searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

道3さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
カメロード
ブログURL
https://kameroad.hatenablog.com/
ブログ紹介文
発達障害の発達性協調運動障害の息子とその父親のくだならない笑いと涙の感動の日常を記録。
更新頻度(1年)

8回 / 36日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2020/06/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、道3さんの読者になりませんか?

ハンドル名
道3さん
ブログタイトル
カメロード
更新頻度
8回 / 36日(平均1.6回/週)
読者になる
カメロード

道3さんの新着記事

1件〜30件

  • 伝統と革新の味、ミンチカレー

    ミンチカレーwithおかず 僕の母から、4人の子供達に唯一受け継がれ、伝統の味として守り継がれている料理が、一つだけある、それがミンチカレー。 40年ほど前、まだ昭和だった頃から、うちのカレーといえば、ミンチカレーだった。それを世界的には、キーマカレーと呼ぶというのを僕が知ったのは、30歳をすぎていたし西暦は2000年を超えていたし元号も平成になっていた。 40年ほど前、母がどこでこのカレーを知ったのかは知らない。東京にはあったかもしれないが、僕の住んでいるような田舎ではこんな斬新なカレーはなかった。たっぷりの玉ねぎのみじん切りとミンチ肉だけのカレー。カレーのスパイシーさと玉ねぎの甘さ、たっぷ…

  • 木曜日はシャトレーゼで

    なんかフランスかイタリアの昔のオシャレな映画みたいなタイトル。 息子が3歳くらいの頃から、週一回、木曜日、保育園の迎えに僕が行くことになった。息子は0歳から保育園に行っているが、僕は人の顔を覚えるのが苦手。間違って他の子供を連れて帰る不安があり、それまでは迎えには行かなかった。 息子が3歳になり、さすがに、3年も毎日息子の顔を見てきたので僕も息子を間違わない自信が少しは持ててきたのと、万が一、僕が息子を間違えたとしても、息子の方が間違ってるよと言えるだろうということで週に1回、僕が木曜に迎えに行くことになった。 ところが、迎えに行っても、息子は素直にすぐに帰ってくれない、なので、僕は息子の耳元…

  • 旅と、おいしいご飯

    立岩 dancyuみたいなタイトル、旅をしてでも食べたい美味しいご飯がある。 まあ、旅といっても日帰り旅。しかも、6時間という制約付きの日帰り旅。な、なんか、タイトルに負けすぎている気がする。。 しかも、この6時間時間制限の日帰り旅は、旅なので、「美味しい飲食店」と、「絶景もしくは観光地」、そして、「スイーツ」の三大要素がないと成立しない。 土曜の午後、お昼ご飯を食べた後、13時30分に、タイムズカーシェアでいつものお気に入りの車を借りる。 タイムズカーシェアは、6時間を超えると時間料金の他に、距離料金が加算される、それもスタート時からの距離で計算するという超過酷なルールである。ただし、6時間…

  • アイス部長

    京丹後あたりをドライブの途中、アイス屋とケーキ屋が並んであった。 シュークリームが食べたい気分だったので、ケーキ屋に入ろうとすると、アイス好きの小学校1年生の息子が、僕に向かって、「アイス部長!アイス食べよー、ねっ!アイス部長」と声を掛ける。誰がアイス部長じゃ!万年係長の僕に向かって。小学校1年生のくせに、こんな太鼓持ちみたいなことして父親おだてやがって。どこで覚えたのか、末恐ろしい息子。 息子がかわいいからか、部長とおだてられて気を良くしたのか自分でもよくわからないが、アイス屋に入った。なぜか最初からダブルを注文するつもりの強欲息子、「抹茶と黒ごまのダブル」と渋いおっさんみたい選択をしようと…

  • 息子を泣かすほど美味い

    鶏の照り焼き 夫婦ともに在宅になって、二ヶ月。 僕よりも仕事熱心な妻は、在宅なのにほぼ毎日残業する。 そんなわけで、僕が夜ごはんをつくることも最近は多い。 今日、僕が作ったのは、鶏の照り焼き、小松菜のおひたし、だし巻き卵、そうめん。 ご飯に誘っても、なかなか食べに来ない息子、やっときたかと思ったら、照り焼き、一切れ手づかみで食べて、よっぽど、美味しかったのか、12切れほど有った家族全員分の照り焼きを手づかみで食べようとする。 普段、怒らない僕だけど、ちょっと試しに、怒ってみた。 「コラ!手づかみで食べるな!」 「コラ!他の人の分まで触るな!」 全然動じない。いつも甘々の父親をなめきっている。 …

  • 海鮮丼

    海鮮丼 息子、小学校は慣れたか?人生、どうしても苦手なこと、辛い時があると思う。そんな時は自分なりの頑張れる理由を見つけてみると良い。 昔、学校嫌いの僕は、憧れの同級生に会うことを目的にしてなんとか学校に通った。 今、仕事嫌いの僕は、美味しいランチを食べることを目的に仕事をしている。 月から金まで働く僕にとって、金曜のランチはさらに特別贅沢をしても良いランチってことにして、1週間仕事をしている。贅沢といっても、千円を超えても良いってだけだけど。 若い頃の金曜のランチはカツカレーが定番だった。 ちょっと歳をとった最近は、寿司、といっても立ち食いだけど。 在宅している今は、自宅近くで店を探す、今日…

  • 道三と義龍

    小学一年生の息子は、大河ドラマの影響か、私がやってる信長の野望の影響か、明智光秀、織田信長など戦国武将の名前にはまっている。特に斎藤道三が好きらしく、なぜか、父親の僕を斎藤道三と読んでいる。なので、僕は息子のことを義龍と呼ぶ。義龍と呼ばれると息子は喜び、最近では息子は自分で自分のことを義龍と呼んでいる。 昨日、息子が小学校の宿題の平仮名の「は」と「ほ」の練習のプリントをなかなかやろうとしない、もう20時を過ぎている。宿題をやらせようと母親がイライラしている。仕方がないので、僕の出番「は」と「ほ」のプリントをコピーし、父親と息子、どっちが先に書き終わるか真剣勝負、息子が勝てばシンカリオンを買うと…

  • 集団登校

    息子は今年の4月、1年生になった。入学式と何日か行った後、コロナで休校。今週再開し、今日で4日目。入学以来の一つの大きな問題、それは、集団登校。息子は発達障害の発達性協調運動障害と診断されていて、歩けるけれど、他の小学生と同じようなスピードでは歩けない。本人は全く気にしてないっぽいが、登校班の班長などお兄さんお姉さんにとって、大きな問題、班長はどんな隊列で歩かせようか、毎朝、頭を悩ませてくれているらしい。入学以来、集団登校の後ろから、僕か妻か祖母が見守るためついて歩いている。昨日からは、先生に言われて、親が息子と手をつなぎ登校班の後ろに並んで歩くことになった。 今日の集団下校、僕が息子と手をつ…

カテゴリー一覧
商用