searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

でたらめさんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ステンドグラスのある日日(ヒビ)
ブログURL
https://www.stained-by-me.com/
ブログ紹介文
ステンドグラスをもっと普及させて、ステンドグラスで世の中をもっと明るく、もっと華やかなものにしたいです。ステンドグラスがもっと身近な存在になれるよう、ステンドグラスやガラスの未来を明るく楽しく考えるブログです。
更新頻度(1年)

31回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2020/05/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、でたらめさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
でたらめさんさん
ブログタイトル
ステンドグラスのある日日(ヒビ)
更新頻度
31回 / 365日(平均0.6回/週)
フォロー
ステンドグラスのある日日(ヒビ)

でたらめさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 「ガラスってカビるの?」の件

    いきなり結論ですが、ガラス自体はカビることはありません。 以上です。 、、、もう少し説明をします。 ガラス自体はカビることはないのですが、そうはいっても使わないで置いておくとカビが生えたりすることがあります。 なぜでしょう? これはガラス自体は無機物なのでカビは生えないのですが、ガラスの表面にカビの元となる胞子が着いて、湿気やヨゴレ(有機物)などの条件が揃ってカビが発生して広がっているのです。 つまりガラス自体が変化してるわけではなく、ガラスの表面にその原因がついてしまったということなのです。 ガラスの構造自体が変わったわけではないので、汚れを落とすことは比較的簡単にできます。 要はその元を表…

  • 「日本伝統×ステンドグラス 〜浮世絵編〜」

    日本の伝統的・文化的なデザインとステンドグラスを掛け合わせたらどうなるのかを検証していくシリーズ。 今回は「浮世絵」です。 浮世絵とは、江戸時代初期に成立した絵画様式です。 構図の大胆さや色彩の豊かさと同時に「憂世」から「浮世」へと変わりつつあった時代性、描いたテーマなどによって人気を博しました。 菱川師宣、東洲斎写楽、歌川広重、葛飾北斎など、世界でも有名な絵師が輩出されました。 ゴッホやモネら印象派の画家たちに大きな影響を与え、海外でも評価が高い日本独自の「美術」」様式ーそれが浮世絵です。 そんな日本独自の浮世絵がステンドグラスと交わったらどうなるのか。 場所も時代も超えて和洋折衷を試みた作…

  • 「ガラスパーク」の件

    みなさん、岩手にあるガラスパークをご存知ですか? ステンドグラス好き、ガラス製品好き、テーマパーク好きなら無視できないネーミング。 気になる方のために、ガラスパークついてのネット上の情報をまとめてみました。 Tripadviser www.tripadvisor.jp 評価が悪い点数はつけられておらず、「普通」が一番多い結果に。 「まぁ、悪くはないよ」ってところでしょう。 「厳美渓のついでに」という口コミが多かったのですが、ここを目指してくる方は少ないのでしょうか、、、。 じゃらん www.jalan.net こちらの口コミはもう少し好意的です。 入場無料だからですかね。 でもやはり顔美渓のつ…

  • 「ペンギン×ステンドグラス」の件

    4月25日は世界ペンギンの日! もちろんご存知ですよね? 私は知りませんでしたけど、、、。 ちなみに北極にはペンギンはいないそうです。 もちろんご存知ですよね? 私は知りませんでしたけど、、、。 ということで、今回はステンドグラスになったペンギンたちをご紹介いたします。 ステンドグラス パネル 写真引用:https://oknosio.com/blog/stained-penguin/ 個人宅に設置された作品。 家族の温もりや絆を感じる作品ですね。 シンプルなデザインですが、ガラスの色使いやオーロラの感じもステキです。 一輪挿し 写真引用:https://mobile.twitter.com/…

  • 「ステンドグラスは今のところ見る専門」の件について

    私はステンドグラスが大好きです。 キラキラキレイで光を感じられて、温かみもあって、デザイン性もあって、ストーリーもあって、シンプルなものカラフルなものまであって、小さなものから大きなものまであって、時の流れを感じられて、威厳もあって、実用性もあって、、、。 ステンドグラスの魅力はいくらでも出てきます。 でも今まで作ったことはありません。 作ってみたい気持ちがないことはないのですが、ちょっと二の足を踏んでしまいます。 というのも、ステンドグラス製作にはいろんな道具や材料、そして多少の器用さや芸術的センスが必要なのはもちろんですが、それ以上に根気強さが必要だと思うのです。 根気強さ。 自分の性格上…

