searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

チャーリー 松さんのプロフィール

幸せは、正しい命名から。 1人から家族へ、家族から社会へ幸せの輪を広げ、充実した人生を送るには必須のもの。突然の事故や病気から身を守るには、姓名判断による正しい名前を持つ事が唯一の方法です。

ブログタイトル
チャーリーの青空トーク
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/otfk24
ブログ紹介文
50を過ぎた不良オヤジが、ライフワークの「姓名判断」の話を中心に徒然語らせていただきます。
更新頻度(1年)

26回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2020/06/08

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、チャーリー 松さんをフォローしませんか?

ハンドル名
チャーリー 松さん
ブログタイトル
チャーリーの青空トーク
更新頻度
26回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
チャーリーの青空トーク

チャーリー 松さんの新着記事

1件〜30件

  • 狂騒コロナパンデミックを心地よく受け入れるバカ共 

    このアホなチャーリーでさえもハッキリ言えることが一つあります。何人ともその事を否定できません。絶対に間違っていません。それは・・・「人は必ず死ぬ」ということです。狂騒コロナパンデミックを見ていると非常に違和感・不快感を感じるのはチャーリーだけ?皆さんはこのバカバカしい騒ぎに不快感を覚えませんか?このバカ騒ぎが続く根底にはなにが在るのか考えてみました。その答えは簡単です。まぁ、簡単に見つかるのは当然です。「命」の話ですから・・・結論から言うと、「命」への異常な執着・ままならない欲がこのバカ騒ぎを助長している事は間違いないようです。新型コロナ肺炎の蔓延が怖いと言っては人の動きに制限を加え、結果経済が縮小して人の動き・お金の廻りが悪くなり、25年以上続く世界記録的デフレ経済がますます縮小し、息と心臓が止まるのは時間の...狂騒コロナパンデミックを心地よく受け入れるバカ共

  • 仕掛けられた「コロナパンデミック」自分を守り家族をまもる。

    この4か月余り、バカバカしいコロナパンデミックのバカ騒ぎから距離を置きたくブログ更新をやる気が起きませんでした。がここに来て今回のワクチンの危険性についてスルーし、接種に走る人の多い事。驚きです。何でそんなに新型コロナウィイルスを怖がるの?これ只の風邪でしょ?インフルエンザとなんら変わらない物なのに簡単にTV・新聞の恐怖を煽る三文記事を鵜呑みにする大衆の愚かな姿は、洗脳プロパガンダシステムの完成した事を物語っています。コロナの恐怖を煽る目的は新型コロナウィイルスワクチンを大衆への接種です。通常のワクチンと異なる、ファイザー社(米)、モデルナ社(米)、アストラゼネカ社(英)が開発したワクチンは非常に危険なモノであると言わざるお得ません。他の製薬会社ノババックス社、J&J社、シノバック社等の情報が少なく分析していま...仕掛けられた「コロナパンデミック」自分を守り家族をまもる。

  • 沼の汚泥さらいと外道退治はまだ終わらない。

    日本時間1月21日にアメリカ合衆国新?大統領が就任したようです。アフォ草。許してはならない、とは「バイデン野郎と民主党」の事です。まぁ、長くは続かんでしょう。八百長・不正選挙で大統領になった野郎ですから・・・。75,000,000人のD・トランプ氏に投票した有権者と、今回の大統領選挙以降トランプ氏を応援する世界中の人々が黙って見ていませんヨ。冷静に思いを巡らせば、これほどの歴史的事件をリアルタイムで観る事ができたのは幸運だったかもしれません。バイデン野郎がホワイトハウスに居座っている間、アメリカ社会はとてつもない「負(腐)」の澱んだ空気に包まれ、正常な人はそのネガティブな波動をビンビン感じ、正常ならばいたたまれなくなります。ホワイトハウスは「黒魔殿」とでも名前を変えたほうがピッタリしっくりします。この後、アメリ...沼の汚泥さらいと外道退治はまだ終わらない。

  • 社会の腐った汚泥を一掃しろっ! 

