searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

雛輪 じゅんの世界さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

失恋の苦しみから崖っぷちに立たされた私は、バイト先の男性に勢いに身を任せるまま、妊娠をしてしまう。しかしその先には、全く予想もつかず、次々と驚くべき「芸術」の世界が広がっていた。「建築と植物」「人工と自然」「女性性」をテーマに、運命に身を任せるまま17歳で失恋、妊娠、退学、結婚、出産の体験をした主人公の激動の一年間を描いた物語。

ブログタイトル
全国の女性にスリル溢れる刺激と唯美な世界観を堪能して頂きたいです。
ブログURL
https://yamurara.fc2.net/
ブログ紹介文
小説 中谷産婦人科 様々なテーマを重ねた重厚な内容で大人の女性向けの小説です。 恋愛、妊娠、結婚生活、出産、ジェンダー問題などリアリティな話題が盛り沢山です。より多くの女性に夢をお届けしたいです。
更新頻度(1年)

31回 / 21日(平均10.3回/週)

ブログ村参加:2020/06/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、雛輪 じゅんの世界さんの読者になりませんか?

ハンドル名
雛輪 じゅんの世界さん
ブログタイトル
全国の女性にスリル溢れる刺激と唯美な世界観を堪能して頂きたいです。
更新頻度
31回 / 21日(平均10.3回/週)
読者になる
全国の女性にスリル溢れる刺激と唯美な世界観を堪能して頂きたいです。

雛輪 じゅんの世界さんの新着記事

1件〜30件

  • 中谷産婦人科No.1三章 大人への階段・・ほろ苦く甘い味③艶美に甘く不思議な空間

     宴席に集まってくれた人達の中で、特に、おじさんの古くからの親友で同じ釜で飯を食った仲間だという権平さん、マモルさんの遊び仲間で竹馬の友である里中さんに土井垣さん、翼さんの悪友だという小次郎さん、美憂さんのマブダチのレミさんといった人達があっという間に私に紹介された。  これまでまったく縁もゆかりもなかったような人々と一つの場で、飲み食いしながら同じ時間を共有していることが不思議だった。 ...

  • 中谷産婦人科No.1 三章 大人への階段・・ほろ苦く甘い味 ②お披露目会

     その数日後、不知火家の方から、せっかく籍を入れたのだから「お披露目会」を開こうという提案があった。しかし叔母夫婦は乗り気ではなく、参加したがらなかった。  仕方がなく、マモルさんの家族や親しい友達に、私を紹介するような形でパーティを開くことになった。  会場はお馴染みの不知火家のお店「雲竜」である。  石畳を通り、表玄関の硝子の引き戸を開けると、三、四足の男物の靴と女物の二足の靴が脱ぎ...

  • 中谷産婦人科No.1三章 大人への階段・・ほろ苦く甘い味①青葉の中に見る美しく儚い君

     学校を辞めて一週間ほどしてから、マモルさんと私は籍を入れた。  区役所の帰り、二人でブラブラと公園の方へと歩いて行った。   会うのは大抵夜だったので、陽ざしの中に見るマモルさんが珍しかった。  木漏れ日を浴びてマモルさんのサラサラとした襟足の髪は、透き通るように明るく染まってゆく。  マモルさんは丈のあまり長くないカチッとしたデザインの細身のブラウスに、所々、色落ちし...

  • 中谷産婦人科No.1二章「ルーゴン・マッカール」⑥さようなら・・

     放課後の教室はガランとしていて、感傷に誘われるというよりも先に、 空洞の中に放り込まれたように虚しい気配だけが四方八方から感じられた。  久しぶりに訪れた教室であったためか、ふと懐かしく心惹かれ、 立ち去りがたいものを感じたが、同時に居場所を失った後の白々しい空気もそこに漂っているのだった。  ・・それがなんとも、もの哀しかった。  「電話で話は伺いましたが、本当に驚いてい...

  • 中谷産婦人科No.1 二章「ルーゴン・マッカール」⑤おばさん・・?

     まるでその言葉が自分の言った言葉じゃないかのように信じられなかった。 遠くの方で聞こえてきた何者かの声のような感じがした。  一斉にギョッとしたような目が向けられたが、まるで夢を見ているかのような感覚で、それすらも感じなかった。  「あんた!冗談じゃないわよ。」  おばさんの鋭い一撃も、ずっと遠くの方で聞こえてくる大砲のようだった。  しかし、マモルさんから視線を離さずにい...

