searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

風雅クラブさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
風雅なオフタイム
ブログURL
https://fugaofftime.com/
ブログ紹介文
アニメや漫画などポップカルチャーについてキャラによる井戸端会議形式で楽しくレビューするサイトです。
更新頻度(1年)

90回 / 207日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2020/06/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、風雅クラブさんの読者になりませんか?

ハンドル名
風雅クラブさん
ブログタイトル
風雅なオフタイム
更新頻度
90回 / 207日(平均3.0回/週)
読者になる
風雅なオフタイム

風雅クラブさんの新着記事

1件〜30件

  • 【考察・感想・分析】NYタイムズの東京オリンピック中止報道について

    ニューヨークタイムズが東京オリンピック中止が濃厚との記事を出して話題になっています。東京のオリンピックの事なのに、なぜ日本の報道機関じゃなく、海外の報道機関であるニューヨークタイムズの報道が騒がれるのか考察・分析していきます。また、2024年への再延期論についても考察します。

  • アニメ【進撃の巨人】第64話「宣戦布告」 感想レビュー 凶暴な狂犬が冷徹な悪魔に

    アニメ「進撃の巨人」第64話「宣戦布告」の感想レビューです。「駆逐してやる!」と激情のままに吠えていたエレンが、「俺は進み続ける・・・敵を駆逐するまで」と言うほど冷徹に変わった衝撃的な回です。織田信長の口ぐせ「是非もなし」は「仕方が無い」という意味ですが、今回エレンはこれを連発していました。

  • アニメ【ワールドトリガー】2ndシーズン 2話 感想レビュー

    アニメ「ワールドトリガー」の2ndシーズン第2話の感想・レビューです。「ガロプラ」が遠征の足止めを目指して、襲来。ボーダーは遠征艇を護れるのか。基地内と基地外で並行して複数のバトルが展開されます。見所は迅の予知通り「太刀川がぶった斬られる」のかと「木虎に塩対応の黒江双葉が木虎とのコンビが上手くいくのか」という所です。

  • アニメ【呪術廻戦】第14話 感想レビュー

    アニメ「呪術廻戦」の第14話「京都姉妹校交流会-団体戦⓪-」のレビュー&高専側の内通者が誰なのかの考察と感想です。今回は全体的にギャグの方に振った回でした。また、2クール目突入という事で、オープニング及びエンディングが変更になっています。

  • 【原巨人】このタイミングで桑田入閣の理由とは?<江川入閣騒動との類似点と相違点>

    桑田真澄の巨人コーチ就任について、マスコミ・オールドメディアが利害関係や既得権から触れられないネタを含めて、過去の「江川入閣騒動」との比較で、ズバリその狙い・意図・いきさつを考察します。全権監督を維持したい原監督と、ポストシーズンの責任問題との関連について解説します。

  • アニメ【呪術廻戦】第13話 感想レビュー

    アニメ「呪術廻戦」の第13話「また明日」のレビュー&考察です。『虎杖悠仁&七海健人 vs 真人』がメインの回になります。2クール目のPVもメッチャカッコイイですね。

  • 【進撃の巨人】第63話「手から手へ」 感想レビュー

    アニメ「進撃の巨人」第63話「手から手へ」のレビュー&考察です。前回は足踏みが続きましたが、今回は重要な説明回ですが3週連続のタメ回となりました。この作品は恐怖とスリルに満ちた息もつかせぬ展開、スペクタル性が大きな魅力の作品なので、種明かし・説明が延々と続くと、飽きてしまう人が出だすかもしれないです。

  • 【進撃の巨人】第62話「希望の扉」 感想レビュー

    アニメ「進撃の巨人」第62話「希望の扉」のレビュー&考察です。ライナーの回想がメインでストーリーは殆ど進みませんが、怪しい負傷兵はやはりエレンでした。

  • 【進撃の巨人】第61話「闇夜の列車」 感想レビュー

    【進撃の巨人】第61話「闇夜の列車」 感想レビューです。61話はマーレ国内の事情、特にエルディア人の現状についての説明が主で、ストーリーはあまり動きません。その中でも九つの巨人のうち、最後までその所在が不明だった巨人の所在が明らかになりました。

