searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

新お茶の水薬局さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
新お茶の水薬局ブログ Shinochanomizu Pharmacy
ブログURL
https://shin-ocha.hatenablog.com/
ブログ紹介文
千代田線新御茶ノ水駅直結徒歩1分 待ち時間が少なく、お急ぎの方、お仕事中の方にお勧めの薬局です。眼科をはじめとし、いろいろな病気、お薬についてのお話・健康コラムやキャンペーンなどの情報をお伝えいたします。
更新頻度(1年)

17回 / 149日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2020/06/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、新お茶の水薬局さんの読者になりませんか?

ハンドル名
新お茶の水薬局さん
ブログタイトル
新お茶の水薬局ブログ Shinochanomizu Pharmacy
更新頻度
17回 / 149日(平均0.8回/週)
読者になる
 新お茶の水薬局ブログ    Shinochanomizu Pharmacy

新お茶の水薬局さんの新着記事

1件〜30件

  • 正しい点眼方法について~基本の点眼方法~

    今回は、正しい点眼方法について説明したいと思います。正しい点眼方法を身につけることで、目薬の効果が最大限に得られるだけでなく、副作用の回避・軽減にもつながります(^_^)♪ 基本の点眼方法 1.点眼する前に、まずは手をせっけんでよく洗い、清潔にしてください。 2.人差し指で下まぶたを軽く引き、顔を上に向けて目薬の容器を押して、目の中に確実に1滴を点眼します。 (ただし、まれに1回1~2滴点眼する必要がある場合もあります。) 点眼時は、容器の先がまつ毛などに触れないように注意しましょう。目薬の中に雑菌が入り、繁殖する恐れがあります。うまく点眼できない場合は、寝た状態で点眼しても問題ありません。 …

  • 眼瞼痙攣とは?

    眼瞼痙攣と薬 先日、“眼科領域で主に使用される漢方薬”について投稿いたしましたが、“眼瞼痙攣”に使用する漢方薬が多いのですが、この病気についてご存じですか?あまり聞きなれない病気なので今回はこの“眼瞼痙攣”という目の病気について説明いたします。 これは、自分の意志とは関係なく筋肉に収縮が起こるため、瞬きの制御異常(自分でコントロール出来ない)が起こり、進行していくと眼を開けていられなくなるような病気です。 自覚症状としては 1、瞬目過多 2、開眼困難 3、羞明感(まぶしさ) 4、目の乾燥感 5、目の異物感・眼痛 などがあります。 原因のひとつに抗不安剤や睡眠導入剤の中のベンゾジアゼピン(BZP…

  • 感染症予防には口腔ケアが重要です!

    皆さんは普段から口腔ケアを意識して行なっていますか? 一般社団法人 日本歯科医学会連合 新型コロナウイルス感染症対策チームより「新型コロナウイルス感染予防には口腔ケアが重要」という見解が示されました。 口腔内の状態を健康に保つことは感染症の予防や身体の健康に繋がります。 当薬局では口腔ケア用品としてコンクールFをお勧めしております(*^_^*) コンクールFに含まれるグルコン酸クロルヘキシジン(殺菌剤)は、ムシ歯・歯周病・口臭の原因となる細菌の繁殖を最大12時間抑制します。 妊娠中や授乳中の方、小さなお子様(うがいのできるお子様)でもご使用いただけるので、ご家族みんなでお使いいただけます(*'…

  • 眼科領域で使用される主な漢方薬

    眼科領域で使用される主な漢方薬 病気 薬の使い方 眼科領域においても漢方薬が使われることがあります。 以下に代表的な漢方薬とその特徴をまとめました。 ツムラ25 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン) 甲状腺眼症に応用。 冷え、のぼせ、精神不安、甲状腺腫に効能あるとされ、甲状腺眼症に関する論文も発表されている。 ツムラ17 五苓散(ゴレイサン) 水循環改善を主としていわゆる「むくみ」の軽減。 網膜症、黄斑症、眼痛などに適応。 ツムラ114 柴苓湯(サイレイトウ) 小柴胡湯(ショウサイコトウ)+五苓散(ゴレイサン)。前者は消炎作用があり、後者は浮腫軽減作用。 ぶどう膜炎(原田病)などの炎症の要素があ…

