searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

畑中しんぞうさんのプロフィール

住所
東京都
出身
東京都

非現実ですがどこか思い当たるフシがある世界を書きたいと思っています。シュール系とでも言いましょうか。なおイラストや写真はフリー素材を組み合わせて作ったものです。

ブログタイトル
しんぞうの創作室
ブログURL
https://shinzoo.net/
ブログ紹介文
夢の記述みたいな超短編のフィクションを掲載しています。
更新頻度(1年)

37回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2020/06/05

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、畑中しんぞうさんをフォローしませんか?

ハンドル名
畑中しんぞうさん
ブログタイトル
しんぞうの創作室
更新頻度
37回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
しんぞうの創作室

畑中しんぞうさんの新着記事

1件〜30件

  • 密航者

    密航者    こんな夢を見た。  私は、船に続く細く長い渡し板の上を歩いていた。あたりはとても暗く、真夜中のようだった。  渡し板は不安定で、一歩踏み出すたびに大きく上下にしなった。周囲に人影は無く、船と岸壁の ...

  • 歌詞 『ドッペルゲンガー』

    ♪ドッペルゲンガー♪     【1番】 ドッペルゲンガー教えてよ  ほんとうの私 ドッペルゲンガーどうしても 君の背中に届かない   君をそれほど好きじゃないはず 私は私よいつだって 君が誰 ...

  • 詩形式フォーマット

                   

  • 歌詞 『みんな丸かったらいいのに』

    ♪みんな丸かったらいいのに♪     【1番】 三角形も四角形も みんな丸かったらいいのに 自転車だってバスだって みんな丸かったらいいのに   私の心も丸ければ 私はどこへでも行ける 誰と ...

  • 歌詞 『君へ』

    ♪君へ♪     校庭の土にまみれて 走り続けてる そんな君 私に 輝いてる今   悔しいことがあったときも 独り走ってた そんな君 みんなは 知らないんだ ああ   君が あの娘 ...

  • 歌詞 『もしも地球が止まったら』

    ♪もしも地球が止まったら♪     【1番】 もしも地球が止まったら 君の涙を止められる   もしも地球が止まったら 山の向こうへ飛びたって 大きな雲をかき集め 君の帽子にするだろう &nb ...

  • 踏み絵

    踏み絵 踏み絵をやっていると聞いて 出掛けてみた 寺の境内らしき所に 大勢集まっている 羽子板を持つ人 破魔矢を持つ人 マフラーを巻く人 厚手のコートに中折れ帽の人 正月みたいだった みな高揚した顔だ   人ご ...

  • 龍の日

    龍の日   龍の日のために 我々はもう一度乾杯した 我々が手にした足の高いグラスには 赤い色の砂糖水が満たされていた 「ところで」 と先生が口を開いた 「今年の龍の被害はどうだろうか?」 「四月ごろ、北で一件あ ...

  • 歌詞 『おでんとカラス』

    ♪おでんとカラス♪     【1番】 あーガラス越しにおでんが冷めてゆく あーカラスが来ておでんを眺めてる   あんなに熱かった私たち 湯気が出るほど沸いていた でもベランダのおでんと同じ ...

  • ラジオ

    ラジオ   ラジオを聞いていたら この世の終わりですというニュースが入った これ幸いと思っていると やっぱり誤報でしたと言っている 近頃のラジオはいいかげんだ すごく作り物っぽくなっている 昔はニュースがなけれ ...

  • 影の街

    影の街   影の街に行ったことがあるかい 行き交う人はみんな紙なんだ 厚みの無い黒い紙だ 「やあこんにちは」なんて 紙の帽子を上げて挨拶してくるから ぼくも「こんにちは」なんて言う 厚みがないから心も軽い 紙の ...

  • 心が巨大な人

    心が巨大な人   心が巨大な人は体も大きいから 自分を持て余していた 手足が大き過ぎるし 顔も大き過ぎる 声もいちいち大きいから みんなにうるさがられる   心が巨大な人は貝殻を耳にあて 潮の音を聞こ ...

  • A町作文集

    A町作文集    今年、麻美ちゃんちの猫「しらたま」が子供を五匹生みました。しらたまは前足の先が茶色くて他は白いですが、生まれた子猫は三匹が白くて、あとの二匹は黒いブチと茶色の縞でした。子猫のお父さんは判らない ...

  • 豆腐の祭り

    豆腐の祭り   大きな とても大きな 豆腐のようなものが道をやってくる 白くて四角くて 根もとのあたりは 木の台座に乗せられているようだ それを屈強な男たちが担いでいる みな裸に白いふんどしと赤い足袋だ 「おい ...

  • 茎皇子さまの国

    茎皇子さまの国    私のようなものが、こうしてみなさまの前でお話する大役を仰せつかりましたのは、たいへん勿体無いことでございます。このようなお話をするのにも、他にふさわしいお方があまたおられましょうが、どのよ ...

カテゴリー一覧
商用