  • 「昔懐かしい○○ガラス」の件

    ステンドグラスにガラスは必需品です。 私はお店でガラスを見るのはもちろんですが、普段街を歩いている時でも、ふと人の家の窓ガラスを何気なく見ることがあります(覗きではありません)。 すると一般的な窓ガラスはただの平らな透明ガラスですが、時々模様のついたガラスを見かけることがあります。 よく見ると笹の葉やもみじのような模様や、星が輝いているような模様があったり。 そういえば昔おばあちゃんちで見たことがあるような気がするなぁと何となく思っていました。 調べてみるとちゃんと名前がついていて「昭和ガラス」というではありませんか。 まさに昭和の遺産とも言うべき製品です。 「昔懐かしい」という感覚ですが、そ…

  • 「ふるさと納税の返礼品にステンドグラスってあるの?」の件

    2008年からスタートしたふるさと納税ですが、最近では広く認知されてきました。 このブログをお読みの方の中にも、実際にふるさと納税をされている方も多いことでしょう。 ふるさと納税ポータルサイト www.soumu.go.jp ふるさと納税の特徴として「返礼品」があります。 その返礼品にステンドグラスはあるのかしら?と思い、楽天ふるさと納税、ふるなび、さとふる、ふるさとチョイスの4つのサイトを調べてみました。 すると、ありました! しかも、思ったよりありました!! ということで今回はその中から気になったものをピックアップしてみました。 昭和レトロなペンダントライト『 もみじ 』_1412 写真引…

  • 「ステンドグラスが語りかけてきた その15」の件

    ステンドグラスが語りかけてきた。 言いたいことがある人たちの「言いたいこと」を集めたのが本屋。 じゃ、聞きたいことがある人たちの「聞きたいこと」を集めたのは何屋? なぁ、分かるだろ?

  • 「ステンドグラスが語りかけてきた その14」の件

    ステンドグラスが語りかけてきた。 頭で考えること、心で感じることができれば、 まだ何かできそうな気がする。 でもそれは「ただ気がする」だけ。 誰かがやってくれるのを待つの? 誰かが手を差し伸べてくれる前に、自分の寿命が来るよ。 なぁ、分かるだろ?

  • 「ステンドグラスが語りかけてきた その13」の件

    ステンドグラスが語りかけてきた。 今からじゃもう遅い? 確かに。 でも今じゃなきゃ、もっと遅くなる。 なぁ、分かるだろ?

  • 「ステンドグラスが語りかけてきた その12」の件

    ステンドグラスが語りかけてきた。 別に分かってもらえなくてもいいよな、自分が良ければ。 でもちょっと寂しんだろ、自分の思いを共感してくれる人がいないのが。 じゃあどうする? このままずっと一人でいるのか、それとも理解してくれる誰かを探しに行くのか。 どっちだって、それ自体は間違いじゃないから、好きな方を選べば良いよ。 なぁ、分かるだろ?

  • 「ステンドグラスが語りかけてきた その11」の件

    ステンドグラスが語りかけてきた。 あちらこちらで同じようなことを偉そうに言っている人たち。 そう、あなたのことです。 あなた、自分が言った言葉に負けてますよ。 なぁ、分かるだろ?

  • 「ステンドグラスが語りかけてきた その10」の件

    ステンドグラスが語りかけてきた。 さぁ、立ちあがろう。 1年後を作り始めるんだ。 10年後を作り始めるんだ。 輝く未来を作り始めるんだ。 そう、今がその時。 さぁ、明日を作り始めよう。 なぁ、分かるだろ?

  • 「ステンドグラスが語りかけてきた その9」の件

    ステンドグラスが語りかけてきた。 人生は予定通りには進まないってことだけ、予定通りなんだ。 なぁ、分かるだろ?

  • 「ステンドグラスが語りかけてきた その8」の件

    ステンドグラスが語りかけてきた。 水と空気の境目って、何色? 音と光の境目って、何色? 空と地球の境目って、何色? 昨日と今日の境目って、何色? 成功と失敗の境目って、何色? 手を繋いでる私とあなたの境目って、何色? 手を繋ぐ前の私とあなたの境目って、何色? うん、色なんか関係ない。 なぁ、分かるだろ?

  • 「ステンドグラスが語りかけてきた その7」の件

    ステンドグラスが語りかけてきた。 いつもそうやって何かのせいにしたい気持ちはわかるけど、 だから何? なぁ、分かるだろ?

  • 「ステンドグラスが語りかけてきた その6」の件

    ステンドグラスが語りかけてきた。 将来のことを考えるより、過去を振り返ることの方が多くなってきたって? たまにはいいかも知れないけど、過去に足を引っ張られてると、先に進めないよ。 その足かせは良くも悪くもあるからね。 海底に行きたいのに浮かんじゃう足かせはいらないし、 平泳ぎしたいのに沈んじゃう足かせはいらない。 あなたは過去から未来に何を持っていきたいの? なぁ、分かるだろ?