    1月6日(ワシントン時間)の連邦上下両院議会でドナルド・トランプ大統領は承認されませんでした。同じ日、ワシントンを中心に大統領の選出に伴ってな政治的動きがありましたが、結果的に炙り出しが行われ、DS・新世界秩序派・国際ユダヤ金融組織・グローバリスト側の連中が浮き彫りになりました。悪党・外道・極悪人・人非人・大ぼら吹き・ならず者・極道者・ゴロツキ・・・これらの言葉は、アメリカ民主党とDS・新世界秩序派・国際ユダヤ金融組織・グローバリスト側の連中にあてはまる言葉です。綺麗なカッコして、上流階級者ズラしてますが既に人の心を失った邪鬼です。酷い連中です。ハエの集る臭いを高級な香水を浴びるようにして使いその臭さを誤魔化している連中です。民主政治の基本である選挙を蔑ろにした事の重大さは計りしれません。このまま、バイデンが大...社会の腐った汚泥を一掃しろっ!

  • 謹賀新年 令和三年 正月

    令和三年明けましておめでとうございます。先月12月から忙しい日が続き、やっと新年のご挨拶が出来ました。昨年はコロナパンデミックのお陰で散々な年でした。おかげでチャーリーが身を置く業界は壊滅状態です。今年はマジで仕事を離れざるお得ない状況になる可能性が高く、解雇の憂き目に遭う事を事前に覚悟し、生活基盤の変更を視野に入れ大きな判断をしなくてはならない時が来ている、と感じます。元々チャーリーは今以上の生活の向上や、物や仕事に対し欲も有りません。貧乏上等!楽しく自分なりに人生を全う出来れば、野垂れ死にも怖いとは思っていません。まぁ、周りに迷惑は掛かりますが、死人は何も出来ませんから勘弁してもらうほかありません。(笑しかしながら、アメリカ大統領選挙は酷い!新世界秩序派の横暴は絶対許せません。天が許さネーッ!ドナルド・トラ...謹賀新年令和三年正月

  • 日本独立の希望・アメリカ大統領選挙202 Ⅲ

    今日もアメリカ大統領選挙に関するお話しです。しつこい様ですが、日本の存亡に関わることです。ここはスルーするわけにはいきません。基本中の基本なので繰り返しますが、前回同様今回の大統領選挙は共和党VS民主党の政党の戦いでは無い事をハッキリさせておきます。国を守ろうとする主権国家派(D・トランプ大統領)VSNWO派・ディープステート(バイデン候補)との戦いです。この2つの勢力が、アメリカ大統領選挙を舞台にぶつかったという構図です。少し角度を変えると、民主主義(トランプ側)VS社会主義・共産主義(バイデン側・ディープステート)と見る事も出来ます。ここで補足ですが、世界支配を目論むNWO派の卸元の国際ユダヤ金融組織・カバールマフィアは過去歴史上において人々の対立軸を強固にするために1917年ロシア革命を起こし1922年ソ...日本独立の希望・アメリカ大統領選挙202Ⅲ

  • 日本独立の希望・アメリカ大統領選挙202 Ⅱ 

    アメリカ合衆国大統領選挙の混乱は他人ごと、他国の出来事だと対岸の火事のように眺める事は日本にとって危険極まりないし、日本の独立が脅かされる事になる事は明確です。だから唯一チャーリーの持っている小さな発進ツール・ちっぽけなチカラを承知で何度も言うのです。日本と日本人にとって大事なことだから、何度も言うのです。チャーリーは日本がNWO派・グローバリスト・国際ユダヤ金融の支配を受けることは我慢なりません。日本は日本でなくてはなりません。この日本列島と自然、そこに住む日本民族は唯一無二、世界のどこにも同じ風土も文化もありません。当たり前ですが・・・その唯一無二の守るべき価値ある国を、単一的価値を押し付け、そこに生きる人々を奴隷の様に、また実験動物のように扱われるのは真っ平御免です、この1ミリたりとも受け入れがたい日本と...日本独立の希望・アメリカ大統領選挙202Ⅱ

