searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

morimoripapaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
MoriMoriPaPa
ブログURL
https://morimori-papa.com
ブログ紹介文
小児ネフローゼ症候群についてまとめています。育児・子育て、ママとより良い関係を築くためにはどうすればいいかなどについても書いているブログです。
更新頻度(1年)

23回 / 95日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2020/06/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、morimoripapaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
morimoripapaさん
ブログタイトル
MoriMoriPaPa
更新頻度
23回 / 95日(平均1.7回/週)
読者になる
MoriMoriPaPa

morimoripapaさんの新着記事

1件〜30件

  • 小児ネフローゼ 症候群の食事、たんぱく質制限は必要か?

    小児ネフローゼ症候群でまず気になるのが食事です。尿蛋白が出る腎臓の病気なので食事制限が必要なのかと心配になる親御さんも多いと思います。 今回は、小児ネフローゼ症候群の子供の食事について、特にたんぱく質制限についてお伝えし ...

  • 小児ネフローゼ症候群の日常生活 おやつは何を食べている?

    小児ネフローゼ症候群は長い付き合いになる病状です。そこで気になるのが日常生活のこと。他の子と同じように日常を過ごせるのか不安になります。 今回は、食べ物、特におやつについてお伝えしていきます。小児ネフローゼ症候群の子供の ...

  • 小児ネフローゼ 症候群で再発したら即入院になるのか?

    小児ネフローゼ症候群の多くは微小変化型ネフローゼ症候群でステロイド薬にっよって寛解することができます。しかし、再発しやすいという特徴もあり、70~80%の患者が少なくとも1回以上は再発します。 ネフローゼ症候群が再発した ...

  • 小児ネフローゼ症候群での【腎不全】について

    小児ネフローゼ症候群の多くはステロイド薬によく反応する微小変化型ネフローゼ症候群に分類されます。再発のリスクもありますが、その都度ステロイド薬で寛解(尿蛋白が3日間連続で出ない状態)することができるので、腎不全になること ...

  • 小児ネフローゼ症候群は完治するのか?

    難病にも指定されている小児ネフローゼ症候群は完治するのかについてお伝えしていきます。 小児ネフローゼ症候群は完治するのか? ネフローゼ症候群は一つの病名ではなく、病状を表します。 ネフローゼ症候群の原因疾患には、 などが ...

  • 小児ネフローゼ症候群で死亡することはあるの?

    難病指定されている小児ネフローゼ症候群ですが、死亡するリスクはあるのでしょうか?ここでは小児ネフローゼ症候群と死亡に関してお伝えしています。 小児ネフローゼ症候群の死亡リスク 小児ネフローゼ症候群の子供を持つ親として、子 ...

  • 小児ネフローゼ症候群は20歳までに治るのか?

    小児ネフローゼ症候群は長期の治療が必要となります。20歳くらいになれば治ると聞いたことがある方もいるかもしれません。ここでは、小児ネフローゼ症候群がいつ頃までに治るのかお伝えしていきます。 20歳までに治るの? まず結論 ...

  • 【小児ネフローゼ症候群】腎生検をおこなうことはあるのか?

    今回は小児ネフローゼ症候群において、腎生検をおこなうことはあるのかについてお伝えしていきます。 小児ネフローゼ症候群と腎生検 小児ネフローゼ症候群の多くは微小変化型ネフローゼ症候群で、ステロイド薬への反応があり寛解(尿蛋 ...

  • 【小児ネフローゼ症候群】腎不全、透析、腎移植になる可能性はあるのか?

    ネフローゼ症候群は腎臓の糸球体基底膜に障害が起きることで、高度尿蛋白、低蛋白血症が見られます。腎臓の病気ということで、将来的に腎不全になり透析や腎移植が必要になるのかと心配になると思います。ここでは、小児ネフローゼ症候群 ...

  • 【小児ネフローゼ症候群】尿検査で ± が出たら再発なのか?

    小児ネフローゼ症候群の子供は定期的に自宅で尿検査をおこなう必要があります。いつもと変わらない様子だけど、急に尿蛋白がでて再発というケースもあるからです。検査をすると時々 ± がでることがありますが、± がでると問題がある ...

  • 免疫抑制薬を内服していても保育園・幼稚園に登園できる?【小児ネフローゼ症候群】

    小児ネフローゼ症候群になると免疫抑制薬による治療をおこなう場合があります。内服中は保育園や幼稚園に登園できるのか心配になる親御さんも多いと思いますので、私の経験をもとにお伝えしていきます。 免疫抑制薬を内服していても登園 ...

  • ちんちんが赤くなっている!子供が亀頭包皮炎になった時の対処法

    先日、子供とお風呂に入ったときに2歳の次男のちんちんの様子がいつもとちょっと違うことに気が付きました。先端が赤くなって少し腫れているようで、少し痛みもあるようでした。翌日、小児科に連れて行ったところ「亀頭包皮炎」でした。 ...

  • 【性器いじり?】4歳の息子がちんちんを触るので調べてみた

    もう少しで5歳になる長男は最近ズボンの上からちんちんを触っています。話をしているときに、さっとちんちんを触わるのが目に留まります。顔はこちらに向いているのだけれど、手だけちんちんの方に行く感じです。ずっと触っているわけで ...

  • 自宅で行う尿検査用試験紙(尿検査薬)はどれを使えばいい?どこに売っている?

    ネフローゼ症候群の患者は自宅で定期的に尿検査をする必要があります。身体に変化が見られなくても、急に尿蛋白が出ることがあるためです。私の長男は小児ネフローゼ症候群のため、1週間に一度くらいの頻度で自宅で尿検査をおこなってい ...