  • 「バレンタインにオススメのステンドグラス」の件

    今回はバレンタインにオススメのステンドグラスを紹介いたします。 しかし、ズバリ「バレンタイン向けのステンドグラス」というのがなかなか無いようでして、、、。 「ステンドグラス バレンタイン」で検索するとなぜか「ステンドグラスクッキー」がたくさん出てきます。 これからのバレンタインデーにはチョコの代わりにステンドグラスクッキーを贈ろうという事でしょうか。 ステンドグラスクッキーについてはまた後日書かせていただきます。 「ステンドグラス バレンタイン」を諦め、次は「ステンドグラス チョコ」で検索しましたが、これまたヒットしませんでした。 バレンタインに関係なくチョコをイメージしたステンドグラスはたく…

  • 「お正月にオススメのステンドグラス」の件

    クリスマスが過ぎるとあっという間にお正月。 世間のここ一週間のドタバタ感は毎年すごいですね。 街中も昨日まであんなに華やかだったクリスマスの飾りが一気にお正月に変わっています。 洋風の神聖さから、日本古来の厳かな雰囲気に変わるような。 あまりの変わり具合に、まだプレゼントを配り終えてないのんびり屋のサンタはさぞ驚いていることでしょう、、、。 そんな中、一見お正月と縁遠そうなステンドグラスですが、最近は季節のイベントごとに作品を作る方も多いので、それに伴ってステキな作品も増えてきています。 ただテーマ自体はよくあるお題なので、そうなると何をどう表現するかが製作者のセンスが問われます。 どの瞬間を…

  • 「あの人がステンドグラスになると、、、」の件

    ステンドグラスのモチーフはいろいろ。 その誕生の歴史から当初はキリスト教関連のものが多かったのですが、聖書から離れ、宗教色も薄れ、純粋な芸術として昇華していく過程において、人や動植物などの自然のものから人工物や幾何学模様、さらには日常風景やアニメ・ゲームキャラなどにも広まっていきました。 そして今やヌード以外何でもありの状態ですが、だからこそ作り手の技術とセンスが問われます。 そんな中、今回は「人物」がモチーフになっているステンドグラスを取り上げます。 しかも誰もが知っているような有名人がステンドグラスになったらどう表現されるのかというのを見ていきたいと思います。 エルヴィス・プレスリー 写真…

  • 「ガラスってどんなニオイ?」の件

    いきなり結論ですが、ガラスは無臭です。 以上です。 ありがとうございました。 もう少し説明をします。 確かにガラス自体は無臭です。 そうはいっても日常的に使用するグラスなどは、使っていくうちにニオイが付いてしまうことがあります。 なぜ? これはガラスの表面にニオイの元が付いてしまっているのです。 つまりニオイはガラス自体が変化してるわけではなく、ガラスの表面にその原因がついてしまったものなのです。 ということは、ガラスの構造自体が変わったわけではないので、そのニオイを落とすことは比較的簡単にできます。 要はその元を表面から取れば良いのです。 ただ、ガラスの表面には目に見えない無数の傷がついてい…

  • 「ケイムに光を!」の件

    ステンドグラスを構成する大きな要素として、「ガラス」と「ケイム」の二つがあります。 ステンドグラスにおいてガラスが話題になることは当然ありますが、その一方でケイムがメインで語られることはまずありません。 なぜ? 確かに実際の作品においてガラスがステンドグラスの8割ぐらいを占めています。 しかしそれを支えるケイムだってステンドグラスのデザインを左右する重要な構成要素です。 コッパーフォイルでは出せない、いわゆる「ステンドグラスらしさ」をイメージ付ける大切な要素です。 その一方で制作において、とても気を使う箇所でありながらあまり日の目を浴びない、縁の下の力持ち的な部分でもあります。 あぁ、ケイムに…

  • 「ステンドグラスを定義し直そう」の件

    多くの方が持つステンドグラスのイメージは、「派手めの色のついたガラスのパーツを組み合わせて人物や花、幾何学的なデザインなどをしたもの」、「古い教会の窓に使われていたもの」、「黒い太めのフチで境界線を表現している」、「お金持ちのお屋敷にありそう」、「大きくて荘厳」といったところでしょうか。 しかし必ずしも大きな窓に使われるものだけがステンドグラスではないのです。 現代では公共施設などに単体で大きな芸術作品としてのステンドグラスもありますし、はたまたサンキャッチャーやピアス、写真立てや結婚式のウエルカムボードのような小物なども多く作られており、大きなものから小さなものまでステンドグラスの活躍の場は…

  • 「ガラスに閉じ込められた世界」の件

    ガラスの使い道はさまざまです。 実用的な使い方ももちろん良いですが、その透明性からアートとしても良く使われる素材です。 ガラスで形作られた作品もステキですが、ガラスの中に作り出された世界がステキなアートになっている作品があります。 今回はそんな「ガラスに閉じ込められた世界」をご紹介いたします。 Flowers and Fruit Bouquet with Swarming Honeybees 写真引用:https://www.roomie.jp/2015/02/236872/ 中の花や蜜蜂は本物ではなく、ガラスで作られているそうです。 それに小さいように見えて、直径15cmもあるそうです。 緻…