  • 日本独立の希望・アメリカ大統領選挙2020 

    感謝祭かた始まるホリデイシーズンに入り、身の周りが慌ただしくなっておりズボラなチャーリーには仕事が過密スケジュールになり、その上新会社に移行したのを受け業務上のネット講習が重なり「ボーっと」している時間が無く気が重いです。さてさて、話をアメリカ大統領選挙2020に移しましょうか・・・民主党側の、モトイ!カバールマフィア新世界秩序推進派の凄まじい不正選挙です。なりふり構わず、D・トランプ大統領をその椅子から引きずる降ろそうという邪悪で強大な意思が動いている事はもう誰の目にも明らかです。買収なんて生易しい物ではなく、開票所のスタッフの強引なバイデン票への加算・集計ソフトの改ざん・軍兵士から回収票の投棄・投票者名簿の数を超えるバイデン票・等々のありとあらゆる手段でバイデン票の増加を行っています。これは何を物語っている...日本独立の希望・アメリカ大統領選挙2020

  •  日本が存続するか? 滅びるか? この戦いは始まっています。

    明らかに「日本」を無くそう・この地球から消そうとする凄まじく大きな力が働いています。言い方を換えると、世界の国々の国境・文化・歴史・人種・宗教・民族・・・を消して、世界中の資源・労働力・人の持つ時間及び人の営みの結果生産される富の集約し一元化しようと試みる人の道に外れた連中が、地球規模での乗っ取りを実行しています。DS(ディープステート)、国際ユダヤ金融組織、カバールマフィア、軍産複合体、メガバンク、オイルメジャー、&新世界秩序に同調し、これに追従する各国の大企業・主要メディア、政治団体・政党が加わります。Thinkerより何度も言いますが、民主主義対共産・社会主義の戦いではありません。イデオロギーの主張でもありません。奪う側と奪われる側の戦いです。D・トランプアメリカ大統領は、この各国の主権を奪い世界を一つに...日本が存続するか?滅びるか?この戦いは始まっています。

  • 支配者たちによる新世界秩序 = 人口削減

    民主党によって行われた組織的極悪犯罪不正選挙により混迷を深めるアメリカ大統領選挙ですが、司法の場での決着が待たれる所は言うまでもありませんが、s世界中の司法の中にDS・新世界秩序を目論む極悪人共が寄生していますので楽観は出来ません。なにせ、この大統領選挙でも判るようにDS・新世界秩序を信奉している連中はなりふり構わず、既に常識を逸脱した蛮行に出てきています。相変わらず日本のクズメディアは、トランプ大統領を極悪人に仕立て上げDS・新世界秩序信奉の広告塔として一役買って出ていますが、これこそ日本を亡ぼす行為だという事が何故わからないのか不思議でなりません。日本のTV局はNHKを含めどこも大馬鹿野郎です。百害をもたらす、消し去るべきゴミです。さてさてチャーリーもその極悪人D・トランプ大統領を支持しているという事で、キ...支配者たちによる新世界秩序=人口削減

  • アメリカ合衆国大統領選挙2020から学ぶべき事とは?

    日本の腐り切ったメディアは民主党バイデン大統領候補の当選を確定として報道している様ですが、これは明らかな情報操作です。今このブログを書いている11月10日現在州の多くは未だ開票作業中。また、いくつかの州では州司法長官の権限により開票のやり直しを指示しています。また、元連邦検察官のシドニー・パウエル女氏がミシガン州での開票には開票ソフトの不具合がアルゴリズムの書き換えによって意図的に引き起こされた事により、州内総ての集計をやり直す事が必要だと指摘しています。また、フィラデルフィアの開票所では、開票に携わっていた民主党員ブライアン・マッカシー氏は、開票所の開票と集計に明らかな不正・もしくはその疑いが濃厚である事を指摘し、民主社会の危機として訴えています。これらの事から、今回のアメリカ大統領選挙によってハッキリした事...アメリカ合衆国大統領選挙2020から学ぶべき事とは?