  • 中谷産婦人科No.1二章「ルーゴン・マッカール」④また、あの地獄の生活に・・?

     おばさんは、私を小学校低学年の時から面倒を見ているが、いわゆる「ママ友」というものを作ろうとしなかった。  それは血が繋がってはいるものの私との関係を詮索されたくないからかもしれないし、何よりも「私の母親」について語ることを嫌っていたためかもしれない。  あるいは、単純に平凡な主婦同士の付き合いに魅力を感じていなかったのかもしれなかった。  おばさんは元々に律儀で適度に常識を踏まえ...

  • 中谷産婦人科No.1二章「ルーゴン・マッカール」③両家の泥沼の話し合い

     その向こう見ずな若さを剥き出しにした気迫に、おばさんは一瞬呆気にとられたような顔をしたものの、すぐにマモルさんをキッと睨み返した。  「まぁ、何を言うんです。あなたのせいじゃないの?それをのんきにお嫁さんにほしいだなんて呆れた!よくもそんなことが言えたものだわ。」  しかし、これまで黙っていた叔父さんがそこで遮るように重々しくゆっくりと口を挟んだ。  「ほぉ・・随分と簡単に結婚を口にす...

  • 中谷産婦人科No.1二章「ルーゴン・マッカール」②マモルさんの家族がわが家へ!?

     その翌日の夜、マモルさんは自分の両親を連れて、叔母夫婦の元へ訪れに来た。 私はこの日も学校に行かなかった。  すべてを打ち明けた後となっては、学校に行くどころの騒ぎではなくなっていた。 叔父さんも会社を休んだ。  夫婦は一日中、厳しい顔で頭を抱え込み、時折口論にすらなった。  「・・まったく、どんな青二才がどんな親を引き連れてやってくるのか・・今からその面目丸つぶれな顔を拝んでやる...

  • 中谷産婦人科No.1 二章「ルーゴン・マッカール」①マモルさんの育った家・・

     その日の夜、私はマモルさんの指示に従い、再び店を訪れた。 家屋は店に繋がっているので、厨房から座敷に続く渡り廊下を脇手に逸れると、そこが居間になっていた。  その八畳ほどの広さの和室は、店の雰囲気に因んでか、硝子障子を引いて中に入るなり古めかしくどっしりと重々しい空気が感じられた。  そして驚いたことにこの部屋の天井にも趣向が凝らされていた。しかし店の色味鮮やかな天井画とは違い、梁で木製...

  • 中谷産婦人科No.1一章 運命⑳雑踏の中でのマモルさんの返事・・

     気を紛らわすために読書に熱中し始めると、もうあっという間に半日が経っていた。  読み終えた本を元の棚に戻そうと立ち上がった時、同じ世界文学集のコーナーに、一人の少女が佇んでいることに気が付いた。 少女は一心に本を探している様子だった。  私は何気なくその少女の横顔を見てびっくりした。  「この人、一昨日の病院の清掃員だわ。」  少女は、やや赤みのかかったかなり短めのちぢれた髪の毛をし...

  • 中谷産婦人科No.1一章 運命⑲私にはやっぱりマモルさんしかいないよ・・

     その日から私は絶望感に苦しめられる日々を送ることになった。これまでたいしたことのない少女だと思っていたミナミが見違えるほどに可愛らしくなっていった。  彼女は突如底から女が立ち上がったかのように、全身から生き生きとなまめかしさを漂わせ始めている。  それに比べ自分は次第にみすぼらしく色褪せていくようだった。  食欲もない。  私のあまりの変わりように、おばさんも叔父さんもすぐに気...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命⑱衝撃・・信じられない。

     夜の闇を背景に野本の姿が、悪魔めいて見えた。  耐えきれなくなって私は泣き出しそうな気持で目を反らし、再びフォークを取ろうとすると、野本はそれを制止させるように、素早く、力強く私の手を握った。  野本は余裕のあるゆっくりとした動作で私の手からフォークを奪い、ギュっとさらに強く握りしめた。  その掌のうちに秘められた熱が私の内部にまで浸透し、躰の芯が火照ってくるのを感じた。 ...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑰教師との禁断の恋?