  • 「ステンドグラスと相性が良いデザインを探すシリーズ 〜国旗〜」の件

    ステンドグラスの特徴の一つにケイムという線があります。 デザインの境界線やガラスとガラスの間を鉛や真鍮、ハンダなどの線で表現するものです。 このケイムの使い方でステンドグラスは上品にも野暮ったくもなってしまいます。 止むを得ずガラスのカットが必要なデザインであったり、異なるガラスを使って表現したい場合など、ちょっとケイムが邪魔になる時もあります。 しかしその半面、このケイムをうまく使うことでステンドグラスの魅力をさらに引き出すことができます。 せっかく使うならうまく活かしたデザインはないかな?ということで始めるこの「ステンドグラスと相性が良いデザインを探すシリーズ」。 第二弾の今回は「国旗」で…

  • 「ステンドグラスと相性が良いデザインを探すシリーズ 〜地図〜」の件

    ステンドグラスの特徴の一つにケイムという線があります。 デザインの境界線やガラスとガラスの間を鉛や真鍮、ハンダなどの線で表現するものです。 このケイムの使い方でステンドグラスは上品にも野暮ったくもなってしまいます。 止むを得ずガラスのカットが必要なデザインであったり、異なるガラスを使って表現したい場合など、ちょっとケイムが邪魔になる時もあります。 しかしその半面、このケイムをうまく使うことでステンドグラスの魅力をさらに引き出すことができます。 せっかく使うならうまく活かしたデザインはないかな?ということで始めるこの「ステンドグラスと相性が良いデザインを探すシリーズ」。 第一弾の今回は「地図」で…

  • 「ハロウィンにオススメのステンドグラス」の件

    10月31日はハロウィン。 いつの間にか日本にも本来の意味はともかくとして、「コスプレしてお出かけする日」という感じで広まりました。 その規模はクリスマスに次いでバレンタインなどとも並ぶほどの、大きなビジネスチャンスになっているようです。 そんな広く市民権を得たハロウィンで連想するデザインといえばかぼちゃ、コウモリ、古い洋館、枯れた木、お墓、おばけ、クモの巣、ガイコツ、黒猫、ランタン、オレンジ色、紫色、魔法使い、魔女、トンガリ帽子、怪物くんに出てくるようなミイラ男、狼男、フランケンシュタイン、ドラキュラ、、、といったところでしょうか。 こうしてみると、デザインだけでなく雰囲気もステンドグラス向…

  • 「日本伝統×ステンドグラス 〜組子細工編〜」の件

    日本の伝統的・文化的なデザインとステンドグラスを掛け合わせたらどうなるのかを検証していくシリーズ。 今回は「組子細工」です。 組子細工とは、釘や金具を一切使わず、小さな木片を木枠の中に組み付けていく日本の伝統工芸技術の一つです。 緻密さや正確な手作業が求められ、さらに使用する木の特性も考慮する必要があります。 まさに建具職人の最高の技と知識と伝統の結晶です。 材料には、日本三大銘木と言われる木曾檜、秋田杉、青森ひばをメインに、屋久杉や神代杉などを使用します。 200種以上もある文様も柄によって込められた意味があり、縁起を担ぐものや魔除け、子孫繁栄など、さまざまです。 ちなみに組子細工の起源は飛…

  • 「ステンドグラスのおうち」の件

    今回は「ステンドグラスのおうち」のご紹介です。 「ステンドグラスのおうち」というと、北欧あたりの壁一面がステンドグラスで覆われたカラフルな家だったり、そんな家をミニチュア化した小物や雑貨などを想像するかと思います。 確かにこんな家、というか芸術作品もあります。 写真引用:https://www.machikado-creative.jp/travel/2545/ これはTom Fruin様の作品です。 ステンドグラスというよりはカラフルなガラスのお家という感じですね。 ですが今回はちょっと違います。 どんな「ステンドグラスのおうち」かというと、ずばりお子様向けの知育玩具、カーボーイ様の「ステン…

  • 「ガラスと相性の良い素材とは?」の件

    当たり前のことですがステンドグラスはさまざまな種類のガラスを使用します。 ガラス同士が素材として相性が良いのは当然ですが、ではガラスと他の素材との相性はどうでしょうか? 一度ステンドグラス を離れて、ガラスと他の素材がうまく融合している作品があるか気になったので調べてみました。 するとなかなか面白い作品が見つかりましたのでご紹介させていただきます。 筑豊ボタ 写真引用:https://www.artfrontgallery.com/en/whatsnew/2020/post_255.html 藤堂様の作品。 作品の説明には「世界各国にある史実を刻んだ土地の石を切断しその切断面にガラスを埋め込み…

カテゴリー一覧
商用