  • アメリカ合衆国大統領選挙 D・トランプ氏の再選を望む Ⅱ

    酷い事、醜い事になっています2020年アメリカ大統領選挙ですが、結果は司法の判断を経てD・トランプ現大統領の当選になると思います。それにしても民主党の腐敗・順法精神の欠如は既に極悪非道反社会組織である事実をを自らの手で明らかにし、アメリカ合衆国の国際的信用も棄て去った罪深い行いとしか言いようがありません。アメリカ国民の皆さんへは同情と共に深い哀悼の意を捧げます。残念です。ここまで、組織的にしかも大々的に行われた不正選挙がホワイトハウスの大統領が気が付かないわけないでしょ?民主党は長い時間と人を投入し、準備していたはずです。FBIも察知していて当然です。不正選挙のが実態がボロボロとこれだけ表に現れ、皆の知ることとなるのは当たりです。CNNを筆頭にマスメディアは民主党の走狗である事を鑑みても杜撰と言えば杜撰。要する...アメリカ合衆国大統領選挙D・トランプ氏の再選を望むⅡ

  • アメリカ合衆国大統領選挙 D・トランプ氏の再選を望む

    今日はアメリカ合衆国大統領選挙に合わせてのお話し。再三このブログでもお話ししていますが、今現在世界中の一般市民の上にのしかかっている問題は、支配層の計画によって生み出された云わば我々にとっては謂れのない、何の落ち度も・過失も無いなかで自由を奪われ・時間を奪われ奴隷化の流れの中に押し込まれ搾取を受けています。ディープステート(DS)とか軍産複合体・ユダヤ国際金融組織・新世界秩序(NWO)・国際連合等々呼称は違いますが目指すところは各国の文化・文明・歴史の上位に世界統一支配機関を置くという、狂った話を実行している連中が一般市民の意思を無視した、一日本人としても到底認めるわけにはいかない強行・蛮行です。これに対し、強い意志で立ちはだかる勇気ある政治家が、D/トランプ現アメリカ合衆国大統領です。彼はオバマ政権時までアメ...アメリカ合衆国大統領選挙D・トランプ氏の再選を望む

  • コロナパ.ンデミックによる恐ろしい経済縮小が.続きます

    一か月ぶりの更新です。やれやれ、現在進行形で大変な.状況が続いております。コロナウィルスではなく、新型コロナを恐れるあまりの経済縮小がいよいよ本格的に、実態として生活に表れ始めた感がひしひしと迫っております。皆さんの生活は如何ですか?チャーリーの状況は前回お話しましたように、先ずは、現地における外国人労働者に対し雇用主が取得するべき労働ビザのクリアーが優先され、通常でも現地外国人労働者に対しハードルが厳しくなっている事に加え、3月以降会社収益が対前年比95%の減益を強いられている背景が在る中での雇用契約の更新にこぎ着けました。冷静に考えると「幸運」の一言です。8月には85%の従業員が解雇という、厳しいと同時に解雇された各人にとっては、次の雇用先が見いだせない生死に拘わる事態となっていいる中での契約の更新でした。...コロナパ.ンデミックによる恐ろしい経済縮小が.続きます