  • 新型コロナ流行!!テレワークでスマホ、パソコンの見過ぎで起きる目のトラブル

    ~テレワークでスマホ、パソコンの見過ぎで起きる目のトラブル~ 眼精疲労・・・目を休ませても頭痛や吐き気、肩こりが起きる 調節緊張・・・ピント機能を行う毛様体筋が常に緊張して一時的な近視状態になる ドライアイ・・乾燥感、カスミ目、充血、涙が出る、目が痛いなど慢性的な目の不快感 ・・・これらの症状でお困りではありませんか? テレワークでスマホ、パソコンの見過ぎで瞬きするのも忘れ(一生懸命頑張りすぎです!!!)、“ドライアイ”が原因で眼精疲労を引き起こされてしまうことがあります。私たちの目は、涙と粘膜で守られています。目の表面が涙でなめらかに覆われていることで光が正しく入り、くっきりとモノが見えます…

  • 新型コロナの流行で病院に行くのも怖い!!!

    ~緑内障、白内障etc目の病気、大丈夫???~ 今回は眼の病気を自宅で簡単にできるセルフチェックをご紹介いたします。 朝起きたら、同じ場所から同じものを片方ずつの眼で見て視力が落ちていないかゆがみはないか、欠けていないか見てみましょう ・確認するときは格子状のもの ex カレンダー ふすまなどを見る 異変を感じたら眼科の先生に相談しましょう! ・・昨今、新型コロナの流行で病院行くこと自体を控えてしまいがちですが、知らないうちにストレスを感じ、身体が悲鳴をあげているかもしれません。 “目の病気”だけでなくご自身の身体の異変を感じたら自己判断は避けて、医師に相談しましょう!!!

  • ステロイド剤と緑内障

    ステロイド剤と緑内障 病気 目薬 薬の使い方 緑内障 ステロイドの内服等では、添付文書上、緑内障の患者は原則禁忌になっています。 眼圧の亢進により、緑内障が悪化する可能性があるからです。 その作用機序は隅角での房水流出障害とされているので隅角の広さ(開放隅角緑内障か閉塞隅角緑内障か)は関係ありません。 ステロイドはステロイドレスポンダー(ステロイドの局所または全身投与で高眼圧をきたす人)に注意が必要で、すべての緑内障患者に禁忌なわけではありません。 また、ぶどう膜炎やポスナーシュロスマン症候群など炎症に続発する眼圧上昇や緑内障に対してはステロイド点眼薬を使用する場合があります。 ステロイドの使…

  • 流行性角結膜炎(EKC・流角結)

    流行性角結膜炎(流角結・EKC) 今回はこの時期に流行りやすい、ウィルス性のはやり目(急性結膜炎)の代表の流行性角結膜炎(流角結・EKC)について解説します 潜伏期間 約一週間 発病の2,3日前からすでに感染力あり 原因 ウィルス 症状 白目全体の充血、めやに、なみだ、痛み、腫れ、角膜に小さな点状の混濁 治療 ウィルスに対する特効薬はないので、抗生物質の点眼液やステロイド点眼液をつかいます。 感染力 細菌性の結膜炎とは違って非常に感染力があります。 手やタオル、ハンカチ、プールなどから、病原菌が直接目に入って感染を起こします。 流行性角結膜炎(流角結・EKC)と診断された場合は、学校や職場は休…

  • おしゃれなマスクケース販売中です♪

    新型コロナウイルス感染予防の為、マスクを着けて過ごす機会が多くなりました。 予備のマスクの持ち歩きや、食事などで一時的にマスクを外す際など、マスクの保管場所に困ったことはございませんか?(;・∀・) 当薬局では、おしゃれな和風マスクケースを販売しております(*'▽')♬毎年患者様から好評を頂いております!是非お気に入りの柄を見つけてみてください! 2ポケットで未使用のマスク3~4枚と使いかけのマスクが別々に収納できます。後ろ側のポケットは抗菌防臭機能付きです。 何かとマスクを持ち歩く機会が多いこの時期、ご自身用に、またプレゼント用にも便利におしゃれに収納できるマスクケースはいかがですか?

