1年)

82回 / 113日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2020/07/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、neverland89さんの読者になりませんか?

ハンドル名
neverland89さん
ブログタイトル
あ・る・が・ま・ま
更新頻度
82回 / 113日(平均5.1回/週)
読者になる
あ・る・が・ま・ま

neverland89さんの新着記事

1件〜30件

  • マスク

    マスクといっても、コロナ予防ではなく、仮装用の仮面。宝石箱の蓋にはめ込まれた6個のマスクのうちの一つ。縦40mm横25mmの磁器。裏にはピンがついており、アクセサリーとしてそのまま使える。...

  • POSTER

    古いアメリカのポスター。これもアンティークショップで購入したもの。髪型も化粧もノスタルジック。...

  • デミタスカップ

    サウスカロライナのリゾート地チャールストンのアンティークショップで見つけたデミタスカップ。ユニークな形と見事な筆使いの金彩。...

  • CAFE89

    足掛け14年営業していた西新宿の店。2017年に閉店。ここで本当にたくさんの人と出会った。自分の最後の仕事。...

  • エンボッサー

    作品に直接エンボスを押したり、シールにエンボスしたものを貼り付ける。立体スタンプ。作品を販売するときにこのシールがあると少し引き締まって見える。...

  • NIKOS PARFUMS

    ニコスのパルファム。このボトル・デザインの斬新なこと。スタンドがなければ自立できないという代物。半分土中に埋めて使う縄文土器の発想に近い・・・...

  • ミニチュア・シューズ

    以前、仕事で訪れたサウスカロライナ州グリーンビルのみやげもの店で購入。時折、女性っぽいものに惹かれることがある。...

  • CAMUS ブランデー

    飲めないからミニチュアボトル、中身よりボトル。何故かこういうデザインに惹かれる。...

  • 形見

    これも、母が残したもの。お酒は一滴も飲めなかったのに、こんなものは好きで集めていた。その体質をそっくり受け継いだ自分もアルコールは全く受け付けず、しかもこんなものを愛好する嗜好までそっくり受け継いでしまった。...

  • ジャン・コクトー

    母の残したグラス。竹久夢二と、ジャン・コクトーが大好きだった母。大正14生まれの母は、30代半ばでスモン病という薬害禍にあい、89歳で亡くなるまで下半身の麻痺から解放されることはなかった。モボ、モガ、夢二の大正ロマン、コクトーのエスプリ、そんなものに憧れていた母を思い出す。...

  • EXAKTA

    koremaこれはExakta varexというモデル。ファインダーは普通の一眼レフと同じ仕様。ただしフィルムの巻き上げも、シャッターボタンも左側についている。しかもシャッターは上から押すのではなく、前面から手前に押し込む。なんとも変わった仕様。...

  • EXAKTA

    vx1000は一眼レフでありながら、まるで二眼レフのようにペンタプリズムカバーを開けて、上から覗き込むようになっている。何しろフィルムの巻き上げも、シャッターボタンも左側についた、何とも不可解なメカニカルなカメラ。...

  • Canonflex RP

    初めて使った一眼レフ。キャノン・フレックスRP。ファインダーで見たままが写るカメラ。感動的だった。フィルムも入れずに、ファインダーを覗きながら何枚もシャッターを切って、飽きずにいたものだ。...

  • CONTESSA

    ZEISS IKON のCONTESSA。セレンの露出計装備。残念ながら針は動作しない。蛇腹ではないが方式としてはカバーを開けてレンズを引き出すのでそう呼んでも差し支えないかも。TESSAR 45mm F2.8。割合明るめのレンズだ。...

  • BOLSEY B2

    ROBOTよりさらに小型のライカ判カメラ。WOLLENSAK ANASTIGMAT 44mm/F3.2残念ながらもうシャッターがチャージできなくなってしまった。...

  • ミニチュア・サックス

    こういうミニチュアを見かけると、つい集めたくなってしまう。本物は当然高価だし、何より練習して使えるようにならなければ意味がない。その点ミニチュアは飾って眺めていればいい。...

  • ROBOT

    10年ほど前、横浜中華街の中古カメラ屋で見つけた一台。35mmのフィルムを装填、画像は一辺ほぼ23mmの正方形。ゼンマイを巻き上げて、4~5枚の連続シャッターが切れる。40mm/f1.9のシュナイダー、XENONがついていた。レンズがねじ込み式になっているので、交換レンズもあったのだろう。確かにロボットのようだ・・・...

  • 愛機CONTAX

    CONTAX Tvs 海外視察にはいつもこれ1台を携えて出かけた。本当によく働いてくれた愛機。...

  • 自由が丘のショップで

    TODAY'S SPECIALで買った10cm四方の額縁。写真は自由が丘でショーウィンドウを撮ったもの。...

  • 印材

    落款用の印材にもこうした装飾を施す。石の中にある色や文様を活かす、これだけで充分アート。...

  • ミニチュアのトルソー

    パリのおみやげ。これもミニチュアのトルソー。どことなくアンニュイな雰囲気が漂う。...

  • ホルスタイン

    何故かミニチュアなものに惹かれる。この乳牛もそう。小さくてリアル。そこに凝縮された世界が想像で大きく膨らんでくるようだ。...

  • 六角形鼠志野香炉

    父の作品もこれが最後。正六角形という形も、意外と整えるのが難しい。鼠志野の香炉。...

  • 鶴首徳利

    染付蛸唐草文鶴首徳利。徳利とはいえ、この細い口では酒を入れるにも、注ぐにも相当骨が折れてしまう。何か別の役割があるのではないかと思うが・・・我が家では一輪挿しに使っている。...

  • 青海波壺型香炉

    これも父の作った香炉。緻密な性格が良く出ている作品。...

  • 石漆

    石に漆をかけてペーパーウェイトにしたもの。石、漆というなんとも不思議な組み合わせは、漆芸作家の野口健さんの作品。京橋のギャラリーで僕の個展に続いて彼の個展だったことから、偶然会うことができた。彼の最も得意とする作品は麻布と綿糸、漆を使った乾漆技法による独特な造形だ。...

  • 獅子香炉

    これも父が残した香炉。渋い彩色で咬み合わせがちょっとずれてるところもご愛敬。...

  • 手びねりの水滴

    手びねりの水滴。如何にも手練れの仕事。いとも容易く軽妙な技。いつか自分の作品も、このようにありたい・・・...

  • 龍文鎮

    龍の文鎮。玉を抱え雲の上を飛ぶように走る赤い龍。何か勢いを感じて元気になる。...

  • 獅子文印泥

    堆朱の風合いを模した印泥。中国ではこういうもの一つとっても細かな手作りの細工職人がたくさんいる。...

カテゴリー一覧
商用