  • 【石川昂弥減俸でハッキリした】「12球団どこに入っても同じ」論のデタラメさと「最低広島」騒動

    石川昂弥の減俸に見るプロ野球球団間格差や、「最低広島」騒動に見る希望球団を明言しづらい空気感、入団拒否に対するバッシングなどについて論考します。ついでに思わずクスっとする阪神に関するネタも少々。

  • 【裁判にもなった】春のセンバツの選考は公正なのか?21世紀枠を考える

    もうすぐ春のセンバツ高校野球の出場校選考会がありますが、その選考が公正なのかをカンファレンスしてみたいと思います。21世紀枠や一般枠の地域的な偏りや、日本代表の選出、出場辞退問題など多角的とり上げます。

  • アニメ【ワールドトリガー】2ndシーズン 1話 感想・レビュー

    アニメ「ワールドトリガー」の2ndシーズン第1話の感想・レビューです。いきなりドンパチが始まっていますので、最初に「ガラプロ襲来に至るまでの経緯」をおさらいします。始まって早々、戦争状態なので、予備知識の無い方はチンプンカンプンですね。丁寧に捕捉しますので、宜しくお願いします。また、この記事ではガラプロ襲来の経緯に絞って、おさらいしますので、第1期全体の振り返り、予備知識の為のまとめが必要な方は、「アニメ【ワールドトリガー】1期振り返り」をご覧ください

  • アニメ【ワールドトリガー】1期振り返り

    アニメ「ワールドトリガー」の2ndシーズンが放送されますが、1期の終了から6年が経過していますので、記憶を呼び覚ます意味も込めて1期を振り返りたいと思います

  • 【魔女の旅々】第十二話 感想レビュー

    テレビアニメ「魔女の旅々」の最終回、第十二話「ありとあらゆるありふれた灰の魔女の物語」の感想レビューです。最終回なので、シリーズ全体の感想もあります。

  • アニメ【呪術廻戦】第12話 感想レビュー

    テレビアニメ「呪術廻戦」の第十二話「いつかの君へ」の感想レビューです。母親を呪殺されて暴走する吉野順平を虎杖悠仁が止めて救えるか、が焦点となるエピソードです。虎杖悠仁に吉野順平を救う手段があったかどうかの考察を中心にレビューします。

  • 【呪術廻戦】第十一話「固陋蠢愚」レビュー考察

    アニメ「呪術廻戦」の第十一話「固陋蠢愚」のレビュー&考察です。吉野順平のお母さん、本当に魅力的なお母さんでしたけど、残念ながら登場即退場となってしまいました。本当に残念!固陋蠢愚の言葉の意味から、だれのどこが固陋蠢愚なのかも考察します

  • 【魔女の旅々】第十一話「二人の弟子」 レビュー考察

    アニメ「魔女の旅々」の第十一話「二人の弟子」のレビュー&考察です。第十話「二人の師匠」の続きになります。なので、オープニング映像も曲もカットです。今回も非常に楽しいドタバタコメディ回ですよ。特に骨董堂の魔法アイテムでイレイナとサヤが入れ替わるので、普段は見れない表情やポーズがたくさん見れます!また前回登場したあの人気のモブキャラがチラッと特別出演しているというウワサもあります。みなさん、眼を凝らしてみましょう。そして、第二話で謎として残った伏線の回収や盛りだくさんですよ。

  • 【憂国のモリアーティ】第6話 第7話「ノアティック号事件 」 レビュー&考察

    アニメ「憂国のモリアーティ」の第6話「ノアティック号事件 第一幕」のレビュー&考察です。題名の通り、ノアティック号で起こる事件がメインですが、今回からシャーロックホームズとの知恵比べが始まります。また、階級制度に挑戦するモリアーティの活動計画、目的と手段の説明があります。その辺りも考察していきます

  • 【進撃の巨人】第60話「海の向こう側」 レビュー考察

    アニメ「進撃の巨人」第60話「海の向こう側」のレビュー&考察です。いきなり世界観が変わり、見慣れた主人公サイドのキャラクターが登場しない、という衝撃的な始まり方でした。アニメーションの出来は素晴らしく、戦闘シーンの演出は秀逸。声優も豪華。