  • 海外生活の面倒な事・・・

    またまた、永らく更新が出来ズ、ごめんなさい!ズボラチャーリーのいつもの事で・・・極少数のファン(?)の方には申しわけなく思っています。デタラメ(適当)もここまでくりゃ腹も立たないえしょ?((´∀`))ところで、大西つねき氏が衆議院選挙に向け動きだしました!神奈川4区(鎌倉・大船)での旗揚げです。応援よろしくお願いします。チャーリーの勤める会社はコロナ禍の影響で大量解雇の嵐が吹き荒れ、ごく少数の社員をもって一部の部所を限定的に再開しました。が、通常営業には程遠く、まだまだ五里霧中、とは言ったものの元々先の事を見通すなどと傲慢極まりないと常々思っていたので、それ程の不安もありません。所詮人の浅知恵で先のことなど見えるハズも無く、一瞬先も判らない時間の流れに身を置きジタバタしたところで、コロナ禍が有ろうが無かろうがど...海外生活の面倒な事・・・

  • 日本のドン詰まり超極限閉塞感を脱出する唯一の手段

    ロックダウン中の8月17日に会社から再出勤の連絡が入り、以来バタバタしておりました。お陰で、10日も更新出来ず・・・相変わらずズボラな主です。やれやれ、3月末以来4か月以上も体を動かしたいなかった為にペースを掴むまで難儀しました。実際は通常業務にはほど遠い状態で極わずかのスタッフ・管理職による変則オペに止まり、大恐慌への経済の縮小は加速度的に進んでいます。25年以上に及ぶデフレ。超高齢者社会。消費税他掛かる重税。上がらない労働賃金。将来への不安。希望の持てない今の社会。挙げればキリの無い不安材料ばかりです。これらの社会不安・閉塞感は現状のままではどうにもならない。という答えに至りました。れいわ新選組の例をみるに付け、今の既成政党の政治活動の限界を感です。日本の社会は1945年以降、連合国(グローバリスト)により...日本のドン詰まり超極限閉塞感を脱出する唯一の手段

  • 早く経済を戻さないと大変な事になります。

    なんでそんなに新型コロナに脅えるの?PCR検査では新型コロナウィイルスを検出できないそうですよ。正しくは、特定の新型コロナウィイルスは検出できないということです。以下は徳島大学大橋名誉教授の解説です。新型コロナウィイルス肺炎はただの風邪。毎年多くの人が感染してしまうインフルエンザより遥かに毒性が弱いとの指摘があります。何故なら、感染者・発症者・死亡者何れをとってもインフルエンザのほうが遥かに猛威を振るっていることをTV・新聞は指摘せず、PCR検査で出た陽性の数字のみ浮き彫りにさせ、罹患したら大変な事になりますヨ。と盛んに恐怖を煽っています。報道で発表された新型コロナウィイルス肺炎で死亡した方は、多くが高齢者・基礎疾患を抱え投薬や薬を服用している方で免疫力が低下している方。健康な方々はコロナに感染しても自己免疫機...早く経済を戻さないと大変な事になります。

  • ハッキリしています。日本が抗するべき相手は「グローバリズム」だ!Ⅲ

    チャーリーはマジで日本の今と将来に憂いています。このままでは確実に衰退の道を歩みます。その道筋・シナリオを造っているのは、国際ユダヤ金融・グローバリストの連中です。幕末1853年のペリー来航以降は明らかにグローバリストの皿の上に日本列島が乗ってしまい侵食され続けています。彼らの手法は非常に巧妙かつ力学的にかなったやり方で「生かさず・殺さず」。明治維新以降国力が充実し、第一次世界大戦後において国際連盟常任理事国となっていた日本は1935年以降徹底的に叩かれ1945年の敗戦を迎えました。実際に原爆攻撃をまでされ完膚なきまでに叩かれましたが、グローバリストが整えた「東西冷戦」というビジネス環境において利用価値ありとして生かされ、昭和の復興・高度経済成長を実現しました。だがしかし1985年のプラザ合意で日本人が額に汗し...ハッキリしています。日本が抗するべき相手は「グローバリズム」だ!Ⅲ