     その日を境に、教師の私を見る目が変わった。  教室内に威圧をかけるような厳しい態度は相変わらずのものだが、時折ちらっと私の方を見ては、優しく目顔で微笑をした。私はそのたびに恥ずかしくうつむいたが、胸が温まる想いだった。  それ以来私は学校以外の場所で、度々野本と会うようになった。  放課後、学校から少し離れた駐車場に先に待っているように言われ、後からやってきた野本の運転でドライブも兼...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑯

     あれは二学年に進級し、始業式が済んで三週間ほど経った頃だった。放課後私は突然、担任になった野本という教師に生徒指導室に来るように言い渡された。名指しで指名されたのはこれが初めてのことであり、「小早川!」と呼んだ教師の威厳ある声は、私の耳の奥で強いインパクトを残した。  この野本とという教師の印象は、早くも生徒たちの間で話題になっていた。ひどく神経質で冷酷そうな人柄を姿全体から露わにしている...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑮

     翌朝、私はいつものように家を出たが、学校には行かなかった。マンションの坂道を下っているあたりからひどく体の重たみが感じられ、もう心は決まってしまっていた。  幸いつわりはそれほどでもないが、臭いには敏感でムッと吐き気を感じることはある。同時にひどく体がだるく朝起きるのも辛い。しかしおばさんは、熱でも出さない限り学校を休ませてもらえそうにないので、引き返しようがない。  私はそのままバスに乗っ...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑭

     調理場の熱気と打って変り、客のまだない店内はひんやりと涼しい。老舗の日本料理屋らしく、店内はすべて高級感のある木材でしつらえてある。  コーティングされたすべすべとしただだっ広いテーブル席が、端から奥の方まで、がら~んと広がっていた。  しかしその店構えは一風独特だった。  アルバイト期間中は厨房で働いていて、勝手口から出入りしていたので、私は店内を間近に眺めたのはこれが初めてだった。 ...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑬

     次第に空が暗くなりはじめ、最寄りの熊野駅に着いた頃には雨足は一層激しさを増していた。  外に出て傘を広げてみたものの虚しくもあまり役に立たず、強い風と共に斜めに叩きつけるような雨は、抵抗のなす術もないままに制服のスカートを濡らした。  私はバスターミナルの方角へ走っていくと、ちょうど停車していたバスに飛び乗った。  どんよりと暗い空間の中で、押し寄せてくる不穏な気配に急き立てられるよう...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑫

     昼過ぎから空が淀み始め、放課後には雨だった。運動場には所々水たまりができ始めている。灰色の空から叩きつけるように降り下りる雨が、さみしく不安にさせられた。  この日一日中、教師は私に注意を払うことはなかった。廊下を歩いている時に、一瞬私の姿を捉えたように思えたが、その目は無感動だった。  私はたまらない疎外感を味わった。  一思いに今、ぶちまけたかった。  先生、私、妊娠したんです!...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑪

     自宅から徒歩で二十分程度の場所に最寄りの熊野駅がある。昨日産婦人科に行くために訪れた同じ鶴見川線沿いの三輪山駅に比べると、とても小さないかにも「昔ながらの駅」といった風情である。  私は毎朝、その駅に面して外側に備え付けてある小さな女子トイレの鏡の前で身だしなみのチェックをする。  流し場は所どころ、髪の毛の落とし物や、口紅やファンデーションの粉などで汚らしく汚れている。私は水滴のあまり...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑩

     「そうだわ、ユマ。来週進路説明会でしょ?」  おばさんが突然思い出したかのようにキリッとした顔で私に向き直った。  しまった・・先手を取られてしまった・・  「うん・・。そうだよ。」  私はタンポポの模様のついたガラス鉢からトングでサラダを盛り付けながら、顔をあげようとしなかった。  「そろそろ本気で志望校、考えなきゃだめね。まさか、あなたまだ服飾の学校へ行きたいなんて思っているの?」...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑨

     玄関のドアを開けると、トマトソースの甘酸っぱい香りが漂ってきた。  「あら、お帰りなさい。」  台所からおばさんが呼びかけてきた。  「ただいまぁ~」と言いかけ、スニーカーを脱ごうとしながら私はギクッとした。  しまった!制服に着替えるのを忘れてしまった。  どうしようと思っているうちに、もうおばさんは玄関の前に立っていた。そして案の定、「まぁ、あなたどうしたの、その恰好?」  ...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑧

     すでに両親のいない私は、母の妹にあたる叔母夫婦と生活している。  小学二年生まで私は母と公共団地で暮らしていたが、母の病死後は、同じ横浜市内の叔母夫婦に引き取られたのだった。  乗車して二十五分程度の距離であるが、バスを降りると、黄昏の色が一層濃くなっていた。三輪山駅から続いているその一本道は更にそのままずっと東急田園都市線沿いの青葉台駅方面まで続いていく。  私の住んでいる場所は三輪山駅...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑦

