searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

点心さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
香港時間 - Hong Kong Time -
ブログURL
https://hongkong2019.hatenablog.com/
ブログ紹介文
香港の今を、日常から、写真と文で読み解きます
更新頻度(1年)

3回 / 5日(平均4.2回/週)

ブログ村参加:2020/06/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、点心さんの読者になりませんか?

ハンドル名
点心さん
ブログタイトル
香港時間 - Hong Kong Time -
更新頻度
3回 / 5日(平均4.2回/週)
読者になる
香港時間 - Hong Kong Time -

点心さんの新着記事

1件〜30件

  • 23回目の返還記念日の香港の一コマ

    23回目の香港の中国返還記念日だった7月1日。 恒例の「7・1民主化デモ」は許可されず、前日に可決施行された「香港国家安全維持法」に反対する市民が、自発的に香港島・主要道路を歩いた。「国家安全維持法」が施行されて初めての、違法なこのデモで、370人が逮捕された。このうち10人が、この法律に違反する行為に該当するそうだ。そんな光景とは対照的に、街には返還記念日を祝うノロシや看板もあちこちにある。 市民によって道路に置き去りにされた横断幕にはこんなメッセージが書いてあった。 我哋真係好撚鍾意香港 私たちは本当に香港が とってもとっても好きなのに ーーーーー さよなら。自由奔放な香港。そして再スター…

  • Goodbye HK, 香港的二次回帰

    6月30日、時計の針が刻々と時を刻み、やがてその瞬間がやってきた。「香港版国家安全維持法」の可決だ。午前10時45分に日本人の友人から携帯に寄せられた「ついに可決したね」というメッセージで知った。昼頃に法案可決の見通しという事前のニュースを見ていたので、思ったよりも早かったんだなと思ったが、午前9時過ぎには可決したのだ。 (RTHKのネットニュースから) 可決自体に驚きはない。最初から結果はわかっていたから。これで英国植民地時代から今日まで織りなした中洋折衷の多彩な「HongKong」は去り、今後は中国政府のお膝元で、「新しい香港」として香港は再スタートすることになる。 もちろん、香港ドルより…

  • 追い込まれる香港の民主活動家たち

    国家転覆行為などを取り締まる「香港国家安全維持法」の可決・施行がいよいよ秒読み段階となり、この法案計画が明らかになって以降、すっかり表舞台から姿を消してしまった民主活動家たちだが、彼らが追い込まれている状況が地元紙からも見て取れる。 (「大公報」1面) 本日(6月29日)付「大公報」、「星島日報」などは、米トランプ米大統領が今月初めに、米国放送理事会(USAGM)が世界の民主活動に充てていた資金200万米ドル(約2億1000万円)を凍結したと伝えた。これは雑誌「タイム」の最新号からの引用で、この資金の一部は、昨年から続く香港の反政府活動に充てられていた。また同誌によると中国政府から制裁措置を食…

  • 「香港版国家安全法」施行前の最後の週末はー。

    「香港版国家安全法」施行前の最後の日曜日になるであろう6月28日、事前に申請されていた反政府デモは許可されなかったが、ネットでの呼びかけに応じた市民が自発的に集まり、午後3時ごろから九龍半島の佐敦から旺角まで行進した。 テレビやネットのニュースによると、集まった市民が、警察の解散の警告を無視して歩き続けた。途中、沿道などからも抗議の声を発する市民がいたという。警察が対峙する市民に向かって胡椒スプレーを放つ場面もあったようだ。警察は不法集会を行ったとして53人(男性41人、女性12人)を拘束した。 (RTHKネットニュースより) 同じく午後3時からデモが予定されていると噂されていた香港島・銅鑼湾…