  • ハッキリしています。日本が抗するべき相手は「グローバリズム」だ! Ⅱ

    今日は前回の続きのお話しを・・・もとネタは、林千勝氏の昭和史の研究です。我々日本人が失った国體を基礎とした自己認識、つまり「自分が日本人であることの認識」戦後のGHQと文部省(当時)がでっち上げた自虐史観をぶっ壊す素晴らしい内容だと思いましたので紹介させていただきます。1941年12月8日のハワイ真珠湾攻撃が、ルーズベルト大統領の思惑とピッタリ一致してしまった偶然?というところまでお話しました。その後の帝国海軍の大東亜戦争遂行に関しては違和感満載ですが、これはまた別の機会で・・・先の大東亜戦争で亡くなった方々にはお気の毒ですが、どうも海軍自体が国際ユダヤ金融のシナリオ通りに動き、敗戦を招いたとしか思えません。アメリカを刺激しないという南方進出の国家の最高方針を捻じ曲げて、東に向かい直接ハワイを攻撃した事が日本を...ハッキリしています。日本が抗するべき相手は「グローバリズム」だ!Ⅱ

  • ハッキリしています。日本が抗するべき相手は「グローバリズム」だ!

    今日は8月15日大東亜戦争の敗戦記念日に因みお話しします。林千勝氏研究の昭和史から見える事は、「国際ユダヤ金融・カバールマフィア・軍産複合体の世界支配は今に始まった事ではない。」という明確な事実があることです。1853年ペリー来航以来、日本の歴史は欧米列強から受けて来た脅威の歴史です。現在の日本の状況は「明治維新前後と何ら変わっていない。」という事です。幸運にも日本は明治維新の革命の中、グローバリズムという欧米列強の日本列島に対する野心を見抜き、その目的を撥ね退け新国家を創出する事に成功しました。ご承知のようにその後の日清・日露の戦争もグローバリストとの戦い(の前哨戦)である事は間違いありません。日露戦争は日本の防衛戦争である事は間違いありませんが、国際ユダヤ金融組織の創り出した巨大な対立軸である、共産主義・社...ハッキリしています。日本が抗するべき相手は「グローバリズム」だ!

  • 日航123便事件の日 8月12日

    35年前の1985年8月12日午後6時56分、羽田発大阪伊丹行日航123便が群馬県内上野村山中御巣鷹の尾根に墜落し520人の方々が亡くなった事件です。以前にも何度かこの話題に触れました。チャーリーにとってはこの事件はスルー出来ません。何故なら、520人もの多くの犠牲者を出しながら、トーシロにもバレる様なバカバカしい政府事故調査委員会の報告を在り難く拝み倒している日本の社会に対して腹が立つからです。犠牲者の方々には家族があり、友人があり、日々の営みがあったはずです。それを、理由も無く奪われたのです。浮かばれませんヨ。ここで、この事件の辻褄が合わない要点を挙げますので詳しくはご自分でお調べ下さい。※乗客が撮影した機内の写真には機内の減圧が起こり機内の空気が機外に流失している状況が見られない。異常が発生した時点では、...日航123便事件の日8月12日

  • 人類初の核攻撃の闇は深い

    8月9日長崎原爆攻撃で犠牲になられた方々のご冥福を祈ります。合掌今にして思えば、6日と9日に発生しましたアメリカの核攻撃を防ぐ事は出来なかったのでしょうか?ネットに上がっている情報を視まわしても、原爆を搭載した爆撃機を含め気象観測2機、科学観測機、写真観測機合計6機のB-29が北マリアナ・テニアン島から発進。既に硫黄島・沖縄がアメリカの手に堕ちているにもかかわらず、不思議な事に護衛の戦闘機は無かったようです。写真;北マリアナテニアン島ハゴイ飛行場原爆搭載ピット跡たった6機ほど、しかも護衛戦闘機も付いていないの爆撃機の侵入を簡単に許してしまう状況はおかしいと思うのはチャーリーだけでしょうか?広島・長崎の防衛は、知覧、鹿屋(鹿児島)、松山(愛媛)西海(大分)等々西日本・九州には各航空隊が配置されていたにも係わらず、...人類初の核攻撃の闇は深い