     受付の窓口の前には「本日の受け付けは終了しました。」という表示が置かれている。黄ばんだ白の革張りのソファに腰かけている会計待ちの人はもうまばらにしか座っていなかった。  濁ったコンクリートの壁のみすぼらしい掲示板には、「改装工事のお知らせ」だの「妊娠中の過ごし方」だのの紙が画びょうで止められていた。  すると、隅っこの壁際に立っている少女の姿が目に入った。  小女は小柄で私よりずっと幼...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑥

     その後、測定室で血液検査などをした。右腕の注射された箇所に白いカット綿を指で押さえつけながら再び通路に出たとき、ふくよかな中年の看護師に声を掛けられた。厚化粧でギョロッと目が大きくおちょぼ口な様子は「ベティさん」を思わせた。  「もう一度名前を呼ぶので測定室の前に座って待っていてくださいね。」  やれやれ、まだ何かあるのかい・・と思いながら、私は先ほどと同じように「廊下」にひしめきあって座る...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ⑤

     「小早川ユマさん、2番診察にお入りください。」  ずっと向こうの方で、私の名前を呼ぶ音声が聞こえてきたので、慌てて立ち上がり、小走りで通路を急いだ。  恐々と診察室のドアを開けると、眼鏡をかけた人のよさそうな中年の男性が医師だった。白衣のバッジに「中谷」と書かれてあったので、この人がこの病院の院長だろうか?それにしては若いなと不思議に感じると同時に、数学の横山に雰囲気がちょっと似てると思った...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ④

     腕時計を見ると十六時二十分をまわっていた。外来の受付時間はもうとっくに過ぎている。そのせいか年配の清掃婦が掃除機をかけ始めていた。そして、ゴミ袋を持った小柄な清掃婦に何やらがさつな大声で指図をしていた。私はその若手の清掃婦の横顔を見て驚いた。 なんと少女だったのである。 「あの人、私と同じ年くらいなのかな?」 少女は顔色が悪く、グリーンの作業着もサイズが合わないのか、ダボダボと宙を泳いでおり、見...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ③

     自宅で自分の妊娠の疑いを知った夜、私は特に驚きを感じなかった。  すでに体調の異変には気が付いていた。  数日前、私はデパートのブティックの会計の前で突然目の前が真っ暗になって倒れたのである。同時に吐き気にも襲われた。  しかし私はそのドラマチックを別段不思議なことと受け止めなかった。寧ろ、待ち望んでいたことが起きようとしている予感に胸が高鳴ったものだ。  しかしほぼ妊娠が確実であろうこ...

  • 中谷産婦人科 表紙・目次

    中谷産婦人科No.1                   目次 https://yamurara.fc2.net/blog-entry-6.htmlモノローグ 第一章 運命https://yamurara.fc2.net/blog-entry-7.html中谷産婦人科NO.1 第一章 運命 ①https://yamurara.fc2.net/blog-entry-8.html中谷産婦人科NO.1 第一章 運命 ②https://yamurara.fc2.net/blog-entry-13.html中谷産婦人科NO.1 第一章 運命 ③...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ①

     夏休みが終わり、新学期が始まって一週間経った頃だった。  この日、私は学校から真っ直ぐに家には帰らなかった。意を決して最寄り駅を通り越し、三輪山駅で下車すると、女子トイレで素早く着替えを済ませ、その足でバスターミナルの方角へと向かった。  寄り道もせず、規則正しく帰宅していた毎日を繰り返していただけに、反抗心の高まりにも似た緊張感とスリルが久しぶりに沸き起こり、徐々に顔が紅潮してくるのが感じ...

  • 中谷産婦人科No.1 一章 運命 ②

     表玄関が改装工事中であったため、裏口に回らなければならなかった。入口の前には簡易屋根の下、木材でできた汚らしい学校のような下駄箱がズラリと設置されている。辺りは薄暗く、陰気だった。後から知ったことだけれども、ここは病院の地下一階だったのだ。  私は素足のままスニーカーからスリッパに履き替え、入り口のドアを押して中に入ると、眩い蛍光灯の下で剥き出しの黄色く濁った床が広がり、すぐそこが受付だった。...

カテゴリー一覧
商用