  • 「香港の鉄の女」、政治活動から引退

    [ 「香港の鉄の女」「香港の良心」「陳太(チャンおばさん)」と言われた陳方安生(アンソン・チャン)さんが6月26日、80歳を機に公民及び政治活動から身を引くと発表した。「香港版国家安全法」の導入の動きが進む中での引退宣言。一夜明けた香港の主要紙はやはり、読み応えがあった。 アンソン・チャンさんといえば、香港で知らない人はいない。サザエさん似の親しみやすい容貌はさておき、中国返還前の香港政庁時代には、総督に次ぐポジション、布政司に華人として初めて就任、最後の総督に仕えた。返還後の香港特区政府では行政長官に次ぐ政務局長として行政手腕を発揮した。引退後は立法会(議会)選に出馬して議員となったり、行政…

  • 破壊や落書き、新型コロナ期間に修復ーチムシャツイー

    2ヶ月半ぶりぐらいで、九龍半島の繁華街・チムシャツイの地下鉄駅を出て地上に上がったら、昨夏以降の反政府デモで破壊されていた地下鉄の地上出入口やその周辺が修復されていた。デモ隊によって粉砕されたガラス部分は金網に変わるなど、以前とは違った格好に。新型コロナの流行で、今年に入って反政府デモや抗議活動が鳴りを潜めた間に、"デモに強い"仕様に生まれ変わっていたのだ。 以下、「デモ期間中」と「コロナを経た今(6月22日)」の状態がわかる写真を並べて比較してみる。 デモ隊が書き殴ったスローガンなどはスッカリ消されていた。 ガラスの壁はヒビが入って危険なため、緊急避難的に木の板で覆っていたが、今は厚いガッシ…

  • 待ちに待った1万香港ドル支給、受付始まる

    多くの香港市民にとって待ちに待った申請手続きが始まった。香港政府による1万香港ドル(約14万円)支給の申し込み受け付けが6月21日(日)から、ネットバンキングや銀行の窓口などで始まったのだ。日曜日にも関わらず、初日だけで約200万人が申請。この現金支給も、政府支給のマスク「Cuマスク」同様、計画が立法会(議会)で可決されてから申請開始までわずか1か月だった。7月8日から支給されるが、ネット申請は「3秒で完了した」という友人がいるほど、簡単で、相変わらず細部にわたりスピード感があるシステムだ。(冒頭の写真は中国銀行(香港)のネットバンキングの申請画面) (建設銀行のネットバンキングの申請画面) …

  • 香港市場に上場の京東、「塞翁が馬」で快進撃

    6月18日に鳴り物入りで第二上場した、中国インターネット通販2位の京東(JDドット・コム=9619)は、まさに塞翁が馬で今の王国を築き上げた。 同社は18日、米ナスダック市場に続き、香港市場にも上場した。初日の終値は、公開価格よりも8香港ドル(3.54%)高の234香港ドル(約3100円)だった。今回、市場から300億香港ドル(約4200億円)を調達したわけだが、この京東のオーナーでCEOの劉強東氏は、逆境をビジネスチャンスに変えた。まさに塞翁が馬。災い転じて福となしたのだ。 同社の創立は1998年だが、当時は日用品の店舗販売会社だった。2001年には中国最大の磁気光学製品の代理店となり、10…

  • 老舗ホテル「新樂酒店」が幕を下ろす

    1952年に開業した九龍半島・ネイザンロード沿いの新楽酒店(シャムロック・ホテル)が6月15 日に約70年の歴史に幕を閉じた。あのブルース・リーや薛家燕(ナンシー・シット)など、人気俳優や売れっ子歌手などが訪れていた歴史あるホテルだけに、閉館前の最後の週末は多くの市民が別れを惜しんでやってきた。 新楽酒店は、九龍半島のメーンストリート、ネーザンロード沿いに構えるホテル。(最寄りの地下鉄駅は「ジョーダン駅」) 今では高層ビルに挟まれて目立たないが、完成当時は九龍半島一番の高層ホテルだった。 (オープンを伝える新聞記事と当時の写真、「蘋果日報」より) ホテル内のレストランには、ブルース・リーが幼い…