  • 今こそ免疫力に再注目!!

    いまだ新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっています。皆さんも不安の中日々の生活を送られているのではないでしょうか? 未知のウイルスに対しての特効薬は人間の身体に備わる免疫力とも言われています。 今こそ免疫力に再注目!!ということで、今回は以前にもこのブログで掲載した『イミューズ プロフェッショナル』のご紹介です(*'▽')♬ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ 『イミューズ プロフェッショナル』は『プラズマ乳酸菌』配合の医療機関流通サプリメントです(医療機関でしか買えません…!) プラズ…

  • 小さなお子さん(新生児~乳幼児、3歳前後)へのお薬の飲ませ方

    皆さん、お元気ですか?巷では、現在、珍しく薬剤師が主人公のドラマが放送されていますね(*'▽')!! そのドラマの第2話では、お薬を嫌がるお子さんへのお薬の飲ませ方が話題となっていました。乳幼児や小さいお子さんの服薬というのは難しく、当薬局でもなるべくご両親やお子さんの立場に寄り添った服薬指導ができるように心がけています。そこで、今回は、新生児~3歳頃までのお子さんへのお薬(粉薬)の飲ませ方について、説明したいと思います♪ 1.新生児~6ヶ月前後 ☆この時期のお子さんの特徴 離乳食が始まる前の6ヶ月前後までは、本能的に何でも飲み込もうとするため、お薬も比較的素直に飲んでくれることが多いといいま…

  • 醗酵カシスで作る『カシスの水ようかん』のレシピ

    暑い日が続いていますね💦皆さん、お元気ですか(*^-^*)? 今回は、そんな暑い日にぴったりの『カシスの水ようかん』のレシピを紹介したいと思います。 カシスには、カシスアントシアニンが多く含まれます。このカシスアントシアニンには、まぶたの下のクマの改善、眼精疲労、緑内障の進行抑制、近視の抑制などに効果があると言われています。 簡単で美味しく目にもいいおススメのレシピですので、皆さんも是非作ってみてください! 醗酵カシスは当薬局でも取り扱っていますので、興味を持たれた方は、ご来局の際に是非お試しください(^_-)-☆

  • この夏は熱中症に注意!!

    気温や湿度の高い日が続き、暑さの厳しい季節になりました(>_<) 皆様いかがお過ごしでしょうか? 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い新しい生活様式が提唱され、夏の間もマスクやフェイスシールドなどを着用して過ごす機会が多いのではないでしょうか?その為、今年の夏は例年以上に熱中症に気を付けて過ごす必要があります。 厚生労働省「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント 熱中症予防にはこまめな水分、塩分補給が重要です! しかし、大量の汗をかいた後に水だけを摂取すると、かえって体内の電解質のバランスが崩れ体調不良を引き起こすこともあります。水分補給をする時には、あわせて塩分も補給しましょう。 当…

  • 新型コロナウイルスの感染第2波に負けない!~感染防止のための取り組み~

    新型コロナウイルスの感染第2波が迫りつつある今、みなさんいかがお過ごしですか?感染第2波に負けないよう、当薬局では様々な感染対策を行っております。最新の情報を確認した上で、適切かつ十分な対策が行われているか、常に検証や練り直しを行いながら、日々の業務を行っています。今回は、その一部をみなさんにご紹介したいと思います。 来局者の適切な手指消毒の徹底のための取り組み ①来局者の消毒用エタノールの利用頻度向上 みなさん、最近外出先などで、こまめに手指消毒をしていますか?店舗の入り口などにおいてある消毒用エタノールを素通りしたりしていませんか??? 当薬局では、感染第1波が落ち着いた後、薬局の店頭に置…