  • 広島の日 8月6日

    広島・長崎の原爆による犠牲者の方々のご冥福を祈ります。(合掌)75年前16万人以上の人々が核爆弾によって殺された日。赤ちゃん・子供・児童・中高生・大学生・会社員・お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃん・お兄さん・お姉さん・弟・妹・会社員・公務員・兵士・軍人・医者・先生。みんな殺されてしまいました。消されてしまいました。これほどの大量殺戮はありません。もはやこれは軍事攻撃ではありません。アメリカ軍によって一般市民が殺されたのです。その数は160、000人以上さらに放射線により傷つけられ、被爆し亡くなった市民は把握できていないといいます。昭和天皇は記者の質問に対し「この、原子爆弾が、投下されたことに対しては、遺憾には思ってますがこういう、戦争中であることですから、広島市民に対しては気の毒であるがやむを得ない...広島の日8月6日

  • 新型コロナウィイルスは「お芝居」・マスコミの大衆洗脳という結果がPCR検査で判明!

    元徳島大学免疫生物学名誉教授の大橋眞先生のお話をご紹介します。相変わらずTV・新聞がやらかしています。いつまで、こんなバカバカしい事を続けているんでしょう?何を恐れているんでしょうか?咳が止まらず、発熱が続き、味覚や聴覚に違和感を持つ症状が出る人が、新型コロナウィイルスが原因だという確証は得られない。と、元徳島大学免疫生物学名誉教授の大橋眞先生が解説しておられます。新型コロナウィイルスが原因で発症しているかどうか、PCR検査では判らないとおっしゃっています。なのに、連日マスコミは新型コロナウィイルスの陽性患者として数字を挙げ、まやかしの情報をさも事実と認識させるように垂れ流ししています。なんで医学会からTV・新聞・マスコミに対する異論が出ないのでしょうか?自粛を要請する、各都道府県はこのPCR検査が新型コロナウ...新型コロナウィイルスは「お芝居」・マスコミの大衆洗脳という結果がPCR検査で判明!

  • コロナで死ぬか大恐慌で死ぬか、どっちが良い?

    今日から8月。昨年の12月中国の武漢で発生し、その後世界中に広まった新型コロナ肺炎ですが、半年以上を経ても騒ぎが収まりません。ハッキリ言いますと、チャーリーはこの新型コロナ肺炎のパンデミックは元々子これ程大騒ぎする疫病ではないと確信しています。根拠は毎年蔓延するインフルエンザウイルスによる疾患の罹患者数、重篤患者数、死者数と死亡率。どれをとっても桁違いにインフルエンザの方が多い数字を毎年たたき出していす。新型コロナに感染し、高熱が出た人のコメントで、「味覚が失われる」と言いますが、これ風邪(インフル)の症状。高熱が出れば、味覚は無くなり食欲は減退し、水分しか取れなくなります。また、幼い頃は「麻疹」や「水疱瘡」早く罹患したほうが免疫ができるからと、罹患した子供のいる家まで母親に連れられて行った事を覚えています。医...コロナで死ぬか大恐慌で死ぬか、どっちが良い?

  • 政治参加 と 恋愛心理

    今日は「れいわ新選組」に大きな期待を掛けて居た者からの視点でお話しをします。チャーリーはフェア党で活動していた大西つねき氏が「れいわ新選組」に参加し、昨年の衆議院選挙に立候補した経緯が在り「れいわ新選組」を応援していました。モノスゴイ盛り上がりで、この61歳にもなるジジイが、「ひょっとしたら、日本の政治が変わるのか?」と思わせる勢いでした。が、結局は1年足らずで空中分解を来たしてしまったわけで、支援者の中では「惚れていた人に裏切られた」と恋愛心理に置き替えて、そのショッキングな結果を理解しようとしています。とても良い方法だと思います。ただ、間違ってはいけない所は、政党は常に社会に目を向けている組織で、個人(有権者)に目を向けるのは選挙期間中だけです。これは、良い・悪いの話ではなく、政治の仕組みがそうなっているか...政治参加と恋愛心理

