searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ミントさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
最愛の夫を亡くして 白い花を手向ける日々
ブログURL
https://ameblo.jp/ginger53/
ブログ紹介文
最愛の夫を亡くしました。2020年4月のことでした。 12年前の大腸がんが遠い原因で、退院を目前に、腸閉塞から誤嚥性肺炎を起こし旅立ちました。 歳の離れた大切な夫と、アラフィフの私。いつまでも一緒。きっと死ぬまで彼のことを想う。
更新頻度(1年)

17回 / 91日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2020/06/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ミントさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ミントさん
ブログタイトル
最愛の夫を亡くして 白い花を手向ける日々
更新頻度
17回 / 91日(平均1.3回/週)
読者になる
最愛の夫を亡くして 白い花を手向ける日々

ミントさんの新着記事

1件〜30件

  • ブログ訪問のお礼とお願い

    昨日はアクセス数が急増していて、びっくりしました。前日にアップした記事が、アメトピに掲載されて、多くの方がこのブログを訪問してくださったためと思われます。ご訪…

  • 夫の友人Dさんの男気

    Dさんは、アメリカ東海岸在住のアメリカ人で、大変インテリである。夫とは、本当に長い間、一緒に働いた後輩であり、親友であった。私はこれまでに数回会い、結婚式にも…

  • 江頭2:50が本気で歌う「青空」

    なんのブログかわからなくなってきたが、江頭2:50がアカペラで歌う、「青空」を紹介します。 YouTubeでブルーハーツ見てたら、「えがちゃんねる」から来まし…

  • 「夕暮れ」ブルーハーツより

     ブルーハーツの「夕暮れ」といえば、失恋した男子が、自転車にでも乗って、涙をこぼしながら口ずさむ歌のはずだった。 だが不覚にも、「何年たってもいい、遠く離れて…

  • 腹筋・・・

    私は腹筋がきらいだ。 最初は分けてでもいいから、一日80回程度のメニューへもっていこうとしているのに、10回もしないうちに、もう一人の私がブツブツ文句を言う。…

  • 愛車

    夫の車を10か月もほったらかしにしていたので、ホコリをかぶって、バッテリーもとっくに上がっていた。私には動かせない、マニュアルの古いスポーツカーだ。やっと車屋…

  • 坂ダッシュ!

     お盆休みがヒマ過ぎるので(いや初盆ですが)、トレーニングを始めることにした。確かにここ数年で体重が増えてはいたが、あれから1か月に3キロのペースで痩せてしま…

  • 夫の友人Cさんの悲しみ

     Cさんと夫は飲み友だちだった。仕事帰りに、よく飲んでいた。二人とも恐ろしく酒が強く、まだ若い時は、眉毛1本、ネクタイをちょこっとも乱さず、朝まで飲むことも出…

  • 最後に顔を見せてやれなかった理由

     夫に、最後に顔を見せてやれなかった理由がわかった。 私が、感情を優先させたから、判断が鈍ったのだ。 このことを実感するまで、3か月半かかった。 ここは、私が…

  • 死別ブロガーさんたちへ ブルーハーツの「街」

    夫と死別して、まだ3か月半だが、もう2年くらい経った気がする。 この間、怒涛のように、本当にいろいろなことがあった。 5月の上旬だったか、まだ死別後、2、3週…

  • リンドウが嫌い

    暑くなって、切り花の持ちが悪くなって来ている。最近はリンドウを見かけるが、私はどうしてもリンドウだけは、買う気になれない。それは、大嫌いな「野菊の墓」を思い出…

  • 夫の友人Bくんの働き

    Bくんは日本の大学院に通う、アメリカ人の男の子である。私たち夫婦はホストファミリー的な役割をしてきて、Bくんとはかれこれ数年の付き合いになる。夫とBくんは、大…

  • 人間関係の相関図と「想像力」について

    夫と私の周りの、人間関係の相関図を書いてみた。  ピンクで繋がっている人々は、今回、程度の差はあっても、死別を体験した人々。 青で私と繋がっている人々は、これ…

  • ジョン トラボルタ愛妻逝去

     (↑「バトルフィールド アース」一場面) ジョン トラボルタの愛妻が、2年間の闘病の末、今日亡くなったそうだ。 インスタのコメントより:「子どもたちが母親の…

  • 育て直しの親

     (↑画像はお借りしました) 葬儀の数日後、葬儀屋さんに支払いに行った帰り道のこと。  4月の、昼間の明るい歩道が、ゆっくりと、ずっと目に入っていたから、 あ…

  • 風呂入れ爺さんが出る

     寝つきは相変わらず悪いものの、昼間の通勤が始まったことも相まって、比較的、規則正しい生活リズムを心がけることができている。 大きな理由の一つは、 風呂入れ爺…

  • 生きる意味はないが理由はある

     (↑画像はお借りしました)    生きる意味なんか、初めからない。あるとしたら、むしろ家畜だと思う。それは仕事のやりがいを、会社が用意しているはずだと期待し…

  • 夫の友人Aさんの魔法の言葉

    Aさんと夫は50年来の友人で、夫の後輩である。奥さんを亡くし、子どもがいなかった。アメリカ西海岸在住のアメリカ人で、2、3年に一度、日本へ会いに来てくれていた…

  • 初ボタニカルキャンドル作った

    ↑できあがり ↑ロウを型に流し込んでいるところ  先日、初めてのボタニカルキャンドルを作ってみた。 ボタニカルキャンドルとは、押し花やドライフラワーを型に入れ…

  • リブログしていただきました

    配偶者との死別体験者として先輩にあたる方が、先日書いた記事「傷つく言葉への迎撃を考えはしたが」をリブログしてくださいました。それも、初リブログだとか。ありがと…

  • 残りの人生の日数

    ↑エルヴェ ギベール(作家、写真家)  日にちを数えるということを、過去に一度もしたことがなかったので、 ヒマにまかせてやってみた。 あと20年から30年残っ…

  • 佐伯チズさん

    佐伯チズさんのことをブログに書こうと思っていた矢先、今日の悲しいニュースが飛び込んできた。76歳で亡くなったという。 佐伯チズさんは、40代でご主人と死別され…

  • 傷つく言葉への迎撃を考えはしたが

    (長文です) (↑アメリカ元大統領夫人、ミシェル オバマ)    「あなたが1日も早くお元気になられることが、ご主人が一番喜ばれることでしょう。」 本当にこれ…

  • 12年前の大腸がん

       今から12年前、突然、職場に病院のICUから電話がかかってきた。今すぐ来られますか、と。 夫は大腸がんだと宣告された。 「はい」 まっすぐな返事をして、…

  • 専業主夫の一番大変な仕事

      一年か、一年半ほど前から、夫の足腰が少しずつ弱って来ていた。後から思えば、たくさん病気をしていたので、要介護認定を満たす事項は充分にあった。 「要支援1く…

  • 花瓶に水をやりましょう、心のずっと奥の方

       これから死ぬまで誰にも邪魔されず、夫と毎日いるために、心の奥の大切なところにそういう場所を作って守ろうと考えて、ふと、なんかそんな歌があったなと思い出し…

  • 「二代目はニューハーフ」(邦画)を観て泣く

    あれほど好きだった海外ドラマも、映画も、ニュースも、全く観ることができないでいる。 夫の話はずっとしていたいけれど、違うジャンルの話を聞くエネルギーが枯渇して…

カテゴリー一覧
商用