  • 破綻寸前のキャセイ航空、香港政府の支援で回避

    香港のフラッグシップ「キャセイ・パシフィック航空」が「倒産寸前の危機的状況」陥り、香港政府が救済に乗り出すことになった。6月9日に発表した。香港政府は新たに発行する優先株を引き受けるとともに貸し付けをし、持ち株が4番目に多い株主になる。香港を代表する優良企業の同社が、わずか5ヶ月余りで破綻寸前に追い込まれるとは。世界を大きく変えてしまった新型コロナウイルスの破壊力は、底知れぬ凄まじさだ。 キャセイ航空は、現在の時価総額の倍以上の、390億香港ドル(約5400億円)の資金を調達して再編に乗り出す。うち、195億香港ドル分(約2700億円)は香港政府に対して優先株を発行。また78億香港ドル分(約1…

  • HKにコーヒー文化をもたらしたスタバ20周年

    久しぶりにスターバックスに行ってホットコーヒーを注文したら、紙カップ用カップスリーブが写真のような特別バージョンだった。 描かれているのは、 20th STARBUCKS HONG KONG という、香港のスタバの20周年を祝う文字とクマのイラストだ。 スタバが香港に上陸してもう20年になるんだ、と当時を懐かしく思わずにはいられなかった。何せ香港にコーヒー文化が根付くきっかけを作ったのは、スタバだから。 コーヒー好きの私にとって来港時辛かったのは、美味しいコーヒーが手軽に飲めなかったことだ。当時も大衆食堂でもコーヒーはあったが、これがえらく不味かった。大昔の日本のインスタントコーヒーのような味…

  • それでもキャンドルは灯った-天安門追悼集会

    1989年の天安門事件の犠牲者を追悼する、恒例のビクトリア公園での「6・4集会」。31回目の今年は、新型コロナ対策を理由に警察からは集会の許可が下りず、違法の中で行われた。にもかかわらず、多くの市民が集まり、「平反六四(事件は学生の動乱という評価を見直せ)」と訴えた。 ビクトリア公園での集会が認められなかったことから、主催者団体の「香港市民支援愛国民主運動聯合会(支聯会)」は、メンバー数人で公園で行うが、市民には各地で行う集会か、ネットを見ながら自宅で追悼して欲しいと呼びかけた。 しかし、「違法だろうが公園に来るつもりだった」(年配の男性)というように、多くの市民が続々とビクトリア公園に集結。…

  • 封じ込まれる「集会の自由」

    香港政府は、新型コロナ対策として6月4日まで禁じている9人以上の集まりをさらに2週間延ばして、6月18日までとすると発表した。新型コロナは、地元市民の感染例ゼロが続いていたが、ここに来て小規模ながら集団発生が起こっていることを考慮しての措置というがー。 この延長措置で、 (1):30年続いた、6月4日の天安門事件を追悼する「6・4集会」 (2):「逃亡犯条例改正案」に反対した、6月9日の市民100万人の抗議デモから1周年 (3):(2)に関連して6月12日の立法会(議会)ビルを取り囲んだ抗議活動から1周年 (4):(2)と(3)に関連して、6月16日に行われた市民200万人による抗議デモから1…

  • 食品と一緒にウイルスも輸入?

    5月31日、海外渡航歴がない香港人夫婦が新型コロナに感染していたことが確認されたが、夫婦が住む公共住宅と妻の勤務先で、集団感染が発生していることに警戒感が高まっている。女性は輸入品の荷受け倉庫に勤務していることから、ウイルスが付着した輸入品が感染源だったのではないかとの見方が出ているのだ。さらに、この夫婦のどちらかが、多くの人を感染させるスーパースプレッダーだったようで、夫婦が住む公共住宅で連日新たな感染者が確認されており、こちらの情況も心配される。 妻は、渡航歴がないが輸入品を取り扱うコンテナ貨物会社に勤めている。このため、英国からの輸入品にウイルスが付着して香港に持ち込まれたのではないか、…