  • 嘱託殺人と命の選別

    京都で医師による嘱託殺人が発生しました。大西つねき氏の放った言葉「命の選別」が日々の医療現場で迫られているという話です。もちろん、命に向き合わなければならない他の職場・現場も同じような葛藤が従事者に迫られているでしょう。この精神的負担は、その場に身を置くものでなければ解からないでしょう。また、人口ピラミッドグラフでも明らかなように、社会全体の負担を強いる高齢者社会は目の前。年々、国の基盤を担う若者への負担は加速度を増すばかりです。具体的には、若者の時間と可能性を奪い彼らの意欲・夢・希望を高齢者が必要とする労力によって相殺される社会が訪れるという話。ここに真摯に向き合っている大西氏を、「身障者を排除する言動だ!」と叩く「れいわ新選組」は、常に「命」と向き合わなければならない現場の状況は理解できないでしょう。重ねて...嘱託殺人と命の選別

  • 「れいわ新選組」の限界を見た

    昨年の参議院選挙と先ごろの東京都知事選挙でも応援していました魅力あふれる「れいわ新選組」が大きく変わってしまった事に戸惑いを感じ、また大西氏を排除した事で、ここまでが限界かな?と感じました。現在の「れいわ新選組」の本質を浮き彫りにした。という意味でも、大西つねき氏の「命の選別」発言は有意義なものだったと思います。「命の選別」発言の経緯は既に終わった事なので端折ります。その処理が何なんとも不自然極まりないこと甚だしい。記者会見になんで山本太郎と一緒に木村議員が出てくるの?あの記者会見は代表の山本太郎一人で足りる。ここで先ず、大西氏の発言が身障者に対する暴言であるとのビジュアル創りがおこなわれ、大西氏は全国の身障者・弱者の敵になりました。そして、木村議員の声明です。内容は大西氏の発言から彼女の受けた感想が述べられ、...「れいわ新選組」の限界を見た

  • ご報告

    れいわ新選組の大西つねき氏に対する処分を受け、れいわ新選組の応援を一切行わない事にしました。チャーリーは前々回のブログでお話ししましたが、彼の発言を容認する立場であり「言論の自由」からも彼の発言を訂正させたり撤回すべき、又させるべき内容ではないと感じています。大西氏の「命の選別」という言葉の意味を理解しえないとは、いささかがっかりしましたし、本心驚いています。聞くところによると、14対2の投票結果をもって大西氏の除籍が決定したそうです。この数字にも違和感満載です。観ようによっては、左翼的と言いますか・・・この器量の狭さは言い様の無い・・・カルト的とでも言いましょうか・・・新興宗教のような感じさえしたというのが正直なところです。また、大西氏に対して強い口調で糾弾していました、木村英子議員にも大きな違和感を覚えまし...ご報告

  • 学校嫌い・不登校の子共たちへ

    というタイトルですが、いくらコロナで家にいる時間が増えても直接子供達からアクセスがあるわけないんで、お母さん・お父さん向けのお話しです。(子供達への情報発信はブログじゃなくやっぱSNSとかだよなぁー)ネットで、「今日から登校」というニュースを目にしました。コロナ自粛は子供達の生活環境にも大きな影響をもたらしたと想像がつきます。とりわけ、お母さん方はその対応に苦心したのではないでしょうか。以前もこのブログで話しましたがチャーリーは元不登校児です。学校という人を分別するシステムが生理的に合わなかったのでしょう。言っときますが、学校とは人を育てる場ではなく、ランク付けし振り分ける場。親御さんが、ここの認識を間違えるとえらい事になります。酷かったのは中2年の時で、よく学校を休みましたねー。授業に出ませんからテストは毎回...学校嫌い・不登校の子共たちへ

カテゴリー一覧
商用