  • 採尿用のスピッツ管はどこで売っている?最安値・注意点など

    私の長男は小児ネフローゼ症候群なので、定期的に病院に通っています。ネフローゼ症候群は尿蛋白が出てしまう病気のため、病院に行く際は必ず早朝尿を持っていきます。その時に必要になるのがスピッツ管です。病院によっては支給してくれ ...

  • 私の人生を大きく変えてくれたオスグット・シュラッター病

    私の長男は小児ネフローゼ症候群で、現在も治療を続けています。なんで私の子供が難病に?と、今でも悩む日々ですが、病気になったのにはきっと意味があると思っています。かく言う私は、中学生の時にオスグット・シュラッター病になりま ...

  • ネフローゼ症候群 闘病記【2】|小児ネフローゼ症候群 発症~入院・退院

    私の長男は4歳のときに小児ネフローゼ症候群を発症しました。ここでは、発症から入院、退院までのことを記録しています。 小児ネフローゼ症候群 発症~入院・退院 4月の保育園の入園式を終えたばかりでした。入園式は天気が曇で肌寒 ...

  • そもそも聞き方が間違っている!【今日保育園どうだった?】の答えが返ってくる方法。

    子供が保育園や幼稚園でどのように過ごしているか、親としては気になりますよね。「今日保育園はどうだった?」と聞いても、返事が返ってこない経験をされた親御さんも多いのではないでしょうか?ここでは、私が実際に試した、子供が園で ...

  • 【男の子5歳、3歳】家にあるものでできる我が家で人気のおうち遊び4選

    梅雨の時期は外で遊べない。私の長男は小児ネフローゼ症候群のため、どこかに出かけようにもショッピングモールなどの人混みは極力避けています。何か家でできる遊びはないかな?と考え、調べたところ、面白いおうち遊びを見つけたのでご ...

  • 【DIY初心者】自宅に砂場を手作りしてみた!|作り方・費用・かかった時間など

    新型コロナウイルスの影響で、なかなか外に出られない。外で遊びたい子供はストレスがたまる一方。家の中で子供とずっと一緒にいると親もストレスがたまってしまいます。そこで、自宅の庭に手作りの砂場を作ることにしました! ここでは ...

  • それって本当に叱るべきこと?子供を叱る時のポイント

    今日も育児お疲れ様です! 今回は子供を叱るときのポイントについてお伝えしてきます。いろいろな育児本にも載っていることをまとめてみましたので、参考になれば幸いです。 子供を叱る時のポイント 自己肯定感を損なわないようにする ...

  • 男の子って変な生き物?ママには理解不能な男の子の特徴8選

    我々パパにしてみれば同じ男ですから、男の子の子供の気持ちも理解できますが、異性のママには理解できない点が多々あるようです。二人の男の子の子育て中の私が感じた、男の子の特徴をまとめてみました。男の子ってこういうものだと思っ ...

  • 小児ネフローゼ症候群になって良かったこと

    私の長男は小児ネフローゼ症候群と診断され、ステロイド薬減量中に何度か再発を繰り返し、現在も治療を続けています。難病といわれる小児ネフローゼ症候群になり、初めのうちは家族みんなが暗い気持ちになっていました。しかし、病状が安 ...

  • 小児ネフローゼ症候群|小児慢性特定疾病医療費助成制度について 概要~申請まで

    小児ネフローゼ症候群は条件を満たせば、小児慢性特定疾病医療費助成制度を受けることができます。私の長男も小児ネフローゼ症候群で小児慢性特定疾病医療費助成制度を受けています。現在は、多くの自治体で子供の医療費を助成してくれて ...

  • 小児ネフローゼ症候群の子供が日常生活で気を付けること

    特発性の小児ネフローゼ症候群は難病に指定されている病気ですので、他の子供と同じように日常を過ごせるのか不安になります。ここでは小児ネフローゼ症候群の子供が日常生活でどんな点に注意しなければならないかをまとめました。 小児 ...

  • パパがママの話を聞かなければいけない理由|女性のストレス対処法を知る

    子育てという未知の体験をしているママは、日々多くのストレスを感じています。女性と男性では問題に直面したり、ストレスを感じたりしたときの対処の仕方に違いがあります。パパがこの違いを理解し行動することで、ママのストレスを減ら ...

  • 男と女では話をする目的が違う|ママとより良い関係を築く

    男性と女性では会話をする目的が違います。この違いを知らないと、相手に苛立ったり、ストレスを感じたりします。ここでは、ママといい関係を築くために知っておいてほしい、男性と女性が話をする目的の違いについてお伝えします。 男女 ...

  • ネフローゼ症候群|シクロスポリン(ネオーラル)ってどんな薬?副作用・注意点など

    ネフローゼ症候群の治療では、まずステロイド薬(プレディニン、プレドニゾロン)が使われます。しかし、ステロイド薬には多くの副作用があるため、長期間に渡って使用することが避けられています。そのため、頻回再発型・ステロイド依存 ...

  • ネフローゼ症候群|浮腫のメカニズム 水とナトリウムの再吸収

    ネフローゼ症候群の症状に浮腫(むくみ)があります。ここでは、浮腫のメカニズムを理解するために知っておいてほしい、水とナトリウムの再吸収についてお伝えしています。 水とナトリウムの再吸収 ネフローゼ症候群での浮腫のメカニズ ...

  • ネフローゼ症候群|浮腫(むくみ)のメカニズム 浸透圧を理解する

    ネフローゼ症候群の症状に浮腫(むくみ)があります。ここでは、浮腫のメカニズムを理解するために知っておいてほしい浸透圧についてお伝えしています。 浸透圧 高校の生物で習った方もいると思いますが、浸透圧について勉強していきま ...

カテゴリー一覧
商用