  • 鄧小平の「馬照跑 舞照跳」が新聞購読広告に

    民主派大衆紙「蘋果日報(Apple Daily)」の、鄧小平語録を引用した5月31日付購読用広告(写真)が目を引いた。 「馬照跑 舞照跳、(競馬もダンスホールもそのままだ)」 これは1987年4月16日、当時の中国政府の最高指導者、鄧小平が北京で行われた英中交渉(香港基本法起草委員会)でこう話し、中国返還を危惧し、海外移民の風潮が高まる香港市民に対して、香港は中国返還後も、一国二制度のもと、50 年不変だと呼びかけた、有名な語録だ。 広告は、この鄧小平の言葉を引用して、50 年を待たずして共産党政権が強行手段で香港市民を敵に回し、香港を末日に導いていると批判。香港のシンボルの一つ、チムシャツイ…

  • 元気な香港政府高官、音無しの民主活動家

    5月21日夕方を境に香港の空気がガラリと変わった。 この日から政治や市民生活に関わる話題で、テレビで流れてくるのは香港政府高官と米国のトランプ大統領の発言だ。いつも必ず政府批判の声を上げる民主活動家たちが、パタッとおとなしくなってしまったのだ。 キッカケは、翌日(5月22日)から中国で始まる全国人民代表会議(全人代)で、中国政府が直接、香港の治安維持に介入できる「香港版国家安全法」を審議する、という消息筋情報が流れたことだ。これは、多くの香港人にとって、今後の人生を左右しかねない一大事。香港中に衝撃が走った。 (CATVニュースから。「香港版国家安全法」は、“国家転覆”を禁じるもので、香港政府…

  • 静かな中での緊張-国歌条例案第二審議の朝

    昨日(5月26日)の夕方、在港日本領事館から「香港における抗議活動に関する注意喚起(その2:5月26日)」というメールが来た。下記はそのうちの、今日(5月27日)に関するもの。 ========= 1 5月27日(水),立法会(於金鐘)で国歌条例案が審議される予定であり,同案及び国家安全法の制定に反対する目的で立法会を包囲する抗議活動がインターネットで呼びかけられています。また,同日朝からの交通妨害や仕事・学業スト等の呼びかけも行われています。========= 朝起きてTVニュースを見ていたら、立法会周辺は昨晩から警察による物凄い警戒態勢が敷かれていて、これではデモ隊も立法会には一歩も近づけ…

  • カジノ王・スタンレー・ホー氏、逝く

    マカオのカジノ王、スタンレー・ホー氏が亡くなった。享年98歳。2002年にマカオのカジノ市場が解放されるまで、マカオのカジノ市場を独占し、「カジノ王」の異名で知られた。「ホテル・リスボア」、「スタジオ・シティ」、「MGM」などのカジノや、香港とマカオを結ぶフェリー会社「信徳集団」など、みなホー氏一族が運営している。 奥さんが四人もいて、子供も17人いる。2009年7月に四番目の奥さんの家で転んだ拍子に頭部を打って病院に運ばれてから、結局、ビジネスの一線には戻って来れなかった。倒れた約5ヶ月後に行われた、マカオの中国返還10周年の記念式典には、香港の病院を7時間だけ抜け出して車椅子で出席した。そ…

  • 香港版国家安全法を歓迎する広告

    5月24日の親中派新聞「大公報」と、以前よりも親中派に傾いていると言われている「明報」では、中国政府が「香港版国家安全法」の法制化に着手にしたことを歓迎する企業の全面広告がズラリ。いずれも中国の代表的な企業やグループ企業が広告を出した。民主派大衆紙「蘋果日報(Apple Daily)」の一面が米トランプ大統領に香港の民主派への支援を求める、手紙形式の紙面だった(https://hongkong2019.hatenablog.com/entry/2020/05/24/205308) のとは対照的だ。(いつものことだが) (「明報」) (「明報」「大公報」) (冒頭含め上3枚は「大公報」)

  • Mr.President, please help us.