  • 7/23はカシスの日です♪

    来る7月23日は日本カシス協会が制定した『カシスの日』です。 『カシスの日』の由来は7月23日が二十四節気の一つである大暑にあたることが多く、カシスはこの大暑の時期に収穫される果実であるからだそうです。 カシスには血流をよくして疲れ目やクマを解消する効果があるといわれています。 今回は当薬局で取り扱っております、カシス商品をご紹介します(*'▽') ☆サプリメント 「カシス-i」 60粒入(20日分) 1540円(税込) 「カシス-i EX」 60粒入(20日分) 3780円(税込)(3個セット 10300円) ニュージーランド産の質のいいカシスから抽出し、カシスアントシアニンが50mg(3錠…

  • 点眼薬の保存方法について

    当薬局は眼科の患者さんが多いので、点眼薬に関する質問をよく受けます。 今回は、その中でもよく聞かれる点眼薬の保存方法に関する内容をまとめましたので、ぜひご一読ください!! Q:目薬は必ず冷蔵庫で保存しないといけないの? A:点眼薬によって保存方法が違います これは点眼薬の種類によって、1.冷蔵庫保存必須 2.冷蔵庫に入れてはいけない(常温保存必須) 3.冷蔵庫に入れても入れなくてもどちらでもいい(常温保存) といろいろあります。 ややこしいのですが、当薬局で患者さんに指導している保存方法を以下に紹介します。 *カッコ内はジェネリック 1.冷蔵庫保存の点眼液 ○冷所保存の点眼液 リズモンTG点眼…

  • β遮断薬を含む点眼剤を使うときの注意点

    今回は、緑内障や眼圧が高い患者さんに処方される点眼薬の一つ、β遮断薬を含む点眼剤(コソプト点眼液、ミケラン点眼、ミケランLA点眼、ザラカム点眼液、デュオトラバ点眼液、アゾルガ点眼液、チモプトール点眼液、チモプトールXE点眼液など)を使用する際の注意点について説明したいと思います。 β遮断薬が入っている点眼剤(配合剤を含む)の添付文書には上記のような記載があり、喘息の患者さんや重篤な心疾患のある患者さんには禁忌となっています。 また、β遮断を含む点眼剤(チモロールマレイン酸含有製剤)の添付文書の相互作用(併用注意)の欄には下記のような記載があります。 特にカルシウム拮抗剤のベラパミル、ジルチアゼ…

  • 恒例のサンテルタックスキャンペーンを開催します!

    新お茶の水薬局恒例!サンテルタックスをお得にお買い求め頂けるキャンペーンを今季も開催いたします!今回に限り、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、外出自粛されている方にもお得にお求め頂けるサービスを実施致します(*'▽') ※サンテルタックスは1粒で1日分のルテイン(20mg)を摂取できる高品質なサプリメントです。ルテインの詳細は次の記事をご覧ください。 shinocha.hatenablog.com *キャンペーン詳細* 開催期間 令和2年6月8日(月)~7月31日(金)まで 対象 サンテルタックス3カ月パック各種を同時に2箱以上お買い上げの方 内容 商品が10%引きになります。 また、新型コ…

  • 新型コロナによる外出自粛で、子供の視力低下が心配!おすすめの子供向けサプリメントは?

    新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言は、ようやく解除されましたね💦しかし、以前に比べるとまだまだ外出の機会は少なく、子供たちもお家にいてスマホやパソコンなどでゲームをしたり動画を見たり、いつも以上に目を長時間使うことが多いのではないのでしょうか? ここで気になるのが、目への負担です。長時間、近距離を見続けていると、目のピント調節機能が低下し、近視が進む原因になります。特に、成長過程にある子供たちは近視が進みやすく、注意が必要です。ということで今回は、子供たちの目の健康を守るためにおすすめのサプリメントを紹介したいと思います。 ☆目の健康を守る『クロセチン』とは? 『クロセチン』とは、…

  • 新型コロナウイルスを『うつさない』『うつらない』ために!~当薬局での感染症予防対策~

    外出自粛や感染予防策の徹底などの効果もあり、徐々に新型コロナウイルス感染症も収束に向かってきていますね。今回は、新型コロナウイルス感染症予防の一環として、当薬局で行なっている対策についてご紹介致します。 まずは、換気のため、入り口のドアを開けております。薬局内の温度、湿度に関してはエアコンで空調管理を行っております。 また、定期的に待ち合い室のソファーや投薬台などの消毒作業を実施し、ドアノブなど多くの方が触れる部分には抗菌・抗ウイルスフィルムを貼付しております。 入り口には、患者様用のアルコール消毒液を設置しておりますので、薬局内に入られましたら、手指消毒のご協力をお願い致します。 患者様同士…