  • アニメ【池袋ウエストゲートパーク】第6話 第7話 レビュー考察

    アニメ「池袋ウエストゲートパーク」の第6話~第7話「Gボーイズ冬戦争」のレビュー&考察です。マコトの戦争の止め方から、平和の維持に必要な現実的な手段を考察します。

  • 【憂国のモリアーティ】第5話「橋の上の踊り子」 レビュー&考察

    アニメ「憂国のモリアーティ」の第5話「橋の上の踊り子」のレビュー&考察です。大学教授のモリアーティが、失踪した男子学生の謎に挑戦します。霧の夜、若い女性が踊りながら橋から転落するというミステリアスな始まり方をするエピソードですが、モリアーティ教授の立派な教育者ぶりが観れます。また、ストーリーとしては必殺仕事人的なテイストになります。

  • 【呪術廻戦】第十話「無為転変」レビュー考察 この教師は前回のアバンの教師か?!

    アニメ「呪術廻戦」の第十話「無為転変」のレビュー&考察です。一級呪術師七海健人vs真人の闘いが開始される一方、虎杖悠仁と吉野順平の出会いがありました。果たして、虎杖悠仁は闇落ちしそうな吉野順平を救い、オープニング映像のような関係を築けるのでしょうか

  • 【魔女の旅々 レビュー考察】第十話「二人の師匠」

    アニメ「魔女の旅々」の第十話「二人の師匠」のレビュー&考察です。主人公のイレイナが殆ど登場しないエピソードになります。また、エンディングのテロップで、イレイナのお母さんが、”ヴィクトリカ”という名前であることが明かされました。フランとシーラが主役の回で非常に楽しいコメディ回です。

  • 【憂国のモリアーティ】第4話「希少な種」 レビュー&考察

    アニメ「憂国のモリアーティ」第4話「希少な種」のレビュー&考察です。主人公のウィリアム・ジェームズ・モリアーティがダラム大学の数学教授として赴任するところから始まるエピソードです。今回のエピソードは、どちらかというと心理サスペンスの趣きが強い印象

  • 【憂国のモリアーティ】第3話「緋色の瞳 第二章」 レビュー&考察

    アニメ「憂国のモリアーティ」第3話「緋色の瞳 第二章」のレビュー&考察です。「緋色の瞳」の後編になります。前編がアルバートと孤児(兄)の運命の出会いを描いたとすると、今回は三人で組んでする最初の仕事、三人の関係性の成立が描かれます

  • 【憂国のモリアーティ】第2話「緋色の瞳 第一章」 レビュー&考察

    アニメ「憂国のモリアーティ」第2話「緋色の瞳 第一章」のレビュー&考察です。第1話がチュートリアル的な内容だったので、実質的にはこれが始まりの物語になります。モリアーティ三兄弟の成り立ちの物語です。AパートとBパートで時系列が逆転してるなど分かりづらい所もありますが、Bパートの出来はピカレスクものとして素晴らしいです

  • アニメ【池袋ウエストゲートパーク レビュー考察】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

    アニメ「池袋ウエストゲートパーク」の第1話~第5話までのレビュー&考察です。池袋のアンダーグラウンドで生きる若者の日常と世相を扱った作品です。ドラマが有名ですが、そちらとはかなり違うようです。とはいえ、ドラマの方が原作の設定を大きく変えているそうなので、アニメ制作スタッフの責任ではないですね。今のところ偏った思想の押し付けはなく、純粋にエンタメとして楽しめます。

  • 【憂国のモリアーティ】第1話「伯爵の犯罪」 レビュー&考察

    アニメ「憂国のモリアーティ」第1話「伯爵の犯罪」のレビュー&考察です。ビジュアル的には一見、”乙女ゲーム”っぽいのですが、階級社会の理不尽に天才モリアーティが犯罪で挑む本格的なクライムサスペンス、ピカレスクロマンとなっています。エンタメ色よりも社会性が濃い作品で、単純なエンタメ性を求める層には合わないかもしれません。また、アニメスタッフが豪華です!ジョーカーゲーム+αでドリームチームです!

カテゴリー一覧
商用