    香港の民主派大衆紙「蘋果日報(Apple Daily)」の2020年5月24日付の一面が、なんと米トランプ大統領に香港情勢で助けを求める署名の呼びかけと、その署名を大統領に送っていこう、というセンセーショナルなものだった。 中国政府が直接香港の治安強化に乗り出そうと、5月22日に開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で「香港版国家安全法」の審議に入ったことに、民主派市民が反発し、法制化の阻止に向けて米トランプ大統領に助けを求めていくものだ。 バーコードをスキャンすると、トランプ大統領のTwitterやFacebook、ホワイトハウスにつながるようになっている。 蘋果日報でこんなふうに英…

  • 返還後最大の激震、全人代で香港国家安全法を審議へ

    新型コロナウイルスが鎮静化し、鳴りを潜めていた若者らがショッピングモールなどで政府への抗議活動再開に動き出したと思ったら、そんな彼らの息の根を止めるような強硬かつ強権的な策が中国政府から飛び出した。 22日、中国で開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、国家安全法を香港に導入する案が審議されることになったのだ。 早い話が、本来は国家の安全のために香港政府がやるべきことが一向にできないから、上の立場にある中国政府が自ら香港の“治安”に手出しできるようにしてしまおうというもの。 香港政府は本来、「基本法(香港の憲法に相当)」に基づき国家分裂や政権転覆の動きを禁じる「国家安全条例」を制定し…

  • 恒例の「6・4集会」、新型コロナ理由に阻まれる

    やっぱりなー。そう思うニュースが5月19日、流れた。新型コロナの感染拡大防止の一環で、政府は5月21日まで禁じていた9人以上の集まりをさらに二週間延長して、6月4日までにすると発表したのだ。香港はこのところ新たな感染者がゼロの日が続いており、公務員も企業も通常勤務に戻るなど、かなり日常を取り戻し出しているが、人数を緩和するでもなく2週間延長した。 6月4日。この日は香港では1989年から特別な日だ。この年に中国・北京で起こった天安門事件の犠牲者を追悼し、事件を学生らによる動乱と位置付けている中国政府に評価の見直しを求めて、翌90年から続けている「6・4集会」の日だからだ。 (昨年の6・4集会)…

  • CUマスクはアベノマスクより高速

    先日(5月15 日)、郵便局に行ったら、「マスク受け取りカウンター」なるものが特設されていて、市民がひっきりなしに窓口にやってきていた。 マスクは香港政府が市民に無料で配布を始めた再利用可能なマスク「CUマスク(銅芯抗疫口罩)」。抗菌性がある銅成分を含むことから、銅の原子記号CUをとって、「CUマスク」という。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が、発表時に自ら着用して「『シーユー・マスク』あるいは『キュー・マスク』と呼んでね」と語った政府自慢のマスクだ。 (写真はRTHKのサイトから引用) なにせ、交換可能なフィルターが入った6層構造で、しかも60回使用可能だという。香港繊維アパレル研究開発セ…

  • 母の日でレストラン活況!

    5月10日は、香港人にとって一大イベントの一つ、母の日(母親節)だった。香港での新型コロナウイルスがほぼ沈静化し、公共の場での人数規制が8日から緩和されたこともあって、この週末のレストランは母の日を祝う家族客で賑わった。久しぶりに全テーブルが埋まるレストランが少なくなかったようだ。 香港人は家族のつながりが非常に強く、母の日は重要な日。日ごろの感謝を込めて、母親を囲んで食事をしたり花を送ったりするのが一般的だ。 しかし今年は、香港での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて香港政府は3月下旬から、公共の場で1グループで集まれる人数を「4人まで」、レストランの1テーブルも「4人まで」に制限。このため…

  • 東京五輪の延期、香港の記念切手にも影響

    先日香港郵政局から1通の手紙を受け取った。開けてみたら、東京五輪記念切手の発行延期のお知らせだった。 すっかり忘れていたけど、昨秋、2020年に発行する記念切手シリーズの中に東京五輪に因んだものがあったので、予約していたんだった。香港郵便局は毎年、毎月テーマを変えて記念切手を発行している。で、その予約注文が前年秋なのだ。 手紙の内容は「新型コロナウイルス肺炎「COVID-19」の感染拡大で東京五輪は延期となったため、予定していた五輪記念切手の発行は来年になります」と言ったもの。切手は、冒頭の写真のように、香港選手が活躍する競技をモチーフにしたデザインだった。ただ、来年のいつ発行するかは、IOC…