  • 新型コロナのストレスに負けない!心が疲れた時におススメのアロマテラピー

    新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?感染に関する不安や心配、外出自粛など普段とは違う生活を強いられることによるストレスなどで、心が疲れていませんか?そんな時は、アロマの力を借りてみるのもおすすめです。今日は、心が疲れた時におすすめのアロマをいくつか紹介したいと思います。 ❁オレンジ・スイート …明るく甘みのある香りで、不安な気持ちや落ち込んだ気持ちを優しく包み、普段の明るい気持ちを取り戻してくれます。胃腸の働きを活発にする作用もあるため、ストレスで胃腸の調子が悪い時や食欲がない時にもおススメです。 ❁ネロリ …ビターオレンジの花から抽出されるこの精…

  • 新型コロナウイルスの感染対策には消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウムが有効!正しい使用方法とは?

    新型コロナウイルスの感染拡大が叫ばれる今、感染予防のために消毒薬による手指や家具などの消毒が勧められています。今回は、薬剤師として、消毒薬の適正使用のためにお伝えしておきたいことを書きたいと思います! 1.消毒用アルコール 感染予防の観点から、消毒用アルコールでの手指消毒を行う機会が増えていると思います。しかし、適切に行わないと十分な消毒効果を得ることはできません。 ①効果的な手指消毒の方法 みなさん、手指消毒を行うとき、どんなことに気を付けていますか?せっかく消毒用アルコールを使用しても、指先~手首の隅々までよくすり込まないと、十分な効果を得ることはできません。当薬局でも店頭に正しいやり方と…

  • カロテノイドの種類と働き

    このブログでもたびたび取り上げているカロテノイド。今回は、その種類と期待される作用や働き、多く含まれる食品について、説明したいと思います! カロテノイドには、大きく分けてカロテン類とキサントフィル類の2種類があります。これらは主に、化学構造上の違いによって分けられています。 カロテン類 …カロテノイドの中で、化学構造が炭素と水素のみで構成されるもの。主なものには、β-カロテンやリコピンなどがある。 β-カロテン ◎β-カロテン ・主な作用や働き:抗酸化作用、がんの予防、生活習慣病(動脈硬化や高血圧など)の予防、免疫力の維持・向上、アンチエイジングなど ( ⇒ 生体内で一部がビタミンAに変換され…

  • エクオール

    日本人の食生活に馴染み深い大豆。大豆は昔からからだによいと言われてきました。 皆さんは大豆製品をよく食べますか?? 女性の体に有用と知られている大豆イソフラボン。その働きの源になるのが、大豆イソフラボンが腸内細菌で変換されて生まれるエクオールという成分です。 エクオールには①エストロゲン様作用(エストロゲンによく似たはたらき)、②抗酸化作用(からだの酸化を防ぐ)、③抗エストロゲン作用(エストロゲンのはたらきを抑える)、④抗アンドロゲン作用(男性ホルモンのアントロゲンのはたらきを抑える)の4つの作用があります。 ①は更年期症状、障害をやわらげる、メタボリックシンドロームの予防、肌への作用、骨粗し…

  • 薬を飲むのは食前?食直前?飲み忘れたらどうすればいい?

    薬の中には、食前や食直前に飲むように決められているものがあります。なぜ、食後ではなく、食前や食直前に飲む必要があるのでしょうか?また、飲み忘れに気づいた場合、どうすればよいのでしょうか?今回は、その理由と飲み忘れてしまった場合の対応について説明したいと思います。 1.食前に内服する薬 ☆そもそも、『食前』とは? …食前とは、食事を始める約20~30分前を意味します。 ☆食前に内服する理由は?飲み忘れた場合はどうすればいい? 〇食前に内服する理由 →薬の効能や吸収の観点から、食前に内服すると決められている場合が多い。 例)ナウゼリン錠 …ナウゼリン錠は胃腸の働きを整え、食後の吐き気を抑える薬です…