  • 香港内での感染者14日間連続ゼロ

    5月3日、香港内での新型コロナウイルスの感染ケースが14日間連続でゼロとなった。海外からの入境者による感染例もゼロだった。香港内でのウイルス感染が落ち着いていることを受けて、これまで在宅勤務主体だった公務員は、5月4日(月)から通常勤務体制に戻る。 この14日間ゼロは大きい。 今後更に14日間連続で香港内での感染者がゼロとなれば、専門家が目安としている“28日間連続ゼロ”となり、香港内でのウイルスはほぼ押さえ込まれたことになる。 5月3日現在感染者は1039人。死者は4人(うち1人はプリンセスダイアモンド船搭乗者)。直近では、5月1日から香港への入境が認められたパキスタンからやってきたパキスタ…

  • 新たな感染者、12日間連続で一桁

    今日(4月23日)は新型コロナウイルスによる新たな感染者が2人となり、これで12日間連続で一桁となった(20日は感染者ゼロ)。 3月に入って感染者が急増して27日には、1日で65人もの感染者が出て、感染爆発の危機に直面していた。それだけに、一桁が10日以上も続いたことで多くの市民がすっかり気をよくしたようだ。マスク姿とはいえ、行き交う人は増え、しかも大声で喋っている。 ランチタイムはレストランの店頭で順番待ちする人の姿も増えた。(まぁ、これは今は、政府のお達しで飲食店はテーブル数を通常の半分にしているから席が少ない、という理由もあるけれど)。 市民は相変わらず、政府の対応に対して辛口評価だけど…

  • 新たな感染者1人、オーバーシュート回避に成功

    4月16日、ついに香港の新型コロナウイルスによる新たな感染者数が1名までに減った。1日の感染者数が1ケタ台に収まったのはこれで5日連続だ。ポカポカ陽気にもなり、心なしか市民のマスク越しの表情も明るい。気をよくしてか、街に人も増えている。レストラン前には行列を作って順番待ちをしている市民も少なくなかった。 感染者数が過去最高を記録した3月27日からほぼ2週間でこの状況。当時は感染爆発(オーバーシュート)の可能性が出てきて、緊張と警戒が最高潮に達し、政府は水際対策の徹底強化や、飲食店での規制、映画館やカラオケボックスの休館などに踏み切り、市民も一段と気を引き締めて警戒に当たった。その効果があって、…

  • 4連休、外出市民で溢れる離島や観光スポット

    4月10日から4連休だったイースター休暇(復活祭)。連休初日のカラッとした青空に誘われて、多くの市民が堰を切ったように外出し、離島や観光スポットはマスク姿の人で連日あふれかえっていた。一方、例年なら多くの買い物客らが集まるショッピングモールは閑古鳥が鳴くという、明暗をわけた異例の連休だった。 香港は春節休暇以降、在宅勤務や時差出勤、休校などで外出を控える日々が続いている。最近では、グループ行動は最大4人まで、レストランでは体温検査などが義務付けられ、感染拡大防止策が一段と強化されているが、さすがに4連休も家に閉じこもり続けるのは我慢の限界。 天気も良く、日ごろの反動で、多くの香港市民が開放感や…

  • 感染者数1000人突破ー新型コロナ

    4月11日、香港で新たに11人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかり、感染者の累計がついに1000人を突破。1001人となった。ただし1日65人の感染が確認された3月27日以降では、1日あたりの感染者数が最低数になった。また、7日間平均の新たな感染者数も減少しており、相次ぐ感染防止策の効果が出てきた可能性がある。 【新たに確認された感染者数】 4月11日:11人 4月10日:16人 4月09日:13人 4月08日:25人 4日07日:21人 4月06日:24人 4月05日:28人 4月04日:17人 4月03日:43人 4月02日:37人 4月01日:51人 3月31日:32人 3月3…

カテゴリー一覧
商用