  • 血糖値スパイクとドクターズチョコレート

    今回は、先日ご紹介した『ドクターズチョコ』に関連する、血糖値スパイク、GI値について説明いたします(*'▽')/ 「血糖値スパイク」は食後に血糖値が急に上昇し、1日の中で血糖値が乱高下することを指します。「グルコーススパイク」や「食後高血糖」とも言われます。 「糖尿病」は血液中の糖分が常に高い状態を指しますが、「血糖値スパイク」は食後に血糖値が高くなるだけなので、健康診断で検査しても気づきにくいといわれています。 「糖尿病」の合併症に「糖尿病性網膜症」がありますが、「血糖値スパイク」の方も放置しておくとこのような合併症を発症する危険性はあります。また、血糖値が急激に変動することは「糖尿病性網膜…

  • カロテノイドって、何?

    先日このブログでも紹介したベジメーターは、体内のカロテノイドの量を皮膚中のカロテノイドの量から推測することが出来る機械です。この記事では、そもそも一体『カロテノイド』とは何なのかについて、解説していきたいと思います。 近年、健康維持に役立つとして注目を集めている『カロテノイド』。これは、動植物に広く存在する黄色や赤色の色素で、進化の過程で紫外線などの酸化ストレスから身を守るために作り出されたと考えられています。身近な食べ物では、緑黄色野菜などの断面の色の濃い野菜(ほうれん草やトマトなど)に多く含まれています。 ☆カロテノイドは『ファイトケミカル』の1つ カロテノイドは私たちの健康維持に良い効果…

  • 今話題のプラズマ乳酸菌!!

    毎日、テレビをつけると”新型コロナウイルス”のニュースばかり・・・T_T 恐怖に震えているだけではダメなんです!自分の身体は自分で守る! そのために今、何が出来るのか?・・・ 手洗い、うがい、マスクなどもう全部やってるよぉ~( ノД`)シクシク…という方へ ( ^ω^)・・・先日、ご紹介した『イミューズ プロフェッショナル』!!! 今回はくわしくご説明いたします!!! 『イミューズ プロフェッショナル』は『プラズマ乳酸菌』配合の医療機関流通サプリメントです。 プラズマ乳酸菌は一般的な乳酸菌にはできない、免疫細胞の司令塔であるプラズマサイトイド樹状細胞を直接活性化することができる、世界初の乳酸菌…

  • カシスって・・???ブルーベリーとどっちがいいの!?

    今日は当薬局で1番の”売れ筋サプリメント”のご紹介をしたいと思います。 眼科疾患の患者さんや、PC作業などで慢性的な眼精疲労でお困りの方からサプリメントについてよく聞かれます。今回は目にいいサプリメント成分の代表の一つ、カシスについてご紹介いたします。 カシスとは カシスアントシアニンをはじめとし、ビタミン、ミネラルを豊富に含み「ベリーの王様」といわれています。カシスアントシアニンとは、抗酸化成分としてしられるポリフェノールの一種です。 カシスに含まれる栄養素:カシスアントシアニン、ビタミンA、ビタミンC(オレンジの3倍量)、カリウム、ビタミンB1、B3、カルシウムなど なんでカシスが目にいい…

  • 正常眼圧緑内障とニバジール(適応外の使い方)

    先日もレスキュラ点眼薬(イソプロピルウノプロストン点眼薬)の適応外の使い方についてお話しましたが今回も緑内障患者さんに”えっ?なんで?”という使い方をされるお薬についてお話したいと思います。 眼科の処方箋でニバジール(ニルバジピン)が処方される場合があります。 この薬はシートの裏面に「高血圧治療剤」と書かれています。 眼科で初めて処方された患者さんがこの記載に気づいて「なんで高血圧の薬がでてるの?」と不安になられる場合があります。 カルシウム拮抗剤の高血圧の薬のニバジールは、正常眼圧緑内障の眼血流量を増加させ、視野の改善に働くことがあるといわれています。そのため眼科でもニバジールが処方される場…

カテゴリー一覧
商用